ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

2009年03月

吉野山ツアー(デスク設置)2日目♪

吉野山で迎えた朝

昨晩は部屋の暖房を27度に設定して、靴下2枚履いて寝るほど寒かったぁ〜

吉野

朝、カーテンを開けて驚いたのが、裏庭のしだれ桜!

朝からこんな綺麗な桜にお出迎えしてもらっていい気分

 

 

吉野吉野

 

 

 

 

今日から前半戦の現地スタッフとして任務に就く後輩“ヤナギー”と合流して中千本まで視察を兼ねてウォーキングしてきました

吉野吉野

 

 


 

吉野吉野

 

 

 

 

吉野

途中、名物の草餅を食べて腹ごしらえ

ご当地の名物を食べるのも添乗員の仕事です♪(笑)

 

 

吉野

帰り道、森の中を歩いているとコツコツ木を叩く音が…

音がするほうを見上げるとなんとキツツキが!

ほんとにキツツキってコツコツ木を叩くんですね

 

野生のキツツキなんて初めて見ました

くちばしで木に穴を開けるなんて、見ていて気が遠くなるんですけど…

何事もコツコツやれって言ってるみたいで、朝から勉強させられました(笑)

 

今日は他社含め30台ほどだったのでツアーデスクものんびりモード

明日からデスクを担当する“ヤナギー”の予行練習って感じでした

これがピークになると1日に300台とかになるんですよね

吉野

吉野

 

 

 

 

ツアーデスクと言って2人体制ほどで全てのお客様の案内をこなすには限界があります

お客様の迷子が出ないよう、最低限の案内は行ってくださいね!

と言っても迷子になるポイントは“歌藤旅館”前の分岐点くらい

吉野

下千本駐車場から中千本方面に歩くときはなんでもない分岐ですが…

 

 

 

吉野

帰ってくるときに「え、どっちから来たっけ?」ってことになります

人間、ラクな方に向かいたがるもので、下へ降りてしまう人が毎年いるんですよね

 

 

案内看板も充実して、最近は間違える人も減ってきましたが、下千本駐車場へは左の坂道です
(下へ下ると近鉄吉野駅に出てしまいます

あとは

ゴミの持ち帰りの徹底!動植物の採取禁止くらいは最低限伝えておきましょう!

吉野

吉野の詳しい状況は、下千本駐車場にあるお店【花山 山本】さんのホームページでチェックできます

 

 

 

■花山 山本(ホームページ)

さぁそれでは今年の吉野も【迷子ゼロ】を目指しましょう!

吉野

駐車場で現地スタッフ“ヤナギー”&吉野のおてんば娘“マリアちゃん”がお待ちしていま〜す

 

 

 

 

今日から“ひと目千本”吉野山ツアー2日間♪

さぁ11連勤も折り返し!

今日は奈良県の桜の名所、吉野山ツアーに来ています!

と言っても正確には【ツアーデスク】を設置に来ています!

毎年恒例の任務ですから…

毎年、吉野山では全国から観光バスがやって来るので、迷子防止や現場の情報発信のために【お客様案内デスク】を設置しているんです

去年は4月3日に後輩“ノッチ”

おととしは3月31日に後輩“ゆーこりん”と同期の“Mr.M”と一緒でしたが

今年は独りぼっち…

快晴の中、南阪奈道を快走し

やって来ました吉野山

3時前に着いた時点では観光バスは4台ほどでしたが、マイカーは平日にも関わらず結構多かったですよ

吉野

吉野

 

 

 

 

4日前に雪が降ったという吉野山ですが、今日は上着が要らないほどの陽気

下千本駐車場付近の桜も思ったより綺麗に咲いていました

吉野

吉野

 

 


 

吉野吉野

 

 

 

 

さすがに駐車場を出るとやっぱりまだ早いみたい(日当たりのいい桜はチラホラ咲いていますが)

でも道端に並んだ露店やお土産物屋さんを見ながら歩いていると

“吉野に来たなぁ〜”と思うと同時に

“今年も春がやってきたなぁ〜”って感じます

吉野

吉野

 

 


 

吉野

吉野

 

 


 

吉野吉野

 

 

 

 

吉野

いつも開花が早い吉野のシンボル“蔵王堂”横のしだれ桜もやっぱり綺麗に咲いていました

ここはいつも人気の撮影スポットです

 

 

吉野

あと、今日歩いてみて一番綺麗だったのが蔵王堂より先にある“東南院”

下から見上げたサクラは迫力満点でしたよ

 

 

 

 

吉野

4時半も過ぎると観光バスもいなくなり、のぼりを設置して今日の任務は終了

いつもはまた大阪へ車を走らせるのですが…

 

 

人手不足のため、初日の現地スタッフをすることになったので、今夜は吉野山に宿泊!

吉野は毎年来るけど、宿泊するのは初めてです

夕食を食べたあとは、ライトアップを見に行ってきました

と、言っても宿泊した“歌藤旅館”さんの目の前が“七曲り”と呼ばれる名所

花はまだ早いものの、ライトアップされているサクラの木を見ているだけで十分満足

山の中なので星もめっちゃ綺麗でした!

吉野

吉野

 

 


 

吉野

他に観光客が誰もいないなんてもったいないね〜

吉野山の夜桜と星空を独り占めなんて贅沢すぎます!(笑)

 

 

今夜は吉野山の桜に囲まれ、22時消灯の健全なルールのもとに寝るとしますか…

和倉温泉ツアー2日目♪

2日目も朝から雪がチラついてた…

北陸さみーーーーーーーっ

今日は【能登朝市(ドライブイン)→キリコ会館→輪島朝市→能登金剛→七福神センター→(車窓より千里浜)→小松駅】と、いたってシンプルな行程

それだけに、行程が遅れると時間を取り戻すところがないのでお客様の時間厳守と添乗員の時間配分が重要なんですよね〜

キリコ朝市

 

 

 

 

 


 

えがら

輪島の朝市には、いつも観光客で賑わっているお店があります

“えがらまんじゅう”を販売する【饅頭処 つかもとさん

 

 

えがらまんじゅうとは“くちなし”で染めた黄色が鮮やかなお饅頭

表面に粒のままのお米がまぶしてある姿が、栗の“いが”似ているので言葉が訛って“えがら”になったとか

えがらえがら

 

 

 

 

アツアツの出来立てを出してくれるのでめっちゃ美味しいです

2人で1個を食べる場合はお店の方がハサミで切ってくれるのも嬉しいですよね(半分じゃ物足りないですけど)

是非、輪島の朝市にお越しの際は食べてみて下さいね!

1個120円ですが、添乗員が買いに行く場合はネームプレートをお忘れなく(笑)

 

このコース最後は白尾にあるドライブイン“七福神センター”

白尾

輪島の朝市もカツカツ1時間

能登金剛も昼食と巌門の見学コミで1時間

千里浜も車窓のみ

 

なのにココで立ち寄り時間40分はちょっと…

ドライブインの手数料あっての募集型ツアーだから仕方ないけどね

 

さ、これで11連勤のうち5日が終

温泉も入ったし、カニも食べさせてもらったし

あと6日頑張りますか!!!

