ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

2011年07月

赤沢森林鉄道と上高地ツアー2日目♪

夜中4時前に、開けていた窓ガラスが(←部屋にクーラーないので)

ガタガタガタ

って激しく揺れる音がするので目が覚めた

震度3の地震だったみたいです

隣で寝ていたあきおちゃん

爆睡でした
(そりゃ疲れてたんだし、仕方ないよ)

2日目の観光は“上高地”のみ

001

霧ヶ峰ビーナスラインを通って“風穴の里”まで一気に2時間以上の大移動


 

 

今日も観光バス乗り入れ規制日なので

沢渡(さわんど)のバスターミナルでシャトルバスに乗り換えです

天気がビミョーなせいか、思ったほどの混雑なく上高地イン

 

003005

 

 

 

 

さすがに穂高連峰は雲がかかっていました

004002

 

 

 

 

お昼はオプショナルでお弁当ですが

最近、ツアー中の昼食ってお弁当ばっかり…

ちょっと飽きてきたので、河童橋のそばにある“河童食堂”さんでラーメンを食べました

お値段880円

他のメニューもやっぱりお高めです

ま、トイレは無料で使えるので、実質780円ってとこか(笑)

006

007

 

 

 

 

なんとか時折小雨が降る程度で上高地の散策を終え

神岡の道の駅“宙(すかい)ドーム”経由で富山駅へ

いつもの特急サンダーバード42号を利用して大阪へと帰ったのでした

ちなみに明日も朝から特急サンダーバードに乗車

佐渡ヶ島と長岡の花火大会に行ってきます

長岡の花火大会

昨日の時点で会場が水没して、テントや仮設トイレが流されてけど

予定通り開催するのかな…

今日から赤沢森林鉄道トロッコと上高地2日間♪

今日から7月ラストの添乗へ

コースタイトルは

「赤沢森林鉄道トロッコ列車と上高地・木曽御嶽山2日間」

前日、23時までジムに行っていたので睡眠3時間…

寝不足と筋肉痛でボロボロになりながら、新幹線に乗って名古屋駅へ向かいました

名古屋からは“恵那峡SA”で休憩をとって“レストハウス木曽路”さんで弁当をピックアップ

ここから“赤沢自然休養林”までは、約30分

到着後はすぐにトロッコ列車に乗るので、お弁当は車内でお召し上がり頂きました

004

なかなかコンパクトでかわいいお弁当ですね

おにぎりもやわらかくて美味しかったです

 

 

予約していたトロッコは12時30分(30分間隔)

010

10分前に駐車場に着いたので、急いで乗り場に進んでもらいました


 

 

乗車の流れはコチラで↓

「わくわく信州ツアー3日目」2009年8月13日

007009

 

 

 

 

012

帰りはそのままトロッコに乗車か遊歩道散策をチョイスできます

歩いても30分弱で帰れます

 

 

早めに帰ったら、「しおり作成コーナー」で木のしおりを作ったり(無料)

渓流で遊んだりするのもいいですね

014016

 

 

 

 

 

お次は“木曽御嶽山”

センターハウスに入って左側が受付、右側が売店です

受付でパンフレットと乗車券(往復券で1人1枚)を受け取ります

添乗員はリフト券みたいなパスがもらえます

021020

 

 

 

 

センターハウスを出ると、ゴンドラ乗り場の“鹿の瀬駅(1570m)”が見えます

ゴンドラは6名乗り

023024

 

 

 

 

025

ここから7合目の“飯森高原駅(2150m)”まで約15分

けっこう長いですよね

 

 

029

7合目には“高山植物園”や“足湯”“御嶽社”などがあります

70分とったけど、ギリギリといった感じでした

 

 

028027

 

 

 

 

030032

 

 

 

 

これにて本日の観光は終了ですが…

ここからが長い

途中、諏訪湖SAで休憩をとって“白樺湖”のホテルまで移動です

別に渋滞したわけでもないですが

ホテルに到着したのは19時すぎでした…

今夜は「わくわく信州ツアー」で来ていた先輩“あきおちゃん”と相部屋

035

満館につき添乗員同士は相部屋でした

相部屋なんて久々やな〜

 

 

あきおちゃんは幼児のお子様を入れてお客様50名!

補助席での移動でヘトヘトなのに

車内でできなかった書き仕事を、夜中の1時すぎまでしておりました(涙)

 

え、オマエはって?

お客様は30名

夜中1時には、もちろん夢の中でした…(笑)

スターバックスの「新千歳空港限定タンブラー」♪

今日まで「まるごと北海道4日間」という道東周遊ツアーの添乗でした

250711 002250711 014

 

 

 

 

 

 

 

北海道といえば

今月15日に「北海道ショーケース」としてリニューアルした新千歳空港!!

250711 018250711 016

 

 

 

 

空港内に温泉ができたりと、かなり充実した施設が話題を読んでいます

250711 020新しい飲食店もたくさんオープンした中に

待望のスターバックスも入っていました

 

 

場所は3階にある国内線と国際線を結ぶ連絡施設

通称「スマイルロード」

250711 017250711 021

 

 

 

 

この出店を記念して、新千歳空港限定タンブラーも販売

クリエイティブタンブラー仕様でデザインは北海道の大自然をイメージ

250711 023

p20110725-144146

 

 

 

 

どこぞの湖と、どこぞの白樺林

マスっぽい魚が描かれています

 

まぁデザインのよし悪しはおいといて...

お店限定のタンブラーは関東以外では珍しいですよね

湖の部分がスケルトンになっているのでこれからの季節にピッタリだし(^^;

なくなり次第販売終了ですが、お土産にもいいかもしれませんね

あと新千歳空港店限定メニューもありました

250711 003250711 025

 

 

 

 

ドリンクはホワイトチョコレート&エスプレッソ (フラペチーノあり)

スイーツはフロマージュ ブラン

今度ゆっくり時間のあるときに試してみたいな♪ 


最後に業務的なお話

空港はリニューアルしましたが、団体のチェックインカウンターは変わらず

ANAは1階、JALは2階のままです

250711 010ただ、出発便を利用の際は観光バスをターミナルに横付けできなくなりました(到着便の際はこれまでと同じ)

 

 

 

バス専用レーンで降りて、陸橋を渡ってターミナルに入ります
(ちょっと前もこのパターンでしたよね)

ANA側がAの陸橋/JAL側がBの陸橋

空港が賑やかになった分、お客様の乗り遅れにはこれまで以上に注意しましょうね!!!

