ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

2015年11月

秋の京都と琳派展3日目♪

京都ツアーも早いもので最終日

今日は午前中は“鷹峯(たかがみね)”エリアにある3ヶ寺をめぐりました

【常照寺(じょうしょうじ)】

吉野太夫ゆかりのお寺

バスはこのお寺に止めて、あとは歩いて移動しました

PB200131~01PB200133~01






【源光庵(げんこうあん)】

JRのポスターにも採用され注目が集まる“悟りの窓・迷いの窓”が有名

あと血天井も…

PB200142~01PB200149~01







【光悦寺(こうえつじ)】

琳派の源流、“本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)”ゆかりのお寺

この鷹峰エリアは、かつて光悦が徳川家康から拝領した土地

そこに芸術家や職人を集め芸術村を形成したそうです

PB200154~01この竹を斜めに組んだ柵も

“光悦垣(こうえつがき)”と名付けられています




このお寺の狭い参道がめちゃくちゃ雰囲気いいんですよね

連休は人で溢れ返ってたんだろな…

PB200162~01PB200169~01









鷹峰のあとは嵐山へ

ツアーに入場観光として入っていたのは“天龍寺(てんりゅううじ)”

ではなく

天龍寺の塔頭(たっちゅう)にあたる“宝厳院(ほうごんいん)”

すぐ横に天龍寺があるのに、あえて宝厳院だけを案内するあたりが渋いです(笑)

PB200172~01その狙いは的中

今年の京都は紅葉がいまいちと言われている中でも

かなり満足度の高いスポットでした


特に苔と紅葉のコントラストには思わず歓声があがっていましたね

PB200183~01PB200189~01






PB200194~01PB200195~01







PB200196~01今日のランチは嵐山の中の島

桜宿(おうしゅく)御膳で有名な“錦”さん

お昼の御膳は4800円からどす…



PB200207~01添乗員は別メニューで玉子丼でしたが

お肉がなくともめちゃ美味しかったです(笑)

特にお吸い物のダシが最高♪


PB200200~01この個室のお座敷

通常は7500円以上じゃないと利用できないんですよね

なんとも贅沢なランチタイムでした



PB200212~01ランチのあとは90分ほど散策の時間を取りました

やっぱり紅葉はパッとせんね…




食後はガイドさんがやたら薦めてた“どらサァヤ”を食べてみました

どら焼きの中に八ッ橋が入ってる嵐山限定のスイーツ

やっぱりガイドさんがいると色々と勉強になりますm(__)m

PB200214~01PB200217~01






勉強になると言えば…

今月は2本のツアーで関東のお客様を京都の紅葉スポットへご案内した訳ですが

このガイドブックがめちゃ役立ったー

20151125_175115~01「まっぷる 京都へでかけよう」

まっぷるシリーズでも京都の“社寺”をメインにした一冊です




拝観受付の場所とかも載っているのでかなり便利でした

仕事で京都に行くと、あまりに自分が京都の観光地を知らないことを痛感します

たまにはプライベートでもガイドブック片手に京都をめぐるのもいいかもしれませんね

秋の京都と琳派展2日目♪

京都ツアー2日目

今朝はホテルの外で朝食を食べるので7時半に出発

南禅寺の近くにある“瓢亭(ひょうてい)”さんで朝がゆを頂きました
(写真は添乗員用です)

朝早い出発でしたが、お客様はお店の雰囲気にも食事の味にも大満足♪

PB190033~01PB190041~01






PB190035~01朝からお粥に4500円か…

プライベートではなかなか来れるお店じゃないのでいい経験でした♪




食後はそのまま歩いて南禅寺へ

ちょっとどんよりした天気ですけど、雨じゃないだけマシですね

PB190066~01PB190069~01






南禅寺の境内は無料ですが

別途有料エリアの“方丈庭園”“天授庵(てんじゅあん)”にご案内

PB190052~01天授庵はなかなか見事な紅葉でしたね

この時期はライトアップもしているそうです




PB190061~01PB190059~01






このあとは市内中心部を離れ“醍醐寺(だいごじ)”

PB190075~01醍醐寺って桜の季節以外に来たことないな〜

てか醍醐寺って醍醐山にある寺院の総称であって

“醍醐寺”ってお寺はないんですね…





醍醐寺では3ヶ所の有料エリアを見学

…躅爐見事な“三宝院(さんぽういん)”

五重塔や弁天堂がある“伽藍(がらん)”

秋のみ公開している宝物館“霊宝館(れいほうかん)”

御朱印は“三宝院”か伽藍内にある“観音堂”の2ヶ所です

今日のお昼は醍醐寺の駐車場に隣接する“雨月(うげつ)茶屋”さんでした


本日最後の観光地は洛西にある“善峯寺(よしみねでら)”

西国霊場のひとつだそうですけど

恐らく初めてじゃないかな?

駐車場から10分くらい登山です(笑)

PB190122~01PB190119~01






PB190118~01PB190117~01






よく全員登ってきたもんだ

足腰には自信があるんですけど、上まで上がった頃には心臓バクバクでした…

でも頑張って登ってきただけあって、紅葉はめちゃ綺麗

全然期待していなかっただけにかなり得した気分です♪

今シーズン、京都で見た紅葉で一番綺麗でした

PB190080~01PB190084~01






PB190091~01PB190093~01






PB190109~01PB190101~01






PB190103~01PB190106~01







ホテルには16時過ぎに戻ってこれたので

お客様は夕食まで河原町近辺をブラブラしたようです

PB190123~01昨日からお世話になっているのは

ロイヤルパークホテル ザ京都





立地が河原町三条なので買い物に出かけるにはめちゃ便利なホテルです

比較的新しいホテルなので綺麗だし、デザインも凝っていてオシャレなんですが

PB190129~01PB190128~01






PB180032~01若者向けというか外国人向けやね…

ご年配のお客様にはちょっと落ち着かないかもしれません




だいたいバスの乗降が御池通りですからね

雨降ったらめちゃくちゃ怒られそーやな…(涙)

秋の京都と琳派展1日目♪

3連休の最終日

先週に引き続きJR京都駅集合で

関東のお客様と秋の京都をめぐるツアーに行ってきました

今回のツアーのメインは紅葉プラス

京都国立博物館で行われている琳派誕生400年記念「琳派・京を彩る」の鑑賞

今年の京都はやっぱり琳派!

って盛んに言われておりますが

この春まで琳派(りんぱ)なるものをまったく知りませんでした…

20151122_223024~01駆け込みで知識を注入

「風神雷神」とか

あーゆーヤツですわ
(よく分かってない)


各地で行われている琳派関係の展覧会でも

この国立博物館の琳派展はメインイベント

さらに自分たちが行く日が最終日なんです!!

