ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

2005年12月

年賀状ギャラリー2000

23日まで添乗もないことだし、ここらで年賀状と一緒にフナッシュの年越しを振り返ってみよーと思います!

2000年【辰年】

年賀状2000

 

 

手書きでございます

筆ペンとパステルを使用

けっこうこの龍。気に入ってます

 

 

 

 

 

年末年始添乗】

30日〜1日まで札幌イルミネーション3日間

札幌連泊の楽ちんコース1日前に出発していた同期と札幌のドライブインの友人と一緒に小樽でカウントダウン!この年はミレニアムでカウントダウンもかなり盛り上がりましたね

明け方、すすきので“年越したそば”を食べて初詣に行って、結局オールで最終日を迎えました。で、その友人のドライブインに立ち寄りして新千歳へ(笑)

 

【こーゆー年賀状困りますベスト5】

年賀状作成中さて、そろそろ年賀状を書かないと後がなくなってきました・・・

年賀状って夏休みの宿題と一緒で、追い込まれないとなかなか書けない人って多いですよね(フナッシュもです)

 

 

ナッシュはこー見えてもできるだけ手作りにこだわる職人肌なんです

パソコンのはがき作成ソフトとか使ったこと一度もありません

自分の住所を何十枚も書くのはさすがに大変なので、手書きで書いたものをコピーして、あたかも手書きで書いたように演出してます

でも相手の宛名はちゃんと1枚1枚手書きですよ!年に1度のことだしね

パソコンに個人情報を入力するのもこのご時勢気がひけますし・・・

 

で、フナッシュにとって一番の問題はデザイン

毎年何日も考えて作るんですが、今年はフナッシュの好きな犬だからでしょうか、すんなり決まりました!!

2001年までは手書き・2002年は完全委託(この年だけラクしました)・そして2003年以降の年賀状は、いくつかの写真をコラージュにしてデザインしています

もらった人はパソコンを駆使して作ったと思うらしいんですが、フナッシュはご存知の通り“パソコン音痴”

パソコンではなく、はさみ・カッター・のり・定規とか使って作ります(笑)

 

さてさて、それでは毎年手書きで宛名を書いているフナッシュを悩ます年賀状をご紹介いたします

【こーゆー年賀状困りますベスト5】

5位:やたら住所の長い年賀状

4位:日本なのに住所が英語で書かれている年賀状

3位:郵便番号が抜けている年賀状

2位:住所に何て書いてあるかわからない年賀状

1位:コメントが入っていない、あきらかに義理っぽい年賀状

 

※郵便番号を調べる時はこのサイトが便利ですよん→郵次郎

京の町家 “串くら”でランチ

添乗に出ていないので今日もランチネタでございます

本日のランチは炭火串焼きの“串くら”本店

串くら

 

鶏肉が好き+京都が好き=“串くら” でしょう

なぜかと言うと料理もさることながら雰囲気がイイ!!

 

京都ムードムンムンでございます

(↑これへっぽこセーフ?)

 

店内は新しいモノと古いモノとが融合したデザイン

なんだか親戚の家でごはんを食べているような、そんな安心感に包まれた空間は“癒し”そのもの

 

だって、こんな庭園なんかも店内から垣間見れるんですよ!

串くら・庭

 

 

 

 

 

【ランチメニュー】

◆定食:880円 ◆地鶏焼鳥定食:1080円 ◆親子丼:880円 ◆地鶏焼鳥丼:920円 ◆地鶏もも炭火焼丼:920円

フナッシュはこれをオーダー↓

炭火焼き丼

 

 

 

 

皮はパリッ、肉は噛めば場かむほど地鶏の味がお口いっぱいに広がります

炭火の香ばしさと山椒の香りがなんとも言えませんっ

味噌汁が“白みそ”なのも京都らしいですよね・・・

 

なんでこんなに雰囲気がいいいのか?

ここっていったい昔何だったの????

来店した人は絶対気になると思います

で、女将さんに聞いてみました

この町家は100年以上の歴史があって

そもそもは“半襟問屋”だったそうです(半襟って何?)

今のオーナーが30年ほど前にこの家に移りすみ、10年前からこのお店をオープンしたんだそうです

 

現在、忘年会・新年会の予約を受付中

3500円とリーズナブルなコースからあるので気軽にご利用下さいとのこと

個室もあるのでゆったり出来ると思いますよ

県外からの方とごはんを食べるときなんか絶対オススメです!

 

場所は【中京区高倉御池上ル】

詳しくはこちら・・・串くらホームページ

(店内散策とかできて、結構おもしろいホームページですよ)

 

★歩きタバコ撲滅キャンペーン★

歩きタバコ・タバコのポイ捨てはやめましょう!

 

気になる看板…

すき焼き会社の帰りにこんな看板が…

 

に、にく食いたい…

 

ど〜しても肉に引き寄せられてしまうニクッシュです

 

もちろん入っないですよ!

看板を見てよだれを垂らしただけです(笑)

ここも京都ではかなりの老舗 “すき焼きのキムラ”

何が気になるって“普通”ってメニューが気になる!

 

普通って何っ!?

 

“ロース”との差は100円!

 

その100円って何っ! ?

 

( ̄□ ̄;)!!

京都の老舗・三嶋亭でランチ

今日は、わけあって昼間っから寺町三条にある

肉料理の老舗・三嶋亭でランチを食べてきました

よく考えたら昨日は焼き肉、その前の日はジンギスカンを食べていた・・・

お肉バカなフナッシュです

 

創業明治6年(1873年)の店構えは貫禄そのもの

なんと、あのチャップリンも来店したことがあるらしいですよ

三嶋亭・外観

夜のメニューでは【すき焼きコース 7500円〜9500円】ですが、ランチはお手ごろ(?)価格の3177円であの三嶋亭の料理が食べれるんです

 

 

店内はとっても落ち着いていて“京都”って感じがします

モチのロン、従業員さんの接客も上品どす

三嶋亭・店内

お昼のコースには“すき焼き”“ホイル焼き”がありますが今回はホイル焼きをオーダー

 

 

出てきたお肉をみてビックリ!焼き肉っ子のフナッシュもギャフンと言わされましたね

まさに“これぞ霜降り”でございます

三嶋亭・肉

いゃ〜シャッポを脱ぎましたよ 

バッチグーです

とろけるような舌ざわりとはこー言うことなんだと感動しましたっ(涙)

もぉ〜気分はルンルン

社会人史上、こんなにおいしいランチを食べたことはありませんね

『あ〜うまかった、うしまけた

昼間っからこんな上等なランチを食べた事は“お口チャック”でお願いいたします

許してちゃぶ台ね〜!!!

 

詳しくはコチラ

 

 

さて、ここで問題です!

へっぽこフレーズは何個出てきたでしょう?(笑)

 

正解は“続きを読む”をクリック

続きを読む

へっぽこ度チェック!

昨日、お送りした“へっぽこフレーズ大全”の巻末に“へっぽこ度チェック”というコーナーが載っていました

ちょっこと紹介したへっぽこフレーズを見て『ひっとして自分もへっぽこ?』と不安に駆られたアナタ!

さぁこれから紹介する20項目で“へっぽこ度チェック”を確認してみましょう!

