ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

2009年02月

奄美大島ツアー3日目♪

早いもので奄美大島ツアーも今日が最終日

名瀬

なんだかどんよりした天気

昨晩からずっとこんな感じです

 

 

3日目の朝イチは“大浜海浜公園”

バナナに良く似た“イトバショウ”など南国の植物の観察しながら“海洋展示館”

大浜いとばしょう

 

 


 

海洋展示館では海ガメや熱帯魚など、奄美に住む海の生物を観察することができます

海洋海洋

 

 


 

海洋海洋

 

 

 

 

ビーチで拾った貝を、ここで照合するのもいいですね

人なつっこい海ガメは必見です

海洋海洋

 

 

 

 

このあと“奄美物産センター”でショッピングをして黒糖焼酎の工場“浜千鳥館”

ここは“高倉”“じょうご”“浜千鳥乃唄”など有名な黒糖焼酎を作っている工場です

黒糖

黒糖

 

 

 

 

工場見学後はこちらで昼食

ご希望のお客様は奄美の郷土料理“鶏飯(けいはん)”を食べました

個人的に大好物なので嬉しかった〜

鶏飯鶏飯

 

 

 

 

空港

昼食後は空港へ

14時発のフライトで大阪へ帰ります

 

 

行きと同じく4団体が搭乗していたので機内は満席でした

 

 

いや〜ほんと奄美大島って来れば来るほど魅力的な島だぁ〜とつくづく感じます

前も熱弁したけど、とにかく人があったかい

今回で3回目だけど、なんだか昔から何度も来ている常連さんのように周囲の人が接してくれるんですよね

1泊目のカレッタハウスでも最初のひと言が「おかえりなさい」だったもんな

乗務員さん

もちろん今回の乗務員さんもめっちゃいい方で、お客様は大感激

本当に3日間お世話になりました!

 

 

奄美

奄美大島と言えば、今年の7月22日に皆既日食が観測できることで話題になってますよね

 

あの沢尻エリカ夫妻も見にくるみたいですよ

 

さぁ、まだ奄美大島に行ったことのないそこのアナタ!

是非、奄美にあったかい日差しとあったかい人情を浴びに行ってみてくださいね!

奄美大島ツアー2日目♪

2日目の朝を迎えました!

朝

南国らしい朝日ですね〜

降水確率は30%だったけどいい天気になりそう

 

 

あまりに気持ちのいい朝なので、朝食前にビーチを散策

朝

奄美

 

 

 

 

出発の際にはカレッタハウスさんからソテツの実と島の踊りのプレゼントがありました

ほんとアットホームなホテルです

カレッタカレッタ

 

 

 

 

2日目は“マングローブパーク”からスタート

希望者はカヌー体験へご案内

途中、雨が降ってきてビショビショになったけどお客様は貴重な体験ができたと大喜び(←たぶん)

小学生から高齢のお客様まで気軽に体験できます

カヌー

カヌー

 

 


 

カヌーカヌー

 

 

 

 

奄美

カヌーに乗らない方は、展望台に昇ってカヌーと悪戦苦闘している人を眺めていました(笑)


 

 

YOC【YOC合宿回想シーン】

 

 

 

油井

マングローブパークの後は約50分移動して“油井岳展望台”

雨の影響で一面真っ白…

 

 

油井

←天気が良ければこんな景色が見れたはず

 

 

 

小雨が降ったり止んだりする中、古仁屋(こにや)港から海上タクシーに乗って加計呂間島へ渡ります

タクシー奄美

 

 

 

 

奄美

約20分で“生間(いけんま)港”へ到着

天気が悪くても海の色が綺麗ですよね

 

 

まずは観光の前に腹ごしらえ

今日の昼食はYOC夏合宿で1泊目に宿泊した“来々夏ハウス”さん

ココナッツ目の前がビーチというバツグンのロケーションの中、新鮮な食材を使ったお魚定食です


 

ココナッツ

ココナッツ

 

 

 


ココナッツ

くぅ

 

 


 

来々夏ハウスのマスターや愛犬くぅとも久々の再会

行きにフライトが一緒だった他社ツアーの添乗員“もえか”さんもここで昼食でした

もえかさんとは新幹線の中とか御堂筋線の中とかよく会うんですよね〜(笑)

YOC

【YOC合宿回想シーン】

 

 

 

島内観光は寅さんのロケ地にもなった“諸鈍(しょどん)のデイゴ並木(リリィさんの家)”

弾薬庫跡や展望台がある“安脚場(あんぎゃば)戦跡公園”

これまた寅さんのロケ地“スリ浜”“ガジュマルの巨木”などを見学

奄美奄美

 

 


 

奄美奄美

 

 


 

スリ浜ガジュマル

 

 

 

 

雨が降ったり止んだり

暑くなったり寒くなったり

バスに乗ったり降りたり

気候も行程も激しい2日目も、なんとか無事終了

今日の宿泊は名瀬市内の“ウエストコート奄美”さん

ホテルの近所には、このブログでも紹介した大島紬とレザーを融合した製品を発信しているショップ【Tsumugi Leater かすり】があるんですよね

ちょっと顔を出しに行ったら何やらお店の前が若い人で賑わってる

それもそのはず

なんとオーナーの川畑さん、明日が結婚式なんですって

かすり

と言うことで、その場にいた皆さんで記念にパチリ(笑)

 

 

 

いや〜なんともめでたい!

そしてそんな事とは知らず、手ぶらで行ってすんませんって感じ

でも結婚式前日におめでとうが言えて良かった

川畑さん、これからも素敵な作品を生み出してくださいね〜

今日から奄美大島3日間♪

今日から奄美大島加計呂麻島(かけろまじま)をめぐる3日間ツアーの添乗です

奄美大島は2年前のクリスマスに初めて添乗で来て、翌年の9月に“YOCで夏合宿”で来たお気に入りの場所

奄美

大阪からはJAX(JALエクスプレス)から直行便が出ていて、約1時間40分で到着します

 

 

 

奄美

前回の添乗では25組42名のお客様だったけど、今回は10組22名様

ガイドさんは前回と同じ、歌の上手なTさん


 

奄美ツアー最初の下車観光は、ちょっと変わった名前の“あやまる岬”

まずは奄美の海の美しさを堪能しましょう!

奄美奄美

 

 

 

 

YOC

【YOC合宿回想シーン】

 

 

 

お次は“奄美パーク”

奄美

館内説明を受けたあとは“田中一村記念美術館”と文化施設“奄美の郷”を各自見学

 


 

ここは以前、奄美空港があった場所

管制塔跡は展望台になっていて、園内を一望したり、昔の滑走路を見下ろすことができます

奄美奄美

 

 


 

奄美奄美

 

 

 

 

奄美

今日最後の観光は“大島紬村”

前回はコースに入っていなかった観光地です

 

 

“大島紬=値段が高い”程度しか認識がない人でも、ここに来ると大島紬がどれほど手間がかかって、どれほど貴重かってコトが身に染みて感じることができます

気の遠くなる作業に、ただただため息…

奄美

奄美

 

 

 


奄美奄美

 

 

 

 

前回来たときは初日はホテル直行だったけど、今回は程よく観光をしてホテルへ

利用ホテルは前回と同じ

奄美

そう、1泊目は龍郷町にある“カレッタハウス”さん

久々にKさんとも再会です

 

 

今日の夕食は黒豚のしゃぶしゃぶ

2年前はクリスマスイブに独り寂しく食べたんですよね…

奄美奄美

 

 


 

奄美

夕食の際にはレストランで“島唄ライブ”が開催

これは嬉しいサービスですよね〜

 

 

ライブが終わって“さ、帰ろ”と思ったらレストランのスタッフが

「あ、デザートがまだありますから!」って呼び止めてくれました

じゃ、せっかくなんでって席に戻ってデザートを待ったんです

奄美

フルーツの横に白い液体

牛乳プリンかな?って一口食べたら、どこかで経験したことのある酸味

 

 

これって“みき”やん!