こちらも心配なので前日のお休みにしっかり下見に行ってきておりました♪
(部長からタダ券ももらえたし♪)

PB170103~01朝10時くらいに博物館に到着した時点でこの行列

博物館の入り口からズラッと東大路通りあたりまで行列ができていました




PB170126~01博物館の敷地に入っても入場制限で長蛇の列






PB170128~01それでもけっこう回転はスムーズで

待ち時間は30分〜40分ほどでした





明日は最終日だし、ヘタをすると入場するだけで1時間くらいかかるかも

できるだけ時間のロスをなくしたいのでチケットは事前に購入したいですよね

でも窓口で販売しているチケットは当日のみ

コンビニでも買えるけど、コンビニのチケットだと味気ないし…

PB220263~01と思って河原町近辺の金券ショップを捜し歩き

なんとかお客様の枚数分のチケットを確保!




やるだけの事はやったし

あとは当日、どれくらい混むか?

ハラハラドキドキで迎えた当日




フタを開けてみると

PB180001~01シーン・・・


なんですかこの静寂は



PB180002~01待ち時間ゼロ分なんですけど…

博物館のスタッフの皆さんも苦笑いしていました(笑)




みんな最終日は混むと思って昨日に集中したんですかね?

雨の予報も味方をしたようです
(結局降らなかったけど)



お次は清水寺

夕食&ライトアップまで時間があったので東山界隈で自由散策

まぁ普段以上に人は多いとはいえ

昨日の比じゃないね

2015年11月23日 221840 JST~012015年11月23日 222730 JST~01






せっかくの機会なので昼間の拝観券売り場を見に行ってみました

昼間は夜間とは違う場所で、仁王門や三重塔より先にあります

こちらは個人も団体も同じ受付なので混雑時はちょっと大変そう…

↓この添乗員さんみたいに(笑)
京都三大紅葉めぐりツアー♪()

PB180008~01PB180010~01






紅葉はいまひとつって感じかなー

PB180023~01PB180026~01









PB180017~01デジカメのアートフィルター使ったらそれなりに綺麗だけど






PB180018~01普通に撮ったらこんな感じですから(笑)






このあと清水坂に面した“日月庵(にちげつあん)”さんで早目の夕食を食べたあと夜間拝観

かなりの混雑を予想していましたが

こちらもまったく混むことなく

食後1時間半で全員無事にバスに戻ってこれました

優秀なお客様と2年生に見える9年生ガイドさんに感謝(笑)

清水寺の夜間拝観〜団体チケット購入の流れ〜

秋の3連休のど真ん中

11月22日に清水寺に行ってきました

実はこの連休のど真ん中にお休みだったんですが

23日に仕事でお客様を夜間拝観にご案内しないといけないので

心配になって下見に行ってみたわけです…(笑)

16時半頃に行ったんですけど既に参道は人・人・人・・・

清水寺の受付がどんな状況なのかも見れない状況でした(涙)

2015年11月23日 95129 JST~012015年11月23日 95240 JST~01






PB220224~01日が沈み暗くなってきてもどんどん人は増えるいっぽう

一番混み合うのは昼の拝観が終わる17時半と

夜間拝観の受付が始まる18時までの間





この30分間は清水寺には入れないので参道に人が溢れ返っていました
(この日は16時半の時点で溢れ返っていましたが…)

PB220221~01PB220231~01






PB220254~012015年11月23日 100233 JST~01






チケットを買うためにはこの果てしなく続く列に並ぶ必要がある訳です

清水寺に向かって右側は降りてくる人用にスペースを空けています

拝観券を購入する受付は一般と団体を分けているそうで

団体客はこの列の一番右側を1列になって進んでいきます

正直一般客からは

なんで団体客だけスイスイ進んでんねん

みたいな空気が流れていたので

あくまでも謙虚に

そしてくれぐれも一般客や降りてくる人の邪魔にならないよう1列で進みましょう

PB220245~01ようやく仁王門に到着

ここまで全員無事にたどり着けるのだろうか…





2015年11月23日 100010 JST~01真ん中は団体客の待機用にスペースが空けてあります

ここでお客様にお待ち頂いて、添乗員は左奥に見える白いテントでチケットを購入します



2015年11月23日 95719 JST~01テントが重なって分かりにくいですが

一番奥のテントの一番右のテーブルです




2015年11月23日 95459 JST~01受付には団体用とは大きく書かれていません
(恐らく一般客への配慮かと思われます)





不明な点があれば白いハッピを着たスタッフに声をかけましょう
(混雑時は大声で「団体なんですけど!」とかは言わない方がよいかも…)


PB220256~01こちらが夜の特別拝観券

これをさっきの待機所にいるお客様に配ります




2015年11月23日 190553 JSTスタッフが中央の柵をどけてくれるので、そこから入場

もし事前にチケットを入手できて先に配っている場合は、右側のチケットを持っている人専用入口から入場します




まとめると

仁王門前の団体待機スペースに向かって

左側:チケットを持っていない一般客(恐らく長蛇の列)

右側:チケットを持っている一般客&チケットを事前に配布されている団体客

中央:添乗員がその場でチケットを配る団体客

こんな感じ


なので、もし知り合いの添乗員さんが先に現地にいた場合

先にチケットを買ってもらって、バス車内などで配っておくとかなり助かると思います

現地スタッフの方もその方が助かるって言っていました

これから清水寺のライトアップに行かれる添乗員さん

お互い頑張りましょう!

私も明日頑張ります(笑)

堺と京都の特別公開2日目♪

2日目は京都を離れ大阪の堺市へ

堺では期間限定で秋の文化財特別公開が行われているんです

お得な共通拝観券を利用して1日で有料・無料施設合わせ

8ヶ所もまわります

20151121_055629~01PB150104~01






でも千利休なんてまったくと言っていいほど感心ないし

堺出身ってのも最近知ったくらい

これじゃいかんと思って千利休絡みの本と

千利休絡みの映画はいちおー見といた(笑)

IMG_20151123_215400~01IMG_20151118_222456~01








でもこのコース

バスガイドさんも付いてるし

現地ではボランティアガイドが終日案内してくれるんですよね

添乗員はまったく出番なし(涙)

PB150107~01PB150108~01






PB150106~01PB150113~01






出番なさすぎて余計にストレスが溜まったのか

このあと梅田のヘアサロンに髪を切りに行ったんですけど

いつもの担当スタイリストさんに

「フナッシュさん大丈夫ですか?目にめちゃクマできてますよ」

って言われてしまいました(涙)

