ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

てんとう虫とキノコ!?

52319408.jpg

結婚式

 

 

 

 

 

今日は専門学校時代の友人の結婚式でした

宗教やカタチにとらわれない結婚式を人前(じんぜん)結婚式って言うんですね、フナッシュは初めて知りました

賛美歌とかが書いてあるプログラムの用紙ありますよね、あそこに『パパパパ〜ンの歌』って書いてあって、一瞬『これ何?』と思ったら“ゼクシイ”のCMで歌われているアノ曲の事でした(笑)

サビは分かるけど他分かるかいっ!ですよね

 

口パクでごまかしてきました

 

披露宴でウクレレを弾きながら『てんとう虫のサンバ』を替え歌で歌ったんですが、思っていた以上に盛り上がりましたよ

友人のキノコはロフトで5千円くらいで売っているもので後輩からレンタル

てんとう虫はなんとフナッシュの手作り

舞台では羽の裏しか見えないのが残念ですが、結構よくできているんですよ〜

羽根

←こんな感じ

 

 

 

明日の添乗に差し支えない程度に騒いできました

まぁその勢いで二次会も行きたかったんですが、体調の事も考えてキャンセル

明日のお客様に疲れた顔見せられませんからね!

それでは明日も頑張ってきまぁ〜す

ねむぃ…

d35822f6.jpg結局今日は寝ずに会社へ

エジプトの精算日帰りバスコースとハワイの添乗準備を2本してきました

通勤電車の中で爆睡していたので往復で睡眠1時間プラスです(笑)

いやいや笑い事じゃないですっほんと眠くてフラフラなんですよ

明日は友人の結婚式でウクレレで「てんとう虫のサンバ」の弾き語りをするので相棒とカラオケボックスで練習中フナッシュはてんとう虫の格好、相棒はキノコの着ぐるみ★ あぁ明日倒れるかも

エジプトツアーのアルバム完成★

31cce528.jpgようやくホームページにエジプトツアーのアルバムページをアップしました

現在,午前4時すぎ

あぁほんとに今夜も寝れなかった…

エジプトから帰ってきて、まだ3時間しか寝てない

お休みです(^ ∇^)v

9af661f4.jpg添乗に行くとお客様からよく聞かれます

『これ帰ったら何日か休みもらえんのぉ?』って

はい今日はお休みです

家にいると報告書やらホームページの更新に引きこもってしまうので6時〜9時まで3時間だけ寝て(と言うか近所の友人に起こされて)またまた琵琶湖に釣りに来てまぁ〜す

いやぁ昼間っからビールは癒されます(笑)実は報告書と添乗精算がまだなんですけどね・・・

今夜も寝れそうにないです…(涙)

エジプト特集・あとがき

536f11cb.jpgどこの 神殿かは忘れましたが、ホルス神というハヤブサの形をした神様がファラオの頭をうしろから羽を包みこむように守っている座像を見ました

 

 

 

フナッシュもよく添乗先で何かに守られているような気がするんです

だっていつも素敵なお客様・素敵なガイドさん・素敵な方々に出会えるから

今回も素敵なお客様26名さまと熱い男・モーセンとご一緒できて本当に幸せな添乗でした

22日までにはホームページTENJYO-INにアルバムページを作る予定です

こちらもお楽しみに

 

しかしブログ編集するの時間かかったなぁ〜

現在の時刻、午前5時20分です・・・

カタール航空ってすごいっ!

カタール今回、初めてカタール航空に乗りました

関空には今年の4月から運航を始めたばかりの航空会社ですで、驚いたのはアメニティー離陸するとポーチが配られたんですが、中には機内用の靴下・耳栓・アイマスク・携帯用歯ブラシまで入っているんですよ

ポーチも首からぶら下げる事が出来るのでお客様はエジプトの観光の時、タバコを入れたりして重宝してました

エンターテイメントも充実エコノミークラスでもパーソナルビジョンがあって話題の最新映画などが楽しめます日本語チャンネルもありました

また関空とドーハの区間は日本人クルーも乗務行きもお世話になった日本の客室乗務員の方が帰りも同じフライトだったんですけど、ドーハでの長い待ち時間でヘトヘトになっていましたが機内で知っている客室乗務員さんの顔を見た時はホッとしましたね(涙)

初日に市内を案内してくれたガイドのプラディーさんといい、なんだかすんごく遠い国に思っていたカタールって国が一気に近づいた感じがしました 

今日のモーセン

モーセン・お別れの挨拶お弁当の昼食のあと再度空港へ戻る途中、モーセンが唯一日本へ行った時の体験談を話してくれました

初めて一人で日本のレストランに行った時の話、初めて温泉に行った時の話、車内は爆笑の渦、そして最後のお別れの挨拶でモーセンが手にしたのは今回のツアーで撮った団体写真でした。そこには手書きで日付・フナッシュの名前が印されていましたモーセンは熱く語ります『みなさん、今日までたくさんの遺跡を見てきましたよね、

