ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

2010年08月

天人峡で後輩ハルカが!!!

ニュースでもご存知の通り、北海道の天人峡温泉に通じる道路が土砂崩れにより道路が崩落

多くの宿泊客とホテル従業員が孤立してしまう被害が発生しました

201008241443000201008241119000

 

 

 

201008241117000

その宿泊者の中には後輩ハルカと、お客様29名(幼児含む)がいたんです

昨日、社内ではこのニュースでもちきり

現地とはなかなか電波が通じず心配しましたが…

 

 

 

 

 

本日、無事に自衛隊のヘリで天人峡を脱出しました

お客様とハルカは昨晩は天人峡で延泊

今日は昨日行く予定だった旭山動物園へ

明日のお昼にはお客様全員揃って伊丹に帰ってくる予定です

201008251108000201008251109000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201008251126000

夜にハルカと電話で話しましたが、いたって元気

ヘリで脱出する際、頭の中にはずっとエアロスミス(あの映画「アルマゲドン」の曲)が流れていたんだとか…

 

こーゆーとき、添乗員は少しくらい能天気な方がお客様は安心するのかもしれませんね(笑)

 

 

 

 

お客様とハルカは無事に脱出できましたが、現地の復興作業はこれから大変だと思います

少しでも早く復興して欲しいですね

 

ハルカ〜お疲れ様でした!

今夜は札幌でゆっくり休んでね!

※写真はハルカが撮影

14連勤最終日!

いよいよ14連勤も最終日

今日も社内報編集の合間に従業員食堂でブログを更新中

 

この2週間で【志賀高原→山鹿灯籠まつり→みどころ東北→北山川イカダ下り】と4本のツアーに出ました

前半の志賀高原ツアーで利用した名古屋駅、初体験の山鹿灯籠まつりにはハラハラしたけど、たくさんの方々のご協力のおかげで無事クリアできました

体力的にも精神的にもあと2週間は休みなしでいけるな〜(笑)

 

気づけば今日は8月の給料日

もう夏も終わりですね…

 

と、いうことで明日からしばらくの間、ブログをお休みさせて頂きます!!

添乗も編集もブログもしばしの間忘れて、少しゆっくりしよ〜っと

060810 006s

←琵琶湖で釣ったブラックバス【48cm】

今年の数少ない夏の思い出(笑)

 

 

 

残暑を乗り切るクールなアイテム♪

14連勤13日目〜

昨日からは終日パソコンの前にかぶりつきで社内報の作成に励んでおります

最近はアルペンルートやら志賀高原やら涼しげな場所が多かったけど、やっぱり街中はまだまだ暑いんですね…

300710 012

と言う事で、今日はデスクワークと添乗先で愛用している、暑さ対策の便利グッズを2点ご紹介します!

 

 

 

300710 009

まずはコチラ

添乗先でも会社の中でも大活躍、小林製薬の

【シャツクール】です

 

衣類にシュッと吹きかけるだけでヒンヤリ爽快

時間が経っても汗をかくたびに冷え冷え感がよみがえってくる優れモノです

個人的には腿や膝の裏をズボンの上から吹きかけるのがお気に入り

上半身はうちわや扇風機で冷やせても、下半身はなかなか冷やせませんからね〜

あ、あまりに暑いからって、くれぐれも直接地肌に吹きかけないようにご注意ください

 

 

300710 014

お次は社内報の作成や添乗準備時に愛用している

【USBどこでもでか用扇風機】

もちろん電源はUSBからなので電池不要です

 

家電量販店のパソコン周辺コーナーに行けば色んなタイプの扇風機がありますが、そんな中でもこの扇風機はクラス最大級の送風力!

なのに約40mmと薄いので、散らかったデスクの上でも場所を選びません

300710 010

さらに強力なマグネットを内蔵しているのでキャビネットなどに固定して、足元を冷やすことだってできるんです♪


 

 

他にもノートパソコンが加熱するのを防いだり、女性ならマニキュアを乾かしたりと、シンプルなデザインなので使い方は色々

仕事中、カッとなった頭を冷やすのにもいいですね(笑)

皆さんもしっかり暑さ対策をして、元気に残暑を乗り切りましょう!

北山川のイカダ下りツアー【乗船編】

それではいよいよ筏下りがスタート!

024

出発してさっそく急流が現れるので、両サイドにある手すりをしっかり握ります

皆さん、心の準備はいいですか〜

 

ザワザワと膝まで水しぶきがかかってきてきます

筏が左右に揺られ、さながら遊園地の絶叫マシン気分

025026

 

 

 

 

027

急流を抜けたと思ったら一息つく間もなく次の急流が迫ります

右前方では業者のカメラマンが撮影のためにスタンバイ(道の駅にて販売)


 

白く泡だった急流の中を水しぶきを浴びながら進みます

これぞまさに筏下り!って感じで爽快!!

028029

 

 

 

 

034

でもこのあと川の流れは急に緩やかになります

流れてるの?ってくらい(笑)

 

 

038

ほとんど流れがないので、推進力は筏師さんの腕にかかっています

かなりの力仕事です

 

 

筏下り中は、急流を通過する際は立って手すりにつかまりふんばります

で、通過し終えたら足元にあるベンチのような場所にビニールシートを敷いて座るんです

036033

 

 

 

 

037

途中、流れの緩やかな場所でじゃばらジュースが配られました!

前はこんなサービスなかったな〜

大自然の中で飲む甘酸っぱいジュースは最高!

 

039

お、油断してるとまた急流が

左右に岩がゴツゴツしててワイルドなポイントです

 

 

040041

 

 

 

 

043

と思ったらまた緩やかな流れに…

そう、筏下りは立ったり座ったりの繰り返し

急流ポイントは全体で5ヶ所ほどです

 

急流以外の場所ではのんびり鳥のさえずりを聞いたり、さわやかな風を感じて自然を満喫

なんとものどかでいいですよね〜

044045

 

 

 

 

70分間の筏下りはあっという間に終了

筏師の皆さん、お疲れ様でした

048049

 

 

 

 

このあと“おくとろ温泉”に入浴して汗を流し

柿の葉寿司の“たなか”さんに立ち寄って大阪へと帰ったのでした

054053

 

 

 

 

047

北山川の筏下りは5月〜月まで運行

月によって運行日と料金が違いますが、9月は土・日・祝日が運航日

料金は大人6000円、小学生3000円です

 

 

 

ちなみに年齢制限がございまして…

対象者は満10歳以上、満70歳以下の“健康な”方

だそうです

 

皆さんも是非一度、北山川で筏下りを楽しんでみてくださいね!

もっとスリリングな体験がしたい!

という方はこの記事参照→「遅くなったけどラフティング報告」(2006年11月7日)

 

北山村観光筏下り(北山村公式ホームページより)

北山川のイカダ下りツアー【準備編】

いよいよ今日が14連勤最後の添乗です

やって来たのは和歌山県の“北山村”

和歌山県なのに、三重県と奈良県にしか隣接しない日本で唯一の“飛び地”

そして、ここでしか獲れない幻の果“じゃばら”の生産地として知られる小さな村です

051

009

 

 

 

 

ここで今日は観光用として運行している“筏下り”を体験!

