ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

2006年07月

結婚しました♪

もちろんフナッシュじゃないです

 

今日はブログを通して、ちょっと個人的なご報告をさせて頂きます

 

7月29日に、このブログでも何度か登場している会社の後輩、イナッチが学生時代からお付き合いしていたリエちゃんと結婚いたしました!

二人の地元である岡山で式をあげ、昨晩大阪で結婚披露パーティーが開かれました

大学のサークルで知り合って5年半の交際の末、ゴールイン

登山BBQ

 

 

 

 

イナッチとは約5年の付き合いでしたけど、登山や巡礼、イベントスタッフ・・・

色んな所に行ったなぁ〜

ここ2年くらいはフナッシュの仕事をたくさ引き継いでもらったり、忙しい毎日でしたね

いつもフナッシュを兄貴のように慕ってくれてありがと

感謝していますm(__)m

 

 

パーティーの参加者は全員会社の添乗員OR元添乗員

よくまーこの忙しい中、この忙しい職業の人間が45名も集まったもんだ・・・

奇跡に近い参加メンバーでしたね

久々に再会した後輩にもたくさんいて楽しかった〜

本当はこの日、添乗だったんですけど、4日前になって急に行けることになったんですよ

急いで余興の準備っ!←え、無理してせんでい〜って?

お約束ですが、ウクレレで『てんとう虫のサンバ』を歌ってきました

バックダンサーは黒こぶたアブラミコ

フナッシュがイメージした通りのキャラになってくれました

かなりヤバかったです(汗)

 

新婦のリエちゃんとは初めてお会いしましたけど、ちょっと頼りないイナッチにお似合いの奥さんでした(笑)

さすが学校の先生です

 

イナッチは会社を去り岡山で就職予定

結婚でうれしい気持ちが反面、寂しい気持ちもいっぱいです・・・

 

それにしても二人のプロフィールスライドは泣けましたね

“結婚したいムード”をぷんぷん漂わせていたテーブルA

新郎新婦には一番近い場所でしたけど、二人に追いつくには一番遠いメンバーだったかも・・・(笑)

 

仕事や諸事情で出席できなかった先輩・後輩・同期・その他友人の方々のために、ちょこっとパーティーの様子を載せましたので“続きをよむ”でご覧下さい

 

さぁ次は誰の番になるのかな〜?

フナッシュではないのは確かです・・・(涙)

続きを読む

北山川の筏下り♪

それでは筏下り実況中継〜っ

 

道の駅から乗船場まで約10分、シャトルバスで移動

説明まずは筏の番号毎に注意事項を聞きます

しっかり聞きましょうね!(笑)

 

 

出発説明が終わった号車から乗船

隙間が空いているので落ちないよーに!

 

 

ワクワク筏下りスタート!!

最初にホワイトウォーターと呼ばれる白波が立つポイントが現われてテンションが上りますが

 

 

漂流その後は平坦なコースが続きテンションダウン

挙句の果てに風が強すぎて漂流寸前

 

 

水浴び安全な場所では足を川に浸けることもできるんですよ

お二人さん、落っこちないで下さいよっ!

こんなに天気が良くても、水温はかなーり低いです

 

いよいよお、いよいよお待ちかねのホワイトウォーターが出現!

しっかり手すりを持ちましょうね!

 

 

メインはい、ここメインですよー

ここでキャーキャー言わないと、あと言うとこありませんから!(笑)

 

 

下船約1時間の筏下り終了

筏師の皆さんお疲れ様でした

 

 

この筏、この後すぐ解体してトラックに積んで上流へ運ぶんですよ

こりゃ、筏を漕ぐより解体するほーが体力使いそーだ

 

筏下りの注意事項に『カメラの撮影は危険ですのでご遠慮下さい』ってありますが

実際は個人の判断にお任せしています

水しぶきは腰くらいまでかかるので、オススメはしませんが、持参する場合は十分ご注意を!

フナッシュは今回、防水のポーチを首から下げて、そこにカメラを入れていました

 

最初、筏下り中ず〜っと立ちっ放しかと思ってたんですけど、ホワイトウォーターの時だけ、立つんですよね

大小合わせても5ヶ所くらいしかなくて、あとは筏の中央にあるイスに腰掛けてボケ〜って自然を満喫(笑)

柳川船下りや、最上川船下りみたいに歌や楽しいトークがあるわけじゃないですが、その分、風の音や水の音、小鳥のさえずりなんかを堪能できます

ほんと大自然の中を進むので気持ちいーですよー

 

ラフティングもやっているので、9月くらいに個人的に行きたいな〜

皆さんも是非、日本で唯一の飛び地“北山村”で、筏下りを体験してみてくださいっ!

 

 

 

10歳未満はダメよツアー

今日は日帰りツアーの添乗でした

昨日の記事でも触れたように、このツアーにはなんと年齢制限が設けてあるんですよ!

空この快晴の下、どこに行っていたかと言うと・・・

 

 

 

 

北山川の筏下り!

 

これ何年も前から行きたかったツアーなんですよね〜

皆さん北山村ってどこにあるか知ってますか?

 

和歌山県なのに、他の和歌山県の市町村と隣接していない、日本で唯一の飛び地と呼ばれる場所なんです

気になる方はお手元の地図帳を参照(笑)

 

天王寺を8時頃出て、トイレ休憩を2回

細いカーブの山道をどんどん奥へ

メインとなる“道の駅おくとろ”に着いたのが12時でした

今回のコースは“筏下り”“おくとろ温泉入浴”のみ

温泉も道の駅の敷地内にあるので、バスはず〜っとココに留め置きです

道の駅道の駅

 

 

 

 

店内ロカー

 

 

 

 

温泉

温泉の更衣室内のロッカーも100円必要ですが、返却制

 

 

 

 

道の駅にバス到着後、筏下りにふさわしい格好に着替えます

貴重品は更衣室と事務所内にあるコインロッカーを利用(100円)

筏下りの後、入浴するのでジュース代やロッカー代の小銭くらいは持っておいたほうがいいでしょうね

入浴の用意や、いらない荷物はバスへ

 

筏下りにふさわしい格好というのは・・・

モデル←こんな感じ

足元はビーチサンダル

ズボンは短パン

 

フナッシュも短パン&ビーサンに着替えましたが・・・

足が痛い!

 

足←そうでした、今朝シャワー浴びたとき、浴室の扉で足を切ったんですよ・・・

ちなみに右の絆創膏は靴ズレ(笑)

 

 

痛々しい足をひきずりながら筏下りへ

 

筏下りは1日2便出ていて、今回は第2便利用

道の駅の事務所前を13時発です

シャトルバスは筏の番号別になっています(約20分前配車)

チケット受付でチェックインした時に筏の振り分けとチケットをもらいます(チケットは回収しないので後から配ったらよかった・・・)

 

 

 

再集合の時間までに添乗員は“おくとろ温泉”に行って入浴券を購入(これは濡れたり落としたら困るので下船後に配りました)

筏は20名乗り

今回は28名様だったので2つの筏に別れました

一度に出るのは々罩号9罩ス

4×20名=80名定員

これの1日2回ですから1日160名限定ってことです

運行期間は5月3日〜9月の5ヶ月間

料金 大人6000円 小学生3000円

参加資格は10歳以上70歳未満なのでご注意を!

