ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

2005年09月

これが最高のストレス解消法っ!

bf334d63.jpgこれこれ、この夕日!

今日は天気が良かったので夕日もすっごく綺麗でした釣りに行ってこうやって自然をカラダで感じるのがフナッシュにとって最高のストレス解消法

お酒飲んだり衝動買いするより健康的でしょ

中学の時から一緒に釣りに行ってた親友と昔話とかしながらだと余計に楽しいんですよね〜今日もガー君(親友)が「この釣り場は中学1年の時に釣具屋主催の大会で来たときボクは2位で竿もらってフナッシュはたしか2匹釣ったよなぁ、で、○○君は竿を琵琶湖に落としてしまって、それを○○君が拾ってあげてお礼に○○貰って…」なんて語り始めて(笑)

ガー君の記憶力には脱帽です…

休日と言えば…

0f604c56.jpgそう、今朝もハワイ添乗の疲れなんてお構いなしに5時半起きで、琵琶湖に釣りに行ってましたっ

明日から10月っていうのに日中はまだ暑いですよね〜タンクトップ一枚で十分な陽気でした

でもやっぱり寝不足なのか目は終始充血しっぱなし… あ〜休みの日が雨なら家でゆっくりしたり映画とか観に行きたいんですけど、次の日が晴れの予報が出てるとどうしても朝早く起きちゃうんですよねぇぇ

ね、行きたくなったでしょ?

21e06184.jpgさぁ、そこのハワイに、そしてアイランド トレジャーズ アンティークモール”へ行きたくなったアナタ

場所のご案内です

クヒオ通り沿いでDFSがある筋をすこし西へ(アラモアナ方面)歩いたところたぶんガイドブックには載っていない…(笑)

営業時間が細かいのでご注意を!

月  …休み

火⇒金…16時〜22時

土  …14時〜22時

日  …14時〜18時

おもしろい商品みつけたら教えて下さいねっ!

誰が買うねん!商品番号006

cc8d7cd3.jpg商品名:JALトラベルバッグ

価格:35ドル

これは欲しいっ!

汚れがひどくなかったら買ってましたね(笑)

誰が買うねん!商品番号005

73874ce1.jpg商品名:民芸品

価格:4.50ドル

どこのおみやげでしょうか…?

あっどっからど〜見てもヒロシマですね…

誰が買うねん!商品番号004

dd80aa18.jpg商品名:LP版ゲッターロボの唄

価格:35ドル

ロボタク必聴!

誰が買うねん!商品番号003

7cd07e0d.jpg商品名:交通安全観世音菩薩の旗

価格:不明

アルペンルートに行く添乗員さん!目立ちたいならコレっ!ありがた〜い1品です(合掌)

誰が買うねん!商品番号002

a443372a.jpg商品名:ジュードー人形

価格:20ドル

男らしい貴男のお部屋にピッタリ★はじめて訪れた彼女もメロメロです

誰が買うねん!商品番号001

c0950305.jpg商品名:こけし

価格:不明

鳴子こけしではなさそうです

フナッシュお薦めのショップは…

405aafc5.jpgブランド品なんか、ぜぇ〜んぜん興味のないフナッシュがワイキキでかならず立ち寄るショップ、それは“アンティーク トレジャーズ ワイキキモール”

何屋さんか?と聞かれると答えようのないお店(笑)

お店というか店全体がおもちゃ箱というか毎日がガレージセールというかとにかく見ているだけで楽しいお店です。古着、ヴィンテージの食器やフラドール、ファイヤーキングのマグカップなどコレクターズアイテムから「えっ!こんなん誰が買うねん!?」ってモノまで、まぁ関西人なら突っ込み甲斐のあるそんなお店

そんな中からフナッシュがセレクトした珍品の数々を少しばかりご紹介いたしまぁ〜す

えっ?ハネムーナーなのに!?

