ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

2010年10月

加賀温泉郷と白山スーパー林道ツアー2日目♪

加賀温泉ツアー2日目

今日のメインはツアータイトルにもあるように“白山スーパー林道”

今がちょうど紅葉も見頃を迎えているようです

007

大型バスの通行料金は片道21000円ですが、「温泉に泊まって片道無料キャンペーン」開催中なので、ホテルで利用券がもらえます

 

 

がしかし

指示書をちゃんと読んでおらず、見事にもらい忘れ

ホテルの方に頼んで、最初の立ち寄りドライブイン“お菓子城・加賀藩”さんにもって来てもらいました

ほんと助かりましたm(__)m

 

利用券も無事もらう事ができ、ホッとしたのもつかの間

加賀藩さんからスーパー林道の事務所に電話を入れると

「昨日からの雪の影響で、朝から通行止めです」

って言われてしまいました!!!

 

バスの中で急遽、お客様に事情を説明

これがメインだっただけに、さすがに空気重たかったな〜

こんなの高山祭りに行って高山祭りが中止になるようなもんです!

代替観光は会社から指示された通り“兼六園”

入園料は当社持ちって事だけど

65歳以上は無料

よって41名中、13名分しか入園料がかかりませんでした

兼六園のあとは予定通り“白川郷”

山の上は、雪で白くなっていました

そりゃ通行止めになるくらいだもんね

001002

 

 


 

004003

 

 

 

 

今日のお昼は白川郷で自由昼食

前に食べた野菜カレーのお店が休みだったので、乗務員さんと一緒に中心部にある“喫茶・狩人”へ

ここでもカレーをオーダー

お値段は、カレーが700円、ドライバーさんが食べた牛丼が800円

ガイドさんが頼んだ定食は1200円

まさに世界遺産価格です…

(やっぱり前に食べた野菜カレー400円はお値打ちだ)

006005

 

 

 

 

帰りは予定通り遅れもなく、大阪まで帰ってくることができました

 

しかし、まさかスーパー林道が通行止めになるとは思わなかったな

先日の高山祭りに続きビックリです

部屋にさるぼぼでも祀るか(笑)

今日から加賀温泉郷と白山スーパー林道2日間♪

「今日から」ってタイトルながら、帰着から5日後にブログ更新…


26日からはJR利用の加賀温泉郷1泊2日のツアーに行っていました


この日は関西で木枯らし1号が吹いた、全国的にさむーい1日


北陸線の特急サンダーバードも強風の影響で30分遅延しました


加賀温泉駅からは山中温泉プラン・片山津温泉プランに分かれてホテルへ向かいます


添乗員はスタンダードの片山津温泉“北陸 古賀乃井さん泊まり


この日は満館らしく、フロントの方が申し訳なさそうにルームキーを手渡してくれました


なんか嫌な予感…


018


一般客の廊下の裏に階段があって、その先に部屋があるらしい


まさに裏部屋…


 


 


この通路の暗さからみて


“明らかにこの並びの部屋に誰も入ってないでしょ”って感じ


部屋の中も湿っぽい…


017015


 


 


 


 


016


写真で見るとそれほどじゃないけど、畳のきしみ具合がハンパなかった


部屋に入るなり、額縁の裏(お札が貼っていないか)をチェック


 


 


お札は貼られていなかったけど、な〜んか薄気味悪い


ただでさえ外は寒いのに…


寒いけどエアコンがホコリまみれで、スイッチを入れる勇気が出ませんでした
(このスイッチも年代モノやな)


020021


 


 


 


 


022


いちおー、トイレと洗面所があったのが唯一の救いか


水を流したらレバーが下がりっぱなしで、水が止まらなくなったけど…


 


 


さて、気を取り直して夕食でも食べるとしましょう


028


お客様は、ゆったりお部屋で“松茸会席”


添乗員もレストランで同じ料理を頂きました


 


 


しかし一気に寒くなったな〜


次の添乗からは長袖の部屋着持って行こっと

ホテル聚楽のライブキッチンがスゴイ!

今回のツアーでお世話になった飯坂温泉の“ホテル聚楽”さん

ライブキッチン 005

夕食はバイキング形式だったんですが…

ちょっと驚きの連続でした

 

 

バイキング会場は今流行のオープンキッチン

目の前で焼くステーキに、目の前で揚げる天麩羅

お寿司もパスタもその場で調理してくれます

ライブキッチン 002ライブキッチン 001

 

 

 

 

ま、ここまではそれほど珍しい光景ではないですが

 

さらに

ピザは目の前で生地を伸ばし、うしろの釜で焼き上げ

フルーツまでその場でカットしてくれるんです!

ライブキッチン 006ライブキッチン 014

 

 

 

 

チョコレートフォンデュは、小ぶりながらもホワイトチョコレートとのツインタワー!(笑)

野菜も地元の食材にこだわっています

ライブキッチン 007ライブキッチン 013

 

 

 

 

ライブキッチン 009

中国でよく見かける“刀削麺”の実演もやっていましたよ

スープも2種類から選べて、お味もなかなかのものでした

 

 

そして、何が一番驚いたって

コレ↓↓↓

ライブキッチン 003ライブキッチン 010

 

 

 

 

ライブキッチン 004

なんとレストラン内に大型モニターが設置されていて、キッチンの様子をライブ中継!!!