つけたらシャワーで流すだけ

各地での豪雨がおさまったと思ったら

毎日暑いですよね〜〜

大阪も昨日から入道雲モクモクですよ

 

今日は休みだったんですけど、昼から用意で出かけるまで、ず〜っと上半身裸で過ごしました

 

プチ露出狂のFCフナッシュです(笑)

 

フナッシュは家でも添乗先でも必ず朝におフロに入るんですけど(もちろん夜も入ります)、最近は朝にシャワーとか浴びたら汗がなっかなか引かないんですよね

 

結局、家出るギリギリまで上半身ハダカですよ(笑)

 

そんなシャワー後の不快感に、い〜もの見つけました!

↓コレ

バブシャワー

“爽快 バブシャワー”

花王の商品です

 

 

お風呂をあがる前に濡れた体につけて洗いながすと、さらさら爽快パウダーがひろがって汗をおさえてくれるんですよ

だからシャワーの後はお肌スベスベ♪

ほてったお肌には“シーブリーズ”が定番ですけど、あの独特のクスリっぽい匂いがイヤな人もいますよね

 

これは匂いも残らないので使いやすいです

シャワー後の引かない汗にお困りの方、是非オススメですよ〜

 

さっ、明日は4時起きで日帰りツアーの添乗です

 

10歳以上70歳以下しか参加できない・・・

 

 

ア・ソ・コ (笑)

FCとお呼びっ!

f33b5020.jpg昨日東北から帰ってきたら、ポストに6月に受験した【ファッションコーディネート色彩能力検定】の合否通知書から入っていました

 

 

 

 

おかげさまで無事合格してましたっ!

 

まぁ色彩検定でも一番下の“3級”なんですけど…

 

それでもやっぱり“合格”って響きがいいですよね〜

これからは“TC”フナッシュではなく“FC”フナッシュとお呼び下さい(笑)

 

■TC=ツアーコンダクター  ■FC=ファッションコーディネーター

 

次の試験は11月12日なんですって

これを機会に“色彩にうるさい添乗員”になってみませんか?

 

そんな添乗員いらんか…

ブスのおこぶに恋してる

北山崎の売店に、めっちゃおいしくなさそーな久慈(くじ)地方独特のお土産が売っています

ネーミングがちょっと・・・

 

 

その名も

 

 

ぶすのこぶ

 

 

看板

 

 

 

 

 

 

『お土産買ってきたよ〜 ハイ、ぶすのこぶ!』

って、うれしないでしょ!!

 

味はいたってフツーの“薄皮まんじゅう”なんですけどね

パッケージもなんか中途半端だし・・・

お菓子説明

 

 

 

 

 

 

もうひとつ、久慈には変わったネーミングのお土産があるんですよね

 

くますけあんぴん

 

くま

説明

 

 

 

 

どっちかって言ったら、こっちの方が可愛げがありますよね

 

久慈にお越しの際は、“ぶす”か“くますけ”を連れて帰ってください!

 

三陸銘菓に“かもめの玉子”あるじゃないですか

ガイドさんが車内で、これらのお菓子の話をしたからお客様はごっちゃになったみたいで

バスに帰ってくるなり

 

 

 

ぶすの玉子買ってきたわー』って

 

 

『・・・・・・・』

 

 

それ違いますからっ!!

 

東北秘境ツアー:4日目♪

焦った〜〜っ!

 

今日の出発時間、7時25分だったんですけど

 

 

起きたの7時05分でした

 

( ̄□ ̄;)!!

 

なんとか急いで用意して、平然を装ってホテルのロビーへ

ホテルのお姉さんに

『お世話になりましたーってさわやかにあいさつしたら

 

 

『スーツの襟たってますよ』って直された

 

( ̄□ ̄;)!!( ̄□ ̄;)!!

 

 

 

 

最終日の最初の観光は三陸鉄道に乗車

この電車の時間があるから出発が早いんですよね

陸中野田駅から普代駅まで4区間、23分の電車の旅です

鉄道鉄道

 

 

 

 

三陸鉄道っていったらなんだかリアス式海岸の断崖絶壁を走りそうなイメージですが、ほとんど海は見えないんですよね

山とトンネルばっかりです(汗)

でも、車掌さん自らのガイドアナウンス、ビューポイントでの徐行運転など観光客にやさしい鉄道でした〜

北山崎北山崎

 

 

 

 

普代駅から約15分で“北山崎”に到着

まさに絶景ですねー

海のアルプスと言われるだけはあります

ここからさらに陸中海岸を南下

陸中海岸国立公園“浄土ヶ浜”

浄土ヶ浜ここでお弁当を積み込んで車内で食べる予定でしたが、天気があまりに良かったので、急遽時間を延長してきれいな海岸を見ながらお弁当を食べました

 

 

ここから秋田空港まで4時間のながーい移動

 

行きも羽田乗り継ぎだったんですけど帰りもなんです・・・

稲庭うどん秋田空港って到着はあるけど出発は初めてかも

秋田と言えば“7代目・佐藤養助の稲庭うどん”でしょ!

 

 

めったにお土産とか買わないけど、これはしっかり購入

前にも記事に書いたんですけど、これめっちゃおいしいですから!!

 

羽田では飛行機のエンジンに鳥が飛び込み自殺して一時滑走路閉鎖

鳥社会もストレスが溜まってるようです・・・

おかげでただでさえ遅い到着がさらに遅れて関空出れたのが22時すぎ

こりゃ家に着くの0時まわるな・・・

現在は南海電車の中でブログ更新中

 

去年、同じコースに行ったときは4日間雨だったのに、今回は日本各地で豪雨の被害が出ていた中、4日間共にお天気に恵まれました!

晴れ男晴れ女のお客様に感謝

 

今回のツアーで一番驚いたこと↓

『魚のハタハタにも漢字があったんだ!』

気になる方は携帯のメールで変換してみて

 

 

キューピー←北山崎の売店でこんなの発見

やっぱあのオージー版は高いですな

 

 

岩手だけでこんなに!

いったい日本全国に何種類あるんですかね?

『ブログな添乗員』誕生物語

1年振りにサンシャインを訪れたので、この『ブログな添乗員』が誕生したエピソードをお話したいと思います

 

 

話は2005年2月25日に開設したホームページ『TENJYO-IN』から始まります

めーーーーちゃ長い話なので、ご興味のある方のみ続きをどーぞ・・・

続きを読む

トラベルプラザ サンシャイン

下北半島のちょうど首の中間に位置する横浜町

ホタテや菜の花で有名なこの町に、乗務員さんや添乗員さんにとっても愛情を注いでくれているドライブインがあります

その名は・・・

 

トラベルプラザ サンシャインさん!

サンシャインサンシャイン

 

 

 

 

フナッシュは去年初めて訪れたんですが、ビックリしましたね〜

なにがビックリってこの乗務員休憩室に使われている喫茶コーナー↓

写真

バス

 

 

 

 

ここを訪れた乗務員さん、添乗員さんの写真や観光バスのチョロQがズラリ!

乗務員&添乗員のスリーショットの写真は壁一面に貼ってあって、中にはセピア色になってる年代モノまで・・・

貼り切れない写真は年代別にアルバムに保管されています

 

この写真、杉山社長が自ら写真を撮ってくれて、その場でプリント

さんしゃいんさんしゃいん

 

 

 

 

思わずコーヒー飲むのも忘れて知り合いや自分の写真探しに熱中しちゃいます(笑)

 

社長がね〜

好きなんですよ

乗務員さんや添乗員さんのことを

 

そして観光という仕事に何より愛情を注いでいるんですよね

なんてったって横浜町の観光協会の会長も兼務していますから!(笑)

 

サンシャイン

←こ〜ゆ〜気配りも杉山社長らしいです

不在のときは社長の等身大パネルがお出迎え

 

 

 

宣伝←調子にのって、ブログの宣伝も貼っておきました!