 

 

今日の奄美大島の最高気温は24度まで上がりました(昨日は28度だったらしい

半袖のシャツ持ってきたら良かった・・・

知床第一ホテルの“お部屋マップ”

今日、会社のパソコンのメールをチェックをしたら、後輩“あやぢ”から社内報用に記事が送られていました

でも今月の社内報は既に印刷にかけてしまっているので載せられなかったんですよね…

記事を読んでみると内容がこのブログにピッタリ

さっそくあやぢに「この記事、ブログな添乗員にちょーだい!」っておねだり

快く(?)了解が出たのでこの場でさっそくご紹介しま〜す

 

 


これは流氷クルーズと名旅館というツアーでの発見ですっ

2泊目のお宿は【知床第一ホテル】

夕食のバイキングが他のホテルとはなかなか比べものにならんくらい、スケールの違う品数・味・補充の速さ()

添乗員にもかなり人気のホテルのひとつです

もちろん、温泉も好評だしスタッフの方たちもモチベーションの高い人ばかり!

ホスピタリティ全開です

そんな素敵なお宿で、もっとステキっを見つけちゃいました()

ホテル

この地図なんだと思います?

 

よ〜く見ると

 

 

ホテル

なんじゃこりゃあ()

散策マップかな〜っと思ったら。。。

部屋の中の案内図でした

 

 

ほんとに事細かに絵と文章で書いてあります。

何がどこにあるか。

どんなアメニティがあるかなどなど。

それを見れば一目瞭然☆

ホテルホテル

 

 

 

 

たまに、翌朝になって実はこんなサービスがあったとか、部屋の中でも開けもせず終わった扉があったりしません?

 

これはナイスサービス

 

やっぱり名旅館はこういう細かいところまで、ホスピタリティが行き届いてるんだなぁ〜と感心しました!

 

ま、お客様にとっても添乗員にとっても良いツアーでした

最後に飛行機が欠航になる前までは(笑)

 


 

以上、あやぢ特派員からの報告でした

ん〜今月同じホテルに泊まったのに全然気付かなんだ…

先日、後輩カバコが紹介してくれた“おいもぽっくる”といい、後輩たちもなかなかいいネタ仕入れてくるなぁ〜

これからも後輩が面白い記事持ってきたらご紹介しま〜す

雲仙温泉ツアー2日目♪

今回のツアータイトルは

「雲仙温泉名旅館と龍馬ゆかりの長崎2日間」

2日目のメインは、来年の大河ドラマ「龍馬伝」に先駆けた坂本龍馬ゆかりの地をめぐります

このツアーでは龍馬通りの中でも“風頭(かざがしら)公園”“亀山社中(かめやましゃちゅう)跡”と見学

龍馬

長崎には何度も来てるけど【龍馬通り】なんて、ツアーで来るのは初めてです

 

 

 

龍馬

長崎湾を見下ろす場所にある風頭公園

ここでは坂本龍馬の銅像があります

龍馬になりきってパチリ(笑)

 

 

 

 

龍馬通りは普通の民家の間をぬうようにして見学

さすが坂のまち長崎だけあって結構急な階段が続きます

これが登りコースだったらキツいだろーなぁ〜

所々に設置された激励の看板が心を和ませます(笑)

龍馬龍馬

 

 

 

 

龍馬

こちらは龍馬が組織した日本で最初のカンパニー“亀山社中”の拠点があった場所(現在は閉館していますが本年度中には公開予定)

 

 

亀山社中跡のそばには“龍馬のぶーつ像”が設置されている展望台があって、ブーツを履いて記念写真が撮れます

ここでは龍馬になった気分で市内を見下ろし・・・

「長崎はわしの希望じゃ」と心の中でつぶやきましょう!(笑)

龍馬龍馬

 

 

 

 

龍馬通りを約50分歩いたあとは“グラバー園”(歩く観光地ばっかり

今月の中旬にパンフレットがリニューアルして、園内マップが見やすくなりました!

グラバーグラバー

 

 

 

 

平和公園の近くの“園田真珠”さんでランチをとったあとは福岡県の柳川へ約2時間の移動

九州ツアーの定番中の定番“柳川下り”です

天気も良くなったので久々に添乗員も乗船してきました!

柳川柳川

 

 


 

柳川

舟がギリギリ通過できる橋や水路を約1時間にわたってめぐります

 

 

 

水上マーケットでコーヒーやお菓子を買ったり、老犬が見送ってくれたり

水面を泳ぐカモと同じような目線で柳川の町を見ると、地上の散策とは違った柳川の顔が見れます

柳川柳川

 

 


 

柳川

ちょうど柳川では“さげもん祭り”が開催中(〜4月3日)

土日はかなり混むようなので要注意です!

 

 

復路は福岡空港を19時25分に出発して伊丹空港に20時30分到着

これANAの最終到着便…

 

今回は初めて“龍馬通り”に行きましたが、住宅街の中を歩くので、ちょっぴり長崎県民になった気分になれました

よくまぁあんな坂の多い所に住んでるなと感心

あと、やたら豪邸が多いのにもビックリした(笑)

皆さんも是非、長崎へお越しの際は“龍馬通り”で長崎県民&龍馬体験をしてみてくださいね〜

今日から雲仙温泉2日間♪

今日から長崎の雲仙温泉に宿泊して、長崎でも坂本龍馬ゆかりの地をめぐるツアーの添乗です

今朝、伊丹空港に着いてチェックインをしようとしたら・・・

あれ?なんか様子が違う

伊丹伊丹

 

 

 

 

伊丹

現在南ターミナル(ANA側)の一部で改装工事を行っているみたいです(団体チェックインは2番)

 


 

今朝の南ターミナルの到着口は、やたらテレビカメラを構えた報道陣でごった返してました

伊丹

到着案内のモニターは宮崎便が到着と表示

報道陣?宮崎?大阪?

 

 

これってひょっとして!

WBC?

サムライジャパン?

イチロー?

スタンバイまで時間があったので他社のセンダーさんと一緒に人ごみの中へ!

到着して10分経過

到着して20分経過…

誰も降りてこない

 

結局、報道陣も退散しはじめたのでコチラも撤収

あの盛り上がりはなんだったんだ

 

さて、今日のランチ機内で済まさないといけないので、散歩がてらに北到着ターミナルのコンビニへ

ここのコンビニが伊丹で一番お弁当が豊富(マシ)なんですよね

おにぎり弁当は298円なり!(最近のランチは1コインが目標)

おにぎり

レンジでチンしたので機内で食べてもまだ温かった

伊丹にもメジャーなコンビニとかマクドが出来てほし〜な〜

 

 

福岡空港到着後はSAで休憩をとって雲仙へ

今日の観光は“雲仙地獄”のみ

最近よく雲仙にくるけど、地獄が行程の一部になっているのは珍しい

かなり久々に地獄めぐりをしてきました

雲仙雲仙

 

 

 

 

ホテル

今夜の宿泊は雲仙温泉“ホテル東洋館”さん

お香の香とお雛様がお出迎えしてくれる落ち着いたお宿です

 

 

夕食でちょっと驚いたメニューが出てきました

鍋

油を敷いたお鍋に野菜、お肉、そして茶色い液体

これ何だと思います?

 

 

実はコレ、自分で作る“ちゃんぽん”なんです(笑)

長崎と言えばちゃんぽんが有名ですからね

鍋鍋

 

 

 

 

しかしホテルの夕食でちゃんぽんが出るとは

それも自分で作るちゃんぽん(頼めば仲居さんが作ってくれます)

いや〜長崎には何度か来てるけど、こんな夕食はじめてです

他の料理もおいしくてお客様に好評でした

この東洋館さんではエアーエッヂが圏内なのがこれまた嬉しいですね

いつも雲仙では圏外だし

ホテル

でも…

館内が北館、南館、西館、東館ってややこしい!

やたら横に長いし!

 

おかげでホテルに入ってから3000歩プラスで目標の1万歩の達成!

これでちゃんぽん分の脂肪は燃えたかな?(ムリか

おいもぽっくるって知ってる?

昨日は新大阪に22時05分着の新幹線だったので帰宅したのは23時半

で、今朝は4時に起きて新大阪センダーです

新大阪のカプセルホテルに泊まろうと思ったけど、荷物が重すぎて断念

結局3時間しか寝れなかった・・・

スターバックス

新大阪の在来線の駅構内にスターバックスあったんですね

こんなに頻繁に利用してるのに今日まで気付かなかった…

 

 

 

さて、話は変わって…

おいもぽっくる

このブログでもお馴染み、変顔と食いっぷりには誰にも負けない後輩の“カバコ”からこんな写メが送られてきました

 

 

 

 

 

 

 

 

おいもぽっくる?