 

 

 

「あ、お目当てのピザが焼き上がった」

とか席にいながら確認できるるんです

便利ですよね〜

 

さらに、今回は期間限定のマグロの解体ショーも開催されていました

さばきたての本マグロ

めっちゃ美味しかったです

ライブキッチン 011

ライブキッチン 015

 

 

 

 

ライブキッチン 012

もちろんこの様子もライブ中継(笑)

いやいや、恐れ入りました
m(__)m

 

 

このホテル聚楽さんのバイキング

今年の8月にオープンしたばかりなんですって

ライブキッチン 016

まさに“ライブキッチン”って名前そのもの

こんな「見て楽しい、食べて美味しいバイキング」は初めてでした

 

 

飯坂温泉へ起こしの際は是非、ホテル聚楽さんでライブ感たっぷりのバイキングを楽しんでみてくださいね〜

飯坂ホテル聚楽(ホームページ)

フルムーンみどころ東北ツアー4日目♪

いよいよフルムーンツアーも最終日

今朝は少し早めにホテルを出発

“磐梯吾妻スカイライン”を快走しながら、五色沼のひとつ“毘沙門沼”を目指します

スカイラインは今が紅葉シーズンの真っ只中!

さすがにマイカーも観光バスも多かったですが、見事な紅葉にお客様もガイドさんもテンションが上がります

005004

 


 

 

006

001

 

 


 

008

010

 

 

 

 

ほんと天気も紅葉もサイコー!!!

遠くで噴煙をあげているのは標高1949mの“一切経山”

なんとも絵になる風景ですよね

012016

 

 

 

 

天気が悪かったら“磐梯吾妻レークライン”に変更しようかと思っていましたが、こっちを通って良かった〜

通行料金5570円の価値は十分にありました(笑)

 

スカイラインの通行で予定より時間が押してしまったので、毘沙門沼ではバタバタ

018

ハートの鯉を探すどころか、トイレに行くのもままならないほど時間を切り詰めての見学になってしまいました・・・

 

 

 

毘沙門沼から約50分で蔵のまち喜多方に到着

019

喜多方と言えば喜多方ラーメン!

今日はミニラーメン定食の昼食でした

 

 

お世話になったのは“蔵屋敷・あづまさ”さん

昔ながらの家屋と3つの蔵を利用したお店で、とっても情緒がありました

ラーメンも美味しかった〜

021020

 

 

 

 

毘沙門沼では他の報告書より40分〜50分ほど遅れをとっていたのでかなりヒヤヒヤしましたが、高速も順調に進み、余裕をもって新潟駅に到着できました

029

新潟駅からは二階建て新幹線“MAXとき”に乗車

東京駅でひかりに乗り換えて大阪へと帰ってきました

 

 

以前、日本一周ツアーで乗換えは利用してるけど、新潟駅から帰るのは今回初めて

いや〜立派な駅にビックリです

失礼ながら、もっと小さな駅を想像してました・・・

025

027

 

 

 

 

ローソン前のエスカレーターを上がったら新幹線東改札

お弁当も結構種類がありました

でも改札を通らないと待合所はナシ

026

022


 

 

 

023

024

 

 

 

 

なんか今日のスカイラインで“今年の紅葉はお腹いっぱい!”って気になったけど

紅葉ツアーの本番はこれからなんですよね

去年の紅葉シーズンは、日帰りツアーを筆頭に痛い目にあいまくったんだよな〜

今年は無事に紅葉シーズンを乗り切れますように…

フルムーンみどころ東北ツアー3日目♪

昨晩、添乗員が泊まったホテルは想像以上でした

部屋に入るなり、カメムシのお出迎え・・・

布団は人が3人くらい乗ってるんじゃないかと思うくらい湿気で重かったし・・・

ホコリっぽくって喉は痛いし・・・

001002

 

 

 

 

おかげで嫌な夢でうなされて起きたツアー3日目

今日は中尊寺からスタートです

紅葉は早かったですが、ちょうど20日から菊祭りが開催されていました
(菊もまだ早いんですけど・・・

007009

 

 

 

 

今日のランチは去年のフルムーンツアーと同じく、山の中にひっそりと建つ和風旅館“しづか亭”さんで門前料理定食

010

自家製のお蕎麦はコシが強すぎて硬いし

ご飯も天ぷらも冷めて硬くなっていて、正直お客様の反応はイマイチでした・・・

 

 

気を取り直して、午後は松島へ

コースには入ってなかったけど、ご希望のお客様は松島遊覧船にご案内しました

秋の空って雲が綺麗でいいですよね

トイカメラで撮るには絶好のシーズンです

 

あ〜トイカメラモードが付いたリコーCX4が欲しいな〜

(ちなみに愛用のCX2は現在修理中につき、このツアーは先代のルミックスFX33で撮っております)