梅田を7時に出発して、道の駅で2回休憩

3つめの道の駅が北山村の【おくとろ公園】

筏下りの送迎バスも、筏下り後に入浴するおくとろ温泉も、この敷地内にあるので便利です

050002

 

 

 

 

受付で注意事項が書かれた紙と、筏に敷くシート

そして乗船券を受け取ります

乗船券は特に必要ないので後から配ってもOK

裏面に筏の号車番号がかかれています

イカダは 銑9翦気泙任△蝓△修譴召貭螳は20名

003012

 

 

 

 

お客様は送迎バス出発までに筏下りに適した服装に着替えます

トイレとは別に更衣室も完備

貴重品はロッカーに預けましょう

006005

 

 

 

 

筏下りの場所まで移動する送迎バスの出発は13時

それまでに各自お弁当を食べてもらいます

道の駅の施設内でも食べれますし、公園にBBQ用のイス&テーブルもあります

昔ここでYOCのメンバーでBBQしたな〜

004008

 

 

 

 

001

それにしても、今日のお弁当

ちょっと貧相じゃない?

配るのが恥ずかしかった…

 

 

010

はい、それでは送迎バス出発まで時間があるので

お客様の筏下りスタイルのファッションチェ〜ック!

 

 

ちなみに筏下りスタイルとは

■膝までまくり上げられるズボン(短パンや海パンがベスト)
■濡れてもいい靴(ビーチサンダルなどで素足は不可)

以上2点が基本になります

011015

 

 


 

014013

 

 

 

 

ん〜〜ちょっと勢いだけのお客様もいない訳ではないですが…

まぁ良しとしましょう(笑)

 

13時になったら送迎バスにて“オトノリ”と呼ばれる乗船所へ向かいます(一般のお客様と混載)

016017

 

 

 

 

018

川辺へ降りる際はサンダルで歩きにくいので、足元に十分注意しましょう!

 

 

 

筏師さんから注意事項の説明を聞いたあとは、あらかじめ振り分けてある番号( 銑)の筏ごとに乗船します

020

021

 

 

 

 

022

筏の上で救命胴衣を着たら準備はOK!

いよいよ筏下りのスタートです!

 

 

と、ここで

今夜はもう遅いので続きは明日に…

みどころ東北ツアー3日目♪

最終日はゆっくり9時にホテルを出発して、平泉の中尊寺

003

ちょっと夏の日差しは和らいだものの、蝉の合唱はいまだ健在

蝉の鳴き声もあとどれくらい聞けるのかな〜

 

 

平泉レストハウスで早めの昼食を済ませ、松島へと向かいます

今日は天気もいいし時間に余裕もあったので、久々に松島遊覧船に乗船してきました

大小様々な奇岩や島をめぐる遊覧船ですが…

009010

 

 

 

 

お客様は景色そっちのけでカモメの餌やりに夢中!(笑)

005006

 

 

 

 

大人も子どもも、かっぱえびせん買い増し買い増しでカモメと戯れていました

最近では生態保護の観点から、カモメへの餌やりは禁止って船も多いですよね

ここでは餌売りまくり&あげまくりです(笑)

013008

 

 

 

 

最後は笹かまぼこの老舗“鐘崎”さんに立ち寄って空港へと向かいました

014

鐘崎さんでこんな季節限定の笹かまを発見!

ホヤです、ホヤ(笑)

それ程クセもなく美味しかったですよ

 

仙台空港ではちょっと嬉しいニュースが

015

今までバスの乗降はターミナル横の駐車場のみでしたが

最近になって路線バスの待機枠が空いたので、観光バスの【降車専用】スペースが設けられたんです!

 

 

 

 

016

バスを降りてすぐにターミナルに入れるので、大きな荷物やお土産を持ったツアー客にとってはかなり便利になりました


 

 

ありがとう仙台空港さん!!!

 

今回のみどころ東北ツアー

お客様&乗務員さんは協力的だったし

2日目の昼食も中尊寺もセットだったし

ホテルの出発もゆっくりだったし

販売するOP昼食&松島遊覧は1000円ポッキリで売りやすかったし

なんだかとってもストレスフリーで快適でした

これにて14連勤10日目が終了!

017

伊丹空港でブログを更新し、モノレール駅へ続く陸橋に差し掛かると、何やら人だかりができていました

 


 

018

おぉー花火だ!!!

今日は猪名川の花火大会なんですね

前、YOCのみんなで見に行ったな〜

 

ちょっとここで花火で癒されたいけど…

そんな暇はない!

明日は4時起きで北山川のイカダ下りに行ってきます!!!

みどころ東北ツアー2日目♪

みどころ東北ツアー2日目は十和田湖遊覧船からスタート

ホテルを出発し、ちょこっと挨拶をしたら休屋(やすみや)桟橋に到着

ここから子の口(ねのくち)桟橋まで、約50分間の湖上遊覧です

002003

 

 

 

 

001

今日乗った船は双胴船の【第3八甲田】

2階席は向かい合わせで、テーブルまで完備


 

他に乗客がいなかったのでゆったり寛げました

 

このあと奥入瀬渓流・睡蓮沼を見学

004

005

 

 

 

 

城ヶ倉大橋は下車して歩いて渡りました

007

006

 

 

 

 

ん〜なんとも爽快な眺めです

最近、こーゆー場所に立つとやたらバンジージャンプをしたくなる

なんか、大自然の中に「うわぁぁぁ〜」って叫びながらダイブしたい!

どっかいい場所ないかな〜

008009

 

 

 

 

010

このあと鹿角で遅めのお昼を食べて、八幡平の頂上付近を散策

今夜の宿泊先、花巻温泉には16時半に到着できました

 

 

この花巻温泉

011

ホテル紅葉館・ホテル花巻・ホテル千秋閣って3館が連絡通路でつながっていて、お風呂も3館楽しめます

 

 

 

さ、そろそろバイキングの夕食を食べに行こ〜かな〜

ここのバイキング、結構評判いいんですよね

14連勤もまだ5日残ってることだし!

しっかりスタミナつくもの食べて来よっと!

今日からみどころ東北3日間♪

14連勤もいよいよ後半戦!

残すところ添乗はあと2本です

今日からは十和田・松島・中尊寺をめぐる東北3日間ツアーの添乗です

昨日会社からANAに確認すると、利用する仙台便は満席

どうしても席が通路挟みになるお客様が多数でてしまうので、今朝は早めに伊丹空港へ向かいました

001

早めにスタンバイして頑張ったので、ちょっと自分にご褒美

センダーの後輩“ナルミ”とスタバでお茶する時間がもてました

3分ほど…


店内では、なんだか見慣れない派手なタンブラーが置いてあるのを発見!