 

“じゃがポックル”“じゃがピリカ”“いも子とこぶ太郎”に引き続きまたカルビーの新商品かよ!

と思ったけど違うらしい

このお菓子はカルビーではなく“株式会社ぽっくる農園”の商品らしいです

カバコ情報によると…

●味はサツマイモらしく甘め

●じゃがポックル同様にあっさり薄めの塩味

●歯応えはじゃがポックルの方がサクッとしている

●じゃがポックルより短いスティック状

 

パッケージを良く見ると“日向灘の天然焼き塩”を使用って書いてある

じゃがポックルの“オホーツクの塩”に対抗しているのか?(笑)

宮崎県のお土産?って聞いたら

「姉の福岡土産です。是非探してみましょう!」ってメールが返ってきた

 

よし、明日からのツアーは福岡空港利用だから探してやろうじゃないか!

皆生温泉ツアー2日目♪

皆生温泉ツアー2日目は境港の海産物屋店“なかうら”さんからスタート

境港と言えば海産物ゲゲゲの鬼太郎で有名ですよね

なかうらさんには日本一大きな鬼太郎の石像があるんですよ

店内ではねずみ男の石像と握手できます

ってお客様、ノリよすぎ…( ̄◇ ̄;)!!

鬼太郎鬼太郎

 

 


 

どろえび

お、ドロエビもあるある

買って帰りたい…

 

 

松江

海産物の買い物の後は城下町・松江へ

所要時間が1時間半ほどだったので3パターンに別れて散策しました

 

 

‐捷松訶啓薐侫魁璽
塩見縄手エリア(武家屋敷・小泉八雲記念館)コース
松江堀川遊覧コース

松江

松江

 

 

 

 

バスは塩見縄手と同じ道路沿いにある“地ビール館”の駐車場へ

ここは遊覧船の発着場と同じ敷地にあります

地ビール館から天守閣へは片道20分ほどかかるので、行きは入り口に近い“大手前広場”で下車

迷子にならないよう、事前に地図を配っておきましょう

松江松江

 

 


 

天守閣からの眺めもいいけど、城内の柱とか鎧が見応えあったなぁ〜

薄暗いので足元に注意して見学しましょう!

松江松江

 

 

 

 

出雲

今日の昼食は出雲大社

松江ではパラついてたけど、天気よくなってきた

 

 

午後は山陰を代表する美術館“足立美術館”

足立足立

 

 

 

 

足立美術館といえば横山大観の名画と、日本一の庭園として世界的にも賞賛されているお庭が有名

窓枠が額縁になって、目の前の庭園がそのまま絵画になるんですよ

まさに“生きた絵画”です

足立足立

 

 

 

 

このコース最後は米子に戻ってお菓子の“壽城”でお買物タイム

雪化粧した大山もここにきて綺麗に見ることができました

壽城大山

 

 

 

 

復路は岡山駅から新幹線に乗って帰ります

岡山駅ってめったに使わないけど、綺麗になったなぁ〜

新幹線の改札口の横にはロッカーと椅子が設置されたスペースがあるので団体には嬉しいですよね

さすが岡山県(笑)

岡山岡山

 

 

 

 

岡山

1階には“さんすて”って綺麗なショピングモールが

マクドもスタイリッシュ

 

 

こだま

新幹線は“こだま”だったんですけど、なんと500系のぞみの車両がきました(0系が引退したから?)

しかも利用する号車はグリーン車の車両

 

 

ツイてる〜

行きに停電で迷惑かけたお詫びでしょうか?(笑)

 

あぁ〜便乗員ツアーにしては内容盛りだくさんのツアーだったな

お客様も44名だったので色々慌しかった…

でもユニークなお客様が多くて、よく笑った2日間でした

よし、明日は新大阪センダー

早起きして頑張ろっと!

今日から皆生温泉2日間♪

珍しくボスとモメることなく今月の編集長業務は穏やかに終了

今日からJR利用で鳥取県の皆生(かいけ)温泉に宿泊して松江・出雲を観光するツアーの添乗です

皆生温泉まではこんな行程

新大阪駅→【新幹線】→岡山駅→【特急・やくも】→米子駅

岡山駅

予定通り岡山に到着

乗り継ぎ時間がたっぷりあるので乗り換えコンコースで一時解散したんです


 

で、その間にホームの確認をしようと思って改札の駅員さんに

「番線確認いーですか?」って声をかけたら

「え、やくもに乗るんですか?やくもは停電の影響で運転を取り止めてますけど」って

( ̄◇ ̄;)!!

岡山なんと伯備線の備中高梁駅〜新見駅間で停電が発生して列車が大幅に遅れていたり運転を取り止めていたんです

 

 

最初「運転取り止め」って聞かされたのでかなりショックだったけど、結局30分遅れで出発できました

JR岡山駅の駅員さん

わざわざ添乗員のところにこまめに事情を説明しに来てくれたり、乗車までフォローしてくれたり、気持ち悪いほど親切だった

いつからJRってこんなにサービス良くなったの?(笑)

それとも岡山県の県民性?(←ウチの会社、岡山県民多いのでゴマすっときました

やくも

気分を害するお客様も出ず、特急やくもは中国山地を抜け、米子へ進みます(やくもって総社駅過ぎたらいきなり揺れだすな

 

 

米子駅からはホテルのマイクロバスで約20分

ホテル本日の宿泊は“芙蓉別館”

なんだか利尻島にでもありそうなコンパクトなホテルです

 

 

ホテル

従来、皆生のコースは“清風荘”を使っていたんですけど、先月いきなり倒産

ホテル業界は生き残りをかけてどこも悪戦苦闘です

 

 

さて、本日は観光バスの利用なし

夕食はお部屋食

そう、北陸のツアー同様にこのコースも“便乗員ツアー”

岡山でのトラブルや、鬼太郎ロードに行きたいお客様の対応、やくもの車内に忘れ物をしたお客様の対応と、普段の便乗員ツアーにしては働いたけど、やっぱり出番が少ない!

それに万歩計見たら、今日はまだ5千歩しか歩いてない!

部屋の窓から外の景色を見渡すと遥か彼方に“Hok”と書かれた看板を発見

地図で見ると“スーパー”らしい

よしあそこまで歩くか!

という今回も食前ウォーキングへ

皆生ホック

 

 

 

 

ホック

あったあったHok

高松にもこんなスーパーあったよ

 

 

泥海老

ここで愛しの“どろえび”に再会!

さすが境港のそばだけあるね

10匹で380円って安っ

 

以上はマニアックな添乗員の散策

一般的な温泉客の散策ポイントと言えば…

やっぱり温泉街の中心地“観光センター”かな?

皆生温泉の観光案内所や足湯があります

3時間500円でレンタサイクルもやってますよ(3時間あったらジャスコくらい行けるか?)

観光観光

 

 


 

ミスと

案内所では“ねこ娘ミスト”が売ってましたよ!

これ全国の温泉地でシリーズ化している温泉地ブランド化粧水ですよね

 


あとは…

あ、そうそう、温泉街のそばには“日本の水浴場88選”に選ばれた皆生海岸があります

意外ですが、ここが日本におけるトライアスロン発祥の地らしいですよ(写真左のなまめかしい女性の像が記念碑

海岸海岸

 

 


 

神社

温泉街の東端には“皆生温泉神社”

“皆、生きる”神社だけあって長寿にご利益があるそうです

 

 

こんな感じでHok→温泉街と散策して、帰ってきたら無事1万2千歩越えてました

さ、これで心置きなくかにフルコースが食べれる

明日は新大阪到着が22時すぎ

今夜は早く夕食食べて早く寝よ〜っと

 

あ、明日のバスの座席表書いてなかった

泥海老って知ってる?

