ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

2021年を振り返ろう♪【7月〜12月】

さっそく2021年の後半を振り返ってみましょう

ちなみに昨年の後半はこんな感じでした

2020年を振り返ろう♪【7月〜12月】

【7月】


コロナ禍で一番状況が動いた場面がやってきました

以前もブログで書いたように、在籍型出向として

葬儀業界で働くことになりました

【新型コロナウイルス】仕事がなくなった添乗員はいま?
(2021年7月15日)


コロナ禍とか関係なしに

自分の社会人生活の中でも

かなり大きなターニングポイントでしたね

なかなかないでしょ

会社を辞めずに他の会社で働くなんて(笑)

7月前半には職域接種で1回目のワクチン接種

プライベートでは祇園祭りの山鉾を見に京都へ

さすがに山鉾巡行はなかったけど

2年ぶりに京都の夏を感じるこができました



【8月】

出向生活2ヶ月目

7月からスタートした弁当生活も慣れてきました

IMG_20210726_151015_copy_1024x768







出向の予定期間は3ヶ月

この3ヶ月で吸収できるものは吸収したれ!

と意気込んで

先月から葬儀関連の本を読んだりDVDを見たり

休日には火葬場まで行ってみたり
IMG_20220213_201302_copy_1024x769IMG_20210830_145229_copy_1024x768






資料請求も5社から取り寄せて

ちょっとした葬儀ヲタクみたいになってた(笑)
IMG_20220215_231908_copy_1024x768






8月の出来事といえば2回目のワクチン接種

あれはほんとキツかったな・・・

IMG_20210806_020400_copy_1024x768







その様子を自撮りしてYouTubeにアップ

この動画、100回再生されればいいかな?

100いかんかったら消そ

程度に思っていたんですが

意外と2万回以上再生された(笑)



あと週刊文春の中づり広告が

8月26日発売号をもって終了しましたね

IMG_20210827_102701_copy_1024x768IMG_20210827_102656_copy_1024x768






マーケティング費用を紙からデジタルに移行

というのが目的だそうです

確かに出向先の会社も業務のクラウド化

&ペーパーレス化がかなり進んでいました

紙に埋もれて仕事をしている今の会社と違いすぎて

かなりカルチャーショックを受けたのでした・・・

【9月】

空がすっかり秋めいてきました

添乗員の仕事は天気に左右されまくりだけど

内勤業務だと関係ないのが

いいような寂しいような・・・

IMG_20210905_102315_copy_1024x768






9月中旬には京都市内の大浴場付きホテルに3泊

もう添乗に出なさ過ぎて

大浴場に飢えていたのですよ!!!

やっぱり大きなお風呂はいいですね♪
IMG_20210918_171219_copy_1024x768_1IMG_20220213_205322_copy_1024x768






いいといえば京都タワー

派手さはないけど、なんか惹かれるんですよね〜

何度見ても毎回写真を撮ってしまいます(笑)

IMG_20210915_155715_copy_1024x768IMG_20210915_155425_copy_1024x768






IMG_20210915_200022_copy_1024x768IMG_20210915_201839_copy_1024x768







これはこの3ヶ月の見慣れた景色

そういえば一度もお参りしてなかった・・・
IMG_20210927_103431_copy_1024x768IMG_20210930_175031_copy_1024x768







【10月】

7月から始まった在籍型出向は

当初の予定通り

いったん9月で終了

さらに3ヶ月延長の打診もありました

残ったスタッフもいましたが

私は断りました

と言うか、実際に出向先へ出向く前から

延長の話が来ても断ることは決めていました

出向って断れるの?って思われがちですが

産業雇用安定助成金を利用した在籍型出向は

一般的な出向と違い

出向者の“個人の同意”が必要で

“断る権利”もしっかり守られています

学校のクラブ活動みたいに

部室に部員を集めて

さぁみんなで考えてみんなで答えを出そう!

みたいなスポコン話ではないのです


ワクチン接種と同じですよ

みんなが打つから打たないと

って同調圧力は正直あるとは思いますが

最後は“個人の同意”で打つ訳ですよね

“断る権利”もしっかり守られているはずです

在籍型出向の同意もワクチンの接種も

“個人”が考えて

“個人”で決断するものだと思います


ゆーてもね

出向先の会社を去るのは正直寂しかったですよ

みんな優しかったし

自分の周りにはいないタイプの人ばっかりだったし

3ヶ月間、本当にお世話になりました



ブログにはちょっと書けませんが

色々あったんですよ、この10月は

ほんと色んな人にご迷惑をお掛けしました

猛省しておりますm(__)m


10月になると新大阪駅にも修学旅行の学生が見られはじめ

外飲みする人がかなり増えてきました

うめきた広場なんて

これから何かイベント始まるんですか?

ってくらい混んでたもんな

IMG_20211015_145033_copy_1024x768IMG_20211015_211457_copy_1024x768






話しは変わりますが

このSmartHRの広告見ました?

かつての仮面ノリダーとチビノリダーを

現代のビジネスマンとして起用するとか

センスありすぎでしょ!!
(これも業務のペーパーレス化の広告)

IMG_20211015_171342_copy_1024x768IMG_20211023_201345_copy_1024x768







【11月】

再びターニングポイントが訪れます

今度は自分の所属する旅行会社で

内勤業務として働くことになりました

具体的には旅行の受付センターのお仕事です

旅行の予約・変更・キャンセルなどの電話応対

葬儀のコールセンターから

旅行のコールセンター

入社当時はやっていましたよ、内勤業務も

でも、ここ数年

いや10年以上かな?

電話受付とかやってないし

そもそもPCが今のシステムに変わってから

1度も受付したことないんですよ!!

内勤業務への苦手意識は

今回の出向で多少払拭されたとは言え

なんだか自分の勤めている会社に出向に来たような心境です・・・


それでも明るいテンションで接客できるし

そもそも扱っている商品(旅行)はイメージできるので

葬儀業界にいる時に比べるとかなり気持ちはラクです

出向先では自分のキャラを押し殺していたし

扱っている商品(葬儀)もイメージできんかったもんな・・・


その余裕もあってか

休日は釣りにモニター旅行に紅葉狩りに

かなり積極的に動き回りました

大阪探求モニターツアー・1日目♪
(2020年11月25日)


去年の秋はGoToトラベルで忙しかったしね

紅葉のトップシーズンに毎週お散歩動画を出したんですが

これが結構再生されたんです

登録者もコンスタントに伸びていき

2000名を迎えることができました

Screenshot_20220214_134942



そしてシーズンが終わると勢いも終わる・・



11月はツアーもちょこちょこ出ていましたが

私が行くことは1度もありませんでした

IMG_20211120_102425_copy_1024x768IMG_20220213_215341_copy_1024x768






IMG_20211130_081352_copy_1024x768IMG_20211130_081704_copy_1024x768







あ、釣りでよく大津へ行くんですけど

大津プリンスホテルって

京都タワーと一緒で、いつ見ても写真を撮ってしまいます

横からみたらすごいカタチしてますよね(笑)

IMG_20211114_072715_copy_768x1024IMG_20211114_073552_copy_768x1024









【12月】

引き続き休業体制ではありますが

月の半分くらいは内勤業務として出社

年末年始のツアーは何本か出ていたけど

今月も私が添乗に出ることは1度もなく

12月27日で仕事納めとなりました

コロナ前には毎年あった

“納会”はさすがになかったね
(お寿司食べたかった・・・)

これは12月30日の新大阪駅の様子↓

普通に混んでた(笑)
IMG_20220214_103523_copy_1024x768IMG_20220214_103542_copy_1024x768






IMG_20220214_103638_copy_1024x768IMG_20220214_103728_copy_1024x768







プライベートでは初詣のイメトレ用に

朝護孫子寺(信貴山)・西宮神社・今宮戎神社・京都ゑびす神社・伏見稲荷大社へ

IMG_20211223_112653_copy_1024x768fotor_1639571480488_copy_1024x768







コチラは大晦日に撮った1枚

大平和祈念塔(通称:PLの塔)

これも思わず写真を撮ってしまう建造物です(笑)

IMG_20220214_105740_copy_1094x1459









さて、2021年の振り返り

“サクッと”とか言いながら

なんやかんやでゴチャゴチャ書いちゃいましたね

最後は毎年恒例の添乗実績

書くほどじゃないけど・・・

2021年:  3日( 2本)

ちなみに過去2年はこんな感じ

2020年: 95日(39本)

2019年:179日(80本)


ちなみついでに

入社してからの添乗実績はこんな感じ

国内:3466日(1431本)
海外: 656日( 137本)

総合計は
4122日(1568本)


以上、ブログな添乗員より

現場のフナッシュがお伝えしました。



何もなかったようで色々あった1年でしたが


そんな時代もあったねと

いつか話せる日がくるわ・・・










2021年を振り返ろう♪【1月〜6月】

早いもので2月も折り返しですね

ここ数年

年末に1年の振り返りを書いていたんですが

2021年、まだ書いてなかったんですよね


YouTubeを始めた影響で

すっかり筆不精になったうえに

そもそもこのコロナ禍でしょ

振り返るほどイベントもなかったし・・・

でも何も書かないのも2021年に申し訳ないので

スマホの画像データと手帳を辿りながら

サクッと1年を振り返りたいと思います!!