皆さん、はがさないでね!(笑)

 

 

下北半島にお越しの際は、是非お立ち寄りくださ〜い!

 

■トラベルプラザサンシャインのホームページ

■横浜町のホームページ

東北秘境ツアー:3日目♪

昨晩は金縛りにあうこともなく無事に迎えた3日目

今日もいい天気

最初の観光地は下北半島国定公園“仏ヶ浦”

佐井港から佐井定期観光船“サイライト”に乗って仏ヶ浦へ

佐井港〜30分〜仏ヶ浦(下船30分)〜30分〜佐井港

所要約90分の観光です

仏ヶ浦仏ヶ浦

 

 

 

 

仏ヶ浦仏ヶ浦

 

 

 

 

仏ヶ浦

←足場が悪いので観光の際は足元に十分注意しましょう!

 

 

 

 

仏ヶ浦観光のあとは本州最北端の“大間崎”

まぐろの1本釣りが有名で、町民の約半分が漁師

大間のマグロは高級品で、200kgを超える本マグロは1匹で1千万円を超えることもあるんですって

フナッシュも添乗員辞めて漁師になろっかな?(笑)

大間崎大間崎

 

 

 

 

函館山

←対岸に見えているのは函館山!

肉眼でも展望台が見えるほど近いんですよー

 

 

大間崎と函館市の最短距離はナント17.5km!

 

このあと、むつ市内で昼食、横浜町で休憩をとって今晩のお宿“古牧温泉”

今日は早めの15時半ホテル着

昨日はシティーホテルで大浴場がなかったから、今夜は2日分温泉に入ろ〜っと!

あ、昨日もちゃんとシャワーは浴びてますよ!

 

旅行博士

←ロビーでこんなの発見

お会いしてみたいですよね(笑)

 

 

 

ホテルの方に

『どんな博士ですか?』って聞いたら

 

『ツアーのタイトルです』って言われた

( ̄□ ̄;)!!

 

誰が買うねん!!!商品番号016

CDCD

 

 

 

 

商品名:霊場恐山 いんねんイタコおろしCD

価格:1200円

ホテルのフロントで売っていました

セールスポイントは『現地録音!』

人気ミュージシャンのCDじゃあるまいし、こんなライブ音源うれしくないんですけど・・・

誰がどこで何のために聞くんですかね???

 

      【内容】

[邀Δ鬚燭困佑董複絞08秒)

▲ぅ織海慮寄せ(9分56秒)

 

興味のある方、明日の出発7時半までにお知らせ頂ければ買って帰りますよー(笑)

怖がり添乗員、恐山へ行く

恐山ってなんだかおどろおどろしいイメージありますよね

実はこんな感じなんです↓

恐山恐山

 

 

 

 

恐山恐山

 

 

 

 

恐山恐山

 

 

 

 

はい、確かにおどろおどろしいです!(笑)

 

感じとしては“雲仙の地獄めぐり”に似てるかな?

今日もい〜感じに曇りがちな天気で、カラスがカーカー鳴いたりして、恐山らしい雰囲気を演出してくれました・・・

恐山と言えば『イタコの口寄せ』

イタコさんはいつもいるわけではなくて、夏と秋の大祭の期間のみやって来ます

今日はたまたま夏の大祭の最終日だったようで、まだ新しいお供え物や風車が溢れていました

まむしいたこ

 

 

 

 

↑意外に『まむし注意』とか現実味のある看板を見たら安心します

 

“あぁ、ここはこの世なんだ!”って(笑)

 

心霊現象とか幽霊とかが、めっちゃ苦手なので、いつもビビリながらお客様を案内するんですけど、なんだか怖くなくなってきた

 

だってニュースを見ていたら生きてる人間とか自然現象の方が身近に怖いじゃないですか

 

子供が親を殺したり、親が子供を殺したり・・・

裏山が急に崩れてきたり、大地震で大勢の人がある日当然亡くなったり・・・

 

 

恐山では亡くなった方の名前や年が書かれた石をたくさん見ます

 

 

まだ小さいお子さんだったりもします

 

 

こうやって元気で仕事ができる事に感謝!

そして1日1日を大切に生きないと!って思いますね

 

 

 

 

とか言いながらやっぱ怖いので今夜は電気をつけて寝る怖がり添乗員なのでした・・・

東北秘境ツアー:2日目♪

全国的に、まだ強い雨が降ってるみたいですけど、青森は雨降ってないんですよね

今日も傘いらずに観光できました!

千畳敷最初の観光地は千畳敷

日本全国に“千畳敷”って何ヶ所あるんだろ・・・

 

 

お次は、しじみで有名な十三湖1313

 

 

 

しじみ汁の他にしじみラーメンやしじみソフトなんかもあります

 

竜飛竜飛

 

 

 

 

竜飛崎です。天気が良ければ津軽海峡の向こうに北海道が見えます

歌碑津軽海峡と言えば石川さゆりの『津軽海峡冬景色』

この歌碑、めっちゃ音がデカイです

接近注意!!!

 

 

階段国道

案内板

 

 

 

 

歌碑から歩いてすぐのところに日本で唯一、車が通れない国道があるんですよ!

歩行者専用の通称“階段国道”

国道399号線の一部で、362段の階段が続きます

あじさいが綺麗に咲いていましたよー

 

ホテル昼食場所の“ホテル竜飛”さんの直下には青函トンネルが通ってるんです

列車が通ると天井のライトが七色に点滅して音が聞こえてきます

 

電車は地下を走ってるのに、上を見上げてるって何だかヘンですよね(笑)

 

フェリー食後、蟹田港から脇野沢港までむつ湾をフェリーで1時間かけて渡ります

 

 

 

脇野沢から恐山までは約1時間半

恐山観光後、むつ市内のホテルへ

昨日は“イカづくし料理”でしたが、今夜は“ホタテづくし料理”の夕食

 

食後に希望者のみ釜臥山(かまぶせやま)の夜景見学へ

釜臥山の展望台からはむつ市内の夜景が蝶のカタチに見えるんです

 

 

 

 

が・・・

夜景夜景

 

 

 

 

霧がかかってほとんど何も見えませんでした!

 

( ̄□ ̄;)!!

トイレだけ済ませてすぐ撤収!

お疲れ様でしたm(__)m

どっちの料理ショー!

お、入る入る

さすが人口カバー率99%のエアーエッヂ

恐れ入りましたm(__)m

 

今夜の泊まりは西津軽郡にある深浦温泉

宴会場門

 

 

 

 

夕食会場にデッカい門があったんです

この奥に何があるか、めっちゃ気になりますよね!

 

仲居さんに

 

『この奥にはナニがあるんですか?』

って聞いたら

 

 

 

 

 

 

 

『ナニもありません』

って言われた・・・

 

 

 

( ̄□ ̄;)!!

 

 

飾りみたいです・・・

 

 

 

 

ちょっと前置きが長くなりましたが、今夜の夕食に“鮭のチャンチャン焼き”“イカ焼き”が出ました

ちゃんちゃん焼きイカ

 

 

 

 

ツアーの日程表には『夕日の美しい日本海に面したホテルで、名物鮭のチャンチャン焼きの夕食をお楽しみ下さい』って書いてあるんですけど・・・

 

イカ焼き

ど〜見ても、このチャンチャン焼きだったら、その場で焼いてくれるイカ焼きの方がインパクトありますよね

 

 

 

こっちの方がおいしいし

 

報告書にも毎回書いてあるように、料理内容もイカづくしだから『名物イカ焼き付きイカづくし料理をお楽しみください』にしたらいいのに・・・

 

イカだけに・・・

 

 

 

まっ

 

い〜か!?