先日、魚屋さんでちょっと見慣れない海老が売っていました

その名は“ドロエビ”

なんか美味しそうな名前ではないけど、海老好きとしては気になる…

と、いうことで買ってみました

刺身でも美味しいそうですが、頭や殻もガブリといきたいので塩焼きに

普段見慣れている海老より、ちょっと胴体がボテっとメタボ気味

そこが食べ応えありそうでいいですよね〜

泥海老泥海老

 

 

 

 

泥海老

海底の泥の中で生息しているせいか、目がちっちゃくて間抜けな顔してます(笑)

 


 

泥海老

焦げすぎないようによく注意しながら焼きましょう!

この焼き加減が難しい

 

 

泥海老

さっそく尻尾からガブリ!

卵のプチプチと、身のプリプリがたまりません

 

 

で、びっくりするくらい甘いっ!

なんなんだこの甘さは

こんな甘い海老食べたことない!

そして、お楽しみはここから

泥海老

頭にギッシリ詰まった海老ミソ

これまた濃厚で
旨いっ!

 

 

こんな美味しい海老があったなんて知らなかったなぁ〜

ネットでちょっと調べてみたんですけど、この“どろえび”の正式名称は

【クロザコエビ】

別名“モサエビ”“ガサエビ”“ガスエビ”とも呼ぶんですって

山陰地方の浜坂や境港で揚がるそうで、鮮度が落ちやすいので関西地方にはあまり流通しない珍しい食材なんだとか

どっちにしろ海老自身は「もっとマシな名前つけられんのか!」って怒ってるでしょうね

名前だけ聞いたら、泥臭そうだし、もっさそうだし(笑)

 

でも、海老の中では「甘エビより甘い!」「伊勢エビより旨い!」って隠れた人気らしいです

面白いのは、死んでしまうと黒ずんで見た目が悪くなるけど、その方が甘みが増して美味しくなるので、それを好んで食べる人もいるんだとか

お刺身、天ぷら、味噌汁と色んな料理が楽しめる“どろえび”

もし、スーパーや魚屋さんで見かけた際は
「何このエビ、もさっってスルーせず、是非食べてみてくださいね

絶対その名前と味のアンバランスにびっくりすると思いますよ〜

↓YouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!

関空にダイソーがOPEN!

先日、またまた関西空港へ夜のセンディング業務へ行ってきたんですが…

3階に、あの100円ショップ“ダイソー”がOPENしてたんですね

噂には聞いてたけどホンマやったんや…

しかもOPENしたのは去年の12月20日

もう2ヶ月くらい経ってるし

ダイソー

ちょうど後輩の“風太”(最近よく会うな)と“ルームシェア添乗員チサ”が北海道ツアーから帰ってきたので空き時間にちょっと偵察してきました

 



さすがに空港の中の一角なのでお店の規模はビックリするほど狭いですが、商品の豊富さはさすがダイソー

キティーちゃんの暖簾(こんなの他のダイソーにあるの?)とか“日本”と書かれたハチマキ、扇子や折り紙など外国人のお土産を意識した商品が多いのが特徴

ダイソーダイソー

 

 


 

ダイソーダイソー

 

 

 

 

キティーちゃんグッズに目がない風太のような人にも嬉しいセレクトですね

もちろん国内の旅行者にも便利なアイテムがいっぱい

機内持ち込みの液体物を入れるのに役立つジップロックや、化粧品、それに文具

海外でちょっと恋しくなるレトルトの日本食やお菓子、さらには下着など

ダイソーって旅行に行く前に買い物に行く人多いから空港内の出店はかなり嬉しいニュースですよね

ダイソー

店頭には「What's DAISO」と書かれたパンフレットが置いてあった

ダイソーって日本以外にも世界25ヶ国に展開してるんですね

 

 

旅行の時って何度も忘れ物チェックしてても、「あ、あれ忘れた」って事が多くないですか?

それも大したモノじゃないんだけど、空港って物価が高いからめっちゃ悔しい思いをするんですよね

これからは、そんな悔しい思いをがDAISOが解消してくれるかもしれませんよ〜

あ、あと2階に“まいどおおきに食堂”の関空店

“関空食堂”がいつの間にかできてたんですね(前はパスタの店だったよね)

食堂

物価が高い関空でも、割とリーズナブルに食事ができます

例えば・・・

 

 

食堂

ごはん(中)、豚汁、卵焼き

これで合計506円なり

 

 

関空も“ユニクロ” “まいどおおきに食堂” “ダイソー”って嬉しい出店が続きますね

我らが伊丹空港も、もうちょっと頑張って欲しいな…

層雲峡温泉“朝陽亭”ネタ豪華3本立て♪

北海道ツアーのネタを何日もひっぱりますが…

2泊目に泊まった層雲峡温泉のホテル“朝陽亭”さんのネタがまだ残ってるんですよ〜

カテゴリーで分けると3つの記事になってしまうけど、くどいので一気にお送りしたいと思います

【まずは“このサービス素敵っ!”なお話】

朝陽亭

フロントで精算を済ませ部屋に向かう際、EVの扉の横に何やら時刻表のようなモノが立てかけてありました


 

 

朝陽亭

なになに“各会場混雑時刻表”

そこにはレストランとフロントが混みあう時間帯が記されていました


 

これっていいアイデアですよね〜

ツアーで使うホテルって、宿泊客はみんな同じような動きをするから混雑することが多いんですよね

添乗員からも「出発の際はフロントが混みあうので精算がある方は早めにチェックアウトをお済ませくださーい」なんて言うけどお客様あんまり聞いてないし…

ありそうでないサービスだなぁ〜と感心しました!

最近の野口観光(このホテルのチェーン会社)はサービス向上に熱心だな

レストランのスタッフもよく動いてたし、挨拶もしっかりしていて気持ちよかった(フロントは元気なさげでしたが


【お次は“添乗員部屋ギャラリー”なお話】

さて、そんな朝陽亭さんで添乗員が泊まった部屋

これまた快適だったんです

朝陽亭

フローリングの上にベッドが置かれたちょっと変わったタイプのお部屋です

 

 


テレビはもちろん液晶

壁に掛けてあるので寝ながら見れます

朝陽亭朝陽亭

 

 


 

朝陽亭

奥にはちょっとした畳のスペースもあって、コンパクトながらも居心地がいいんですよね〜

 


 

朝陽亭

でも、このベッド

いくらコンパクトとはいえ、ちょっと近すぎやしないか…

 

 

層雲峡のもう一つの野口観光チェーン“朝陽リゾート”さんも素敵ですが“朝陽亭”さんもなかなかやりますよね〜


【最後は“まりもっこり部”なお話】

野口観光チェーンと言えば、登別温泉の“石水亭”、湯の川温泉の“啄木亭”もツアーでよくお世話になります

そんな野口観光さんが、今年で45周年を迎えるそうで、こんな限定グッズの販売を始めたそうです

まりもっこり

【野口観光限定まりもっこり】(笑)

頭の裏に温泉マークが印されているのがユニーク

 

 

いや〜野口観光さんも色々話題を提供してくれますね〜

これからの活躍に注目です

 

層雲峡・朝陽亭(ホームページ)

美唄焼き鳥“福よし”のもつそば♪

今回の北海道ツアー3日目

夕食は完全フリー

せっかくの雪まつりだし、大通り会場にたくさん立ち並ぶ屋台で食べることにしました

いざ屋台で食べよう!と思っても、おいしそうなお店がありすぎて目がくらむ…

ラーメンはありきたりだし・・・

でも、やっぱ札幌の夜はラーメンっしょ・・・

悩みに悩んだあげく、チョイスしたのはコチラ

そば

美唄焼き鳥“福よし”さんの“モツそば”

モツという言葉の魔力には勝てなかった…(笑)

 

 

美唄(びばい)って聞き慣れない名前でしょ?