ハネムーナー行きのフライトの搭乗口に、他社の添乗員さんがいました。

今回、使用している器材がDC‐10という比較的小さい飛行機(配列が2‐5‐2というめずらしいタイプ)で、ハネムーナーのお客様が真ん中の席になってしまった…と残念そうに話していました

JALは個人チェックインなので受け付けに来られた方から添乗員がチケットを渡し、個人で荷物を預けたり、席を決めるシステム

団体は“フレームアサイン”と言ってあらかじめ席をまとめて確保していて基本的にお客様はその“枠内”しか席が決められないシステム、要するに“早いモノ勝ち”な訳です

添乗員は、仕事で座席を離れる機会が多く、目的地に着けば、お客様よりも早く降りなければいけないので“前方通路”に席をとります

フナッシュが機内に入り席に荷物を置いた瞬間、隣の男性が涙目で「すいません…」と声をかけてきます、話を聞くとハネムーナーなのに座席がAとK(見事に端と端に離ればなれになってしまったのでAに座っている奥んと変わってくれないか?という事でしたもちろんすぐに席を変わってあげましたよ

フナッシュが移動すると隣の席はまだ空いていました「誰が来るんやろ〜?通路側に変わってほしいなぁ・・・」と思っていたら、来たのはさっきの添乗員さんでした(笑)と言う訳で、通路側は断念

でも同じようなタイミングで席を離れるので気をつかわずにすみました

で、フナッシュの2組のハネムーナーは???と言いますと・・・

お客様集合のだいぶ前からフナッシュはカウンターに行って「今回のツアーに2組ハネムーナーがいるので窓側から2席並びでブロックをかけて下さいっ!」と頼んでおいたので問題なし!(いつもいつもOKとは限りませんよ)

お2組さま、いつまでもお幸せに〜っ

フナッシュの夕食

a0f8fd73.jpg3日目は終日自由行動夕食はミールクーポン(食券)を使って好きなレストランを選んで食べれます

フナッシュは一人ぼっちなので早く食べれそうなお寿司屋さんへ “ふるさと寿司”ってレストランで食べました

上にぎり・上ちらし寿司・鉄火丼の中から上にぎりをチョイス!男性にはちょっとボリュームは少なめですが味はかなりGOOD!昼はパパイヤ、夜はお寿司とヘルシーな1日でした(笑)

ちなみに単品で食べた場合、気になるお値段は…

下は◆いなり(Deep Eried Tofu)1.00$◆たまご(Egg)2.00$から中堅は◆まぐろ(Tuna)2.50$などなど ◆トロ(Tuna Belly)4$が一番高そうですが、以外に一番高価なネタは…

 

◆甘えび(Sweet shrinp)の4.50$でした

ちなみにこれ、1カンの値段ですよ、甘えび2カンで約1000円って事ですよ!!日本っていい国ですよね〜寿司と言えば、フナッシュは梅田の東通りにある“さかえ寿司”って回転寿司屋さんの大ファンです

フナッシュ1 分間クッキング裏話

536251c0.jpgパパイヤ&バナナの南国ヨーグルトを作るのにナイフとスプーンがいるので部屋の前を通りかかったハウスキーピングさんに頼みました

ビーチで昼寝をした後だったのでシャワーを浴びながら待てど暮らせどなかなか来ない、お腹すいたなぁ〜と待つ事約1時間…

ニコニコしながらお兄さんが愛想よくご丁寧にキャンディー付きのカゴに入れて持ってきましたカゴには黄色いカードが添えてあり『ご滞在のお客様へ、お客様のリクエストにお答えすることは私たちの喜びです、内線6500番にて何なりとお申しつけくださいませ。マハロ』と書いてありました

なにがマハロ(ハワイ語で“ありがとう”の意味)じゃキャンディー入れてる暇あったら、はよ持ってこいよ!と思いつつこちらも愛想よく「サンキュ〜!」とチップを渡すフナッシュでした…

でカゴの中をよく見ると“スプーン”“ナイフ”を頼んだのに“スプーン”“フォーク”しか入ってないっ!しかも嫌味にも3セットも入ってる… 再度頼んだ際、「何個いる?」って聞かれたから「ひとつでいいよ」って言ったのにやっぱり持ってきたカゴの中にはフォークが3本入ってた…

フナッシュってそんなに英語通じないんですかね…(涙)

フナッシュ1 分間クッキング

826eba7a.jpgメニュー
【パパイヤ&バナナの南国ヨーグルト】

 

 

 

【材料】
パパイヤ・バナナ・ヨーグルト
(今回はピーチヨーグルトを使用)

【作り方】
まずパパイヤをフォークで半分に切り中の種をスプーンでくりぬきます次に小さめに切ったバナナとヨーグルトを乗せて、はい、出来上がり

これフナッシュの3日目のランチです(笑)

材料は全部ABCストアで購入しました!