 

へっぽこ度チェック

□ “笑点”のメンバーを全員言える

□ 横断歩道の白いところだけを踏んで歩くことがある

□ 寝ながら電気を消せるように、電気のヒモを長くしている

□ 何かひらめいたとき、思わず指を鳴らしてしまう

□ 弁当に付いている紙おてふきを集めている

□ 社内で「よっ、元気?」と肩をたたく

□ 財布の中に、紐の付いた5円玉がある

□ 電車のつり革2本を両手で持つ

□ 家にゴム長がある

□ 雨にうたれながら泣いた事がある

□ Tシャツの裾は必ずジーンズの中に入れる

□ 雨が降るとすぐ「雨男(女)は誰だ?」と言う

□ バンダナのかっこいい巻き方を知っている

□ ラジオ体操は、第一は完全にマスターしている

□ 子供の頃、自分のサインを練習したことがある

□ 子供の頃、「○○ブー(例:杉ブー)」 「○○っぺ(例:ユキっぺ)」というあだ名で呼ばれていた

□ 部屋にペナントが貼ってある(ペナント例:富士山・日光・大学など)

□ 自転車で道を曲がるときは手信号をする

□ 暗算するときは、手がそろばん

□ 掃除のとき、手ぬぐいを頭に巻く

 

さぁ何項目当てはまりましたか?

結果は“続きを見る”をクリック!

続きを読む

クリスマス&年末年始のシフトが決定!

ビックリマーク

 

 

ついにクリスマスと年末年始のシフトが決定いたしました〜

 

クリスマス

23日〜24日:黒川温泉・阿蘇・柳川

25日〜27日:北海道・阿寒・知床

 

 

年末年始

31日〜2日:北海道・阿寒・知床

3日〜5日:東北・蔵王・磐梯

 

共に連続添乗でございます

ここ数年、年末年始はセンディング業務が多かったので

今年は“添乗員してる”って感じでワクワク(笑)

 

でも23日まで10日間も添乗ないんですよねー・・・

“いきなり”17日から4連休入ったし・・・

添乗員の休日ってこんなもんです(涙)

アナタはへっぽこ世代?

今日は1日、会社での内勤

ホルモンミックス

 

 

 

 

今夜もホルモンミックスを食べて

元気モリモリのフナッシュです

(↑これもへっぽこ用語か?)

 

フナッシュは電車の中で本を読むのが好きです

電車の中で一所懸命、英会話なんかを勉強している人を見るのも好きです

今朝フナッシュの前に座っていたおじさんも本に直接回答を書きながら一所懸命英語の勉強をしていました

 

もちろんフナッシュも本、読んでいましたよ

 

これ↓

どろんします

 

 

 

 

 

『このへんでドロンします 昭和へっぽこフレーズ大全』

〜思わず脱力!! 愛すべきニッポンの腰くだけフレーズ・ガイド〜

こー見えてもフナッシュが好んで読む本はマーケティングコーチングマネジメントなんかの自己啓発系が多いんですけど、たまに気分転換やアタマの体操に、とんでもなくしょ〜もない本を読んだりします

 

で、昨日買ったこの本 かなりオススメです

今日、会社でこの本の話題でかなり盛り上がりました(笑)

 

例えば・・・

続きを読む

恋人岬

恋人岬・看板

【恋人岬】(こいびとみさき)

寒い看板です・・・

( ̄□ ̄)!!

 

ここは土肥温泉にある恋人岬

グアムにも恋人岬ってありますよね

少しアップダウンのある700mの遊歩道があり、岬の先端には眺めの良い展望台があります

グアムの恋人岬と姉妹提携した記念に設置した“金の鐘”(グアムには“銀の鐘”がある)と“ラブコールベル”の2つの鐘があります

ラブコールベルは銀の鐘よりさらに120m先にあるため、金の鐘で引き返す方が多いです

どちらからも天気が良ければ富士山が見れます

恋人岬・先端

 

 

景色は最高なんですが、添乗で行くにはちょっと・・・

続きを読む

堂ヶ島

堂ヶ島全景【堂ヶ島】(どうがしま)

ツアーではだいたいここでお昼ごはんですよね

バスは手配先によっても異なります

 

今回の小松観光センターさんは海よりの駐車場

フロール堂ヶ島さんの場合は山よりの駐車場になります

山よりの駐車場は加山雄三ミュージアムが隣接

ランの里もこちら側にあります

 

小松観光センターさんの前が堂ヶ島遊覧船のりばです

その先がドームシアターの“ピアドーム天窓(てんそう)”

上映時間は毎時(00分:40分)で所要時間は20分です

ここでは

_短獲沙哀潺紂璽献▲爐惺圓

▲薀鵑領い惺圓

F殴島遊覧船に乗って海から天窓洞を見上げに行く

ぅ團▲鼻璽狹形襪惺圓

ナ發い道矯する

といった感じ

歩いて散策する際はくれぐれも足元に注意しましょう!

所要時間は観光込みで90分ほど

 

=料金=

◆堂ヶ島遊覧船

大人920円(※830円)

※15名以上の場合

◆ピアドーム天窓

大人900円(※770円) 小人600円(510円)

※15名以上の場合(50名以上はさらに割引あり)

◆加山雄三ミュージアム

大人720円(※650円)

※15名以上の場合

 

堂ヶ島・岸壁

 

 

 

 

↓堂ヶ島天窓洞公園案内図↓

堂ヶ島MAP

石廊崎

石廊崎・P石廊崎】(いろうざき)

バスは石廊崎港に止め置き

ここから灯台→展望台へと15〜20分ほど歩きます

前半はずっと坂なのでかなりしんどい・・・

 

灯台には入れませんが、展望台からの眺めはサイコー!!

石廊崎・岸壁

 

 

 

 

先端は足元がかなり急で狭いので十分注意しましょう!

チラっと見えるのは伊豆急マリン “石廊崎岬めぐり”の遊覧船です

石廊崎・先端

 

 

 

 

ここまで歩いた甲斐がありますよね

いろうざき・岸壁

 

 

 

 

トイレはゲート横に1ヶ所(歩き始めると先にはありません)

 

【石廊崎岬めぐり遊覧船】

◆料金:大人1120円 小人560円

◆所要時間:一周 約25分

◆出航時間:9時以降、(00分:30分)

◆お問い合わせ:伊豆急マリン TEL0558−22−1151

 

下田ロープーウェイ

寝姿山ロープーウェー入り口【下田ロープーウェイ】(しもだろーぷーうぇい)

 

フナッシュ今回、初観光地

 

伊豆急下田駅のすぐ前から“寝姿山自然公園”までロープーウェーが出ています

◆所要:約3分(団体の場合、随時運行してくれると思います)

◆大人料金:1000円(※900円) 

◆小人料金:500円(※450円)

※15名以上の場合

◆営業時間:9:00〜17:00

 

寝姿山山頂からは伊豆七島や下田港が見下ろせます

いず

 

 

 

 

また、自然公園に日本最初の商業写真家・下岡蓮枝の記念館愛染明王堂(奈良の法隆寺の夢殿を3分の1の大きさに再現)などの施設もあります

 

所要時間は展望台だけだったら40分くらい

詳しくは下田ロープーウェイのホームページへ

下田ろーぷーうぇー

 

 

 

浄蓮の滝

じょうれんお滝・入り口【浄蓮の滝】(じょうれんのたき)

バスは売店の前に止め置き

 

写真の銅像は『伊豆の踊り子』の像です

ここから滝まで約15分くらい坂を下ります

じょうれんの滝・坂

けっこう傾斜があるので

帰りは皆様、ヒーヒー言ってましたね・・・

雨の日とかはキツいですね

 

滝のそばには『天城越え』の歌碑があります

ここで一曲いかがですか?(笑)

 

じょうれんのたき

所要時間は50分くらいですかね?

売店は16:40分閉店予定です

 

 

詳しくは浄蓮の滝のホームページ

山本食品の看板犬・レモン

レモンいつの間にかブログに『今日のワン公』ってカテゴリーを追加している、犬好き添乗員のフナッシュです

 

沼津にある、わさびの工場直売店“山本食品”さんで、お客様に人気の看板犬を発見!