013012

 

 

 

 

 

 

今夜のお宿は福島県、飯坂温泉のホテル聚楽(じゅらく)さん

初めて泊まる温泉地なので新鮮です

024025

 

 

 

 

023

ホテル周辺は素朴な温泉街になっていて、外湯めぐりなんかも楽しめます

すぐそばにローソンがあるのも嬉しい

 

 

 

 

014

ここが飯坂温泉街のシンボル“鯖湖湯(さばこゆ)”

松尾芭蕉も入ったと言われる日本最古の木造建築共同浴場で

(現在の姿は平成5年に復元した建物)

 

 

なんか情緒があっていい感じ

この夏に行った熊本県の山鹿を思い出しますね

今回は時間がなかったけど、今度ゆっくり散策してみたいな

017018

 

 


 

020021

 

 

 

 

022

今年の5月にオープンした“旧堀切邸”は地域発展に貢献した堀切家の邸宅

ここは入場無料で21時まで開いていました

 

 

さ、そろそろ温泉にでも入ってこよっかな

今夜は悪夢にうなされませんよ〜に・・・

フルムーンみどころ東北ツアー2日目♪

フルムーンツアー2日目は奥入瀬渓流からスタート

001

ん〜紅葉にはまだ早いか

今年の紅葉は例年より遅めって言われてますもんね

 

 

奥入瀬渓流のあとは子ノ口(ねのくち)から休屋(やすみや)まで十和田湖遊覧船に乗船

ここもまだ紅葉には早いようです

004003

 

 

 

 

007

船を下りたあと、久留米の後輩“アスカ”に遭遇しました

つい先日、白川郷で会ったばかりなのにビックリです(笑)

 

 

008

さて、今日のお昼は和風旅館“賑山亭(しんざんてい)”さんで郷土料理の“せんべい汁定食”

せんべい汁よりお肉が美味しかったな♪

 

 

009

食後は平塚果樹園さんでリンゴのもぎ取り体験

もぎ取る際の注意事項「引っ張らない・ひねらない」を守って美味しそうなリンゴを探します

 

 

011

今日最後の観光は“八幡平”

ここは逆に紅葉は終了

 

 

012

麓にある“大沼”に立ち寄ってみましたが、ここも見頃は過ぎていました

先週来た時は見頃だったんだけどな〜


 

同じ東北でも標高が違うだけで、ずいぶん紅葉の進み具合も違いますね

大沼を最後に今夜のお宿、湯瀬温泉の“姫の湯”さんへ

8団体が宿泊していて満館らしく、添乗員・乗務員ともに他館でございます・・・

※他館:お客様と別のホテル

013

夕食を食べ終わるまで居場所がないのでロビーでブログを更新

先に宿入りした他社の添乗員さんいわく、めっちゃ虫が多いらしい・・・

 

 

 

今日からフルムーンみどころ東北4日間♪

今日から“JRフルムーンパス”利用の東北4日間ツアーの添乗です

フルムーンパスの利用期間が始まると、どこの旅行社もフルムーンパス絡みのコースが目白押し

フルムーンツアーの中でも、紅葉シーズンと重なる東北ツアーが毎年1番人気です

001

静岡でガンダムに見送られ東京へ

東京から東北新幹線はやて号に乗り換えて八戸へ向かいます

 

 

002

今日のランチは、東北新幹線の車内で駅弁

江戸まといさんの“江戸東京物語”でした

 

 

東京での乗り換え時間は14分

これでもバタバタするのに、八戸駅で“特急つがる”に乗り換える際はさらにタイトで

なんと8分!

昇りのエスカレーターがめっちゃこんで、ほんと出発時間ギリギリでした

003004

 

 

 

 

なんとか無事に乗車できて、ホッ…としたのもつかの間

次の三沢駅で降りなければいけません

苦労して乗った割りに、乗車時間はたったの13分(笑)

006

三沢駅からはホテルの送迎バスで移動

これも乗ってる時間はほんの数十秒です(笑)

 

 

今夜のお宿は毎度お馴染み古牧温泉「青森屋」さん

007008

 

 

 

 

011

お客様はシアターレストランの「祭りや」でショーを見ながら、ゆったり食事を楽しまれていました

 

 

 

添乗員はバイキングだったんですが…

012

あれ、バイキング会場で同じ会社の添乗員“まこっちゃん”がごはん食べてる!

 

 

 

実は今回のフルムーンツアー

東北新幹線のグリーン車がお客様全員分取れなかったので、今日だけ2班に分かれてホテルまで移動しました
(東北新幹線はグリーンの席が少ないので、団体がまとまって予約を取るのは大変なんです)

お客様、30名もいますからね・・・

で、その中の6名だけ後続の新幹線で古牧温泉にお越し頂きました

そのお客様をお連れしてくれたのが、まこっちゃんなんです

ようするに“送り屋”(笑)

今夜は青森屋で1泊して、明日は三沢空港から大阪へ帰るそうです

 

なんか、おいしい仕事だな〜

まぁ、これからまこっちゃんは奈良の正倉院展のツアーデスク勤務で大変だから、今日くらいゆっくりして下さい

正倉院展にツアーでお越しの皆さん、駐車場でまこっちゃんを見かけた際は励ましてあげてくださいね

お茶漬け&漬け物バイキングの“阿古屋茶屋”

先日、祇園に行った際、二年坂を清水寺方面に上がっていると…

お茶漬け 019お茶漬け 085

 

 

 

 

お茶漬け 032

お茶漬けバイキング

「京漬け物25種類・ご飯3種類が食べ放題・1280円」

なんて看板を発見!