やっぱりマイク持たないとパワーが出ない体質なんやろな…

と痛感した2日間でした

堺と京都の特別公開1日目♪

JR京都駅集合で関東のお客様とご一緒するツアーに行ってきました

2日間のツアーなんですが

1日目は京都の紅葉

2日目は大阪・堺市の千利休ゆかりの地をめぐるちょっと変わったツアーです




【高台寺(こうだいじ)】
PB140005~01PB140011~01






PB140012~01PB140009~01








【北野天満宮・御土居(おどい)】
PB140062~012015年11月19日 223228 JST~01






北野天満宮って高校時代の3年間

毎日バスで前を通過してたけど、よく考えたら一度も行ったことないな〜

あ、だから学問の神様に見放されてこんなアホになったんか!(笑)

今年の京都は北野天満宮の境内にある史跡“御土居(おどい)”をやたら売り込んでいるんですよね

一般受付と団体受付の場所が違ったので要注意です

PB140047~01最初に見えてくる受付は一般用なのでスルーします






PB140028~01本殿の左に進むとテントがあります

こちらが団体用の受付でした




お客様にチケットを配ってあとは自由見学です

PB140029~01PB140026~01






PB140034~01~01PB140061~01






PB140035~01PB140041~01






お濠の跡なので、多少はアップダウンがあります
PB140052~01PB140054~01






PB140058~01PB140060~01






ここもちょっと早かったようですが、雰囲気がいいですよね


【高山寺(こうさんじ)】

PB140078~01~01このあと栂尾(とがのお)にある古刹“高山寺”へ

鳥獣人物戯画や日本最古の茶園で有名




PB140085~01ここ、はじめて行きましたが

駐車場からめっちゃ急な階段があるんですね

足の弱いお客様は大変そうでした…


PB140082~01PB140083~01






PB140080~01PB140074~01







【貴船神社(きふねじんじゃ)】

京都の奥座敷、貴船(きぶね)にある料亭“鳥居茶屋”で夕食&

貴船(きふね)神社のライトアップ鑑賞

貴船って地名は「きぶね」だけど、神社は「きふね」なんですね

知らなかった…

てか初めて行った(笑)

PB140090~01PB140087~01






PB140094~01PB140097~01






PB140100~01紅葉は落葉していましたが

幻想的でいいところですね




カップルがわんさか来ておりましたわ…

石見銀山の美味しいパン屋さん“HIDAKA”

石見銀山の街並み地区で美味しいパン屋さんを見つけました

石見銀山ってあまり飲食店が多い印象がないですよね

お客様にもよく聞かれるけど

銀山公園の売店に置いているお弁当は数が少ないし

銀山公園の入り口にあるこの蕎麦屋さんくらいしか思いつかない

PB110077~01PB110078~01






町並み地区を歩いていると、パスタのお店とかもチラホラあるんですね

やっぱり歩いてみないと分からないもんです


で、途中に気になるお店を発見

ドイツパン・マイスターのお店“HIDAKA(ヒダカ)”

PB110073~01PB110068~01






めちゃオシャレで美味しそうですよね

先月オープンしたばかりだそうです

PB110072~01PB110071~01






PB110082~01お弁当たべたばっかりだったけど、思わず看板商品のプレッツェルを買ってしまった

カリふわな食感と絶妙の塩加減でめちゃくちゃ美味しかったです





値段も150円とリーズナブル

今度いったら他のパンも食べてみよ♪

PB110075~01こちらのお店は10時オープンですが

一度にたくさんパンが焼けないので

12:30〜14:00までいったん閉めるそうでうす
(営業時間内でもパンがなくなりしだい終了)




是非タイミングが合えば石見で本場ドイツのパンを食べてみてくださいね

島根)パン職人、石見銀山で独立 ドイツ修業5年の店主(朝日新聞DIGITAL)

「出雲抹殺の謎」を読んでみました♪

先日ブログでも書いたように

読書部では未読の本たちを年内に片付けてしまいたいので

絶賛必死に読書中

まずさっそくやっつけたのはコチラ

20151111_203813~01「出雲抹殺の謎」PHP文庫)

著者:関裕二




なんとも恐ろしいタイトルでございます…

出雲大社と言えば縁結びで有名なので

若いカップルや女性に人気なようですが

古事記のストーリーを知っている人ならば

あの場所がそんなラブラブパワースポットとして扱われるのに疑問を感じるはず

“怨念”や“祟り”を想像するほうがしっくりくると思います
(そもそも神社自体が崇りを鎮める場所なんですが)

前々から出雲大社のそんな闇の部分が気になっていたんですよね

この本の中では、そんな出雲大社や出雲地方の闇の部分にスポットライトを当てています

正直ちょっと難しかった…

古墳や遺跡が多く出てくるので、そのあたりが付いていけない…

サブタイトルに“ヤマト建国の真相を解き明かす”とあるように

ヤマト朝廷や邪馬台国の知識がないとちょっと分かりずらいかもしれません

でも神功皇后、卑弥呼、浦島太郎、聖徳太子などなど

あの人物とこの人物は実は同一人物だったかも!?

みたいな衝撃的な話しの連続で、どっぷり古代のロマンに浸ってしまいました

やっぱり歴史はミステリーが絡むと一気に面白味が増しますね

この本の著者、関裕二氏は他にも“〇〇の謎”ってタイトルの本をたくさん執筆されています

余裕ができたらできたら他も読んでみたいですね

でも今は

古代のミステリーより幕末のミステリーの方が気になる(笑)

厳島神社と石見銀山・出雲大社2日目♪

濃い霧に包まれた2日目
PB110040~01ホテルのすぐ裏が温井ダムなんですけど

けっこう紅葉が綺麗でした




2日目の観光は“石見銀山”からスタート

石見銀山といえば添乗員に嬉しいニュースが

銀山観光のメインである“龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ)”チケットがバス駐車場で発券できるようになったんですよね

PB110052~01バスを降りたら観光案内所の方がチケットを持ってきてくれました

お客様に配布したあとこちらの建物の真ん中(観光協会)の窓口で精算




20151116_181800~01これまで片道40〜50分くらいかけて誘導したり精算しに行ったりしていたのでかなり助かります♪

ただし前日17時までに枚数を連絡するのをお忘れなく!