ちゃんとツアーのお客様用に『こんにちは、れもんでーす』って表札が掛けてあるのがいいですよね

でもちょっと人見知り系なのかなぁ〜という印象を受けました・・・

 

ここのスタッフの皆さんは対応がハキハキしていて気持ちがいいです

日本平

9cf11601.jpg

【日本平】(にほんだいら)

苦手というか記憶になかった観光地です・・・

バスはドライブイン・日本平パークセンターに止め置き

ここから久能山東照宮に行くロープーウェーが出ています

 

日本平・東照宮MAP

 

 

 

 

◆ロープーウェー:大人往復 1000円(※900円)

◆ロープーウェー小人往復  550円(※450円)

※25名以上の場合

◆久能山東照宮本殿参拝料:大人350円 小人150円

 

所要時間は約1時間ほど(早回りなら40分でも行けるとのこと)

ロープーウェーは一応、時刻表がありあますが、団体の場合は臨時便で対応可

ここでは

.蹇璽廖璽ΕА爾望茲辰撞彷住嚇貍筏椶惺圓

売店でショッピング

E庫沼罎謀个辰董∪郷紊猟並みや富士山を眺める

って感じです

展望台だけなら30分〜40分

不得意観光地・撲滅キャンペーン!?

添乗員なら誰にでも得意な観光地と不得意な観光地ってありますよね

フナッシュは今回のツアーの観光地は不得意エリアにあたります

関東・信州・四国あたりは苦手なんです

理由は?→あんまり行ったことないから・・・

過去に行ったことがあっても何年も行かなかったら忘れてしまうし・・・

 

添乗員にとって、行ったことのない観光地にお客様を案内するのって大変ですよね

だから初めてその観光地に行く添乗員さんのお役にちょっとでもたてるかな?というのとフナッシュ自身が忘れっぽいからという意味もこめて、これから添乗で行った観光地をもっとこまめに紹介することにしました!

だから添乗員じゃない人にとったらちょっと面白くないかもしれません

そんなときは観光地そのまんまのタイトルの記事は無視しちゃってください!

 

いまさらどこまで観光地が集まるかわかりませんが、“ないよりマシ精神”で集めていきたいと思います

 

そこでブログをご覧の皆さんにお願いです

 

フナッシュ一人ではあんまり詳しくは紹介できないので、もし行ったことのある観光地が出てきたら、ささいなコトでも結構ですのでコメントをお寄せ頂きたいんです!

みなさんからのコメントなどでさらに観光地の知識が深まればいいなと思っています

 

よろしくお願いしまーす

 

 

 

ブログの更新予定です

9b9de9e2.jpgさっき新幹線で新大阪に戻ってきたフナッシュです

本日のブログの更新ですが、今から帰ると帰宅が22時半頃になり更新が遅くなります…
しかも2日分の観光地の記事が貯まっておりますので…


“早寝早起き派”の皆さん!
また明日遊びに来てください!おまちしております
m(__)m


“夜更かし派”の皆さんいますか〜?
フナッシュと一緒に夜中までパソコンに向かいましょう(^O^)/


しかし今回のツアーは色々と疲れました…(汗)

なんじゃこのツアータイトルは!?

63603e41.jpg朝も伝えましたが今日から『下田○○ホテル1泊と伊豆半島めぐり2日間』ってツアーに来ています

日程表もバスのステッカー(看板)も指示書もホテルの大阪営業所からの部屋割りFAXも全てこのツアータイトルです

で、ホテルに到着したら玄関にこんなツアータイトルが
『伊豆あったかぽかぽか南紀の旅・下田○○ホテル1泊』

ちょっと間抜けなツアータイトルですよね
だって“あったか”くないし12月に“ぽかぽか”なんて表現、沖縄でも使わないし、だいたいなんでここが南紀なの???(まぁ〜確かにここは下田の“白浜海岸”って地名ですけど)

こんな恥ずかしいタイトルのツアーもあるんやなぁ〜と思いつつ、夕食会場『白浜』へ

で、フナッシュが自分の会場の看板に目をやるとそこには
『伊豆あったかぽかぽか南紀の旅・下田○○ホテル1泊』
って書いてるではないですかっ
( ̄□ ̄;)!!





その恥ずかしいツアータイトルの添乗員って…

はい、フナッシュなのでした…(恥)

Why!?
いったいどーしてっ!?

フロントさん曰く、当初の予約からこれだったとのこと。途中でタイトルを変えると領収書の発行の関係上よろしくないんだとか

まぁ同じツアーでも時期によって若干、タイトルが変更になるケースは確かに多いです

でもね、領収書は会社内部の話ですから別にいいんですけど、お客様の目につく玄関と食事会場の看板くらいは変えれますよね?

ちなみにこの辺りって“南紀”って呼ばれてるんですか?って聞いたら

『それはないですね』ってきっぱり…
( ̄□ ̄;)!!

じゃ、“あったか”とか“ぽかぽか”なんて季節のニュアンス以前に“南紀”って何!?って話ですよ!

ま、次回からは看板は変えてくれるそうですけど…

なんだか白浜続きのフナッシュなのでした…

クエ〜〜っ(>_<)

みかんの正しい食べ方って?

今日から『下田温泉と伊豆半島周遊』のJRコースに添乗のフナッシュです

なんか最近、空飛んでないなぁ〜と思ったら10月19日発の『ロイヤル東北』(←あのおいしいものばっかり食べてたツアー)以来、飛行機利用の国内添乗に行ってなかった…

さて、フナッシュのブログにもたまに遊びに来てくれるrhのブログ

『変な女の子日記』に《みかんの正しい食べ方》ってサイトを紹介した記事があったのでみかんついでに紹介します(携帯からなのでリンクは帰ってから貼ります)

そのサイトによると“みかんの食べ方”は大きくわけて4パターンになるそうです

 

’鬚ぅ好犬世唄蔽韻房茲辰橡爾瓦箸某べる

∨爾皀好犬盖い砲擦佐櫃瓦反べる

スジを丁寧に取り、房も吐き出す

げ討澆んのようにひと房づつ皮をむいて食べる

 

そ〜言えば、みかんの食べ方って人それぞれですよね〜

フナッシュはスジは取らずに房は3つか4つくらいまとめて食べるタイプ

みなさんはどーやって食べますかぁ〜?

あと、みかんって普通ヘタとは逆の下からむきますよね?

そのサイトには『緑のヘタがある側からむくと、大きなスジが一緒に取れて、実も傷つけない』って裏ワザも載ってましたよ

 

へぇ〜インターネットって色んな情報が載ってて便利だなぁ〜といまさら感心しているフナッシュなのでした…

おいしいみかんの見分け方って知ってる?

みかんがり先ほど、『白浜温泉・クエづくし会席』の添乗から帰ってきました!

このコースには“みかん狩り”が行程に入っています

と、いうことで『おいしいみかんの見分け方』を調べてみましたよ

 

【おいしいみかんの見分け方】

_免蕕凌Г濃い

果皮が薄く、良くみるとデコボコしている

2免蕕離屮張屮弔小さくて密度が濃い

ぅ悒燭寮擇蠍の直径が小さい

ゥ好蟒が少しある

Εク(ヘタの周りの五角形)が黄色い

Р娘造離タチが扁平で丸い(どの角度からみても同じカタチが理想)

中玉がオススメ

だそうです(詳しくは“JAありだ”のHPをご覧下さい)

 

あと、もぎ取るときに引っ張ると皮ごと破れてしまうので、面倒ですがヘタをくるくる回しながら取るときれいにもぎ取ることができます

 

↓(失敗例&成功例)

みかん 成功・失敗

 

 

 

 

みかんはビタミン豊富で風邪予防にもピッタリ

みかんをたくさん食べて風邪をひかずに年末年始を乗り切りましょ〜

 

あぁ〜今日も4時半起き、そして明日も・・・

誰が買うねん! 商品番号012

9a3f7bd2.jpg商品名:缶ビール
価格:350円

白崎海洋公園にて
売る気なしです
( ̄□ ̄;)!!