これ、伊丹空港店のスタッフがデザインしたクリエイトタンブラー用の台紙なんですって

このお店でクリエイトタンブラーを購入すると無料でプレゼントしてくれるそうですよ

003002

 

 

 

 

さてさて、今日の行程はひたすらホテルへ向かうのみ

ゆーても宮城県の仙台空港から青森県秋田県の県境にある十和田湖畔温泉までだから、そう簡単には着きません

東北道の長者原SA・岩手山SA、大湯の平塚果樹園さんと3回休憩をはさみました

004

平塚果樹園さんでこんな寂しい光景が

ブログのPRボックスが小物入れになってるし!(箱を捨てられなかっただけマシか

 

 

平塚果樹園さんを出発しようと思ったら、4日間ツアーで添乗中の後輩“ハルカ”が入ってきた

先日の山鹿ツアーでお世話になった祐徳バスのバスガイド“ノダメ”(写真右)

ウチの会社の後輩“ハルカ”(写真左)

やっぱ似てるわ…(笑)

006

009

 

 

 

 

007

予定ではこの後ホテル直行でしたが、車窓だった“発荷峠”で写真タイム〜

天気もいいし、今日は他に下車観光ないし


 

ほんとは今日の昼食をSAで案内してたんですけど、移動中の車内で済ませてもらったから時間に余裕があったんですよね

お客様のご協力を下車観光で還元です(笑)

 

今夜のお宿は毎度お世話になってる十和田湖畔温泉の“十和田荘”さん

発荷峠に寄っても予定より30分以上早くチェックインすることができました

 

あ〜体力はまだまだいけるのに右手が痛い…

005

実は先日、阿蘇のホテルで右手を打撲したんです

昨日、出社前に大阪駅前第3ビルに入っている整形外科に立ち寄ってきました

 

 

その病院の問診票がちょっと面白かった

質問事項が両面にわたってズラっと書かれていました

例えば…

「何をするのもおっくうで、根気がない」

「体のことが気になる」

とか、怪我と関係ないやん!って質問ばっかり

思わず玄関の扉で“整形外科”って書いてあるのを確かめに行ってしまった(笑)

しかも「体のことが気になる」って抽象的すぎて意味がよくわからんし

でも先生はとっても親切でいい病院でした

 

皆さんも残り少ない夏を楽しむために、怪我には十分注意しましょうね!!!

山鹿の「灯篭みくじ」って知ってる?

山鹿灯籠まつりツアーで後輩どんぐりに案内してもらった“大宮神社”

083

灯籠まつりのクライマックス“上がり灯籠”が行われる神社で、神社前にはイベント広場も設けられていました

 

 

 

そんな大宮神社でちょっと変わったおみくじがあるそうなので、3人でおみくじをひいてみました

071072

 

 

 

 

073

普通に大吉とか書いてあるんですが、裏に当たり外れが書いてあるんですね

結果は3人も参加賞の“長寿箸”でした…(笑)

 

 

で、何が当たるのかというと…

去年に大宮神社に奉納された灯籠が当たるんです!

灯籠の種類は小さいものから大きなものまで様々

074075

 

 

 

 

「そろそろ当たってもらわないと困るんだよね〜」なんて神社の方がお話をしていると…

となりで「3番の灯籠!!!」って声

なんと隣でおみくじを引いていた人が当たったようです

運ばれてきたのはかなり大きな灯籠です!!

見事当てたのは地元の若いご夫婦

076079

 

 

 

 

080

この大物ゲットに地元のテレビ局もかけつけてきました(笑)

今年初めてのチャレンジで、10枚目にしてゲットしたそうです(ちなみに1回300円)

 

 

注意書きに大きく「お一人様20回まで」って書いてあるってことは、当てにいくにはおみくじの大人買いが必須ってことですな(笑)

081

テレビの取材を終え、大きな灯籠をかかえて帰っていくお二人

いや〜なんだか自分が当たった訳じゃないけど、なんだか縁起がいいですよね

 

 

後でどんぐりパパに聞いた話ですが

この灯籠、当たってもケースを特注しないといけないので、そのケース代がばかにならないんだとか…

 

来年、山鹿灯籠祭りに行かれる添乗員&バスガイドの皆さん、お客様に案内してみてはいかがですか?

翌朝、「これバスのトランクに積んでもらえる〜?」とか言って、でっかい灯籠持って来られても困りますが(笑)


 

それでは今日も大阪は暑いので、最後に情緒あふれる山鹿の風景をお送りします

018

020

 



 

 

021

019

 



 

 

047

045

 




 

050

051

 

 


 

053056

 

 

 

 

 

 

 

あ〜来年の夏も山鹿に行きたいな〜

 

山鹿灯籠まつりと九州涼景めぐりツアー3日目♪

ツアー3日目は阿蘇の“草千里”

バス車内で朝の挨拶をしていた時は

「今日もいいお天気に恵まれましたね〜」なんて言ってたのに

001

いつの間にやら霧の中…

子どもたちに草原で寝そべる赤牛を見せてあげたかったな〜

 

 

中岳ロープウェイも上がれはしましたが、やっぱり火口は霧とガスの中

なんか今月、ロープウェイとか乗り物多いな…

003002

 

 

 

 

阿蘇のあとは熊本県を離れ宮崎県へ

宮崎県の涼景と言えば

そう、“高千穂峡”

004006

 

 

 

 

008

菊池渓谷ほどの涼しさはないものの、やっぱり夏の高千穂はいいですね〜

しばらく営業を停止してたボートは再開していましたが、真名井の滝の手前でロープが張られていました

 

 

 

 

いや〜それにしても暑い!

暑い夏にはソフトクリーム!

と言う事で、ガイドさんもオススメする“日向夏のソフトクリーム”でしばし休憩!

009

それにしても今回のガイドさん

ウチの後輩の“ハルカ”にそっくりだな〜…

 

 

高千穂で昼食をとったあとは“天岩戸(あまのいわと)神社”

今回はいつも時間がなくて行けない“天安河原(あまのやすがわら)”に初チャレンジ!

014015

 

 

 

 

天岩戸神社からさらに奥に進みます
(駐車場からだと、ここ見るだけで往復30分近くかかるかな)

 

おぉ〜なんとも神秘的な場所じゃないですか!

なんか佐渡にある“賽の河原”をちょっと爽やかにした感じ?

水も冷たくって気持ち良かったです

016020

 

 

 

 

今にも神様が舞い降りてきそうですよね〜

九州涼景めぐりを締めくくるにふさわしい場所なのでした

022019

 

 

 

 

このあとは高速で1度休憩を入れてひたすらJR小倉駅へ

新幹線では途中、急病人が発生して徳山駅に臨時停車した影響で、予定より10分ほど遅れて新大阪駅に22時すぎに到着ました

同じ列車には後輩の“コロ助”“けいすけ”

あまりに暑いので、新大阪駅のコンビニで缶ビール買って立ち飲みして帰りました(笑)

024

コロは連添で明日も6時すぎに新大阪スタンバイと言う事で、自腹で近くのホテルに後泊するそうです

お互い連勤がんばろうね!

 

 

「で、けいすけは?」って聞いたら

「あ、ぼく明日休みっすー♪」

「・・・

 

これにて14連勤6日目が終了

よし、明日会社行ったら折り返し地点だ!

癒しの空間「天聽の蔵」

昨日の山鹿灯籠まつりで、鳥肌が立つほど素敵なスポットに出会いました

それが

「天聽(てんちょう)の蔵」

最初、面白そうな駄菓子屋さんだな〜って何気に中に入ったんです

022023

 

 

 

 

店内はタイムスリップしたんじゃないかと思うほどノスタルジック

地元の中学生がまた映画がから飛び出てきたようなキャラで、いい味出してるんだな〜

025026

 

 


 

031030

 

 

 

 

駄菓子以外にも灯籠のストラップや、手づくりアクセサリーなんかも販売していました

043032

 

 

 

 

庭ではヨーヨーすくいやカキ氷

なんとも日本の夏らしい風景が広がっていました

029033

 

 

 

 

駄菓子屋を突き抜け中庭に出ると、さらに奥に蔵があります

元々この場所は酒蔵さん

その蔵を色々なイベントや活動の拠点に使っているそうです
(この日は写真家のオカマツトモキさんの写真展が開催)

034035

 

 

 

 

028

蔵へと続く通路には足湯が

そしてBGMが切なくて泣かしてくれます

この空間に一歩足を踏み入れた瞬間、ほんと涙が出そうになりました

 

