ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

2011年06月

正方形で見る佐久島&名古屋市内の風景♪

正方形で撮った佐久島と名古屋市内の風景たち

150611 037150611 045

 

 

 

 

 

150611 048150611 047

 

 

 

 

 

150611 053150611 055

 

 

 

 

 

150611 074150611 092

 

 

 

 

 

150611 100150611 102

 

 

 

 

 

150611 111150611 031

 

 

 

 

 

ありがとう佐久島!

ありがとう名古屋!

ありがとう愛知県!

今度はプラネタリウムと栄あたりを攻めにいかねば!

正方形で見る佐久島の風景♪

アップしようアップしようと思ってて、結局こんなに遅くなってしまった…

先日行った佐久島で撮った、四角い写真たちです♪

140611 005140611 002

 

 

 

 

 

140611 008140611 011

 

 

 

 

 

140611 060140611 066

 

 

 

 

 

140611 080140611 084

 

 

 

 

 

140611 092140611 095

 

 

 

 

 

140611 099140611 100

 

 

 

 

 

140611 102140611 105

 

 

 

 

 

140611 109140611 115

 

 

 

 

 

140611 135140611 140

 

 

 

 

 

140611 142140611 147

 

 

 

 

 

140611 155140611 173

 

 

 

 

 

 

 

ギャラクシーS兇妊好泪曠妊咼紂爾靴泙靴植

昨日、会社の帰りにヨドバシカメラで携帯の機種変をしてきました

携帯の機種変というか、いよいよスマホデビュー(笑)

290611

購入したのは“GALAXY S供

つい先週発売されたばかりの新しい機種です

 

 

薄い!防水!で人気の“メディアス”と迷ったけど、結局ギャラクシーにしました

 

この夏のスマホは“ワンセグ・おサイフケータイ・赤外線通信”がキーワードらしいですね

前に使っていたドコモのSH−05A

2年間使ったけど、おサイフケータイは未設定のまま

赤外線通信なんて5回くらいしか使ったことがない

ワンセグに関しては、結局2年間一度も使わずじまいでした(笑)

 

はたして、こんなアナログ人間がスマホを使いこなせるのか…?

今はとにかくメールが打ちにくくてしゃーない

早くこの“フリック入力”ってやつに慣れたいな

機種変後に操作にストレスを感じるのは、スマホに限らずケータイ同士でも同じですけどね

 

でも、さすがグーグルケータイのアンドロイド

Gメールの操作はサクサクでめっちゃ快適です

ツイッターも見やすいし
(でも打ちにくい)

画面もめちゃくちゃ綺麗!

でも綺麗すぎて、電車の中とかちょっと周りの目を気にしてしまう…

 

この夏モデルから“テザリング”ってスマホ自体がルーターになって、周辺機器をネットに繋げるサービスが話題になっていたんですが…

スマホのパケホーダイとは料金プランが違うんですね

テザリングを使うと1万円以上するそうなので、結局PC接続用のドコモのデータ通信は解約せず2台持ちのままにしました

 

前の携帯はしょっちゅう落としまくって傷だらけにしてしまったので

とにかくこのギャラクシーちゃんは傷つけないよう大事に使いたいと思います

正方形で見る小樽の風景♪

昨日まで行っていた北海道ツアー

小樽で時間があったので、いつも歩き慣れた通りから

まったく観光客のいない路地まで

ウロウロさ迷ってきました

どこを歩いたのかよく分からないけど

小樽駅の近くから住宅街に入って

最終的にメルヘン交差点に出てきました

途中、なかなか住宅街から出れずにちょっと焦った(笑)

小樽の街って味のある風景が多いな〜

260611 002260611 010

 

 

 

 

 

260611 011260611 012

 

 

 

 

 

260611 023

260611 029

 

 

 

 

 

260611 031

260611 025

 

 

 

 

 

260611 079

260611 091

 

 

 

 

 

260611 087

260611 086

 

 

 

 

 

260611 096260611 111

 

 

 

 

 

260611 112260611 154

 

 

 

 

 

260611 153260611 157

 

 

 

 

 

260611 158260611 160

 

 

 

 

 

260611 161

260611 094

 

 

 

 

 

260611 128260611 151

 

 

 

 

 

260611 159

260611 156

 

 

 

 

 

 

途中、町内が黄色い消火栓だらけのエリアがあってビックリしました

駐車場に戻ってからドライバーさんに

「黄色い消火栓があったんですよ!なんでですかね?」って聞いたら

「え、消火栓って普通黄色じゃないの?」って返ってきた…

札幌・小樽・函館では消火栓は黄色だそうです
(でも赤もあったんだけど…)

登別・定山渓ツアー3日目♪

ツアー最終日はゆっくり9時出発

実は今回のツアー

最終日は新千歳空港でお弁当を買って、お昼の便で帰るパターンが多いんですが…

今回はラッキーなことに復路便は18時20分のフライトなんです!

なので小樽もたっぷり3時間の散策♪

 

お、久々に小樽に来たら、ルタオの新しい店舗ができてるじゃないですか!

これ、5月16日にOPENした大型店舗“パトス”

260611 034

260611 143

 

 

 

 

ルタオ史上最大級の店舗で、2階では北海道の素材を生かしたパスタも楽しめます

これで小樽のルタオは6店舗目

すごい人気ですよね〜

そのうち小樽市は“北海道ルタオ市”になるんじゃない?ってくらいの勢いです(笑)

260611 145

そんな儲かって仕方がないイメージのルタオさん

なんでポスターが国生さゆりなんかな…
(出身鹿児島だし)

 

 

イメージガールといえば“花畑牧場”

北海道出身の藤本美貴をポスターに起用しているんですが

260611 124

このリボンにこの衣装

どーみても“はるな愛”にしか見えない…(笑)

 

 

あ、チャリタクの神田さんに久々に会いました

260611 147

小樽の街にもすっかり定着した“チャリタク”

テレビでも紹介されたみたいですね

装備も以前に比べてかなりバージョンアップ!

 

d00290ae

5年前はこんな感じでした(笑)

「知屋利多来!?」
2005年10月13日

 

 

お昼はバスの乗務員さんや添乗員に人気の寿司屋“竜敏”さんへ

会社から支給される昼食代と同額の裏メニューを提供してくれるんですよね

いつも美味しいお寿司をありがとうございます!

260611 122

260611 003

 

 

 

 

小樽のあとは時間があるので特別に“札幌市内観光”へご案内

260611 148

バスは雪まつりの時みたいにテレビ塔のそばで乗降

1時間だけですがフリータイム

 

 

雪まつりシーズン以外で、札幌フリータイムなんてはじめてだな〜

お客様は時計台で記念写真を撮ったり大通り公園を散策

260611 163260611 173

 

 

 

 

 

 

 

大通り公園ではちょうど前日の25日から“花フェスタ2011”が開催中

7月3日まで大通り公園で各種イベントやガーデニングのディスプレイ、花の販売や相談などが行われます

260611 168260611 164

 

 

 

 

260611 165260611 172

 

 

 

 

このあと札幌市では“サッポロ・シティ・ジャズ”や“さっぽろ夏まつり(ビアガーデン)”などイベント満載

大通り公園って1年を通して賑やかですね

 

これだけゆっくりしても空港へはかなり余裕をもって到着できました

復路便はクラスJを含め満席!

他の便も満席便が続いていました

260611 169260611 166

 

 

 

 

震災後、めっきり客足が遠のいていた北海道ですが、回復傾向にあるのかな?

この夏はまた以前のような賑わいをみせてくれるといいですね♪

登別・定山渓ツアー2日目♪

2日目はPAで休憩をとって、一気に上富良野の“フラワーランド”

260611 016260611 027

 

 

 

 

260611 015

園内のお花畑は?

まだちょっと寂しいですね…

 

 

フラノーブルマツオさんでお昼を食べた後は“旭山動物園”へ

260611 083

気温13.9度

ちょっと寒い(涙)

 

 

動物園で2時間フリータイム

土曜日ということもあって、結構賑わっていました

260611 088260611 080

 

 

 

 

 

260611 100260611 109

 

 

 

 

 

260611 117260611 135

 

 

 

 

 

260611 115

260611 125

 

 

 

 

 

260611 139

今日1日で「寒い」って何回言っただろ

ほんと、涼しいと通り越して寒い寒い北海道でした

 

 

関西帰ったら、あの暑さに耐えられる自信がない…

今日から登別・定山渓3日間♪

今日から北海道ツアーの添乗です

ツアータイトルは

「人気の旭山動物園と富良野・美瑛・小樽3日間」

初日は関空から新千歳まで飛んで、登別温泉に向かうのみ

それでもホテル到着は19時前でした…

登別温泉では6月2日から「地獄の谷の鬼花火」というイベントが開催中

夕食後に会場まで足を運んでみました

 

温泉街の各ホテルから続々と宿泊客が集まってきましたね

さすがに山の中なので、上着がないと肌寒く感じます

260611 004260611 007

 

 

 

 

260611 005

丘の上から“湯鬼神(ゆきじん)”と呼ばれる鬼が降りてきました

なんだか幻想的ですね

 

 

260611 009

鬼たちはステージに上がり、太鼓を叩きます

この鬼、ヒーロー戦隊ものの悪役みたいでちょっと怖い(笑)

 

 

260611 013260611 006

 

 

 

 

そして、さっき降りてきた階段に戻り整列

筒花火を抱えた鬼が、合図とともに順番に点火していきます

260611 020260611 024

 

 

 

 

260611 098

この花火、めっちゃすごい火柱が上がるんです

見てるこっちは綺麗だけど、実際に持っている人は熱いし怖いだろーな〜

 

あ、鬼だから怖くないか?

 

 

 

2重奏が3重奏に…

そしてフィナーレは一斉にファイアー!!!