“山うにとうふ”って知ってる?

先日行った“九州鉄道今昔物語りツアー”

38

熊本城の“城彩苑”でふらっと入ったお店で、こんな食べ物を目にしました

 

 

 

その名は五木屋本舗

 

山うにとうふ

 

「五木の子守唄」で有名な熊本県球磨郡五木村に古くから伝わる保存食

今から800年以上も昔、平家の落人によって生み出された“豆腐の味噌漬け”

それを現代風にアレンジしたのが、この「山うにとうふ」

九州産の大豆と、五木村の清流を使用して作った豆腐を半年間味噌に漬け込んで発酵・熟成させた珍味です

その濃厚な味はネーミングからも分かるように、まるで“ウニ”のよう

沖縄の“豆腐よう”をちょっと食べやすくした感じかな?

もちろん焼酎やお酒の肴にピッタリなわけですが

この「山うにとうふ」

色んな料理に使えるそうで、簡単レシピが同封されていました

 

で、さっそく作ってみた!

46

「山うにたまご焼き」

作り方はカンタン
卵焼きの中に山うに豆腐と大羽を巻いて完成です

 

 

味はチーズを巻いた卵焼きっぽいですが、チーズよりヘルシーで風味がいいです♪

 

お次は…

50

「山うにパスタ」

豆乳と山うに豆腐を5:5であえてパスタと絡めます
(牛乳でもOK)

 

 

今回は冷凍のシーフードミックスをフライパンで溶かして、そこに豆乳山うにとうふを豆乳

いや投入(笑)

 

上に水菜を乗せようと思ったけど、大葉にしました

お味はカルボナーラやウニクリームパスタっぽいお味

やっぱりシーフードとの相性が良さそうです

でも、大葉より水菜が向いてたかも(汗)

 

この他にもレシピにはこんな料理が紹介されていました

「山うに焼きおにぎり」…これ、めっちゃ美味しそう!

「山うにフランスパン」…これはちょっとどうよ…

「山うに丼」…マグロの山かけと一緒に♪これ絶対美味しいよね

「納豆」「おかゆ」「お茶漬け」…合わない訳がない

 

直営店は

五木村の“五木 久領庵”

城彩苑の“五木屋本舗・熊本城店”

のみですが、デパートやお取り寄せなどで購入できます

 

熊本にお越しの際は

お酒好き、料理好きの方へのお土産にいかがですか?

黒部・アルペン・上高地ツアー3日目♪

ツアー3日目は“上高地”

この日は観光バスが上高地バスターミナルまで乗り入れできない規制日

“さわんど”でシャトルバスの乗り換えです

えらい立派なターミナルができましたね

受付の際、管理番号とツアータイトル・バス会社名が入ったステッカーを2枚受け取ります

1枚は利用している観光バスへ

1枚は帰りの受付時に提示します

180711 033180711 028

 

 

 

 

180711 039

シャトルバスは貸切ではありません

停留所に一般の乗客がいれば、混載となります

 

 

180711 037

途中、先月23日に発生した土砂崩れの現場を通りました

現在工事中で片側通行のため、ちょっと時間がかかります

 

 

180711 046180711 053

 

 

 

 

お客様は“大正池”“帝国ホテル”“バスターミナル”など、お好きな場所で下車して散策スタート

さわんどから大正池までだいたい20分くらいかな

180711 055

朝から曇っていたものの、穂高連峰もはっきり見れますね!

 

 

 

先月の大雨の影響か、河原には流木がいつも以上にすごかった

180711 059

180711 054

 

 

 

 

都会じゃジッとしてても汗が止まらないほど暑いのに、こっちはヒンヤリ涼し〜

まさに避暑地とはこのことですね!

180711 061180711 065

 


 

 

180711 062180711 068

 

 


 

180711 076180711 077

 

 

 

 

太陽が顔を出せば上高地でもかなり暑いそうなので

散策するには今日くらいの天気が最高ですね

180711 043180711 075

 

 

 

 

帰りはバスターミナルで集合をかけて、全員揃えば“屬里蠅仭阿砲△訐賤僖ウンターへ

バスの用意ができたらお客様をご案内します

180711 070180711 056

 

 

 

 

180711 058180711 057

 

 

 

 

180711 074

帰りはシャトルバスに30分ほど乗車して“平湯バスターミナル”に到着

ここでバスを乗り換えです
(コースによってさわんどの場合あり)

 

富山市内の老舗の薬屋さん“池田屋安兵衛商店”さんを見学したあとは富山駅へ

4237

 

 

 

 

富山駅では尾瀬帰りのK坂先輩と、とやま特選館3階「白えび亭」の“白えび天丼(730円)”を食べました

いつもお客様に案内はするけど、食べたことがなかったんですよね

0227

 

 

 

 

衣をできるだけ薄くしているので、思ったよりあっさり

外はサクサク、中はフワフワの食感でペロっといけてしまいます

オーダーしてから食べ終わるまで15分くらいでした(笑)

揚げ物系のメニューは全てお持ち帰りもできますよ

 

あ〜今回は陽気なお客様が多くて楽しいツアーだったな

仲のいいご夫婦や家族を見ていると、こっちまで幸せな気分になりますね

おかげでいつもよりちょっとテンション高めで過ごさせて頂いた3日間でした(笑)

黒部・アルペン・上高地ツアー2日目♪

ツアー2日目は“立山黒部アルペンルート”

180711 006

今回は富山県側の“立山駅”から長野県側の“扇沢駅”までを抜けるルートです

 

 

 

3連休の中日でスタートからかなりの待ち時間を覚悟してたけど

意外にも予定通り10時40分のケーブルに乗車でました

このまま順調に進めばいいな〜

180711 007180711 008

 

 

 

 

【美女平】から【室堂】へ向かう高原バスからは落差350mを誇る“称名滝”も見ることができました

180711 012180711 010

 

 

 

 

予定通り【室堂ターミナル】に到着

ここで約2時間の自由散策&昼食タイムです

180711 013

180711 021

 

 

 

 

やっぱり賑わってますね〜

おいしい湧き水“玉殿の湧水(たまどののゆうすい)”にも行列ができていました

180711 015

180711 024

 

 

 

 

180711 020

180711 019

 

 

 

 

180711 017

天気も景気もサイコー♪

どこでお弁当を食べても絶好のロケーションです

 

 

180711 022s

 

 

 

 

 

 

 

 

“みくりが池”は半分まで凍っていますね

180711 025180711 026

 

 

 

 

時間があったので、普段めったに行かない“地獄谷”にも足を伸ばしてみました

途中、雪の上を歩くので注意が必要です!