 

 

日も落ち始めて、さらにムードが良くなってきた

042

037

 

 


 

038

040

 

 

 

 

041

提灯の灯りの下で無邪気に走り回る子どもたち

ずっとここにいたくなるような、優しい空気が漂っていました

 

 

で、一夜明け…

108

今日はガイドさんを引き連れて再度、天聽さんに遊びに行ってきました

 

 


蔵の中ではナニやら作業をしている人たちがいますね

107

103

 

 

 

 

実は、この日の夕方行にわれる予定の「仮面行列」の準備をしていたんです

このイベントは“風吹きからす”という団体が主催しているイベントで、山鹿市教育委員会も後援しています

106

105

 

 

 

 

104

絵本作家の方をお招きするという珍しいイベント

今年は“とよたかずひこ”さんと“飯野和好”さんが参加していました

 

 

毎年、山鹿灯籠まつりの2日目に仮面行列を行っているそうです

これ、子どもだけじゃなく、大人も楽しいだろ〜な〜

 

このブログをご覧の旅行会社の皆さん

家族向けのツアーで

山鹿灯籠まつりと仮面行列
〜絵本作家と一緒に仮面を作って行進しよう♪〜

なんてツアーいかがですか?

絶対いい思い出になると思いますよ〜

スタッフの方が「ツアーのお客様も是非参加して下さい!」って言ってましたから

天聽さんでは他にも蔵を使った色んなイベントを開催予定
毎月第4土曜には「天聽 癒しの蔵祭」が行われています)

是非、山鹿にお越しの際は「天聽」さんで癒されてくださいね!

ってゆーか天聽さんを目的に、また山鹿に行きたい!!!

 

天聽の蔵(ホームページ)

山鹿灯籠まつりと九州涼景めぐりツアー2日目♪

昨日はブログを更新した後、寝たのが2時すぎ…

でも大丈夫!

今日は祭りの翌日と言う事で、ホテルをゆっくり10時に出発です

102

今日は山鹿市内のシンボル的存在の“八千代座”を中心に町並み散策からスタート

 

 

 

八千代座は明治43年に建てられた国指定重要文化財の芝居小屋

江戸時代の芝居小屋の特徴を残しながらも、和洋折衷のモダンな様式が見事です

100099

 

 

 

 

097101

 

 

 

 

山鹿の町も、昨日の賑わいが嘘のように穏やかですね

109113

 

 

 

 

110

さすが灯篭の町

街灯も、車両止めも、郵便ポストも

灯籠だらけ(笑)

111112

 

 

 

 

お昼は山鹿から15分ほど離れた道の駅“菊水の里”さんでセイロ蒸し御膳を頂きました

これ、めっちゃ美味しかったです

写真には写っていませんが、冷たい稲庭うどんもサイコーでした!

114115

 

 

 

 

116

さらに食事を終えて出発した際、お店の方が見えなくなるまで見送ってくれました

ん〜どんだけ熊本いい人が多いんだよ!!!

 

 

117

お腹も心も満たされたところで午後の観光

炎天下の中での“熊本城”

一見「涼景」とは程遠い感じがしますが…

 

頑張ってのぼると天守閣には爽やかな風が吹き抜けていました

ほら、画面から風

吹いてきません?(笑

119118

 

 

 

 

今日は2ヶ所しか見学してないけど、散策続きだったから疲れた〜

096

疲れた時は当分補給!

昨日、後輩のどんぐりから「お客様に」ってもらったモナカを車内で配らせてもらいました

 

 

さすが元添乗員、お客様の疲れ具合を先読みした差し入れです(笑)

お客様喜んでたよ!ありがとね〜

 

 

096

今夜の宿泊は阿蘇内牧温泉の“ホテル角萬”さん

夕食時、あまりに仲居さんの要領が悪いので、また爆発してしまった…

 

 

角萬さん

ハードはリニューアルできても、ソフトは簡単にリニューアルできんか…

今日から山鹿灯籠まつりと九州涼景めぐり3日間・後半♪

【前半の続き】

052

日も落ちてきて、だんだんお祭りムードも盛り上がってきました

この時間がなんともいい感じで好きだな〜

 

 

と、そこに懐かしい顔が

063

元大阪の後輩で、結婚後は名古屋に住んでいる“どんぐり”が旦那さんと一緒に登場です(笑)

 

 

 

実は今回の山鹿灯籠まつりのコース

新コースで1本目なんですよね

担当者も行った事がなければ、周囲に経験者もいない

おまけにネットにもあまり情報がないので、めっちゃ不安だったんです

そこで山鹿出身のどんぐりにメールしてみたら、なんと昨日からちょうど里帰り中だと言うじゃないですか!

なんたる偶然!!!

神様仏様どんくり様ですm(__)m

 

山鹿灯籠まつりは、頭の上に灯籠を乗せた女性が“よへほ節”に合わせて踊るという情緒溢れるお祭り

057059

 

 

 

 

毎年8月15日・16日の2日間だけ開催

今日15日は花火大会、明日は千人灯籠踊りと呼ばれるイベントが行われます

069

070

 

 

 

 

年々規模が大きくなっているようで、B級グルメのコーナーなんかも賑わっていました

067

068

 

 

 

 

066

さすが馬刺しの国“熊本”

馬ホルモンなんて料理あるんだ!

めっちゃ気になる!!

 

ってお腹空かした顔をしていたら…

 

どんぐりの実家に馬ホルモンがあるとの事なので、お言葉に甘えてお邪魔させて頂きました

馬ホルモンに馬刺しにからし蓮根

わぬところで熊本のローカルフードを満喫してしまった

どれもめちゃ美味しかったです!!!

084085

 

 

 

 

どんぐりが高校時代に灯籠まつりを踊っていた時の写真も見せてもらいましたよ

087

頭の灯籠は重そうに見えますけど、和紙と少量の糊だけで作られているのでめっちゃ軽いそうです

 

 

 

なんか親子水入らずの団欒の場に、いきなり押しかけてしまってごめんね〜

それにしても、旦那さんもご両親もめっちゃ気さくで楽しい方でした

なんか自分の親戚の家に遊びに行った気分で、ほんと楽しいひと時を過ごさせて頂きました

とても仕事中とは思えんな…(笑)

088094

 

 

 

 

帰りですが、お客様は観光バスが待機しているカルチャースポーツセンターに直接集合

復路のシャトルバスは21時台は空いていますが、花火が終わると一気に混み合って1時間ほどの待ち時間が出ていたそうです

095

バスが出発したのが23時10分で、ホテル到着は23時50分

ギリギリ今日中に帰れたね…

 

 

つい数時間前までは、不安で不安で仕方なかった山鹿灯籠まつり

終わってみれば後輩の実家に上がりこんでご飯まで食べていました

人と人との繋がりってほんと不思議だな〜と、つくづく感じた山鹿の夜なのでした…

今日から山鹿灯籠まつりと九州涼景めぐり3日間・前半♪

14連勤4日目

今日から新幹線利用で「山鹿灯籠まつりと九州涼景めぐり3日間」ってツアーの添乗です

JR小倉駅からはひたすら熊本県へ

まずは九州の涼景の代表格“菊池渓谷”

河原のヒンヤリした空気はまさに「涼景」です

003002

 

 

 

 

さて、このあとは祭りに備えて早めのチェックイン

ホテルは、菊池温泉プランが“菊池グランドホテル”さん(写真)