260611 126

260611 121

 

 

 

 

260611 132

260611 140

 

 

 

 

 

 

 

会場にいた見物客から思わず「おぉぉぉー」と声があげるほどの迫力

短い時間ですが、迫力満点のイベントでした

260611 141s

 

 

 

 

 

 

 

この「鬼花火」

期間中はいつでも見れる訳ではなくて、1週間に2回限定なんです

この夏は是非、登別温泉でゆっくり温泉で癒されて

鬼花火で迫力と幻想的な夜を楽しんでくださいね

 

■期間:8月12日までの木曜・金曜

■時間:20時30分〜(約20分間)

■場所:地獄谷展望台周辺

気軽にはじめる「封筒アート」♪

最近はお出かけレポートばっかりなので、今日はちょっと路線を変えてみましょう

先日の写真同好会ツアーに行った際のお話です

天王寺で受付をしていたら、隣で受付をしていた後輩のお客様の手元がになりました

110611 004

会社からお客様宅に振込み用紙を送る際に使用している封筒に絵が描いてある!

スゴイ!!!


 

思わず「写真撮らせてください!」ってお願いしちゃいました(笑)

 

話を聞くと、旅行会社から振込用紙の封筒が届くと、これから行く旅行先の絵を描いて

「自分は今度、こんな所に行くんだ」って旅行に行く日を楽しみに待つそうです

「これまで描き貯めた振込み用紙は30枚以上になるかな〜」

ってご夫婦でニコニコお話をしてくれました

なんか素敵ですよね

 

「絵を描く」っていうと

スケッチブックや絵の具を揃えなくちゃ!って思うけど

こうやって身近なもので気軽に描くのもいいですね

 

と同時に

お客様が旅行に行く日を楽しみに待っているのは

日帰りツアーでも海外ツアーでも同じなんだと改めて感じました

 

我々添乗員は、そんなお客様の気持ちに応えられるように

行きなれたツアーでも、見慣れた観光地でも

いつも新鮮な気持ちでお客様に接していきたいですね

 

ということで

今日からの11連勤頑張りますっ♪

京都タワーに行ってきました♪

今日はJR京都駅前にある京都のシンボル

“京都タワー”に上ってきました

220611 048

実は京都生まれの京都育ちといいながら

京都タワーに上ったことは一度もなかったんですよね…

今さらながら初体験です

 

 

 

 

京都タワーは京都市内を灯す灯台をイメージして1964年に誕生

220611 006

地下3階・地上9階のビルの屋上に建つという

一風変わったタワーなんです

 

 

高さは131m

展望台(5階)の高さは100m

東京タワーやエッフェル搭のように鉄骨を一切使わず、特殊鋼板シリンダーを使用

地下にはタワー大浴場という銭湯があるのも面白いですよね

1階の売店も昔ながらのお土産物屋さんって感じで情緒があります
(名古屋城と同じニオイがする)

220611 043220611 045

 

 

 

 

220611 008

まずこのEVで11階まで上がります

ちょっと地味ですね…

 

 

220611 040

11階が受付がある展望台1階
(料金:大人770円)

ここからアテンダントが同乗するEVで展望台5階へ

 

 

おぉー見慣れた京都駅が眼下に見える!!!

想像以上に迫力満点!

220611 007s

 

 

 

 

 

 

 

後から後から修学旅行生がやってきて展望室内は賑やか

双眼鏡が無料なのが嬉しいですね

220611 011220611 012

 

 

 

 

知ってる観光地や自分にゆかりのあるスポットを双眼鏡でチェック

めっちゃ楽しい♪♪♪

220611 015

220611 027

 

 

 

 

220611 022220611 029

 

 

 

 

 

220611 032

220611 025

 

 

 

 

 

220611 030220611 033

 

 

 

 

 

220611 036

220611 024

 

 

 

 

 

220611 037

帰りは京都タワーのマスコット“たわわちゃん”と記念写真を撮るのをお忘れなく!


 

 

今度は夜景を見に来たいな

 

昼食は錦市場の近くにある漁師居酒屋“井川丸”さんへ 

220611 013220611 016

 

 

 

 

220611 050

オーダーしたのは“生しらす丼”

京都市内で生しらす丼が食べれるなんて!

赤だし飲み放題付きで780円

ごはんがちょっと硬かったけど、美味しかったです

 

 

って今日のお出かけのメインは

京都タワーでも生しらす丼でもなく

京都市美術館・別館へ行くのが目的なんです

220611 042220611 047

 

 

 

 

ここで現在行われているのが

「第3回 二科 京都支部展」

この展覧会に直島で出会った緑のお姉さんこと

“井上練子画伯”の作品が展示されているんです!

入館無料ですが、けっこうなボリュームで見応えありました

やっぱり練子さんの作品は存在感があって感動しました!

期間は6月26日まで
9時〜17時(最終日は16時まで)

で、どんな作品を描いているのかって?

気になるアナタは…コチラ


指宿・霧島ツアー3日目♪

今朝もやっぱり雨とモヤで迎えた3日目

最初は霧島温泉街から20分ほどの場所にある

“塩浸(しおひたし)温泉・龍馬公園”へ

霧島温泉は坂本龍馬とお龍さんが日本人で初めて新婚旅行に出かけたことで有名

それを記念した“新婚旅行湯治の碑”を見学です

002003

 

 

 

 

お次はJR肥薩線の“嘉例川(かれいがわ)駅”へ

開業から100年以上の歴史を誇る九州最古の駅です

004006

 

 

 

 

007

このあと鹿児島空港のそばにある焼酎工場“バレルバレープラハ・GEN”さんで焼酎の試飲と薩摩自顕流(じげんりゅう)の実演を見学しました

 

 

さて、いよいよ3日目のハイライト

JR肥薩線のローカル列車“しんぺい号”に乗車です

001

昨日の夜、お客様に引いてもらう“クジ兼座席表”をせっせと作成

席によって景色に差がでてしまうんですよね…

 

 

ただ、この作業がムダになる可能性が駅に向かうまであったんです

 

昨日はしんぺい号は雨のため運休

朝、ホテルを出発する際も肥薩線の一部区間で運休

我々が使用する列車自体が、駅に到着していない状況だったんです

この列車はJR肥薩線の路線の中でも

人吉駅−吉松駅の区間(通称“山線”)のみを走っている観光列車

人吉駅⇒吉松駅まで運行する列車を“いさぶろう号”

折り返し運転となる吉松駅⇒人吉駅を“しんぺい号”といいます

我々が乗る吉松からの列車は、人吉駅から出発する“いさぶろう号”が来ないことには出発できないわけです

朝から何度も人吉駅と吉松駅、そしてお弁当屋さんに連絡をとりながら状況を把握

 

「運行はできそうだけど、30分は遅れる」

との話だったので、GENのあとに近くの“西郷公園”で時間調整

ドライバーさんにもゆっくり駅に向かってもらいました

 

そしたら今度は「やっぱり定刻通り運行できそうです」って…

逆に乗り遅れたらどうしようかとヒヤヒヤしましたが、出発の20分ほど前に到着できました♪

吉松駅には横には売店の他、SLの展示や資料館などがあります
(ここの売店で蒸しパン買ったらカビが生えてた…)

008009

 

 

 

 

しんぺい号のホームは陸橋を渡った先の△里蠅个任

011010

 

 

 

 

012

お待ちかねの列車が入ってきました

ほんと運休にならなくて良かった〜(涙)

 

 

車内はこんな感じ

ほとんどの座席がボックスシートです

日によって編成が違うので、必ず駅に確認しましょう!
(この日は2両編成)

013014

 

 

 

 

ソファーの自由席やカウンター席もあって、おもしろいレイアウトです

015016

 

 

 

 

017

最初に止まる“真幸駅”ではホームに“幸せの鐘”があります

「あの鐘を〜鳴らすのはアナ〜タ〜♪」

ということで、停車中に鐘を鳴らしにくことができるんですよ(笑)

 

019

途中、急な斜面を進むため“スイッチバック”が2ヶ所あります

何かとお楽しみが多いのがこの列車の魅力♪

 

 

次の「矢岳駅」では下車してSLを見に行く事ができます

置いて行かれないように気をつけましょう

022023

 

 

 

 

そして最大のお楽しみは旧国鉄時代に指定された“日本三大車窓”に選ばれた景色!

真幸駅と矢岳駅の間に見えてきます(徐行運転あり)

本来なら霧島連山が見えるんですが、今日はかすんでいました…

020021

 

 

 

 

このあとループ線でぐるっと山を1周したりと、とにかく乗客を飽きさせない仕掛けが盛りだくさんの列車の旅でした♪

吉松駅から1時間ちょっとで人吉駅に到着

駅前にはからくり時計があるんですが、13時03分到着なのでギリギリ見れません(涙)

025026

 

 

 

 

夏休みになると子供連れや鉄子・鉄男で賑わいそうですね
(今日は一般客は3人くらいしかいませんでした)

このあと北熊本SAで休憩をとって博多へ

027

最後に立ち寄ったドライブイン“観光会館はかた”でようやく青空が顔を出しました


 

 

最後の最後で見た九州の青空

でも、この大雨の中怪我人も出なかったし

行程をカットすることもなかったのでかなりツイてた方じゃないかな?

早く梅雨が明けて欲しいな〜

指宿・霧島ツアー2日目♪

ツアー2日目も怪しい雲行きの中、長崎鼻からスタート

001

“開聞岳”をバックに団体写真を撮るんだけど…

雲に隠れて見えない(涙)

 

 

でもご安心を

021

←出来上がった写真はコチラ

ん〜恐るべしデジタル技術(笑)

 

 

002

長崎鼻にある“竜宮神社”は新しい社を建設中

この夏はJRで“特急たまて箱号”も運行して、指宿温泉を盛り上げるそうです

 

 

指宿のあとは知覧で“特攻平和会館”“武家屋敷”の見学

特攻平和会館の駐車場には見慣れない売店ができていました

4月にOPENしたばかりの特産品を扱うお店

ノリのいい知覧ガール(?)が皆様をお待ちしております(笑)

003004

 

 

 

 

006

このあと鹿児島港から袴腰(はかまごし)港まで桜島フェリーで錦江湾を渡ります


 

 

約15分の船旅

新しい船にはEVも設置されていました

007008

 

 

 

 

お昼は袴腰港のすぐそば“桜島レストハウス”さん

オプショナルで「くわ焼き定食」OR「かんぱち定食」をご案内

009010

 

 

 

 

012

くわ焼き、久々に食べたな〜

ここのタレが好きなんですよね

 

 

昼食後は日本最大級の足湯、「溶岩なぎさ公園」

しばらく来ない内に、こんな足湯が出来てたんですね!