誰か補充してくれないと怪しくて買えしぇ〜ん…

幻の魚、クエって?

さて、今日は先週に引き続き『白浜温泉とクエ会席ツアー』の添乗です

このコース、毎日出てるしバスガイドさんが付かないコースなので

ちょこっとフナッシュがクエについて調べてみました

『クエって見たことない』という方、クエはこんなヤツです

     ↓

クエ改

 

 

かなりグロテスクですよね・・・

 

=クエ=

◆分類:魚類 スズキ目 ハタ科

◆分布:日本では南日本、海外では中国南部沿岸・フィリピン

◆環境:やや深い、海の岩礁(10m〜50m)

◆体長:約1m

◆重さ:約30kg

『一度食ったら他の魚はクエんといわれることからクエと呼ばれているそうです(←これはウソ

九州では「アラ」、関東では「モロコ」と呼ばれているそうです

(ちなみに漢字では「九絵」って書くんですって


市場で流通するハタ科の仲間では最高級で、 同じハタ科のヤイトハタやホウキハタ(タケアラ)、チャイロマルハタ、ツルクエ等が「くえ」と称して流通しているケースもあり、それらと区別するために「本くえ」と呼ばれたりもします。
その本クエの中でも、
和歌山県中部の日の岬から本州最南端の潮の岬に至る海域で漁獲された物が良質とされ、
「岬のくえ」と呼ばれ特に珍重されているんですって!

やっぱ和歌山は本場なんですね〜

 

ちなみにネット販売でいくらくらいで販売しているのか見てみたら

冷凍のクエ500gで11500円でした

 

 

 

つりバカのフナッシュですので、つり方も調べてみました(笑)

 

【つり方】

起伏の激しいポイントを直撃するため、こまめなタナの取り直しが大切

海底から上を向いてエサを探しているので、5mくらいの高めのタナ取りが有利だ

(なるほど『上を向いて食べよう♪』ですな)

 

【エサ】

サバやソウダガツオの死にエサの1尾掛けか、ムロアジ、アオイカの活きエサの泳がせが良い

このほか、その周辺で釣れた小魚の泳がせ釣りにもよく食い、小型のシイラやタコを使うこともある

(い〜エサ食べてますね〜)

 

 

あぁ〜フナッシュもクエ食べてみたいなぁ〜

 

 

ツアコンだよ全員集合! 〜ぶんぶん編〜

先日告知した新企画『ツアコンだよ全員集合!』

後輩の協力もあり、数名のアンケートを確保しましたのでそろそろ始めたいと思います

記念すべき第1回は、アンケート発表翌日にさっそく投稿して頂いた“ぶんぶんさん”

以外にも面識のない方からのご参加で、めちゃくちゃ嬉しかったです(涙)

現在は企画をしなが自分の作ったツアーの添乗にも出るというぶんぶんさん

自分の作ったツアーに自分で添乗するのって、添乗員なら誰でも憧れますよね

是非ブログを通してぶんぶんさんの仕事っぷりを見てみたいですよね〜

今後ともよろしくお願いしま〜す

続きを読む

ブログをカスタマイズしよう!

efee7ab3.jpg

先日『ブログ カスタマイズリファイレンス』って本を買ったんです

ブログをカスタマイズするための本

前にも同じような本を買って、アクセスカウンタや占いケロールを配置しましたが、今日はお休みなので家でゆっくりブログのデザインをいじってみました

変更した箇所

◆タイトルのサイズを大きく、そして中央へ移動

◆ブログの本文に壁紙を貼る

◆タイトルに壁紙を貼る

(壁紙はホームページビルダーの素材集から引っ張ってきました

◆記事のタイトルの色を変更

◆投稿日時の色を変更

◆コメント・トラックバックなどの欄に枠組みを作成

たったこれだけですが何時間かかっただろ・・・

 

さて、神戸ではルミナリエが始まったっていうのに家にこもってブログばっかりいじってたら『ブログ男』になりそうなので、そろそろお出かけしてこよ〜っと

ぶたまん発祥の店→南京町・老祥記

ぶたまん

わからないながらもいくつかのお店で食べ歩きをしてきたフナッシュ&イナッチ

まず最初に食べたのは南京町広場のすぐ横にある

“老祥記”さん

創業は1915年(大正4年)

『ぶたまん』という呼び名の発祥の店だそうです

ランチタイムになると長蛇の列になるんですって

まとめて買って帰る人も多くて、店内には“99個”までの価格表が貼っています

 

メニューはぶたまんのみ

ブチうま、デラうま、メチャうまです!

肉汁がすごいのでこぼれないよう上手に食べてくださいね!

売り切れしだい閉店なので注意しましょう!

 

続きましては

・・・て記事が長くなるので興味のある方は“続きを読む”をクリックしてください

あ、大丈夫、今回はゲテモノとかないですから(笑)

 

 

続きを読む

ルミナリエ→神戸→中華街→おいしい♪

チャイナタウンいよいよ今日から神戸・ルミナリエが開催ですね!(今度はホント

先日の神戸空港の見学会のあとに行った元町の中華街の記事をアップするのをすっかり忘れていました・・・

中華街なんて何年振りだろ

ホントの中国にはよく行くけど(笑)

規模は横浜ほどじゃないですが、おいしそうなお店がたくさんあってワクワクしますよね

いや〜神戸っておもしろいなぁ〜と思いました

今度休みの日に神戸に詳しい人と来たいですね

フナッシュは全く土地勘ないので・・・

なんちゃって神戸っ子、イナッチ(ホントは岡山っ子)のナビゲーションで三宮から商店街をブラブラ見ながら歩いて隣の駅の元町へ

感想=神戸って靴屋がやたら多くないですか?

今日もルミナリエのついでにここでお昼を食べるカップルが多いんでしょーねー

食べ歩きのスタイルで気軽に食べれるのがいいですよね

賑やかな雰囲気の中、色んなお店をまわれるし

でも素人にはどこがおいしいか分からないなぁ・・・

 

今日、一番笑ったコト♪

家に帰って自分のブログを見たらアクセスカウンタがこんなんだった

5555

 

 

何かいいことあるかも(笑)

 

『GO!GO!GO!GO!』

ということで今日は早めにブログ書いちゃおっと

 

今朝、電車の中でフナッシュのブロ友、norinoriのブログ『沖縄へ行こう』を覗いてみたらこんな占いが載っていました

 

『沖縄占い』

 

名前と生年月日と血液型を入力するだけのカンタン占いなんですが

これがよく当たるんですっ!!!

フナッシュは“キジムナー” ←沖縄に住む森の妖精(妖怪)

『ちやほやされるのが好きな目立ちがり屋さん』とか

『始めるのも気まぐれだけど、投げ出すのも唐突で、こらえ性がないさぁ』とか

『陽当たり的な行動もひんしゅくを買わないのは、生まれ持った愛嬌のおかげで』とか書いてあった

 

そのまんまです(笑)

 

で、同期のKゃんがさっそく昼休みにトライ

で、何が出たか・・・

   

      

          

            

               

                  

                     

                   ↓

                  

                   ↓

                   

                   ↓

                   

                   ↓

 

 

“オジー” ←おじいちゃんの意味

 

 

これまたそのまんまです(爆笑)

 

携帯からも占えるので是非占ってみてください

norinoriのブログによるとかなりのキャラクター数が出てくるみたいですよ〜

 

★歩きタバコ撲滅キャンペーン★

歩きタバコ・タバコのポイ捨てはやめましょう!