山鹿温泉プランは“富士ホテル”さんにお世話になりました

005004

 

 

 

 

山鹿に宿泊の方は夕食後各自でお祭りへ

菊池の方は添乗員と一緒に会場へ向かいます

006

観光バスは“カルチャースポーツセンター”と呼ばれる施設の駐車場でシャトルバスに乗り換え

 

 

 

早くも2台バスは入っていると思ったら、2台ともシャトルバス…(笑)

シャトルバスって言うから、もっと小さいバスかと思ってた

行きは空いていたので貸切で会場近くの乗降場所まで送ってくれました

007

008

 

 

 

 

010

バスの乗降場所は“鹿本スポーツクラブ跡”と呼ばれる場所(地図には名称は明記されていない)

 

 

ここまでシャトルバスで10分もかかりません

下車したあとは、お客様をお祭り広場まで誘導

人の流れができているので迷う心配はなさそうです

011012

 

 

 

 

国指定重要文化財の“八千代座”の前を通り、ひたすらまっすぐ進むとやたら人が入り乱れている通りに出ます

ここが総合本部おまつり広場がある国道325号線です

013014

 

 

 

 

016015

 

 

 

 

総合本部ではパンフレットの他、スタンプラリーの用紙も配布

各町内で展示されている灯籠(写真右)の前に設置されているスタンプを集めます

017

024

 

 

 

 

この模型みたいな立派な灯籠を見るだけでも一見の価値アリですよ

ちょっと長くなってきたので続きは後半へ…

天空のエスカレーターと志賀高原ツアー2日目♪

爽やかな志賀高原で目覚めた2日目

001

今朝のバイキングにこんなヒンヤリメニューを発見!

キューリがシャキシャキでめちゃ美味しかったです(トマトは歯にしみそうなので却下)

 

 

2日目の観光は志賀高原で最も標高の高い“横手山”

最高峰と言っても、全然歩かなくていいんですよ(笑)

“のぞき”と呼ばれる場所から“スカイレーター”“スカイリフト”、2つの乗り物に乗って山頂を目指します

チケットはスカイレーター&スカイリフト共通の往復券なのでなくさないように注意!

004003

 

 

 

 

ところで“スカイレーター”ってご存知です?

005

山の斜面に続くエスカレーターのような乗り物なんです

高低差は35mで長さは200m

ナニコレ珍百景でも紹介されたことがあるみたいですよ

 

 

 

 

スカイレーターを上りきると、今度はスカイリフトに乗り換えです

006

007

 

 

 

 

008

ここから一気に山頂へ

高低差は170mで長さは410m

2人乗りですが、乗り降りが心配な方は1人で乗ったほうがいいそうです

 

 

 

このリフト、スキー用なので夏季は高さを低めにして運行しています

冬の時期にこんなに地面に近かったらスキーがひっかかりますもんね(笑)

010009

 

 

 

 

あっという間に横手山の山頂に到着

左に見える山小屋には日本で一番標高の高い場所にあるパン屋さんがあります

右奥には“渋峠ロマンスリフト”があるので間違ってそちらに降りないように!

014

011

 

 

 

 

リフト乗り場の2階は展望台になっています

今日はちょっと雲が多かったな…

013012

 

 

 

 

015

帰りも同じ道のり

リフトって降りる時の方が迫力ありますね

 

 

リフトは上下同時に動いてるから問題ないんですが…

016

実はスカイレーターは1本しかないので、昇りと下りで交互運転をしているんです!!

 

 

 

我々が下っているという事は…

019

そう、下ではまだかまだかとシビレをきらしている観光客が!

時間には余裕を持って利用したほうがよさそうです

 

 

この横手山を出発したのは午前10時

はい、今回のツアーの観光はこれにて終了ですm(__)m

このあと中野のフルーツランドさんで休憩

駒ヶ根のレストハウス駒ヶ根さんで昼食を食べて名古屋駅に戻ってきました

高速もスイスイ進んで、列車出発の2時間前に着いてしまった…

昨日と同じように太閤通口から桜通口まで人ごみの中をゾロソロ誘導

022021

 

 

 

 

020

桜通口に“金の時計”ってスペースがるので、そこで再集合にしました(この後人が増えすぎて、ちょっと失敗したかもと反省

 

 

 

025

帰りの列車は4両編成の貸切列車“楽”

はじめて乗る列車です

 

 

普通席でも窓が広々

サロンスペースも2ヶ所ありました

でも“楽”ってネーミングのわりに、リクライニングがきかないんだな…

027026

 

 

 

 

ウチのツアーは一番うしろの車両を利用

先頭と最後尾の車両は4列が階段状の展望席になっています(写真右下)

景色はいいけど回転しないので逆方向になってしまった…

029028

 

 

 

 

030

あ、こんな補助席まで付いてました

これにはちょっとビックリ

 

 

今回のツアーは楽が利用できた事と、名古屋駅がちょっと分かるようになったのが大きな収穫でした

 

さぁ、明日からは九州へ

これまた初めて行く熊本の“山鹿灯籠まつり”の添乗です!

明日も朝早いけど頑張ろう!!!

今日から天空のエスカレーターと志賀高原2日間♪

いつの間にやら夏休みも大詰め!

ついにお盆の渋滞シーズンに突入しましたね

ブログな添乗員も昨日から14連勤に突入です…

今日から行くのは珍しく近鉄特急を利用したツアー

001

朝は4時に起きて近鉄の“大阪難波駅”

こんな場所に集合するのは初めてです

 

 

002

近鉄特急アーバンライナーで名古屋まで約2時間半

近鉄で名古屋に行くのも初めてなので車窓からの景色が新鮮でした

 

 

はじめてづくしの今回のツアー

名古屋から観光バスに乗るのも初めて(笑)

近鉄名古屋駅は桜通口側だけど、バスが止まっている“バスバース”って乗降場所は、正反対の太閤通口

帰省客で賑わう名古屋駅を突っ切ってお客様を誘導しないといけません

今回のツアーで一番心配なスポットがここでした

お客様が全員バスに乗ってくれた時点で、今回のツアーは8割終わった気分(笑)

004005

 

 

 

 

今日の昼食は“恵那峡SA”で自由昼食

かなり混み合っていたけど、ファミマもあったので助かりました

006008

 

 

 

 

思ったほど高速も混んでいなかったので、予定通り[恵那峡SA→みどり湖SA]と2回休憩で今日唯一の観光地“善光寺”に到着

 

010

善光寺に来るの久々だな〜

境内は明日から2日間行われる盆踊りの準備の真っ最中でした

 

 

009

善光寺って案内人さんを付けると、いつもお札の押し売りみたいになって気が重くなる

どこのツアーもこんな感じなのかなぁ〜…

 

 

善光寺からはスムーズに志賀高原へ

結局、予定より50分ほど早くホテルに到着できました

 

今夜のお宿は“志賀高原プリンスホテル”さん

夕食はバイキングでしたが…

ビックリするほど種類が少なくて、味もイマイチでした

あ、でもトマトは美味しかったので満足ですけど(笑)

013014

 

 

 

 

この志賀高原プリンスホテルさん、実は室内にクーラーの設備がないんです!

それほど涼しい場所ってことですね

窓を開けているだけでヒンヤリさわやか♪

 

さぁ14連勤は始まったばかり!

今夜は早く寝てあと12日頑張ろう

立山黒部アルペンルート3日目♪

ツアー3日目は上高地へ!