お客様も各自のペースで観光できるからいいですよね

有料ガイドを付けるもよし

有料音声ガイドを借りるもよし

PB110053~01PB110056~01






今回一番人気だったのはレンタサイクル

駐車場から少し戻ったところにある“弥七”さんが一番台数が多いです
(あとは観光案内所に10台ほど)

PB110044~01PB110046~01






PB110045~01PB110047~01






PB110048~01お店の方が貸し出す際に道を説明してくれます

地図の〇印の交差点さえ間違えなければ迷うことはないそうですよ





添乗員はせっかくなので普段は歩く時間のない町並み地区を散策してみました

やっぱり石見銀山はプライベートで来たい場所だな

PB110063~01PB110067~01






PB110083~01PB110059~01







さてお次は“出雲大社”

今月の21日に神様を稲佐の浜から迎えて

22日から“神在祭(かみありさい)”がスタート

重なったらえらい混雑なのでギリギリセーフで助かった…

PB110084~01PB110085~01






PB110094~01PB110100~01






PB110099~01前回行った時は工事中だった“素鵞社(そがのやしろ)”は綺麗にリニューアルされていました

あ、ここで社殿の下にある砂を持ち帰っている人を数人見かけました




これは稲佐の浜で自分がすくってきた砂をお供えして

その代わりに素鵞社に置いてある清めの砂を持って帰るというものらしいです

お客様に言っておかないと勝手に持って帰りそうですね(笑)


これにて観光は全て終了

今回もお客様は41名と大所帯でしたが

皆さんノリが良かったので神話トークもいつも以上に炸裂してしまいました(笑)

ドライバーさんもめちゃ親切で助かりました

これも大国主命のおかげですかね

たくさんのご縁に感謝 m(__)m

厳島神社と石見銀山・出雲大社1日目♪

ようきなった越後ツアーと連添で

またまたJR2日間コースのお仕事です

ツアータイトルは

世界遺産 厳島神社・石見銀山遺跡と秋色の宮島・錦帯橋・出雲大社2日間

1日目は福山駅から宮島に向かう定番コース

紅葉シーズンの晴れの日曜日

で、前日の土曜日は雨だったでしょ

混まない訳がないよね…

PB100002~01宮島に向かうフェリーは2階に上がれないほどの混雑っぷり






もちろん厳島神社の受付も長蛇の列ができていました

なんせ個人も団体も同じ窓口で合わせて2つしかないですからね
(団体は優先対応してくれますが)

個人の観光客は列の最後尾に気付かずにみんな受付までいって

後ろにに並んで下さい!って注意されて引き返す

毎年こんな感じ

臨時のチケット販売所を設けるとか

係員を動員して最後尾で誘導するとか

全然そんな気はないようです…

PB100005~01PB100003~01






PB100009~01気になるもみじ谷の紅葉は

かなり見頃は過ぎている感じでしたね

ポップアートモードで撮ってもこんな感じでした


PB100010~01PB100017~01






PB100020~01PB100019~01






PB100026~01自由昼食だったのでお昼はよく利用する“ももちゃん”でお好み焼き

予算オーバーだけど連添で頑張っている自分への御褒美に牡蠣入りをオーダー♪




宮島のあとは岩国の錦帯橋

橋を渡った“吉香(きっこう)公園”の紅葉は

まだかろうじて見れるかな?程度でした

PB100032~01PB100035~01






この日のお宿は温井温泉“温井スプリングス”

去年、紅葉のツアーで行ったときは突然の大雪で大変だった時にお世話になったホテルです

IMG_20141205_203438~01IMG_20141205_204639~01









ほんとあの時はすごい雪だったな…

3大世界遺産と3大紅葉1日目♪(2014年12月5日)

ようきなった越後2日目♪【松雲山荘】

今回のツアー最後の観光地というか最後の難関が

新潟県柏崎市にある“松雲山荘(しょううんさんそう)”

ここも初めていく観光地

ベテランのガイドさん&ドライバーさんですら初めてって言ってた…

なんせバス駐車場から入口まで10分〜15分ほど移動するので大変らしい

PB090163~01国道8号線の“ウエルシア”ってドラッグストアの前

ここにバスの駐車場がありました
(駐車場というか何というか…)



ここからひたすら国道の脇を歩きます

PB090161~01PB090127~01






PB090129~01“常盤台”って交差点が見えたら左へ

恐らく人の流れができているので迷うことはないと思います




途中、左手に赤坂山公園の看板と自家用車の駐車場があります

この駐車場内に仮設の売店が出店していました

松雲山荘内には売店はなかったと思うので

帰りに時間があったら寄ってみましょう


PB090131~01PB090160~01






PB090132~01まずは公園をそのままスルーしさらに進みます

歩道が狭いので車の通行にご注意を!





PB090159~01こちらが入口

“木村茶道美術館”もこの敷地の中にあります





2015年11月15日 231020 JST~01ここまでのルートをGoogleマップで示すとこんな感じ

けっこう歩くでしょ…







PB090147~01こちらの建物が“木村茶道美術館”

今回のツアーはこちらで抹茶を頂きました




全員一度にお茶を出すのは無理なので

半分のお客様は先に園内見学

ここもピークは過ぎていましたが、弥彦よりかは綺麗でした

PB090148~01PB090158~01






PB090150~01PB090139~01






PB090152~01PB090158~01







この松雲山荘は夜間のライトアップも行われています

夜だと迷子が心配ですよね

園内も規模は小さいですがアップダウンがるのでお怪我のないように!


さて、これにてヒヤヒヤな初体験観光地オンパレードの2日間の行程が終了

このあと富山駅に到着したのは新幹線出発時刻の20分前!!

結局一番ヒヤヒヤしたのは最後の富山駅というオチでした…(怒)

ようきなった越後2日目♪【弥彦神社&弥彦山ロープウェイ】

弥彦公園のあとは“弥彦神社”&“弥彦山ロープウェイ”

どちらも初体験…

この観光地はけっこう流れがややこしいらしく

流れを簡単に説明すると

.丱垢鮃澆蠅燭蘓声劼了嫁辧淵丱垢浪鸛)

拝殿の脇からロープウェイのりば行きのシャトルバスに乗車

ロープウェイで山頂に登ったあと展望レストランで食事

ぅ丱垢涼鷦崗譴泙任魯ライミングカーを利用して移動

なんとも添乗員泣かせな観光地です(涙)

20151114_233349-1~01事前にお客様にはマップを使って説明をしたほうが安心ですね

それでも迷子になる可能性大やな…




今回はバスガイドさんが付いてきてくれましたが

ガイドさんがもともと付いてないツアーもあるし

ガイドさんがいてもバスと一緒に回送してしまう人も多いようです
(添乗員1人で誘導する自信ないわ…)

まずバスを降りたらゆるやかな坂道を下って赤い鳥居がある交差点を左へ曲がります

PB090061~01PB090062~01






この赤い鳥居が一の鳥居

小川を越えてさらに進みます
(現在、境内では菊祭りが開催中)