ちなみにお値段は

◆パパイヤ1.78$ ◆バナナ0.46$ ◆ヨーグルト0.89$

しめて3.13$なり〜

このメニューは“るるぶ”ホテルdeクッキングのページに載っていたメニューを実際作ったものです

おいしかったですよ〜

フナッシュ1 分間クッキング

ec0ba9ce.jpgメニュー
【フナッシュ流シャケごはん】

 

 

 

【材料】
ごはん・焼き鮭・ねぎ・味付け海苔・醤油

【作り方】
大きめのお皿にごはん・鮭・ねぎを乗せ、醤油を適量たらします
最後にふりかける味付け海苔は、袋から出してちぎると手がベトベトになるので、袋に入った状態でしわくちゃに揉んで砕いてからふりかけるのがポイント!

おはしではなくフォークで鮭を崩しながらまぜまぜして食べるのがフナッシュ流(笑)

これ、海外添乗先の朝食バイキングでよく作ります

着いてそうそう…

3f909c9e.jpgツアー初日、滞在中の説明やオプショナルの申し込みも終わり、やっと部屋に入れたのでシャワーでも浴びたいなぁ〜と思っていたら電話が…

お客様がスーツケースのダイヤルロックの暗証番号がわからないまま鍵がかかってしまったらしく開けられないらしい

こうなると鍵は壊すしかありません

お客様の部屋へスーツケースを取りにいってホテルのレセプションへ

30分後、スーツケースが開いたと電話があり引き取りに行くときれ〜に鍵がカットされていましたお見事

普通、業者を呼んで開けてもらうと50ドルほど取られるらしいですが、今回は「ノーチャージ★」チップだけですみました

お客様、ダイヤルロックは使う使わない関係なしに暗証番号はちゃんと覚えておきましょ〜ね!!

ハワイから帰ってきました〜

エミさん今回も楽しいお客様29名さまに囲まれてあっという間の5日間でした

ガイドさんは4月に来た時と同じエミさんバイキング会場ではスープを注いでくれたり、いつも足の悪い方にフォローをしてくれたりと、ほんと親切なガイドさんでした

フナッシュのアロハ姿、似合ってるでしょお土産屋さんで『ドライバーさんですか?』って間違えられてくらいですから(笑)

ハネムーナーのお客様同士が仲良くなったのも見ていてほのぼのしました誰がど〜見ても仲良し4人組にしか見えないくらい

ツアーは無事に終了したのに最後の最後にやっかいなトラブルが…

機内に忘れものです

誰がって?

 

フナッシュです(笑)

機内の上の棚にジャケット忘れてきましたトホホ(涙)みなさん忘れものには十分注意しましょ〜ね〜

ハワイに行ってきま〜す

c2593423.jpgさぁ今日はJL88便でホノルルへ向かいます!

エジプトより半分の日程なのにやっぱりスーツケースは今回も重い…

関空にはこれからオーストラリアに行く後輩、さっき中国から帰ってきた後輩がいたのでみんなでプチ団体写真(笑)

今回もハネムーナーがいるんですよねしかも2組!!向こうでてんとう虫のサンバ”でも歌おっかな(笑)それではお約束の出発前のからあげくん・チーズも食べたことだし、ぼちぼちゲートへ向かいま〜す!

今日は何の日?

543bcdb2.jpg愛知万博の閉会式ですよね

フナッシュは愛知博の1年前に行なわれた浜名湖花博下見の際の工事現場視察から始まり、開催前の内覧会、そして初日添乗(笑)と色んな思い出だあるのでちょっと淋しいです

 

現地スタッフのチカちゃん半年間本当にご苦労さまでした

で、今日はフナッシュのホームページ
TENJYO-INの1/2周年でもあります

これまで半年間ありがとうございました!

 

今後とも添乗員という仕事を楽しく、わかりやすくお伝えできればと思っていますこれからもブログ共々よろしくお願いしまぁ〜す

フナッシュ流・資料整理術

6603e033.jpg

【その他の資料】

  1. あとフナッシュは今までの日程表(国内)と自分が書いた報告書をすべて家に置いています

これらは3段スライド式の収納ケースに入れています(1段目に日程表2段目に国内報告書3段目に海外報告書)とりあえずは添乗から帰ってきたらここにどんどん入れてあとで地域別に分けて・・・ってやりたいんですけど放ったらかしになったままです(笑)だから探す時、苦労します

