ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

2015年12月

ANAで行くデラックス北京3日目♪

12月31日の大晦日を迎えました

中国は旧正月なので北京にいても全く年末って感じがしない


写真は今回利用した観光バスです

PC260196~01あ、奥じゃなくて手前ね(笑)

19名乗りのマイクロバス

なんせお客様は3家族8名だったもんで・・・



3日目は“天壇公園(てんだんこうえん)”からスタート

おじいちゃんおばあちゃんの憩いの場です

パワフルな中国人の国民性は公園に行けば分かります(笑)

PC260213~01PC260197~01






PC260201~01PC260203~01






しかし今日もいい天気だなー

見通しも良好です♪
PC260208~01PC260204~01






“天安門広場(てんあんもんひろば)”に到着
PC260216~01




ここでバスを降りたらそのまま“紫禁城(しきんじょう)”こと“故宮博物院(こきゅうはくぶついん)”の見学に移ります

3時間〜3時間半ほど歩くので気合いを入れていきましょう!

“毛沢東(もうたくとう)”の肖像画を掲げているのが“天安門(てんあんもん)”

そこをくぐると“午門(ごもん)”、さらにその先の“大和門(たいわもん)”と続きます

ちなみに午門が紫禁城の入場ゲートです
(セキュリティーチェックあり)

天安門も午門も青い空に朱色の壁が映えますね

■写真:天安門

PC260222~01PC260223~01






■写真左下:午門/右下:大和門

PC260226~01PC260227~01






敷地内は当然広いので迷子に注意です!!

これまで何度迷子のお客様を探したことか・・・

あ、このだだっ広い紫禁城の中で親戚の叔父さんにバッタリ再会した事もあったな(笑)

PC260230~01PC260242~01






PC260255~01PC260269~01






PC260262~01観光地の売り子は少なくなったとは言え

紫禁城の出口あたりには密集していましたね

もっぱら自撮り棒が主力商品(笑)



PC260268~01皇居ランナーならぬ故宮ランナーもやっぱりおりました(笑)

健康にいいんだか悪いんだか・・・




PC260271~01故宮を離れる際、ちょうど夕日が綺麗でした

2015年最後の日が沈む・・・

なんて中国人は誰も思ってないのかな?



PC260274~01ツアー最後の夜は北京ダックの老舗全聚徳(ぜんしゅとく)

東京の銀座や新宿にもお店がある有名店です




PC260284~01PC260288~01






お客様は8名と少なかったんですが、誕生月のお客様がいたので

サプライズでバースデーケーキをご用意しました

PC260280~01中国も普通のケーキが作れるようになったんですね♪

昔はピンクや緑色のケーキが出てきてお客様がビックリしていたものです(笑)





ホテルでは年越しそばならぬ“年越しはるさめヌードル”を食べながら紅白歌合戦を鑑賞

PC260293~01日本にいたら恐らく見ないであろう紅白ですが

なんかあまりにも大晦日感がないもんで・・・





ちょうどテレビを付けたらいきなりレベッカに今井美紀

さらに最後はマッチに聖子ちゃんでしょ

20年以上ぶりの紅白でしたが、めっちゃ楽しめました(笑)

そして23時すぎに知り合いから「明けましておめでとう!」ってラインが

あ、ごめん

こっちはあと30分くらい2015年やねん(笑)

※中国の時差は日本のマイナス1時間

ANAで行くデラックス北京2日目♪

2日目を迎えました

PC250081~01めっちゃいい天気

そして

あれ?空気がめちゃ澄んでんですけど(笑)


北京の大気汚染の問題は確かに深刻ですが

テレビで放映されているような酷い状況は毎日ではないようです

日本にいたら毎日あんなに空気が悪いのかって勘違いしますよね・・・(汗)




2日目の観光は西太后が愛した離宮“頤和園(いわえん)”からスタート

PC250083~01PC250095~01






池の水、凍ってるし・・・

PC250085~01PC250088~01






お次は北京オリンピック(2008年)でメインスタジアムとして使われた“鳥の巣”