関西からのアルペン3日間コースは

【黒部トロッコ・アルペンルート・上高地】の3点セットが王道です

上高地は現在、乗り換え規制の期間なので観光バスが上高地のバスターミナルまで入れません

途中“沢渡(さわんど)”と呼ばれる乗り換えポイントで観光バスから指定のシャトルバスに乗り換えます

沢渡の観光バス専用乗降場所に着くと、係員さんに乗り場を指定されます

お客様にはその番号の乗り場に待機しているバスに乗り込んでもらいます

添乗員は受付小屋(写真右)で精算をして、帰りに使用するステッカーを受け取りお客様が待つバスへ

002001

 

 

 

 

バスは一般の方と乗り合いで、上高地までに3ヶ所ほどバス停を経由します

上高地エリアでは【大正池→帝国ホテル前→バスターミナル】と停車

003

ここからは普段の流れと同じ

大正池から歩きたい方は下車して自然研究路を河童橋方面に歩きます

 

 

いや〜それにしてもすごい人!

004005

 

 

 

 

006

ここまで人が多いと情緒もナニもないですね…

昨今の森ガールブームで若い女性客も目立っていました

 

 

でも、この景色、この清涼感

やっぱり上高地はいいですよね〜

008009

 

 

 

 

はい、ここが上高地のバスターミナル

さすが規制中だけあって、止っているバスはアルピコグループか濃飛バスくらい(笑)

011014

 

 

 

 

015

バスターミナルには、シャトルバスに乗るために並ぶ一般客

添乗員の元に集まるツアー客が入り混じっているので混み合っていました

 

 

ちょうどお昼すぎに雨が降ってきたから屋根のある乗り場にお客様が集中して余計に混んでたんですよね

019018

 

 

 

 

今回、再集合は「バスターミナル付近」ってざっくりした案内をしたけど、、もっと具体的に案内してもいいかもしれませんね

「トイレ前」ってのが分かりやすいけど、雨が降ると屋根がないのがネック…

バスターミナルの乗り場は“屐銑番まであるので、番号を指定して集合するのもいいかもしれません

Νあたりはトイレにも近いのでちょうどいいかも
(その時の混み具合にもよりますが)

 

添乗員はお客様が揃ったら団体専用デスクで受付をします
(乗り場“屬鉢番の間に設置)

行きにもらったステッカーをここで提出

017016

 

 

 

 

020

バスの用意ができると係員にバスを指定されるので、そのバスにお客様を誘導

今回はすぐに来ましたが、混雑時は30分以上待つ場合もあるそうです

 

021

このあと観光バス回送先の“平湯バスターミナル”

なんとか心配していた乗り換えもスムーズにクリアできまた

 

 

022

富山駅に到着する前に富山の老舗の薬屋さん“池田屋安兵衛商店”さんに立ち寄り

 


 

映画「釣りバカ日誌」のロケでも使われただけあって、建物を見るだけでも見応えがあります

025024

 

 

 

 

現在改修工事をしてい富山駅ではこんな光景が!

もともと線路があった場所にショベルカーに寸断された陸橋

今しか見れない貴重な光景です(笑)

028026

 

 

 

 

このあと福井県の大雨の影響で10分遅れたサンダーバード42号に乗って大阪へ

大阪駅は宇治川花火大会帰りの見物客で賑わっていたのでした

立山黒部アルペンルート2日目♪

ツアー2日目の今日はいよいよアルペンルート越え

予約では立山駅9時40分発のケーブルだったんですが…

001

さすが夏休み

立山駅は予想通りの混雑ぶり

あっさり10時10分のケーブルにまわされてしまいました…

 

まぁ先を急ぐコースじゃないけど、なんかこれじゃ予約の意味ないですよね

002

売店で買い物させるための策略なんじゃないかと思わずにはいられないな〜

待ち時間に帽子とかサングラス買ってる観光客やたら多いし(笑)

 

 

それでもなんとかケーブル→高原バスを乗り継いで
室堂ターミナルに到着

004

やっぱりここもすごい人

でも気温は14度とさわやかな気候でした

 

 

5月には真っ白だった景色が3ヶ月後にはお花畑に

自然のチカラは偉大ですね

019020

 

 

 

 

みくりが池も綺麗に見ることができました

007018

 

 

 

 

015

そのみくりが池のそばで、雷鳥の親子に遭遇!

保護色になっているんですけど、どこにいるかわかりますか

 

 

アルペンルートには何度も来てるけど、雷鳥を見たのは初めてです!

008012

 

 

 

 

室堂と言えば“星の雫”ってお菓子が有名ですよね

その星の雫に“ロイヤルミルクティー味”が出ていました

023

在庫がなくなり次第の限定販売

今まで知らなかったけど、毎年違った味を限定で出しているそうです

 

 

室堂からはトロリーバス大観峰

026

いつもは真っ白で景色が見れないことが多いんですが、今日は眼下に黒部湖もバッチリ見ることができました

 

 

 

と喜んだのもつかの間…

027

展望台に上がってみると真っ白で何も見えない

しかもこのあと雨まで降ってきた

山の天気は油断禁物です!

 

大観峰からは立山ロープウェイ黒部平、さらに地下ケーブル黒部湖

029

ダムサイトに着く頃には雨も止んで青空も

アルペンはここだけ徒歩移動なので雨が上がってほんとラッキー

 

 

030

現在は観光放水をしているので、ダイナミックな黒部ダムの景色を楽しむことができました

やっぱり放水があるのとないとじゃ、全然迫力が違いますね

 

 

 

 

最後は黒部ダム16時05分発のトロリーバスに乗車

これでもか!ってほど見事に押し込まれたな〜

031

まぁ多少の混雑はあったけど、待ち時間もそれ程なく、お客様の集まりも良かったので予定より30分遅れた程度で扇沢に抜けることができました

 

 

今日の宿泊は白馬栂池の“ホテルベルクール・イノマタ”さん

033

034

 

 

 

 

栂池のペンション街にしては大きな施設で、夕食もシンプルながらも美味しかったです

 

ちなみにアルペンルート越えの詳しいレポートは5月の記事を参照してくださいね

立山黒部アルペンルート2日目・前半

立山黒部アルペンルート2日目・後半

今日から立山黒部アルペンルート3日間♪

今日は立山黒部アルペンルートの添乗で富山県に来ています

今朝は4時半起きで大阪駅からの特急サンダーバードに乗車

富山駅で降りて、そこから約1時間で宇奈月駅に到着です

駅構内には富山県を代表する夏の名産品

“入善町のジャンボスイカ”が売られていました

これ1個6000円くらいするそうですよ…

002

001

 

 

 

 

003

今日は時間に余裕があったので、トロッコ列車に乗る前に“黒部川電気記念館”を見る時間がとれました

 

 

 

迫力満点の黒部ダムの立体模型や

「便乗ノ安全ニ付テハ一切保証致シマセン」と書かれたトロッコ列車の昔の切符などが展示されています

004

005

 

 

 

 

黒部峡谷のトロッコと言えば個人的に

「雨・寒い・忍耐」ってイメージしちゃうけど、今日は

「涼・爽快・すがすがしい」って感じ(笑)

普通車両から特別車両に変更するお客様もいませんでしたね

007006

 

 

 

 

008

いつも寒い季節でさらに天気が悪いときに来るので、今日は往復約2時間のトロッコも、かなり快適でした

 

 

 

009

今夜の宿泊は毎度お世話になっている“富山エクセルホテル東急”さん

今夜は久々に添乗員も同じホテルに泊まれました

 

 

で、夕食は

前回5月にも利用した、ホテル近くの料亭“松や”さん

あのときは42名を1テーブルでセットされ…

料理内容もかなり評判良くなかったんですが…

7bc58a71efe5e842

 

 

 

 

 

お、会場がイス・テーブルでセットされてる!