180711 036180711 040

 

 

 

 

それにしてもこんな急な階段降りたっけ?

行きはよいよい

帰りは…って感じ

ゼーゼーいいながらターミナルに戻りました(涙)

180711 042180711 044

 

 

 

 

【大観峰】ではロープウェイに乗るまでに50分ほど待ち時間が出ました

まぁ、これはしゃーないね

180711 048180711 050

 

 

 

 

ロープウェイ⇒地下ケーブルを乗り継いだ先は【黒部ダム】

この時期は放水しているから迫力満点です!

180711 034180711 047

 

 

 

 

最後は予定通り16時35分のトロリーバスに乗って扇沢へ

16時05分・16時35分共にかなり込み合っていました

どうしても座りたい方は早めに並んだほうが良さそうですね

180711 049180711 018

 

 

 

 

扇沢からホテルまでは約15分

今夜は“黒部ビューホテル”さんに宿泊です

 

おかげ様で満員御礼ということで…

 

続きを読む

今日から黒部・アルペン・上高地3日間♪

今日から

黒部渓谷トロッコ列車・立山黒部アルペンルート・上高地

を巡る3日間コースの添乗です

18さすがに3連休初日とあって、集合場所の大阪駅はかなり混みあっていました

 

 

 

今日は特急サンダーバードで富山駅へ

そこから宇奈月温泉駅へバスで移動して、トロッコ列車に乗車

山は涼しいかと思いきや、こっちも30度近くあるんですね(*_*) 

1621

 

 

 

 

でも、トンネルに入ったり木陰ではヒンヤリしていて気持ち良かったです

0530

 

 

 

 

冬は寒いけど、この季節は風通しのいい普通車が気持ちいいね 

54鐘釣駅で折り返して、宇奈月温泉駅に戻っきたあとはホテルへ直行

 

 

 

今夜のお宿は、駅からも見えてる「宇奈月グランドホテル」さん

連添で寝不足なのを知っていたのか、添乗員の部屋は大浴場の斜め前♪

めっちゃ助かります!
(温泉の熱気で部屋が異様に暑いけど)

今夜はさっさと温泉に入ってさっさと寝よ

 

 

あ、今日からお世話になる“加越能観光バス”さん

利用するバスが、ちょっといつもと仕様が違うな〜思ったら…

0519

 

 

 

 

夜行バスに使うタイプの車両でした(笑)

座席の間隔は広くていいけど、なんか落ち着かない…

九州鉄道今昔物語ツアー3日目♪

最終日は「仙巌園」からスタート

今月3回目(笑)

何や国道沿いが騒がしいと思ったらジョイフルの横に、見慣れないセブンイレブンが!

ちょうど今日がオープン初日を迎えたようです

4352

 

 

 

 

添乗員や乗務員にとっとら観光地にコンビニができるのは嬉しいニュースですよね

仙巌園のあとはJR肥薩線の吉松駅へ

ここから人吉駅まで「しんぺい号」に乗車

人吉駅の名物駅弁「栗めし弁当」 を食べながら

スイッチバックや日本三大車窓の風景を楽しみました

4710

 

 

 

 

3350

 

 

 

 

午後は「熊本城」

お客様を天守閣まで案内したあとは、ガイドさんと一緒に 3月にオープンした

「桜の馬場・城彩苑」へ行ってみました

09歩いても行けますが、チケット売り場の前から無料のシャトルバスが5分間隔で出ています

 

 

 

美味しそうなお店がズラリ並んでいますね〜

観光案内所では熊本県内の観光パンフレットが豊富に揃っていたので、資料集めに行くのもいいですね

1337

 

 

 

 

 

熊本城のあとは一路博多駅へ

向かったんですが…

一般道と高速、どちらも事故渋滞に巻き込まれてしまいました

ドライバーさんが頑張って急いでくれましたが、熊本城を出発したから2時間経ってもまだ着かない

結局、博多駅に着いたのは新幹線出発の15分前でした

ほんと、都市高速で停滞したときはムリかと思いました…

 

まさか連休前にこんなドタバタに遭遇するとは

それも「ゆとり旅」ってタイトルのツアーで(涙)

駅に着いたらそのままホーム直行

コンビニで夕食も買えず、今夜は夕食抜きかと諦めかけていると…

次の小倉駅から別のツアーで添乗中の後輩“ツッチー”が乗り込んできました

「何か食べるものない?」っておねだりしたら

カバンの中から“観光会館はかた”さんの明太子おにぎりが!!

2704

 

 

 

 

いつも乗務員休憩室で3個とか食べちゃうけど、こんな時は1個でもお腹が満たされるのが不思議

普段、いかに自分に甘いかが身に染みました(反省)

 

ツッチーおにぎりありがと〜!!!

明日は「山陰ローカル列車の旅」頑張ってね

ってまた明日、大阪駅で会うけど(笑)

九州鉄道今昔物語ツアー2日目♪

ツアー2日目はゆっくり10時出発

それまで各自でホテルの隣にある「薩摩伝承館」を見学です

ホテル出発後は知覧の武家屋敷・特攻平和会館を見学して昼食

午後は鹿児島市内に戻って多賀山へ

麓にある「石橋記念公園」からボランティアガイドさんと一緒に約90分の散策がスタート!

東郷平八郎の像がある展望台からは、桜島や錦江湾の景色が綺麗に見れます

3359

 

 

 

 

0830

 

 

 

 

46麓まで降りたら、薩英戦争の砲台跡や石橋を見学

石橋記念会館を最後に散策コースが終了しました

 

 

2759

 

 

 

 

炎天下の下で90分の散策はキツいね

お客様が途中で倒れるんじゃないかとヒヤヒヤ...

皆様、よくご無事で(^^;

 

ここを最後に今夜のお宿、「城山観光ホテル」さんへ

 2週連続で城山観光ホテルさんに泊まれるなんて

シアワセ(^з^)-☆

 

今回の夕食は仙巌園じゃなくてホテル(笑)

和食・中華・バイキングから選べます

添乗員はバイキングをチョイス

4719

 

 

 

 

現在このレストランでは「ウイアーザワールドフェア」が開催中

ベトナム風つくねが美味しかったです♪

 

43それにしても ベッドが大きすぎて落ち着かない... 