 

 

さぶっ( ̄□ ̄;)!!

 

 

 

サザエさん←ロビーでこんなの発見

さわやかなサザエさんです(笑)

 

 

 

東北秘境ツアー:1日目♪

今日から東北の添乗です

東北の観光と言えば“十和田” “松島” “中尊寺”に“奥入瀬”ってイメージがありますよね

でも、今回のツアーはタイトルにもあるように“秘境”な内容

“恐山” “仏ヶ浦” “浄土ヶ浜”に“津軽海峡冬景色の歌碑”と、この世とあの世の境をさ迷う、なんともシブい観光内容です(笑)

お客様も『日本全国、も〜行くとこないわ!』っていう旅慣れたお客様ばかり

平均年齢69歳な“元”お子様に混じって、1人だけおばあちゃんと2人で参加してきた小学生のお子様がいるんですよね

自由研究に『恐山について調べてきました!』とか言ったら先生ビックリするだろーな・・・(笑)

 

 

宿泊は

1泊目:深浦温泉 2泊目:むつ市 3泊目:古牧温泉

地図パソコン持って来たけど、電波やばそーだなぁ〜・・・

 

 

 

今朝は4時半に起きて関空に向かったのに、観光なしでホテルへ直行

便乗員に徹しております

 

羽田で乗り継ぎの待ち時間が2時間もあるんですよね・・・

で、いつもの“肉の万世”の“万カツサンド”を食べながら早めにブログを更新

万カツサンド最近、羽田では98%以上これ食べてる

今日は出来立てでホカホカでした

 

 

幸せ〜

 

乗り換えフナッシュの他にも3団体同じ時間に羽田の乗り継ぎがあったので乗り継ぎカウンター前はごった返していましたっ

←旗を持っているのは同期のトヨッシュ

 

 

なんせ夏休みは入っちゃいましたもんね〜

ひと気のないゲート付近でブログ書いてたつもりが、気が付いたらまわりお子様だらけ!

ゲートよく見たら・・・

 

 

【沖縄行き】だった

( ̄□ ̄;)!!

 

 

さ、そろそろ秋田行きの搭乗が始まるのでブログの更新はこのへんで・・・

さぁ〜4日間、海の幸食べまくろぉ〜っと!

チープで役立つお土産です♪

添乗員が添乗員にちょっとしたお土産を買って帰るコトが時々あります

相手が相手だけに、困ります・・・

 

お金をかけずに役に立つもの・・・

 

キューピーは高いし・・・(笑)

 

 

ウールワースそんな中、オーストラリアの大型スーパーのチェーン店“ウールワース”で、いいもの見つけましたよ!

 

 

 

 

エコバッグ←これこれ

 

 

 

ウールワースのロゴが入ったエコバッグ

 

軽くてコンパクトだし、見た目よりたくさん入ります

ちゃんと中敷まで付いているので結構丈夫なんですね〜

10ドルもするキューピーとはちがい、お値段は・・・

 

 

99セント!

 

 

キューピー1個でこのバッグが10個買えます!

↑軽く営業妨害?(笑)

 

本来はショッピングバッグの再利用ということで地元の利用者用に販売しているものですが、お土産に買っている人のほうが多いみたい

チープで役立つお土産は以外にスーパーとかドラッグストアにあるんですよね

是非海外旅行に行った際は、地元のスーパーもチェックしてみましょー

 

トブロック牧場の番犬

オーストラリアツアーの5日目に行ったトブロック牧場

色々と見所を紹介しましたが、フナッシュのここでの1番の楽しみは犬と遊ぶこと(笑)

ケルピー

 

 

 

 

牧羊犬のケルピー(ヨーロッパのボーダーコリーとオーストラリアのディンゴの混血種)は、いかにも賢いって顔つきのわりに人なつっこくって可愛いんですよね

でも、やっぱりトブロック牧場といえば、この犬

 

ブルテリア犬のタロー

 

たろたろ

 

 

 

 

さっそうと馬に乗ったり、羊を追ったりして脚光を浴びてるケルピーをよそに、いつもひと気のない場所でモゾモゾしている陰気なヤツ(笑)

めっちゃブサイクでめっちゃ可愛いんですよねー

これぞまさにブサカワイ犬です!

 

 

いちおー番犬ってコトらしいんですけど・・・

 

たろ←ど〜見ても番犬には見えませんよねぇぇぇ〜(笑)

 

 

 

 

コレ、いま売れてるみたいです!

>某ノン後輩へ

ゴールドコーストのギフトショップに入荷したばかりのお土産が今、売れに売れているそうなのでご紹介します

それは・・・

 

 

オーストラリア限定キューピー

アボリジニー・カンガルー・コアラの3種類あります

キューピー

←現在コアラバージョンは品切れ中

 

 

 

最近、日本のお土産屋さんでもキティーちゃんに代わり、ご当地キューピーが流行ってますもんね

 

でもね〜

10ドルって高くない!?

 

 

■1オーストラリアドル=約95円

 

お客様、スニーカーならHYPEですよ!

添乗員って、よく添乗先でお客様からお土産の相談にのりますよね

海外添乗先では若いお客様や、若いお孫さんがいるお客様から『スニーカーが買いたい』ってリクエストをよく受けます

で、オーストラリアでスニーカーと言えばフナッシュはここですね

 

HYPE(ハイプ)

 

ハイプハイプ

 

 

 

 

メルボルンに3店舗、シドニーに8店舗あります

スニーカー以外も取り扱っていますが、なんといっても日本では売っていないモデルや見たことのないカラーが豊富なんですよ!

ハイプ特にプーマオニツカタイガーがアツいです

 

 

 

↑の写真は今回のツアーで宿泊したスイスホテル(マーケットストリート沿い)のすぐ隣にある店舗

ホテルから近いから、毎回我慢できずに買ってしまうんですよねぇ〜

 

ハイプハイプ

 

 

 

 

↑サイズがない場合でもすぐそばのピットストリートモールにも店舗が入っているので便利

決して安くはないけど、人とは違ったスニーカーが欲しい!って靴好きにはオススメのお店ですよ〜

 

オーストラリアツアー:6日目♪

いよいよ最終日を迎えました

ほんと6日間ってアッという間です

最終日はホテルを9時20分に出発してシドニー空港へ

空港に着いて、JALのカウンターでお客様の座席をチェックしてビックリしましたね

全員窓側!!

座席行きは満席だったから2席しか窓側がもらえなかったのに、帰りはきれーに窓側から取ってくれていました

 

 

事前にJALのオフィスにFAX流しておいたんですけど、ここまで気の効く席割りをしてくれるとは思ってませんでしたね

添乗員の席もちゃんと前方通路にしてくれてたし!

 

それもそのはず

機内は空席がわんさか

9時間以上のフライトでしたけど、お客様はゆったり過ごすことができました

 

朝から曇り空だったシドニー

機内に入ったとたん外は大雨に!

今日がトブロック牧場&ブルーマウンテンの観光じゃなくてよかった〜

JL窓

 

 

 

 

 

さて、今回も大きなトラブルや事故もなくツアーを終えることができました

天気には度々見放されますが、お客様にはいつも恵まれるんですよね

 

オペラ気温差の激しいオーストラリアと日本

旅行疲れも出てきますから、皆さん体調を崩さないよー注意してくださいね〜

 

 

6日間ありがとーございました!!