PB090066~01PB090070~01






突き当たりを左に曲がると手水舎

石の鳥居をくぐり、さらに進むと拝殿&本殿です

PB090074~01PB090081~01






PB090082~01拝殿を向かって左側に出口があります

参拝が終わったらすみやかにこの出口へ進みましょう




出たところがロープウェイ山麓駅行きのバスのりばです(無料)

一般も団体も混載なので早い者勝ち

お客様が全員揃った団体から係員が誘導してくれます

それでも全員一緒には乗れませんでした

なんせ今回のお客様

20組47名様ですから・・・・・・・・・・

PB090084~01PB090085~01






添乗員が先に乗ってあとのお客様はガイドさんにお願いしました

ロープウェイ山麓駅1階でチケットを発券してもらいます

PB090087~01PB090089~01






PB090086~01一番上がチケット(往復)
二枚目がパノラマタワーの割引券
三枚目が売店の割引券





チケットを配ったら階段で2階へ

この日は30名定員で運行していました

PB090091~01PB090093~01






ロープウェイ山頂駅に着いたら案内人さんがパネルを使って施設の説明をしてくれます

PB090094~0120151114_233407~01






地図で見るとややこしそうでしたが

目の前にレストランもクライミングカーも見えているので安心でした

PB090098~01PB090099~01






PB090100~01山頂からは佐渡ヶ島を眺めることができます

けっこう近くに見えるんですね





PB090101~01レストハウスの2階が展望食堂

一般用のメニューもありましたが、この日は予約で満席でした




↓こちらが2階席とオプショナル昼食

PB090103~01PB090104~01






オプショナルを頼んでいない方は1階のスナックコーナーを利用
(うどん・そば・たこ焼きなど)

レストランの屋上は展望台になっているので

食事が終わったら是非そちらにも上がってみましょう

PB090110~01PB090107~01






帰りはロープウェイではなく“クライミングカー”と呼ばれる乗り物を利用して各自バス駐車場へ

売店の外にのりばがあるのですぐ分かります

降りたところがバス駐車場で脇にある塔が“パノラマタワー”
(右下の写真参照)

行きに配ったチケットが必要なのでなくさないように!

PB090111~01PB090112~01






バス駐車場側にも売店とスナックコーナーがありました

本当はパノラマタワーってアトラクションに乗ってみたかったけど

この日は強風の影響で運行中止でございました

PB090126~01PB090124~01






しかしこんなにややこしい観光地とは思わんかったね

ここ、ガイドさんいなかったらかなり大変やろな…

ようきなった越後2日目♪【弥彦公園】

ツアー2日目は“弥彦公園”

PB090025~01バス駐車場からトンネルを抜けると“もみじ谷”です

地図で見たらけっこ距離がありそうですが

所要30分でOKでした
(ピーク時はもう少しいるかも)

PB090023~01PB090027~01






PB090030~01PB090031~01






ぐるっと公園を1周することもできますが

時間がないときや迷子が心配な方は同じ道を戻ってもらったほうがいいと思います

PB090059~01トイレは駐車場にもちゃんとありました







さて、気になる紅葉ですが

もう色あせはじめていましたね

昨日の晩からの雨でさらに葉が落ちてしまったようです…

PB090037~01PB090038~01







でもご安心を

下の写真は同じ場所ですが

左がノーマルモード

右がビビットな色合いに撮影できるモードです
(この写真はオリンパスのポップアートモードを使用)

PB090042~01PB090041~01






PB090054~01PB090052~01






PB090048~01PB090046~01






PB090045~01PB090044~01






デジカメを上手く使えば色あせた紅葉も見頃に早変わりです(笑)

ポップアートのようなモードがなくても

ホワイトバランスを曇りモードに合わせて

露出を下げぎみに撮ると色が濃くとれると思いますよ

ようきなった越後1日目♪

ちょっとマニアックなJR1泊ツアーに行ってきました

ツアータイトルは

「ようきなった越後!魅せたい3つの秋巡りと森の中のおしゃれなホテル2日間」

やたら長いわりにどこに行くのか全くわからないんですけど…

まず初日は糸魚川市にある“能生(のう)漁港”で競りを見学

この漁港では珍しく昼にも競りが行われるんです

PB080002~01バスを降りて係りの方に説明を受けてから見学します

色々と注意事項があるのでしっかり聞きましょう




15時から競りがスタート

競りの間も係りの方が色々なお魚について熱く語ってくれました

PB080006~01PB080007~01






PB080010~01PB080008~01






このあと漁港のそばにある商業施設“マリンドーム能生”でお買い物タイムをとってホテルへ

今夜のホテルは“あてま高原ベルナティオ”

ツアータイトルにもある通り

森の中のおしゃれなホテル

でございました♪

PB080022~01PB080018~01






PB080016~01PB080017~01






大神神社に行ってきました♪その

さて最終回の今日は“狭井(さい)神社”“久延彦(くえひこ)神社”以外の摂社・末社をご紹介

まず祈祷殿から狭井神社に向かう途中にあるのが“活日(いくひ)神社”

ちょっと階段を登らないといけないので行く人が少ないみたい…

お酒の神様“高橋活日命(たかはしいくひのみこと)”を祀っているので酒造関係者がよく参拝するそうです

P4180215~01P4180216~01






狭井神社に向かう途中、二番目に見えてくるのは“磐座(いわくら)神社”

P4180214~01ご祭神は“少彦名神(すくなひこなのかみ)”

古事記では大国主命のパートナーとして大活躍

国造りがいい感じのところでプイっといなくなった神様です(笑)


薬の神様でもあるので医療関係の人にオススメ

ここは社殿がなく神様が鎮まる岩(磐座)を拝みます

古来の神社様式が今も残る面白い神社です

以上の2社が祈祷殿から狭井神社に向かう参道にある2つの神社です



それでは大神神社の拝殿に向かって右側の摂社・末社をみていきましょう

活日神社と同じく階段を登らないといけな場所にあるのが“天皇(てんのう)社”

三輪山の麓に都を置いた第十代の崇神(すじん)天皇を祀っています

P4180219~01P4180220~01







P4180223~01天皇社のそばにあるのが“神宝(かんだから)神社”

熊野三山の神々を祀っています

お宝や財産を守護する神様なんだとか



少し離れた場所に赤い鳥居が密集している神社を発見

赤い鳥居といえば

そう、お稲荷さん♪

P4180225~01“成願稲荷(じょうがんいなり)神社”といいます

商売繁盛・心願成就(しんがんじょうじゅ)の神様です




以上の3社は拝殿の右側(東側)に比較的密集しています

お次は二の鳥居から拝殿に向かわず左側(西側)へ進んでみましょう

P4180244~01“大直禰子(おおたたねこ)神社”