 

 

 

 

今日から九州鉄道今昔物語3日間♪

今日からまたまたJR利用で九州へ

ツアータイトルは
「九州鉄道今昔物語と名湯・名旅館ゆとり旅3日間」

往復の新幹線は、先日の優雅な南九州ツアーと同じ

宿泊も指宿温泉→城山温泉

観光は知覧や仙巌園が入ってたりして、似たような内容です

でも、こっちは1日目のお昼が付いてる♪



36岡山駅で積み込んだ「八角祭弁当」を食べながら、鹿児島中央駅へ向かいます






今回、指宿温泉でお世話になるのは「白水館」さん

はじめて泊まるホテルです

噂通り、めっちゃ広い!

スタッフもやたら多いし


そしてみんな若い(^_^;)







3430







51最近のホテルにしては館内のエアコンもよく効いてて快適♪


お風呂も大きくてのんびりできました


たまには自腹で砂蒸し温泉でも入ってみようかな

甑島のホテル“親和館”と“甑島館”

甑島でお世話になったホテルの記事

書こう書こうと思ってて、ついつい放置してしまった(涙)

次のツアーがもうすぐ出るので、後輩のために簡単に書いておきます

まず1泊目に宿泊したのは下甑島

長浜港を眼下に見下ろす丘に建つ“親和館”さん

本館(写真左)と別館(写真右)に分かれています

まだOPENして3年ほどでこひらも綺麗ですが、EVはなし

別館はちょっとアパートっぽい…

047046

 

 

 

 

048049

 

 

 

 

お風呂も綺麗!

055056

 

 

 

 

057

露天風呂があるのも嬉しいですね
(ちなみに温泉ではありません)

 

 

 

050

売店は食堂の隅にちょこっとある程度

それでも大抵のお土産は扱っていました

 

 

民宿っぽい雰囲気のアットホームなホテルでした

 


2泊目は上甑島

里港の目の前に建つ“甑島館”さん

OPENして10年ほど経つそうですが、もっと新しく見えますね

結婚式なども行われる綺麗なホテルです

さすがにEVはあります(笑)

075076

 

 

 

 

077

部屋も都会のシティーホテルと、ほとんど変わりないですね

 

 

 

売店は1階にあり

里港ターミナル内にある売店と同じ経営なのか、同じスタッフが働いていました
(置いている商品も同じような内容)

甑島の観光地ではお土産は売っていません

なので2日目に余裕があったのでホテル近くの“我夢”っておみやげ屋さんに寄りました

おみやげ屋さんと言っても床屋と兼業

いや、床屋兼おみやげ屋さんか(笑)

069070

 

 

 

 

個人経営なので不定休ですが、お土産の内容は豊富でした

冷凍の海産物とかはここ以外で見かけなかったな

宅急便も取り扱いしています

072073

 

 

 

 

074

お客様はお金を使う場所がほとんどなかったので、すごい勢いで購入されていました(笑)


 

 

隠岐の島同様、甑島もお土産を買う場所が少ないので、買える場所でしっかり購入しておきましょう

優雅な南九州ツアー4日目♪

いよいよ今日は最終日〜

南九州だけで4日間て長いな…

001

今日はホテルから一気に1時間以上走って“クルスの海”からスタート

皆さん、展望台から何かを覗いていますね


 

002

この、ちょっと変わった海岸線が“ある形”に見えることから「クルスの海」と呼ばれているんです

何に見えるかわかります?

 

 

005

真上から見ないとちょっと分かりづらいですが、感じの「叶」って字に見えるんです!

叶姉妹もビックリですね(笑)

 

 

お次は“日向馬ヶ背”

駐車場から岬までちょっと距離があるので40分くらいかかるかな

008

009

 

 

 

 

010

前に来たときは時間がなかったので、この展望台で折り返したんですよね

ここでも景色はいいんですが、さらに進むとさらに絶景が広がっています

 

 

 

 

011

ここです、ここ

めっちゃテンション上がるロケーションですよね

このまま海にダイブしたくなるほどの絶景です!

 

013012

 

 

 

 

このあとお昼ごはん場所でもある“高千穂峡”へ

毎度お馴染みの“神楽定食”

014

ん〜…

このツアー、ホテルはいい割りに昼食が…(涙)

 

 

018

渓谷なので、涼しいかと思いきや

もう汗ダラダラ

写真で見てるだけでは涼しげですけど、めっちゃ暑かったです

 

 

 

 

019

それでも涼を求めた観光客で賑わっていましたね

ボート乗り場の駐車場も満車でした

 

 

020

あ〜

魚になって泳ぎたい…

 

 

高千穂峡のあとは、道の駅で休憩をとりながら熊本駅へ

途中、おもいっきりピンポイントで雨が降ってる光景を目にしました

めっちゃ分かりやすい(笑)

022023

 

 

 

 

025

今年の夏もゲリラ豪雨とか多いんですかね

 

 

 

帰りは熊本駅から九州新幹線「つばめ」に乗車

熊本駅から帰るのは初めてです

ホームがスケルトンで、なんかショーケースみたいですね

新幹線がプラモデルみたい(笑)

027028

 

 

 

 

026

最近のJRさんにしては待合所も立派(笑)

新大阪にも作ってくださいっ!

 

 

031

“おべんとうのヒライ”も入っている!

ここのポテトサラダが入ったちくわ天が県民ショーで紹介されて、全国的に広まったんですよね
(って前にガイドさんが言ってた)

 

032

こちらから何も案内しなくても、お客様はしっかり購入されていました

つばめの中でお客様から「おひとつどーぞ」って(笑)

 

 

033

で、博多から乗り換えた「のぞみ」の中でも

「添乗員さん、これどーぞ」って(笑)

 

 

脂っこいようで、さっぱりで…

何か不思議な味!

想像以上に美味しかったです!