PC250109~01PC250112~01






昼食のあとはいよいよお待ちかねの“万里の長城”

万里の長城の観光がある日はいつもこの“金殿”ってドライブインで昼食なんですが

めっちゃ広いドライブインなんですよね

いったい何人くらい収容できるんやろ…

これだけ広いのにサーブが早いのには毎回感心させれます

PC250117~01PC250118~01






万里の長城ではいくつかのエリアが観光用に整備されているんですが

一番有名なのは“八達嶺長城(はったつれいちょうじょう)”

八達嶺長城も入口から左へ進むか右へ進むかでルートが分かれていて

左(南)が勾配が急な“男坂”

右(北)が勾配が緩やかな“女坂”

一般的には女坂の“北四楼”って狼煙台まで行って帰ってくるのがベーシックなルートです


2015年12月31日 212448 JST~01




しかし気持ちがいいほどの快晴やね

さすがにサングラスはいらんやろって持ってこなかったのが悔やまれます・・・

PC250126~01PC250133~01






PC250137~01PC250142~01






今シーズンに入って何度か積雪もあったようで

まだ雪が残っている場所もありました

天気はいいけどめちゃくちゃ寒かったです(涙)

PC250156~01PC250175~01






PC250155~01比較的ゆるい女坂と言っても

北四楼の手前はかなり急勾配

特に下る際はしっかり手すりを持って慎重に降りましょう





PC250171~01PC250180~01






この日はレストランで夕食をたべて

オプショナルで雑技ショーを見てホテルに戻りました

雑技ショーのレベルもオリンピック前とは比べ物にならないほど進化していてビックリ

お客様も大満足のショーでした♪


※現在写真撮影は一切禁止のため画像なし・・・

ANAで行くデラックス北京1日目♪

2015年の年越しツアーは北京4日間!

中国なんてかなり久しぶりだと思ったら

2008年の北京オリンピックより前の2007年以来だった・・・

今日から北京4日間♪(2007年11月2日)



関空から北京までは安心の全日空利用

でも国際線とは思えんほど機材がちっこい(笑)

機内食を配るCAさんがめちゃ大変そうでした

20151229_073725~01~01




現在のEDカードはこんな感じ

昔あった健康診断カードは不要

税関申告書は申告のある乗客だけ提出でした

PC240001~01





今回利用したNH979便の機内食はこんな感じ

PC240004~01チキンのマスタード風味

チョイスなしの強制チキンです(笑)





全日空は北京首都国際空港のT3(第3ターミナル)を利用

そのT3でもC・D・Eって3つのエリアに分かれていて

国際線のゲートやイミグレ、セキュリティーがあるのがE

国内線のゲートがあるのがD

ターンテーブルや出口、チェックインカウンターがあるメインターミナルがC

この3つのエリア間はモノレールが運行しており

到着時はT3E駅→T3D駅→T3C駅と移動します
(T3D駅に止まっても降りないよう注意!)

PC240007~01PC240008~01






PC240009~01PC240010~01






この日最初に向かった先は“首都博物館”

PC240030~01PC240028~01






博物館では珍しく館内は写真撮影OKでした
(動画&フラッシュ使用はNG)
PC240014~01PC240012~01






PC240016~01それにしても噂通り大気汚染がヒドイですね

空港に降りる時もちょっと信じられないほどモヤっていました・・・




お次は北京では“王府井(ワンフーチン)”と並んで人気繁華街のひとつ

“前門大街(ぜんもんだいがい)”の散策

PC240039~01PC240041~01






PC240052~01PC240045~01






散策ゆーてもハーゲンダッツやスタバ以外に馴染みの看板はなく

PC240059~01ほとんどのお客様はこのお店でブラブラしていました

MINISOと書かれたこちらの雑貨屋さん

“ミニソ”ではなく“メイソウ”と読むそうです



店内の商品のほどんどが10元(約200円)〜50元(約1000円)とリーズナブル

しかもほとんどがカタコトの日本語表記(笑)