ちなみに昨年の前半はこんな感じでした

2020年を振り返ろう♪【1月〜6月】


【1月】


2020年の秋はGoToトラベルで湧いた観光業界でしたが

2020年の12月28日から2021年1月11日まで

GoToトラベルキャンペーンの中止が決定
(そしてそのまま現在に至る・・・)

奄美大島で年越しの予定でしたが、もちろん中止

年越しはおとなしく大阪で過ごしました

ここに1月1日に撮った1枚の写真があります

タイトル「夜に駆ける」
IMG_20210101_231328_copy_1024x768






あ、別に“YOASOBI”してたんじゃないですよ

元旦からナイトランを再スタートしていたのです!!

今思えば寒い中よく頑張ってたわ
(今年の冬はまだ1度も走ってない)

1月はひたすら読書とナイトランに明け暮れ

会社に出社する日は1度もありませんでした・・・


【2月】


2月も出社ゼロ

引き続き昼はYouTubeの撮影か編集

夜は走ってるか本を読んでるか

って生活でしたね

2005年にブログを初めて以来

ひとつき丸々更新しなかったのは

恐らくこの2月だけじゃないかな?

空白の2021年2月(笑)


スマホの画像データに残っていたのは

十三の商店街で見かけたシュールな1枚
IMG_20210218_161543_copy_1024x768







そして新淀川大橋からみた淀川

ここからの景色好きなんですよね

特に夜、川の上を電車が通る風景は幻想的です

IMG_20210225_133254_copy_1024x768







あとカレーの写真も出て来たな

仕事じゃないけど梅田へ行く用事があったので

会社近くの大好きなカレー屋

“ビンドゥ”に行ったんですよね

久々だったのでテンション上がって

追加料金払ってチーズナンを頼んだけど

1人でチーズナンは胸焼けするわ・・・
IMG_20210218_135408_copy_1024x768






“焼肉ライク”で1人焼肉デビューしたのもこの2月でした

IMG_20210125_160439_copy_1024x768IMG_20210125_153504_copy_1024x768







1人焼肉と言えば、2月にこれ買ったんですよ

1人用ホーロー鍋・弥生

これ、めっちゃ便利!!

うどん・ラーメンはもちろん

味噌汁や雑炊も作ってそのまま食べられるし

鶏の胸肉を茹でるのにもちょうどいいサイズ

ほぼ毎日愛用しております

恐らく2021年に買って良かったもの1位だわ
(ちなみにアマゾンで1754円でした)

IMG_20210227_104927_copy_1024x768IMG_20210227_120616_copy_1024x768







【3月】


大阪では3月1日に緊急事態宣言が解除
(そして翌月にはまた緊急事態宣言が出るんですけどね)

仕事は引き続き休業中

会社へは1度だけ生存確認みたいなミーティングで出社しました

2021年初出社が3月23日・・・


新大阪駅には新たな商業施設

エキマルシェ新大阪Sotoeがオープン
(そして翌月には休業になるんですけどね)

IMG_20220213_161806_copy_1024x768IMG_20210322_150428_copy_1024x768






ちょっと暖かくなってきたので京都のホテルに3連泊して

こんな動画を作りました



京都市内に安く泊まれたのはいいけど
(どこも2000円台)

あまりに安すぎてホテル業界

いや観光業大丈夫か!って心配になりました・・・

大丈夫かと言えば

3月3日に関空に行ったんですよね

人の歩いていない関空も衝撃的でした・・・



わたくしごとですが、YouTubeチャンネル

タビトレ!の登録者が

1000名達成したのも3月でした

Screenshot_20210320_022107_copy_606x156


いつもご視聴ありがとうございます!


【4月】

4月4日からの今年1本目のツアーへ

春の会津・大内宿・日光と会津鉄道ツアー・1日目♪
(2021年4月4日)


久々に飛行機に乗りました

空から見る大阪の夜景、綺麗だったな〜

IMG_20210405_192323_copy_1024x768IMG_20210405_192508_copy_1024x768






このツアーは事前にテレビで宣伝までしてもらって

これからジャンジャン出発!!

って予定だったんですが

結局2本で打ち切り

大阪で3度目の緊急事態宣言が出たためです
(4月25日〜5月11日)

9日に精算で出社したのを最後に

このあとしばらく会社へ行かない日々が続きます

添乗精算で会社に出社した際

近くの公園でピザを食べました

これ、テイクアウト割引で550円!
(お店で食べるとサラダ付きで1000円)

コロナ禍になってから

テイクアウトでお得に食べれるお店が増えましたよね♪
IMG_20210409_125006_copy_1024x768IMG_20210409_124928_copy_1024x768






プライベートでは奈良の吉野山や京都の和束町へ

和束町の茶畑は印象的だったな〜
IMG_20220216_123444_copy_1024x768IMG_20220216_123512_copy_1024x768






京都にあんな素敵な場所があったとは!!

【京都の絶景】和束町って知ってる?
(2021年5月24日)


あと京都にはこんな場所もありました!

なんで道端に鐘が・・・
IMG_20210421_193748_copy_1024x768IMG_20210421_193728_copy_1024x768






IMG_20210421_193641_copy_1024x768IMG_20210421_193654_copy_1024x768







緊急事態宣言が出るちょい前

おひとり様専用ホステルに泊まって

朝イチの開門と同時に清水寺へ行ったんですが

あれはなかなか貴重な体験でした♪
IMG_20220214_125423_copy_1024x768fotor_1625278582418_copy_1024x768








【5月】


2021年で一番出歩かなかったのが5月

大阪駅周辺も全然人が歩いていなかったもんね

下の写真は5月3日(祝日)の様子
IMG_20210503_124918_copy_1024x768IMG_20210503_123942_copy_1024x768






IMG_20210503_120056_copy_1024x768IMG_20210503_120701_copy_1024x768






IMG_20210503_123324_copy_1024x768IMG_20210503_121055_copy_1024x768






IMG_20210430_180315_copy_1024x768IMG_20210503_115613_copy_1024x768






みんな引きこもってるからフードデリバリーが大活躍ですわ

IMG_20210503_115440_copy_1024x768IMG_20210523_163425_copy_1024x768_1






こ、これはコアラのマーチ専用のデリバリーなのか・・・
IMG_20220213_172246_copy_1024x769







【6月】

6月21日

今年に入って4度目の出社

27日に行われる日帰りツアーの準備です

事前に現地へ下見まで行って

昼食会場のお店では

たっかいパフェを自腹で食べて臨んだ貴重な1本

法然上人ゆかりの寺院めぐりツアー♪
(2021年6月27日)


IMG_20210627_131631_copy_1024x768IMG_20210627_120244_copy_1024x768






結局、これが2021年最後の添乗となります


街中では

飲食店は早く閉まる

家の中にばかりいたら気が滅入る

外は暖かくなってきた

ってことで屋外で過ごす人が目立ってきました

IMG_20210620_171942_copy_1024x768IMG_20210608_230137_copy_1024x768







あ、スーパーで北菓楼の開拓おかきを発見!
(もちろん即買い)
IMG_20210619_154046_copy_1024x768






北海道もずいぶん行ってないな〜・・・

最後に行ったのは2020年の10月か

ひがし北海道ツアー・1日目♪
(2020年10月8日)



これは京都某所で見た夕日

写真だけ見てたら平和ですね
IMG_20210605_191747_copy_1024x768IMG_20210605_191825_copy_1024x768








2020年の前半は

こんな感じで過ぎていったのでした・・・



京都のコスパ最強&大浴場付ホテル〜京都グランベルホテル〜

京都の四条通り界隈でコスパ最強

さらに大浴場付きホテル

そんなわがままな希望を叶えてくれる3泊目のホテルは

京都グランベルホテル


こちらも四条通り界隈なんですが

一気に鴨川を越え、大和大路通り沿い

え?こんな場所に大浴場付きのホテルが?

って隠れ家的な立地です

宿泊してから知りましたが

福島県にある“裏磐梯レイクリゾートホテル”

“猫魔離宮”と同じ系列ホテル

どうりでオシャレなわけだ!

レイクリゾートホテルは仕事で何度か泊まったことがあります

春の会津・大内宿・日光と会津鉄道ツアー・1日目♪
(2021年4月4日)


グランベルホテルは大阪(本町)や

東京(新宿)にもあるそうです

どこが母体のホテルなんやろ?

って気になって聞いてみたら

カタログ通販で有名な株式会社ベルーナ

ちょっと意外ですね!!