博多からの「のぞみ」はグリーン車利用

まさに“優雅な南九州ツアー”にふさわしい締めくくりです

034

なんてったって、座席に座りながら充電できるとことがいいよね

優雅に充電しながら、優雅に添乗精算を済ませて帰ったのでした

 

 

 

 

優雅な南九州ツアー3日目♪

3日目はホテルを出て鹿児島中央駅へ直行

ここから“特急はやとの風”で“嘉例川駅”まで約1時間の観光列車の旅です

005008

 

 

 

 

012

昨日の“指宿のたまて箱号”ほどではないですが、こちらも面白いレイアウトですよね

 

 

010

014

 

 

 

 

013

011

 

 

 

 

出発してしばらくは金港湾を横目に進むので、景色がサイコー

ほんとJR九州さんは面白い列車が多いですよね

017016

 

 

 

 

九州最古の木造駅舎として人気の嘉例川(かれいがわ)

駅では金・土・日限定で売られる駅弁「かれいがわ」や

“がね”と呼ばれるかき揚げ(1個50円)が売られていました

“がね”は方言でカニの意味

かき揚げがカニの足に見えることから“がね”って呼ぶそうです

021020

 

 

 

 

このあと霧島神宮の参拝をして、宮崎県の都城にある“霧の蔵ブルワリー”さんで昼食

いくら外が暑いっていっても冷めたご飯はちょっと(涙)

スタッフの対応はいいんだけどな…

023024

 

 

 

 

025

午後は日南海岸が一望の“堀切峠”へ

ここから見る景色、好きだな〜

 

 

030

もちろん“青島神社”にも行ってきました

お客様も添乗員も一番体力が消耗している一番最後の観光が青島…

ここ、駐車場から結構歩くんです

足の悪い方は参拝を諦めてしまう方も少なくないんですよね

 

 

029

なので人力車って手段もあるんですが、最近は商売あがったり

その訳は?

 

 

031

それは青島の名店、名所を案内してくれるトゥクトゥク!

しかも無料(笑)

青島でトゥクトゥクって面白いサービスですね

海幸ラインと山幸ライン、2台で運行しているそうです

ちなみにツイッターアカウントは
@aoshima_tuktuk

 

037

さて、今夜の宿泊先は

“シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート”

ここもはじめて利用するホテルです

 

 

 

 

おぉー部屋も広々

043044

 

 

 

 

アメニティーも充実してるし、窓からの景色も気持ちいいですね

042045

 

 

 

 

夕食は“和食・中華・ビュッフェ”からチョイス

なんですが…

夕食前にドライバーさんに部屋に呼ばれて地鶏の刺身をご馳走になってしまった

047046

 

 

 

 

この地鶏の刺身、お店で地鶏を飼っていて、全国から注文がくるほど人気なんだとか

ドライバーさんの家の近所なので、昨日の夜に買ってきてくれたんです

めっちゃ美味しかったけど、鶏の刺身ってモリモリ食べるもんじゃないでしょ

結局これでお腹いっぱいになって、夕食は食べれませんでした

 

明日の朝、起きたら「コケコッコー」って叫んでしまいそう…(笑)

優雅な南九州ツアー2日目♪

今朝はゆっくり9時半にホテルを出発

まずは青い海、青い空が眩しい“長崎鼻”

青い海に白い灯台見てると、島に行きたくてウズウズする…

002

003

 

 

 

 

001

先月まで工事をしていた竜宮神社は完成していました

足元にウミガメの模様があったりして面白いですね
(装飾がちょっと…ですけど)


 

004005

 

 

 

 

お次は本州最南端の駅“西大山駅”

幸せの黄色いポストからは、実際にハガキを投函することもできます

006007

 

 

 

 

通常はこのあと指宿駅から“指宿のたまて箱号(通称:いぶたま)”に乗って、知覧でお昼ですが

今回は1本遅い列車なので、先に指宿で昼食です

指宿駅前(裏?)にある“長寿庵”さん

落ち着いた店内で、スタッフの対応もめっちゃ良かったです

008009

 

 

 

 

010

かつおのタタキが付いた和定食
(これに蕎麦豆腐と茶碗蒸しが付きます)

白ごはんもツヤツヤで美味しかったです

 

 

食後は地下道を通って駅の表玄関へ

駅前に足湯とかあるんですね

013012

 

 

 

 

駅構内はこれから乗る“指宿のたまて箱号”を待つ観光客で賑わっていました

連日満席が続いているそうです

015014

 

 

 

 

白と黒のツートンカラーって珍しいカラーリングですよね

扉が開く際にミストが噴出されるのは、たまて箱をイメージした演出(笑)
(お客様には事前に言わないと気づきません)

017

033

 

 

 

 

金曜日は指宿温泉の女将さんや地元の高校生などが見送りをしてくれるそうです

指宿に住むみんなで観光客をおもてなししているのが伝わってきます

021022

 

 

 

 

この“いぶたま号”、2両の短い車両の中に、面白いレイアウトが満載なんです

カウンター席に本棚やキッズスペースまで装備

038

おかげで添乗員は席割りに苦労します…

全員偶数グループでよかった(汗)

 

 

020019

 

 

 

 

023024

 

 

 

 

025

もちろんカウンター席が向いている方向が景色がいいです

途中、篤姫ゆかりの地“今和泉”も通りますよ

 

 

終点は鹿児島中央ですが、我々は喜びが入ると書いて“喜入(きいれ)”で下車

20分弱なのでちょっと物足りない…

036037

 

 

 

 

042

喜入から約30分で知覧に到着

“特攻平和会館”“武家屋敷”を見学しました

もう夏の空ですね…

 

 

 

 

このあと鹿児島市内に戻って“仙巌園”

今夜の夕食はホテルではなくここ、仙巌園で食べました

043044

 

 

 

 

今夜の宿泊は城山展望台のすぐ目の前に建つ“城山観光ホテル”さん

はじめて利用するけど、めっちゃ綺麗で大きなホテルですね

046045

 

 

 

 

047

ホテルからは桜島、鹿児島市内が一望!

天文館へも無料シャトルバスが運行しています

 

 

049

ホテルは綺麗でいいんだけど…

部屋の大きさに対して

ベッドが大きすぎやしないか(涙)

 

 

040

今日は日差しが強い1日だったな〜

お客様は後半バテバテ(笑)

明日もこんな天気だと、青島あたりでバテそうやな…

 

 

今日から優雅な南九州4日間♪

今日から

「2つの九州新幹線と観光列車で優雅に巡る南九州4日間」

ってツアーの添乗です
(タイトル長っ

最近どーもJR九州さんとは、切っても切れないご縁のようです(笑)

 

020今日は新大阪から「さくら」に乗って鹿児島中央駅へ

よく考えたら、往路にダイレクトで鹿児島中央に入るのは初めてです

 

 

今日の行程はドライブイン“薩摩庵”さんの立ち寄りのみで、指宿温泉に向かいました

021

今夜のお宿は“指宿いわさきホテル”さん

 

 

 

022

夕食はまたしても

エビ、サラダ、以上

みたいな内容になってしまった…

 

 

さて、話は変わりますが

7月に入って西日本でも節電モードが本格化してると思いません?