今日から和倉温泉2日間♪

今日から冬のJR定番コース

北陸の温泉に行ってお部屋食でカニを食べる便乗員ツアーです

行き先は石川県の和倉温泉

昨日まで行ってた九州はサクラが満開だってゆーのに

まだカニのコース出てるんや…

siga

昨日あたりから、全国的にまた冬に逆戻り

滋賀県の比良山系も寒そ〜

 

 

JR

JRコースは席がないからほんとツラい

デッキがこれまた寒いんだ

 

 

今日は和倉温泉駅からホテルの送迎バスでホテルへ向かうのみ

ですが…

和倉温泉では今月いっぱい、組合が主催しているイベントが開催中

そのうちのひとつが“湯ばんとさん(ボランティアガイドさん)”と一緒に和倉温泉街の“七福神めぐり”を歩くというもの

最近はボランティアのガイドさんが観光客に地元の魅力を伝えたり盛り上げている観光地が多いですよね

和倉

【ぽかぽかお楽しみ券】と呼ばれるチケットをフロントで受け取ってお客様と一緒に出かけてみました

 

 

 

和倉

15時30分に“総湯”に集合

お客様41名中、28名様が参加しました

 

 

和倉

和倉

 

 

 

 

前回来たときに七福神めぐりは歩いたけど、やっぱり案内人と一緒に歩くと全然違いますね

途中、みぞれや雪が降ってきてめっちゃ寒かった〜

上下、ヒートテックを着込んできて正解!(笑)

和倉

最後は特典が受けられる“ごま屋”さんで解散

ここで抽選会や、抹茶&お菓子のサービスが受けられます

 

 

ごま屋さんは和倉温泉の総湯近くにある胡麻を使ったスイーツのお店

ゴマをふんだんに使ったこだわりのロールケーキ“ごまき”が有名です

店内にはホテルのパンフレットや無料インターネットコーナーがあるので、お茶をしながら情報収集ができるんですよ

和倉和倉

 

 

 

 

ごま屋でお菓子を頂いて、総湯で温泉たまごを頂いて

満足満足

和倉和倉

 

 

 

 

このイベントは3月31日(湯ばんとさんの案内は29日)までなんですけど、是非またこんな企画を開催してもらいたいですね

かに

冷え切ったカラダを温泉で暖めて、夕食はかにフルコース

やっぱり温泉とカニは相性バツグンやね

 

 

ごちそうさまでしたm(__)m

別府温泉ツアー2日目♪

昨日はブログを書いたあと眠くて温泉にも行けず、顔を洗ってそのまま就寝

今朝も温泉に行く気力もなく、部屋のシャワーを利用

せっかく別府温泉に泊まったのにもったいなかったなぁ〜

2日目最初の観光地は“湯布院”

湯布院

前回は連休初日だったので賑わっていましたが、さすがに今日はっ観光客も少なめ

 




湯布院でも菜の花やサクラが綺麗に咲いていましたよ

湯布院湯布院

 


 

 

湯布院湯布院

 

 

 

 

湯布院のあとは、瀬の本高原の“三愛レストハウス”で昼食

阿蘇

天気がいいのでやまなみハイウェイも爽快

一番左の山、米塚並みにいいカタチしてますね〜(笑)

 

 

昼食のあとは阿蘇の観光

と言っても、このコースは“草千里”のみ

阿蘇

中岳のロープーウェイはコースに入っていないんですよ

草千里から見えてるのにね…

 

 

このあと“キムチの里”“観光会館はかた”ってドライブインめぐり

なんだか先日の「九州高原紀行」の観光を抜いて、立ち寄り店を残したバージョンって感じのコースやな…

はかた

いつものように観光会館はかたには続々と観光バスが集結!

帰りの新幹線も同じ会社のツアーが5本入っていました

 

 

もちろん今回も新大阪に21時58分着の【のぞみ96号】

 

眠い…

でも明日からまた添乗だ

がんばろっと!

今日から別府温泉2日間♪

今日から別府温泉1泊2日のJRコースの添乗です

つい先日、別府・阿蘇のコースから帰ってきたところなのに…

今回も4時起き始発電車利用で新大阪へ

和尚

いや〜今朝は天気が良くて日の出が眩しいっ

 

って違う違う

 

これ、今日から別府・阿蘇の添乗に行く男前添乗員“和尚”のアタマじゃないか

昨日会社で見かけたときは、YMCAを歌っていた頃の西城秀樹みたいだったのに…

和尚

気持ちがいいのでみんなで触りまくり(笑)

なんかご利益あるかも

 

 

今日の観光は“柳川”“別府・明礬温泉(湯の花小屋)”のみ

和尚の神々しいアタマのおかげか、ほんと春らしい陽気で気持ちが良かった〜

柳川サクラ

 

 


 

ねこ

柳川パーキングで野良猫とサービス弁当を分け合いながら遅めのランチ(分け合うほどおかずないけど)

 

 

 

柳川では現在、お雛様飾りの“さげもん祭り”で賑わっています

色んなお店や個人宅で自慢のさげもん飾りを披露しているんですが、有料の場所や写真撮影禁止など、結構入りづらいんですよね

そんな柳川でとっておきの穴場を発見!

観光バスが駐車する柳川パーキングのすぐそばにある“杏里ファーム”ってショップ

ドラゴンフルーツなどの南国フルーツのアイスが有名なお店ですが、このお店の斜め前に建つお宅でもさげもん飾りが見れるんです

杏里さげもん

 

 


 

さげもんさげもん

 

 


 

さげもんさげもん

 

 

 

 

どうです?かなり見応えあると思いません?

杏里ファームのオーナーさんは地元、柳川出身

このさげもんは実際にご親戚の方々が使っていたさげもんを集めたんですって

こちらのお宅、入場無料で写真撮影もOK

さげもん

ちょっとした手作りの小物なんかも販売しているのでお土産にいいですよね

 

 

もちろんご自慢の南国アイスも食べることができます

杏里ファームさんは、お店から10分ほどの場所に農園で実際にドラゴンフルーツなどを栽培していて、それが本業なんだとか

柳川に行く度にお店の前は通っていたけど、てっきりアイス屋さんだとばかり思っていました

この場所だと舟下りに行った人でも駐車場に帰ってくる途中に立ち寄れるのでかなり便利!

さっそく今回のお客様にもご案内したら

「ありがとー!いーもん見させてもらったわ!」

ってめっちゃ喜んで頂けました

まさかこんなこんな近くにこんないい場所があったなんて

杏里ファームさん、ありがとうございました!
(ちなみにさげもん祭りは4月3日まで)

 

さて、今夜のお宿は別府温泉の“亀の井ホテル”さん

別府には何度も来てるけど初めて泊まるホテルです

いつもの鉄輪温泉とは違い、別府駅の近くにあるホテルなのでいつもの別府とは一味違った雰囲気

部屋からは別府の夜景も綺麗に見えました

ホテルホテル

 

 

 

 

ホテル

この亀の井ホテルさん、驚くことにホテルの1階に100円ショップと“ジョイフル(ファミレス)”が入っているんですよ(笑)

 

 

 

で、添乗員&乗務員はこのジョイフルが夕食会場(笑)

1人1800円までオーダー可能

ファミレスで1800円ってなかなか食べれんよ

ジョイフル

でも、ホテルの夕食がファミレスなんて他にないよね

いい経験でした(笑)

 

 

あぁ食べ過ぎて胃がイタイ…

日本人の“旅”大解明!

いきなりなんやねん!ってタイトルですが

雑誌

実はコレ

今月の23日に発売された“週間・東洋経済”の特集です

 

 

別にいつもこんなカタイ雑誌を読んでるわけじゃないけど、さすがに旅行業に10年以上籍を置く身としては買わずにはいられないでしょ〜(笑)

 

旅行離れがさけばれる昨今、消費者は旅行に何を求めているのか?