今はないですが、“美鉄バス”ってバス会社(美鉄=美唄鉄道の略)が北海道にあって、昔よくお世話になったので“美唄”って名前には愛着があるんですよね〜

昔、炭鉱で栄えたそうですが、これと言って有名な観光地があるわけでもないので実際に行った事はない町です

その美唄の焼き鳥は室蘭と並んで【北海道2大焼き鳥】のひとつなんですって(函館でよく見る“やきとり弁当”は関係ないんだ…)

美唄焼き鳥の中でも創業70年以上を誇る“福よし”さん

そば美唄で焼き鳥と言えば“モツ串”を意味するそうで、そのモツ串をお客さんがしめに頼んで、そばに入れ始めたのがこの“モツそば”の始まりなんだとか

 

 

お値段は1杯500円(モツ串1本)とリーズナブル

写真のようにモツ串が2本入ると600円になります

モツ串は1本の串に【モモ肉・たまねぎ・とり皮】
それに串ごとに変わる食材(キンカン・レバー・砂肝・ハツ)が刺さっていてボリューム満点

このモツ串、旨いなんてもんじゃない!!!

焼き鳥好き、モツ好きにはたまりません

鶏でだしをとったスープも美味しかった〜

ホテルに帰ってから、また食べに行こうかと真剣に悩んだくらい(笑)

ネットで調べたら福よしさんは美唄の本店含め、道内に7店舗あるみたいです(札幌駅西口店って泊まってたホテルのすぐ近所やし

 

いや〜美唄が焼き鳥で有名だったとは

札幌市内でこんなおいしい焼き鳥のお店があったとは

たまたま食べたおそば1杯で、世界が広がりました(笑)

 

今年の1月からネット販売も始まったみたいだし、さっそくお取り寄せしてみよっかな

元祖美唄やきとり“福よし”(ホームページ)

いも子とこぶ太郎って知ってる?

今回の北海道ツアー4日目

小樽の自由散策の際に“オタルカン”に入ってみました

カルビー

あったあった

じゃがピリカ

 

 

【新商品】として“じゃがポックル”の横で売られていました

 

いも子とこぶ太郎

その“じゃがポックル”“じゃがピリカ”姉妹(兄弟か?)の上に、同じサイズの箱で、これまたカルビーから出ているお菓子が…

 

 

 

なになに

“いも子とこぶ太郎”!?

 

なんとも昭和の歌謡曲でも歌い出しそうなネーミング

名前こそ、これまでのシリーズとかけ離れていますが、北海道限定で素材を生かしたちょっとプレミアム感のあるスナック菓子ということで同じカテゴリーなんでしょうね

【いも子】はホタテ風味のカリカリポテトチップス

【こぶ太郎】は歯舞産のパリパリ昆布チップ

2月末までの限定販売だそうです

これ、新千歳空港にはどこにも売ってなかったな〜

ちょっとレアなお土産かも知れませんね

買ってないので味は分かりませんが、某ドライバーさん曰く

「大しておいしくなかったよとのことでした…

 

あ、売っていなかったと言えば、先日ブログで紹介した
“ショコラ ブルワリー”

新千歳空港の2ヶ所の取り扱い店に行ったらどちらも完売

今後の入荷はないとのことでした

 

よし、ネットで高く売るか

雪まつり&流氷ツアー4日目♪

4日目〜

小樽

10連勤も今日で最後

最終日は小樽と支笏湖“氷濤(ひょうとう)まつり”の観光です


 

氷濤まつりは、層雲峡の氷瀑まつりに似たお祭り

支笏湖支笏湖

 

 


 

支笏湖

入り口で感動協賛金を募っているんですが、任意というよりほぼ強制

100円握りしめて入場しましょう


 

青々とした氷のオブジェがなんとも神秘的ですよね〜

湖畔の会場なので風が冷たいです、写真のお客様のように防寒対策バッチリと!(笑)

支笏湖

支笏湖

 

 

 

 

このコース、往路は羽田乗り継ぎでしたが、復路も乗り継ぎ

それも

秋田空港!

北海道のツアーは乗り継が多いけど、秋田空港乗り継ぎなんてはじめてです

JAL

秋田

 

 

 

 

しかもこの乗り継ぎ、同じ機材を利用

新千歳空港から乗ってきた同じ飛行機に再度乗り込みます・・・

最終の伊丹空港に着くのは20時前なので今夜は機内で夕食を済ませました

おにぎり

本日の夕食は新千歳空港で買ったおにぎりと“かま栄”のチーズかまぼこ


 

 

久々にかま栄のかまぼこ食べたけど、やっぱウマイわ

 

風太

←最後になりましたが、今回の乗務員さん

 

と、昼食場所で会った後輩のコロ助改め“風太”

 

実は今回ご一緒したガイドさんは、フナッシュが初めて北海道に添乗で来たときのガイドさんだったんですよね〜

ガイドさんは覚えてなかったけど・・・

あの時は北海道が海外みたいに未開の地に思えてめっちゃ緊張してたのを覚えてます

あれから十数年か〜

あの初々しかった初心を忘れることなくこれからも謙虚に頑張りまーす!

4日間お世話になりました〜

 

あ、今回のドライバーさん、何度もご一緒してるのに

このブログの存在を今日まで知らなかったのがショックです

 

あの山は高そうで高くなく、低そうで低くないね・・・

雪まつり&流氷ツアー3日目♪

3日目〜

朝

窓の外は層雲峡の雄大な渓谷美

ん〜北海道の自然は偉大だ!(笑)

 

 

旭川

今日は“旭川冬まつり”の見学

さっぽろ雪まつり同様、大小さまざまな雪像が見事です(メインの大雪像は世界最大級)


 

旭川旭川

 

 

 

 

実は本日の観光バスに乗って全員で見学する観光地はここが最初で最後

旭川

旭川からはバスではなくJR利用

特急“スーパーカムイ”に乗って札幌へ

 

 

旭川からJRって…

去年の“爆弾低気圧ツアー”の記憶が蘇ってくる

今日のランチは車窓より真っ白な雪原を眺めながら、海鮮てんこ盛りの駅弁です

車窓弁当

 

 

 

 

ホテル

このコース

「旭川から札幌まではラクラクJR移動ってことだけど・・・



 

大きなスーツケースを持って列車に乗り、いくら駅チカとは言え札幌駅からホテルまで雪道の上をスーツケースをゴロゴロ引きずって向かうのをラクラクと呼べるのか・・・

札幌

札幌駅の北側に建つ“札幌アスペンホテル”にチェックインした後は各自でさっぽろ雪まつり会場へ


 

 

今年でちょうど60回目を迎えるさっぽろ雪まつり

ここ数年、ほぼ毎年雪まつりには来てるけど、今年は雪像のレベルが高かった気がするなぁ〜

でも景気低迷の影響か、今年の観光客の足取りはあまりよくないそうです

雪まつり雪まつり

 

 


 

雪まつり雪まつり

 


 

 

雪まつり

今年話題の雪像は“南大門”“浜松城”

なぜか奈良県の“あの不気味なキャラクター”まで雪像になっていました(笑)

 

雪まつり雪まつり

 

 

 

 

いつもは添乗員が集まってワイワイしてるけど、今夜は一人ぼっち

早めにホテルに帰って連勤の疲れをとるのでした・・・

雪まつり&流氷ツアー2日目♪

2日目の朝、部屋のカーテンを開けると・・・

朝

眼下には馴染みのホテル、風なみ季

そのまた向こうの海上には白い流氷帯が見えるじゃないですか!

 

 

でも、ここは“知床半島”

流氷砕氷船オーロラ号に乗船するのは“網走”だから、まだまだ油断はできません

2日目最初の観光は、流氷ノロッコ号に乗車

知床斜里駅網走駅の間をノロノロ走る5両編成の観光列車です

去年、リニューアルされた“知床斜里駅”から、今回はオホーツク海から一番近い駅“北浜駅”まで乗車します

駅駅

 

 


 

ノロッコノロッコ

 

 

 

 

雪まつりシーズンとあって、車内は超満員!

車窓より流氷は見ることはできませんでしたが、しばし列車からオホーツク海を満喫しました

白鳥

北浜駅で下車した後は白鳥の飛来で有名な“トーフツ湖”

 

 

 

そして、本日のメインイベント、流氷砕氷船オーロラに乗船です!

流氷

今シーズンから乗船ターミナルが変わったんですよね

きれいな道の駅から出航します


 

建物の中に入って左側が受付(ちょっと陰になってて分かりずらい

改札受付

 

 

 

 

出航時は、まったく海上に流氷らしき物体はありませんでしたが、10分ほど進むと念願の流氷帯が見えてきました!

流氷流氷

 

 

 

 

流氷帯に突入!