このお店、今中国で話題のお店だそうです

てか東京にも出店していて“ダイソーや無印のパクりだ!”って密かに話題になっているらしい

ウィキペディアに書かれていた

“ダイソーっぽくてユニクロ風味、それでいて無印良品”って皮肉なキャッチコピーがウケる(笑)

中国や東京で見かけた際は是非のぞいてみてください♪



このあとレストランで夕食を食べてホテルへ

今日から3連泊しするのは“シャングリ・ラ ホテル北京”

PC240064~01PC240066~01






PC240067~01PC240072~01






さすがデラックスホテル

これまで泊まったホテルとは明らかに高級感があって快適♪

ただ部屋でもWi-Fiが使えるんですけど、中国の国絡みの規制のおかげで

Facebook、Twitter、Instagram、LINEなどのSNS

さらにGoogleまでもアクセスできないネット環境なのでした・・・(涙)

ただ何故か私はLINE使えたんですよね

なんでだろ・・・

久留米・黒棒本舗の“えんどう豆かりんとう”

柳川の御花さんの売店で、ちょっと気になるお土産が売っていました

20151227_124331~01山積みにされたこちらのお菓子

“えんどう豆で使ったかりんとう”だそうです




柳川のお隣まち久留米市

その久留米市の銘菓“黒棒”で知られる老舗

“黒棒本舗”さんが作っています

PC220144~01PC220150~01






添乗先でお土産とかめったに買わないけど、これは試食を食べてすぐにレジ直行(笑)

PC220145~01えんどう豆独特の苦みと青臭さがいい意味で残っていて

メーカーさんの宣伝文句通り、珈琲に相性バツグンです♪




なによりノンフライってのがいいですよね(笑)

御花さんの売店では1袋330円、3袋で1000円で販売されていました

久留米にはなかなか行く機会がないと思いますが

柳川へお越しの際はぜひ御花さんで試食をたべてみてください

豆好きの方はきっとハマると思いますよー♪

ハウステンボス光の王国2日間♪

ハウステンボスがメインのJR2日間コースに行ってきました

宿泊もハウステンボスなので閉園時間までたっぷり満喫できる人気のコースです

お客様は47名プラス幼児2名で49名・・・



1日目は博多駅からハウステンボスに向かうのみ

チェックイン後、各自園内散策なので添乗員の出番はほとんどありませんでした(涙)

ハウステンボスのイルミネーションは日没から閉園時間まで点灯

PC210095~01ただ4大3Dプロジェクションマッピングと呼ばれるエリアでは

1日1回限り上映の場所もあるので事前に場所と時間は要確認です
(その日に時間によってなどは異なります)



PC210109~01PC210107~01






PC210007~01PC210021~01






PC210092~01PC210078~01






PC210056~01PC210057~01






PC210074~01PC210066~01






PC210118~01PC210122~01






PC210138~01PC210130~01






PC210114~01PC210112~01






久々にハウステンボスに入ったけど、色々と新しいスポットが増えていましたね

今年から新登場の“光の滝”は圧巻でした

同じく新登場の“光のバンジージャンプ”

これも気になる・・・(笑)

あと歴女添乗員の後輩“おかむー”が喜びそうな和風小物・ 忍者グッズのお店とか

ホテルの横には外国人観光客を意識してかドラッグストアもオープンしていました
(お菓子や飲み物はコンビニよりも安い!)


ハウステンボス泊まりの際は、いつもコンビニで夕食を済ませるんですが

今回は園内レストランのちゃんぽん専門店“悟空”

20151226_190111~01この数量限定“モツ鍋風らーめん(1200円)”が食べたかったんですよね

ボリューム満点でめちゃ美味しかった♪
(味がちょっと濃いめです)




2日目の観光は柳川のみ
PC220140~01PC220141~01






PC220142~01ポカポカ陽気で温かかったな〜

まさか12月にもなって、バスでクーラーをかけるとは・・・





20151227_163030~01博多駅にはかなり余裕をもって到着できたので

駅チカの“博多一番街”にある“博多美食厨房あじと”さんで“モツ鍋風ラーメン(880円)”を食べて帰りました




はい、2晩連続でモツ鍋風ラーメン(笑)