3000人を対象にしたアンケートをもとに実態を探っていきます

雑誌雑誌

 

 

 

 

ま、3000人を対象にしたわりにアンケート自体は

「1年間に何回旅行に行きましたか?」「旅行の目的は何でしたか?」など、ちょっと面白みにかける内容

でも、「情報は何で収集しましたか?」の質問に対して、『旅行雑誌や本で』と回答している人が30%ちょっとに対して、『インターネットで』と答えた人が60%以上って数字には驚いたな

この【ブログな添乗員】も気合入れて情報を発信しないと

 

アンケート結果以外にも、いま観光業界で押さえておきたい話題が盛りだくさん

観光地誘致としてJRと自治体が共同で実施しているDC(ディスティネーションキャンペーン)の候補地“新潟県”や、横浜で開催される今年最大のイベント“開国博Y150”

JR五能線で人気に火がついた全国の「観光列車」

クチコミが盛んな旅行サイトやオールシーズン同料金の伊東園グループ・湯快リゾートなどなど

あ、観光業界で忘れちゃならない我らが“添乗員”

ちゃんと記事が載っていますよ〜

その名も

「見るとやるでは大違い

なかなかツライ裏事情」

ってコーナーで…

夜中2時に「布団替えて」 旅より人好きが添乗員向き

「ずっと雨」も添乗員のせい 辛辣な評価に人間不信も

って

コレ新入社員がみたらどうよ!

 

まぁおっしゃる通りですけど…

 

 

この先、旅行業は何処へ向かうのか?

次なる観光産業のキーワードは?

興味のある方は是非、お近くの書店で“立ち読み”

いや、“お買い求め”さ〜い
(週刊誌なのでお早めに)

 

Picasaって知ってる?

ここ数日のブログ見て何か気付いたことありません?

実はグーグルが無料で提供する【Picasa(ピカサ)】ってソフトで修正した画像を使っているんですよ

ソフトで修正と言っても難しい操作は不要で実にシンプル

ピカサ

[明るさ調整・ハイライト・シャドウ・色温度]

この4つを音楽のボリュームを上げ下げするみたいに調整するだけ

 

 

このピカサを使うと…

例えば先月の皆生温泉ツアーで撮った大山の写真(左下)

ちょっとモヤっとして見えにくかった大山が、ピカサでシャドウの値を調節しただけでハッキリ際立ちました(右下)

ピカサピカサ

 

 

 

 

ピカサを使えばデジカメで撮った写真を、雑誌に載っているようなプロっぽい写真にカンタンに変身させることができるんです

ピカサ

ピカサ

 

 


 

ピカサ

ピカサ

 

 


 

ピカサ

ピカサ

 

 


 

ピカサ

ピカサ

 

 

 

 

特に海など、水がある場所だと効果がハッキリ出ます

ピカサピカサ

 

 


 

ピカサ

ピカサ

 

 


 

ピカサピカサ

 

 


 

ピカサ

ピカサ

 

 

 

 

基本の4つの調整以外にもたくさん機能が付いているので色んな加工が可能

一部だけにピントを合わせて周囲をボヤかしたり

ピカサ

ピカサ

 

 

 

 

色を付ければカラーフラッシュやカラーレンズを使ったみたいな面白い写真に!

ピカサピカサ

 

 

 

 

ちょっと手を加えてこんな加工も…

ピカサ

←先日使ったこのお客様の写真

実は3人の服にはツアーバッチが付いていたんですけど、これもピカサを使って消しました


 

コレすごくない?(笑)

パソコンに眠っている今までに失敗した写真も、ピカサで蘇るかもしれません!

ピカサは元々は画像を整理したりウェブアルバムを作るのがメインのソフトですが、画像編集ソフトとしてもかなり使えます

デジカメをよく使う人なら絶対オススメのソフトですよ

 

Picasa3(←このページからダウンロードできます)

カステラサイダーって知ってる?

昨日の九州高原紀行の帰りの新幹線には後輩もたくさん乗っていたんですが…

別府・長崎のツアー帰りの“ルームシェア添乗員・チサ”が変わった飲み物を持っていました

カステラ

その名も

“かすてらサイダー”

 

 

カステラサイダー!?

カステラカステラ

 

 

 

 

長崎のグラバー園の売店で店員さん一押しってススメられたので買ってきたんですって

確かに長崎と言えばカステラだけど…

カステラとサイダーはないやろ!

しかも材料を見たら、小麦粉を使っている訳でもなく玉子を使っている訳でもない

ミルクセーキみたいなミルクっぽい飲み物なら分かるけど、炭酸ですよ

なぜ、カステラとサイダー???

このギャップが興味をそそりますよね(そそらんか

2本で530円らしいですが(高いっ

気になった方は是非、長崎へ行った際にお試しください

ちなみに、冷やしてから飲むみたいですよ

九州高原紀行3日目♪

最近の天気予報ってよく当たると思いません?

予報通り、昨日の晴天がウソのようにホテルの外は昨晩から雨が降り続いています

ホテル

今朝、朝食会場に行く途中に、何気に“ホテル角萬”さんの家紋のようなマークが目に入ったんですけど…

 


 

なんかディズニーランドみたい(笑)

宮崎

朝一番は熊本県から一気に2時間弱かけて宮崎県の“天岩戸(あまのいわと)神社”

 


 

雨でジトジトしてたけど、神話の舞台だけに雰囲気があって逆に良かったかも

竹の子

あ、売店でこんなモノ売ってました

“干し竹の子”


 

干し椎茸ならよく見るけど、干し竹の子とかあるんですね

食べるときは、水かぬるま湯に半日浸すそうです

今日の昼食は高千穂峡の“千穂の家”

ランチ

連休最終日とあって組み合うので、11時指定だったんですよね

ちょっと早めの昼食です

 

 

昼食を食べている間に雨が止むかなぁ〜って期待していましたが…

人生そんなに甘くはなく、容赦なくドシャ降り
( ̄◇ ̄;)!!

雨雨

 

 


 

苔苔

 

 

 

 

でも、ここも天岩戸神社と同じく“神話のふるさと”

雨でモヤってる方がムードがあります

それに渓谷の岩肌に生い茂った苔が綺麗に映えるし

高千穂

天気は選べないけど気分は自分で選べるしね〜

雨でもこのお客様みたいに陽気にいきましょう♪

 

 

高千穂観光のあとは、昼食時間の関係上、後回しにしていた“白川水源”

水が濁っているか心配でしたが、いつも通り綺麗な水源を見ることができました

水源水源

 

 

 

 

今日は“天岩戸神社”“高千穂峡”と宮崎県の観光地をまわりましたが、桜がけっこう綺麗に咲いていましたよ

サクラサクラ

 

 

 

 

関西の花見ツアーシーズンも、もうすぐですね

最後は“キムチの里”“観光会館はかた”で休憩をとりながら小倉駅へ

心配していた渋滞もなく、順調に小倉駅に到着できました(反対車線はトラックが横転していて大渋滞だったけど

もちろん帰りの新幹線もツアー客だらけ

車掌さんによると18団体が乗っていたそうです

お客様

今回はカーブが多い中の補助席で、体力的にかなり疲れたけど、明るいお客様ばかりで楽しい3日間でした

 

 

 

家に帰ったのは23時半でしたけど…

九州高原紀行2日目♪

ツアー2日目

別府の“海鮮市場”“ゆけむり展望台”をバタバタ立ち寄りながら、バスは“九重夢大吊り橋”

3連休の真っ只中

かなりの混雑を予想していましたが…

まだ午前中だったこともあり、思ったほど混んでいませんでした

吊り橋吊り橋

 

 

 

 

今日はポカポカ陽気で、まさに行楽日和

気持ちい〜なぁ〜ってボケ〜っとしてたら、背後から普段呼ばれることなのい下の名前で呼ぶ声が

 

振り返ると、なんと中学時代の同級生が立ってた!!!
( ̄◇ ̄;)!!