前日も見れなかったし、年々見れる確率が低くなってきている流氷

見れてほんと良かった〜

流氷が見れるのと見れないとでは、ツアーの満足度がかなり違いますからね

ホッと一息

これでこのツアーの8割は終わったな(笑)

流氷流氷

 

 


 

流氷流氷

 

 

 

 

寿司

約1時間のクルージングの後は網走市内のお寿司屋さん“花のれん”さんでランチタイム

 


 

午後は“北きつね牧場”“流星・銀河の滝”を見学して層雲峡温泉“ホテル朝陽亭”

キツネ

滝

 

 

 

 

夕食はお部屋食なので、お客様は食後各自でホテルの送迎バスを使って“氷瀑まつり”の見学へ

会場ではまず大手旅行会社スポンサーのかまくらがお出迎え

氷で作ったチャペルや滑り台などライトアップされて幻想的でした

層雲峡

かまくら

 

 


 

層雲峡層雲峡

 

 


 

層雲峡

気温は比較的高めでしたが、時折、層雲峡らしい地吹雪が吹き荒れていました

 

 

会場の前は国道も走っているので横断の際は十分に注意しましょう!

今日から雪まつりとオーロラ号4日間♪

沖縄のあったかムードの余韻もつかの間

今日から北海道4日間ツアーの添乗です

■知床オーロラファンタジー
■流氷ノロッコ号
■流氷砕氷船オーロラ号
■層雲峡氷瀑まつり
■旭川冬まつり
■さっぽろ雪まつり
■支笏湖氷濤まつり

と北海道の冬のイベントがこれでもか!ってほど入った盛り沢山な内容です

今日は伊丹から羽田経由で釧路空港へ

久々にJAL便利用

機内誌を開くと、先日このブログでも紹介した【ロイズ石垣島】が載っていました

JALロイズ

 


 

 

おにぎり

物価の高い羽田空港で470円のおにぎり弁当を発見

15番ゲートのBLUE SKYで売ってました

 

今日は弟子屈(てしかが)のドライブイン“摩周プラザ”さんで休憩して知床・ウトロ温泉へ

こまい

摩周プラザさんでは“氷下魚(こまい)”の一夜干しが売ってた

試食を食べたけどめちゃ美味しかった〜

 

 

いつもウトロ温泉では“風なみ季”に宿泊ですが、今回は“知床第一ホテル”利用

知床第一ホテルと言えばバイキングが豪華なことで有名

はじめて利用したけど、確かに思わず大人でもワクワクするバイキングです

ホテルホテル

 

 


 

わたがし

メインストリートに屋台がいくつか並んでいるんですけど、こんな“わた菓子”の屋台まであるんですよ

 

 

もちろん海の幸も豊富

お寿司の屋台では、寿司職人が完全オーダー制でお寿司を握ってくれます

ホテル寿司

 

 

 

 

チョコ

そして一番驚いたのが、このコーナー

ずらっと並んだスイーツの向こうに見える茶色い塔

 

これなんだか分かります?

 

 

 

チョコ

実は“チョコレートフォンデュー”なんです

これは甘党じゃなくても思わず手が伸びてしまいますよね

 

 

食後は“知床オーロラファンタジー”

ホテルから会場までバスで移動

乗降場所からは暗い夜道を歩くので足元注意です!

オーロラオーロラ

 

 


 

オーロラ

20時からのショーが始まるまで会場でひたすら寒さに耐えます

持ってきている防寒着を総動員して臨みましょう!


 

オーロラ

レーザー光線でオーロラを再現した幻想的なショー

でも、オーロラというより“宇宙人襲来”って感じがするんですが・・・




番屋

帰りはオーロラ番屋で無料の甘酒が振舞われます

ショーで冷え切ったカラダに嬉しいサービスです

 

オーロラ

ショーが終わったあと、かなり吹雪いてきました

この北風にのって流氷が来てくれるといいんだけどな〜

 

 

 

【ロイズ石垣島】が那覇空港で買えます♪

【ロイズ石垣島】ってご存知ですか?

そう、北海道で生チョコが有名なあのロイズ

先日、SAPPOROとコラボしてチョコレートのビールを作ったってブログで紹介したあのロイズ

その北海道のロイズが、なんと沖縄の石垣島に【ロイズ石垣島】として姉妹店をOPENしたんです!

と言っても、OPENしたのは2007年12月の事ですが・・・

 

石垣島に行ったら、このロイズ石垣島の記事を書こうと思ってたんですけど、なかなか石垣島のツアーの添乗がつかない・・・

ロイズ

でも、今回の沖縄本島ツアーで、念願のロイズ石垣島と出会うことができたんです!

 

 

 

ロイズと言っても、北海道で売られている商品を沖縄で売っている訳ではなく、まったくの沖縄オリジナル商品

例えば、黒糖を使ったチョコレートでかりんとうをコーティングした“かりんとうチョコレート”

板チョコの下に石垣島の塩を敷き詰めた“石垣の塩チョコレート”などなど

食べてないから味はわからないけど、気になりますよね〜

ロイスロイズ

 

 

 

 

で、沖縄本島のどこで売っていたかと言うと・・・

那覇空港2階

ロイズ

JAL側にあるJAL系の売店

“Coralway”“BLUE SKY”の2店舗

 

 

たまに那覇空港内でも売り出すそうで、今回の販売期間は3月いっぱいまでとのことです

 

それにしても北海道と沖縄

チョコレートとビール

お菓子メーカーも色々と新しい事を考えるなぁ〜

いくら人気が定着しても、暖簾の上にあぐらをかいていてはいけないって事ですね(笑)

 

あ、余談ですが

今日、JR新大阪駅に行ったら、2階で北海道フェアとしてロイズの製品が売っていましたよ

沖縄本島ツアー3日目♪

2日目もタイトなら、3日目はさらにタイト!

いつもはグラスボート乗船希望者のみ、ホテルの送迎バスでビーチへお送りするんですが、今回は時間がないので全員で観光バスに乗ってビーチへ

グラスボートが帰ってきたらすぐに出発する作戦!

今朝のビーチは波もなく熱帯魚も綺麗に見れたようです

沖縄

沖縄

 

 


 

沖縄沖縄

 

 

 

 

実はこの3日間の沖縄本島ツアーって実際にビーチの上を歩く機会がないんですよね

朝の出発はちょっと早くなったけど、全員でビーチに行けて逆に良かったかも

 

ビーチを急いで出発したあとは“沖縄黒糖工場”、そして“首里城公園”

黒糖黒糖

 

 

 

 

沖縄

いや〜最終日もいい天気!

首里城公園でも22日まで“首里城花まつり”が開催されています

 

 

沖縄はいたるところで桜まつりや花まつりが開催されていて華やかですね

 

沖縄沖縄

 

 

 

 

お客様のご協力のおかげで、なんとか出発のギリギリ1時間前に空港に到着

今日のランチは空港3階、サンカクマートの“那覇空港弁当”こと“タコライス(315円)”

そして、前回食べて美味しかった御菓子御殿の“紅芋しっとりムース(270円)”

お弁当とデザートで585円ってリーズナブルですよね

おにぎり1個200円以上する羽田空港とはエライ違いだ(笑)

ランチデザート

 

 

 

 

沖縄

今日、首里に向かう途中にガイドさんが歌ってくれた“芭蕉布”

上手かったなぁ〜

沖縄ってほんと癒されますよね

 

 

 

 

あ〜個人で沖縄行きたいっ

沖縄本島ツアー2日目♪

天気予報では2日目は降水確率50%

折り畳み傘をカバンに入れてホテルを出発しましたが・・・

沖縄

ほんまに雨降るんかいな!

って言いたくなるような陽気に恵まれました!