017019

 

 

 

 

020

足湯に浸かりながら錦江湾や桜島の景色を眺められるなんて、スケールが大きいですよね

 

ビジターセンターもミニシアターや詳しい資料が展示してあって見応えがありました

 

本日最後の観光は“霧島神宮”

023

現在“勅使(ちょくし)殿”が色彩補修工事中でした

11月までかかるそうです

 

 

今夜の宿泊は“霧島いわさきホテル”さん

今日は写真だけを見たら雨の支障がなかったように見えますが

実際は1日中、雨が降ったり止んだり

しかも降り出したら容赦なく大粒の雨に襲われました

特に知覧はかなりヒドかった…

 

夕食後にホテルの外を見ると、モヤで囲まれていました

024027

 

 

 

 

028

なんかとてつもなく高い塔に登った気分で、ちょっと怖いんですけど〜

明日乗る予定のJR肥薩(ひさつ)線“しんぺい号”

ちょっとしんぺー

 

 

 

 

今日から指宿・霧島3日間♪

今日から鹿児島県の指宿温泉霧島温泉に2泊するJR3日間コースの添乗です

新大阪から東海道新幹線のぞみで博多へ

博多から九州新幹線さくらに乗り換えて鹿児島中央へ向かいます

 

今朝、新大阪に向かう途中、ツイッターを眺めていると

NHKのアカウントで「九州新幹線が熊本−川内間で運転を見合わせ」って流れてるのを発見

ここ数日、九州地方は豪雨による交通機関の乱れが頻繁に起こっていたので覚悟はしてたけど

まだ集合場所に向かう前からこの情報はかなり凹むね…

 

でも受付をしている間に【運転見合わせ⇒徐行運転】に状況が回復って会社から連絡が

ま、まだ博多に着くまでも時間があるし、大丈夫だろ

 

 

博多には予定通り到着

乗り換え時間は9分ですが、向かいのホームなので安心

新幹線も定刻通り博多を出発しました

いちおー心配なので車内の車掌さんに

「この先どこかで打ち切りとかありえますかね?」

って聞いたら

「出発しているので、徐行はあっても打ち切ることはないですよ

何時間遅れても、この新幹線は鹿児島中央まで行きます」

と、頼もしい回答

お客様のお席をまわってその事を伝えにまわっていると…

「お客様にご案内します

この列車は大雨の影響でこの先の熊本−鹿児島中央間で運転を見合わせているため

次の熊本駅止まりとなります」

ってアナウンスが!!!

 

どないやねん!!

 

急いで車掌さんの所に戻ると

「すいません、たった今連絡が入ってきたんですよ」

って…

 

「で、熊本駅まであとどれくらいですか?」って聞いたら

「あと15分もかからずに到着します」って

 

時間ないし!!

 

もちろん熊本駅に着くと、構内は大混乱

003004

 

 

 

 

なのに、エスカレーターを降りると

ゆるキャラの着ぐるみとか、イベントのお姉さんがわんさかいる

ちょうど今日は「九州新幹線全線開通100日記念」のイベントが開催されていたんです

ただでさえ人が溢れ返っているのに、そこでチビッコの踊りや抽選会やってるし

お客様を集めて案内をするも、イベントの音響がうるさくて声が通らない

 

空気読めよ空気!!

 

せめて新幹線が落ち着くまで構内のイベントを、改札の外に移すとかできんかったんか?

 

このあとのすったもんだは書くと長くなるので省略

結果的には…

後続のさくらの自由席に並んでもらって

90分遅れで鹿児島中央に到着いたしました

 

とにかくサウナに3回くらい入ったくらい汗をかきまくり

大声を出しすぎて、声かすれまくりになりました(涙)

せっかく駅員さんに、熊本で新幹線が打ち切りになった証明を貰ったのに

001q

あとで見たら

駅名が入ったハンコと係りの人のハンコが汗で流されしまった…
(これって効力あるのか?)

 

 

 

観光は明日の内容と入れ替えたり時間を省略したりして、なんとか消化

006

仙巌園⇒薩摩庵⇒アリヨシ民芸店を経由して、今夜のお宿

指宿温泉へ

 

 

007

今夜のホテルは

指宿いわさきホテルさん

 

 

夕食はお客様も添乗員も嬉しいバイキング

野菜食べまくり

えび食べまくりで満足満足♪

009010

 

 

 

 

 

 

しかしよく降る雨やな〜

今も外は滝のような雨

時折、雷も鳴っています

明日には止んで欲しいな〜…

さくらんぼ祭りツアー♪

今日は「さくらんぼ祭りってタイトルの日帰りツアーに行ってきました

“さくらんぼ祭り”って言っても

別にお祭りがあるわけでも、さくらんぼ狩りをする訳ではなく

ただ昼食にさくらんぼの食べ放題があるだけなんですけどね…

 

まず最初に訪れたのは

180611 004

“三ツ塚史跡公園”の花しょうぶ園

7世紀後半に建てられたお寺の跡地が公園になっていて、そこの池に花菖蒲が咲いています(ピンク色の部分)

 

 

 

どんな感じか

ひとことで言うと

「え、ここ?」って感じ(笑)

見頃のピークはちょっと過ぎていました

ドライバーさんが以前に来た事があって良かった…

バスは「ライフピアいちじま」ってホールの駐車場に止めるそうですが

公園の前で路駐したほうが断然近かったです

180611 005180611 001

 

 

 

 

お昼は“篠山玉水”さんで“牛陶板焼き御膳”

黒豆ご飯とさくらんぼ(佐藤錦+アメリカンチェリー)が食べ放題です

180611 010180611 008

 

 

 

 

お客様はアメリカンチェリーより佐藤錦がお目当て

すくい取りしていくお客様もいたもんな(汗)

糖分高いし、利尿作用もあるので食べに注意ですよ〜

180611 006180611 009

 

 

 

 

午後は玉水さんと同じ系列の“玉水ゆり園へ”

180611 016

売店がある建物が入口に見えますが…

 

 

 

180611 017

こっちの地味な方が入口です
(わかりづらいやろ!)

 

 

 

会場は手前から第1⇒第2⇒第3会場と続きます

第1はまだ青々としていますね

180611 011180611 012

 

 

 

 

第2でちょっと華やかさが出てきました

180611 013180611 014

 

 

 

 

一番奥の第3会場は、早咲きのゆりが多いので見応えありました

これ、全部見頃になったら圧巻だろーな

180611 015180611 003

 

 

 

 

 

最後は京都府南丹市にある

“美山かやぶきの里”

180611 018s

 

 

 

 

 

 

 

岐阜の“白川郷”、福島の“大内宿”に続いて国内で3番目に大きなかやぶきの集落です

180611 019180611 020

 

 

 

 

他の2ヶ所に比べると、ちょっと観光地っぽくないのが特徴

生活感のある集落を見学できます

 

このあと亀岡で高速を降りて、“摂丹街道”と呼ばれる京都と大阪を結ぶ街道を通って大阪に帰ってきました

日帰りツアーにしては早めの帰着でラッキー

 

でも、明日も今日と同じく4時半起きなんだよな〜

眠い…

名古屋市科学館に行ってきました♪

名古屋城のあとは、今年の3月にリニューアルした“名古屋市科学館”向かいました

150611 093

時間がもったいないので、お昼はおにぎり

てか、朝ごはん食べ過ぎてお腹空いてなかったのが本音ですけど

 

 

地下鉄・鶴舞線の“浅間町(せんげんちょう)”までは、名古屋城から歩いて15分ほど

次の“伏見”で下車

5番出口が最寄の出口です

お、ビル街の向こうにでっかい球体が見えてきました!

150611 108

 

 

 

 

 

 

 

しかし異様な光景ですよね〜

UFOが市街地に降り立ったらこんな感じなんかな?

150611 114150611 095

 

 

 

 

150611 103150611 099

 

 

 

 

入場料は大人400円(プラネタリウムとセットで800円)

4つの大型展示と世界最大のプラネタリウムが人気です

まだまだ周辺は整備中で、10月には広場にロケットが展示されるそうです

150611 098150611 101

 

 

 

 

150611 097

プラネタリウムは超人気で、平日でも午前中に完売

チケットをゲットするのは至難の技だそうです

 

 

館内は各フロアに「生命館」「理工館」「天文館」と異なったテーマの展示室があって、見所満載!

これで400円は安いよな〜

 

150611 109

見学後は地下鉄を使わず徒歩で広小路通りを直進

20分ちょっとで名古屋駅に着けました

 

 

今夜は名古屋に泊まるか?それとも帰るか?

どうしよっかな〜とバス乗り場の時刻表を見ると

ちょうど15分後に京都行きのバスが出るじゃないか!

150611 116

お気に入りの一番後ろの席も空いているとの事なので、すぐにチケットを購入しました

 

 

 

でも、せっかく名古屋に来たのに

名物の“天むす”“味噌カツ”“手羽先”も食べてないやん(涙)

肩を落として駅構内をブラついてると…

お弁当屋さんに、こんな素晴らしいお弁当が売っていました

150611 117

「名古屋名物弁当」1000円

一気に心残りが晴れました(笑)

 

 

しかし名古屋の名物って、カロリー高そーなもんばっかりやな…

 

150611 025

今朝、佐久島を出たとは思えないほど時間にロスなく観光できたな

充実感に満ち溢れながら車窓からの景色を眺めていたら

 

 

150611 124

今日も焼けるような夕焼け小焼けが!

でもバスが揺れて綺麗に撮れない

うぉー止めてくれ〜!!!

 

と思ったら、ほんとに止まったよ!

タイミングよく多賀SAで休憩です(笑)

そしてタイミングよく目の前には陸橋が!

階段を登って上から写真を撮りまくりました

150611 127s

 

 

 

 

 

 

 

こんな綺麗な夕焼け、ありえん

昨日の夕焼けも綺麗だったけど、今日もスゴイね

150611 128s

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日今日と、色んなアートや立派な建造物を見たけど

やっぱり自然に勝るものはないね

と、つくづく感じた今回の旅の終わりなのでした

 

さて、次はどこの島に行くかな?