きのう、7月に入ってはじめて会社に出勤したけど

エレベーターも時間制限が設定されていたり

会社内も照明が暗い

 

観光地や駅でも同じように、節電モードに入っている施設がほとんどです

どこに行っても“ぬるい”

先日の甑島ツアーのアンケートでも

「ホテルが暑かった」ってお声がありました

 

お客様は

「お金を払って来ているんだから、旅先で快適なのは当たり前」

って意識の方が多いんだなーと感じました

 

これからは

ツアー中に利用する施設でも、節電の関係で今までみたいに快適とはいきませんよ

って内容のアナウンスを、日程表や朝の挨拶で入れないといけない時代なのかな?

 

何はともあれ、どこに行ってもぬるいわけですから

お客様には脱水症状にならないよう

こまめに水分を摂ってもらうよう、注意を呼びかけないといけませんね

梅田から歩いて行けるポルトガル“ポルトガリア”

専門学校時代の先生と、久々にご飯を食べに行ってきました

世界各国の料理を食べるのが好きな先生が指名したお店は

ポルトガル料理の“ポルトガリア”

大阪で唯一?と言われるほど珍しいポルトガル料理専門店です

もちろんポルトガル料理なんて食べるのは初めて(笑)

 

場所はJR大阪駅から徒歩圏内

アメリカ領事館のすぐそばにあります

お店自体は会社の近くなので、前から気になってたんですよね

001017

 

 

 

 

今回は5周年記念のコース(6800円)をオーダーしました

最初はスパークリングワインと前菜3種からスタート

003

左側にある茶色い料理は、ポルトガルの国民料理“バカリャウのコロッケ”

外はカリカリ、中はホクホクで美味しかったです


 

“バカリャウ”とは「干し鱈」のこと

ポルトガルでは、このバカリャウを使った料理が「1年365日分ある」と言われるほど定番の食材なんだとか

002

あ、ここのお店のパンも美味しいと評判なんですよね

魚のペーストもクセがなくて美味しい♪
(コロッケに塗ってもOK)

 

 

魚料理は“鯛の塩包みオーブン焼き”

シェフのクララおばさんが、焼く前と焼いたあとに席まで見せに来てくれます

ポルトガル料理はシンプルな調理法で食材の味を生かすスローフードが多いそうです

004007

 

 

 

 

009

塩で焼かれてうまみが凝縮した鯛の身

オリーブオイルとレモン汁であっさりいただきました

 

 

これだけでお腹いっぱいなんですけど

お次は肉料理が運ばれてきました

010

“子豚のオーブン焼き”

皮が北京ダックみたいで美味しかった〜

でもお腹が限界で半分くらい残しちゃいました

すいません(涙)

 

だって、全部食べたらデザートが食べれなさそうで…

018

デザートは、このケースの中から好きなモノを選べるんです

どれも美味しそう♪

 

 

迷いに迷ったあげく、オーダーしたのは“セラドゥーラ”

コンデンスミルクやクッキーを使った、まったりしたデザート

デザートはスイーツ1品の他に、ポートワインも1杯付き

甘いことで有名なポートワインですが、すっきりした甘さで飲みやすかったです

012

015

 

 

 

 

 

左下は“マデイラワイン風味のアイスクリーム”

右下は“プラガ地方のプリン”

014013

 

 

 

 

 

どの料理、どのデザートも食べやすく美味しかった〜

ボリュームも満点でした

お値段もちょっとボリュームがありますが…(笑)

お昼は1250円食べれるみたいなので、今度はランチに来てみたいですね

先生、お誘い頂きありがとうございました!!!

 

ポルトガリア(ホームページ)

ピロリンの徒然草(先生がたまに書いてる学校のブログ)

甑島でナイトツアーに行こう♪

甑島ツアー2日目の夜は、ご希望のお客様をナイトツアーへご案内しました

20時にロビーに集合

ご案内役の斉藤夫妻と一緒にホテルのマイクロバスで“サイトウハウス”へ向かいました

005

ここで斉藤さんが甑島に流れ着いてきた漂着物について語りはじめます

これがまた熱い熱い


 

最初は小さな貝殻から始まって、だんだんモノが大きくなり…

008006

 

 

 

 

しまいにはウミガメやイルカの骨まで出てきました

斉藤さんの漂着物LOVE度がビシビシ伝わってきます(笑)

建物も漂着物ハウスといった感じ

こーゆーのめっちゃ憧れるな〜

003004

 

 

 

 

夜に漂着物でできた秘密の部屋に集まって、島に流れ着いた漂着物に思いを馳せる

これは生前、どんな生き物だったんだろう?

これは島に流れつく前は、どんな人が使っていたんだろう?

なんかワクワクしますよね

こんな遊びを“ビーチコーミング”って呼ぶそうです

 

斉藤さんによるビーチコーミング講習が終わったあとは、長目の浜展望台へ向かいました

009

斉藤さんとお客様が足元に注目していますね

何がいるのかというと…

 

 

アズマヒキガエル

これ、こないだ旭山動物園で見て

「こんな立派なカエルが日本にいるのか」

って見てみたかったカエルだよ!

島では夜になると島の道路にうじゃうじゃ出てくるドライバー泣かせの生き物なんです

013

010

 

 

 

 

カエル好きにはたまらん

近寄ってもなでなでしても、全然逃げないし(笑)

012

014

 

 

 

 

 

本来なら展望所から満天の星空を眺めながら、散歩をするんですが

この日は曇っていて、星は見えませんでした(涙)

でも、あえてライトを消した夜道をただひたすら歩く

木が揺れる音、風が吹く音

普段聞き流しているそんな音たちに耳を傾けて歩くのもロマンチックですね

 

 

天候やツアーの人数、客層によって内容、所要時間は変わるようですが

昼間の観光とは違った島の一面が見れるナイトツアーでした

 

016

こちらが斉藤夫妻

新婚さんです(笑)

 

 

すごくさわやかでお似合いのお二人

夫婦というか

お互い「若い力で島の観光を盛り上げよう!」

って使命に燃える「パートナー」って感じかな

久々に「あぁこんな夫婦いいな〜」って思える人に出会いました(笑)

 

みなさんも甑島へお越しの際は是非、斉藤さんと一緒に甑島の魅力

ビーチコーミングの魅力を感じてみてくださいね!