この写真が遺跡になることはありません

でもね

この写真は間違いなく私の歴史なんです』

恥ずかしながらこの時、涙をこらえるので必死でずっとバスから外の景色を見て気を紛らわせていました

ほんとフナッシュ、涙腺よわいんですよね

 

ツアー9・10 日目

dce1c064.jpgとうとう日本へ帰る朝を迎えました

3連泊だったので散らかし放題だった部屋を少し早めに起きてお片付けレストランに先に入っていたモーセンは心なしか元気がなさそう

3日間お世話になったアル・ジャミーラ号のクルーに別れを告げ、予定通り9時15分にルクソール空港へまだ出来上がって半年も たたない綺麗な空港ですカイロまでは約1時間、カイロ到着後、お弁当の昼食。

《エジプトのお弁当》もちろん誰もが期待していませんでしたが、なんと日本食のお弁当だったんです!しかも味もいいひょっとしたら今までの食事で一番おいしかったかも(笑)

カイロの空港でモーセンとお別れし、一路ドーハ経由で関空へドーハでは到着そうそう出発が1時間遅れと言われガクっときました

ここの空港、旅客の多さと空港の大きさが合ってないんですよね

常に人が溢れてる椅子が少ないと言うより人が多すぎたくさんの人が立ちながら待っています関空行きもオーバーブッキングしていたらしく機内はもちろん満席、添乗員の数も行き以上いました

結局、離陸したのは深夜0時すぎでした…

ルクソールでナンパ!?

3827f1b7.jpg最後の晩餐の前、2時間ほど空き時間があったので船着場の付近をブラブラしました

帰りに気になる飲み物が船着場のすぐ近くの売店で売っていたので購入フナッシュをからかってなかなか品物を渡してくれないやんちゃ少年っぽい売り子

しまいに手を握られ手のひらをコチョコチョしてくる始末笑って愛想振りまいてたら余計に気に入られたらしく、『夕食を食べたら待ち合わせをして散歩をしよう、そしてオレの家へ一緒に行こう!』『何時がいい?』『絶対約束だぞと』しつこく迫ってくる…

なかなか手を離してくれないので『OKオーケー、ナインオクロックね』と適当に返事をして急いで船に帰りました

 

あ〜ほんと気持ち悪かった〜

 

ちなみにこの飲み物はノンアルコールのビールでした結構おいしかったけどこの缶を見るだけで気持ち悪くなってしまいます

やっぱり知らない町の一人歩きは危険でございます…

今日のモーセン

e6a18cdc.jpg

最後の観光ということでガラベーヤに着替えガイドをするモーセン

案内だけではなく雰囲気作りや演出にもこだわるモーセンって最高

ツアー8日目・後編

ハトシェプスト船に戻ると昼食前に、大学の教授によるエジプト考古学教室が予定に入っていましたスライドを使ったりして説明してもらいましたが、皆様お疲れのようで半数近い方は夢の中…(笑)

昼食のあとはルクソール東岸へ。モーセンは最後のガイディングという事でガラベーヤに衣裳替えまたおいしいトコ持っていかれました…(笑)

まず、メムノンの巨像、そしてギラギラの日差しが差し込むハトシェプスト女王葬祭殿、最後は王家の谷、なんだか“ここでバスを降りたら観光が全て終わってしまう”と思うとなんだかバスを降りるのをためらってしまったのはモーセンも同じだったと思います。降りる前にこっちを見て深いため息をついていましたから…

王家の谷では3ケ所王墓に入りました。中はどこも撮影禁止、暑くて暑くてとてもゆっくり見学できませんが、壁に当時のままの状態で残された残された壁画の鮮やかな色彩には驚かされました別途料金(70ポンド約1400円)でツタンカーメンの墓にも入りました。他の王墓にくらべ、規模は小さいですが中には今もなおツタンカーメンのミイラが眠っています。

ラムセス2世をはじめ、ほとんどのファラオ(王さま)のミイラは王家の谷にはなく、博物館などに移されているのになぜ、ツタンカーメンのミイラはここにあるのか不思議でしたが、発見者のハワード・カーターの意志なんだそうですなごり惜しく最後の観光地、王家の谷をあとにしました毎晩バイキング形式だった夕食も最終日の今夜はコース料理、そして夕食のあとはベリーダンススーフィーダンスのショーを楽しみました(って言ってもお疲れなのか半分くらいのお客様しか来ていませんでしたけど)こうしてクルーズ最終日の夜は暮れていきました…

今日のモーセン

48e38511.jpg

昨日の夜のマカレナ男はどこへ行ったのでしょう?(笑)