IMG_20210915_095141_copy_1024x768IMG_20210914_175949_copy_1024x768






IMG_20210915_110831_copy_1024x768IMG_20210915_110846_copy_1024x768






IMG_20210914_180128_copy_1024x768IMG_20210914_180001_copy_1024x768






IMG_20210914_175926_copy_1024x768IMG_20210914_175936_copy_1024x768






IMG_20210918_171219_copy_1024x768IMG_20210918_171347_copy_1024x768






IMG_20210914_174845_copy_1024x768IMG_20210914_174942_copy_1024x768







実際に泊まった感想は・・・

【おすすめポイント】
・祇園界隈の観光スポットに近い!
・デザイナーズホテルでとにかくオシャレ!
(館内どこを見ても写真映えします)
・ロビーに本物の人力車が置かれている!
(京都市内で人力車が置かれているのはフォーシーズンズとここだけだそうです)
・大浴場が間接照明が効いていて神秘的!
・デイユースでも利用可能!
(もちろん大浴場も使えます)
・室内のテレビがアップルTV!!
(ネット上のコンテンツが大画面で楽しめます)


【気になった点】
・1、2泊目に比べ宿泊料金はそれなりにする・・・
(他の宿泊料金が異常なだけですが)
・フリードリンクのコーヒーが安っぽい・・・
(他はオシャレなのになんでかな?)
・ホテルのエントランスが“ラ〇ホ”っぽい・・・
(デイユースでそういう使い方もできなくはない)


泊まったのは昨年の9月でしたが

宿泊料金はこんな感じ↓

Screenshot_20220211_213849






1泊目2泊目が3000円台だったので高く見えますが

それでもこの立地でこの価格はお得!



今回ご紹介した3つのホテルを動画でまとめています

まだ見ていない方は是非

旅のイメージトレーニング

タビトレとしてご活用下さいね♪





 ※注意事項※
こちらの価格は宿泊サイト“Agoda(アゴダ)”を利用して
その日の一番安いプランで検索して予約した料金です
宿泊料金は宿泊日や予約する時間によっても変動します
設備やサービスは撮影時のもので実際と異なる場合があります
詳細はホテルまでお問い合わせください







京都のコスパ最強&大浴場付ホテル〜グランバッハ京都セレクト〜

京都の四条通り界隈でコスパ最強

さらに大浴場付きホテル

そんなわがままな希望を叶えてくれる2泊目のホテルは


グランバッハ京都セレクト


名前の通り、バッハをモチーフにしているそうです

1泊目の三井ガーデンホテル京都四条と同じ四条通り沿いですが

かなり東に移動し

河原町エリアのほぼど真ん中!って立地

IMG_20220128_160248_copy_1024x768IMG_20220128_155413_copy_1024x768






IMG_20220128_145625_copy_1024x768IMG_20220128_145102_copy_1024x768






IMG_20220128_145556_copy_1024x768IMG_20220128_145751_copy_1024x768






IMG_20220128_160718_copy_1024x768IMG_20220128_160650_copy_1024x768






IMG_20220128_160642_copy_1024x768IMG_20220128_160636_copy_1024x768







それでは個人的な感想です

【おすすめポイント】
・とにかく立地がサイコー!!
・館内や大浴場にバッハが流れていて癒される♪
(室内には流れていません)
・フリードリンクが美味しい!
(エスプレッソマシーンがあるのが嬉しい)
・専用ラウンジが広々していてデスクワークが快適!
(ただし充電できるコンセントはありません)
・ロビー階に京都国際観光おもてなしコンシェルジュがいる!
(タイミングが合えば)


【気になった点】
・ロビー階の空間がちょっと閉鎖的・・・
(まぁ2階なので仕方ないんですが)
・四条通りから直接入れない・・・
(1階にソニプラが入っていますからね)
・4階以下だと、窓を開けると隣のビル・・・
・室内のシャワーが多機能すぎ・・・
(年配者には厳しいかも?)
・室内のテーブルが小さくPC作業には不向・・・
(デスクワークは専用ラウンジがオススメ)


で、気になる宿泊料金は・・・

Screenshot_20220211_110648






三井ガーデンホテル京都四条より少し高くなりましたが

街中の大浴場付きのホテルでこの価格・・・





※注意事項※
こちらの価格は宿泊サイト“Agoda(アゴダ)”を利用して
その日の一番安いプランで検索して予約した料金です
宿泊料金は宿泊日や予約する時間によっても変動します
設備やサービスは撮影時のもので実際と異なる場合があります
詳細はホテルまでお問い合わせください








京都のコスパ最強&大浴場付ホテル〜三井ガーデンホテル京都四条〜

以前、京都市内にある

安い!綺麗!好立地!

3拍子揃ったホテルを3つご紹介しましたが

ザ・ポケットホテル京都四条烏丸
ザ・ワンファイブ 京都四条
ホテルアマネク 京都河原町五条


今回はさらにバージョンアップ!

安い!綺麗!好立地!

に加え

大浴場付き!!

のホテル3選をご紹介したいと思います

やっぱり寒い冬は大きなお風呂に入りたいですよね

京都市内でも探せば大浴場付きのホテルって結構あるのです


以前紹介した3つのホテルは

価格帯で揃えたので

京都市内と言っても立地はバラバラでしたが

今回は価格帯では揃えず

立地(四条通り界隈)で揃えてみました


まず最初にご紹介するのは

三井ガーデンホテル京都四条


四条通りから西洞院通りを少し南に下がったところ

祇園祭で賑わうエリアです

IMG_20220211_101224_copy_1024x768IMG_20220211_101238_copy_1024x768






IMG_20220211_101341_copy_1024x768IMG_20220211_101349_copy_1024x768






IMG_20220211_101311_copy_1024x768IMG_20220211_101358_copy_1024x768







それではさっそく感想を・・・

【おすすめポイント】
・安心の三井ガーデンホテルズ!
(京都市内には5つのホテルを展開)
・2020年にリニューアルしたばかりで綺麗!
・睡眠にこだわった快眠枕とマットレス!
(枕は13200円で販売中)
・部屋着セットには足袋型ソックス付!

【気になった点】
・河原町エリアから少し離れている・・・
(烏丸通りより西側なので)
・人気なので大浴場やレストランが混みそう・・・
(ネームバリューがありますからね)
・デスクワークには不向きかも・・・
(室内のテーブルが小さいので)


で、私はいくらで泊まったかというと

Screenshot_20220211_105630






これだけハードがしっかりしていて

さらに大浴場付きのホテルでこのお値段・・・


気になる方はコチラの動画をチェック!





※注意事項※
こちらの価格は宿泊サイト“Agoda(アゴダ)”を利用して
その日の一番安いプランで検索して予約した料金です
宿泊料金は宿泊日や予約する時間によっても変動します
設備やサービスは撮影時のもので実際と異なる場合があります
詳細はホテルまでお問い合わせください





スーパーの白石さん♪

先日、ベテランのレジのおばちゃんに金額を間違えられた話をしましたが

同じスーパーで働いているお姉さんの話しも聞いてもらえます?



そのスーパーには老若男女

色んな人がレジで働いています

特に愛想の悪い人などおらず

皆さんいい方ばかりなんですが

ズバ抜けて

接客スキルの高いお姉さんが1人いるんです

レジの担当者とお客の接点って

‐ι覆鬟弌璽魁璽匹謀てる
⇔戮離ゴに移し替える
2餬廖丙廼瓩魯札襯佞眤燭い任垢諭


この間だけでしょ

接客ゆーても1人だいたい1分ほど

個人的には別に接客スキルとか求めていないし

発揮する必要もあまりないように思うんですが・・・

このお姉さん

仕事に対する意識がめちゃ高いんですよね

具体的にいうと

アイコンタクト

どれだけ忙しくても、必ず目をみて接客するんですね

ここはダイコクドラッグか!ってくらい

ちなみに先日のベテランのおばちゃんなんて

今まで1度も目が合ったことがありません・・・

笑顔

いくら仕事だと言っても

調子の悪い日や気分の乗らない日もあるじゃないですか

でもこのお姉さんはいつ来ても笑顔

無表情とか機嫌の悪そうな顔を見たことがありません


動きにムダがない

ちょっとレジが空いた時間があれば

小さいビニール袋を詰めやすいようセッティングするなど

次の動きがスムーズになるよう身のまわりを整えています

“歩いている佐川のお兄さんを見たことがない”

みたいなキャッチコピーが昔ありましたが

私は

“ボーっとしているレジのお姉さんを見たことがない”(笑)


移し終えたカゴの中が美しい

バーコードを当てた商品は

隣のカゴに移し替えるじゃないですか

その詰め方がめちゃくちゃうまいんですよ

ショッピングバッグに入れ替えるのがもったいないくらい(笑)

それに、よほどレジが混んでいない限り

小分けに袋に入れたいお肉や野菜・果物などは

ササっと小さいビニール袋に入れてくれます

これ、めっちゃ助かるんですよね

他のスーパーでは空いているとやってくれますが

このスーパーでこれをやる人は他に見たことがありません

まぁ自分はそんなに量を買わないので

このお姉さんにとったら余裕なんでしょうけど・・・


さすがにこれだけ仕事ができて愛想もいいので

よく常連さんから声をかけられている姿を見かけます

同じレジならこのお姉さんのレジに並びたいですよね

まさにスーパー界の斎藤泉やな(笑)

カリスマ新幹線アテンダントに学ぼう♪
(2015年2月27日)

IMG_20210330_123650_copy_1024x768






ただね、このお姉さん

めっちゃ愛想いいのに

目尻のアイラインが吊り上がってて

化粧がケバいんですよ!!!