しかも料理内容が前と全然違うやん!!!

010011

 

 

 

 

ご飯が冷めてるのは相変わらずですが、それ以外は味も良くて食べ応えもありました!
(前回は添乗員の夕食は用意されていませんでしたが、今回は強制同食)

食後の8番ラーメンを覚悟して来ましたが、その必要はなくなりました

さぁ明日は初めての夏休みシーズンのアルペン越え

どんだけ混んでるかな〜

 

先日の4時間トイレなしの箱根越えに比べたらチョロイもんか?(笑)

わくわく横浜・東京・箱根ツアー3日目・後半♪

はい、後半戦はいりまーす

 

時間がタイトなのでお弁当はバス車内

025

ほんとは海老名で休憩をとる予定でしたが、事故渋滞に遭遇して箱根まで2時間以上ノンストップでぶっ飛ばしてもらいました


 

 

【強羅(ごうら)駅】を13時15分発の箱根ケーブルに乗りたかったんですが…

 

ギリギリアウト

仕方なく次の13時30分に乗ることにしました

ここは特にお客様に配る乗車券などはありません

251名乗りなので全員一緒に乗れたんですが、車内は通勤ラッシュ並みの大混雑

添乗員は左上に乗車するとスムーズ

026027

 

 

 

 

約10分で【早雲山(そううんざん)駅】に到着です

ここからは箱根ロープウェイに乗り換え

029

ロープウェイは1人1枚乗車券を発行

大人と小人を間違わないようにお客様に配ります

 

 

ロープウェイは18名乗りのゴンドラに分乗

ここから先はまとまって移動するのが困難なので、お客様に【桃源台(とうげんだい)駅】までひたすら進んでもらうよう案内

このあと乗船する海賊船の時間がかなりシビアだったので、添乗員は一番先頭のゴンドラで桃源台を目指します

028030

 

 

 

 

早雲山から先はゴンドラの中から富士山が見えるエリア

途中、山を越え景色が開けてきたら、そこが大涌谷(おおわくだに)

箱根ロープウェイのメインスポットです

031032

 

 

 

 

ロープウェイはこの【大涌谷駅】で強制乗り換え

でも、桃源台に行く事さえわかっていれば迷子の心配はありません

階段の上り下りもないのですぐ分かります


(なんか流れがアルペンルートみたいやな…

033034

 

 

 

 

035

大涌谷から桃源台までは芦ノ湖を眼下に見ながら下ります

途中に【姥子(うばこ)駅】がありますが、そのまま降りずに終点の桃源台まで乗車

 


桃源台駅は箱根ロープウェイの西の起点だけあって、結構大きな駅です

海賊船乗り場は地下2階

階段の降り口でお客様を集めて乗船手続きをしようと思ったんですが…

036037

 

 

 

 

038

14時20分の船に乗りたいのに

すでに14時18だよ!

 

 

船会社に連絡したんですけど、定時出発なので待ってもらえず…

040

無情にも予定の船は遠く彼方に消えていったのでした…

「チーーンって感じ…

 

 

まぁ出航してしまったものは仕方が無い

気を取り直して乗船手続き

039

ここでは団体で1枚のチケットを発行

お客様はツアーバッチが乗船券代わりです

 

 

次の船は40分後の15時00分出港

ここでようやく添乗員さん、トイレに行く時間がとれました

よく考えたら博物館を出発してから、この4時間

トイレに行く暇もなかったもんな

043

気が付いたら乗船口はフロアに収まりきれないほどの混雑

早めに並んでおいてよかった〜

 

 

041

お客様は列に並んだまま退屈そうだったので、暇つぶしにとフリーペーパーを配布

「こどもとドライブ」なんて冊子もあったので助かりました

 

 

桃源台からの海賊船は

【箱根町(はこねまち)港】経由【元箱根(もとはこね)港】行き

今回のコースは箱根町港で降ります

044045

 

 

 

 

048

乗船が始まると、どこにこんなに人がおってん!

ってほど続々と観光客が乗ってくる

 

 

042

やたら人が多いと思ったら、箱根では31日から5日間限定で湖上花火大会が開催

その影響で混んでいたのか!

 

 

なんか今回のツアーは花火大会の混雑に巻き込まれまくりやな…

 

約30分の芦ノ湖遊覧

箱根町港で降りると“ノア”というドライブインがあります

このお店の横がバス駐車場です

時間があれば買い物の時間を取ったり、湖畔を散策してもいいですね

049

050

 

 

 

 

我々は予定のケーブルにも予定の海賊船にも乗れなかったので、そんな余裕はありません

とにかく急いでバスに乗り込んでもらって、三島駅に向かいました

箱根から三島駅まではひたすら一般道

国道1号線もそれほど混んでおらず、無事新幹線にも間に合うことができました

ほんと今日は午後からヒヤヒヤしっぱなしでした…

 

三島駅からはこだまに乗車

各駅なので新大阪まで3時間近くかかります

三島の次は【新富士駅】そして【静岡駅】と止まります

静岡と言えば…

そう、去年お台場に登場した18mの等身大ガンダム!!

静岡駅と勘違いされやすいですが、実際には静岡駅の隣の駅【東静岡駅】の北側の広場に立っております

東海道新幹線からは、ほんの数秒しか見えないので見たい人はまばたき注意!

ガンダム車窓 (2)

下り線だと静岡駅到着のアナウンスがかかったら右側の窓を注目

左がドコモのビル、右がアルソックのビルでこれが目印

 

 

このビルのすぐ目の前がガンダムの立っている広場なんです

ガンダム車窓 (1)

ほんの一瞬ですが、ガンダムが見送ってくれましたよ

お子様もガンダムが見れてちょっとテンション上がってくれたし、良かった良かった

 

 

いや〜それにしても精神的に疲れた1日だったな〜

例年になく、渋滞&混雑に悩まされた今年のわくわくツアーなのでした・・・

 

これから行く後輩諸君

健闘を祈ります!

わくわく横浜・東京・箱根ツアー3日目・前半♪

昨日の晩はホテルの部屋に入ったのが23時すぎ

それでも頑張ってブログを更新して、夜中の1時すぎに寝たんですが…

001

今朝は5時33分に携帯のメールに着信が!!!

カーテンを開けっ放しで日差しが入ってたから、バイブだけでも目が覚めちゃったんですよね

 

 

なんでこんな時間にメールやねん!って嫌々目を覚ましたんですけど

めっちゃ綺麗な景色が窓の外に広がっていました

それがコチラ↓

朝もやに浮かぶ東京スカイツリーです!

004s

 

 

 

 

 

 

 

昨日の晩は暗かったからスカイツリーが部屋から見えてる事すら知らなかった

なんだかスカイツリーが「この姿を見てくれ」と言わんばかりの早朝メール

もちろん二度寝なんかせずに、しばしこの風景に酔いしれていました

003s

 

 

 

 

 

 

 

大きな声では言えませんが

添乗員の部屋、38階だったんですよね

めっちゃ景色良かったです(笑)

007008

 

 

 

 

最終日は“隅田公園”から東京スカイツリーを眺望

“今戸駐車場”というマニアックな駐車場にバスを止め隅田川沿いを歩きます

009010

 

 

 

 

011

景色が広がっている辺りで写真タイム

お客様は「わざわざ下車するか?」って感じの反応(笑)

駐車場にトイレもないしね…

 

それにしても、てっぺんで作業している人ってどんな感じで仕事してるのか、めっちゃ気になりません?