お腹も空いてたので、さっそく入ってみました

 

 

 

お店の名前は「阿古屋茶屋」さん

お茶漬け 071

さすがに立地もいいし、賑わってますね〜

店内は明るく落ち着いた雰囲気です

 

 

もちろん名物の「お茶漬けバイキング」をオーダー

お茶漬け 036

すぐに、こんなセットが運ばれてきました

一番左の器がごはん茶碗、中央が漬け物用のお皿です

 

 

店内中央にはズラっと並んだ京漬け物

お茶漬け 033お茶漬け 050

 

 

 

 

どれも美味しそうですね〜

とりあえず最初は色んな漬け物にトライしてみましょう!

お茶漬け 061

よく考えたら、おかずが全部漬け物のランチって異様やな…(←いまさら


 

 

お茶漬け 059

ご飯は【おかゆ・十六穀米・白米】からチョイス

めちゃヘルシー

 

 

さぁ、それでは役者が揃ったところでお茶を淹れますか

宝瓶(ほうひん)と呼ばれる容器にポットのお湯をいれ、待つこと1分

(お茶は最初に煎茶かほうじ茶か選べます)

お茶漬け 035お茶漬け 037

 

 

 

 

お茶漬け 070

このお茶をご飯にザブザブ〜っとかけて、さっきの漬け物を乗せれば、美味しい京漬け物茶漬けの出来上がり!

 

 

セットに冷奴も付いているので、せっかくなのでお漬け物をかけて食べてみましょう

みょうがの漬け物が相性バッチリでした

 

いや〜、このお茶漬けバイキング

思ったより美味しかったですよ〜

お店に入る前は

「たかが漬け物とお茶漬けに1280円なんて高い!」って抵抗あったけど

立地も考えると、かなり満足できる内容でした

 

ちなみに、今回食べたお漬け物ベスト3は

1位:なす浅漬けやっぱりナスはキング・オブ・ツケモノ!薄でやめられない美味しさです

2位:シャキシャキ山芋…シャキっとした食感がたまりません!お酢の酸味が食欲をそそります

3位:こぶ大根…他にも大根系のお漬け物がありましたが、これが一番美味しかった!めっちゃ昆布の味が染み込んでいます

お茶漬け 002

この日、京都の日中の最高気温は28度!

夏バテならぬ、秋バテしたカラダにお茶漬けはピッタリでした

皆さんも是非、龍馬めぐりで京都へお越しの際は、阿古屋茶屋さんで京都の漬け物を堪能して下さいね

 

 

 

営業時間は11時〜17時

予約はできませんので、早めに行ったほうがよさそうですよ

阿古屋茶屋(「京都つけものやネット」より)

秋の高山祭りツアー2日目♪

ツアー2日目はゆったり9時にホテルを出発して“白川郷”へ

002

←逆方向は高山へ向かう道路

さすがに混んでますね〜

 

 

003

そんな渋滞を横目でみながら、我々はスムーズに白川郷に到着

せせらぎの駐車場も、それほど混雑はしていませんでした

 

 

白川郷と言えば茅葺屋根の集落が有名ですが、ちょうど屋根の吹き替え工事をしている民家がありました

なかなか珍しい光景ですね

005

006

 

 

 

 

004007

 

 

 

 

今日もお昼が完全フリーだったので、バス駐車場のそばにある“元気な野菜館”へ

地元で採れた野菜や、手づくりの蒸しパンやケーキを販売しているお店です

009010

 

 

 

 

ここで唯一のお食事メニュー“野菜カレー”と、白川郷名物“石どうふ”をオーダー

五穀米を使った野菜カレーは400円でこのボリューム

お味もめっちゃヘルシーで美味しかったです

名物というう事で、石豆腐(お店によって“かた豆腐”とも呼ぶ)も頼んじゃったけど

これはちょっと口に合わなかったな

名前の通り、めっちゃ硬い…

お店のおばちゃんが

「昔はこれがご馳走で、袋とかない時代だから、わらで持ち帰ってたのよ」

って教えてくれました

011012

 

 

 

 

013

「ここで収穫したお米です」って写真が貼ってあるくらい、地元の食材にこだわったお店です

 


 

是非、白川郷にお越しの際は寄ってみてくださいね!

 

と、ここでこのツアーを〆る予定でしたが…

 

駐車場で久留米の後輩“アスカ”に遭遇

015

しかも左手の薬指に何やら光るモノが!!!