だから黙ってたら絶対怖い印象受けると思います

なんでわざわざあんなアイライン引くんやろ?

まさかギャップ萌えを狙ってるのか・・・



ちなみに、ブログのタイトルに

“スーパーの白石さん”て書きましたが

このお姉さんの名前じゃないです

「生協の白石さん」からパクりました(笑)

生協の白石さん

あの本、流行りましたよね!

確かこのブログでも紹介した記憶が・・・

って検索してみたら

2005年やった!!

“生協の白石さん”に感動っ(涙)
(2005年12月31日)


なんか久々に読んでみたくなりました





ベテランも〇〇の誤り

最近、お金ネタが続いていますが

ちょっと聞いてもらっていいです?

いつも行くスーパーがあるんですよ

冷蔵庫が小さいので

ほぼ毎日と言っていいほど行くお店です 


先日、玉子が切れていたので買いに行きました

玉子だけじゃ寂しいので

味の素の冷凍餃子とか

食パン・ベビーチーズなどちょこっと買い足したんですね

どう考えても1000円もしないと思っていたのに・・・


レジのおばちゃん「1886円になります」

え、そんなにする???

指摘したいけど後ろに並んでる人も多いし・・・

第一このおばちゃん

お店で一番良く見るベテランだし・・・

一瞬のうちに色んなことを考えましたが

勇気を振り絞っていいました(小声で)


フナッシュ「あ、あの・・・そんなにします?」
     「あ、いや、そんなもんですかね・・・」


と超弱気に指摘したのです

すると

おばちゃん「・・・・」
     
     「あ、失礼しました1778円です」 



フナッシュ「え、、、、」


おばちゃん「・・・・」 


     「あ、失礼しました874円です」
     「前の人の記録が残ってました」




っておいおい!!

倍以上違うやないかいっ!!


てか素人でもあのカゴの中の商品見たらが

1800円もしないことくらいわかるやろ!!



弘法も筆の誤り

ならぬ

ベテランもレジ打ちの誤り

ですね

恐らくあのベテランのおばちゃんは仕事に慣れきっていたので

カゴの中の商品とかはあまり見ず

数字しか見ていなかったんでしょう


慣れって怖いです


でも、自分も先日

フルムーンツアーをお申込みのお客様に

ついつい流れで聞いちゃったもんな〜

「男性女性は何名様づつですかー?」って・・・




読んで見て行く京都観光♪

伏見稲荷大社

言わずと知れた全国の稲荷神社の総本社です

皆さんも1度は訪れているのではないでしょうか?

伏見稲荷=千本鳥居

ってイメージが強いですが
IMG_20211223_115749_copy_1024x768IMG_20220129_101938_copy_1024x768






伏見稲荷は奈良の大神神社が三輪山をご神体としているように

稲荷山というお山を信仰していた場所

稲荷信仰の真髄は

山を歩いてなんぼ

ということのようです

神社は時代とともに祀られているご祭神が変わってしまったり

創建当初の信仰とは違ったカタチで現代に受け継がれている場所も多くあります

京都にはたくさんの有名な神社がありますが

そこに神社がある本来の意味は?

そこに祀られているご祭神は本当はダレなのか?

そんな少々マニアックな疑問に答えてくれるのが

高田崇史先生の小説

神の時空(とき)シリーズ

舞台は鎌倉・京都・宮島・奈良・東京と広範囲ですが

伏見稲荷大社が舞台になっている作品もあります


神の時空ー伏見稲荷の轟雷ー

IMG_20220208_101147_copy_800x600







千本鳥居に吊るされた四つの遺体!!

ってなんとも不謹慎なキャッチコピーですが

ミステリーとしてもガイドブックとしても楽しめる作品です


もうしばらく自由に旅行に行けない時間が続きそうですが

この時間を利用して

次に行きたい観光地が舞台の本を読んでみてはどうでしょうか?

今まで何度か足を運んだことのある場所でも

新しい発見がたくさんあって

次に行った際に新鮮な気持ちで楽しめると思います

さらにその観光地がイメトレができる動画があれば・・・


てことで今回、伏見稲荷大社のイメトレ動画を作りました

2020年からずっと作りたかった動画です

これまで何度か足を運んだんですが

なかなか納得がいく映像が撮れなかったんですよね

昨年末、4回目にしてようやく軸となる撮影に成功

これまで撮りためた映像も一部使用しているので

途中で季節が変わったりしているのはここだけの話・・・

是非、伏見稲荷大社へ行く際は

「神の時空」を読んで

「タビトレ!」を見てから行くことをおススメします

これまでの何倍も楽しめると思いますよ♪


動画が長くなったので前半・後半に分けております・・・



神の時空シリーズには貴船神社が舞台の作品もあります

神の時空ー貴船の沢鬼ー

IMG_20220208_103449_copy_800x600







貴船神社へ行かれる際はこの作品を読んで

こちらの動画を見てから行けばバッチリやね♪



こんな感じでこれからも

旅行者が役立つ(であろう)動画を作っていきたいと思います!

チャンネル登録はしなくていいので

ぜひ、高評価なり低評価ボタンを押して頂けると嬉しいです♪



780円の使いみち

節約家族小説

「三千円の使いかた」を読んで

お金に無頓着な私もお金の大切さを痛感

「3000円の使いかた」


毎月、どこからいくらお金が出ていくのか?

改めて毎月のお金の流れを把握することから始めました
(今までやってなかったんかい!!)

Screenshot_20220206_102914_copy_800x800









自分でいうのもなんですが

ほんとお金にだらしないんですよね

お金に無頓着というか無関心というか

ようするに経済観念のないダメな男なのです・・・


でもまぁジャンブルをする訳でもないですし

風俗・お酒・タバコの習慣もなし

料理・洗濯・掃除は苦にはなりません
(というか好きなくらい)

主夫としては使い勝手のいい男ですので

その辺は評価してもらえればと思います・・・
(ってお見合いでも始めるんかい!!)


まぁアレですよアレ

節約と言えばやっぱり

固定費の見直し

が鉄板な訳ですよ

さっそくドコモの料金プランを変えましたわ
(格安スマホにする勇気はまだない)

今までのギガホ2からアハモに変更


これで毎月のスマホ代が

7678円➡2970円

その差は4708円!!


データ容量は60G➡20Gになったけど

これを機にスマホを見る時間を少なくできれば

これはこれで時間の有効活用にもなるからね♪




さて、ここまでは前置きです

本題はタイトルにもある「780円」

お金の流れを把握する中で

クレジットカードの支払い明細をじっくり見てみました

いつもは引き落とされる金額だけ見て

支払い明細は見ていなかったんですね

で、明細一覧の中でこんな項目が

Screenshot_20220206_102521_copy_540x165




JCB海外利用

え?海外なんて行ってませんけど!! 

AMAZON MUSIC

え?そんなサービスに入った覚えないですけど!!

利用国USA

え?海外で不正利用されてる??


他の月も調べてみると

先月も780円

その前も780円・・・

って毎月780円引き落とされてる!!

調べてみると

アマゾンミュージックは月額980円

アマゾンプライムの会員は780円です


なんか嫌な予感がしてきた・・・


以前、ガスと電気の支払いを一緒にしたときに

アマゾンプライム付きのプランにしたんですが

どうやらその際にアマゾンミュージックが勝手に付いてきたようです

最初の〇ヶ月無料でそのあとは自分で解約が必要

みたいな条件だったのでしょう

うっすら覚えているような覚えていないような・・・

まぁでも今となっては後の祭り

一度も使ったことのないサービスに

毎月780円も支払っていたとは・・・

恐らく2年近くこの状態だったと思います

780円×24=18720円


ショック・・・・・・・


てかこのまま気づかず

何年も払い続けてたと思うとゾッとしますね


「三千円の使いかた」の価格は770円

この本を読んだきっかけで

スマホ料金の見直し(4708円)と

不要なサービス(780円)に気づき

毎月5488円の節約(?)ができました

キャッチコピーにあったように

「元」はとれたな(笑)


皆さんの中で私のようにお金に無頓着な方がいましたら

今すぐカードのご利用明細をチェック!!

身に覚えのない料金が引き落とされている

かも・・・











3000円の使いかた

先日の「旅屋おかえり」に引き続き

またもや浅井博章さんが紹介していた本を読んでみました

浅井博章(ひろあき):FM802の本好きDJ

本のタイトルは

「三千円の使いかた」
(中公文庫)

著者:原田ひ香

 IMG_20220206_084824_copy_1024x769







知らなかったけど世間ではけっこう話題になっているみたいですね

本屋でも目立つところに平積みで置かれてた

IMG_20220206_095621_copy_1024x768








キャッチコピーは

“知識が深まり絶対「元」もとれちゃう「節約」家族小説”

本のタイトルに3000円とありますが

3000円をこう使ったらお金が増やせる!!