資料整理のコツは自分の整理しやすいスタイルを早めに決めて、それをやり通すことでしょうかね

お部屋の整頓頑張ってくださ

フナッシュ流・資料整理術

b8b2fe0a.jpg【国内の資料】

国内は地域ごと(関東とか東北など)にケースを用意

さらに中に県ごとのクリアケースを入れて仕分け

ちなみに会社では“観光地資料管理ノート”ってノートにどこの資料があるのか記入してあとで探しやすい様に管理してます(家では面倒臭くてだからやってませんけど

フナッシュ流・資料整理術

b6ae053b.jpg【海外の資料】

中に写真のようなドキュメントケースを国ごとにいれます

仕分けするだけなので100均のケースで十分

 E/Dカード(出入国書類)は別にケースを用意してそこに入れています

フナッシュ流・資料整理術

8bfa7717.jpg他社の添乗員Kumiさんから『フナッシュはどうやって資料の整理をしてるのって問い合わせがあったのでお答えします

まず、観光地の資料ですが、写真のようなスライド式のボックスを用意します(これは無印で購入)

かやぶきの里に行ってきました★

b49e4a08.jpg今日は京都府北桑田郡美山町にある“かやぶきの里”に行ってきましたよ!

ここかやぶきの里・北村の集落は50戸中38戸かやぶき屋根建築

岐阜県白川村萩町・そして福島県下郷町大内宿についで全国第3位のかやぶき集落だそうです

バス“かやの里”というお土産屋さんの隣の駐車場に止めます(今日はマイカーでかなり賑わっていました) “かやの里”の隣が“きたむら”で、この集落唯一の食事処です

昼食をとれるのはここか“民宿またべ”のみ、ただ“民宿またべ”で昼食を食べるれるは“きたむら”定休の水曜と込みあう土・日・祝のみ、よって昼時はかなりこみあう覚悟が必要

白いそばの花とコスモスがきれいに咲いました

いつもの朝の風景

01b7ac8b.jpg今朝も5時代の電車で集合場所へ向かいます

朝の人の少ない駅って好きです他の人より早くから起きてるのってなんか得した気分になりません

駅のコンビニでカフェオレ、栄養ドリンクと小腹減った時用のパンを購入

今日のツアーは京都の美山町のかやぶきの里に行って嵯峨野のトロッコ電車に乗るコースさっ電車の中でイメトレしょ〜っと

てんとう虫とキノコ!?

52319408.jpg

結婚式

 

 

 

 

 

今日は専門学校時代の友人の結婚式でした

宗教やカタチにとらわれない結婚式を人前(じんぜん)結婚式って言うんですね、フナッシュは初めて知りました

賛美歌とかが書いてあるプログラムの用紙ありますよね、あそこに『パパパパ〜ンの歌』って書いてあって、一瞬『これ何?』と思ったら“ゼクシイ”のCMで歌われているアノ曲の事でした(笑)

サビは分かるけど他分かるかいっ!ですよね

 

口パクでごまかしてきました

 

披露宴でウクレレを弾きながら『てんとう虫のサンバ』を替え歌で歌ったんですが、思っていた以上に盛り上がりましたよ

友人のキノコはロフトで5千円くらいで売っているもので後輩からレンタル

てんとう虫はなんとフナッシュの手作り

舞台では羽の裏しか見えないのが残念ですが、結構よくできているんですよ〜

羽根

←こんな感じ

 

 

 

明日の添乗に差し支えない程度に騒いできました

まぁその勢いで二次会も行きたかったんですが、体調の事も考えてキャンセル

明日のお客様に疲れた顔見せられませんからね!

それでは明日も頑張ってきまぁ〜す

ねむぃ…

d35822f6.jpg結局今日は寝ずに会社へ

エジプトの精算日帰りバスコースとハワイの添乗準備を2本してきました

通勤電車の中で爆睡していたので往復で睡眠1時間プラスです(笑)

いやいや笑い事じゃないですっほんと眠くてフラフラなんですよ

明日は友人の結婚式でウクレレで「てんとう虫のサンバ」の弾き語りをするので相棒とカラオケボックスで練習中フナッシュはてんとう虫の格好、相棒はキノコの着ぐるみ★ あぁ明日倒れるかも

エジプトツアーのアルバム完成★

31cce528.jpgようやくホームページにエジプトツアーのアルバムページをアップしました

現在,午前4時すぎ

あぁほんとに今夜も寝れなかった…

エジプトから帰ってきて、まだ3時間しか寝てない

お休みです(^ ∇^)v

9af661f4.jpg添乗に行くとお客様からよく聞かれます

『これ帰ったら何日か休みもらえんのぉ?』って

はい今日はお休みです

家にいると報告書やらホームページの更新に引きこもってしまうので6時〜9時まで3時間だけ寝て(と言うか近所の友人に起こされて)またまた琵琶湖に釣りに来てまぁ〜す

いやぁ昼間っからビールは癒されます(笑)実は報告書と添乗精算がまだなんですけどね・・・

今夜も寝れそうにないです…(涙)