会社の先輩に報告もなく、大学時代の先輩と9月1日に入籍したそうです

 

 

おめでとうアスカ!

その薬指の光るモノは、婚期が遅くなると言われるこの業界の添乗員に勇気を与えてくれる事でしょう(笑)

今日から秋の高山祭りと白骨温泉2日間♪

今日から世間は3連休!

そして毎年10月9・10日は飛騨高山の“秋の高山祭り”の開催日!!

と、言うことで高山祭り初体験です

002

名古屋で新幹線から特急“ワイドビューひだ”に乗り換え高山駅へ

さすがに連休だけあって、駅周辺は大混雑です

 

 

037

一番心配していた駐車場ですが、何の問題もなく一番便利な“高山別院”に駐車

これでこのツアーは8割終わったな♪

 

 

と、一安心していたのも束の間

なんと、朝から降り続いていた雨の影響で祭りが中止になってしまいました

高山祭りって、雨の場合どうなるかというと

“全ての行事”が中止

になるんです

いさぎ良すぎて、気持ちいいくらい…

それでも一応、祭り会場である“桜山八幡宮”までお客様と行ってきました

004

高山別院の奥から出ると、江名子川という小さな川沿いに出ます

川に沿いながら歩き橋を渡って西へ進むと表参道

歩いて10分もかかりません

 

005006

 

 

 

 

本来なら表参道にズラっと11台の屋台(その内のからくり奉納をする1台は境内)が並ぶ予定でした

中止の場合、屋台は“屋台蔵”と呼ばれる倉庫か、“屋台会館”という有料施設で見ることができます

007009

 

 

 

 

012

八幡宮境内にある屋台会館

中止の場合は、この屋台会館を見学する観光客が多いので、チケット売り場には行列ができていました

 

料金は820円ですが、祭り期間中は500円で入場できます

013016

 

 

 

 

屋台会館に展示されているのは11台の屋台の内の4台

この精巧な屋台を見れば、雨で中止になる事も納得です

018019

 

 

 

 

010

屋台会館の前のガレージでは、祭りの様子を上映していました

いい雨宿り場所でもあります

 

 

さぁ、屋台会館で屋台を見たあとは、屋台蔵で保管されている屋台を見に行きましょう!

街中を歩いていて、人だかりができている場所が屋台蔵です(笑)

027023

 

 

 

 

写真左は“鳳凰台”、右が“行神台”です

026033

 

 

 

 

 

 

 

036

屋台会館で展示されている4つの屋台は、もちろん屋台蔵にはないわけで…

←屋台蔵はこんな感じで扉が閉まっています

 

 

034

高山って雨でも“安川通り”の商店街が屋根付きなのがいいですね

他にも高山市内は屋根付きの通りが多いので助かります

 

 

031

普段、朝市会場として知られている宮川沿いの道路には縁日の出店がズラリと並んでいました

 


 

029

今日のお昼は完全自由食だったので、高山名物“高山ラーメン”

細くちじれた麺が特徴の、あっさりしたラーメンです



 

表参道にある“ばんのひだ高山ラーメン”ってお店で食べたんですけど、炙りチャーシューが香ばしくて美味しかった〜

650円とお手ごろ価格なのもいいですね
(高山ラーメンはどこも650円前後です)

 

038

別院の駐車場に戻ってくると、姫路のベテラン添乗員よしえちゃんと、今年の新入社員2人が日帰りツアーで来ていました


 

 

そう、関西からだと高山祭りは日帰りツアーの範囲なんです

渋滞がちょっと心配だけど、気をつけて帰ってね〜

 

さてさて、日帰りツアーの3人には申し訳ないんですが、こちらはお宿へ向かいます

高山からどんどん山の奥へ進むこと1時間40分

001

今夜のお宿は秘湯・白骨温泉

ホテルは2年前の元旦にもお世話になった“白船グランドホテル”さん

 

信州牛の陶板焼きと、おかゆのコロッケがめっちゃ美味しかったです

 

しかし、ほんと見事に雨だったな〜

初めての高山祭りは、部屋でカバンの中身を全てベッドに並べて干すくらい

見事な濡れっぷりでした…

龍馬のお墓参りに行ってきました♪

10月に入ったっていうのに、日中はまだまだ暑いですね〜

071010 020

そんな中、締め切りまで1ヶ月をきった【宣伝会議賞】アイデアを練ろうと、祇園近辺をブラブラしてきました

 

 

特に行くあてもなく

ただ人が多い場所に行ったら刺激があるかな〜って八坂神社から、ねねの道を通り高台寺へ

さらに進んで清水寺まで行こうとしたら、途中で「坂本龍馬の墓」って看板が目に止まりました

そー言えばこの高台寺の横の坂を上ったあたりに龍馬の墓があるってのは知ってたけど…

一度も行ったことがない

先週の土曜日にはじめて「龍馬伝」を見たのもあってか、気がつくとフラフラと龍馬の墓に向かっていました

坂本龍馬のお墓は、東山山麓の“京都霊山護国神社”という場所にあります

071010 019071010 018

 

 

 

 