名古屋城に行ってきました♪

当初、佐久島を17時15分の船で出るつもりだったけど

思ったより早くまわれたので名古屋に12時すぎに帰ってこれました

今夜は名古屋に泊まって明日に“名古屋城”“名古屋市科学館”へ行こう!

と思ったけど、今日どっちも行けるかも!

 

自慢じゃないけど、名古屋についてはまったく土地勘ナシ!

15年添乗員やってて、名古屋城には一度も行ったことないもんね!

そーゆー時は観光案内所で聞くのが一番!

聞くところによると、地下鉄に乗って行くのが便利らしい

市内をまわる「メーグル」って循環バスって手段もアリだそうです

150611 027

150611 029

 

 

 

 

慣れない土地の地下鉄ってドキドキするな〜

しかもめっちゃ色んな線があって複雑…

ま、デリーの地下鉄より安心か

地下鉄「市役所駅」の7番出口を出ると、名古屋城の東門近くに出ます

料金は大人500円

 

おぉーこれが有名な金のシャチホコか!

150611 066150611 065

 

 

 

 

150611 068150611 079

 

 

 

 

7階の天守閣までは階段かEVで

150611 078150611 077

 

 

 

 

天守閣からは名古屋市内を一望できます

150611 073

150611 069

 

 

 

 

売店にあったコテコテのお土産がいいね

150611 071150611 072

 

 

 

 

6階から下は展示資料館になっていて見応えたっぷり

見るだけじゃなく体験できる資料館です

150611 076

こんな感じでシャチホコと記念写真も!

ちょっと顔に疲れが…

 

 

城を出ると名古屋のゆるキャラ“はち丸”くんに遭遇!

一緒に写真を撮ったらシールまでくれました♪

はち丸くん、俺とズボン似てない?

150611 085

150611 086

 

 

 

 

名古屋城には「名古屋おもてなし武将隊」という集団がいて、曜日や時間帯によって登場キャラが変わるそうです
(CDも出しているらしい)

で、本日の歴女たちのお目当ては?

残念ながらはち丸くんではなく…

“前田慶次”

恐らくおもてなし隊の中でも1、2を争う人気キャラ?

 

そのマンガのようなヘアースタイルに派手な衣装

いかにも歴女が好みそうです

地味な衣装の“立三”がちょっとかわいそう…

立三さん、人はかなり良さそうです

150611 091150611 089

 

 

 

 

名古屋城へ行く際はコチラをチェック

名古屋おもてなし隊・武将出陣表

 

現在、名古屋城では“本丸御殿”の復元プロジェクトが進行中

150611 083

その貴重な行程を見学できるんです

是非こちらもお見逃しなく!
(見学無料)


 

150611 081150611 080

 

 

 

 

150611 090

もちろんしっかり観光バスの駐車場もチェック

正門の目の前なのでわかりやすいですね

 

 

150611 088

それにしても加藤清正くん

キミは各地で露出の多い武将だね

 

 

 

“魚増”さんで三河湾の海の幸を満喫♪

今回の島旅でお世話になったのが、東港のそばに建つ

“魚増”さん

佐久島にはいくつか民宿があるのですが、HPを見て一目ぼれしました

“涙もろい親父とほがらか女将が心づくしのおもてなし”

ってキャッチコピーがいいね♪

140611 044

140611 046

 

 

 

 

民宿って言ってもかなり設備はかなり綺麗です

150611 002

140611 048

 

 

 

 

大浴場もウォシュレットのトイレも完備

150611 001150611 004

 

 

 

 

で、魚増さんの最大の魅力は三河湾の海の幸をふんだんに使った食事!

見てくださいこのボリューム!

140611 179s

 

 

 

 

 

 

 

これ、一番安い7000円(1泊2食税込み)の料理です
(もちろんその日により内容は異なります)

140611 167140611 168

 

 


 

140611 170140611 171

 


 

 

140611 172140611 182

 

 

 

 

獲れたて新鮮な魚介類がテンコ盛り!

もちろんどれを食べてもメチャうまです!

島に来た〜って実感

 

で、一夜明け

朝食はこんな感じ

150611 005s

 

 

 

 

 

 

 

150611 006

朝から網で大あさりとムール貝を焼いて食べるなんて

贅沢…

 

 

150611 003

嬉しくって既に焼いてあるアジの開きも炙っちゃいました

※炙りすぎ注意

 

 

150611 008

あ、ムール貝の中に小さいカニが

カニ⇒ムール貝⇒人間

小さなお子様連れの親御さん

魚増さんでは朝食から食物連鎖が学べます(笑)

 

魚増さんの素敵なところは施設や料理だけじゃありません

なんと

140611 047

ここに書かれたアイテムが全部無料で借りれるんです!

カヌーやシーカヤックまで無料…

どんだけ太っ腹なんですか魚増さん!

 

 

今回、自転車を借りたんですけど

「あのー鍵は?」って聞いたら

「鍵なんてないのよ、この青いのがウチの印だから」って

このゆるさがたまらん!!!

150611 010140611 049

 

 

 

 

こりゃ夏になったら子供連れとかでかなり賑わいそうですね

誰かのツイッターに

「佐久島へは学生が休みになる前に行かねば」

って書かれてた意味がわかります

 

それでも夏にまた行きたいな

150611 009

涙もろい親父さんとほがらか女将さん

美味しい料理とおもてなしをありがとうございました!

 

 

また絶対行くので、しっかりブログも更新してくださいね!

魚増(ホームページ)

佐久島・アートと魚介づくし旅【2日目】

昨日の晩、ご主人に

「明日の朝食は8時頃でいいかな?」って言われたとき

「え、8時?7時くらいから食べて8時には出発するつもりなのに…」って内心思ってたんだけど

起きたら7時58分(涙)

 

朝食会場では愛知や岐阜にお住まいのグループと一緒でした

150611 007

今度は「男女7人佐久物語?」(笑)

なんかツアーのお客様みたいで親しみが沸くな♪

 

 

自然が好きで、よくみんなで色んな場所を歩いているそうです

 

150611 062

今日は10時半の船まで、昨日行けなかった場所に行ってみよう!

佐久島にはアートのスタンプラリーの他に「弘法巡りスタンプラリー」という弘法さんの祠をめぐるコースがあります

 

 

 

150611全部で6ヶ所あるけど、今年できた2つの祠を見るのが目標

パンフレットの表紙にもなっているアートな祠です

 

 

まずは東にある「コウボウノコシカケ」を目指します

潮がかなり引いた外浦の海岸線をサイクリング♪

150611 014150611 011

 

 

 

 

気持ちいいね〜♪♪♪

でも、なかなかそれらしき祠が見つからない

150611 016150611 017

 

 

 

 

って逆に向かってた…

150611 018

途中でUターンし、ようやく祠を発見

なんだ、めっちゃでっかいのを想像してたよ

 

 

150611 020

こちらが佐久島弘法プロジェクト2011の作品

「コウボウノコシカケ」

前から見ると巻貝みたいですね

 

 

後ろは名前の通り、腰掛けになっていて、弘法さんに寄り添いながら海を眺めることができます

150611 021150611 019

 

 

 

 

ちょっと潮が引いた海の中を覗いてみました

写真で見ると、ただの貝殻なんですが

じっと観察していると、うじゃうじゃ貝が動いている!!!

150611 022150611 033

 

 

 

 

150611 024

貝という貝にヤドカリが入っているんですよね

こりゃ子供が喜びそうです

 

 

東へ戻る途中、フラワーロードにある島で唯一のお土産屋さんに立ち寄ってみました

それがこちらの「しいちゃんの里」

島で捕れた海草や、貝で作った雑貨を取り扱っています

150611 034150611 032

 

 

 

 

しいちゃんというのは奥さんの名前

150611 035

「オレはしいちゃんの旦那だから“しいだん”だな」

ってユニークなご主人と2人で元気に営業中!

佐久島へ腰の際は是非お立ち寄りくださいね!

 

フラワーロードにはこんな足湯も

150611 038150611 041

 


 

 

150611 040150611 043

 

 

 

 

現在修理中…

 

時計を見ると、船の時間まであと20分

150611 051

急いで“筒島”へ向かいます

大島に比べ、ちょっとワイルドな道のりです

 

 

あったあった

切り立った岩場の上に「サンカク」と呼ばれる祠が

150611 050150611 044

 

 

 

 

これで今日の目標達成!

急いで魚増さんに自転車を返却

東港に着いたのは出航10分前でした

150611 052150611 054

 

 

 

 

150611 056

あっと言う間の滞在だったけど、美味しい料理と綺麗な夕日をありがとう!

今度は夏に来るね!

 

 

一色港に到着

今日もカップルが多いね…

150611 059150611 061

 

 

 

 

船が着いたら5分後にバスが出発

接続良すぎで、お魚広場へは行けなかった…

150611 060150611 026

 

 

 

 

西尾駅からは新安城で特急に乗り換え名古屋へ向かいました

さてこれからどうするかな

佐久島・アートと魚介づくし旅【1日目】

東の集落に到

黒壁の街並みで趣がありますね

140611 097140611 108

 

 

 

 

140611 114140611 098

 

 

 

 

東のアートのメインはコレ

140611 110

佐久島のパンフレットに必ずと言っていいほど載っている

「おひるねハウス」

佐久島アートのシンボル的存在です

 

 

140611 111

ここでも「佐久物語」の皆さんに遭遇

いつの間にか専属のカメラマンになってるし(笑)

 

 

140611 004

ちゃっかり一緒に写真まで撮らせてもらいました

結局、この場所を最後に皆さんとはお別れになってしまいました

何の仕事か謎のままだよ…

 

 

 

 

140611 117

西港の周囲は黒壁の街並み

その中でも“弁天ハウス”と呼ばれる施設は資料館になっています

 

 

140611 120140611 119

 

 

 

 

弁天ハウスのおばちゃんがお茶をいれてくれたので、しばし休憩

佐久島ってみんな親切だな〜

140611 118140611 123

 

 

 

 

ってだめだめ、まだスタンプが3つ残ってるんです

日が沈まないうちに、残りのアートを制覇しなくては!