エジプト特集・あとがき

536f11cb.jpgどこの 神殿かは忘れましたが、ホルス神というハヤブサの形をした神様がファラオの頭をうしろから羽を包みこむように守っている座像を見ました

 

 

 

フナッシュもよく添乗先で何かに守られているような気がするんです

だっていつも素敵なお客様・素敵なガイドさん・素敵な方々に出会えるから

今回も素敵なお客様26名さまと熱い男・モーセンとご一緒できて本当に幸せな添乗でした

22日までにはホームページTENJYO-INにアルバムページを作る予定です

こちらもお楽しみに

 

しかしブログ編集するの時間かかったなぁ〜

現在の時刻、午前5時20分です・・・

カタール航空ってすごいっ!

カタール今回、初めてカタール航空に乗りました

関空には今年の4月から運航を始めたばかりの航空会社ですで、驚いたのはアメニティー離陸するとポーチが配られたんですが、中には機内用の靴下・耳栓・アイマスク・携帯用歯ブラシまで入っているんですよ

ポーチも首からぶら下げる事が出来るのでお客様はエジプトの観光の時、タバコを入れたりして重宝してました

エンターテイメントも充実エコノミークラスでもパーソナルビジョンがあって話題の最新映画などが楽しめます日本語チャンネルもありました

また関空とドーハの区間は日本人クルーも乗務行きもお世話になった日本の客室乗務員の方が帰りも同じフライトだったんですけど、ドーハでの長い待ち時間でヘトヘトになっていましたが機内で知っている客室乗務員さんの顔を見た時はホッとしましたね(涙)

初日に市内を案内してくれたガイドのプラディーさんといい、なんだかすんごく遠い国に思っていたカタールって国が一気に近づいた感じがしました 

今日のモーセン

モーセン・お別れの挨拶お弁当の昼食のあと再度空港へ戻る途中、モーセンが唯一日本へ行った時の体験談を話してくれました

初めて一人で日本のレストランに行った時の話、初めて温泉に行った時の話、車内は爆笑の渦、そして最後のお別れの挨拶でモーセンが手にしたのは今回のツアーで撮った団体写真でした。そこには手書きで日付・フナッシュの名前が印されていましたモーセンは熱く語ります『みなさん、今日までたくさんの遺跡を見てきましたよね、

この写真が遺跡になることはありません

でもね

この写真は間違いなく私の歴史なんです』

恥ずかしながらこの時、涙をこらえるので必死でずっとバスから外の景色を見て気を紛らわせていました

ほんとフナッシュ、涙腺よわいんですよね

 

ツアー9・10 日目

dce1c064.jpgとうとう日本へ帰る朝を迎えました

3連泊だったので散らかし放題だった部屋を少し早めに起きてお片付けレストランに先に入っていたモーセンは心なしか元気がなさそう

3日間お世話になったアル・ジャミーラ号のクルーに別れを告げ、予定通り9時15分にルクソール空港へまだ出来上がって半年も たたない綺麗な空港ですカイロまでは約1時間、カイロ到着後、お弁当の昼食。

《エジプトのお弁当》もちろん誰もが期待していませんでしたが、なんと日本食のお弁当だったんです!しかも味もいいひょっとしたら今までの食事で一番おいしかったかも(笑)

カイロの空港でモーセンとお別れし、一路ドーハ経由で関空へドーハでは到着そうそう出発が1時間遅れと言われガクっときました

ここの空港、旅客の多さと空港の大きさが合ってないんですよね

常に人が溢れてる椅子が少ないと言うより人が多すぎたくさんの人が立ちながら待っています関空行きもオーバーブッキングしていたらしく機内はもちろん満席、添乗員の数も行き以上いました

結局、離陸したのは深夜0時すぎでした…

ルクソールでナンパ!?