上まで上がって知ったんですが、お墓に行くには入場料金(大人300円)が必要だそうです(笑)

071010 016

入り口にはこんなゲートが

でも券売機もなければ、チケットを売っているらしき人もいない

 

 

071010 017

ちょっと戸惑いながら近づいてみると…

直接、ゲートに入金するシステムでした
(わかりづら…)

 

 

071010 001

ゲートを通過すると、さらに階段が待っています

こりゃ若い人でもヒーヒー言うね

 

 

071010 015

墓地には坂本龍馬以外に、木戸孝允や幕末の志士たちのお墓がズラリ

山の斜面にあるので足場がかなり悪いです


 

071010 011071010 008

 

 

 

 

坂本龍馬と中岡慎太郎のお墓は、比較的入り口に近い場所にあります

とりわけ派手でも大きいわけではなく、意外にもひっそりとしていました

鳥居をくぐって左が坂本龍馬のお墓です

071010 006071010 007

 

 

 

 

071010 005

お墓のある場所から振り返ると京都市内が一

2人どんな風に今の世の中を見ているんでしょうね

 

 

071010 002

071010 004

 

 

 

 

なんて事を考えていたら、蚊に3ヶ所も刺されてしまった

 

071010 025

帰り際、なんとも縁起のいいタクシーに遭遇

そう

四葉のヤサカタクシー

 

071010 023

約1400台のタクシーの内、4台しかないと言われている幸運のタクシーです!

はじめて見ました

 

 

 

071010 010これも龍馬と慎太郎のお導きか?(笑)

皆さんも京都へお越しの際は頑張って坂を上って、龍馬や慎太郎に会いにきてくださいね

入り口まではタクシーで上がれますから!

 

 

 

 

あ、余談ですが

鹿児島空港の前にある、西郷公園の西郷隆盛の銅像

最初はこの霊山護国神社の境内に建つ予定だったそうですよ

鍵のいらなコインロッカーって知ってる?

先日、梅田で今更ながらの初体験をしてきました!

それは

鍵のいらないコインロッカー

鍵の代わりに暗証番号でロックをかけるコインロッカーです

実は、去年の7月から会社の書類引渡し方法のひとつに導入されていたんですが、今まで一度も使った事がなかったんですよね

向かった先は新阪急ホテルの奥

空港リムジンバス乗り場の後ろ、ソニプラの正面にあるコインロッカーです

009002

 

 

 

 

005

この暗証番号式のコインロッカー

支払い方法に現金ピタパ(関西の鉄道やお店で使える電子マネー)が選べます

 

 

 

 

使い方はいたってカンタン!

とは言っても全くの初心者だと、ちょっとアタフタしてしまいます

まずロッカーって空いてるか空いてないかを、鍵で判断するでしょ?

その鍵がどこにもないのでちょっと焦ります(笑)

008

まず落ち着いて「使用中」と書かれたランプ部分をチェックしましょう

ここがオレンジ色なら使用中、消えていれば空いてる合図

 

 

004

003

 

 

 

 

そのあとは中に荷物を入れて、扉に付いているレバーを下に下げます

これでロックがかかりました

そのあと中央のタッチパネルでガイダンスに従いお金を入金すると“ロッカーご利用証明書”と書かれたレシートみたいな紙が出てきます

001

この紙に“鍵番号”が書かれているので、絶対になくさないようにしましょう

そう、この紙が鍵の代わりになるんです

 

 

010

空ける際は、この鍵番号を入力

なるほど、自分で暗証番号を設定するわけじゃないんですね

 

 

これ、ピタパで支払うとピタパが鍵の代わりになります

便利なようですが、空ける際も同じピタパが必要

別の人が荷物をピックアップする場合は注意が必要です

007006

 

 

 

 

このロッカー、今までみたいに鍵をなくす心配がなくなっただけじゃなく

鍵を直接渡さなくても、別の人が荷物を受け取れるところがいいですよね

大阪(梅田)に来た友人に渡したいものがあるけど、仕事の都合で会えない…なんて時にも便利

阪急梅田近辺の設置場所は他にも

「阪急三番街バスターミナル」「阪急梅田駅3階改札前」など引渡しに便利な場所にあるのも嬉しいですよね

 

ただひとつ問題点が…

他のコインロッカーに比べ数が少ないので、いつでも利用できるとは限らないみたいです

ご使用の際はご注意くださいm(__)m


↓YouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!


豊後きのこカレー♪

九重夢大吊り橋の売店で、前に食べて美味しかったご当地カレーをまた買っちゃいました

そのカレーとは

「豊後きのこカレー」

014

以前、ギャル曽根が選ぶ「47都道府県ご当地レトルトカレーランキング」で見事2位を獲得したカレーです

 

 

 

そんな名誉あるカレーの割に、垢抜けないパッケージ(笑)

010609 003

箱にも入っていないので、お値段は360円とお手ごろ価格(←後で湯布院でもっと安く売っている事を知る


 

 

正直パッケージだけでは美味しそうには見えませんが、これが意外(失礼)とイケるんです!