 

 

2日目は那覇市内の免税店“DFS”、そして沖縄のテーマパーク“琉球村”

琉球村ではちょうど10時からのイベント“道ジュネー”を見ることができました

琉球村琉球村

 

 

 

 

琉球村の後は“万座毛”

万座毛万座毛

 

 

 

 

沖縄

前回(12月)来たときはすごい強風で、歩いていると海水のしぶきが口に入ってくるほど荒れていたんですよね〜

 


 

万座毛

今回は海の透明度もバツグン

サンゴの上を泳ぐ魚を探せるくらい波も穏やかでした

 

 

今日は観光が盛り沢山で行程が超タイト

“森のガラス館”で既にお昼をまわっていたので、お客様がショッピングをしている間、我慢できずに“ぜんざい”を食べちゃいました

ぜんざい

“ぜんざい”って言っても沖縄のぜんざいは“冷たいぜんざい”が一般的

かき氷の下にあずきと白玉が入っています

 

 

昼食は沖縄フルーツランド“トロピカル王国”

お客様は“ゆし豆腐定食”

添乗員はカレー

“足てびち(豚足)”のトッピング付き(笑)

沖縄カレー

 

 

 

 

午後はお待ちかね“美ら海水族館”がある“沖縄海洋博公園”

現在、海洋博公園では“美ら海花まつり”が開催(2/22まで)

フラワーカーペットや花で飾り付けされた生き物たちがお待ちしています

公園公園

 

 

 

 

水族館ではこれまたタイミングよく、15時からの“ジンザイザメの餌付け”が行われていました

これは何度見ても迫力満点!

体長8mのジンザイザメが立ち泳ぎをしながらオキアミを吸い込む姿は必見です!

水族館水族館

 

 

 

 

パイン最後は“名護パイナップルパーク”に行って恩納村のリゾートホテル“かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ”

 

 

 

結局、雨にも遭わず、いいお天気の中で観光することができました

肉

今日の夕食は、かりゆし恒例“ひとりBBQ”

かれこれ10年以上、続けてるかな(笑)

 

 

かりゆしビーチホテルはプールサイドじゃないとエアーエッヂの電波が入りません

ホテル

ホテル

 

 

 

 

たらふくBBQでお肉を食べたあとは、プールサイドのベッドチェアーでブログを更新

しばし一人バケーション気分

夜20時をまわっても上着なしでプールサイドでゴロゴロできるってスゴイですよね

明日も天気だといいなぁ〜

今日から沖縄本島3日間♪

寝不足関空センダーから一夜明け・・・

今日から“沖縄本島3日間ツアー”の添乗です

実は12月・1月と入社以来、今まで経験したことがないくらい休みが多かったんですね

で、勤労意欲は日に日に低下

カラダも怠けきっていたんですが・・・

2月に入ったとたん、2日から12日まで10連勤

カラダとモチベーションがついていけるかな・・・

おきなわ

今日のコースは“ひめゆりの塔”“おきなわワールド”をまわって那覇市内泊まり

 

 

 

日程表では“首里城”も入ってたけど、とてもじゃないけど今回のフライトではムリ!!!

最終日も時間ないけど、他に道はないので3日目にまわすことにしました・・・

今日の那覇の最高気温は23度

日中は半袖でもOKなほど暑いです

桜

そして

沖縄ではちょうど桜が満開を迎えているんですよ〜

札幌では明日から“雪まつり”が開催されるっていうのに(笑)

 

 

 

 

今日の宿泊先は“沖縄ナハナホテル”

58号線沿いに建つシティーホテルです

ロビーにはジャズが流れているし、デザインもスタイリッシュでかっちょい〜

デラックスプランの“日航ホテル”よりこっちのほうが良さそうだな・・・

ホテルホテル

 

 

 

 

サムズ

今日の業務は希望者を“サムズレストラン”に送迎車でご案内して終了

帰りは散歩がてらに歩いてホテルに戻りました

 

 

弁当

←今夜の夕食

サムズのステーキ弁当

 

 

肉好きにはたまりません

国際通りまで歩いて10分くらいで行けるけど、街へ出るとどうしてもお金使っちゃうもんな〜

1月は出費が多かったから今月は節約節約!

今夜はおとなしくブログを更新して昨日の寝不足を取り戻そ〜っと

じゃがピリカって知ってる?

日は2年振りの関空センダーで4時起き

朝7時から夜の7時まで関空に缶詰めでした・・・

最後に見送った台湾ツアーのフライトも出発し、そろそろ帰ろっかな〜と2階を歩いていると、到着ロビーに後輩が!

それもこのブログでお馴染みの“津─“かかし”“コロ助”と豪華メンバー(笑)

じゃがピリカ

で、何やらが珍しいお土産を持って帰ってきた

 

じゃがポックル?

 

じゃがピリカ

の、よーでじゃがポックルでない

 

よく見ると“じゃがピリカ”って書いてある

(ちなみにピリカ=アイヌ語で可愛い

 

 

 

別にじゃがポックルの類似品という訳ではなく、正真正銘の札幌カルビー製でございます

じゃがポックルはスティック状ですが、この“じゃがピリカ”はキューブタイプ

じゃがピリカ

じゃがピリカ

 

 

 

 

「おい!変色してるぞ!賞味期限大丈夫か?」って

じゃがピリカいやいや、これは有色じゃがいもの“ノーザンルビー”“キタムラサキ”のポリフェノールとアントシアニン色素によるものなんです

 

 

 

そー言えば、何年か前にじゃがポックルに姉妹品があるって聞いたことあるけど、これのことだったのか

 

ネットで調べてみたら、商品自体は2005年にはあったみたようですが、試験販売みたいで情報はポツポツ

津┐盪ニ擇“テレビ塔”3階で試験販売として売られていたのを買ってきたのだとか

レアな商品なのか、ただ単に人気がいまひとつでなかなか正規販売に踏み込めないでいる悩める商品なのか???

これからの“じゃがピリカ”の人気ぶりに注目です

 

さて、コロコロ可愛いじゃがピリカ

コロコロと言えば、コロコロ可愛い後輩の“コロ助”(笑)

じゃがピリカ

最近のコロ助は、あの二本足で立つレッサーパンダの“風太”に似てるとよく言われるそうです

 

 

 

二本足のレッサーパンダ?

 

そー言えば

ふーた

 

似てるかも・・・

 

 

 

チョコレートのビール?ショコラブルワリー♪

先月、友人から「チョコレートのビールがあるらしい」って話を聞きました

「え、チョコのビール!?」

地元のコンビニで探してみたけど、どこにもない

「北海道ならあるかも」って後輩のトヨカナを連れてススキノで捜索開始!

ビール

で、最初に入ったローソンで発見!

その名も【ビアショコラ】

さっそく写メを友人に送ると・・・

 

 

 

 

「テレビで見たのは瓶じゃなくて缶

「それにキリンじゃなくてサッポロだった

との事

 

再度気を取り直して捜索開始!

片っ端からコンビニに入ってみたけど、どこにもそれらしきビールはなく、その日の捜索は打ち切りました

翌日、小樽で時間があったのでネットで調べたらそのチョコレートのビールは“サッポロ”とあの生チョコで有名なチョコレート菓子メーカー“ロイズ”とのコラボらしい!

しかもサッポロ工場の直売所やサッポロファクトリーなど、道内でもごく一部でしか取り扱っていないとのこと

ネット販売は既に終了しており、店頭販売は1月30日から

昨日、この情報を知っていればサッポロファクトリーに買いに行ったのに・・・

 

新千歳空港で「生キャラルも偶然買えたしラッキーだったね、あとはチョコのビールさえ買えれば・・・ってトヨカナと搭乗口へ向かっていると

トヨカナがこんなポスターを発見!

ビール

「あ、これオレらが探してるヤツやん」

「取り扱い店に空港内売店って書いてるで!」

「ひょっとしたらあるかも!」

 

 

 

 

でも空港内売店ってドコの???

( ̄◇ ̄;)!!