3827f1b7.jpg最後の晩餐の前、2時間ほど空き時間があったので船着場の付近をブラブラしました

帰りに気になる飲み物が船着場のすぐ近くの売店で売っていたので購入フナッシュをからかってなかなか品物を渡してくれないやんちゃ少年っぽい売り子

しまいに手を握られ手のひらをコチョコチョしてくる始末笑って愛想振りまいてたら余計に気に入られたらしく、『夕食を食べたら待ち合わせをして散歩をしよう、そしてオレの家へ一緒に行こう!』『何時がいい?』『絶対約束だぞと』しつこく迫ってくる…

なかなか手を離してくれないので『OKオーケー、ナインオクロックね』と適当に返事をして急いで船に帰りました

 

あ〜ほんと気持ち悪かった〜

 

ちなみにこの飲み物はノンアルコールのビールでした結構おいしかったけどこの缶を見るだけで気持ち悪くなってしまいます

やっぱり知らない町の一人歩きは危険でございます…

今日のモーセン

e6a18cdc.jpg

最後の観光ということでガラベーヤに着替えガイドをするモーセン

案内だけではなく雰囲気作りや演出にもこだわるモーセンって最高

ツアー8日目・後編

ハトシェプスト船に戻ると昼食前に、大学の教授によるエジプト考古学教室が予定に入っていましたスライドを使ったりして説明してもらいましたが、皆様お疲れのようで半数近い方は夢の中…(笑)

昼食のあとはルクソール東岸へ。モーセンは最後のガイディングという事でガラベーヤに衣裳替えまたおいしいトコ持っていかれました…(笑)

まず、メムノンの巨像、そしてギラギラの日差しが差し込むハトシェプスト女王葬祭殿、最後は王家の谷、なんだか“ここでバスを降りたら観光が全て終わってしまう”と思うとなんだかバスを降りるのをためらってしまったのはモーセンも同じだったと思います。降りる前にこっちを見て深いため息をついていましたから…

王家の谷では3ケ所王墓に入りました。中はどこも撮影禁止、暑くて暑くてとてもゆっくり見学できませんが、壁に当時のままの状態で残された残された壁画の鮮やかな色彩には驚かされました別途料金(70ポンド約1400円)でツタンカーメンの墓にも入りました。他の王墓にくらべ、規模は小さいですが中には今もなおツタンカーメンのミイラが眠っています。

ラムセス2世をはじめ、ほとんどのファラオ(王さま)のミイラは王家の谷にはなく、博物館などに移されているのになぜ、ツタンカーメンのミイラはここにあるのか不思議でしたが、発見者のハワード・カーターの意志なんだそうですなごり惜しく最後の観光地、王家の谷をあとにしました毎晩バイキング形式だった夕食も最終日の今夜はコース料理、そして夕食のあとはベリーダンススーフィーダンスのショーを楽しみました(って言ってもお疲れなのか半分くらいのお客様しか来ていませんでしたけど)こうしてクルーズ最終日の夜は暮れていきました…

今日のモーセン

48e38511.jpg

昨日の夜のマカレナ男はどこへ行ったのでしょう?(笑)

オンとオフはきっちり切り替え、ルクソール神殿で今日も白熱するモーセン

さすがプロです

ツアー8日目・前編

ルクソール神殿いよいよ観光最終日朝食後、ルクソールの東岸、ルクソール神殿カルナック神殿の見学

コム・オンボエドフの神殿ほど精密ではないですがスケールは文句なしにナンバーワンの神殿です

ルクソール神殿にはツタンカーメンと王妃の像があるんですがモーセンからツタンカーメンの名前をラムセス2世が上から書き替えた》って説明を聞くとお客様は『いやっ!えげつないことするなぁ〜』とブーイング今までアブ・シンベルやメンフィスで立派な建造物を見てきて英雄視されていた人気者のラムセス2世、好感度ちょっと下がりましたね(笑)

今日のモーセン

8e5ec0ab.jpg

もはや陽気なスペイン人も付いていけません

誰かモーセンを止めてぇぇぇぇぇっ

今日のモーセン

d1b153e8.jpgマカレナが流れ出したとたん、テンションが絶好調になるモーセン

今日のモーセン

2a8f1ddf.jpg

ガラベーヤパーティーで司会をするモーセン

的屋のおやじではありませんウチのガイドです・・・(笑)

ツアー7日目・後編

ガラベーヤパーティーさぁ今夜は夕食のあとガラベーヤパーティーです

フナッシュも部屋に戻りお色直し(笑)アスワンで買ったガラベーヤに着替えて4階のクラブデッキへすでにスペイン人のグループが全員ガラベーヤを着て盛り上がっています結局、船内の売店でガラベーヤを買ったお客様もいましたが26名中5名とちょっとさみしい結果に…

ん〜ガラベーヤ強制着用にしとけば良かったかな… パーティーではいくつかのゲームを楽しみましたフナッシュは最後のペットボトルを使った爆弾ゲームでスペイン人のおじさんと同率1位で優勝翌日『添乗員さん昨日、賞品なにもらったの?』ってみなさん聞いてきたんですがなんにも出なかったんですよね…フナッシュだてくらいサービスしろよって思いましたよ(笑)

ゲームが全て終了したあとお客様は帰ってしまったんですが、フナッシュはモーセンと最後まで粘っていましたお開きのあと、デッキへ上がり、リクライニングチェアーで夜空を眺めているとだんだん民家の灯りが目立つようになってきました、どこかで結婚式をやっているのか陽気な音楽や話し声も聞こえてきますどうやら最終目的地、ルクソールに入ったようです

洗濯日和?