吊り橋

個人で黒川温泉に泊まりに来ていたんだとか

まさかこんな所で会うとは世間も狭いね〜

 

 

あ、4月から駐車場よりに新設している窓口でチケット販売するそうですよ

吊り橋阿蘇

 

 

 

 

吊り橋の見学後は瀬の本高原の“三愛レストハウス”で昼食を食べて阿蘇方面へ

ちょうどこの時期、阿蘇では“野焼き”が行われています

やまなみハイウェイを走っている時も、車道ギリギリまで火が燃えてて、なんだか火の中をドライブしているみたいでした

阿蘇

阿蘇

 

 

 

 

阿蘇では、まず“中岳ロープーウェイ”で火口見物へ

昨日はほとんどガス規制で見学できなかったそうですが、今日はスッキリ全面開放

天気が良くても山頂は12度ほどと涼しかったので上着は持って行ったほうがいいですね

阿蘇阿蘇

 

 


 

阿蘇

阿蘇

 

 

 

 

中岳の火口見学の後は草千里

ここも天気よくて気持ちよかったぁ〜

阿蘇阿蘇

 

 

 

 

阿蘇

いつもよりちょっと長めに時間をとって、のんびり大自然を堪能してもらいました

 

 

 

最後は阿蘇最大の総合レジャー施設“阿蘇ファームランド”

阿蘇阿蘇

 

 

 

 

阿蘇

現在、ミルクファームが改装工事中

正面玄関でお客様を降ろしたあと、バス駐車場へ回送したほうがスムーズかも


 

各観光地でゆっくり時間をとってもホテルには17時には到着

今日のホテルは阿蘇内牧温泉の“ホテル角萬”さん

天気も良かったし、中岳もバッチリ見学できたし

なにより野焼きの炎の中をドライブするという貴重な体験ができて充実した1日でした

阿蘇

夕食を食べたあと、ホテルの外へ散歩に出かけると、なにやら暗闇の中に光が…

そう、これ野焼きの炎なんです


 

ホテルの周辺は阿蘇の外輪山

外へ出てグルっとを見渡すと、所々でまだ野焼きの炎がメラメラしているのが見えるんですよ

京都の“五山送り火”を見てるみたいで、ちょっとトクした気分(笑)

 

さぁ明日は新大阪到着が21時58分の遅い新幹線

長い1日になりそうです

今日から九州高原紀行3日間♪

世間は今日から3連休

今日から別府温泉阿蘇内ノ牧温泉に2泊する九州JRコースの添乗です

お客様集合が早いから今朝は4時起き始発利用…

新大阪

でも新大阪に着いたらさすが連休だけあって、他にも仲間がたくさんいた

朝からみんなハイテンションです(笑)

 

新大阪

今日からのツアーは4台口(うち2台は逆コース)

他のツアーも含め5台分のツアーが同じ新幹線でした

 

 

他社もたくさん同じ新幹線に乗っていたから新幹線の中はスゴイことになってた

新幹線

パンク状態の車内で空いてるデッキを見つけては書き仕事

ほんとJRコースは過酷です

 

 

ほとんどのツアーでお客様の座席がまとまって取れていなくて、みんな長い新幹線の車内を行ったり来たり

フナッシュの担当するツアーもきΝ号車ってバラバラ

おかげで小倉駅到着時には、万歩軒が既に6800歩オーバーになっていました

小倉駅出発後、お客様には移動中にお弁当を食べてもらい、ひたすら湯布院を目指します

添乗員&乗務員は時間がないので湯布院に着いてから遅めのランチ

いつもの“サービス弁当”です…

今日はリッチに湯布院の“金賞コロッケ”を付けてみました(笑)

湯布院弁当

 

 


 

添乗員

あ、湯布院でバッタリ長崎の後輩にバッタリ遭遇(6台口の日帰りツアー)

ご苦労様です

 

 

湯布院のあとは湯の“湯の花小屋”“海地獄”を見学してホテルへ

海地獄では“ヨウコウサクラ”が満開で綺麗でした

サクラ地獄

 

 

 

 

今日はホテルも超満館なようで、添乗員も乗務員も他館(お客様と別のホテル)へ

部屋にはテレビとテーブルのみ

布団は勝手に敷きなはれ状態のマンションのようなビジネスホテルです

別府別府

 

 

 

 

あぁ〜今日は朝からよく歩いたし疲れたぁ〜

さらにお客様は44名

バスは11列だから今回も添乗員は補助席利用

補助席で“やまなみハイウェイ”とかほんとキツいんですけど

首イタイ…

ホエールウォッチングのコツ教えます♪

ホエールウォッチングを実施している会社はたくさんありますが、いったいどこがどう違うのでしょうか?

価格帯は4000円〜5000円と、どこも似たりよったり

正直クジラは自然の生き物なので会社選びより“運しだい”といった部分もありますが、同じ見るなら快適に楽しく見たいですよね

今回の2回のホエールウォッチングを通して感じたこと以下にまとめてみました

あくまでも個人の感想ですが、ホエールウォッチングに行く際の参考にして下さ〜い♪

続きを読む

沖縄で再度、ホエールウォッチング体験!

実は【ホエールウォッチングをしている船をウォッチングツアー】の2日後…

どーもしっくりこないので再度、ホエールウォッチングに参加してきました!(笑)

今回はフリーペーパーじゃなく、専用リーフレットがある大きな会社

クーポンを使っても300円しか安くならないので割安感はなかったけど、設備はさすがでした

船は最新鋭の50名乗り

広々キャビンにトイレは2ヶ所

ドリンクやクジラの生態を説明したオリジナルガイドブック付きなどサービス満点です

沖縄沖縄

 

 


 

沖縄沖縄

 

 

 

 

沖縄

“くじら博士”と呼ばれる経験豊富なガイドがいるのも頼もしいですよね

 

 

 

沖縄

さぁいよいよ2度目のホエールウォッチングに向けて出航です

この日も那覇からケラマ諸島を目指します

 

 

途中、那覇空港の沖合いを通るのでタイミングが良ければ離着陸する飛行機を真下から眺めることができます

沖縄沖縄

 

 

 

 

沖縄

この日は波が高かったけど、さすがに船が大きいので前回とは揺れの質が違った(笑)

 

 

 

2階のデッキで気持ちのいい風を受けていると、遠くでクジラのブロウを発見

と、次の瞬間

クジラがブリーチ!!!