みたいなハウツー本ではなく

同じ3000円を持っていても人それぞれ使い方は違うよね

同じ金額を使うんだったら、そのお金を有効に使いたいよね


という意味でのタイトルだと思います(たぶん)


ハウツー本ではないので“物語”として話が進んでいきます

主人公は1話ごとに変わるんですが

最初に出てくる20代OL

御厨(みくりや) 美穂 を主人公とすると

第1話:美穂
第2話:美穂の祖母
第3話:美穂の姉
第4話:祖母の男友達
第5話:美穂の母
第6話:美穂をとりまく家族


登場する全ての人物は

特にお金持ち!!とか

めちゃくちゃお金に困っている!!

という訳ではなく

平凡を絵に描いたようなごくごく庶民的な人たち

それぞれに不安悩みを抱えながら生活しています


それもめちゃくちゃ大きな問題!!という訳ではなく

誰もが決して他人事としてスルーできないような

リアルなお金の問題


生きていく上で誰の身にも起こり得るお話しなので

読者が20代から70代であれば

どこかで自分に引っかかる問題が出てくると思います

各世代ごとに抱える不安や悩みは異なりますが

結局のところ、いくつになっても


お金って大事だよね


ってことが身に染みる1冊なのでした



この物語には所どころ節約術は織り込まれていますが

ハウツー本ではないので詳しくは解説されていません


でも節約のきっかけには大いに役立つと思います

あとはその意識がいつまで続くか

そこが問題だ・・・








【献血部】京都四条の献血ルームがほぼカフェ状態と話題に

先日、京都で献血をしてきました

別に献血に行く予定はなかったんですが

四条通りを歩いていたら

「献血」の看板を持った人が立っていたので

フラっと入った流れです

そもそも

こんなところに献血ルームがあった事すら知りませんでした

献血ルーム京都四条:四条SETビル 5階
IMG_20220128_143306_copy_1024x768IMG_20220128_143241_copy_1024x768






なんかオシャレ廊下ですね
IMG_20220128_131713_copy_1024x768IMG_20220128_143019_copy_1024x768






ロッカーもイケてる

大きな荷物も収納できるので旅行者も利用できますね
IMG_20220128_131940_copy_1024x768






そして待合い室がなんとも開放的♪

普通にカフェかネカフェですやん
IMG_20220128_131812_copy_1024x768IMG_20220128_131823_copy_1024x768






本の貸し出しも行っているんだとか
(返却は次回の献血でOK)
IMG_20220128_133828_copy_1024x768IMG_20220128_133920_copy_1024x768






四条通りに面しているので景色もバッチリ♪

祇園祭りの際は山鉾巡行も見れる穴場だそうです
IMG_20220128_142651_copy_1024x768IMG_20220128_134048_copy_1024x768






IMG_20220128_133844_copy_1024x768IMG_20220128_133857_copy_1024x768






もちろんドリンクは飲み放題で

お菓子も食べ放題

さ・ら・に・・・

アイスまで置いてあるんです!!
(これは1人1個まで)

IMG_20220128_135604_copy_1024x768






あと、コチラの献血ルーム

ベッドが放射状に並んでいて面白かったです
(看護師さんは仕事がしやすいでしょうね)


いつもは行きなれた梅田の献血ルームばかり利用してたけど

普段と違う場所で献血するのもいいですね

皆さんも

ご当地献血

はじめてみませんか?




あ、なんとか記念とかでまた景品もらいました

入浴剤です

IMG_20220128_135915_copy_1024x768







寒いこの季節

こんなんなんぼあってもいいですからね♪


※こちらの献血ルームは許可のない撮影はNG
(今回は許可を頂いて撮影しております)

【読書部】読んで旅する「旅屋おかえり」♪

コロナの影響で自由に旅行に行けなくなって

早いもので丸2年が経とうとしていますね

私も昨年はプライベートでは関西から1歩も出ていません

コロナ禍で始めたYouTubeも

もはや京都専門チャンネルみたいになってるし・・・

ほんとは大好きな島旅とかの動画も作りたいのにな

と旅をしたくてウズウズしているのはみんな同じですよね

そんな旅行欠乏症の方にオススメの1冊を処方

いや、ご紹介したいと思います

それがコチラ

「旅屋おかえり」
IMG_20220125_095216_copy_1024x768






 
FM802の本好きDJでありストーリーテラー

浅井博章さんが番組の中で紹介していた1冊です


主人公は売れない崖っぷちアラサータレント

“おかえり”こと丘えりか

唯一のレギュラー番組

「ちょびっ旅」のレポーターとして

全国各地を旅をしている女性です

そんな彼女が番組打ち切りで旅ができなくなり

苦肉の策で依頼人の代わりに旅をする

旅の代行業、“旅屋”を始めるのですが・・・

といった物語です

冒頭シーン

ちょびっ旅のロケで訪れていたのは

青森県の弘前

弘南鉄道に乗って、黒石へ

B級グルメの“つゆ焼きそば”を食レポするシーンから始まります


旅屋として依頼人の代わりに旅をするのは

秋田県の角館や愛媛県の内子

そんなおかえりの出身地は北海道の礼文島

出てくる地名がどこもローカル色強めなところが

旅好きの心をくすぐります


著者の原田ハマさんは小さい頃、父親に連れられて

映画「男はつらいよ」をよく見せられたそうです

旅先で出会う人々との人情劇がどことなく

「男はつらいよ」シリーズに通じるものを感じます

そしてめっちゃ泣けます!!


主人公が添乗員と同じように

“旅を生業としている”

ってところに共感が持てるな

そしてそんな生活の一部である

旅ができなくるという状況も・・・


おかえりが“旅屋”をはじめるにあたり

こんなことを言っていました


どこへ行こうと、どんな旅であれ

それは心躍るできごとに違いない。

旅する日常が、また戻ってくるとしたら

こんなに嬉しいことはない。



早くそんな日常が戻ってきて欲しいですね


この動画で第1章の朗読が聞けますよ↓



ちなみにこの「旅屋おかえり」

NHKでドラマ化するそうです!


1月25日から28日まで4夜連続
(BSプレミアム 7時〜7時30分)



めっちゃ見たい!!


けど家にテレビないわ・・・(涙)


特集ドラマ「旅屋おかえり」(NHK公式サイト)





【元旦の京都】新春・京都五社寺めぐり♪

あけましておめでとうございます

昨年に引き続き

添乗に出ない新年を迎えました


せっかくなので京都の人気初詣スポットの様子を見に行こう!

ということでさっそく元旦に

自分で日帰り初詣ツアーを決行

選んだのはコチラの5社寺

スクリーンショット (141)








\仞郷緘幡宮
伏見稲荷大社
清水寺
と坂神社
ナ唇多正


だいたい旅行会社で“京都三社詣ツアー”と言ったら

伏見稲荷大社・八坂神社・平安神宮

って行程が定番ですが

今回は“京都五社寺詣ツアー”やね



まずは一番南(ほぼ大阪!)に位置する

“石清水八幡宮”からスタート

一の鳥居や駐車場付近には露店が出ていました
IMG_20220101_082359_copy_1024x768IMG_20220101_082621_copy_1024x768






大晦日の寒波の影響で、京都でも雪が降りました

八幡でこれだけ積もるのはかなり珍しいです
IMG_20220101_082243_copy_1024x768IMG_20220101_073433_copy_1024x768






7時半頃から登り始めたので、まだ参拝客は少ないですね
IMG_20220101_074250_copy_1024x768IMG_20220101_080006_copy_1024x768






拝殿手前の斜面が凍結している影響で

お賽銭箱が手前に移動していました
IMG_20220101_075857_copy_1024x768IMG_20220103_085806_copy_1024x768






展望台からは綺麗な雪景色が見れましたよ♪
IMG_20220101_081340_copy_1024x768IMG_20220101_081255_copy_1024x768







お次は京阪に乗って“伏見稲荷大社”

お正月期間の特別ルールがいくつかあるのでいい勉強になりました

例えば

‖膩織丱垢任た参拝者はシャトルバスを利用
稲荷大社までの移動は右側通行
5阪から行く場合も大鳥居経由で境内へ


IMG_20220101_094750_copy_1024x768IMG_20220103_092400_copy_1024x768






IMG_20220101_100028_copy_1024x768IMG_20220101_100251_copy_1024x768






今回は千本鳥居方面へは行かず

内拝殿の参拝のみで撤収!!