2a49d7e8.jpgバスルームは陽がささなくて乾きが悪いから洗濯物を窓側へ移動…

ん〜部屋に戻った添乗員なんて地味なもんです

今日のモーセン

862d7172.jpg出ましたホルス神殿にまたバナナの叩き売り男の登場です(笑)

ツアー7日目・前編

コムオンボ寝ている間にアスワンを出航したらしく朝6時頃にコム・オンボという町に到着、エンジン音がかなりうるさい…(これゃ動いている間は寝られないわ…)

6時45分に下船してコム・オンボ神殿の観光に出発!朝食は観光から帰ってくるまでお預け(涙)でも心配ご無用!ちゃんと下船前にレストランでモーニングティーと菓子パンを出してくれるんです

コム・オンボ神殿はワニとハヤブサの神様を祭った神殿、破損がひどいですが人のおへそや足の爪まで忠実に描いたレリーフが見事!壁、柱にびっしり描かれたレリーフは映画やアニメで描かれる“古代神殿”そのものです。

船に戻って朝食を食べたあと休憩、船はエドフの町へと動きだしました、エドフではエジプトで最も保存状態が良いと言われるホルス神殿をランチの前に見学、ここは船着き場から離れているため2人づつ馬車に乗って移動しますここの神殿も物凄い数のレリーフが壁一面に描かれています。屋根まで完全に残っているのは180年前に発見されるまで砂に埋もれていたからだそうです

ランチのあとは17時のアフタヌーンティーまで時間があったのでデッキにあるプールに泳ぎに行きました。デッキに上がると誰もいない…

目の前に悠々と流れるナイル川、川辺には椰子の木が茂り、その奥には砂漠が広がっている景色を一人占めしてプールへザッブ〜ン!

 

 

 

って狭っ!

んで深っ!

 

泳ぐと言うより浮かぶと言った方がよさそうな… でも雰囲気は最高!プールサイドのリクライニングチェアーで1時間ほどウトウトしていたら顔が真っ黒に(笑)

いったん部屋に戻り着替えて今度はアフタヌーンティーへ、最上階のデッキのテラスでお客様はコーヒー・紅茶を飲みながら“クルーズって優雅やなぁ〜”といった笑みが溢れていますそんなお客様の顔を見ているフナッシュも幸せ(笑)

ガラベーヤを買ったのは誰?

ガラベーヤのお店アル・ジャミーラ号にチェックイン後、ファルーカセーリングまで時間があったので一人でアスワンスークに探険に行きました。ここアスワンはヌビア人の町なので他のエジプトの町より“アフリカ”って雰囲気がプンプン漂う町です

船から降りるとみんなジロジロめずらしそうな顔してフナッシュを見ています。大通りから1本奥に入った通りがスークなんですが、観光客は誰もいない…スーク中の売り子が全員フナッシュに注目ですよ(笑)内心ドキドキしながらもサングラスをかけてポーカーフェイスでスークを進むフナッシュ、だんだん“このまま船に戻れないんじゃないか?”って不安に襲われて途中でギブアップしてUターン(笑)

船に戻る途中、大通りに面した場所にガラベーヤ(アラブの民族衣裳)を売っているお店を発見!ここなら大通り沿いだし安全かな?っと恐る恐るお店の中へ『ガラベーヤが買いたい』と言うと店のおじさんがニコニコしながら2階へ案内します、2階へ上がるとさらに奥の部屋のもひとつ奥の部屋へ… “なんでこんな奥まで?ひょっとしてまたフナッシュ、ピンチ?”と少しドキっとはしましたが親切にも少ない手持ちのエジプトポンドで買えるガラベーヤをおじさんは色々探してくれました。

自分だけガラベーヤを買うのも気がひけるし…と思って船に戻ってお客様に『よかったら明日、ガラベーヤパーティーがあるのでガラベーヤ見に行きませんか?』とお誘い。皆様、暇してたみたいでプールで泳いでいたお客様以外全員を連れて再度、ガラベーヤのお店へ