010609 001

梱包はあっさりですが、お味の方はかなり濃厚

こってりタイプのカレーです

 

 

010609 002

大分特産の“しいたけ”がゴロっと3つ

カレーとの相性もバツグン

 

 

カレー好き、しいたけ好きにはたまらないご当地レトルトカレーです

是非、大分県にお越しの際はお試しくださいね!

ちなみに写真のパッケージは昔の写真で、現在は白鵬が映っています(笑)

九州絶景15景ツアー3日目♪

ツアー3日目は阿蘇観光のハイライト

“草千里”“中岳ロープウェイ”

天気予報では晴れのはずだったんですが…

やっぱり山の天気は変わりやすい!

ガイドさんがボソッと

「ここが草千里のはずなんですけど…」

「霧千里になってますね…」

って(笑)

001002

 

 

 

 

霧の影響でお客様の集まりもよく、早めに阿蘇を出発できました

このあと高千穂の予定でしたが、混雑をさけるために先に“天岩戸神社&天安河原”へ

003

天安河原と言えば、河原に願いをこめた石が所狭しと積み上げられているんですが…

 

 

 

004

川の中にこんな石を発見!

遠めで見ると本物の鴨かと思いました(笑)

 

 

高千穂峡では昼食を食べたあとに散策開始!

遊歩道の工事に重ね、混雑が心配されましたが…

009

なんと平日は工事中のはずが、今日はたまたまお昼から工事が中断され遊歩道が開放されていました!

 

 

 

010

他にツアー客もいなくて貸切状態!

すいすい進めて、シャトルバスにもスムーズに乗車できました

 

 

013

←2週間前のあの混雑はなんだったんだ

シャトルバス40分以上待ったもんな…

 

 

このあと予定通り“キムチの里”基山PA”で休憩をとって小倉駅へ

最後の難関、九州道の【大宰府−筑紫野】間の工事渋滞も2キロで済んだおかげで新幹線出発の1時間半前には到着できました!

ほんとツイてる♪

 

あ、天岩戸神社で添乗員にお得な情報をゲットしましたよ

天安河原まで行かないお客様って、時間を持て余してしまうことがありますよね

005

そんな時はバス駐車場のすぐそばにある

ご案内処“日向屋”さんへ

 

 

こちらは今年の8月にOPENしたばかりの、高千穂町観光協会さんが運営している案内所

中には休憩所や神楽のビデオ上映などがあるので、ツアーのお客様もお気軽にお越しくださいとのことでした

007006

 

 

 

 

よくバスガイドさんやバスガイドの同行がないツアーの添乗員さんが

「高千穂の最新情報を教えて欲しい」って来るそうですよ

もちろん個人で来ている観光客にとっても頼もしい味方ですよね

是非、天岩戸神社へお越しの際は“日向屋さん”へお立ち寄りください!!!

九州絶景15景ツアー2日目♪

ツアー2日目

001

今日の観光は別府と言えば地獄めぐり!

数ある地獄の中でも“海地獄”

 

 

海地獄と言えば、子どもが乗れるほど大きなハス“大鬼蓮”も有名

温室の中では11月まで、見事な大鬼蓮を見ることができます

002003

 

 

 

 

お次は“九重夢大吊橋”

気温は16度で早くも紅葉している木も!

紅葉ツアーもスタートするのも秒読み段階ですね

004005

 

 

 

 

瀬の本高原で昼食を食べたあとは阿蘇五岳が一望できる“大観峰”へ

ススキがなんとも秋らしいです

006007

 

 

 

 

008

2日目最後は、ちょっと季節外れの“菊池渓谷”

夏の賑わいが嘘のようにひっそりとしていました

 

 

今日は行程もスムーズに進み、予定より1時間以上早くチェックイン!

今夜は初めて泊まる“阿蘇の司・ビラパークホテル”さん

館内が広いので、ホテルの方が館内地図と指し棒を使ってみっちり説明(笑)

ただでさえ分かりずらいのに、ネーミングがこれまたややこしい

“ボアール館”とか“オメール館”とか“ローズシャーブル”って…

これだけでご年配のお客様はチンプンカンプンです

013012

 

 

 

 

でも、ちょっと癒されるところもあるんですよ

ホテルの前にはなぜか鹿が!

ホテルの玄関には馬車(?)が!

014

016

 

 

 

 

ホテルのすぐ近くに動物のテーマパーク“カドリードミニオン”があるせいでしょうか?

 

さぁ最終日の明日はハードな行程

高千穂の混雑と高速の工事渋滞がないことを祈ります…

今日から九州絶景15景めぐり3日間♪

今朝は4時起きでJR新大阪駅へ

今日からJR利用の九州3日間コースの添乗です

最近九州多いな…

001

今朝、めっちゃ朝焼けが綺麗でした

思わず電車の中からパチリ

 

 

でも天気は下り坂なんですよね〜

岡山→広島と西へ進むにつれて段々雲行きも怪しくなり

小倉駅に付く頃には既に雨が降りは初めてきました

 

このコースは3日間で九州の15景をめぐるツアー

今日はその内“深耶馬溪”“湯布院”“別府・湯の花小屋”を観光

雨は降ったり止んだりでジメジメした1日でした

002

004

 

 

 

 

006

あ、湯布院と湯の花小屋で知り合いの添乗員さんと再会

同じバスがズラリと並んでいると思ったら、なんと台口!