帰りに伏見稲荷名物の“うずら丸焼き”を購入

実は今まで食べたことなかったんですよね

これ、頭も骨もバリバリ食べるんです

鯉のあらいとか鱧の小骨も苦手な自分にとっては

かなりキツいものがありました・・・
(肉は普通に鶏肉なので美味しかったです)
IMG_20220101_100821_copy_1024x768IMG_20220101_101247_copy_1024x768






お次も京阪に乗って“清水寺”

清水道はかなり賑わっていましたが
IMG_20220101_104748_copy_1024x768IMG_20220103_092936_copy_1024x768






拝観受付以降はそれほど混んでいませんでした
(みんな有料エリアには入らないのかな・・・)
IMG_20220101_111715_copy_1024x768IMG_20220101_105401_copy_1024x768






本堂前の舞台の雪は溶けていましたが
IMG_20220101_110137_copy_1024x768IMG_20220101_110015_copy_1024x768






日当たりの悪い釈迦堂、奥之院の屋根は

綺麗に雪が残っていました
IMG_20220101_110034_copy_1024x768IMG_20220101_110100_copy_1024x768






本堂の雪も今日中になくなりそうですね
(屋根からはユラユラと湯気?が出ていました)
IMG_20220101_110455_copy_1024x768IMG_20220101_110502_copy_1024x768






お次は歩いて“八坂神社”

西楼門付近の混雑が凄かった・・・

中学生の頃、友人と大晦日の夜に八坂神社へ行ったことがあるんですが

この西楼門の階段から四条通りを振り返った時の人ごみは

今でもはっきり覚えているほど衝撃的な光景でした(笑)
IMG_20220101_114948_copy_1024x768IMG_20220103_093741_copy_1024x768






IMG_20220103_093846_copy_1024x768IMG_20220101_114321_copy_1024x768






IMG_20220103_094159_copy_1024x768IMG_20220101_114343_copy_1024x768







最後は“平安神宮”

円山公園から神宮道を直進するだけなので

意外とすんなり移動できます

応天門手前の参道には露店がズラっと並んで賑わっていました

それはいいけど

参道のど真ん中にゴミ捨て場を置くセンスよ・・・

平安神宮の“なんちゃって神社感”

こーゆーところに出ますよね・・・
IMG_20220101_124347_copy_1024x768IMG_20220101_124250_copy_1024x768






個人的に平安神宮ってどうしても

“神社”として見れないんです

そもそも博覧会の目玉として造った“パビリオン”でしょ

再現された歴史的建造物を見に行く場所だと思っています
(奈良の“平城京跡”とかと同じ)


平安神宮も桓武天皇を祀らなければ

ただの“平安京跡”って観光地だったと思います
(跡地はここではないですが)

そう考えたらパビリオンを神社として再利用しよう!

って発案した人はナイスアイデアですね

だってここが“平安京跡”って観光地だったら

ここまで人はこないと思います(笑)
IMG_20220103_094626_copy_1024x768IMG_20220103_094806_copy_1024x768






IMG_20220101_121545_copy_1024x768IMG_20220101_121540_copy_1024x768






IMG_20220103_094831_copy_1024x768IMG_20220103_094848_copy_1024x768







ちょっと話がそれてしまいましたが

そんなこんなで朝早くから出発したおかげで

ランチ前に5つの初詣スポットを参拝することができました

急いで動画もまとめたので

ぜひ、元旦の京都の様子を感じてくださいね♪



人気の初詣スポットはさすがに混み合っていましたが

河原町や新京極は人が少なかったです

鴨川の河原もこんな感じでした・・・
IMG_20220103_094957_copy_1024x768














【異世界の京都】世にも奇妙な堂本印象鳥居って知ってる?

皆さん、堂本印象(どうもといんしょう)ってご存じですか?

大正から昭和にかけて京都を中心に活躍された

京都出身の日本画家です

数多くの寺院にも作品が残っていて

一番有名なのは東福寺・法堂の雲龍図かな?

立命館大学の前には“堂本印象美術館”もあります


そんな京都を代表する日本画家がデザインした鳥居がある!

と聞いて見に行ってきました

最寄り駅はJR・藤森(ふじのもり)駅

初めて降りる駅です
IMG_20211020_113028_copy_1024x768






駅から住宅街を抜け山の中を歩き
IMG_20211020_120044_copy_1024x768IMG_20211020_120725_copy_1024x768






今は神主不在となっている“大岩神社”に到着

その社殿の前後に堂本印象鳥居はありました


逆ルートから行ったので、まず最初に現れたのが

小さい方の堂本印象鳥居

行ってから知りましたが

堂本印象鳥居は2種類あるようです

こちらの鳥居には天女のような女性と

幾何学模様のような不思議なデザインが彫られていました
IMG_20211020_122512_copy_1024x768IMG_20211020_122517_copy_1024x768






IMG_20211221_201240_copy_1024x768IMG_20211221_201304_copy_1024x769








そして次に現れたのが大きい方の堂本印象鳥居

さっきの鳥居もたいがい神秘的でしたが

こちらは神秘的というかなんというか・・・

異次元とか異空間って言葉がしっくりくる雰囲気の中

異様な存在感を放っていました
IMG_20211020_125531_copy_1024x768IMG_20211020_130820_copy_1024x768






左右の柱には地蔵菩薩と毘沙門天かな?

神社なのに仏教色の強いデザインです
IMG_20211020_125959_copy_1024x768IMG_20211020_130015_copy_1024x768






そして鳥居の近くに鎮座する狛犬も独特

これは堂本印印象とは関係ないのかもしれないけど

この空間にピッタリのデザインです
IMG_20211020_130601_copy_1024x768IMG_20211020_130025_copy_1024x768






ここだけ見たらインドネシアの遺跡みたいですよね
IMG_20211020_131025_copy_1024x768IMG_20211020_131021_copy_1024x768






正直ひとりで行くにはかなり勇気がいるスポットですが

機会があれば是非訪れてみてください!

大岩神社から少し上がった場所には

夜景の穴場スポットにもなっている

大岩山展望所もありました
(ここまでは車で来れます)
IMG_20211020_124025_copy_1024x768IMG_20211221_194902_copy_1024x769







※注意※
境内は倒壊した鳥居などが散乱していて足場が悪いです

行かれる際は十分にお気をつけください
(雨の翌日などは避けたほうが良いです)


どんな場所かは動画でタビトレ!



YouTubeを始め、ネットで「大岩神社」と検索すると

「怖い」とか「心霊スポット」とかたくさん出てきます

確かに今は神主不在の廃墟みたいな場所ですが

平成26年に神主さんが退職され不在になったそうなので

けっこう最近まで人がいた神社のようです

行けば分かりますが奉納された鳥居や燈籠などが多数あり

信仰の篤さが伝わってきます

特に大岩神社は結核の治癒に効験があるとして信仰されていたそうで

恐らく健康長寿・病気平癒を祈って沢山の人が参拝されていたんだと思います

そんな祈りの場を

「心霊スポット」とか

「あの場所はヤバい」とか

面白がって発信するのはどうかな?

と個人的には思います

だって信者さんにも神様にも失礼でしょ!!



でもまー

怖がりの私からひとこと言わせてもらうとすると

堂本印象鳥居は確かに一見の価値アリですが・・・


ひとりでは行かんほうがええ




【秋の京都】金閣寺・龍安寺・仁和寺の紅葉2021♪

京都の紅葉シーズンに入ってから

21日(日)⇒南禅寺・永観堂

28日(日)⇒東福寺


と週末に紅葉スポットへ出かけてきましたが

12月4日(土)もお休みだったので

紅葉を見に行ってきました

京都ではほとんどの紅葉スポットが見頃を過ぎていますが

龍安寺は今が見頃!

との情報をキャッチしたので

“きぬかけの路”にある主要な寺院へ

IMG_20211204_105849_copy_1280x960







まずは“金閣寺”

紅葉スポットってイメージは少ないですが

意外と参道などには紅葉がありました

境内はちょっと見頃を過ぎていましたが

池に映る逆さ金閣と青空が綺麗でした
IMG_20211204_094842_copy_1024x768IMG_20211204_095519_copy_1024x768






IMG_20211204_095853_copy_1024x768IMG_20211204_102045_copy_1024x768






IMG_20211204_101151_copy_1024x768IMG_20211204_100901_copy_1024x768_1







お次は“龍安寺”

拝観受付がある山門から既にめちゃ綺麗!!
fotor_1638682367752_copy_1024x768fotor_1638682335662_copy_1024x768






fotor_1638681598544_copy_1024x768fotor_1638681658452_copy_1024x768






石庭もいい感じですね

庭の白砂と紅葉のコントラストが素敵です
IMG_20211204_113858_copy_1024x768fotor_1638682419109_copy_1024x768






fotor_1638682478045_copy_1024x768fotor_1638682510805_copy_1024x768






唐門周辺も絵になるな〜
fotor_1638681922402_copy_1024x768fotor_1638681951204_copy_1024x768






fotor_1638681993294_copy_1024x768fotor_1638682095166_copy_1024x768






境内は黄色いモミジが多い印象です
IMG_20211204_122700_copy_1024x768fotor_1638682048671_copy_1024x768






そして鏡容池周辺がなんとも素晴らしかった!!

ここだけでも拝観料取れそうなほど見事!!
fotor_1638681861992_copy_1024x768_1IMG_20211204_131613_copy_1024x768_1






池に空が映ってどっちが上か下か分からないですね(笑)

ほんとこの鏡容池周辺の紅葉は絶景でした!!
IMG_20211204_131334_copy_1024x768IMG_20211204_131918_copy_1024x768







最後は“仁和寺”

五重塔周辺や金堂周辺の紅葉が綺麗

ここもちょっと見頃を過ぎていましたが

綺麗な紅葉を見ることができました
fotor_1638682180939_copy_1024x768fotor_1638682234843_copy_1024x768






fotor_1638682274355_copy_1024x768fotor_1638682147469_copy_1024x768






この様子も急いで編集してアップしました

是非、続きは動画でご覧ください♪


同じ京都でも場所によって紅葉の見頃にこんなに差があるんですね

インスタはツイッターは過去の写真を再投稿している場合も多いので

SNSで今の京都を知るには

やっぱりYouTubeやね♪(笑)

※サムネイルや概要欄に撮影日が記載されている動画を選びましょう





ちなみに私は“kyoto time 京都じかん”さんの情報をもとに今回の行先を決めました

“kyoto time 京都じかん”さんに感謝m(__)m

京都在住のプロのカメラマンさんなので

めちゃくちゃカッコいいチャンネルです↓








【穴場の京都】“マリモの庭”って知ってる?