 

西の集落の中にも作品はありました

140611 125140611 127

 

 

 

 

140611 128

この宇宙人みたいな像も松岡徹氏の作品

「大和屋観音」です

いや、どーみても宇宙人でしょ

 

 

島には“ノンとビリー”と呼ばれる2匹の名物ヤギがいましたが、2匹とも永眠

現在は2代目ビリーがフラワーロード沿いで飼われています

140611 130

様子を見に行くと…

首のヒモが棒に絡まって、もがいているではないか!



 

140611 131

たまたま通りかかったちびっこレスキュー隊(?)との連携プレーで、なんとかビリーを救出!

めでたし、めでたし…♪


 

って、だからこんなことやってる時間ないんだって!

こっちはノンビリーしてる暇はないのだよ!

 

最後は地図で見てもよくわからん場所

なんか森の中っぽい

グルグルさ迷いながら、ぬかるんだ雑木林をチャリで進み

途中でチャリを降り、その先は徒歩で進みます

顔には蜘蛛の巣が絡まりまくり

頭上にはそれをあざ笑うかのようにカラスが「アホーアホー」

いや、「カーカー」鳴いています

正直泣きたいのはこっちの方

めちゃ怖いんですけど〜(涙)

半分ヤケクソになり歩いていると、探し求めていた番のスタンプを発見!

この森は、たくさんの祠に囲まれた神聖な場所

140611 132140611 134

 

 

 

 

140611 133

そしてこれが「空の水−山」って作品

いや、これ「ブレアウイッチプロジェクト」だろ!(涙)

 

 

スタンプを押すと、マッハでチャリをこぎ森を脱出しました

140611 183

これで全てのスタンプをコンプリート!

別に何かもらえるって訳じゃないんですけど…

でも満遍なく見所を回れるのでいいアイデアですよね

 

 

頑張った自分へのご褒美にビールで乾杯♪

140611 139

島にはコンビニも酒屋もありません

でも、ビールは東港の自販機にありました

缶ビール260円

 

 

これをもって、イーストハウスの上でグイっといきましょう♪

酒の肴?

この景色ですよ!

目の前に広がるこの海!(笑)

140611 137140611 141

 

 

 

 

日中いちゃついていたカップルたちはみんな日帰りで帰っていきました

宿泊者はほとんどいないので、この時間は佐久島貸切です♪

140611 148

140611 143

 

 

 

 

140611 144

ほんとは夕方にこの海釣りセンターで釣りをしたかったんだけど、風が強かったので断念しました

 

 

 

さぁそろそろ魚増さんに帰りましょう

お風呂に入って蜘蛛の巣を落としてスッキリ

夕食を食べていると、何やら他の部屋が騒がしい

140611 180

外に出てみると

そこには燃えるような夕日が広がっていました

 

 

なんじゃこの絵に描いたような夕焼けは!

「これ、夕焼けが落ちたあとにやってくる“小焼け”なんだって」

って魚増の女将さんが教えてくれました

140611 013s

 

 

 

 

 

 

 

140611 169s

 

 

 

 

 

 

 

下の4枚の写真は小焼けの前の夕焼け

魚増さんのお風呂場から撮りました

日が沈んで終わりだと思ったら

小焼けなんて秘密兵器を隠してたなんて

太陽ってニクいヤツです(笑)

140611 154140611 156

 


 

 

140611 164140611 165

 

 

 

 

この日は各地で綺麗な夕焼けが見れたそうですね

それを佐久島で見れるなんて、ほんとラッキーでした

佐久島・アートと魚介づくし旅【1日目】

食事のあと、今晩お世話になる民宿“魚増”さんに荷物を置いていざ散策開始!

自転車も魚増さんが無料で貸してくれました

 

アートを巡るスタンプラリーのポイントは全部で16ヶ所

140611 050

まずはさっき降り立った東港の「むかしむかし」という作品から

箱の中を覗くと…?

 

 

140611 056

お次は“大島”

東港は陸続きの大島筒島に囲まれた太井ノ浦(たいのうら)に位置した港です

 

 

佐久島は「三河湾の黒真珠」とか「東海の松島」と呼ばれるだけあって、景色がいいですね

140611 057

140611 068

 

 

 

 

大島には「佐久島のお庭」という作品があります

140611 054140611 064

 

 

 

 

大島に行く途中には「イーストハウス」と呼ばれる真っ白い建造物が

屋根に上って海を眺めると気持ちいい!

140611 070140611 071

 

 

 

 

140611 075

お、下が賑やかだと思ったら

さっきの「男女6人佐久物語」ご一行です

 

 

140611 076

同じ職場の仲間って言ってたけど

いったい何のお仕事なんやろ…
(聞きそびれた)

 

 

150611 046

ちなみに、島内の移動手段は徒歩自転車オンリー

島内循環バスとか、そんなものはないです(笑)

 

 

ま、西港から東港まで歩いても30分

自転車だと10分かからない距離です

140611 077140611 093

 

 

 

 

140611 081

東港の裏には正念寺と呼ばれるお寺が

そこに「海神さま」と呼ばれるアート作品があります

 

 

佐久島に点在するアートは松岡徹氏の作品が多いです

140611 083140611 079

 

 

 

 

 

あと直島の「家プロジェクト」ならぬ

「すわるとこプロジェクト」の作品(イス)も点在

のんびりイスに腰をおろして佐久島の景色を楽しみましょう

140611 058140611 086

 

 

 

 

 

140611 088140611 089

 

 

 

 

140611 087

さぁ、だいたい東側のアートは制覇したので西へ移動しましょう

佐久島は東が民宿街で観光客の拠点

西が黒壁の古民家が残る素朴な町並みが特徴です

 

140611 091

ちょうど東西のくびれに当たる堤防には「かもめの駐車場」

これ、女木島にも同じ作品がありましたね!

 

 

140611 090

おや

カモメじゃない動物が混ざってますけど…

 

 

 

佐久島・アートと魚介づくし旅【1日目】

先月、瀬戸内海の直島で出会った愛知県在住の“あすかちゃん”

そのあすかちゃんに

「愛知県にも直島みたいにアートな島があるよ」

って教えてもらってから、ずっと気になっていた島がありました

それが愛知県西尾市一色町にある“佐久島”

佐久島は三河湾国定公園内で一番大きな島

と言っても

東西2.3キロ、南北0.5キロ、周囲11.5キロ

人口は約280名ほどの小さな島です

 

初めて聞いた佐久島なる離島

西尾市?一色町?それってどこ?

この1ヶ月でちょこちょこ情報収集

さっそく連休を利用して行ってきました♪

140611 006

今回も高速バス利用

京都駅から名古屋まで名神ハイウェイバスで約2時間半です

 

 

140611 009

こちらが今回の行程表(笑)

この行程通り行けば8時に京都駅を出ると、14時前には佐久島に着けるはず

 

 

140611 016

予定通り名古屋に到着

名古屋からは名鉄西尾線の西尾駅まで約50分のローカル線の旅です

 

 

はじめて乗る名鉄

赤い車体や車窓からの景色が新鮮です

140611 015140611 017

 

 

 

 

140611 019

愛知県西尾市は抹茶の生産量日本一の

ここで35分の待ち時間あります

 

 

140611 018

なんせ佐久島行きの港まで行くバスは1日に4本しかない…

ちゃんと時刻を調べていかないと大変なことに

終点の「一色おさかな広場」までは約30分です

 

 

 

140611 022

バス停では地元西尾市に住むおっちゃんが、佐久島の話や同窓会の話を語ってくれました

 

 

 

「佐久島か〜昔は週に2回は釣りに行ったね〜」

「夕方がよく釣れるでね〜今の時期はメバルかアイナメだな」

「今はどんな貝でも貝毒もってるでね」

「こないだ同窓会で、同級生が喧嘩して片方がぽっくり逝っちまったんだよ」

「喧嘩するのが一番ソンだね〜」

「あんた、ワシが京都に行きたくてしょうがないってのに、その京都からわざわざこんな辺鄙な場所に来たのかい!」

「京都っていうと、奈良の上のあたりかい?」

「小学校の修学旅行で京都に行ったけど、あの時は体壊して何も食べれんかった・・・それでもやっぱり修学旅行は楽しかったな〜」

 

こんな話を聞いていたら、あっという間にバスが来ました(笑)

おっちゃんは途中で降りて、結局「一色おさかな広場」に着く頃には他に乗客はいなかった・・・

140611 020

140611 024

 

 

 

 

140611 023

バス停の目の前が佐久島行きの船乗り場

去年できたばかりの新しいターミナルです

 

 

駐車場を挟んで向かいには「一色おさかな広場」というお店があります

ここのイカの姿焼きが美味しいって聞いてたんだけど、時間がなくて買えなかった…

140611 025140611 026

 

 

 

 

のりば内の券売機で乗船券を購入(大人800円)

一色港を出航したあと西港(25分)⇒東港(30分)の順に止まります

140611 029140611 030

 

 

 

 

140611 031

船の中で佐久島に詳しいおじさんが色々と島の情報を教えてくれました

実は後で知ったんですけど、このお方は島の駐在所のおまわりさんだそうです(そりゃ詳しいわけだ)

 

 

いよいよ佐久島に上陸

離島に上陸するワクワク感っていいですよね

140611 034140611 035

 

 

 

 

140611 037

この島もカップル多いんでない?

愛知県の定番デートスポットなのか?

 

 

ちょっと遅めですが、まずは腹ごしらえ!

ネットで調べて狙っていた「すづ屋」さんへ

東港を降りて左へ進むとすぐお店が見つかりました

140611 045

80過ぎのご夫婦が切り盛りしているので、観光客が押し寄せるとてんやわんや

テーブルの上を片付ける暇もない

 

140611 039140611 043

 

 

 

 

佐久島では大アサリをカツ丼風にした“大アサリ丼”が有名なんですが

このすづ屋さんは、その元祖として島でも一番人気なんです

カツ丼の大アサリ版といったところでしょうか?

赤だしが付いて料金は650円♪

評判通りめっちゃ美味しかったです!!!