オーストラリアツアー:5日目♪

5日目は朝からいいお天気を迎えました!

朝から晩までみどころ満載の1日

まずは、ホテルから1時間半かけて、このツアーで添乗員人気ナンバー1の観光地“トブロック牧場”へ

 

このトブロック牧場、お客様は最初『羊の毛狩り見るだけでしょ』って、あんまり期待していないんですけど、ツアーの最終日には『このツアーであそこが1番よかったわぁ〜って感想に変わるんですよね(笑)

 

ここは他の“見る観光地”とちがって“体験する観光地”なんですよね

 

 

■“ビリーティー”(紅茶)や“ダンパー”(パン)を食べながらのモーニングティー

  ↓

■ディンゴとボーダーコリーの混血種“ケルピー”による、シープドックショー

  ↓

■羊の毛狩りショー

  ↓

■ブーメラン投げ

 

と、なんともオーストラリアらしい体験ができる他に、牧場主であるオーストラリア人の旦那さんと日本人の奥さん、3人の子供たちと触れ合えるのも人気の秘密

 

お客様はど〜やってオーストラリア人のご主人と知り合ったのかが一番気になるみたい(笑)

 

紹介羊

 

 

 

 

 

 

 

 

ブーメラン

ランチ

 

 

 

 

 

 

 

 

羊アリス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事を済ませたあとは、約2時間かけてブルーマウンテン国立公園へ

 

エコー

 

ブルーマウンテンの観光は“エコーポイント”と呼ばれる展望台と、トロッコ&ロープーウェーに乗って観光する“シーニックワールド”の2ヶ所

 

 

 

 

 

 

このシーニクワールドのトロッコがおもしろいんですよね!

最大傾斜52度を一気に降りていきます

日本ではまず許可されないような、インパクト大の乗り物です

 

トロッコトロッコ

 

 

 

 

 

 

 

ブルーマウンテンはシドニー市内より標高が1000m以上上ります

この日のフナッシュの服装は

長袖シャツ+カットソー+薄手のフリース+レインスーツのジャケット

さらに薄手の手袋までしてましたから!(笑)

 

10日前には雪もチラついたって言ってましたよ

これからオーストラリアに行かれる方は冬の服装もお持ち下さいね

 

 

 

 

ブルーマウンテンの観光のあと、また2時間かけてホテルへ

 

このツアー最後の晩餐は“オペラアフロート”と呼ばれるディナークルーズ

続きを読む

オーストラリアツアー:4日目♪

4日目はシドニーへ移動のため4時半モーニングコールの5時半出発

 

ブリスベンからシドニーへは約1時間半のフライト

“朝食は機内にて”ってことになってるけど、機内で出るのは極薄サンドウィッチなんですよね・・・

これじゃーお腹が空くので、前日にゴールドコートのスタバで買ったマフィンを空港内のカフェで食べてから機内へ

 

カフェ機内食

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽を拝むことなく過ごしたゴールドコーストだったので、次のシドニーに期待したいところなのに・・・

搭乗開始前に流れたアナウンスは

 

 

『JAL777にてシドニーへご出発のお客様にご案内いたします。目的地シドニーの天候が悪いため、ただいま出発を見合わせております、次の案内があるまで今しばらくお待ちください』

 

 

 

( ̄□ ̄)!!

 

 

 

シドニーへ向かっていた飛行機も続々ブリスベンに降りて来ているようで・・・

かなり心配しましたが、結局30分くらいの遅れで出発できました

 

シドニーへ移動している間に天候も回復

シドニー市内観光はオーストラリアらしい日差しと共に満喫できました!

シドニーシドニー

 

 

 

 

 

 

 

 

シドニーシドニー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フナッシュの体調もすっかり回復!

 

4日目の夕食は日本食レストランで、あわびのしゃぶしゃぶ

デザートに出たココア・きな粉味(?)のあずきのアイスの余韻に浸りながら、シドニーの夜は暮れていったのでした・・・

オーストラリアツアー:3日目♪

3日目を迎えました

今日も鼻水が止まらない・・・

 

おまけに外は雨模様・・・

 

 

雨の降る中、今日は世界遺産にも認定されている“スプリング・ブルック国立公園”のエコツアーへ出発!

 

公園木

 

 

 

 

 

 

 

 

公園展望台

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様はガイドさんからもったカッパで“てるてる坊主状態”で観光

絶景が見えることから“ベスト・オブ・オール“って名前が付けられた展望台でもご覧のとおり・・・

 

電車エコツアーの後は、ローカルトレインに乗車し、ちょっぴり現地人気分を味わいました

観光用じゃないけど、こうやって地元の人が使っている電車に乗るのっていいですよね

 

 

 

 

 

観光はパッとしませんでしたけど、3日目は食事が見所なんですよ!(←って言い逃れ?)

 

シーフードてんこ盛りのランチ!と、陽気な歌や踊りを楽しみながらのステーキのディナー!

 

このシーフードのてんこ盛り、ほんとすごいボリュームなんですよね

お客様は『え、これが1人分?』って絶対目を丸くします(笑)

ランチディナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、風邪薬とプロポリスの効果はこの日は現れず体調は優れないまま・・・

めちゃくちゃ存在感のない添乗員でございました・・・(涙)

オーストラリアツアー:2日目♪

ツアー初日は機内泊にてブリスベンへ約8時間半のフライト

ブリスベン国際空港には30分遅れて、朝の7時45分到着

機内は中学生や高校生で超満員

 

最初の観光地、Mtクーサ展望台にも学生がウヨウヨしてましたね

長いフライトでお疲れのお客様は、そのままローンパインコアラサンクチュアリ

ここで、まさにオーストラリアらしい“コアラフォト”の撮影

コアラフォトコアラフォト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影用のコアラは数匹いるんですけど、コアラって言っても顔つきや体の大きさが様々なんですよね

よく、撮影中に“ウ○コ“をされちゃうお客様がいるんですけど、今回は全員セーフでした(笑)

 

カンガルーワラビー

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ、ローンパインにはコアラ以外にもたくさんの動物がいるんです

カンガルーやワラビーに餌付けもできるんですよ!

奈良公園の鹿状態で、人間を見ても逃げるどころか餌をねだりに来ます

 

カンガルーカンガルー

 

 

 

 

 

 

 

 

カンガルーカンガルー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カンガルーってちょっと人間臭い表情とかポーズをするから、よく観察しているとめちゃくちゃおもしろいんですよね

見ているだけで癒されます

 

ローンパインの見学のあと、ゴールドコーストへ移動

シーフードリゾットの昼食後、ショッピングをしてホテルにチェックイン

 

シーフード夕食はホテル内のレストランにてシーフードバイキング

ご希望のお客様は夕食後“土ボタルツアー”へ

 

 

 

 

 

 

お客様が土ボタルツアーに行っている間、フナッシュはあるモノを買いに行ってたんですよね・・・

 

コレですコレ

 

風邪薬

 

クスリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、行きのフライトで、2つ隣に座っていた女性が風邪で38度の熱を出していたんですね

機内って換気が悪いし乾燥してるしでしょ

まともに風邪をうつされてしまって、ブリスベン到着前から喉は痛いし鼻水は止まらないし・・・

体調絶不調でした

 

免税店でもらった金券を使って、プロポリスのリキッドも購入

プロポリスって殺菌作用があるから喉に塗るといいんですよね

 

フナッシュはこの日から風邪薬とプロポリス漬けの日々が続くのでした・・・

今日からオーストラリア6日間♪

今日からオーストラリア6日間の添乗です

オーストラリアは去年の8月以来だから、約1年振り

ホームページ内にある『フナッシュ添乗日記』の8月に載せた添乗と同じコースです

 

21時45分発のJL777便でブリスベンまで飛んで、ゴールドコーストに2泊

その後、シドニーで2泊して18日に帰ってきます ● 

 

お客様は19名様!