ブログでもYouTubeでもお伝えしたように

紅葉シーズンど真ん中の日曜日
(2021年11月28日)

東福寺へ紅葉を見に行ってきました

もちろん通天橋付近は人だらけ

IMG_20211128_103421_copy_1024x768IMG_20211128_104518_copy_1024x768_1






そんな中でも比較的人が少ない

周辺の塔頭寺院を昨日ご紹介しましたが

実はもうひとつ残っていたんです

その塔頭は東福寺三名橋のひとつ

偃月橋(えんげつきょう)を渡った先に

ひっそりと佇んでいました

お寺の名前は

“即宗院(そくしゅういん)”

春と秋だけ公開している期間限定スポットです
(今年は12月5日まで)
fotor_1638400733694_copy_1024x768_11638425018097_copy_1280x962






即宗院の建つ場所はもともと藤原兼実の山荘

「月輪殿」があった場所だそうです

写真右下は当時の滝組の跡
IMG_20211128_111856_copy_1024x768IMG_20211128_111639_copy_1024x768






開山の“剛中玄柔(ごんちゅうげんじゅう)和尚”

薩摩藩主の養子だったことから

薩摩藩・島津家の菩提寺でもあるそうです

あの“篤姫”も徳川家に輿入れする際に立ち寄ったとか


あ、前置きが長くなりましたが

ここの庭園がめっちゃ良かったんですよね

プラス300円払うだけで

日曜日なのにこの静けさ

人が多い通天橋や方丈庭園とは別世界です
fotor_1638400431207_copy_1024x768fotor_1638400357934_copy_1024x768






即宗院は杉苔と千両の花が有名だそうですが

庭園は特に名前は付いていないっぽい

fotor_1638400400142_copy_1024x768fotor_1638400311848_copy_1024x768_1






この丸い刈り込み見てたら何か想像しません?

そう、阿寒湖の妖精・マリモ!!!

ってことで勝手に命名しました

“毬藻の庭”
fotor_1638400461879_copy_1024x768fotor_1638400503704_copy_1024x768_1







さらに即宗院の見どころは

このマリモの庭だけじゃないんです

境内は山の裾野にあるので緑が深いんですよね

幕末にはこの境内で西郷隆盛や月照上人が

新選組や幕府から逃れ、謀議を重ねいたそうです
IMG_20211128_113021_copy_1024x768IMG_20211128_112827_copy_1024x768






そんな裾野を上がっていくと

“東征戦亡の碑”という石碑があります
fotor_1638400678352_copy_1024x768fotor_1638400554193_copy_1024x768






そこには西郷隆盛自ら筆をとった作った銘文と

524名の名前が刻まれていました

戊辰戦争で散った薩摩藩士たちです

せごどんは戊辰戦争後に、即宗院に約半年滞在し

この石碑の工事を指揮したんだとか
fotor_1638400599602_copy_1024x768fotor_1638400633814_copy_1024x768






東福寺にこんな史跡があるなんて知らなかったな〜

ほんと京都は奥が深いわ


気になった方は是非、動画で・・・




あ、知らんかったと言えば

この木の板、何か分かります?
IMG_20211128_143028_copy_1024x768






即宗院で見かけて気になっていたら

同じような板が芬陀院にも掲げられていたんです
(写真は芬陀院)

お寺の方に聞いてビックリ

この板はかつて東福寺にあったという

大仏の蓮華座の蓮弁なんだとか

明治の火災で東福寺の大仏が消失した際

焼け残った蓮弁が塔頭に配られたそうです

そういえば、法堂内部が特別公開している際に

大仏の手だけが残っていたのを見たことがあるな・・・


皆さんも東福寺の塔頭へ行かれた際は

幻の大仏の蓮弁を探してみては?



【秋の京都】東福寺の塔頭で庭園めぐり♪

東福寺と言えば、京都では超有数の紅葉スポット

秋は観光客で毎年ごった返すことでも有名ですよね

でもほとんどの観光客は

“通天橋”“方丈庭園”を見て帰ってしまいます

それじゃもったいない!!

との事で周辺の塔頭を紹介した動画を昨年作った訳ですが・・・



この動画を撮影したのは

まだ紅葉シーズン始まる10月

紅葉が色づいたらどんな感じだろ?

ってことで行ってきました

1638425124776_copy_1280x962







まずは東福寺の本坊・方丈へ

【方丈庭園】
拝観料:500円

昭和の作庭家

重森三玲による“八相の庭”が有名
1638399010411_copy_1024x768_1fotor_1638398820633_copy_1024x768






1638398850809_copy_1024x7681638398932154_copy_1024x768






西庭と北庭の角にある舞台

“通天台”から見る通天橋は絶景でした♪
fotor_1638399101390_copy_1024x7681638398985901_copy_1024x768






ちなみに通常期は通天橋と方丈庭園のセット券というのが存在しますが

紅葉シーズンはセット券の販売はしていないそうです・・・


【芬陀院(ふんだいん)】
拝観料:300円

室町時代の僧で絵師でもある雪舟が作庭し

重森三玲が修復した“鶴亀の庭”を持つ塔頭です
fotor_1638399164995_copy_1024x7681638399269772_copy_1024x768






ここは紅葉スポットって感じではないですが

まったり枯山水庭園を鑑賞できます
1638399214813_copy_1024x7681638399189689_copy_1024x768








【光明院(こうみょういん)】
拝観料:300円
(普段は寸志で決まっていません)

JR東海のキャンペーン

「そうだ 京都、行こう。」で起用されたことで

東福寺の塔頭の中では比較的メジャーなスポット

石がふんだんに使われた“波心の庭”

こちらも重森三玲の作庭です
1638399551641_copy_1024x768fotor_1638399363387_copy_1024x768






庭はここだけなんですが

色んな角度から楽しめるのが特徴

どこから見ても絵になります
1638399524237_copy_1024x7681638399500877_copy_1024x768






1638399399681_copy_1024x7681638399442757_copy_1024x768






普段は上がれない2階建ての茶室が解放されていて

上から庭園を眺めることができました♪
fotor_1638399646132_copy_1024x7681638399472136_copy_1024x768







最後はいつ行っても休観日な塔頭へ

今シーズンも限られた日しか開けていなかったようです
SnapShot(20)_copy_1024x768SnapShot(36)_copy_1024x768






【霊雲院(れいうんいん)】
拝観料:500円

今まで東福寺へは何度も足を運んでいますが

この塔頭へ入るのは初めて
fotor_1638399778010_copy_1024x768fotor_1638399815727_copy_1024x768






メインの庭園は“九山八海の庭”

奥に小さな“臥雲の庭”があります

どちらも重森三玲の作庭

東福寺界隈の庭園は重森三玲ワールドやね♪
fotor_1638399907436_copy_1024x768fotor_1638399942501_copy_1024x768






fotor_1638399976094_copy_1024x768fotor_1638400103749_copy_1024x768






fotor_1638400019926_copy_1024x768_1fotor_1638400069529_copy_1024x768






霊雲院は日露戦争の折に

ロシア人捕虜を収容していたそうで

ロシア人が自作したバイオリンなども展示されていました


こんな感じで東福寺には通天橋以外にも

魅力的なスポットが点在しています

是非、来年の紅葉シーズンは時間をたっぷり使って

通天橋周辺の塔頭にも足を運んでみて下さいね!

ってことでこの様子も動画にまとめました

今年の紅葉は残り僅かなので

来年までに見てもらえればいいです・・・



ちなみに私はこの撮影の日

9時すぎ〜14時くらいまで東福寺にいました


でも県外の観光客が東福寺だけで

貴重な1日割くのはなかなか厳しいですよね

どこを見てどこを省くか

悩むよね〜・・・・・・・・・・・・・

fotor_1638399838986_copy_1024x768






↑霊雲院で見つけた悩ましいお地蔵さん


 

【秋の京都】東福寺の紅葉2021♪

先週に引き続き

紅葉シーズン真っただ中!

そして快晴の日曜日!

の京都へ行ってきました

本当は一乗寺エリアへ行く予定でしたが

やっぱりココの紅葉を見ずに

2021年の紅葉シーズンは終われんやろ!