 

斉藤さんのブログ
(ここでも漂着物、嫁さんLOVEです)

漂着クラブ 甑島(こしきしま)より

 

甑島にもアートプロジェクトが存在していました
(最近、アートに縁があるな)

KOSHIKI ART PROJECT

お客様を救ったランチパック

実は今回の甑島ツアー

またしても往路の新幹線でトラブル発生でした

 

利用した新幹線は

先月の「南九州指宿・霧島ツアー」の際

大雨の影響で熊本駅でいきなり降ろされたときと同じ

【のぞみ1号⇒さくら411号】のパターン

 

今回は天気も大丈夫そうだし、順調だろと思いきや

岡山駅で合流する予定の4組のお客様のうち

1組1名様は1本前の新幹線に乗ってしまい…
(次の広島駅で無事合流)

1組2名様は我々が乗っている新幹線に乗り遅れてしまった…
(とにかく後続の新幹線で川内に向かってもらい、タクシーで港へ)


 

この対応で新幹線車内ではバッタバタ

使い慣れてないスマホは電池がどんどんなくなるし

002

さくらの足元に充電用のコンセントがあった助かりました

ありがとうJR九州さん♪

 

 

 

結局この2名のお客様が港に現れたのは

シーホークの出航時間13時30分の2分後

はい、2分前じゃなく

2分

本来ならギリギリアウトなわけですが

甑島商船さんのご配慮でなんとか待ってもらい、無事合流することができました

次に島へ渡れるのは16時50分発のフェリーだったので助かった〜

 

船内で話を聞くと、朝からパニックで何も食べずに来たそうな
(岡山から川内までかなり時間があったと思うんですが…)

何か食べて欲しいけど、シーホークにもこれから先の観光地にも売店はない

ん〜なんかないかな〜って考えてたら…

あ、かばんの中におやつのランチパックが入ってる!

 

とても昼食と呼べる量でなないですが、何も食べないよりマシでしょ

そのランチパックを差し上げて1個づつ食べてもらいました
(ランチパックが2個入りでよかった)

ランチパックがこれほどまでに光って見えた瞬間はないね

ありがとうランチパック

 

てか、たまには新幹線でゆっくりお仕事させてくださいっ(涙)

甑島ツアー3日目♪

甑島館さんの朝食は島には珍しいバイキング

今かえあキビナゴ食べ放題♪(笑)

001002

 

 

 

 

今日は上甑の“里港”を9時25分出航のフェリーで“串木野港”へ戻ります

004

ホテル甑島館さんの目の前が港なので、歩いて移動

 

 

 

9時あたりから急にターミナル内hが混雑してきました

早めに搭乗手続きをしておいてよかった〜

005006

 

 

 

 

007

9時5分にも手打港行きの高速船が出るから混んでたんですね

間違えないように気をつけましょう

 

 

フェリーがやってきました

クロネコヤマトの制服を着た人が船の作業しているのが、なんとも島らしい

008009

 

 

 

 

高速船“シーホーク”の定員が301名に対して

“フェリーこしき”の定員は400名

それでも2等(写真左)は結構混んでたな〜

プラス1000円で1等(写真右)に変更可能です

010011

 

 

 

 

013

名残惜しく甑島とお別れです

上空には怪しい雲が…

ほんとこの3日間雨じゃなくてよかった♪

 

串木野港までは1時間15分

帰りは鹿児島中央駅から九州新幹線さくらで一直線で帰りますが観光が2ヶ所残っています

串木野にある焼酎の酒蔵“金山蔵”と

毎度お馴染み“仙巌園”

金山蔵ってはじめて行ったんですけど、なかなか面白いスポットでしたよ

酒蔵と言ってもただ焼酎工場を見学するわけじゃないんです

024025

 

 

 

 

015

なんと、700m先にある地下貯蔵庫まではトロッコに乗って行くんです!

このトロッコ

ちゃんと時刻表もあるし、ちゃんと有料です(笑)

 

もともと金を採掘するために掘られた坑内は、地下の迷路のよう

酒蔵見学というより金の採掘現場見学って感じですね

当時使われていた機械や、ちょっとリアルなマネキン人形

さらには神社や黄金の観音様まで出てきました(笑)

017019

 

 

 

 

022020

 

 

 

 

トロッコにタイミングよく乗れてもたっぷり1時間は必要ですが

お客様の反応はなかなか良かったです

 

026

あとは仙巌園でちょっと遅めの昼食

やっぱバスガイドさんがいると、華があるね

 

 

てか10時40分に港でお客様を受けて

15時すぎには駅でお客様をお見送り

これで1日の勤務が終了っておいしいな〜(笑)

 

甑島はこれから“鹿の子ゆり”のシーズンを迎えます

お客様はこの“かのこゆり”を楽しみにツアーに参加されているんですが…

020

下甑島では、ほぼ100%がこんな状態

1輪くらい咲いててもいいんじゃない?ってほど見事に咲いてなかった(涙)

 

 

でも上甑島では個人の畑などで、綺麗に咲いた“鹿の子ゆり”を見ることができました

061065

 

 

 

 

甑島では島内いたる所でカノコユリが自生しています

これが一斉に咲いたら見事だろーな

来週あたりに甑島に行く添乗員さんがうらやましいです

甑島ツアー2日目【後半】

無事、バスがやってきました

ドライバーさんがちゃんとヘッドセットマイクを装着しているので安心(笑)

でもバスはちょっと小さめです
(これが一番大きいらしい)

060049

 

 

 

 

040

まず最初は腹ごしらえ

“こしき寿司”さんで寿司定食です

 

 

アットホーム(てか家?)な店内で、新鮮なネタを使ったお寿司!

めっちゃ美味しかったです!

038043

 

 

 

 

食後は“甑大明神(こしきだいみょうじん)橋”と“鹿の子(かのこ)大橋”を渡って“中甑島”へ

“帽子山展望所”を見学したあとは、再度“上甑島”へ戻ります

 

047

←“田の尻展望所”

眼下に見えるのは、これから行く“なまこ池”

 

 

052

下に降りると、左右に2つの池が

左が“なまこ池”、右が“貝池”です

 

 

050051

 

 

 

 

053

海に出てみると、アサリ採りをしている方がいました

石の下をフォークでガリガリやるだけで、こんなに採れるんですね

 

 

056055

 

 

 

 

お次は“長目の浜展望所”

遠くに見えるのが貝池となまこ池です

天橋立みたいで面白い地形ですね

058059

 

 

 

 

最後は“亀城跡(かめじょうあと)”と“武家屋敷跡”を散策

亀城跡は、石垣のみ

武家屋敷跡も下甑同様、石垣のみで屋敷は現代風の建物です

066068

 

 

 

 

それにしても甑島は展望所が多いな〜

佐久島みたいにスタンプラリーができそです(笑)

今夜のお宿は里町にある“里交流センター甑島館”

kibinago (4)

夕食はきびなごを使った料理って聞いてたけど

まさに“きびなご”づくし!!!