ブリーチとはクジラが体の3分の1を持ち上げて空中でカラダを反らすパフォーマンス
ホエールウォッチングの醍醐味だけどなかなかお目にかかれない

沖縄

絶好のシャッターチャンスの逃してしまい、カメラには大きな水しぶきだけが写っていました…

 

 

 

このあと何度もブロウを発見

周囲に他社の船もない中でゆっくりホエールウォッチング

沖縄

沖縄

 

 

 

 

沖縄

白波とブロウって最初は全然区別できなかったけど、2度目なので目が慣れてきた

 


 

沖縄

クジラはいきなり浮かんでくるので視野は広く広くがホエールウォッチングの鉄則です

 

 

 

沖縄

お、

ブロウのあと、クジラの尾びれが見えてきました


 

沖縄

これは“フルークアップ/ダウン”というパフォーマンス

これもホエールウォッチングらしいパフォーマンスですよね

 

 

ブロウのあとは、いつでも尾びれを見せるとは限りません

沖縄

この尾びれを見せた=潜水を意味します

潜水後は15分〜30分もの間、浮上してきません

 

 

沖縄

潜水後は写真のように、海面に泡がたくさん残ります

 

 

 

尾びれは見たいけど

見たらしばしお別れ

なんとももどかしいクジラちゃんです(笑)

沖縄

沖縄

 

 

 

 

今回は貸切状態でクジラにかぶりつくことができたし、写真には収まらなかったけど、念願のブリーチも3回見れて満足満足(前は尾びれすらハッキリ見えなかったし

ホエールウォッチングって沖縄の大海原をクルージングするだけでも気持ちいいのに、さらにクジラも見れてかなりお得なツアーだと思いますよ

是非一度、沖縄へお越しの際はホエールウォッチングツアーに参加してみてくださいね

沖縄でホエールウォッチング体験♪

先日、沖縄の新たな魅力を探るべく“青の洞窟”に行ったお話しをしましたが…

今回は“ホエールウォッチング”をご紹介

“ホエールウォッチング”と言うと、ハワイなど海外をイメージしますが

実は沖縄は世界でも有数のクジラの繁殖地なんです

毎年12月から4月にかけて“ザトウクジラ”が交尾・出産・子育てため沖縄周辺の海にやってきます

そのうちツアーが催行されるのは1月〜3月いっぱいの場合が多く、1年でも4分の1しか参加できない期間限定ツアーなんです

ホントに沖縄でクジラが見れるの?と疑いたくなりますが、目撃率はどこの会社も“ほぼ100%”で見れなければ【全額返金】もしくは【再度期間内に無料ご招待】という特典付き

出発地は那覇・宜野湾・恩納村と、沖縄でも何ケ所かありますが、ほとんどが那覇から慶良間(ケラマ)諸島へ向かう3時間コースです

さっそくフリーペーパーを見て予約をすることに

最初に電話をした会社は満席だったので、その隣のページに載っていた会社の午前便に参加しました

集合は那覇北アリーナにある、ひなびた漁協組合の事務所…

受付を済ませ酔い止めを飲み、ライフジャケットを装着

いよいよ漁船、いやクルーザーに乗り込みます!

沖縄沖縄

 

 

 

 

この日は快晴でめっちゃ気持ち良かった〜

船が小さいのか、波が高いのか、揺れるなんてもんじゃない

このジェットコースター並みのスリルを味わうだけでも価値がありそう(笑)

沖縄

沖縄


 

 

 

沖縄

沖縄

 

 

 

 

約1時間ほどブッ飛ばしたあたりでクジラの“ブロウ(潮吹き)”を発見

沖縄

クジラは人の目で探すらしく、船員は他の船と無線で連絡を取りながら、このブロウを探して大海原を駆け回ります

 


 

ブロウを発見したら、ここからがホエールウォッチングタイム!

その大きくて優雅なクジラの姿をじっくり眺めます

ん、ちょっと遠いんでない?

沖縄沖縄

 

 


 

沖縄沖縄

 

 

 

 

あれ、先に現場に到着していた他社の大きな船はめっちゃクジラに近い!

い〜な〜…

沖縄沖縄

 

 

 

 

でも出航前に港でツアー会社のスタッフが「クジラから遠くても順番がありますので、焦らずゆっくりお待ちください」って言ってたし、しばらくしたらこちらの船も近くに行けるんだろうと誰もが期待に胸を膨らませ待っていましたが…

順番はまわってくることなく「時間なので帰港します」と時間ギレ

沖縄

他にもこちらと同じくらいの小さな船が、クジラに近づけることなく遠くからモジモジ観察していました

 

 

 

今回乗った船は22名乗り

他社の一般的な船は50〜60名乗り

 

思うにですね

ホエールウォッチングには観光客には分からない暗黙のルールとか会社の上下関係があるようです

沖縄

正直、ちょっと納得できない気持ちを抑えつつ那覇の港に帰るのでした…

ま、天気良かったし、船もスリリングだったし良しとするか

 

 

なんかホエールウォッチングと言うより…

ホエールウォッチングをしてる船をウォッチングって感じやったな

“岩国石人形”って知ってる?

先日の“はぎつわ”ツアーの2日目に行った岩国の錦帯橋(きんたいきょう)

錦帯橋

橋を渡り終えると観光客は吉香公園をブラブラしたり、白ヘビを見たり、ロープーウェイに乗って岩国城へ散策しに出かけますが…

 


 

橋を渡ってすぐ左手にある“岩国石人形ミニ資料館”はスルーしちゃう人が多いんですよね

岩国

岩国

 

 

 

 

皆さん、“岩国石人形”って知っていますか?

人形と言っても、人間が作った人形ではなく

“ムシ”が作った人形なんです(笑)

錦帯橋の下を流れる錦川の川底には“ニンギョウトビケラ”という虫の幼虫が住んでいます

写真左下が幼虫、右下が成虫です

岩国

岩国

 

 


 

で、この幼虫が川の小石を粘液でくっつけて巣を作り、川底の岩なんかにへばりつくそうなんです

岩国

←これが、そのニンギョウトギケラが作った天然の人形石

岩にたくさんの小石が付着してるのがわかりますか?

 

 

この天然の人形石を七福神大名行列などに見立てて加工したのが日本の三大珍品玩具のひとつ

“岩国石人形”なんです

岩国岩国

 

 


 

岩国

岩国

 

 


 

この資料館では、そんな岩国石人形の文化を後世に伝えていくための施設

貴重な資料の展示から販売も行っています 

大きなモノから250円くらいの小さなモノまで種類は様々

資料館のご主人がめちゃ物腰のやわらかい方で、とっても親切に石人形についてお話してくれます

夏になると川に入って自分で石人形を採取したりすることもできるそうですよ

錦帯橋の観光の際は是非、岩国の石人形の歴史にも触れてみてくださいね

 

岩国石人形資料館(ホームページ)

元ツアコンだよ全員集合!〜かっちぃ〜編〜

先日、【元ツアコンだよ全員集合!】のコーナーにメールを頂きました

元ツアコンだよ全員集合!にメールが来るのはほんと久しぶりっ

メールを送って頂いたのは、最近まで関東エリアで添乗員をされていた

アラフォー世代に片足を突っ込んだ(笑)という“かっちぃ〜”さん

かっちぃ〜さんは現在就職活動中とのこと

頑張って新たな世界で活躍してくださいね!