 

今月はなぜか少人数月間なんですよね〜

■尾瀬=19名 ■平戸=18名 ■オーストラリア=19名

 

“添乗の仕事の大変さはお客様の数に比例しない”とは言え、やっぱり少人数だと出発前から気分がラクです

ホテル・観光地・食事も3拍子揃ってるし、現地ガイドさんはいい人ばかりで、添乗員にも人気のコースなんですよね〜

 

でも心配なのが天気・・・

インターネトで調べたら、今日までは晴れマークが続いているのに、到着日から帰国日まで、ずーーーーーっと“曇り/雨マーク”のオンパレード・・・

前にシドニーに行った時も“何十年ぶりの大雨”って天気に見舞われたことがあるんですよね〜

お客様への対客電話でも、雨具の用意はしつこいくらい案内しました(笑)

 

 

もうすぐ海の日絡みの連休で忙しくなってきますね

今月に入って2件、フナッシュの後輩が添乗先で盗難にあっています(どちらも海外ですが)

観光地は混みあってくるでしょ〜から、お客様への案内だけではなく添乗員自身も貴重品には十分注意しましょうね!

 

大阪駅で添乗初日にカバンを置き引きにあった事があるフナッシュからのお知らせでした!

( ̄□ ̄)!!

 

 

それでは張り切って行ってきま〜す!

オージー

←前回のコアラフォト

この笑顔、よくまわりから『めっちゃ営業スマイルやな』って言われます・・・

 

 

本人としては、いたってナチュラルスマイルのつもりなんですけどぉぉぉ〜

※この記事はタイマー予約で、13日のお昼に書いたものです

関西空港に町家が出現!!

昨日は珍しく関西空港センダーだったフナッシュです

ついに関空2Fのレストラン街の工事が終わりましたね

7月7日に、関西空港の新しいフードコートスタイルのグルメスポット

“町家小路”がOPENしました

町家小路町家小路

 

 

 

 

小路フードコート

 

 

 

 

お店お店

 

 

 

 

以前からある551スタバも含め、13もの専門店が入っています

お土産で人気の“たこ昌”や“自由軒”、お寿司屋さん、おにぎり屋さん、健康食材を使った定食屋さんなど、バラエティーに富んでいます

 

そんな中、フナッシュが食べたモノがこれ↓

自由軒カレー

 

 

 

 

創業明治43年、大阪ミナミの千日前にある老舗の西洋料理店“自由軒”の名物“インディアンカレー”

お土産として、よく空港で見かけるアレです

5年振りくらいに食べました

別に、めちゃくちゃおいしいってカレーじゃないですけどね・・・

なんか久々に食べたいな〜と思って思わず頼んじゃいました

味が薄いので、一緒に付いてくるソースを多めにかけて食べるのがポイントですヨ

 

スタバスタバもリニューアルしたので、ちゃんとフラペチーノも飲めるようになりましたよ

 

 

 

お店の雰囲気は前の方が良かったけど、町家小路の中の店舗ってことなのでフードコートに持ち込んで飲めるので便利ですよね

グループで行っても、各々食べたいものを一緒に食べれるのがフードコートの魅力

気になるお店があったら、またご報告しま〜す!

 

他に付けるモノなかったんですか・・・

実は色彩検定勉強中に行った島原温泉のツアーでも、バスの車内で気になるモノがあったんですよ!

 

ぬいぐるみ←バスのステッカーに付けてあったぬいぐるみです

エビさん、イルカさん、ペンギンさん、クマノミさん

 

 

子供も喜びそ〜な飾り付けですよね〜

 

でもちょっと待って!!

 

運転席

運転席付近で可愛くないモノがあるんですけど〜・・・

 

 

 

 

続きを読む

他にクリップなかったんですか・・・

地図今回のガイドさんが書いてくれたコースの地図です

 

 

 

 

 

 

 

さすが、絵の上手なayaちゃんの後輩だけあって、気合い入ってますね〜

 

 

でもちょっと待って!

 

地図は可愛いんですけど、それを留めるクリップがど〜も気になるんですけどぉ・・・

 

続きを読む

昼食会議を開催します!!!

今回のツアー、1日目の昼食は唐津にある“おさかな村”さんでした

 

 

乗務員や添乗員の昼食は通常、お客様とは別にある“乗務員休憩室”って場所で食べるんですね

 

 

お客様の食事も落ち着いてきたし、ご飯を食べに乗務員休憩室へ向かうと、ドアの前にこんな張り紙が

 

 

『○○旅行の乗務員さんは隣の部屋にお願いします→』

 

 

指示されるまま、隣の部屋に入ると・・・

続きを読む

移動時間も大切ですっ!…か?

昨日、集合場所の新大阪へ向かうために5時25分の2番電車に乗ったんです

他に誰もいない車内で、一人下を向きながら何やらゴソゴソしている怪しい人影が・・・

 

ピン子

フナッシュの後輩、ピン子でした(笑)

ピン子とは同じ駅なんですよね

 

 

車内で黙々とバスの座席表を書くピン子

そんなけな気なピン子の横で筋トレの本をよむフナッシュ(笑)

前日も朝早くからセンダーだったピン子は、会社で添乗準備が2本あったんですが、特殊なコースなので打ち合わせとかが長引いて、家に帰ったのが20時まわっていたんですって

家でバスの座席表を書こうと思ったけど、疲れ果てて気が付いたら寝てしまったそうな・・・

 

自分で言うのもなんですが、添乗員って大変な仕事ですよね

朝も早いし夜も遅い・・・

“元ツアコンだよ全員集合!”のコーナーでも『添乗員を辞めて何が一番変わりましたか?』って質問には、みんな『朝早く起きなくてよくなった』って書きますもんね

 

フナッシュもピン子も集合場所から不便な場所に住んでいるので、人一倍朝が早いんですよ

それでもピン子はこう言います

 

『移動時間が長いと、こうやって仕事できるからい〜ですよね

 

 

 

アンタはえらいっ!!

 

 

 

確かに“集合場所に近いところに住んでたら、もっとラクなのになぁ〜”ってよく思いますが、移動の時間ってけっこう貴重なんですよね

フナッシュは本を読むのが好きですが、読むのはだいたい移動の車内

だって家にいたら気が散って読書なんてできないし・・・

それに家が集合場所に近いと、緊急事態のときに会社から応援頼まれるし(笑)

 

移動時間が長いから、家では睡眠時間が少なくなりますが、その分、添乗先で取り返しています!

今回も昨日まで2日で5時間しか寝ていなかったのに、平戸で10時間寝てきました!

 

でも明日は大阪駅のセンダーで4時起きなんですよぉ・・・

今日、家に着くの23時過ぎるのに・・・

 

やっぱ、集合場所に近いほーがいいかもーーーーっ(涙)

 

今日から平戸温泉1 泊です♪

1beefa8e.jpg昨日の新大阪センダーに続き、2日連続4時半起きのフナッシュです!