大物主命のご子孫であるオオタタネコノミコト(別名:若宮様)を祀っています

国の重要文化財



お寺みたいな建物だなと思ったら、明治の神仏分離まで“大御輪寺”というお寺だったそうです

P4180240~01同じ境内には“琴平社”“御誕生所社”という社もありました

ちょうど同期のけんちゃんの嫁が出産前だったので一番お賽銭を奮発してお祈りしてきました(笑)




さて、三輪といえばそうめん以外にもお酒が有名で

大神神社周辺にはいくつもの酒蔵が点在しています

P5070089~01参拝の帰りに三百年以上の歴史を持つ酒蔵“今西酒造”さんで日本酒アイスクリームを食べてみました

すっきりした甘さで日本酒が苦手な人でも大丈夫

ただし、アルコールが微量に入っているので運転をされる方はご遠慮くださいm(__)m


帰りはJR三輪駅から電車を利用してみました

駅に続く商店街もノスタルジックで癒されます♪

P4180247~01P4180248~01






P4180253~01こちらが三輪駅

想像以上にちっこい…




JR桜井線は2010年から“万葉まほろば線”の愛称が使用されているそうで

電車も万葉集をモチーフにしたラッピング車両でした

P5070049~01P5070048~01






あ、そうそう

大神神社の参道で、めっちゃちっこい生き物に遭遇したんです

ねずみの赤ちゃんですかね?

それとも神様の化身か???

P4180147~01P4180146~01







それにしても大神神社って摂社・末社が多かったなー

古事記に登場する神様もたくさん祀ってあったし

1日たっぷり楽しめました

奈良って近いわりにプライベートではなかな行かない場所ですが

これを機会に奈良県の史跡を巡ってみたくなりました

皆さんも是非、大神神社で日本古来の神道文化に触れてみてくださいね

大神神社(公式ホームページ)

大神神社に行ってきました♪その

拝殿の参拝が終わったら左手に進みましょう

P4180166~01こちらの綺麗な建物は平成9年に建てられて“祈祷殿(きとうでん)”

結婚式などで使われる場所です




拝殿の次に向かいたいのは大物主命の荒魂(あらみたま)を祀る“狭井神社(さいじんじゃ)”

この祈祷殿から狭井神社に向かうルートは二手に分かれます

“くすりの道”って道を通るルート
(大きな看板が出ているので分かりやすい)


P4180168~01P4180169~01






P4180217~01もうひとつは

集拝殿と祈祷殿の渡り廊下の下をくぐるルート
(アップダウンが少ないのはこちら)




どちらに進んでも途中で同じ道に出るのでご安心を

P4180190~01←狭井神社の鳥居

ここから神社までもちょっと距離があります




P4180189~01途中左手に池があって、そこに赤い鳥居の神社があります

九州の宗像大社や宮島の厳島神社で知られるイチキシマヒメを祀る“市杵島姫(いちきしめひめ)神社”です



P4180176~01ようやく狭井神社に到着

拝殿からけっこう歩きました…




P4180181~01神社の横には“薬井戸(くすりいど)”と呼ばれる井戸があって

ここでご神水を飲むことができます




P4180184~01そしてここ狭井神社は三輪山登拝口でもあります

登る際は社務所で受付を済ませ神職の方から説明を受けます




ここはあくまでご神体のそばで拝みたいという信仰として登る神聖な場所でございまして

スポーツ感覚や興味本位で行くと場所ではないのです!

そしてこのご神域で見たものは決して他人に話してはならないのです!

もっと言えば登ったことすら他人に言うのはよろしくないのです!

みたいな厳しいお話しを登る前に受けるのだとか

え、お前は登ったのかって?

それは口が裂けても言えません(笑)

P4180178~01P4180174~01







狭井神社の次に向かいたいのは“久延彦神社(くえひこじんじゃ)”

P4180212~01古事記に何でも知っている知恵の神様として登場する“クエヒコ”

この神様を祀っている神社はなかなかないのでかなりテンションが上がった(笑)





神社は小高い丘の上にあって、途中に展望台があります

恋人の聖地だそうです(笑)

木がハートの形に見えるのもそのせいか・・・

P4180201~01P5070075~01






ここ、景色もいいのでオススメですよ

遠くに葛城山や金剛山、高さ30mある一の鳥居も一望できました

2015年4月20日 192524 JST~01P4180195~01






ようやく久延彦神社に到着

ここから三輪山を拝むことができる遙拝所もありました

P4180207~01P4180205~01






ここまでかなり歩いたなー

お腹が空いたので下に降りてランチタイム

P4180232~01三輪といえば三輪そうめん!

大神神社に来たらやっぱりそうめんを食べないとね




P4180239~01P4180237~01






写真は“庭”ってお店で食べたそうめん

とっても落ち着いた店内でそうめんも薄味で美味しかったです♪

大神神社に行ってきました♪その

先日、YOCのメンバーと奈良にある日本最古の神社こと

大神(おおみわ)神社
に行ってきました
(先日ゆーても5月のことなんですが…)

大神神社の最寄りの駅はJR桜井線の「三輪駅」

大阪からは近鉄かJRで行けますが

鶴橋駅から近鉄(大阪線)で「桜井駅」に向かうのが便利だと思います

詳しくはコチラ↓
電車をご利用の方(大神神社HP)

P4180255~01←近鉄「桜井駅」

ここからJRで三輪駅までは3分なんですが

本数も少ないので歩くことにしました


約2キロにかけてのどかな町並みをウォーキング

P4180136~01そろそろJR三輪駅が近づいてきたようです

駅から三輪山が見えているので、山の方向に歩いていくと迷うことはないと思いますよ




こちらが二の鳥居

観光バスの駐車場もこの付近にありました
(一の鳥居はここから2キロほど離れているのです)

P4180138~01P4180140~01






P4180141~01参道も立派ですね

さすが大和国の一の宮





P4180142~01参道の途中、左手にあるのが“祓戸(はらえど)神社”

拝殿に参拝する前にご挨拶するアポ取り神社です(笑)




手水舎にヘビのレリーフがありますが

これは大神神社のご祭神“大物主命(オオモノヌシノミコト)”の化身が白蛇だったことに由来します

P4180149~01P4180227~01






P5070088~01←ちょっとガイドブック風(笑)






P4180226~01手水舎のそばにある切り株は“衣掛(ころもかけ)の杉”