 

誰が買うねん! 商品番号011

ジャイアン商品名:自己チュー Tシャツ

価格:3990⇒1990円

お買い得商品です

 

『お前の物はオレの物、オレの物はオレの物』

自己チューなあなたに送る不屈の名言Tシャツ

この時期に半袖!?

いえいえ、大人のオシャレは見えないところから

ルミナリエのついでに“ピアザ神戸”へGO!!

JAL対ANA!クリスマスツリーの勝敗は?

今朝は4時半起きで伊丹空港センダー(ツアー参加者のフォローやチェックインをする係り)だったフナッシュです

今日も睡眠2時間半・・・

 

12月に入ったのでいよいよ伊丹空港にもクリスマスツリーがお目見え

北ターミナルのJAL,南ターミナルのANA、それぞれにクリスマスツリーが飾られます

 

さぁどちらのツリーがキレイなんでしょうか???

 

ANAはコチラ

 

 

ANAツリー

 

 

 

 

天井まで届きそうな立派なツリーは毎年注目の的

(実際空港で働いている人間にとったら、見通しが悪くなってちょっと困るんですけどね・・・)

 

 

 

で、JALのツリーはですね・・・

 

 

JALツリー

 

 

 

 

 

( ̄□ ̄)!!

 

やる気ナシです

ツリーより“クラスJ”の宣伝に力注いでますから・・・

ルミナリエ開催っ!

f396c06f.jpg

いよいよ今年もルミナリエが開催!

ってまだ早いですよね

開催期間は12/9〜12/22のはず・・・

 

今日はたまたま障害者の方のために一部点灯していたんです

本番が開催したら、車椅子の方とかって危ないですもんね

お邪魔にならないようにさっと写真だけ撮って帰ってきましたがキレイですねー

ルミナリエってずいぶん前に1度来たっきりです

まぁ、今年もくる予定はありませんけど・・・

一緒にいたイナッチと『オトコ同士でも思わず手をつなぎたくなるくらいキレイやんな〜』って感激してました(笑)

添乗で行くと、これまた大変みたいですね

ルミナリエに行く添乗員さん、頑張って下さ〜い!

 

さて、ほんとは夕食に食べた中華街の記事をアップしたかったんですが、夜中になるとブログが混雑してなかなか作業が進まないんですよね・・・(ほんとライブドアさんしっかりしてよ

記事のアップはまた明日(あ、もう日付変わってる)にします

伊丹センダーで朝も早いしお風呂入って寝ないと

あぁ今日、全然コメント返せなかったし、他のブログにも顔出せなかった・・・(汗)

神戸空港:3・4階

見取り図3階

 

 

 

 

空港3階の見取り図:レストラン街

和カフェ・カフェ・和食・総合レストラン・イタリアン・セルフうどんの計6店舗

見取り図4階

 

 

 

 

空港4階の見取り図:展望デッキ

六甲山や明石海峡大橋を眺められるビュースポット(無料開放)

眺めのいい展望レストランは中華バイキングと活魚料理の2店舗

展望デッキ

 

 

 

 

現在の展望デッキ・・・

さぶかったです・・・

↓こんな感じ

さぶい

 

 

 

 

さて、どうでしたか?ちょっとはイメージつかめましたか?(ムリか)

この工事現場がどのように様変わりするか

2月16日の開港が楽しみです

神戸空港:2階

見取り図2

 

 

 

 

空港2階の見取り図:チェックインカウンターは2つのアイランドから成っています

向かって左側がANAと団体受付カウンター

右側がJALとSKYのカウンター

ちょうど真ん中に出発口があります

チェックインカウンターから出発口がすぐそばなのでチケットを受け取ってからの迷子というのはかなり減るのでは?と思います(ほんとすぐそこですから

搭乗ゲートは現在3つ、開港後、4つに増やすとのこと(夏には完成予定)

待合室の椅子の数は約900席

チェックインカウンター

 

 

 

 

現在こんな感じ・・・

 

神戸空港:1階

それでは各階ごとにターミナルを見ていきましょー

(写真の投稿はJATAの方にOKもらっております)

 

見取り図1階

 

 

 

 

1階見取り図:自家用車の駐車場は立体ではないのでターミナルにアクセスしやすいです

 

ターンテーブル

 

 

 

 

ターンテーブル:かろうじてベルトがあるのでわkりますが・・・

 

到着ロビー

 

 

 

 

到着ロビー:倉庫?

神戸空港に行ってきました!

1ea5347a.jpg

行ってきましたよ

神戸空港(UKB)

三宮で1時間ほど説明を受けたあと、神姫バスに乗って現地入り

ヘルメットを被って、まさに工事現場の空港ターミナルを見学してきました

まだ機械類も設置していないのでイメージがわきにくいかと思います・・・

空港自体はとても小さいのでお客様への案内や迷子といった心配は全くなさそうな印象を受けましたね

空港関係者の方いわく、観光地的要素としてこの神戸空港を利用してもらいたいと何度もアピールされていました

特に眺めのいい展望デッキにある2つのレストラン(中華バイキング&活魚料理)の利用をオススメしていましたね

 

さて、それでは神戸空港の概要からお話しまーす!

続きを読む

わぁ〜い遠足だぁ〜♪

ddcabc1c.jpgいやいやこれでも仕事中です(笑)

いまJRで三ノ宮に向かってます

今日はJATA(日本旅行業協会)が主催する『神戸空港・見学会』なんですよ

デジカメ撮ったりするのが得意なので、見学会や内覧会によく行かされます

↓今までの内覧会↓

◆淡路花博(懐かし〜っ)
◆浜名湖花博
◆愛・地球博
◆羽田空港・新ターミナル

さぁ昨日、ホルモンミックス食べて元気もりもりのフナッシュ&イナッチがひと足はやく神戸空港を体験しに行ってきまーす!

ツアコンだよ全員集合! 〜フナッシュ編〜

ツアコンだよ全員集合!用写真

 

 

 

 

Q1:あなたのお名前は?

フナッシュ

 

Q2:添乗員暦は?

0年です

 

Q3:初添乗(独り立ち)はどこだった?

『養老の滝と野武士料理』 バスガイドさん怖かった〜(汗)

 

Q4:添乗員になったきっかけは?

内勤がイヤ⇒できるだけデスクワークが少ない職業⇒添乗員だった

手を使うよりも口を使う職業⇒添乗員だった(実際はかなり手を使う職業だった・・・)

 

Q5:学生時代、バイトは何をしてた?

メインは京都の旅館、冬はスキー場のホテル、夏は海の家

コテコテのリゾートバイト野郎でした(笑)

 

Q6:添乗中の嬉しかったエピソードは?

仕事辞めようかな・・・って毎日悩んでてころ、関空でツアーの受付をしていたら小学校の時の恩師に再会!(14年ぶり)

先生が『立派に働いてるね』って喜んでくれてすごく嬉しかった

仕事辞めていたときに再会してたら先生悲しんだだろうなと思った

機内で泣いた

 

Q7:添乗中の辛かったエピソードは?

仕事に慣れてきてきた2年生時代

宴会場で席割りもせずに流し込み(お客様をぎゅうぎゅう積めに奥から座ってもらう業界用語)にしていたら、食後、男性グループに激怒された

明らかに自分の手抜きだったので情けなかった・・・

それから宴会場の席割りにはかなりうるさくなった(仲居さんからは嫌な顔されますけど

 

Q8:小さい頃の夢は?

ムツゴロウ王国(真剣に何を担当しようか迷った)

 

Q9:添乗員になっていなかったら今頃なにをしていたと思う?