こちらの方があっさりで、まさしくモツ鍋!って感じ

どちらもモツ鍋好き・ホルモン好きには大満足のラーメンでした


大満足といえば・・・

帰りに知り合いの添乗員さんと同じ新幹線だったのでちょっと飲みに行くことに♪

向かった先は新大阪構内にある“yanaken boo”

お店の雰囲気からはイメージしにくいですが、土佐料理がメインのお店です

20151228_130637~0120151227_204351~01






ここの“塩で食べる生かつおのたたき”がめちゃ美味しかった!!

前に行った先は売り切れだったんです(涙)

この日もラスト1皿だったのでラッキーでした♪

新大阪駅をご利用の際はぜひ食べてみてくださいね!

中谷堂の“超高速餅つき”&“よもぎ餅”♪

今日は奈良でめちゃハマってしまったよもぎ餅のお店をご紹介

ツアーの下見で行ったときに、小腹が減ったのでたまたま食べたお店の“よもぎ餅”がめちゃ美味しかったんですね

その話しをバスガイドさんにしたら

え、そのお店知らないんですか?そこかなり有名なお店ですよ!

って突っ込まれてしまった…

お店の名前は“中谷堂”

2015年12月20日 162449 JST~01ツアー2日目の食後のフリータイムを利用して

再度足を運んでみたらすごい人でした(笑)




ここの名物は“よもぎ餅”なんですが

お店で実演している“餅つき”がすごいんです

何がすごいってそのスピード!

“超高速餅つき”です(笑)

ほんとスゴイから、一度YouTubeで見てみてください!
(公式サイトにリンクが貼ってあります)

2015年12月20日 162555 JST~012015年12月20日 162648 JST~01






PC120117~01こちらが1個130円のよもぎ餅

その場で食べる場合は出来たてを出してくれます




この出来たてのお餅が柔らかいなんてもんじゃない!

PC120122~01急いで食べないとフニャフニャでこんな感じになるほど(笑)

美味しすぎて思わずもう1個買ってしまった…




これから奈良に行ったら絶対食べるやろな

てかこれ食べに奈良に行きたい!

ってほどハマってしまったお店なのでした


皆さんも奈良にお越しの際は是非

超高速餅つきと超やわらかなよもぎ餅を体験してみてくださいね

中谷堂(公式サイト)

ハルカス300とオープンデッキバスツアー・後半♪

食後に向かったのは上本町にある“近鉄高速バスセンター”

ここで観光バスから二階建てオープンデッキバス

“OSAKA SKY VISTA”
に乗り換えます

PC160091~01このスカイビスタは近鉄バスさんが運営

観光バスも近鉄バスさんだったのでほぼ横付けで乗り換え♪




座席の配置が複雑ですが、事前にFAXで教えてもらえました

団体用のチケットは特になく、座席にはフリースの毛布とカイロがセットされていました

車内にトイレがないので出発前に済ませておきましょう!
(※のりばのトイレはかなり小さいです)

PC160094~01PC160095~01






PC160096~01PC160101~01






この日は朝から雨だったんですよね

オープンデッキバスで雨ってかなり凹みます…

PC160099~01小雨程度ならレインコートが配布され

ひどい降りの場合は手動で屋根を付けるそうです





我々は15時半出発のバスでしたが

なんとか雨も上がってオープンデッキバスからの迫力ある景色を楽しめました

このバスは国内の2階建てバスでは一番車高が高いらしく

信号機や高速の下を通過するだけでもスリリング♪

身近な街もガイドさんの詳しい案内のおかげで新たな発見の連続

長年大阪に住んでいるご年配の方もかなり喜ばれていました

初めて乗った感想は

想像上に面白い!

想像以上に寒い!

想像以上に狭い!

上本町の受付スタッフが親切!