オンとオフはきっちり切り替え、ルクソール神殿で今日も白熱するモーセン

さすがプロです

ツアー8日目・前編

ルクソール神殿いよいよ観光最終日朝食後、ルクソールの東岸、ルクソール神殿カルナック神殿の見学

コム・オンボエドフの神殿ほど精密ではないですがスケールは文句なしにナンバーワンの神殿です

ルクソール神殿にはツタンカーメンと王妃の像があるんですがモーセンからツタンカーメンの名前をラムセス2世が上から書き替えた》って説明を聞くとお客様は『いやっ!えげつないことするなぁ〜』とブーイング今までアブ・シンベルやメンフィスで立派な建造物を見てきて英雄視されていた人気者のラムセス2世、好感度ちょっと下がりましたね(笑)

今日のモーセン

8e5ec0ab.jpg

もはや陽気なスペイン人も付いていけません

誰かモーセンを止めてぇぇぇぇぇっ

今日のモーセン

d1b153e8.jpgマカレナが流れ出したとたん、テンションが絶好調になるモーセン

今日のモーセン

2a8f1ddf.jpg

ガラベーヤパーティーで司会をするモーセン

的屋のおやじではありませんウチのガイドです・・・(笑)

ツアー7日目・後編

ガラベーヤパーティーさぁ今夜は夕食のあとガラベーヤパーティーです

フナッシュも部屋に戻りお色直し(笑)アスワンで買ったガラベーヤに着替えて4階のクラブデッキへすでにスペイン人のグループが全員ガラベーヤを着て盛り上がっています結局、船内の売店でガラベーヤを買ったお客様もいましたが26名中5名とちょっとさみしい結果に…

ん〜ガラベーヤ強制着用にしとけば良かったかな… パーティーではいくつかのゲームを楽しみましたフナッシュは最後のペットボトルを使った爆弾ゲームでスペイン人のおじさんと同率1位で優勝翌日『添乗員さん昨日、賞品なにもらったの?』ってみなさん聞いてきたんですがなんにも出なかったんですよね…フナッシュだてくらいサービスしろよって思いましたよ(笑)

ゲームが全て終了したあとお客様は帰ってしまったんですが、フナッシュはモーセンと最後まで粘っていましたお開きのあと、デッキへ上がり、リクライニングチェアーで夜空を眺めているとだんだん民家の灯りが目立つようになってきました、どこかで結婚式をやっているのか陽気な音楽や話し声も聞こえてきますどうやら最終目的地、ルクソールに入ったようです

洗濯日和?

2a49d7e8.jpgバスルームは陽がささなくて乾きが悪いから洗濯物を窓側へ移動…

ん〜部屋に戻った添乗員なんて地味なもんです

今日のモーセン

862d7172.jpg出ましたホルス神殿にまたバナナの叩き売り男の登場です(笑)

ツアー7日目・前編

コムオンボ寝ている間にアスワンを出航したらしく朝6時頃にコム・オンボという町に到着、エンジン音がかなりうるさい…(これゃ動いている間は寝られないわ…)

6時45分に下船してコム・オンボ神殿の観光に出発!朝食は観光から帰ってくるまでお預け(涙)でも心配ご無用!ちゃんと下船前にレストランでモーニングティーと菓子パンを出してくれるんです

コム・オンボ神殿はワニとハヤブサの神様を祭った神殿、破損がひどいですが人のおへそや足の爪まで忠実に描いたレリーフが見事!壁、柱にびっしり描かれたレリーフは映画やアニメで描かれる“古代神殿”そのものです。

船に戻って朝食を食べたあと休憩、船はエドフの町へと動きだしました、エドフではエジプトで最も保存状態が良いと言われるホルス神殿をランチの前に見学、ここは船着き場から離れているため2人づつ馬車に乗って移動しますここの神殿も物凄い数のレリーフが壁一面に描かれています。屋根まで完全に残っているのは180年前に発見されるまで砂に埋もれていたからだそうです

ランチのあとは17時のアフタヌーンティーまで時間があったのでデッキにあるプールに泳ぎに行きました。デッキに上がると誰もいない…

目の前に悠々と流れるナイル川、川辺には椰子の木が茂り、その奥には砂漠が広がっている景色を一人占めしてプールへザッブ〜ン!

 

 

 

って狭っ!

んで深っ!

 

泳ぐと言うより浮かぶと言った方がよさそうな… でも雰囲気は最高!プールサイドのリクライニングチェアーで1時間ほどウトウトしていたら顔が真っ黒に(笑)

いったん部屋に戻り着替えて今度はアフタヌーンティーへ、最上階のデッキのテラスでお客様はコーヒー・紅茶を飲みながら“クルーズって優雅やなぁ〜”といった笑みが溢れていますそんなお客様の顔を見ているフナッシュも幸せ(笑)

旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
funa888◆gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・