 

 

定番の酢味噌に、きびなごの網焼き、きびなごの天ぷら

kibinago (2)kibinago (5)

 

 

 

 

 

kibinago (1)

さらにシメは“きびなごの漬け丼”

タレに漬けたきびなごは、まったく臭みがなくて最高でした!

こんな食べ方もあるんですね

 

 

夕食後は希望者をナイトツアーへご案内しました

その模様は後日…

甑島ツアー2日目【前半】

2日目も昨日と同じバス、同じドライバーさんで残りの下甑島内観光

004

今日も道が険しいな〜

これ、一方通行じゃないんですよ…

 

 

005

そんな山の中で待っていたのは見事な滝

“瀬尾の観音三滝(せびのかんのんみたき)”

迫力満点ですね

上にもあと2つ滝がありますが、時間がないのでここで折り返し

 

 

 

お次は“八尻(はっちり)展望所”

遠くに見えるのは、これから向かう鹿島方面です

007008

 

 

 

 

途中の橋でドライバーさんがサービスで下車させてくれました

海の色がめっちゃ綺麗!

009011

 

 

 

 

016

鹿島町についたら、まず鹿島港でトイレタイム

このあとの観光地もトイレがないんです…

 

 

018

“鳥の巣山展望所”

バスを降りてからちょっと歩きます

 

 

021

そしてバスはさらに狭い道へ

本州じゃありえん道やな…

 

 

こちらの階段が続く岬は“夜萩丸山(よはぎまるやま)公園”

“ニシノハマカンゾウ”が綺麗に咲いていました

022

024

 

 

 

 

027

長い階段を上ると…

そこには断崖絶壁と碧い海の絶景が!

汗をかいて上った甲斐がありました

 

 

 

 

030

階段の幅が狭いので、下りも十分注意しましょう!

 

 

 

予定通り下甑の観光を終え、これから船で上甑へ渡ります

031

でも予約してたチャーター船の姿がない…

30分前には待機してるって言ってたんだけどな〜…

 

 

出航予定の10分を切って、ようやく船がやってきました

20名のお客様で船内は溢れ返っていたので、荷物は船長の足元です(笑)

032

033

 

 

 

 

やく15分ほどで上甑島の中甑港に到着

上甑なのに中甑って…ややこしいわ!!

034

036

 

 

 

 

037

で、今度はバスが来てないし…

まぁこれが島時間なんでしょう

 

 

これでイライラしてたら島旅はできまへん(笑)

後半へ

今日から甑島列島3日間♪

今日は鹿児島県にある“甑島(こしきしま)”って離島に来ています

また休日を利用して島?って突っ込まれそうですが

今回は仕事です!(笑

甑島列島は薩摩半島の西方約30kmに浮かぶ3つの島

“下甑島・中甑島・上甑島”の総称です

 

九州新幹線は終点、鹿児島中央駅のひとつ手前“川内駅”で降ります

003

川内は「かわうち」じゃなく「せんだい」って読みます

ここからバスに乗り換えて“串木野港”へ

約25分ほどで到着です

 

ターミナルはこじんまりしています

受付で乗船手続き(要名簿)

008005

 

 

 

 

004

小さい乗船券と観光パンフレットを受け取りお客様に配布

乗船券は下船の際にも必要です

 

 

こちらが高速船“シーホーク”

って潮が引いてて見えてないし…

潮が引いてる時は3階から乗船するそうです

009010

 

 

 

 

013

こちらは3階指定席

別途300円を船内で支払うと変更できます

 

 

でも2階は他に団体もおらずガラガラでした♪

015011

 

 

 

 

串木野港から下甑島の“手打(てうち)港”まで約1時間15分です

016018

 

 

 

 

いよいよ甑島に初上陸

バスは島で一番大きな37名乗りのバスを使用
(お客様は20名様)

019020

 

 

 

 

最初の観光は“おふくろさんの歌碑”

森進一さんのお母さんが、この手打出身なんだとか

歌碑のあとは“武家屋敷通り”を歩きます

024025

 

 

 

 

バスが回送している場所までひたすら歩きます

これがけっこう長い…

地元の小学生と微妙な距離を保ちつつ、とにかく前進

028

027

 

 

 

 

無事バスと合流し、山をクネクネ上ります

とにかく道がめっちゃ狭い!そして急!

029030

 

 

 

 

031

縦横斜めに揺られ、辿り行いたのは“釣掛埼(つりかけざき)灯台”

マムシがいるので灯台までは降りず、上から眺めます

 

 

添乗準備の段階ではバスガイドではなく“ドライバーガイド”って聞いてたんだけど

ドライバーさんが言うことを添乗員がマイクを通して案内するシステムらしい

035

急遽、1列目の補助席に座って所々案内
(ゆーても7割りくらいしか聞き取れない)

マイクスタンドは料金箱らしいです(笑)

 

 

お次は“しんきろうの丘”

その昔、ここから蜃気楼が見れたことがあるとか

遠くに見えるのが“ナポレオン岩”

これからそのそばまで山を降ります

036037

 

 

 

 

山を降りきったところでバスが緊急停車!

何事かと思ったら…

039

ドライバーさんが

「自動販売機あるからお茶買っていい?」って

このゆるさが島だな〜(笑)

 

実は、島の観光は丘や展望台が多くて売店や自販機がないんですよね

水分は買える場所で買っておきましょう!

040

こちらは本日最後の観光地“前の平展望所”

めずらしくトイレ完備の観光スポットです
(綺麗かどうかは別として)

 


景色がいいですね〜

043041

 

 

 

 

042

これがさっき遠目に見た“ナポレオン岩”

この横顔がナポレオンなんです!

うん、ナポレオンだね
(会ったことないけど)

 

044

山や集落の眺めもいいですね

大きな建物は中学校

 

 

甑島には中学校が2校あるけど高校はなし

だから島の子供は中学を卒業したら、みんな川内や鹿児島市内へ下宿しながら高校へ通うんですって

 

さて、今夜のお宿は“長浜”という地区にある“ホテルこしきしま親和館”さん

054

051

 

 

 

 

053

夕食には島の近海で捕れた海の幸が満載♪

薩摩海人えび(タカエビ)キビナゴの唐揚げが美味しかったな〜

 

 

やっぱりプライベートでも仕事でも、島旅はいいね〜

旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
funa888◆gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・