ってことで慣れ親しんだ“東福寺”へ

もう遅いかな?ってあまり期待はしていなかったんですが

前日の雨で汚れが落ちたのか

想像以上に綺麗な紅葉が楽しめました♪

IMG_20211128_092123_copy_1024x768GOPR1959_copy_1024x768






IMG_20211128_132006_copy_1024x768IMG_20211128_140840_copy_1024x768






GOPR2005_copy_1024x768GOPR2016_copy_1024x768






GOPR2001_copy_1024x768GOPR2051_copy_1024x768






IMG_20211128_095757_copy_1024x768GOPR2023_copy_1024x768






fotor_1638108521234_copy_1024x768IMG_20211128_102618_copy_1024x768






IMG_20211128_102930_copy_1024x768IMG_20211128_102759_copy_1024x768






GOPR2034_copy_1024x768GOPR2028_copy_1024x768






IMG_20211128_103504_copy_1024x768IMG_20211128_103421_copy_1024x768






IMG_20211128_103309_copy_1024x768GOPR2049_copy_1024x768






fotor_1638108690402_copy_1024x768PICNIC_20211128_231344290_copy_1024x768






IMG_20211128_100304_copy_1024x768IMG_20211128_100641_copy_1024x768







この様子ももちろんYouTubeにアップしています



撮影から帰ってきて大急ぎで編集

その日の内に頑張ってアップしました!

東福寺は紅葉シーズンと通常期では拝観ルートが異なります

是非、紅葉シーズンの東福寺へ行く前のイメトレにご活用くださいね



ちなみに

去年の6月の東福寺はこんな感じでした・・・













大阪探求モニターツアー・2日目♪

2日目の朝を迎えました
IMG_20211123_092600_copy_1024x768IMG_20211123_092436_copy_1024x768






ホテルで町歩きガイドさんと合流し

“古地図ウォーク”のスタートです

自分で歩いていたら絶対に見過ごしそうな場所に

こんなにも史跡があったとは!!

そんなに広範囲を歩いたわけではないですが

新しい発見がたくさんあって面白かったです
(でも古地図は結局使わんかったよね・・・)

IMG_20211123_095513_copy_1024x768IMG_20211123_094113_copy_1024x768






古地図ウォークは昨日のスタート地点でもある

八軒家浜の船着き場で終了

今日はここから屋根のない開放的な水上バス

“アクアmini”に乗船です
IMG_20211123_104009_copy_1024x768IMG_20211123_105054_copy_1024x768






中之島や中央公会堂を横目に見ながら土佐堀川を進み

PICNIC_20211126_220004985_copy_1024x768PICNIC_20211126_220036203_copy_1024x768






淀屋橋まできたらUターン
PICNIC_20211125_201038987_copy_1024x768PICNIC_20211125_201055601_copy_1024x768






PICNIC_20211125_201617267_copy_1024x768PICNIC_20211125_201527185_copy_1024x768






写真右下は造幣局と水陸両用バス(ダックツアー)
PICNIC_20211125_200946935_copy_1024x768PICNIC_20211125_201004117_copy_1024x768






桜宮橋(銀橋)って水上から見るとめっちゃカッコいいですね

帝国ホテルがあるOAP(大阪アメニティパーク)あたりで再度引き返し
PICNIC_20211125_201722883_copy_1024x768PICNIC_20211125_201751356_copy_1024x768






今度は京阪電車を見上げながら

寝屋川橋、京橋をくぐって寝屋川

さらに第二寝屋川と船は進みます
PICNIC_20211125_201132281_copy_1024x768PICNIC_20211125_201148998_copy_1024x768






しかし昨日と違ってめっちゃいい天気になりましたね

クリスタルタワーに映る太陽が眩しいっ!!
IMG_20211123_112225_copy_1024x768IMG_20211123_112451_copy_1024x768






読売テレビが見えてきたら、そろそろクルーズも終了

水上バスの“大阪城港”で下船して

今度は“大阪城の園内ガイドツアー”がスタート
IMG_20211123_112607_copy_1024x768IMG_20211123_112749_copy_1024x768






このツアーは息つく暇がなく

次から次へとイベントが始まります
PICNIC_20211125_195951447_copy_1024x768PICNIC_20211125_195913130_copy_1024x768






大阪城をガイドさんと歩くのは初めて

そもそも仕事で来たことないし(笑)

大阪城の石垣に

鬼門封じの“顔面石”があるのは知らんかったな〜

てか教えてもらってもよく分からんわ・・・
IMG_20211123_120105_copy_1024x7681637649419964_copy_1600x1200






PICNIC_20211125_195821481_copy_1024x768IMG_20211123_124211_copy_1024x768






今回のツアーでは天守閣には上がりませんが

西の丸公園内で特別公開中の

“多門櫓・千貫櫓”

の見学が入っていました
IMG_20211123_125138_copy_1024x768_1PICNIC_20211125_200329073_copy_1024x768






石垣の上にある細長い櫓を多門櫓(たもんやぐら)といいますが

大阪城の多門櫓は現存する多門櫓の中でも最大規模で

国の重要文化財

狭間や石落しなどを持つ千貫櫓(せんがんやぐら)は

城内最古の建造物

こちらも国の重要文化財だそうです
IMG_20211123_131105_copy_1024x768IMG_20211123_131822_copy_1024x768






こちらの見学を最後に

大阪探求モニターツアーは終了

この2日間、行動範囲はかなり限定的で

個人的にも身近なエリアだったんですが

今まで知らなかった大阪のまちの一面が見られ

かなり刺激的な時間を過ごすことができました!
fotor_1637838438800_copy_1024x768






今まで“大阪の観光ってドコ見るの?”

ってイメージでしたが

自分が無知なだけだったんだと痛感・・・

ひとまず「大阪のトリセツ」買って勉強するか



大阪探求モニターツアー・1日目♪

観光庁の

「既存観光拠点再生・高付加価値化推進事業」

の実証実験として実施されている

“大阪探求モニターツアー”に参加してきました
(仕事じゃなくプライベートです!)


ツアー初日は大川沿いにある船着き場

“八軒家浜(はちけんやはま)”に集合

江戸時代に8軒の船宿があったので“八軒家浜”だそうです

IMG_20211122_142254_copy_1024x768IMG_20211122_142235_copy_1024x768






まずは洋風の屋形船

“ゴンドラバル”に乗船

船内でお弁当の昼食です
IMG_20211122_142123_copy_1024x768IMG_20211122_134333_copy_1024x768






IMG_20211122_130725_copy_1024x768IMG_20211122_135540_copy_1024x768






大川沿いがこんなに紅葉が綺麗だったとは知りませんでしたね

天気はがっつり雨ですが

船上からの紅葉クルーズを満喫しました♪
IMG_20211122_135632_copy_1024x768IMG_20211122_135520_copy_1024x768






同じ桟橋に戻ってきたあとはバスで少しだけ移動

お次は大阪市中央区にある“山本能楽堂”

昭和2年創建された木造三階建の能楽堂で

国の有形文化財だそうです
(現在の建物は昭和25年再建)
IMG_20211122_160238_copy_1024x768IMG_20211122_145241_copy_1024x768






“能楽”というとちょっと敷居が高そうですが

解説をしてくれた“山本章弘氏”(観世流シテ方)

のお話しがめちゃくちゃ面白くて

一気に能に対して親近感がわきました

まさか能楽堂でパワポを使った解説を聞くとは・・・

IMG_20211122_150145_copy_1024x768IMG_20211122_153659_copy_1024x768






IMG_20211122_154810_copy_1024x768IMG_20211122_155409_copy_1024x768






山本能楽堂では、能活と呼ばれる朝のイベントや

現代アートとのコラボレーション

ストリートライブ能、アプリ開発など

様々な活動をされているそうです


本日最後は

“β(ベータ)本町橋”で丸いサップボートに乗って水上茶会!

の予定でしたが・・・

悪天候につきサップボートの乗船のみ
IMG_20211122_161528_copy_1024x768IMG_20211122_162938_copy_1024x768






IMG_20211122_163038_copy_1024x768IMG_20211122_163203_copy_1024x768






体験乗船って感じでちょこっとだけ乗ったんですが

本町橋を下から見たり、なかなか貴重な体験でした

冬はこのサップボートを使って

“水上こたつピクニック”も開催しているそうですよ
IMG_20211122_163312_copy_1024x768IMG_20211122_163359_copy_1024x768






こちらの“β本町橋”は

都心の水辺で「遊ぶ」「学ぶ」「働く」ことの可能性を広げる

ハイブリッドな交流施設

大阪の水辺を再活用し、人と人

人と街を繋ぐ様々な活動をされているそうです

2階のイベントスペースで大阪の街と堀川の関わりについて解説がありましたが

めっちゃいい勉強になりましたm(__)m

IMG_20211122_163809_copy_1024x768IMG_20211122_164143_copy_1024x768






今夜は、β本町橋のすぐ後ろに建つ

“シティプラザ大阪”に宿泊です
PICNIC_20211125_202401269_copy_1024x768IMG_20211122_172217_copy_1024x768






夕食はホテル内のレストランでコース料理
IMG_20211122_185740_copy_1024x768IMG_20211122_190927_copy_1024x768






IMG_20211122_192012_copy_1024x768IMG_20211122_193544_copy_1024x768






14階に大浴場があるのもいいですね

久々にホテルでゆっくりごはんを食べ

大きなお風呂で足を延ばしました♪



旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
funa888◆gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・