140611 040140611 038

 

 

 

 

140611 042

後から同じ船で上陸した賑やかなグループがお店に入ってきました

名付けて「男女6人佐久物語」ネタが古い?(笑)

日帰りで17時15分の船で帰るそうです

 

こちらはひと足先にお店を出て活動開始

船乗り場にスタンプラリーになったMAPが置いてあるので、それを見ながら島のアートを巡ります

140611 052140611 184

 

 

 

 

さて、どんな風景に出会えるかな?

SLやまぐち号ツアー2日目♪

ツアー2日目

今日はさすがに天気は回復してるだろ

と期待してたんだけど…

001

“秋吉台”

まっちろ…

 

 

低温ミストサウナの様な霧雨の中、2日目スタートです

次に向かったのは“秋芳洞”

洞内の照明がLEDになって綺麗ですよね

この照明をプロデュースしたには、日本を代表する照明デザイナー、石井幹子さんです

003004

 


 

 

006005

 

 

 

 

「鍾乳洞を抜けた頃には天気も回復してますって!」

って無責任にお客様を安心させてたんですが…

やっぱりこちらもミストサウナ

でも、いつもに増して幻想的で素敵ですよね

008009

 

 

 

 

商店街を抜けた所には「MINEまるごと館」って観光案内所ができていました

4月21日の鍾乳洞リニューアルの日にOPENしたそうです

013014

 

 

 

 

このあと美祢市をあとにして山口市内の“瑠璃光寺(るりこうじ)”

ボランティアガイドさんを手配したので、詳しく説明してもらいました
(このコースはバスガイドさんがいないので助かりました)

016020

 

 


 

017018

 

 

 

 

 

ここで面白いバスを発見!

それがこの広島県の“ささき観光”さんの大型バス

024

一見、普通の新車のバスですが

車体の横にアノ家電製品でお馴染みのマークが

 

 

それは

プラズマクラスターはシャープだけ♪

のプラズマクラスターマーク!

021最近では、自家用車やテレビなんかにもプラズマクラスター搭載モデルが出てますけど

まさか観光バスにも搭載していたとは

 

 

022徳山営業所が使っていたバスだったけど、車内に乗り込んで写真まで撮っちゃいました(笑)

このバス、テレビでも紹介された事があるそうですよ

 

 

このあと雪舟庭園のそばの“長州苑”さんでオプショナルの昼食

023

これに冷たいに天ぷらが付いて1200円

 

ん〜…

 

 

午後は中国道で1度休憩を挟んで、広島県の“世羅(せら)高原”

025026

 

 

 

 

“世羅ワイナリー”ではワインを使ったポン酢やドレッシングが売られていました

このコース最後の観光地は“世羅ゆり園”

032

30万本のゆりと300万輪のビオラが咲く、全天候型の日本最大のゆり園です

 

 

 

031

「虹ハウス」と呼ばれるハウスのゆりはまだつぼみでしたが

「夢ハウス」(下の写真2枚)のゆりは綺麗に咲いていました

 

 

029030

 

 

 

 

このあと尾道道と山陽道と、渋滞もなく順調に福山駅に到着

033

今夜の晩ごはんは「八十吉ラーメン」さんで“とり丼”

このボリュームで550円
(安っ!)

 

 

特製“わしのタレ”がたっぷりかかって美味しかったです♪

八十吉ラーメンと言えば、この記事

「竹原慎二が“八十吉ラーメン”を紹介すると…」
2007年5月23日

久々に読んで自分でウケた(笑)

今日からSLやまぐち号と瀬戸内花物語2日間

今日からJR利用で

「SLやまぐち号と瀬戸内花物語」というツアーの添乗です

新幹線を福山駅で降り、山陽道⇒中国道を経由して“津和野”

お昼ごはんは小谷SAで買ってもらって車内で済ませてもらいました

 

今日は長崎で土砂崩れや九州新幹線が一部区間運転見合わせなど、九州地方はかなり強い雨だったようです

中国地方も、福山駅でバスを出発したあたりからずっと雨

ここ数日続いた雨の影響で、鯉が泳ぐ水路も濁っていますね

001002

 

 

 

 

いつもは殿町周辺の散策で終わる津和野ですが、今回はここからが本番!

“貴婦人”の愛称で親しまれている“SLやまぐち号”に乗車です

出発時刻の15分前くらいに改札開始の予定

20分前に駅に着いたんですけど、既に改札前には既に人だかりが

ツアーバッチ対応で通れるので、入場後は各自座席まで進んでもらいました

004005

 

 

 

 

006

ホームは向かい側なので階段利用

雨の影響でモヤっていますが、それがまたSL列車の情緒を引き立てますね

 

 

007008

 

 

 

 

SLやまぐち号は5両編成

新山口←´↓きア津和野

座席はABCD4席でボックスシートなので席割りには注意が必要

しかも号車によってタイプが異なる添乗員泣かせな列車です…

写真左:欧風客車 写真右:昭和風客車

011010

 

 

 

 

写真左:ぬ声I客車 写真右:ヂ臉吃客車

014

015

 

 

 

 

津和野〜新山口間で運行していますが、我々は途中の“長門(ちょうもんきょう)峡駅”で下車

長門峡駅は無人駅です

016

道路に出て左側に道の駅があるので、そこでトイレを済ませてバスへ

バス駐車場はさらに200m先です
(駐車場にもトイレあり)

 

ここから約1時間走ってホテルに到着

今夜はカルスト台地の上に建つ

“秋吉ロイヤルホテル・秋芳館さんに宿泊です

017

018

 

 

 

 

019

ホテル到着前に雨も止んで、空も明るくなってきた!

明日は天気、回復するかな〜

 

 

 

写真同好会ツアー♪

今日は「写真同好会」シリーズの第3回目に行ってきました

この写真同好会は、プロの先生と一緒に写真を撮りに行く特殊なツアー

講師は現役のプロカメラマン・永野一晃先生です

今回のターゲットは

【勧修寺(京都府)】の花しょうぶ&睡蓮

【もりやま芦刈園(滋賀県)】のアジサイ

 

前回行った但東町のチューリップ畑

ものすごい雨でしたが…

今朝の関西地方は朝からバケツをひっくり返したような大雨

 

110611 017

なんとか勧修寺に着く頃には、小降りになっていましたが

やっぱり撮影がメインのツアーで雨はちとツライ…

 

 

でも、思っていたより花しょうぶも睡蓮も綺麗に咲いていたし

雨のおかげで花や新緑がツヤツヤで綺麗です

睡蓮と雨も相性がいいですよね

110611 018110611 009

 

 



 

110611 013

110611 020

 

 



 

 

110611 021

110611 028

 

 

 



 

110611 030110611 015

 

 

 



 

110611 014110611 026

 

 

 

 

でも、やっぱり撮りにくそうやね…


お昼は石山寺のすぐそばの“洗心寮”さんで、しじみがメインの和定食を頂きました

110611 001

お客様は店前の何気ないポイントでもカメラを手放しません

三度の飯より写真が好き!って感じですね(笑)

 

 


午後は“もりやま芦刈園”

ここは日本のアジサイ50種、西洋のアジサイ50種

合計1万本ものアジサイが咲き誇る、あじさいの殿堂

まさにアジサイの万国博覧会です(笑)

110611 003110611 057

 

 

 

 

ようやく雨も止んで空も明るくなってきました

お客様も身軽になったので撮影に集中できます

110611 032110611 043

 

 

 

 

でも、あまりにファインダーばかり覗いていると、すぐ先生を見失います

「先生どこ行った〜?」って聞かれても

こっちも分からない

先生、すぐトコトコ移動しちゃいますからね

 

110611 044

あ、いたいた

←あじさいに埋もれた永野先生

 

 

110611 042先生を見失わないように付いて行きつつ、自分の撮影にも集中

お客様も忙しいです(笑)

 

 

それにしても、あじさいって色んな種類があるんですね〜

110611 045

110611 022

 

 

 

 

 

110611 035

110611 040

 

 

 

 

 

110611 056

110611 041

 

 

 

 

 

110611 055110611 039

 

 

 

 

 

後半は駐車場の外にあった小麦畑をターゲットに

110611 051

なんだか傍から見ると、とんでもなく珍しいものを撮影しているように見えますが

 


 

撮っているのは小麦です(笑)

110611 060110611 062

 

 

 

 

 

帰りは時間に余裕があったので、琵琶湖大橋の西詰にある“お米プラザ”で30分ほど撮影&お買物の時間をとりました

110611 063

滋賀県まできて琵琶湖を撮らないのも、もったいないですもんね

 

 

 

このあと大阪までまったく渋滞なくスムーズだったので、17時には天王寺に帰ってこれました

日帰りツアーで帰着が17時って幸せすぎる(涙)

 

ikkoNaganoの写真日記 ■IkkoNagano/HomePage

信楽・タヌキのいる風景♪

今夜は信楽で狩ってきたタヌキたちをご紹介します

定番のタヌキから、微笑ましい擬人化されたタヌキ

タヌキに見えないタヌキに、ちょっと不気味なタヌキ

個性豊かなタヌキをお楽しみ下さい♪

090611 006090611 007

 

 

 

 

 

090611 012090611 017

 

 

 

 

 

090611 018090611 020

 

 

 

 

 

090611 025090611 023

 

 

 

 

 

090611 102090611 009

 

 

 

 

 

090611 026090611 029

 

 

 

 

 

090611 031090611 028

 

 

 

 

 

090611 033090611 034

 

 

 

 

 

090611 043090611 052

 

 

 

 

 

090611 054090611 053

 

 

 

 

 

090611 057090611 055

 

 

 

 

 

090611 063090611 064

 

 

 

 

 

090611 065090611 068

 

 

 

 

 

090611 071090611 069

 

 

 

 

 

090611 073090611 070

 

 

 

 

 

090611 076090611 079

 

 

 

 

 

090611 101

090611 097

 

 

 

 

 

090611 082090611 100

 

 

 

 

 

色んなタヌキの中でもオススメなのは…

やっぱコイツ(笑)

090611 072

この観音様(?)の表情といい

このタヌキの首のかしげ具合といい

狙ってるのか、たまたまなのか

最強コンビです

 

 

090611 110

このタヌキも好き

歌川国芳が描きそうなダイナミックなデザインがいいですね

 

 

 

 

そして、栄えあるベストオブ信楽タヌキは

こちらの2匹!