 

今さらですが、このブログでは元添乗員だった方を紹介する

【元ツアコンだよ全員集合!】というコーナーがあります

元添乗員だったそこのアナタ

アナタからのご参加、心よりお待ちしております
m(__)m

詳しくはコチラ

続きを読む

萩温泉ツアー2日目♪

昨日は強風&雪で大荒れの天候でしたが…

今日はめっちゃいい天気

松陰

眩しいくらいの日差しのもと

2日目は萩市内の“松陰神社”からスタート

 

 

今年は【吉田松陰先生150年祭】ということで結構賑わっているみたいです

右下の写真は10月に完成予定の宝物館

松陰松陰

 

 


 

駐車場

バス駐車場も変わっていたのでビックリ

しっかり有料なんですね…

 

 

お次は萩のかまぼこ店【村田蒲鉾】

ここも2月1日から新しい店舗を新にOPEN

広々とした綺麗なお店です

久々に食べたけど、やっぱりここの“萩小町(ちくわ)”はサイコー

村田村田

 

 

 

 

萩の武家屋敷もポカポカ陽気で気持ち良かった〜

萩萩

 

 

 

 

萩市内は最後に萩焼の窯元“城山”に立寄って、秋芳洞

洞内見学のあとはお待ちかねのランチタイム♪

河童

今日のランチは“河童そば”

瓦に見立てた鉄板で茶そばを炒め、ポン酢で食べる郷土料理


 

薄くのばしてパリパリに焼き目をつけて食べるのがポイント

午後は、このコース最後の観光地、岩国の“錦帯橋”

錦帯橋錦帯橋

 

 

 

 

錦帯橋

風が出てきたとは言え、ほんといい天気

昨日の天気はなんだったんだ…

 

 

快晴&日曜とあって、観光客で賑わっていました

アンズの花も綺麗に咲いていましたよ

錦帯橋アンズ

 

 

 

 

帰りも行きと同じく福山駅利用

福山駅周辺もかなり綺麗になりましたね

福山福山

 

 

 

 

久々の福山駅利用だし、“朱華園”で尾道ラーメンか

“八十吉ラーメン”でも食べようかと思いましたが

岩国寿司

今日の夕食はコチラ

岩国名物“岩国寿司”

 

 

オプション弁当を沢山売ったからサービスでもらったんですよ

見た目綺麗だし、上品な味でおいしかったけど…

やっぱりラーメンが食べたかったな

今日から宮島・津和野・萩温泉ツアー2日間♪

今日から山口県の萩温泉に1泊して、宮島・津和野・萩・秋芳洞などをめぐる関西では超定番のJRコース、通称【はぎつわ】の添乗です

昔は全国で一番よく行く観光地が“宮島”“秋芳洞”だったけど、最近はめっきりご無沙汰

ブログでチェックしたら、2007年8月以来の“はぎつわ”です

今朝は4時起き始発利用で新大阪駅へ

なんせ7時35分発の新幹線ですから…

新幹線

福山駅まで利用した“こだま”は今回も500系のぞみの車両を使用

快適♪快適♪

 

 

新幹線

車両は快適だけど、各駅なので次から次へと後続の新幹線に追い抜かれる

福山まで長かったなぁ〜

 

 

福山からは高速で約2時間かけて一気に宮島口へ

宮島口からはフェリーに乗って日本三景のひとつ“宮島”へ渡ります

フェリーフェリー

 

 

 

 

久々に宮島に到着

 

あれ、なんかいつもと様子が違

いつもうじゃうじゃ寄ってくる鹿がいない

実はここ数年前から鹿せんべいの販売を止めたので、鹿が山からあまり下りてこなくなったそうです

宮島宮島

 

 


 

宮島

宮島

 

 

 

 

カキフライ

今日のランチは宮島名物“カキフライ”

あぁ〜お腹いっぱい焼き牡蠣食べたい…

 

 

宮島からはこれまた一気に島根県の津和野まで約2時間の移動

中国道では雪が吹雪いていて、もう少しでチェーン規制がかかるところでした

今日は天気は良かったけど、めっちゃ寒い

全国的にかなり荒れたようですよね

 

津和野では鯉の町“殿町”を見学して、萩温泉へ

殿町

殿町

 

 

 

 

津和野と萩ってすぐそこって感じがしますが、きっちり1時間かかり、ホテルに到着したのは18時すぎ

今日は宮島と殿町しか観光してないのに移動が長い1日でした

今夜のお宿は“萩グランドホテル天空”さん

バイキング

寝不足なので、20分で夕食バイキングを済ませさっさと温泉へ

いや〜今日はカラダが冷え切ったので温泉が身に染みます

 

 

今回のお客様は44名様

正シートは1席空いてるけどお客様の横に座るわけにもいかず添乗員は補助席に着席

久々に補助席使って疲れた〜

補助席にシートベルトないんですけどこれでい〜んですかね?

このご時勢に添乗員が補助席なんてナンセンスにもほどがある

いつになったら43名設定にしてくれるんやろ…

添乗員が怪我してからじゃ遅いよ〜

沖縄の“青の洞窟”って知ってる?

先日、沖縄の新たな魅力を探るべく、普段のツアーでは行かない観光地に行ってきました

色々なオプショナルツアーがある中で、やたら目にするキーワードが“青の洞窟”

“青の洞窟”と言えばイタリアを想像するけど沖縄にもあったんや…

しかもイタリアみたいにボートの上からじゃなく、スキューバダイビングやシュノーケリングで水中から見れるらしい

これは気になる!

と、言うことでお手軽スキューバダイビング2時間コースに参加してきました

持ち物は水着・タオル程度で気軽に参加できます

沖縄

ツアーに必要なウエットスーツ・ライフベスト・ダイビングブーツ・フィン・シュノーケル・軍手をダイビングハウスで受取ります


 

 

10名程度のグループに分かれて、それぞれにハイテンションなインストラクターが同行

自己紹介を済ませ、いざ青の洞窟へ

ボートか何かでアプローチすると思ったら、徒歩にて移動(笑)

ちょっと拍子抜けしますが、インストラクターのお兄さん(通称:ニック)が色々と説明してくれるので“楽しく南国の森をお散歩”といった感じ

約5分ほど歩くと視界が開け、海が見えてきました

沖縄沖縄

 

 


 

沖縄

ここからは階段を下りて海沿いのゴツゴツした場所を移動しなくてはいけません



 

沖縄

沖縄

 

 


 

沖縄

この足場がかなり危ない

片手にはフィンとシュノーケルを持っているので余計危ない


 

さらに崖を登ったりもします(1回だけですけど)

ほんとにこんな場所でシュノーケリングができるのか?

沖縄沖縄

 

 

 

 

崖を登ると岩穴みたいな間をくぐり抜けます

なんだか大阪の“磐船神社”を思い出す(笑)

沖縄沖縄

 

 

 

 

沖縄

岩穴の向こうには洞窟が

そう、ここがお待ちかねの“青の洞窟”です

でも全然青くない
( ̄◇ ̄;)!!

 

 

 

薄暗い洞窟内の海水にフィンを装着して入ってみましょう

この海水がめちゃ冷たい

これが和歌山の“忘帰洞”だったら温かいのに…

沖縄沖縄

 

 


 

沖縄

次から次へとツアー参加者がやってくるので、ひとまず岩の壁をつたいながら奥へと泳いでいきます

 

 

 

そして落ち着いたところで海水に顔をみると・・・

続きを読む

最強食堂で最強のランチを♪

先週に引き続き、今週も沖縄ネタが続いておりますが…

今夜も懲りずに沖縄ネタです(笑)

 

沖縄に“最強食堂”ってロ−カルチェーンのお店があるのご存知ですか?

名前がめちゃインパクトありますよね

看板メニューがこれまた“最強ランチ”と気合入りまくり

しかも530円ってめちゃ安いし

沖縄

沖縄

 

 

 

 

沖縄

沖縄

 

 

 

 

沖縄

料金システムは食券制

単品の沖縄そばから各種定食など豊富なメニューがズラリ

 

 

沖縄そば 180円〜
丼 280円〜
定食 380円〜

と、ほんとどのメニューがワンコインとリーズナブル

そんな中で“沖縄ちゃんぽん”なるものを発見

長崎ちゃんぽんではなく、沖縄風ちゃんぽん?