 

時間もないので手分けして捜索していると、フナッシュの目に何やら黒い缶ビールが

ビール

そう、これぞまさしく昨日から探し求めていた

チョコレートのビール
【ショコラ ブルワリー】


 

ビール

このSAPPOROROYCEのエンブレムが眩しいっ

まさかROYCEがビール会社と手を組むとはね

 

 

ビール

バラは1缶しか残っていなかったので、3缶ケースをバラして販売してもらいました

 

 

 

お店のお姉さんによると空港内でも2店舗くらいしか扱っておらず、毎日入荷するわけではないから常に品薄なんだとか

ネットでは既に完売してるし、期間限定でしょ

取り扱い店も少ないから北海道慣れしている人へのお土産にピッタリ

 

もうすぐバレンタインデーだし、チョコが苦手な男性へのプレゼントにもいいですよね

まぁ、今年は女性にプレゼントする男性も多いようですが・・・(笑)

 

ちなみに、まだもったいなくて飲んでないのでお味の方はわかりませんっ
m(__)m

ショコラと言っても、原料の一部に“チョコレート麦芽”(そんなのあるんだ)とカカオを使用している程度で、決してチョコの味がする甘いビールではないようです

お店のお姉さんが飲んだそうですが、味は黒ビールみたいとのことですよ

 

ちなみにローソンで売ってたキリンのビアショコラは去年にキリンから限定発売された、同じくチョコレート麦芽使用のプレミアムビールだそうです(既に生産は終了)

花畑牧場の直営店が続々OPEN♪

今回のプレ雪まつりツアー3日目

お客様がバスの中でこんな事を言ってたんです

「今朝、大通りの直営店で11時発売開始の生キャラメルに9時からすごい列ができてたわ!」

 

「え、大通りで生キャラメル?」

「直営店?」

 

そう、人気が衰えないどころか、ますます人気に拍車がかかる“花畑牧場”が札幌市内に直営店を出店したんです

ちょうどツアー3日目にあたる1月31日より【札幌大通り店】がOPEN

次いで2月1日に【札幌アピア店】もOPENしたそうです

花畑花畑

 

 

 

 

 

 

 

花畑牧場

←こちらが【札幌大通店】

2階にとって付けたような無料休憩所があります

 

 

花畑牧場花畑牧場

 

 

 

 

花畑牧場

←こちらが札幌駅の地下にある【札幌アピア店】

各店舗ともに生キャラメルは一人8個まで

販売時間は・・・

 

大通店が9時OPENで2時間おき[9時11時13時15時・・・]

アピア店が10時OPENで2時間おき[10時12時14時16時・・・]

だそうです

 

ほんと添乗員も情報についていくのが大変

お客様の方が熱心にネットとかで調べてるからよく知ってるんですよね〜

前回来たときはなかった空港内の直営店と花畑牧場のカフェも帰りに覗いてみました

 

空港

←空港内2階の直営店

さすがに生キャラメルは売り切れていましたが、その他の商品は夕方でも在庫がありました


 

 

そして気になる“生キャラメルカフェ”“ホエー豚亭”

2階の広場の中央エスカレーターを降りてすぐの場所にあります(ANAの団体カウンターがある1階とはつながっていません)

カフェ

ヵフェ

 

 


 

空港

カフェを利用しなくても花畑牧場製品を買うことは可能

ただし

 

生キャラメル以外ですが・・・

 

 

カフェのメニューは【生キャラメルカフェセット】オンリー

そしてホエー豚亭は【ホエー豚丼セット】オンリー

どちらも1、470円(高っ

カフェ空港

 

 

 

 

このセットをオーダーすると生キャラメルを購入できる【権利】が獲得されるシステム(どんだけ殿様商売やねん

購入できるアイテムは

■生キャラメル:3個 ■生キャラメル〜New Type〜:2個

せっかくセットを頼んだからには権利は全て使いたいのが人間の心理(上手いこと考えてます

もしセットをオーダーして権利を全て使うと・・・

◇セットメニュー:1、470円
◇生キャラメル:2、550円(850円×3個)
◇生キャラメル〜New Type〜:1、960円(980円×2個)

そう、1人で合計:5、980円もの金額を生キャラメルに捧げることになるんです

すごくないです?

カップルや夫婦でこの権利を使ったら

2人で11、960円

 

キャラメルに1万円・・・

今や新千歳空港は巨大な生キャラメル売り場

 

いや〜日本人の流行にかける情熱とお金ってハンパじゃないね

そして流行の切り替えしの早さも(笑)

 

スゴイを通り越して・・・

ちょっと洗脳っぽくって怖い・・・

北海道の気になるお土産を食べてみました

お土産天国北海道

ほんの3ヶ月ご無沙汰しただけで、人気商品の新作が続々と登場

そこで!

北海道で人気のお土産を自腹を切って実際に食べてみました!

 

まずは毎度おなじみ北菓楼の“開拓おかき”

個人的にも大好きなお土産です

前回好評だった“北海シマエビ”に引き続き、季節限定商品が発売されていました

おかき

2日目の砂川ハイウェイオアシスで知ったんですけど、案の定【売り切れ】

( ̄◇ ̄;)!!

 

 

小樽は昼だし、空港は夕方だし、今回買うのは無理かなぁ〜って諦めてたんですけど

なんのこっちゃない

小樽でも空港でも余裕で買うことができました(笑)

おかきおかき

 

 

 

 

増毛ぞうもう”ではなく“ましけ”と読みます)産の甘エビ

それも子持ちの甘エビをそのまま練りこんだ、この冬限定の商品です

食べた感想ですが・・・

シマエビと味が変わらない気が・・・

やっぱり開拓おかきは“ホタテ”“イカ”がいいな


続きまして“花畑牧場”の人気商品“カチョカヴァロ”

ちょっと前までは生キャラメル同様、なかなか手に入らなかったんですよね〜

フライパンでこんがり表面を焼いて食べる“焼きチーズ”がオススメだそうですが、今回はガーリックフランスにスライスしたカチョカヴァロを乗せて食べてみました

お味のほうは・・・

『チーズの味でした・・・

カチョカヴァロ

パン

 

 

 

 


最後は同じく花畑牧場

生キャラメル

生キャラメルに新フレーバー“抹茶”“いちご”が発売されていたんですけど、たまたま通りがかった売店で“いちご”を並ばずに買えました

 

 

生キャラメルって特別おいしいとは思わないし、個人的に買って帰ろうとは思わないけど、このイチゴ味は美味しかった!

もし次に北海道に行って並ばずに買えたとしても・・・

やっぱり買わないな

どー考えてもこの12粒に850円を払う気前の良さはありませんっ!

 

でも生キャラメルは味じゃない!値段じゃない!

お土産を頼まれた旅行者の意地と根性と名誉の証!

 

北海道に旅行に行くのもラクじゃないね(笑)

札幌でこんなモノ食べてきました

今回のツアー2日目は久々の札幌泊まり

夕食はフリーなのでトヨカナと一緒に【ジンギスカン&ラーメン、札幌名物食べ歩きツアー】に行ってきました

数あるジンギスカン屋で今回入ったお店がコチラ

ジンギスカン

南5条西5丁目にある
【まるひつじ】さん

まだオープンして1年ちょっとの新しいお店です


 

店内は10席もないほどこじんまりしています

でもこの知らない人と肩がすれ合うくらいのスペースで食べるのが、札幌のジンギスカンって感じでいいんですよね〜

ちょこっと本場のジンギスカンが食べてみたいなぁ〜という人には
【極生ラム+野菜+つまみ+ワンドリンク】で1350円のお気軽セットがオススメ

夕食

ジンギスカン

 

 


 

夕食

女性でも食べやすいようにラム肉は食べやすい大きさにカットされています

 

 

 

食後に大通りのプレ雪まつりを見学した後は二度目の夕食、さっぽろラーメンを食べにススキノへ

前回の札幌泊まりの時は、札幌駅の“ラーメン共和国”に行ったので、今回は“ラーメン横丁”に行ってきました

実は“新・ラーメン横丁”には行ったことあるんですけど、“元祖・ラーメン横丁”には一度も行ったことがなかったんですよね

想像以上にお店が少ないのと、お店1軒1軒の小ささにちょっとビックリ

その中で、今回入ったお店は【四代目とらや食堂】さん

さっぽろラーメンと言えばやっぱり味噌!

“焦がし味噌ラーメン”をオーダーしました

香ばしいスープに、ちょっと太めのシコシコちじれ麺が相性バツグン

薬味として置いてある“サバ節にんにく粉”を入れると味に深みが増しますよ〜

夕食夕食

 

 

 

 

札幌の夜は一人だとカンタンに済ますのに、台数だとついつい食べすぎてしまう・・・

 

まぁ、これも現地調査

添乗員の仕事のひとつ!

 

さ、明日からまた粗食と節約に励もっと!

旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
funa888◆gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・