こんな感じでした(笑)

PC160114~01PC160120~01






PC160122~01PC160125~01






PC160132~01PC160134~01






スカイビスタはそのまま上本町バスセンターに戻るのですが

途中、ハルカス停留所(天王寺公園前)で下車することができます

我々はこのあとハルカス300に行くのでここで下車

ハルカス300への移動は前回と同じです

ニューハーフショーとふぐ会席ツアー【ハルカス300編】

展望台に上がった時間が17時前だったので昼と夜の景色が楽しめました

17時半にはすっかり夜景モードですね

PC160140~01PC160159~01






ハルカス300では現在、海遊館とコラボした3Dプロジェクションマッピングのイベントが開催中

60階のガラス窓や柱に映像が映し出されて幻想的な夜景が楽しめます

期間は11月25日〜来年の3月6日まで

これとは別に58階の空中庭園で光と音のショーもあります
(19:15〜21:15まで30分間隔)

PC160175~01PC160157~01






PC160174~01PC160164~01







しかし今まで無縁だったあべのハルカスに

月に2回も行くとは自分でもビックリやな・・・

ハルカス300とオープンデッキバスツアー・前半♪

連添で日帰りバスツアーに行ってきました

先日のベティマヨツアーと同じく、大阪人が大阪で遊ぶ

“地域住民生活等緊急支援のための助成金”を使ったツアーです

ニューハーフショーとふぐ会席ツアー【ハルカス300編】

今回は途中まで観光バスを利用できるのでちょっと安心♪

まず最初に向かったのは“海遊館”

仕事で行くのは初めてです(笑)

2015年12月21日 223315 JST~01バス駐車場は大観覧車の下

天保山マーケットプレイスに沿いながら海遊館へ向かいます
(途中、エスカレーターあり)



PC160078~01PC160069~01






PC160047~01右の白い建物が一般用のチケットブース

ここまで来ると海遊館のスタッフが声をかけにきてくれました




PC160053~01お客様はスタッフの誘導のもと、団体専用入口の手前に並んでもらいます






添乗員はチケットブースの奥にあるエントランスビル(黄色い建物)にて手続き

PC160048~01PC160049~01






建物の中に入って右奥が団体受付です
PC160050~01PC160051~01






PC160046~01ここで団体用のチケット(1枚)を受取り

先ほどの団体用入口にいるスタッフに渡します

もうちょっと要領のいいやり方おまへんか…



久々に海遊館に入ったけど、展示方法が工夫されていて面白かったです
(団体の受付方法も工夫してほしいものです)

アザラシがめちゃ可愛かった〜

PC160067~01PC160068~01







このあとバスは道頓堀へ

乗降は堺筋の日本橋(にっほんばし)付近

前に下見しといて良かった♪

ニューハーフショーとふぐ会席ツアー【づぼらや編】


今日のお昼は築地でお馴染みの“すしざんまい”

お店はくいだおれ太郎の奥にあります(1階)