簡易トイレとかどこにあるんやろ?

何時間交代かな?

急にお腹が痛くなったらどーするんやろ?

強風とか吹いたら揺れるやろな〜

って色々考えてしまいます(←大きなお世話?)

019023

 

 

 

 

お次は“江戸東京博物館”

現在、特別展示されている“大昆虫博”の見学です

024

常設展示と共通券だったので6階までエスカレーターで上がったんですけど、目的の昆虫博は1階でした…

でも大人は常設展示の方が見応えがあったようです


 

博物館でお弁当を積み込んだあとは東京を離れ、一路箱根へ向かいます

 

おっと、この先は後半へ

なんせこのあと何本か同じコースが出発

可愛い(?)後輩たちが行く予定ですので、ちょっと業務的な内容で長々なってしまいました…

わくわく横浜・東京・箱根ツアー2日目♪

わくわくツアー2日目

今日はホテルを8時に出発

泊まっていたスターホテル横浜さんは、すぐ目の前に山下公園氷川丸

ゆっくり時間があれば朝のお散歩とかにいいですね〜

001002

 

 

 

 

横浜でゆっくりする暇もなく向かった先はディズニーリゾート!

めっちゃ久々に来ました

朝からすんごい人ですね

どこにどうやって並んでいいのやら

004006

 

 

 

 

ゲートに向かってなるべく右の方の列にお客様に並んでもらって、添乗員は団体専用の窓口でクーポンをチケット(パスポート)に引き換えます

005

それがこの団体専用ブース

ゲートに向かって一番右側の建物です

 

 

003

ここでチケットと明細と園内パンフレットをピックアップ

大人・中人・小人と間違わないように配りましょう!

 

 

お客様にチケットを配って、全員の入場を確認

そのあとは閉園まで自由行動です

乗務員さんは近くのサウナへ仮眠をとりに行きました

 

添乗員さんは?

デイズニーって他のテーマパークと違って添乗員用のフリーチケットはないんですよね

よって、中には入れません…

会社から「乗務員さんと一緒にサウナに行っていいよ」って言われてたけど、朝からサウナってのもな〜

自腹でディズニー入ろうかと本気で悩んだけど、余計に淋しくなるのでやめときました

 

 

お客様には閉園いっぱい遊んでもらって、ディズニーを出たのが22時20分

途中、ライトアップされたレインボーブリッジ東京タワーを車窓より見学

約30分で、今夜の宿泊先“グランドプリンスホテル赤坂”に到着しました

時計を見れば、もうすぐ23時!

大人も子どもも疲れきって放心状態でした…

122

ホテルの部屋からは夜景が綺麗

なんだか寝るのがもったいないな

 

 

今日は2万4千歩以上歩いて足がパンパン

よく歩いた1日でした

最終日の明日は箱根の観光

初めて箱根のケーブルやロープウェイに乗ります!

今日からわくわく横浜・東京・箱根3日間♪

早いもので今日から8月ですね!

いよいよ夏本番!という事で今年も出ました

“わくわく体験ツアー!”

毎年夏休みになると期間限定で出発する家族向けのツアーです

行き先は北海道・九州・信州と色々ありますが、今年は珍しく“関東”

今日がこのコース1本目の出発日です

お客様は大人19名&子ども11名の8家族、30名様

まずは新大阪駅から新幹線に乗って掛川駅へ

そこから観光バスに乗り換えて“新金谷(しんかなや)駅へ向かいます

ここから大井川鉄道のSL列車に乗車

添乗員は先にバスを降りて、駅舎の前にある“PLAZA LOCO”という建物の中で手続き

記念乗車券を受け取ります
(乗車券はなく添乗員がクーポンを見せて改札を通る)

006

004

 

 

 

 

005

カウンターの横に大井川鉄道のパンフレットもあるので、お客様に配ってあげましょう


 

 

駅構内は小さいのでかなり混みあっていました

ホームにも溢れんばかりの人・人・人

003

007

 

 

 

 

022

SL列車は指定席なので、事前に大井川鉄道さんにFAXを取り寄せ席割りをします

幼児はひざの上なので、かなり窮屈です…

 

 

しかしほんとレトロな車両だな〜

トイレも一応ありますが、きたなすぎてみんな使いません(笑)

008009

 

 

 

 

車内ではSLおじさんかSLおばさんと呼ばれる名物車掌が面白おかしく案内をしてくれます

010

今日はハーモニカが得意なSLおじさん

めっちゃ親切でユニークな方でした

 

 

ほとんどの団体が同じ“家山(いえやま)駅”で下車

約30分ほどのSL列車の旅でした

家山駅に着いたらしばし写真タイム

011このあとトイレが混むので、できるだけ線路を渡ってから写真を撮るようにしましょう(列車が発車すると渡れないので)

 

 

 

このあとバスは清水港の“エスパルス・ドリームプラザ”という建物の3階にある“ちびまる子ちゃんランド”

017012

 

 

 

 

この施設は大人も楽しめる(?)体験型のテーマパーク

まるこの部屋のセットもあるんですが…

013014

 

 

 

 

この散らかし具合といい、壁に貼られた昭和のムード漂うペナントといい

リアルすぎます(笑)

016015

 

 

 

 

ちびまる子ちゃんランドのあとは歩いて“清水港ベイクルーズ”の乗り場へ向かいました

先に乗船手続きをしておいたので、直接と峪袈兇

018019

 

 

 

 

特に乗船券もなく、船内はすべて自由席

添乗員にとってはストレスフリーなクルーズです(笑)

天気がいいと駿河湾の向こうに富士山が見えるんですけど、今日はかすんで見れませんでした…

020021

 

 

 

 

このあと、横浜へ向かったんですが…

東名高速で2つの事故

そんでもって35キロの渋滞が発生!!!

いったん横浜のホテルに入って、歩いて中華街のレストランに向かう予定でしたが

予定より横浜着が2時間ほど遅れてしまったので、中華街の東門でバスを降りて直接レストランに向かいました

029

はじめて行くレストランなのでドキドキしながらお客様を誘導

なんせ方向音痴の添乗員ですから…

 

 

あったあった

善隣門(ぜんりんもん)のすぐ手前にある“大珍樓・新館”さんが今夜の食事会場です

次行く添乗員さん

この看板、よく覚えときよ〜

028030

 

 

 

 

ようやく夕食を食べ初めたのは20時

お子様もよく頑張ってくれました

夕食はオーダーバイキングだからお腹いっぱい食べてね〜
(スタート時の前菜や春巻き・点心だけでもボリュームありますが…)

025026

 

 

 

 

027

添乗員は一人寂しくラーメン&シュウマイ

なんか久々に中国かシンガポール行きたくなってきた

 

 

今夜はちょうど横浜の花火大会なんですよね

夕食のあとは花火帰りで混み合う中華街をかきわけ、はじめて泊まる“スターホテル横浜”さんまでお客様をご案内しました

今日はほとんど初めての場所ばっかりだったけど、迷子にならなくて良かった〜(←添乗員が)

 

明日は10年以上振りにねずみーランドに行ってきます!

旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
funa888◆gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・