090611 081

この希望に満ちた表情と躍動感溢れるポーズがたまらん!

「ま、人生いろいろあるけど

前向いてがんばろや

って聞こえてきません?(笑)

 

なんかこのタヌキ見てたら明日も頑張れそうな気がする

たとえ大雨の中での写真同好会ツアーでも…

信楽にタヌキ狩りに行ってきました♪【後半】

さてお腹を満たしたあとは、目的のタヌキ狩り!

狩りって言ってもカメラで狩るんです(笑)

信楽のお店の前には、バラエティーに富んだタヌキがズラリ並んでいるんです

090611 015090611 039

 

 


 

090611 045090611 037

 

 

 

 

そんな中でもこの“古美術いまい”ってお店は味があったな

090611 061090611 062

 

 


 

090611 056090611 060

 

 

 

 

 

ちょっと坂を上って“陶芸の森”へも行ってきました

中央には無料の産業会館、一番上には有料の博物館があります

信楽の街が見下ろせて気持ちがいいですね

090611 066

090611 067

 

 

 

 

ふらふらと市街地をサイクリングしていると

のどかな景色に不釣合いな“結婚相談”の看板を発見

090611 089

090611 088

 

 

 

 

「秘密厳守」って

秘密も何も、近所の人しか来ないと思うんですけど…

 

090611 083

“新宮神社”の横からは「窯元散策路」があるそうなので行ってみました

 

 

 

江戸時代から続くのぼり窯や、直島の家プロジェクトちっくな古民家

犬島の精錬所ちっくな窯元など、なかなか情緒があります

昨年はこの一帯で“信楽まちなか芸術祭”が開催されていたそうです

090611 084090611 090

 

 

 

 

090611 091090611 092

 

 

 

 

090611 096

この犬島を彷彿とさせる煙突を持つのは“谷寛窯”「galleryほうざん」

店内にジャズが流れていて、雰囲気のいい窯元でした


 

090611 094090611 095

 

 

 

 

090611 109

駅に戻る途中、昔ながらの銭湯を発見!

さすがに今はもう営業はしていないそうです

 

 

公衆便所がシブしぎです!

090611 107090611 108

 

 

 

 

090611 074

ちょっと気になる景色が多い信楽ですが…

一番気になったのはコレ

 

 

なんか背後に気配を感じる・・・の図(笑)

090611 075s

 

 

 

 

 

 

 

信楽ってなかなか奥が深いまちやな〜

 

皆さんも信楽で陶芸体験を

そして、カメラでタヌキ狩りをしてみてはいかがですか?

ちなみに前に信楽でちゃんと陶芸体験した時の様子はコチラ

「信楽で陶芸体験♪」

「信楽で陶芸体験〜作品お披露目編〜」

ついでに面白いのでコレも読んでみて(笑)

「伊賀で忍者体験♪」

信楽にタヌキ狩りに行ってきました♪【前半】

今日は休日を利用して滋賀県の“信楽”へ行ってきました!

たまに日帰りツアーでチラっと立ち寄る機会のある信楽

「あ〜ゆっくりタヌキの写真撮りたいな〜」っていつも思っていたんですよね

090611 086

電車で行くには、JR山科駅から草津線で【貴生川(きぶかわ)駅】

そこから“信楽高原鐵道”に乗車します

 

 

 

信楽高原鐵道って名前は聞いたことあるけど、初めて乗りました

名前の通り、新緑の中をのんびり進みます

090611 004

090611 032

 

 


 

090611 003

090611 030

 

 

 

 

090611 005

24分で終点の信楽駅に到着

1両の車内には10名弱しか乗っていませんでした…

 

 

ホームには信楽焼きのタヌキがズラリ

090611 010s

 

 

 

 

 

 

 

駅ではいたるところでタヌキが歓迎してくれます♪

090611 115090611 116

 

 

 

 

 

090611 113090611 117

 

 

 

 

まず信楽で足となるレンタサイクルを借りましょう

駅構内の事務所で貸し出しています

ママチャリ:500円/電動アシスト:1000円

090611 008090611 011

 

 

 

 

さぁそれでは信楽散策へスタート!

ってちょっと待った!!!

090611 013

信楽高原鐵道はエゲツナイほど本数が少ないんです

しっかり帰りの時刻を調べてから散策しましょう!

帰りは15時55分だから、滞在時間は3時間半ってとこか

 

駅を出てすぐ左の巨大タヌキでんわがインパクト大っ!

090611 014090611 114

 

 

 

 

 

090611 035

主要道路の国道307号線はやたらトラックやダンプが多いので、走行には十分注意しましょう!

 

 

 

まず最初にいつもバスの中から見てて気になっていた場所を目指します

それは巨大涅槃像!

ならぬ巨大寝タヌキ!!!

090611 021s

 

 

 

 

 

 

 

こちら“分福”ってお店です

めちゃでかいタヌキでしょ(笑)

ここでタヌキの容器に入ったうどんを食べる予定でしたが、定休日なのか閉まっていました…

他のお店を探してみたけど、なかなかコレといったお店が見つからない

信楽は観光客向けの飲食店が少ないようです

お腹もそろそろ限界なので、駅のそばにあった“串かつ・武蔵”ってお店に入ってみました

090611 049090611 047

 

 

 

 

営業してるのか、してないのか微妙な雰囲気

入るまではちょっと怪しいムードでしたが、お店の方はかなりアットホーム♪

お昼のメニューは2種類

串が3本付いた「日替わり定食」890円と

串が5本付いた「串かつ定食」1260円

090611 046090611 048

 

 

 

 

てか夜のメニューで1串136円

その串が5本付いて1260円って

お得感ないし(涙)

ま、味は美味しかったんでいいんですけど…

尾瀬縦走ツアー3日目♪

山小屋で迎えた3日目

5時半から朝食を食べてたら、さっそく準備体操

6時15分には出発です!

070611 172

070611 173

 

 

 

 

水芭蕉や尾瀬沼ともお別れです

逆さ富士ならぬ、逆さ燧ケ岳が綺麗すぎて名残惜しい…

070611 177070611 175

 

 

 

 

070611 181

小屋から“三平下”と呼ばれるポイントまで約30分

平坦な木道を歩きます

 

 

070611 182

“三平下”に到着

ここから“三平峠”を越えます

この先は1時間半ほどトイレがありません

 

もう、昨日の白砂峠みたいな雪道はないだとうと油断していましたが

甘かった…

白砂峠と同じくらいの雪がこちらも残っていました

070611 183070611 184

 

 

 

 

070611 187070611 189

 

 

 

 

070611 191

足元がズボっと抜けてしまう場所もあるので要注意!

特に木道と木道の間は隙間が空いています!

 

 

070611 193

約30分で三平峠に到着

白砂峠に比べて短いですね

あとはゴールまでずっと下りです

 

070611 194

下りも雪道がしばらく続くので油断は禁物!

お客様も精神的に疲れが出ていました

 

 

なんとか積雪エリアを突破!

三平峠越えはかなり広いエリアに木道が敷かれているので、雪がなければ歩きやすいと思います

070611 195070611 199

 

 

 

 

070611 197070611 203

 

 

 

 

070611 204

ようやくトイレがある“一ノ瀬休憩所”に到着

これが最後の休憩ポイントです

 

 

070611 202

この先は砂利道をひたすら1時間

道は平坦ですが、景色があまり変わらないので精神的にキツイ区間です

 

 

前方にゲートが見えてきました!

いよいよゴール地点の“大清水”です

ここに大型の観光バスが迎えにきてくれているので、全員揃ったら戸倉温泉の“尾瀬高原ホテル”

070611 206070611 205

 

 

 

 

尾瀬高原ホテルで入浴&昼食

このホテル、目の前はゲレンデなんですよね

冬に一度来てみたいな〜

070611 209070611 208

 

 

 

 

070611 015

帰りは行きと同じく関越道と北陸道を進み富山駅へ

途中、八海山も綺麗に見えていました

 

 

いや〜尾瀬で雨具を使わずに縦走できるなんて夢のようです!

入社以来、尾瀬縦走は100%雨でしたからね(笑)

 

天気よし!花よし!怪我人なし!

三拍子揃った今年の尾瀬ハイキングでしたm(__)m

尾瀬縦走ツアー2日目【後半】♪

午後は尾瀬縦走の中でも一番の難所“白砂峠”を越えます

070611 082

見晴の小屋を過ぎると、今までの湿原の景色とはお別れ

山の中へと進んでいきます

 

 

毎年、雪が遅くまで残ることで知られる白砂峠

この雪を除雪するために、ガイドさんはシャベルを持っていたんですね

070611 085070611 091

 

 



 

070611 094

070611 090

 

 

 

 

070611 095

1時間40分かけてようやく峠に到着

ここからは下りです

 



下りも雪で滑らないよう注意が必要

自信がなければ、お尻で滑って降りるのもアリです

070611 098070611 100

 

 

 

 

070611 101

坂を下りきると別世界の木道に出ます

ここから過ぎのポイント“沼尻”までは平らな木道が続きます

 

 

070611 103

“沼尻”に到着

見晴から沼尻まで、所要時間は2時間10分かかりました

ここのトイレはチップ200円です

 

070611 107

この先は尾瀬沼を左手に見ながら今夜の宿泊先“長蔵小屋”を目指します

所要時間は約1時間

 

 

こまめにアップダウンがある上、残雪や木の根っこが行く手を阻みます

かなり疲れが出ている頃なので、つまづかない様に!