最初は色々試着したりフナッシュが実際ガラベーヤを着てデモンストレーションしたりして盛り上がっていたんですけど、結局『どうせ明日だけだしレンタルもあるみたいだから…』という事で小物を値切るだけ値切って撤収… 『ジャパニーズウーマンはベリーベリーストロングね』とおじさんが苦笑いしていました…

 

で、アスワンでガラベーヤを買ったうれしがり屋さんはフナッシュひとりだけなのでした(涙)

洗濯日和?

ce5011ad.jpgアル・ジャミーラ号に乗ってすぐ、今まで溜まった洗濯物のTシャツを洗いました

こういう時に登山・ハイキング添乗用のポリエステル100%Tシャツは助かります(^∇^)v

今日のモーセン

fa772a00.jpg

アブ・シンベルからアスワンに向かうバスの中

クーラーガンガンのバスの中でも熱いです(笑)

ツアー6日目

日の出今朝は6時に出発してアブ・シンベル神殿へ日の出を見に行きました

アブ・シンベル神殿これで3度目です(笑)ナーセル湖に浮かび上がる真っ赤な日の出を見たあと朝食

朝食のあと、再度コンボイにてアスワンへ戻ります。途中アスワンハイダムも見学しました

アスワンに戻るとすぐナイル川クルーズのクルーズ船、アル・ジャミーラ号に乗船できるので船内でランチこれから3日間、朝・昼・晩とこのレストランで食事になります部屋に入ったあと休憩をしてファルーカ(帆かけ舟)に乗って夕日の当たるナイル川をゆったりセーリング。

途中ヌビア人の村へ上陸して民家におじゃましました乾燥したワニがゴロゴロしていたのにはビックリ

実はヌビア村でビデオ撮影をしようとスイッチを押すと入らない気温が暑すぎるのか故障してしまった様です。結局ここからビデオは帰国するまでずっと故障したままひょとしてファラオの呪い?(笑)いやいや笑っている場合じゃありませんこのビデオは担当者のYさんのですから・・・あぁファラオの呪いより怖いかも

アル・ジャミーラ号に戻る前にアスワンのスーク(市場)を散策。市場の商人が口々に『バザールデゴザール』とか『サラバジャ』とか(←このサラバジャは後にお客様の口癖に・・・)人なつっこく声をかけてきます。よく変な日本語で笑いをとる売り子がいますけど誰が最初に教えたんだろ?っていつも思いますね(笑)

さてそろそろ歩き疲れたのでアル・ジャミーラ号に戻って夕食船は翌朝3時までアスワンに停泊しているのでエンジン音のない中、就寝できます船の中って感覚はまったくないですね快適、快適

脱・コーラ生活

2a8f3a0e.jpgエジプトと言えば『すぐお腹を壊す』ってイメージありますよね、確かにすぐ壊します(笑)

2年前、初めてのエジプト添乗に行った際、添乗員のフナッシュがお腹を壊しては大変なので食事の際は生野菜・生ジュースなどは一切口にせず、レストランでの飲み物はいつもコーラ、歯磨きもミネラルウォーター利用という徹底ぶり、それでも帰りの飛行機の中で腹痛に襲われ結局帰国した夜、病院に点滴を打ちにいくハメに…

(最後の最後にカイロの空港で飲んだアラビア語で書かれたパッケージのオレンジジュースが悪かったのか…

そんなコーラづくしの毎日に嫌気がさしていた頃、アブ・シンベルのホテルのレストランで日本人の添乗員さんからおいしい炭酸飲料を教えてもらいました

ファイルーズという炭酸飲料。さっそく音と光のショーのあと売店で購入。味は“黒酢サワーに似た味かな”なんだか日本のジュースっぽくてすごく飲みやすいもっと早く知っていればカルフールでまとめ買いしたのに…

あとでモーセンに聞くとイスラム教の人はお酒が飲めないのでノンアルコールビアーみたいな感覚でエジプトの人は飲んでいるんですって。味はパイン・アップル・マンゴ・洋梨・マンダリンがあり、パインが一番おいしいとの事(フナッシュが飲んだのもパイン)

ちなみにKRESTという黒い缶のジュースは砂糖の入っていない炭酸水で、これも日本人には落ち着く味でしす

なんせエジプトのコーラやファンタって炭酸はきついし味も濃くってかき氷のシロップみたいに後味すごく悪いですから…

旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
funa888◆gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・