イラストとかデザイン系の仕事かな?(理想)

モスバーガーで働いてたかも!?(笑)

 

Q10:私、こう見えても○○なんです!

『私、こう見えても“人見知りする”んです

いやマジメに(笑)

だからワンマンとか苦手なんですよ〜

バスや駅の改札や空港の到着ロビーでガイドさんと会うとき毎回ドキドキします

コンパも今まで2回しか行ったことありましぇ〜ん(数合わせで・・・)

 

Q11:目覚まし時計は何個使ってる?

家では携帯のほかに6個、添乗先では携帯と目覚まし時計1個

 

Q12:宴会でよく歌う曲は?

『高原列車は行くよ』

最後に『○○旅行は、ラララララ行くよ〜』って替え歌で歌う

 

Q13:今抱えている悩みはある?

ありすぎて何から書いていいかわからない・・・

一番は中の仕事と添乗の仕事の両立かな

 

あと、飲みたくもないのにすぐに缶コーヒーを飲んでしまう・・・(冬はいつも)

 

Q14:『これがあるから添乗員を続けられる!』というものは?

『後輩』  これに尽きます

いつも素敵な後輩に囲まれて、自分は幸せモノだと思ってます

 

あと唯一の男性同期のMr.M

性格も背格好も趣味も違うし、この10年で休日に遊んだことは3回くらいしかないけど

やっぱり同期って特別な存在だと思う

フナッシュが会社ですき放題暴れられるのも彼がいるからこそ(いつも迷惑ばっかりかけてます)

意見が合わず喧嘩も“多々”ありますが、彼がいなかったらこの会社にはいない(と言うか、いれない)と思ってます

 

Q15:フリースペース

 

こんな感じで気軽にアンケートにご協力ください!

みなさんのご応募、おまちしてま〜す!

 

 

新企画始めます

1b6bc99b.jpg

今日は会議やらなんやら中のお仕事をちょこちょこ

仕事帰りは後輩とお約束の“焼き肉”を食べて帰ってきたフナッシュです

先日お話した 『添乗員さんをたくさん紹介したい』って企画

驚いたことにさっそく2名の方から回答をお寄せいただきました

まだ誰も書いてこないだろうと2ヶ所質問を変えちゃったので、このお二人には再度回答して頂くようお願い中でございますm(__)m

 

フナッシュはこのブログを通して添乗員という仕事をたくさんの人に知ってもらいたいと思っています

添乗員になりたい人は『へぇ〜添乗員ってこんな生活をしてるんだ』とか

現在添乗員をしてる人には『わかるわかる、最近スランプで凹みぎみだったけど、みんな頑張ってるから自分も頑張ろう!』とか

添乗員をまったく知らない人には『添乗員ってこんな苦労もあるんだ』とか感じてほしいんです

 

特に添乗員というのは職業柄、孤独を感じることが多いと思います

せっかく同じ地球に生まれて、同じ日本に住んでいて、同じ時代に同じ職業として頑張っているのなら、会社や地域や職歴の枠を超えて協力しあいたい!

でもどうやって・・・?

今はこうやってブログという新しいメディアができました

これを活用しない手はありませんよね

今はまだ一般的に『ブログって名前しか知らない』程度の認知度なので、なかなか思うように活用できていないのが現状ですが、これからもっとたくさんの添乗員さんがこのブログを通して情報を共有したり、お互いのモチベーションを高めたりそして添乗員と添乗員以外の職種の方々(お客様含め)の交流の場となればと思っています

だからフナッシュがメインのブログにする必要はないのかな?と

フナッシュはた〜くさんいる添乗員の中のひとりにしかすぎませんからね・・・

今日もどこかで添乗員はお客様と共に笑い、お客様に怒鳴られ、会社とお客様との板挟みになりながらも日々頑張っています

 

そんな頑張ってる添乗員さんを一人でも多く紹介したい!

だから添乗員ブログへのリンクも積極的に集めていきたいと思っています

そしてフナッシュが身近に始められること

それが今回の添乗員紹介コーナーです

 

ブログは今までのホームページのように“読むメディア”ではなく“参加するメディア”です

よく『常連さんのコメントが続いているから入りずらい』と言われます・・・

でもブログをやっているブロガーさんにとって、初めてコメントを書いてきてくれることほど嬉しいものはありません(もちろん常連さんのコメントもうれしいですよ)

さぁブログを通して添乗員という仕事をたくさんの人に知ってもらいましょう!

そして添乗員という仕事をもっと楽しみましょう!

フナッシュはそのお手伝いができればと思っています!

寒い日が続きますが年末年始に備えて体調を崩さないよう頑張りましょ〜!!

 

 

観光バス・チョロQ博物館!?

16f752c4.jpg

巷でも数年前から限定チョロQって流行ってますよね

観光バス業界でも“観光バス会社限定リカちゃん”とか

“観光バスチョロQ”があります

で、これを集めている人って結構いるんですよね

 

フナッシュが知っている中でもかなりの所蔵数を誇るコレクターさんが

ここ“大漁ひものセンターさん”

 

聞くところによると、最初は無理やり乗務員さんに買わされたチョロQが3つほどあったので、乗務員休憩室に飾っていたんですって

そしたら『なんや3つだけか』とか他のドライバーさんたちからからかわれるようになったので『じゃ、今にみてろよということで、3年もしないうちにこーなっちゃったそうです(笑)

ケースにはちゃんとバス会社名の入ったシールが貼られているんですよ

ばすチョロQ

 

 

 

 

驚いたのは北海道のバス会社のチョロQまであるんです!

乗務員さんの中でも有名になってきたので、持ち寄ってもらったり、インターネットで購入したりして、徐々に増えていっているそうです

 

そー言えば、フナッシュ広報部長の下北半島“サンシャイン”の杉山社長も観光バスチョロQを集めてるんですよね

最近連絡ないけど元気にしてるのかな・・・?

『観光バスチョロQ・コレクターブログ』とか作って情報を交換しあうのもおもしろそう!

 

ここは乗務員休憩室なので一般の方の出入りはできないんですが、コレクター同士なら、ちょこっと覗かせてくれるかもしれませんね

大漁ひものセンターの看板犬♪

30325874.jpg

白浜温泉のすぐそばにある“大漁ひものセンター”の看板犬

バーニーズ・マウンテンドッグの“バリちゃん”(もうすぐ5才)です

今日は朝から強風が吹き続いて凍えるような寒さでしたが、暖かそうな毛並みでずっと首のあたりに手を入れていたかったです(笑)

ちゃんとお店のお姉さんと一緒にお客様をお迎えしてくれます

思いっきり手を(足か?)をあげて『はぁ〜い』ってお迎えしてくれるんですよ

ばり

 

 

 

 

めちゃくちゃ可愛いです

白浜に行く機会があったら是非、バリちゃんに会いに行ってみてください

海産物の他、お菓子や紀州の梅も取り扱っていますヨ

白崎海岸(白崎海洋公園)

65eb70a3.jpg

今日は白浜温泉でくえ料理を食べに行く日帰りツアーの添乗でした

久々に睡眠時間ゼロで添乗行って、目がしょぼしょぼのフナッシュです

お客様は25名と比較的少ない参加者だったんですが

今回はバスガイドさんが付かない“ワンマン”(ドライバーさん1名のみ)だったので、ドライバーさんに気を使って疲れました・・・

やっぱりバスツアーはガイドさんがいないとね・・・

今日、最初の観光地は日本渚100選のひとつ“白崎海岸”

バスは白崎海洋公園のパークセンター(レストハウス)に止めます

バス2台分のスペースあり

パークセンターには売店、トイレ、貝の展示館があります

白崎海洋公園は、スキューバダイビング・オートキャンプ場・貝の展示館・展望台・土産物売店・レストラン・芝生広場・遊歩道等の様々な施設を備えた海辺の公園

どちらかというとダイバーやキャンパー向けの施設ですね

携帯の電波が非常に悪く、公衆電話はパークセンター(レストハウス)より先のクラブハウスまで行かないとありません

この公園の特徴は、公園全体が白い石灰岩で囲まれていて、青い海と氷山のような白い岩のコントラストが美しく絶好のロケーション

しらさき

 

 

 

 

毎年3月から7月ごろにはうみねこの大群が公園全体に飛来することでも有名だそうです

レストハウスの今年の営業は29日まで、年始は2日から

基本的には無休ですが12月〜3月までは水曜が定休日

確かに青い海に白い岩肌は見ごたえがありますが、この季節はちょっと・・・

夏にもう一度来たいですね!