気になったのでオーダーしてみると…

沖縄

出てきたのは大きな皿に盛られた野菜炒めのようなちゃんぷる

そしてその下にどっさりご飯が隠れています

 

 

“ちゃんぷる丼”って感じかな?

写真ではちょっと分かりずらいですが、すごいボリューム
(食べきれませんでした

味は一般的なチャンプルとはちょっと違ってスパイシーなカレー風味

暑い沖縄の気候にピッタリです

 

どのメニューもボリューム満点ですが、店内にはちゃんと持ち帰り用のタッパーが備え付けられているので持ち帰ることもできるんです

 

沖縄で“どこで何食べていーかわからん”って時に、入って損はないお店だと思いますよ
(国道を走っていると結構目にするので)

是非、沖縄にお越しの際は、最強食堂で最強に安くて、最強にボリュームのあるローカルランチを食べてみてくださいね

35COFFEEって知ってる?

“おきなわワールド”に行った際、売店の端にカフェがあるのを発見

沖縄

いつの間にこんなところにカフェが?

それに“35COFFEE”って何?

 

 

実は“35コーヒー”『サンゴコーヒー』と呼びます

今年の3月5日(サンゴの日)にOPENした新しいお店です

沖縄沖縄

 

 

 

 

提供しているのはサンゴを使用した“サンゴ焙煎”オリジナルコーヒー
サンゴ焙煎…200度に熱したサンゴで、じっくりと焙煎したコーヒー豆

まだ試飲キャンペーン中でカフェとしては運営しておらず、コーヒー豆のみを販売

この35coffee、ただ美味しいだけじゃなくて画期的なシステムの上に運営されています

沖縄の珊瑚礁は近年、地球温暖化の影響などで絶滅の危機に瀕しているそうです

そんな沖縄の珊瑚礁をコーヒーを飲んで守ろうといのがこの“35COFFEE”

 

どのようなシステムかと言うと

いつも飲んでいるコーヒーを35coffeeに変える

100人集まったら沖縄の海にベビー珊瑚を植えつける

 

そう、コーヒーを飲めば飲むほど沖縄の海に珊瑚礁が増えるシステムなんです

さらに売り上げの3.5(←ここもサンゴ)%が沖縄の珊瑚保護活動に使われるそうですよ

なんだか心が和む運動ですね

と、同時に

そこまでしないと沖縄の珊瑚は守れないのか?とちょっと心配になります

 

 

 

現在、沖縄で35コーヒーを取り扱っているのは

この“おきなわワールド”“沖縄フルーツランド”の2ヶ所だそうです

 

珊瑚に限らず、今地球上にある自然を当たり前だと思わず、この先も守り続けていきたいですよね

優美堂さんの乗務員食堂♪

ツアーで“ひめゆりの塔”に行く際、いつもお世話になるドライブインが“優美堂”さん

最近は復路のフライトが早いので優美堂さん店内で昼食を食べる機会がなかったんですけど、昨日は夕方便だったので久々に店内の乗務員用食堂で昼食を食べました

沖縄のドライブインの乗務員食事はバイキングが多いんですけど、ここは(通常)選べるセットメニュー

メニューはご覧の通り

沖縄

カレーライス

幕の内

とうふちゃんぷるー定食

みそ汁

沖縄ソバ

 

 

みそ汁?

 

みそ汁ってメインなのか?ってビックリしますよね

沖縄

でも沖縄で“みそ汁”と言ったら大きな丼に具だくさんのお味噌汁のこと

これだけボリュームあればメインのおかずになりますよね

 

 

沖縄

“とうふちゃんぷるー定食”はこんな感じ

沖縄風炊き込みごはん“じゅーしー”“ミニ沖縄そば”が付いた沖縄満喫ランチです

 

 

久々に優美堂さんのとうふちゃんぷるが食べれて良かった〜

ココのとうふちゃんぷる好きなんですよ

沖縄

乗務員食堂の片隅に“三線”が置いてあるのも沖縄らしいですよね

三線見ると沖縄来た〜って感じがします

 

 

 

あと、優美堂さんと言えば添乗員や乗務員さんにも大人気の“さーたーあんだーぎー”が有名

沖縄

沖縄

 

 

 

 

お店によって味が違うんですけど、ここのサーターアンダーギーは“かぼちゃ味”

おばあが店頭で手作りしているので、お店に行くと揚げたてを食べることができます

これも沖縄に来たら絶対食べて欲しい1品

 

ん〜ブログ書いてたらお腹空いてきた…

もちろんここで紹介した乗務員食堂は一般の方は利用できないんですけど、ちゃんと一般用レストランがあるのでご安心を
(あ、でも“みそ汁”は一般客には出していないそうです

南部観光の際は是非、“優美堂”さんに立ち寄ってみてくださいね

沖縄本島ツアー3日目♪

いつもはお弁当を那覇空港で食べないといけないくらい忙しい3日目ですが、なんと今回は復路のフライトが

17時20分

なので、まさかのホテル10時出発です

沖縄

心配していたグラスボートもなんとか出航

朝一便だったので魚もたくさん見れたそうです

 

 

かりゆしビーチリゾートオーシャンスパって丘の上に建っているので、名前は“ビーチ”だけど意外とビーチから遠いんですよね

沖縄

なのでホテルとビーチ間はシャトルバスで送迎

帰りは時間があるからホテルまで歩いて戻ったけどたっぷり10分かかった

 

 

3日目は南部観光

中部の恩納村(おんなそん)にあるホテルからは、一気に1時間半ほど走ります

沖縄

最初の下車地は“ひめゆりの塔”

やっぱり雨が…

 

 

ここで昼食を食べて、午後は“おきなわワールド”

ここでオススメのスポットがあるんですよね〜

沖縄

こちらの“王国歴史博物館”

沖縄のシンボル“シーサー”のルーツを探ることができます

 

 

シーサーってエジプトのスフィンクスがシルクロードを伝って中国経由で沖縄に入ってきたと言われているんですよね

館内にはアジア各国の獅子が展示されていたり、シーサーの色付け体験コーナーがあります

沖縄沖縄

 

 


 

沖縄沖縄

 

 

 

 

沖縄

色んな国の獅子がある中で、気になるのがこちらのインドネシア製の獅子

なんかキモカワ系で癒されません?

よ〜く見れば見るほど…

 

 

 

 

沖縄

ほら・・・(笑)

 

 

 

沖縄

最後は空港近くのお土産さんに立ち寄って空港へ

結局今日はグラスボート以外はずーーーっと雨でした

 

 

3日間通して雨が降ったり止んだりだったけど、なんだか晴れやかで楽しい3日間だったな〜

きっと陽気なお客様と乗務員さんのお陰だな

自分でもいつも以上にテンション高かったと思うし(笑)

沖縄

写真は天然でめちゃ可愛い沖縄バスのYさんと仲良し3人組みのお客様

 

 

 

この仲良し3人組みは幼なじみなんですけど、こうやって3人揃って旅行に行くのは40年振りなんですって

今日、その話を聞くまで頻繁に旅行に行ってる旅行仲間かとばかり思ってた

そんな記念すべきご旅行に当社をご利用頂きありがとうございます
m(__)m

ちなみにその中の一人のお客様は新婚旅行も当社ご利用だったとか(笑)

色んな思いを抱いてお客様は旅行に来られているんだなぁ〜と改めて感じました

そんな期待を裏切らないようにしないと

いや、期待以上の思い出を作りたいですよね

 

話は変わって…

関空に着いたらこんな看板が目の前に飛び込んできた

TUTAYA

関空

OPEN June 2009

Coming Soon!!!!