PC160083~01PC160087~01






PC160079~01握り寿司と茶碗蒸しだけなので30分ほどでお店を出られるお客様が多かったですね






PC160081~01この日は添乗員のお昼もお寿司♪

お店の方も皆さんフレンドリーで快適なお店でした♪




食後は道頓堀をしばし散策

年末鳥取買い出しツアー♪

日帰りバスツアーで鳥取県に行ってきました♪

ツアーはいたってシンプル

まず賀露港(かろこう)で海産物のお買い物

PC150001~01PC150003~01






そのあと鳥取砂丘で“カニ鍋ご膳”の昼食

あ、はい

PC150006~01こちらが蟹の本場

鳥取県で食べる“カニ鍋ご膳”でございます

「・・・・・」



PC150010~01お楽しみ特典もこんなにたくさん♪

「・・・・・」




これ、わざわざ日程表に「お楽しみ特典!」ってお品書きまで書いてあるからね

〇どじょうすくい饅頭1個
〇梨スイートサンド1個
〇焼きあご1本
〇カニせんべい1枚

とかグダグダと10品も

もうね

“山陰のお菓子セット”でええんちゃいますか・・・




食後、ご希望の方は“砂の美術館”へ

今年のテーマは“ドイツ”だそうですよ

PC150011~01PC150012~01






PC150044~01PC150027~01






PC150033~01PC150037~01






PC150023~01PC150042~01






鳥取砂丘のあとは“とうふちくわの里ちむら”さんに立ち寄って帰るのみ

添乗員の出番は

帰りの“じゃんけん大会”と

“熱弁・因幡の白兎伝説”くらいでございました



話は変わりますが

PC150045~01鳥取砂丘のドライブインって

どこも昭和やなー




春日若宮「おん祭」と東大寺の秘仏2日目♪

結局寝たのは3時頃で、寝不足のまま2日目スタート

PC120034~01PC120037~01






最初に向かったのは“春日大社”

数時間前までここにいたんですが・・・(笑)

通常の参拝では二の鳥居から入りますが、今回は一の鳥居からスタート

もちろん途中にある“お旅所”を見てもらうためです

PC120039~01PC120044~01






この青々とした屋根の社が“お旅所”

お祭りの期間だけ現れます

PC120048~01PC120049~01






参道ではお祭りのメインイベント“お渡り式”の準備のために馬がたくさんいました

鹿たちもなんだか落ち着ない様子(笑)

PC120051~01PC120055~01






PC120056~01PC120061~01






17日のメインイベントである“お渡り式”

様々な時代の衣装をまとった人たちや芸能集団がお旅所へ向かいます

有料観覧席は全部で3ヶ所

IMG今回のツアーでは“登大路園地”の桟敷席が付いていました

我々以外にも何社かツアーが来ていましたね

座席は1席毎に番号がある訳ではなく





「〇〇ツアーさんは、Cブロックのここからここまで」

みたいな感じでした

桟敷席の裏に受付があるので、ここでチケットとカイロを受け取ります

桟敷席は出入り自由ですが、再入場の際はチケットが必要

PC120075~01PC120066~01






PC120079~01この桟敷では“試しの儀”が行われます

“お渡り式”の集団の出陣式みたいな感じかな?

13時終了予定なのに12時半に早々と終了(笑)


PC120084~01PC120083~01






PC120089~01PC120092~01






お昼ごはんは一の鳥居の前にある“菊水楼”さん

奈良県の登録有形文化財でもある歴史ある料亭です

PC120099~01PC120094~01






食後は各自フリータイム

17日はお旅所を中心に、各地で神事が行われているんですよね

IMG_0002s_1




PC120101~01食後にお店を出ると、ちょうどお渡り式の最終集団が前を通過していくところでした

お旅所では午後2時半から夜の22時半まで“御旅所祭”が行われます

若宮様は昼寝する暇もないね(笑)



フリータイムの間に興福寺から三条通り方面へ向かってみると

たくさんの露店が並んでいました

そして平日の昼間なのに子どもがわんさか溢れ返ってる(笑)

PC120104~01PC120107~01






実は奈良の公立小中学校は、お祭りに合わせて12月17日は半日で学校が終わるそうです

なんせこの春日若宮おん祭は、今年で880回目

これまで1度も中断することなく続いている貴重なお祭りなんです

それを後世に伝えるために半日登校にしている訳ですが

みんなお祭りより屋台に夢中

そりゃそーだ(笑)



これまで奈良って近くて遠い存在でしたが

この3日間でグッと親近感が湧きました

そんな機会を与えてくれた若宮様に感謝♪

春日若宮「おん祭」と東大寺の秘仏1日目・後半♪

ここらで今回の“おん祭”について超ざっくり説明をさせてもらいます

おん祭は春日大社の境内にある“若宮神社”

ここのご祭神“天押雲根命(あめのおしくもねのみこと)”、通称“若宮さま”のお祭り

若宮さまは17日の0時に若宮神社を出発し

春日大社の一の鳥居の近くにある“お旅所(おたびしょ)”へ移ります

若宮さまがお旅所に滞在できる時間は24時間限りで

18日の0時までにはまた若宮神社に戻らなければいけません
(和風シンデレラ?)