 

 

 

昨日は2時間、今日は3時間しか寝てないからフラフラ…

心配していた台風の影響はほとんどなくて、なんとか雨の合間をぬって傘を使わずにホテル入りできました

今日は4月に『すごい5年生』って記事で紹介したバスガイドのayaちゃんの1つ後輩と乗務しています

 

お昼、ガイドさんに『添乗員さんいくつですか?』って聞かれて

 『あ、オレ? 19歳!』とか言ってごまかしてたんですね

ガイドさんも『それはないでしょー 25くらいですか?』って言うから

 『そうそう、それくらい』って流してたんです(笑)

 

 

で、しばらくたって平戸観光の際、西肥バスが通ったから

『オレ中学の修学旅行で西肥バスやったよ』って言ったんです

ガイドさんが『どこ行ったんですかー?』って聞き返してきたから思わ

 『オランダ村!』って答えてしまった…

 

 

『え? おらんだぁ…むらっ?』

『ハウステンボスじゃなくて…?』

 

 

 

 

 『…………』 ( ̄□ ̄;)!!

 

 

 

 

話かわるんですけど…

今、ホテルの部屋なんですが…

部屋に入ってから既にアリ8匹つぶしました

しかもこの部屋、和室…

つぶしても、つぶしても現われるアリ…

今夜はアリの餌食になりそうで心配です…

 

 

※オランダ村=ハウステンボスの前身の施設

ちなみにハウステンボスは平成4年OPEN

今の若者は“オランダ村”自体知らないみたいです・・・

えちぜんクラゲのたまご

尾瀬の帰り、有磯海SAで見つけたお土産

くらげ

 

 

 

 

“えちぜんクラゲのたまご フォー!”

豆菓子です

 

ど〜も〜 ハードクラ“ゲイ”で〜す 

迷惑かけているフォー!

って書いてある・・・

( ̄□ ̄)!!

 

ってゆーか、パッケージのイラストがキモチワルイ・・・

 

尾瀬の気になる看板

尾瀬でいつも気になる看板があるんです

 

くま

 

 

 

 

クマ出没注意

普通、人を襲うことは

少ないと聞いております

脅かしたり、からかったり

しないようにしましょう

 

 

『普通、人を襲うことは少ないと聞いております?』

 

なんかめちゃ人ごとやし・・・

安心させているのか、脅してるのか・・・

 

でも尾瀬では毎年、熊の被害が出てるんですよね

尾瀬を歩く際は、鈴をつけるか歌を歌って、こちらの存在を先に知らせましょー

山小屋の添乗員部屋

で、添乗員が山小屋で寝る部屋って気になりますよね・・・

 

その廊下の一番奥です

そう、そのつきあたり・・・

廊下

続きを読む

長蔵小屋はこんなところです

尾瀬にある小屋の中でも、由緒正しき老舗の山小屋“長蔵小屋”

一般客のほか、ツアーのお客様や学校団体のお客様でいつも賑わっています

概観

売店

 

 

 

 

売店は充実していて、尾瀬グッズがたくさん取り揃えてあります

 

部屋部屋

 

 

 

 

部屋は1人1畳の男女別相部屋ですが、今回は他の団体がいなかったのでゆったり部屋を使えました

部屋のタイプは様々で、布団は各自で敷きます

 

食堂夕食

 

 

 

 

食堂での食事は混み具合によって指定されます

ご飯はセルフサービス

 

洗面所お風呂

 

 

 

 

もちろんトイレと洗面所は共同(1階と2階にあります)

洗面所から出る水は天然水

飲み放題なので、粉のポカリなどを持ってくるとかさばらずに便利ですよ

洗面所やお風呂では石鹸や歯磨き粉が使えません!

湯船は浸かるためではなく、お湯貯めって感じで、浸かる人はほとんどいません(ここからお湯をすくうので・・・)

食事の時間・入浴の時間・消灯時間は絶対服従!

ちなみに消灯は21時

翌朝、出発は早い場合は前日の17時までにお弁当にしてもらうよう頼むと、夜のうちに部屋に届けてくれます

 

添乗で行く際は、社名が入ったポスターなんかを持って行って、部屋に『○○旅行・男性○名』とか貼るとわかりやすいですよ

部屋割りも尾瀬に入る前に配っておいた方がいいですね(トラブルとかで添乗員がお客様より遅く到着する場合もあるので)

不便な点はたくさんありますが、それも山小屋の醍醐味!

静かな尾瀬の夜を堪能しましょう・・・

尾瀬縦走 [長蔵小屋〜大清水]

2日目です

12

 

 

 

 

■長蔵小屋→三平下まで1.1キロ(約30分)

途中右手に尾瀬沼や燧ケ岳がきれいに見える場所も少〜しはあります

足場は木道で歩きやすいです

三平下で、沼尻方面と三平峠方面に分かれているので間違えないように!

 

6

 

 

 

 

三平峠は峠の上まではずっと木道なので上りやすいです

体力さえ残っていれば問題ナシ(笑)

 

3

5

 

 

 

 

4

 

 

 

 

■三平下→(三平峠)→一の瀬まで3.3キロ(約80分)

この間トイレはありません

峠の上から一の瀬までは木道と足場の悪い石場が交互にやってきます

特に石場の区間は歩きにくいので注意が必要です

 

78

 

 

 

 

■一の瀬→大清水まで3.5キロ(約1時間)

一の瀬休憩所手前から大清水までは平坦な砂利道なのでアップダウンはありません

ただこの砂利道がとっても長く感じるんですよね

行けども行けども砂利道が続く・・・

 

9

 

 

 

 

ようやく、バスの待機している大清水に到着!

今回のコースではここからバスで15分ほど移動して、戸倉温泉で入浴&昼食

 

ハイキングの後の温泉はサイコー!

 

さて、ちょっと尾瀬をイメージできました?

今年のニッコウキスゲのピークは7月の15日〜20日あたりだそうです

秋の草もみじの時期もいいですよ〜

尾瀬に行かれる方はくれぐれもケガのないよう、気をつけてくださいね!

 

尾瀬縦走 [鳩待峠〜長蔵小屋]

それでは簡単なコース案内です

大型バスは鳩待峠まで上れないので途中でマイクロバスに乗り換えます(今回は戸倉温泉の尾瀬高原ホテル)

鳩待峠で準備体操をしてスタート!

12

 

 

 

 

■鳩待峠〜山の鼻まで3.3キロ(約1時間)

前半は足場の悪い石場で、あとはほとんど木道の下りです

 

34

 

 

 

 

山の鼻到着。ここから尾瀬ヶ原の湿原地帯に入ります

ここから見晴(みはらし)まで木道が続き、アップダウンはありません

一番尾瀬らしいエリアです

 

56

 

 

 

 

■山の鼻→龍宮小屋(写真右)まで4.2キロ(約80分)

この間、トイレはありません

途中、牛首というポイントがありますが、ここは休憩する場所があるだけです

左へ進むとヨッピ吊り橋方面

龍宮小屋方面は直進します

78

 

 

 

 

■龍宮小屋→見晴まで1.6キロ(約30分)

この橋を渡ると群馬県から福島県に入ります

龍宮小屋には無料休憩所がないので、見晴の桧枝岐小屋でお弁当を食べました

 

910

 

 

 

 

1112

 

 

 

 

■見晴→(白砂峠)→沼尻まで4.5キロ(約130分)

この間、トイレはありません

今回の縦走コースの中で一番ツライ区間です

変わり映えのない景色の中、白砂峠を越えます

足場は木道と石場。特に白砂峠を越えてからは足場が悪いです

峠を越えたあたりに少しだけ、雪が残っていました

 

1314

 

 

 

 

■沼尻→長蔵小屋まで3.6キロ(約60分)

尾瀬沼の周囲をぐるっとまわるんですが、ほとんど山の中です

木の根が飛び出ていたり、小刻みに足場の悪いアップダウンが続きます(すいません写真撮るの忘れてました・・・)

最後まで気を抜かないよーに!