 

添乗員さんをもっと紹介したいんです!!

ふと考え直してみました

なぜブログを書いているのか?

 

ブログの前に始めたホームページを作成したきっかけは

添乗員を目指す人にはできるだけ添乗員という仕事をイメージしてもらって、添乗員になってから後悔しないようにしてもらいたい

現在添乗員をしている人には明るく楽しく添乗員として活躍してもらいたい

ということでした

ただ、このブログでお伝えできるのはフナッシュがメイン

ほんとはもっとたくさんの添乗員さんを知ってもらいたいんです!

でも添乗員のブログってそんなにたくさんあるわけじゃないし・・・

 

という事でこのブログで添乗員さんを紹介するコーナーを作ろうと
さっきシャワーを浴びながら思いついたのでやってみます

よくブログで見かける『○○バトン』みたいな感じです

添乗員さんにアンケートに答えてもらってこのブログで紹介します

アンケートの質問は“続きを読む”をクリックすると現れます

お気軽にメールでご送付下さい
できればイメージ写真(実際の顔じゃなくてもOKです)を添付して頂くとありがたいです

※もちろんメルアドなどの情報は外部には漏らしませんのでご安心下さい

みなさんのご協力、よろしくお願いしま〜す!

続きを読む

添乗員の休日って・・・?

不規則です!

 

世間一般が休みの日が稼ぎ時ですから、この世界に入ったら『連休、GW,お盆、年末年始に友達や家族と一緒に過ごす』なんてことは諦めないといけません

トップシーズンには3本連続で添乗に出たり、海外添乗と国内添乗を連続で行く場合だってあります

たいてい周囲の人は『日曜が休み』ですから友達付き合いも大変です

先日お話したように添乗員のシフトは急に変わったりするので予定もなかなか立てられないんですよね・・・

でもシーズンオフに長期休暇を取れるのが唯一のご褒美でしょうか?

みなさんは『カレンダー通りの休み』『土日は仕事をして平日休み』どちらがいいですか?

 

フナッシュは『日曜の休み』が大嫌いです!!

だってどこに行っても人が多いじゃないですか!

 

フナッシュの自宅から最寄の駅までバスで約10分弱、早朝、タクシーだと5分の距離です

前にハワイ添乗の際、たまたま出発日が日曜だったんです

で、バスに乗ると運転手さんに『いま駅周辺が渋滞してるから1時間くらいかかるで』って言われました

そー言えば、フナッシュの最寄の駅には最近大型ショッピングモールができたので日曜の昼間は大渋滞するんでした

//( ̄□ ̄)!!/////

『逆行きのバスがもうすぐくるから○○駅(となりの駅)まで行ったほうがええで』と教えてくれてたので、なんとか遅刻をせずにすみましたが冷や汗が出ましたよ!

 

 

本日の日曜、フナッシュ休みだったんです

夕方、近くの大型電器屋さんに車で向かいましたがこのありさま・・・

 

じゅーたい中

 

 

 

 

 

なかなか電器屋にたどり着かない・・・

やっと到着した電器屋さんには人・人・人

レジも長蛇の列

 

『だから日曜は嫌いなんだーっ!

と叫びたくなったフナッシュでした

 

ちなみに今日は『E・Tの日』だったそうです

E・T

誰でもカンタン♪寝不足解消法

ce5d67cf.jpg昨晩は資料に目を通すためにガスト(ファミレス)へ行き、ドリンクバーだけで夜中の1時までねばったフナッシュです

やっぱ家にいると気が散るしパソコンのないところに行かないとね(笑)

追い込まれないとやる気が出ないタイプなんで…

結局、今日も寝不足なんですが、フナッシュはとっておきの“寝不足解消法”を知ってるんですよ!

お金も時間もかからない誰でもできる方法♪

知りたいですか?

 

それはですね…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 『あ〜今日もよく寝た!』

って声に出して言う以上っ!

 はい、これだけです(笑)

前に読んだ本に書いてあったんですよ

誰が発したことばであれ耳から入ってきた情報を“脳”は素直に信じちゃうそうです

で、『あっ、オレ今日はよく寝たんだ!』って信じて、活発に働いてくれるんですって(笑)

だから皆さんも寝不足の時、朝起きたら『あ〜よく寝た!』って大きな声で自分の脳をだましてしまいましょう!

もちろん寝不足はカラダには決してよいことではないので、これはあくまで応急処置ですよ

睡眠はやっぱり大事ですもんね

“寝る子は育つ”ですから

添乗員のシフト(勤務表)って・・・?

よく変わります

 

“シフトは生き物”だと思ったほうがいいですよね

とくに年末&年越しのシフトは何回も調整が入るので毎日が冷や汗もんです(笑)

 

 

そんなフナッシュの明日のシフトも会社に行ったら急に変わっちゃいました

重要任務が入ったため、明日の日帰りはナシ

で、誰が行くか?

今日、添乗から帰ってくる後輩が行くことに

で、その後輩は明日は何だったのか?

 

 

“休み”だったんです・・・

 

 

申し訳ないm(__)m

 

 

 

準備だけフナッシュがさせて頂きました

添乗員のシフトはいつ、どこまでわかるか?

会社にもよると思いますが、フナッシュの会社だと、2週間先が分かればいい方かな?

バスの乗務員さんなんて『明日が何か分からない』って世界ですもんね、いつも感心します

 

添乗員ひとりが風邪や怪我でダウンすれば、その穴埋めを別の添乗員がします

で、その穴を埋めた添乗員の穴をまた別の添乗員が埋める・・・

だから、一人のシフトが狂うとその影響はとても大きなものになります

アサイナーさん(添乗員のシフトを付けている人)の仕事ってほんと大変だと思います(←ちょっとゴマすり)

 

 

さて、今日は3時間しか寝てなかったので早く寝たいんですが、明日の重要任務の資料にこれから目を通さないといけましぇん

家にいたらブログが気になるからどっか外に行こうかなぁ〜

 

 

話は変わり、今日はフナッシュの後輩、はりーのバースデー(オメデトー

なんばでパーティーをしていたそうですが、フナッシュは梅田会場で祝ってきましたよ(←あ、単に呼ばれてないだけか?

梅田会場=もちろん“焼き肉屋”ね

まきこ焼き肉

 

 

 

 

あっ、JALの機内食が変わった!

a1ade3e9.jpg

あ、この記事アップするの忘れてました

 

 

皆さんは機内食は好きですか?

フナッシュはどうもあの熱で端のあたりがカピカピになったご飯が嫌で、いつもおかずだけ食べて、ご飯はコンビニでおにぎりを買って機内で食べるんです

で、先日の北京に向かうJALの機内食でビックリしました

ご飯がおかずと別に出てきたんです!

CA(客室乗務員)さんは“俵ごはん”って呼んでました

コレだとご飯がカピカピにならないし、おかずと混ざったりしないのでいいアイデアですよね!