070611 108070611 110

 

 

 

 

前方が一気に開けてきました

“大江湿原”です

070611 114

070611 113

 

 

 

 

この湿原のすぐ横が“長蔵小屋”

尾瀬でも一番歴史のある超老舗の山小屋です

お風呂もちゃんとありますが、シャンプー・石鹸は使えません

お湯で汗を流すのみって感じですね

070611 115

070611 124

 

 

 

 

070611 125070611 123

 

 

 

 

お部屋は定員4名〜8名程度で男女別の相部屋

070611 119070611 118

 

 

 

 

夕食はこんな感じ

070611 159070611 156

 

 

 

 

夕食前にちょっと小屋の脇にある水芭蕉の群生地を歩いてみました

夕日に照らされた水芭蕉がめっちゃ綺麗でした♪

070611 143s

 

 

 

 

 


 

 

070611 147070611 146

 

 

 

 

 

夕食後も、ちょこっと散歩へ

薄手のフリース着てても寒い…

静寂の中に浮かぶ尾瀬沼は、宿泊者だけが見れる贅沢な風景です

070611 164070611 165

 

 

 

 

小屋の消灯時間は21時

ですが

20時半には既に爆睡なのでした…

尾瀬縦走ツアー2日目【前半】♪

今朝は7時15分にホテルを出発

070611 013

朝ごはんはホテルでお弁当を作ってもらって、バス車内で食べました

添乗員は食べる余裕ありませんでしたが…

 

 

 

約45分で戸倉温泉の“尾瀬高原ホテル”に到着

070611 007

ここで山岳ガイドさんと合流

マイクロバスに乗り換えて“鳩待峠”へ向かいます

 

 

約25分で鳩待峠に到着

ここからは39名を3つのグループに分けて行動

各グループに1名尾瀬のガイドがついて縦走を目指します

070611 016070611 020

 

 

 

 

“鳩待峠”〜“山ノ鼻”までは3.3キロ、下り約1時間

途中、雪が残っている場所もありました

070611 022070611 027

 

 

 

 

水芭蕉もけっこう咲いてますね

070611 035070611 038

 

 

 

 

070611 041

山ノ鼻には一足先に後輩のよねちゃんが到着していました

よねはこの周辺を散策して再び鳩待峠へ戻ります

 

 

さぁここからはお待ちかねの“尾瀬ヶ原”

尾瀬ヶ原ではアップダウンはなく、ひたすら木道が続きます

070611 042070611 066

 

 


 

070611 070070611 071

 

 



 

天気もいいし、景色もサイコー

進行方向には標2356m燧ケ岳(ひうちがたけ)

2356m⇒「ニーサン、ゴロゴロ、ヒウチデヒルネ」って覚えましょう

振り返れば標高2228m至仏山(しぶつさん)

2228m⇒「フーフーフー、ヤットノボッタシブツサン」って覚えましょう

湿原の沼に映る青空も幻想的ですね

070611 058070611 055

 

 

 

 

水芭蕉も見頃でした

070611 067070611 068

 

 

 

 

山ノ鼻から何度か休憩や写真タイムを挟みながら5.8キロ進むと“見晴”に到着

ここで舞茸弁当の昼食です

070611 074070611 073

 

 

 

 

070611 075

おや?

ガイドさんの足元には携帯用の組み立て式シャベルが

何に使うんでしょ…

 

 

今日から尾瀬縦走3日間♪

いよいよ今シーズン初の尾瀬ハイキングツアーの添乗です

大阪駅で集合するのはリニューアルされてからはじめて

朝早いからいいけど、10時まわったら受付どころじゃないだろーな…

070611 001

070611 008

 

 

 

 

070611 006

今日は富山駅まで後輩の“よねち”と一緒

よねは同じ尾瀬でも縦走はせず、途中で折り返しの2日間コースです

 

 

 

今日は北陸道と関越道をひたすら走り、吹割の滝を見学してホテルへ向かいます

お世話になるのは群馬県・老神温泉の“観山荘”さん

070611 010070611 012

 

 

 

 

070611 014

070611 005

 

 

 

 

今日は途中、滝のような集中豪雨に襲われたけど

明日は大丈夫かな〜

尾瀬っていっつも天気悪いもんな〜

思い起こせば…

_______

2006年7月5日

 

 

________

2009年7月16日

 

 

_________12010年6月14日

 

 

見事にやな

「ハンブルク 浮世絵コレクション展」に行ってきました♪

昨日、添乗帰りに駅でこんなパンフレットが目に入りました

uUkiyo-e

ウキヨ イ〜?

じゃない、浮世絵って書いてるよ!

しかも国芳の名前が!

 

 

なんでもドイツにある“ハンブルク美術工芸美術館”ってところが所蔵している浮世絵を

なんでも京都の“相国寺承天閣美術館”ってところで展示しているらしい

キャッチコピーは

初公開!!写楽・歌麿・北斎・国芳が里帰り

これは行かねば!

タイミングよく今日はお休みだったので、さっそく行ってきました♪

 

相国寺(しょうこくじ)は地下鉄烏丸線の「今出川駅」から徒歩約10分

同志社大学に隣接しています

けっこう大きなお寺ですね〜

030611 017

それもそのはず

あの金閣寺銀閣寺は、この相国寺の山外塔頭(さんがいたっちゅう)にあたるそうです

 


で、その山外塔頭ってナニ?

ま、いいや

総門をくぐり、相国寺の拝観受付をスルーして突き当たりを右へ

030611 019030611 012

 

 

 

 

すると、モミジ並木の奥に“承天閣(じょうてんかく)”と呼ばれる美術館があります

030611 007030611 008

 

 

 

 

国芳展同様、この展示会も前期・後期に分かれています

国芳展に比べると規模は小さいんですが、内容は豪華!

初期(1700年代)の単色で描かれた浮世絵から

有名どころの“写楽”“喜多川歌麿”

「冨嶽三十六景」の葛飾北斎

「東海道五十三次」の歌川広重

などなど

さながら浮世絵界の「紅白歌合戦状態」です(笑)

10時すぎに行ったのでそれほど混んでなかったです

500円で音声ガイドを借りて、ゆっくり2時間ほどかけて鑑賞いたしました

 

作品を見るだけでなく、浮世絵が出来るまでの過程も勉強できます

自分みたいに浮世絵初心者にはもってこいの展示会ですね

でも、やっぱり国芳の作品が一番ツボやわ〜
(国芳展で見なかった作品は、ほんの数点ですが)

帰りにポストカードを数枚ゲット

■左2点は広重、右2点は北斎

030611 021030611 022

 

 

 

 

境内はモミジが多いので、秋に来たら綺麗だろーな〜

030611 001030611 005

 

 




 

030611 010030611 014

 

 

 

 

 

030611 020帰りに地下鉄の階段でこんなサービス発見

これ、うちの会社の階段にも導入して欲し〜な〜(笑)

 

 

 

相国寺(ホームページ)

承天閣美術館(ホームページ)

由布院・黒川ツアー3日目♪

ツアー3日目!

ホテル内のバス駐車場へ向かうと、他社さんで来ていた島鉄バスのドライバーさんがバスの掃除をしていました

001

昨日「明日は8時50分出発だからゆっくり」って話をしていたのに

出発の1時間半も前から…



 

普段、当たり前のように綺麗なバスに乗ってるけど

こうやって乗務員さんが見えない所でこまめに掃除をしてくれているんですよね

感謝感謝ですm(__)m

こちらは温泉プランのお客様を迎えにいくので7時半に乗務員さん&添乗員3人でホテルを出発

全員揃ったあとは宮崎県まで一気に移動

“天岩戸(あまのいわと)神社”“高千穂峡”の観光です

今朝は天気がいいけど、寝ている間に雨が降ったようで地面が濡れてる

雨のおかげで新緑がツヤツヤ

気持ちいいですね

004003

 

 





 

002011

 

 

 

 

 

雨上がりの天安河原(あまのやすがわら)も神秘的

008007

 

 


 

009010

 

 

 

 

 

高千穂峡はようやく補修工事が終了

他の団体とも重ならずにスムーズに見学できました

あ、去年の落石事故をうけて、監視ボートが配置されるようになってるんですね

今まで全然気付かなかった…

013

015

 

 

 

 

今日のお昼はオプションで“高千穂牛弁当”

019

高千穂で弁積みなんてはじめてやな…

高千穂出発後はカーブが多いので、気をつけて食べましょう

 

 

お昼がお弁当に変わったおかげで、かなり余裕をもって小倉駅に到着

普段、カロリーとか油物とか気にしているつもりなんだけど…

020

小倉駅ではかなりの確立で行っちゃうんだよな〜

駅前のマクド…

 

 

よし、今年の夏まではマクドではコーヒー以外注文しないことに気めた!

由布院・黒川ツアー2日目♪

今朝、朝食のバイキング会場でこんなの発見!

001

 コーヒーの横に置かれていのは

ウインナーコーヒー用の生クリーム

 

山水館さんはパン工房も併設しているので、パンも焼きたてで美味しいんですよね

美味しいパンとウインナーコーヒー

優雅じゃ…

 

8時半にホテルを出発したあとは湯布院散策

ほとんどのお店が9時OPENなので、先に金鱗湖へ案内しました

湖面を泳ぐティラピアの鱗が綺麗ですね

003002

 

 

 

 

このあと瀬の本高原で休憩をとって“草千里”

今日のランチは“地鶏の陶板焼き”でした

013007

 

 

 

 

本来だと、このあと中岳ロープウェイですが…

現在、火山活動が活発なためロープウェイは休業中

代わりに草千里にある“阿蘇火山博物館”へご案内しました

阿蘇五岳が形成されるまでの流れや、火山について詳しく学べる博物館です

010011

 

 

 

 

博物館へ行かない方は、丘の上から中岳を眺望したり

008009

 

 

 

 

012

馬に乗って楽しまれていました

馬刺しが売られている売店の前で乗馬か…

北海道の「羊が丘でジンギスカン」みたいやな

 

このあとは黒川温泉へ

今日も16時前のチェックインです

ホテルは基本プランが“三愛高原ホテル”さん

温泉街プランが“和風旅館・美里”さんです

基本プランのお客様でご希望の方は、バスで温泉街にご案内

015016

 

 

 



 

018

019

 

 



 

 

017026

 

 

 

 

 

黒川の温泉街もニャンゴが多いですね

020

024

 

 

 



 

021022

 

 

 

 

 

猫って写真を撮るには面白い被写体ですけど…

触るとかゆくなるので苦手です!!!

 

温泉街を散策したあとでも、明るい内に夕食が食べれるなんて幸せ〜

003001

 

 

 

 

002

窓の外には放牧中の肥後の赤牛たちが

夕食が豚肉でよかったよ…

 

 

 

旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
funa888◆gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・