 

 

関空ばっかり進化しすぎやろ!

沖縄本島ツアー2日目♪

寝れないかもー

とか言いながらぐっすり熟睡して迎えた2日目

060309 004

今日は“沖縄黒糖”からスタート

ここの黒糖カステラも美味しいけど、サーターアンダーギーも美味

 

 

沖縄

黒糖工場の次は“琉球村”

琉球村はほんと、のどかでいいですね〜

一度個人でゆっくり見学したいな

 

沖縄沖縄

 

 

 

 

今日の沖縄は、朝から雨が降ったり止んだり

おまけに風も強いから、次の“万座毛”での団体写真は諦めてたけど、見事に万座毛の見学中は日差しがさしてくれました!

沖縄

沖縄

 

 

 

 

万座毛の次は“森のガラス館”

工房の横にイヌが何匹かいるんですけど、最近仔犬が生まれたそうですよ

沖縄

沖縄

 

 

 

 

今日は昼食が遅いから、乗務員さんと“ぜんざい”を食べてちょっと腹ごしらえ

先月に来た時のぜんざいは“冷たい”ぜんざいでしたが、今日は寒いので“温かい”ぜんざいです(笑)

具は小豆の他に、白玉と麦が入っていました

沖縄沖縄

 

 

 

 

沖縄

このあと“沖縄フルーツランド”で昼食を食べて午後は“沖縄海洋博公園”

 

 

いつもは“美ら海水族館”で時間がなくなってしまうので、今回は水族館には入館せず、“海がめ館”に行ってきました

沖縄

ここは水面と水中、両方から海がめをじっくり観察することができます

ドライバーさんに勧められて行ったんですけど、ここい〜ですよ

 

美ら海水族館ほど人も多くないし、ボケ〜っと海ガメが気持ちよさそうに泳ぐ姿を見ていると、心が癒されます

沖縄沖縄

 

 


 

沖縄沖縄

 

 

 

 

最後は名護の“パイナップルパーク”に立寄ってホテルへ

今日の宿泊は“かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ”

もちろん夕食は“ひとり焼肉”

沖縄

沖縄

 

 

 

 

沖縄

デザートに“たんかん”を食べたんですけど、甘くて美味しかった〜

今年の沖縄はたんかんが豊作だったみたいですよ

 

 

 

現在、外はどしゃぶりの雨

明日、朝からグラスボートなんだけどな〜…

今日から沖縄本島3日間♪

今日から沖縄本島3日間ツアーの添乗です

伊丹

今朝も関西地方は冷え込んだけど、伊丹空港上空はいい天気♪

往路は直行便ではなく経由便です

 

 

北海道や沖縄に行くときは経由便が多いけど、大抵は羽田空港でしょ

でも今回の経由はなんと熊本空港
(九州のツアーでもめったに使わないのに

熊本

しかも到着したゲートが次の搭乗口

そう、今乗ってきた飛行機に再度乗り換えです

 

 

熊本空港でちょっと時間があったので売店を覗くと“馬肉コロッケバーガー”なるモノを発見

さすが馬肉が有名な熊本

熊本熊本

 

 

 

 

あ、あと搭乗口に置いてあったANAさんオリジナルインフォメーションボードも技アリでしたよ

気温や天気に加えて“人気お土産ランキング”が載っていました

なんかアットホームでいいですよね〜

ANAANA

 

 

 

 

今日の沖縄はぐずついたお天気

週間天気予報見てたら今週はずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと雨か曇りマーク…

沖縄

それでも“守礼の門”では日差しが

やっぱりツイてるぅ〜

 

 

沖縄

と喜んだのも束の間

その10分後にはバケツをひっくり返したような雨に…

 

 

現在、首里城公園のあちこちでは改修工事が行われています

正殿前の“奉神門”も足場で覆われていました

沖縄沖縄

 

 

 

 

今日は首里城の見学の後、DFSギャラリア(免税店)に寄って那覇市内のホテルへ

宿泊先は前回同様“沖縄ナハナホテル”

国際通りにもアプローチしやすい立地のお洒落なシティホテルです

沖縄沖縄

 

 

 

 

夕食今夜の夕食は“サムズレストラン”のシーフード弁当

いつもステーキだから今回初めてシーフードをオーダーしてみました

 

エビ

予想外にボリュームあって大満足

サムズやっぱウマイわ

 

 

さて、今夜は昨日予告していたように“今日のブロガー”掲載日

もう皆さん、アクセスしてくれました?

 

載ってる載ってる

さわやかな笑顔の添乗員が

ブログ

自分のブログが紹介されているページを見ながら、一人ホテルの部屋でニヤニヤ

 

 

 

ヤバイ、見とれすぎて今夜寝れないかもっ(笑)

【今日のブロガー】掲載予告♪

「livedoorが選ぶ今日のブロガー」というブログがあるのですが…

なんと、この「ブログな添乗員」が紹介されることになりました

ライブドアのトップページにも載るんですって

 

要チェックです!

 

掲載予定日

3月5日18:00〜翌10:00

 

ライブドア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん携帯版ライブドアでも見れるので是非、アクセスしてみてくださいね

livedoor(ポータルサイト)

今日のブロガー(ライブドアブログ)

浴衣の向きって左前?右前?

先日、バスガイド兼女将をしている「弁当屋うえの屋女将」さんから、こんなコメントを頂きました

 

先日SОSとのバス会社からの電話で一泊でガイドとして行った時の事
温泉に入り出ようとすると、、若い二人が「右左、」と声を掛けられ「右下左上ですよ」と教えて差し上げました。浴衣の着方で戸惑っていらっしゃったのです。昔なら当たり前の浴衣や着物ですので、添乗員さんホテル旅館で浴衣でどうぞ、、と言う時、ホテル入りの前にお知らせして下されば若い方々も恥を欠かずに済むかな、、と思った旅でした。これが逆左下右上は、亡くなった時との事です。
右下左上男も女も一緒でーす。
勿論翌日バスの中でお客様との会話にさせて貰いました。

 

 

なるほど

正直、自分では添乗先や旅先で浴衣着ないし、お客様の浴衣の向きも深く考えた事はなかった

ただ恥ずかしながら…

浴衣の向きって洋服と同じで男女逆だと思ってました

ネットで調べてみると「左前」とか「右前」って言葉が出てくるけど「前って自分から見て前なのか、相手から見て前なのかどっちやねん!」ってよけい頭がこんがらがる

弁当屋うえの屋女将さんのように「右下左上」って表現が一番わかりやすいですよね

浴衣

イメージしずらい方はこちらのモデルさん(後輩あやぢ)をご覧ください(笑)

 

一般的に利き手は右手の人が多いですよね

その右手がスッと懐に入る方を上にすればバッチリです

 

 

 

これから卒業旅行や春休みの旅行のシーズン

浴衣

温泉ツアーにも若いお客様が参加する機会が多くなると思うので、添乗員やガイドさんからひと言アドバイスするのもいいかもしれませんね

(ちなみに写真は後輩の同期旅行)

 

 

せっかく浴衣を着て温泉街を歩いても

「あ、死人が歩いてる(-_-)」

なんて後ろ指されたらガッカリですもんね

正しく浴衣を着こなして温泉情緒を満喫してくださいね〜

 

旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
funa888◆gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・