さらに味噌汁のサービスまで始めたそうです(具はないんですけど

全路線対象ではないですが、機内食のカピカピご飯恐怖症のフナッシュにとっては嬉しいニュースです!

でも事前に分からないとおにぎり買うかまようなぁ・・・

チェックインのときに『ご飯は俵ごはんですか?』って聞いたら分かるかな?(笑)

充電週間に突入〜っ

45729230.jpg昨日は予定してたことの半分しか実行できずに、はりはり(先輩添乗員)とボーリングに行って、またまた餃子を食べて帰ってきた餃子っ子のフナッシュです

今日は《内勤&添乗準備デー》
この先1週間で添乗は日帰り3本だけなんですよね〜

おまけにあさってまた休み♪
このまったりしたシフトがなんとも12月らしいです…(*^_^*)

年末年始の激務のために、いま充電しとかないとね


あ、写真はボーリングのあとにもらった【UFOキャッチャー無料券】で取った“ムシ”

冗談でやったら1度で2個取れた(笑)
会社行って後輩にでもプレゼントしよ〜っと(←いらないか…)

踊る中国人

さて最後に中国に旅行に行く際に覚えておきたいポイントをサクッとまとめましたので中国に旅行に行く方は参考にしてください!

 

【交通】

車は左ハンドルです

交通ルールはあってないようなもの!道路を渡る際は十分注意しましょうね!

日本みたいな感覚で道路を横断するのはとっても危険

油断しがちですが自転車にも注意が必要ですよ

日本は“歩行者優先”ですが中国は“勇気優先”です!

 

【買い物】

値段はあってないようなものです!

添乗で行くと必ずバスの中で『あたしは○○元で買ったのに、なんであの奥さんは○○元なの!?』とか『あたしは1000円で20枚だったのに、こっちの奥さん30枚なのよ!』ってよくモメてます・・・

『値切り交渉は半額から』って気合入れている中国リピーターのお客様もいるほど(笑)

とくにハンカチや扇子を売りに来る観光地の売り子(通称“しぇんえん族”)には注意しましょう!

せっかく40枚1000円までまけてもらってもバスの中で数え直したら30枚しかなかったなんてことは日常です(スカーフは通常、10枚スタートしますが、前に50枚まで頑張ったお客様がいましたね)

 

お土産もの屋さんでよく『添乗員さんこれホンモノ?』って聞かれますが、正直誰にもわかりません、だって『この掛け軸には中国政府の鑑定書もちゃんと付けます』なんてお店の人にいわれても鑑定書の見分け方なんて知っている添乗員いませんからね・・・

 

【ホテル】

有料と無料の備品の区別が付きにくい場合が多いです

『無料と思って部屋から持ってきたらチェックアウトの際に請求された』ってことがよくあります

中国ではチェックアウトの際、その階にいるスタッフが部屋の中をくまなくチェックする場合が多いです。『小さいタオルが1枚ない』とか『コップが割れている』なんてことまでチェックされます

有料か無料か分からない場合は添乗員やガイドさんに聞いてから使いましょうね

あとチェックアウトは時間に余裕を持ってすませましょう!

 

【トイレ】

チップがいるトイレは都会ではかなり減ってきましたが、田舎の方に行くとまだ有料のトイレはあります(だいたい5角(1/2元))

あと、田舎の方に行くと扉がないトイレ、通称“ニーハオトイレ”がいまだ健在で女性添乗員さんやお客様を悩まします

『次からカーテン持参しなあかんわ』ってよく女性のお客様が言っています

あと、観光地のトイレはティッシュは付いていません

女性の方はポケットティッシュは多めに持参しましょう

※日本からトイレットペーパーを1度に使う分毎にクルクル巻いて袋に入れて持ち歩いているって裏技を前に聞いたことがありますよ

使用済みのティッシュは便器には流さず、備え付けのゴミ箱に入れるのが一般的です(日本人にはこれが抵抗あるんですよね・・・)

 

【食事】

中国では円卓を囲んでの食事になります

お皿は日本みたいに頻繁に交換してくれません

頼まないと持って来ませんし、在庫もあまりありません・・・

スープもご飯も同じ器で食べるのが当たり前の感覚です

あとどの料理も山盛り出てきて『残さず食べるのが礼儀』となっている日本人には一所懸命食べちゃいますが、中国では全部食べると『もっと食べたい!』とか『このレストランはケチなレストランだ!』の意味にとらわれる場合があります

ほどほどに残すのが一般的です

 

中国人は冷たいビールを飲む習慣があまりないため、レストランでもぬるいビールが出てくる場合があります

これも中国文化だと思って怒らずにたまには“ぬるいビール”を楽しみましょう!

 

とまぁ、いま思いついた事を書きましたが、また思い出したら次の中国添乗の際にでもご案内します

 

 

『日本じゃこんなことありえないなんて怒りだすお客様もたまにいますが

“日本じゃありえないことを体験しに行く”のが海外旅行の醍醐味ですよね

せっかく海外に行ったんだったらそんな日本との違いを怒らず楽しみましょう!

 

興味ある方は続きも読んでね!

続きを読む

王府井の屋台で見つけたグルメな面々

7f308cde.jpg

2日目の夕食が王府井の中だったので、王府井名物“屋台”でおいしそうなものをパチリと撮ってきました!

 

たとえばこんなもの・・・

たこやき

 

 

 

 

たこ焼き? 具は何も入ってませんでした・・・

 

どーなつ

 

 

 

 

サーターアンダーギー? 沖縄のものとほぼ同じですよね

 

かに

 

 

 

 

フットボール? いやいやカニです(笑) 変わったカタチです

 

ざりがに

 

 

 

 

えび!  いや、ザリガニだ・・・ まぁ阿寒湖でもザリガニ食べるしね

 

 

さて、この先は日本人はあまり食べないかな〜ってものをご紹介します

 

お食事中の方はこの先は読まない方がいいかと・・・

 

続きを読む

ホテル日航・新世紀飯店北京

41ada6ba.jpg

今回利用したホテルです

他社のツアーもたくさん宿泊していて日本人だらけでした

これから利用する方も多そうなのでインフォメーションを書いておきますね

 

続きを読む

中国ツアーの飲み物事情

今日はお休み

夜から外出するので、それまでブログの更新&HPの更新&部屋のそうじ&パソコンのファイルの整理&靴みがき&三線の練習&光電話の設置&電気屋に行って無線LANの購入でもしょ〜と思っているフナッシュです

さて中国ツアーレポ3日目は中国ツアーの飲み物事情について

一般的なツアー客が日本円⇒中国元に両替する際は『どのくらい飲むか?によるところが多いんですね

ツアーで行くお土産屋さんは日本円が使えるので、現地の“元”を使うのはレストランでの飲み物代、観光地の小さい売店やスーパー、コンビニ、カフェくらいです

 

4日間くらいのツアーでは『2人で1万円換える』ってパターンが多いです

 

で、飲み物の料金は?と言いますと・・・

 

飲み物・レストラン

 

 

 

 

【レストラン(ツアー客用)】

ジュース:約10元(=150円)

瓶ビール:約30元(=450円)

(ツアーによっては最初のコップ1杯はサービス、というパターンも多いです)

 

飲み物・観光地

 

 

 

 

【観光地の売店】

水:約5元(=75円)

ジュース:約8元(=120円)

 

飲み物・スーパー

 

 

 

 

【スーパー】

水:約1元(=15円)

ジュース:約2元(=30円)

缶ビール:約3元(=45円)

 

こんな感じです、すごい料金の差でしょ・・・

※上記の値段は今回のツアーで見かけた値段です

その場その場によって値段は違います

 

旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
funa888◆gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・