 

 

みんな同じ新幹線利用で同じホテルに泊まっていたそうです

なんか修学旅行みたいですね(笑)

 

さて、今日のお宿は別府・鉄輪温泉の“ホテル風月HAMMOND”さん

写真右は温泉水を利用した“地獄蒸し”です

007008

 

 

 

 

隣の宴会場では韓国人ツアーの夕食の準備中だったので、ちょっと覗いてみました

食事の内容がやっぱり日本人とは違いますね

010

この料理に茶碗蒸しとピリ辛ダシのそうめんが付くそうです

唐揚げも見た目には分かりづらいですが唐辛子味

お漬物はもちろんキムチです

 

昨日は宿泊客の3分の2が韓国からのお客様だったとか

 

 

 

ってブログを書いていたらお客様から部屋に電話が

「係りが、客の横でホコリをたてて乱暴に布団を敷いて不愉快だった

「こちらが注意しても無視された」

とお怒りのご様子

フロントの方と一緒にお部屋に謝りに行ってきましたm(__)m

 

ちなみにこの布団敷き係り

外国人の学生でした

宿泊客も従業員も、外国人を扱うのは大変なようです…

針なしステープラー“ハリナックス”って知ってる?

ついに買っちゃいました!

011

針を使わず紙をとじる

ハリナックス

 

 

今までみたいに針を使わず紙をとじるので経済的

シュレッダーを使用する際もいちいち針を外す手間が省ける便利なステープラーです

014

添乗準備をしていると、2、3枚で分別してまとめたい書類が多いので、前々から欲しかったんですよね〜

梅田のヨドバシカメラでようやく出会えました

価格は980円
(ちなみにロフトは1155円

 

 

 

ずっと売り切れだったけど、ようやく再入荷しました

012

012

 

 

 

 

011

使った感想は…思ってたより大きく穴が空いてしまうので、文字が消えないように注意が必要

 

 

016

でも、閉じた部分を裏返してみると、その芸の細かさにちょっと感動

さすがコクヨさん!(笑)

 

 

015

どうも閉じ口が弱いかな?って場合は図のように2ヶ所留めという技を使います


 

 

このハンディタイプは最大とじ可能枚数が4枚(←ビミョーな枚数

他にも2穴タイプのでっかいバージョンがあって、こちらは最大10枚

でもほんとデカイし価格も5千円以上だから、こっちは業務用だな…

皆さんも店頭で手にとって、その驚異のとじ技を実感してみてくださいね!

 

詳しくはコチラ

針なしステープラー・ハリナックス(コクヨのHPより)

ブラックモンブランって知ってる?

先日、祐徳バスの乗務員さんと一緒に黒川温泉街近くのコンビニで待機をしていたときの事

「お腹すいたしアイス食べたいな〜」ってぼやいてたら、ガイドさんが

「コンビニでブラックモンブランでも買ってきたら?九州しか売ってないみたいだし」って聞きなれないアイスを教えてくれました

「モンブラン?栗はあんまり好きじゃないし…」なんて思いながらコンビニに入ってみると…

100920_173340

あったあった

ブラック

てか、隣の袋入りカキ氷がなんとも九州っぽいですよね(笑)

昔、このブログでもあまりのカルチャーショックに紹介したな〜

 

 

 

さてさて、このブラックモンブラン

栗菓子のモンブランとは全く関係がなく、バニラアイスにチョコとクランチがコーティングされたスティックアイスなんです

008009

 

 

 

 

011

製造会社を見てみると“竹下製菓株式会社”と書いてある

所在地はガイドさんの故郷“佐賀県”です

 

 

010

クジ付きなんですけど、賞品が「ブラックモンブラン900円分」とか「佐賀ワシントンホテル商品券」とか、かなりローカル(笑)

 

 

 

ガイドさんが言うには、小さい頃からアイスと言えば

この“ブラックモンブラン”か、同じ竹下製菓の“ミルクック”だったそうです

確かにそのあとに行った湯布院駅の近くのコンビニにも、スーパーにも置いてあった!

今までこれだけ九州に足を運んでるのに、全然知らなかったな〜

100921_213748100922_095721

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに

関西の人がこのブラックモンブランを見たら、絶対に頭に浮かぶアイスがあります

101001_205453

それがコレ

センタンの“チョコバリ”

関西ではどこのコンビニにも置いてあるメジャーなアイスです

 

 

 

 

このセンタンアイス、ちょっと調べてみると

大阪が本社の“林一二株式会社”が1971年に発売したアイスなんですって

大和郡山にある奈良工場で製造

てっきり全国的にメジャーなアイスだと思ってました

アイスひとつとってもお国柄があるんですね

 

よし、今度は今回出会えなかったミルクックを探してみよっと

旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
funa888◆gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・