謡曲「三輪」に登場する伝説の杉だそうです




階段を上がるといよいよ拝殿が見えてきました

この拝殿は1664年に徳川家綱公により再建されたもの
(国の重要文化財)

ここ、大神神社は裏手にある三輪山がご神体なんです

なので本殿という建物はなく、拝殿を通して三輪山を拝みます

この参拝方法が古来からの神社の在り方を今に残していてるんですね

大神神社が日本最古の神社と言われている所以がそこにあります

P4180151~01P4180155~01






P5070064~01P5070063~01






P5070058~01あ、今回のYOCのメンバーは全員独身なんですよね

しっかりご縁があるように

たっぷり五円を持参してまいりました(笑)



拝殿のそばにある老木は“巳の神杉(みのかみすぎ)”

大物主命の化身である白蛇が棲むといわれていて、ヘビの好物“玉子”がお供えされていました

P4180158~01P4180161~01






ヘビともうひとつ、この神社にはゆかりのある生き物がおりまして

それがウサギ

P5070087~01“集拝殿(しゅうはいでん)”の玄関にはなでると幸せになる“なでうさぎ”がいるのでお忘れなく

←え、なですぎ?




P4180229~01~01さて、ここまでが駅から大神神社の拝殿までの道のり

実は大神神社には他にも個性豊かな摂社・末社がたくさんあるのです

ブログな添乗員ではあと2回に分けて代表的な摂社・末社をご紹介したいと思います♪



ロマンチック道南3日間♪

久しぶりに北海道に行ってきました

北海道は7月に行ったこのツアーぶりだな↓

富良野・美瑛と旭山動物園3日間♪(2015年7月30日)

1日目は夕方到着の便で登別温泉に直行

2日目は小樽観光のあと、午後はひたすら函館へ(移動距離は約500キロ)

3日目は函館観光のあと、午後はひたすら空港へ

この3日目が雨だったんですけど

雨の降り方がハンパなかった…

猛烈な風と横殴りの雨で、元町散策の約30分の間にずぶ濡れ

持っていた傘が大破するお客様多数…

恐らく添乗中のずぶ濡れランキングは歴代2位やね

ズボンの中のハンカチまでびしょ濡れになってたし…

ちなみに1位は忘れもしない高千穂峡で遭遇した大雨

あの時はカバンの中の財布の中のお札までびしょ濡れになったのです…

そんな悪天候にも関わらず

笑顔で「ありがとう!」「楽しかったよ!」ってお礼を言ってお帰りになるお客様

そんなお客様の笑顔に救われた3日間でしたm(__)m

PB050007~01PB050005~01






PB050011~01PB050014~01






昼食をたべている時にガイドさんと

服が濡れて気持ち悪いから着替えを買いたいなー

新千歳空港にもユニクロがあったらいいのにねー

なんて話しをしていたんですね


PB050018~01←そしたら空港にこんな看板が(笑)

今月の20日に新千歳空港内にUNIQLOがオープンするそうです




場所は2階の郵便局の横(地図の青丸で囲った所)

これは嬉しいニュースですね♪

PB050017~012015年11月10日 180344 JST~01







嬉しいニュースと言えば

PB050022~013階のカードラウンジ内に“ビジネスエリア”が新設されていました

別室になっているので入りにくいのか誰もいなかった(笑)




オープンスペースと違いデスクに仕切りが付いているのがいいですね

PB050020~01PB050021~01






壁側のデスクには有線LANのケーブルも付いていました

窓側のデスクは仕切りやケーブルはないですが飛行機を眺めることができます
(ちょっとエンジン音がうるさいですが)

添乗精算や報告書を書くのにピッタリのスペースですよ♪

読書部、秋の読書教化月間♪

ようやく宣伝会議賞の応募期間も終了し

外はめっきり寒くなってきたので釣りに行くのも億劫になってきた今日この頃

読書をするなら今しかない!!

20151105_103155~01と思って、買ってはみたけどほとんど読んでいない(または全然読んでいない)本をひっぱり出してきました


結構あるね…





20151105_102831~01まず宗教系






「おとなの仏教入門」
神社は得意だけどお寺はほんと興味が湧かないんですよね
そんな苦手意識払拭を兼ねて買った一冊
かなりイラストが多くて面白いんだけど、途中で飽きてそのまま…

「図解 聖書」
ギリシア神話の次はキリスト教!と思って買ってはみたけど
まだ1ページも読んでません…OMG


20151105_102532~01神話・古事記系

まだ買うか(笑)




「地図と写真から見える!古事記・日本書紀」
タイトルにあるようにビジュアル感満載で神話の舞台を解説した一冊
これめっちゃ分かりやすいやん!!
って興奮して即買いしたまま大事に保管中…

「古事記99の謎」
皆さんご存知のあの神社やあの神様には実はこんな話しもあるんですよ…みたいなネタが満載
これはつまみ読みで少し読みました

「出雲抹殺の謎」
歴史ミステリー
出雲大社には謎が多く、出雲地方は奥が深いのです
読みたい気持ちはあるのに20ページで止まっているというのが最大のミステリー…

20151105_102746~01徳川系






「徳川将軍家十五代」
初代家康から十五代慶喜までを丁寧に解説したムック本
初代家康だけは読んだ…

「TOKUGAWA 15(トクガワ フィフティーン)」
タイトルがウケる(笑)
イラストも内容もかなりぶっ飛んでいます
二代秀忠までは読んだ…


20151105_102546~01人物クローズアップ系






「金子みすゞ」
前に添乗で仙崎に行ったときにあまりに金子みすゞについて無知だったのを痛感して急いでアマゾンで購入した本
いまだ未開封…

「千利休の戦国政治」
今月行く仕事で千利休ゆかりの地をめぐるコースがあったのでこちらも急いでアマゾンで購入
これは早急に読まねば…
映画「利休にたずねよ」は先日DVDを借りてみたし
水曜日のカンパネラが歌う「千利休」(←YouTube)もダウンロード済み←これはあまり関係ない

20151105_102647~01その他歴史系






「地名から歴史を読む方法」
地名に隠されたエピソードって結構面白いんですよね
って思って買ったけど数ページ読んでそのまま…

「逆説の日本史7 中世王権編」
楠正成ブーム(自分が)のときに南北朝時代を調べようと購入
そもそも逆説を読むほど定説の知識がなかった…(涙)

「神社仏閣に隠された古代史の謎」
これは神社仏閣ごとにつまみ読み可能
自分が行く神社仏閣が載っていれば読んでいます

「世界一おもしろい 日本史用語の授業」
完全にヒマつぶし用
どこか旅行に行くときのお供に…


昨日、本屋に行ったらまた魅力的な本が何冊かあったんですけど

とりあえず家にある読んでいないこれらの本をまず読まないと!