(注)距離・所要時間は片品村観光協会のMAPによるものです

尾瀬はこんなところです

添乗員と尾瀬の山岳ガイドが尾瀬ハイキングに参加するお客様、そして尾瀬ハイキングを販売している旅行会社さんに声を大にして叫びたいひと言があります

 

尾瀬は

 

山です!

 

尾瀬は日光国立公園内なので栃木県にあると勘違いされますが、群馬県・福島県・新潟県が7:2:1くらいの割合で占める湿原地帯です

湿原地帯なので、実際には山ではないんですが“尾瀬は山である”と言われるほど、歩きに来る際はそれなりの装備、心構えで来てくださいという意味です

尾瀬というと,どこまでも続く木道、小鳥のさえずり、湿原に咲くかわいい花々・・・

と、車を降りると『はい尾瀬です』って景色が広がると思って参加される方が非常に多いんですが(8割以上はこんな方々)

尾瀬の湿原地帯には車は入れません

尾瀬の中にある売店や小屋の物資は人かヘリが運んでいます

ケガ人が出た場合は、人が担ぐ(一人あたり約3万円)か防災ヘリ(これは救急車と同じなので無料)を呼ぶかしかありません

それに、よく写真に載っている尾瀬ケ原と呼ばれる湿原地帯は今回の縦走コースでいうと約24キロの内の約6キロだけです

あとはほとんど山や藪の中みたいなところを歩きます

 

尾瀬はそんな場所なんです

 

なのにお客様はどうしても軽装で来ちゃうんですよね・・・

縦走コースも毎回と言っていいほど、装備不足、体力不足で途中で引き返す方が後を絶ちません・・・

尾瀬はコースがたくさんあるので自分の体力に合わせて参加できるのも魅力のひとつ

お客様はご自分の体力に合わせたコース選びを

そして旅行会社はお客様に合わせたコース販売をしてく必要があります

一般的なのが

■沼山峠〜尾瀬沼往復:約5キロ

■鳩待峠〜龍宮往復:約15キロ(山の鼻までなら往復約7キロ)

■鳩待峠〜大清水縦走:約24キロ

 

添乗員自身もそれなりの装備・知識を持って添乗に出なければいけません(添乗員の装備不足で現地ガイドからクレームがくるケースも多いんですね)

添乗員の装備についてはホームページの『登山・ハイキングツアーに行こう!』のページで触れているので参考にしてください

 

尾瀬

白砂

 

 

 

 

尾瀬

階段

 

 

 

 

写真上段:残雪が残る白砂峠

写真下段:三条の滝付近

 

ひと皮むけたオトコ

86f96af9.jpg尾瀬で脱皮してきたフナッシュです






ツアー初日には肩ぐらいだった脱皮全線は二の腕ぐらいまで下がってきて、半袖の下からは“かつお節”みたいな皮がヒラヒラ舞い降りております



お客様は無事全員怪我もなく、大清水抜けに成功!

怪我はなかったけど昨日は1日中雨で苦労しました

まぁせっかく高いお金出して買った雨具が使えるからフナッシュ的にはうれしいんですけどね

なんせフナッシュの尾瀬縦走での雨の確立は


100%(^^)v


お客様、ごめんなさい
梅雨が悪いんじゃないんです、添乗員が悪いんです
m(__)m




今回、お客様19名様と尾瀬にしてはかなり少人数


でも『添乗の大変さはお客様の数に比例しない』
って添乗員の法則通り、1組のお客様(4名グループ)に足を引っ張られまくりの3日間でした…
(*_*)



電波が昼まで入らなかったのでコメントの返信が遅くなってます

携帯の電池が切れそうなので返信は家に帰ってから書きまーす(^o^;


帰ってからって言っても、帰りの列車は金沢駅からお約束の“雷鳥48号”

大阪駅着が22時33分なので、家に着くのは23時半まわります…

今日から尾瀬ハイキング♪

c7f3b389.jpgかいーーーっ!





背中が、かいーです
(>_<)

沖縄でこんがり焼けた肩や背中が今日からペラペラ脱皮し始めました!!

顔はすでに一皮剥けたんですよね
なんせ若いから新陳代謝が早いもんで…(^o^;


そんな、かいーカラダにリュックを背負わなければいけません(涙)

今日から今シーズン2回目の尾瀬ハイキングなんです

前回は沼山峠往復の楽ちん6キロコースでしたが、今回は鳩街峠から大清水に抜ける24キロ縦走コース!


今日は“吹き割りの滝”を見学してホテルへ行くだけ

明日の朝から明後日の昼まで歩いてきます

きっとフナッシュが歩いた跡にはフナッシュの皮がポロポロ落ちていることでしょう…(笑)


明日は、前回売店だけ紹介した尾瀬沼の“長蔵小屋”に泊ります

携帯の電波も入らない山小屋で静かな夜を過ごしてきます



ところで、今夜の温泉地は群馬県の“老神温泉”なんですが…


大阪駅にいた後輩がツアータイトル見て


『この温泉、何て読むんですか?』


『尾瀬ハイキングと上州の名湯、ロウジン温泉?』


…って(;-_-+




しっかりべんきょーしてくださぁーい!!

ドラえもっこり!?

先日、後輩と『こんなまりもっこりがあったら笑えるよね』って話をしてたときに出てきたキャラ

その名も・・・

 

ドラえもっこり!

 

ドラえもっこり

 

 

 

 

“まりもっこり情報局”用に描いたんだけど、もったいないからこっちでもお披露目

 

あ、これ商品化じゃないですよ

でも可愛くない?(笑)

アイランドスーベニア沖縄

国際通りで友人の子供2人にお土産を買いました

“べにいもっこり”はまだ早いということで・・・

Tシャツに決定

国際通りには個性豊かなTシャツ屋さんがたくさんあるんですよね〜

そんな中、今回お土産に選んだのは”この“43(シーサー)Tシャツ”

 

お店は“アイランドスーベニア沖縄”って言います

お店43

 

 

 

 

店内の9割近くがショップオリジナルTシャツなんですって

特に女性や子供に喜ばれそうなイラストが目立つ、アイランドスーベニアさんで1番人気が“アクビちゃんTシャツ”で2番目が“ピンクシーサ”

あくびちゃんピンクシーサー

 

 

 

 

 

Tシャツって腐らないし、かさばらないしお土産にはいいですよね

 

まぁ選ぶ人のセンスにもよりますが・・・

 

さて、友人の子供は喜んでくれたかな?

実は友人の子供に最近会ってなかったので、那覇から友人に『子供何歳になったっけ?』って聞いたんです

まさかもう6歳とは・・・

この友人、フナッシュとも無関心男とも同い年

 

ちなみにブログの左上にあるプロフィールの写真、6歳の時のフナッシュです

 

ってことはこんな子供が自分にいてもおかしくないわけだ!

 

( ̄□ ̄)!!

 

 

6

←フナッシュの隠し子です

似てる?(笑)

 

 

 

旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
funa888◆gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・