と思って我慢しました

やっぱりスケジュール決めて計画的に読まないといけませんね

ってブログをしめようと思ったら

机の上にこんなの発見

20151105_104400~01岡本太郎系







うゎ、4冊とも完全にノータッチや…

リメンバー九州 名湯ふたり旅4日間♪

JR利用の九州4日間ツアーへ行ってきました

今回は列車乗りまくりじゃなくて普通の観光コースで(笑)

久々に行った観光地が多かったので新鮮でした

まず“知覧”

2015年11月4日 190506 JST最近、新しい駐車場が完成したようです

主に修学旅行のバスがメインみたい
(駐車料金は無料)




PA280002~01PA280003~01






“仙巌園”では菊まつりが開催されていました

枚方パークを思い出すね(笑)

PA280011~01PA280015~01






新しい駐車場と言えば

長いこと工事をしていた“霧島神宮”の駐車場も完成していました

2015年11月4日 190750 JSTかなりレイアウトが変わっていてビックリ

レストハウスも場所が変わって新しい建物になっていました






PA290033~01PA290028~01






PA290029~01PA290031~01






PA290030~01リニューアルのお祝いを兼ねて

名物のぜんざいを食べてみました
(朝食たべるものなくてお腹すいてたのが本音…)




このぜんざい、山川漬けがセルフで盛り放題なんです♪

ってなんで甘いぜんざいに漬物かな…

前に福岡で食べた有名なぜんざいにも漬物がついてたよね

九州はこれが普通なのか…

博多3大名物!?川端ぜんざい♪


PA290040~01PA290044~01






PA290046~01PA290050~01






PA290054~01PA290056~01







最終日に行った“高千穂神社”でガイドさんから面白い話しを聞きました

ちょっと下の写真のしめ縄に注目

右から7、5、3って標が下がっています

これは

7=天神七代(神代七世のことで古事記の最初に出てくる偉い神様の総称)
5=地神五代(天照大神から神武天皇までの総称)
3=日向三代(日向地方にゆかりのある神様の総称)

って意味があるそうですよ

今まで何回も行ってるのに全然きずかなかったな…

やっぱりガイドさんの存在ってありがたいです、、、てかガイドさんに頼りきって自分で調べてないのが丸わかりですね、、、

PA300062~01PA300061~01






PA300063~01PA300064~01







最後の写真は道の駅“萌の里(熊本県阿蘇)”のコスモス畑

幼稚園の時、自分がコスモス組だったのでコスモスって今でも親しみを感じてしまう(笑)

一面のコスモス畑かススキの草原に写真撮りに行きたいな〜

【羽田空港】 国際線から国内線への乗り継ぎ(ANA編)

今日は羽田空港の国際線から国内線への乗り継ぎのお話です

昨年、カナダに行った際もこの流れだったんですけど、すっかり忘れてた…

まず、大まかに説明すると羽田空港は

2015年11月3日 173747 JST~01■ANA側の第2ターミナル
■JAL側の第1ターミナル
■国際線ターミナル

と3つのブロックに分かれています




で、このターミナル間は無料のバスの他、モノレールと京急が運行しています

てのが前置き

それだけ大きな空港だということを頭に入れておきましょう
(関空は国際線も国内線も同じターミナルだしね)



まず国際線のターンテーブルで荷物を受取り税関を出ます

2015年11月3日 170617 JSTすると右側に椅子やらカウンターが並んでいます

「国内線乗り継ぎ」の案内板に従って進みましょう




2015年11月3日 170730 JSTこちらが航空会社の乗り継ぎカウンター

手前がANA、奥がJALです





ここで荷物を再度預け直します
(このカウンターで手続きができるのは出発45分前まで)

チケットの予約状況や便によって、クレームタグはそのまま使ったり貼り直したりするので

とりあえずここまではスーツケースに付けたままにしておくのが無難です

海外の空港で搭乗券が出ていなくても、ここで出してくれるのでご安心を
(eチケット控えを用意)

このカウンター、狭いしけっこう混むのですよね

出発便が迫っているお客様から先に並んでもらったほうがいいかもしれませんね

1444110742815カウンターの目の前は“国内線乗り継ぎ保安検査場”です

ここで保安検査を受けるとそのまま直でゲートまで移動できるシステムです




直でゆーてもターミナル間は離れているので専用バスを利用します

エスカレーターを降りたところがバスの待合室

ANAとJALではバスが違うのでご注意を

144411074502920151028_180435






20151028_180446ANAはこんな感じで時刻表に従って運行していました








ANAの乗り継ぎ専用バスの場合

国際線ターミナルを出た専用バスは第2ターミナル(南)第2ターミナル(北)を経由して、また国際線ターミナルへ戻ってきます(循環式)

20151103_171603~0120151103_171620~01






なぜ同じ国内線でも(南)と(北)で別々に止まるかというと…

羽田空港は横に広いから!(笑)

20151103_171511~01自分が乗るゲート番号をよく確かめて下車しましょう

まーどっちで降りても中では繋がっているので特に問題ないです
(関西の方は伊丹空港をイメージ)




今回のカナダツアーでいうと

添乗員をはじめ、関空便のお客様は(北)

松山便や徳島便など四国地方のお客様は(南)

乗り継ぎ専用バスを降りたら、もうそこは国内線の保安検査場内になるので、そのままゲートへ直行できます

時間があまりない時はこの流れがスムーズです

ただ、乗り継ぎ時間が長い場合は保安検査の場外に出たいですよね

そんな場合は

‐茲蠏僂カウンターで荷物を流したあと保安検査に進まずに、1階に降りてターミナル間を運行している無料の連絡バスに乗って国内線ターミナルへ移動する

△い辰燭鷯茲蠏僂専用バスで国内線ターミナルまで行き、保安検査の係員に「外に出して♪」って頼む
(もちろん再度、保安検査を受ける必要あり)


よーするに国際線と国内線のターミナル間を行き来しているバスには

保安検査場・場内を運行している“乗り継ぎ専用バス”と
保安検査場・場外を運行している“無料連絡バス”があるということです

そして場外を運行している無料連絡バスには

国内線(第1、第2ターミナル)のみを循環するバス
国内線(第1、第2ターミナル)と国際線ターミナルを循環するバスがあります

このへんが少しややこしいのでよく覚えておきましょう!

はい、もちろん自分に言ってます(笑)


詳しくは羽田空港、または各航空会社のホームページをご覧ください

羽田空港のホームページ
ANAのホームページ
JALのホームページ


↓YouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!


旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
funa888◆gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・