そのお旅所にいる間に、芸能集団が舞を踊ったり雅楽を演奏したりして若さまをもてなします


で、これから見る“遷幸(せんこう)の儀”はお旅所に向かう神事

ちなみに戻る時は“還幸(かんこう)の儀”と言います

いい場所で見るために早目に現場入り

20151216_215626~01一般の人は二の鳥居から先は進入禁止

なので鳥居の下あたりで芸能人を出待ちする芸能レポーターのように待つ訳です




今回は照明もほとんどない参道で、21時半から0時までひたすら待ちました

どれくらい暗いかっていうと

20151216_220253~01←これくらい(笑)

ちょっとだけ光見えます?

これ自販機です(笑)


自販機は動いてるけど照明が消えているから懐中電灯がないと買えません!

23時半には公衆トイレの電気も消されてしまいます!

撮影禁止はもちろんのこと、携帯電話の使用も不可!

無駄なおしゃべりもNGです!


2時間半も暗闇に身を置いていると

目を閉じるとなんだか数百年前にタイムスリップしたかのような不思議な錯覚に襲われます

そんな中、神社の奥から松明やお香を持った集団がやってきました

その集団が通りすぎると、一般の我々も一緒にお旅所までゾロゾロ付いていくわけです

若宮さまがお旅所の社に入ると、提灯にあかりが灯ります

そして1時から2時まで“暁祭(あかつきさい)”が行われます

さすがにそこまで見ていると遅くなるので途中で撤収してホテルに戻ってきました

ホテルに着いたのは深夜2時前

疲れたけど、なんとも神秘的な夜でございました♪

春日若宮「おん祭」と東大寺の秘仏1日目・前半♪

先月の琳派展ツアー同様、京都駅集合で関東のお客様とご一緒するツアーに行ってきました

今回の行き先は奈良県

12月16日の1日だけ御開扉(ごかいひ)する東大寺の秘仏と

春日若宮“おん祭(おんまつり)”がメインのコースです

初日は“奈良国際フォーラム甍IRAKA”で大学の教授の講義

そして実際に秘仏を一緒に見にいきます

12月16日の1日だけ姿が見れる東大寺の秘仏というのは

■開山堂の「良弁僧正座像(ろうべんそうじょう ざぞう)」
■俊乗堂(しゅんぞうどう)の「俊乗房重源上人座像(しゅんぞうぼう ちょうげんしょうにん ざぞう)」
■法華堂(別名:三月堂)の「執金剛神立像(しゅこんごうしん りゅうぞう)」

まず最初になんて書いてあるのか読めない

もうこの時点でついていけないんですけど…

2015年12月17日 173145 JST~01





まぁここは教授の講義があるからなんとかなるとして

お次は“おん祭”

IMG_0001









春日大社の横にある“若宮神社”のお祭りで

一般向けには12月15日〜18日までイベントが行われます


正直そんなお祭りがあるのも知らなかったし

そもそも奈良って全然土地勘がない…

そこにきて1日目はガイドさんの同行なし

はい、前日のお休みはツアーの下見決定・・・



〜ここから前日回想シーン〜

近鉄奈良駅に降り立ち右も左も分からぬまま

とりあえずJR奈良駅方向にブラブラ歩いていると…

ちょうどタイミングよくJR奈良駅を出発する“大宿所祭(おおしゅくしょさい)”の行列に遭遇♪

PC100024~01PC100023~01






PC100031~01PC100028~01






大宿所祭は“おん祭”に奉仕する大和士(やまとざむらい)が大宿所という場所にこもって身を清める神事

おん祭の期間は奈良県では“のっぺ汁”という料理を食べる習慣があるそうで

この大宿所でも“のっぺ汁”の振る舞いが行われていたので頂いちゃいました

具はだいこん、ニンジン、里芋とめちゃヘルシー♪

PC100035~01PC100038~01






とまぁこんな感じで現場でお祭りの雰囲気にも触れ

観光協会で質問したりお祭りのパンフレットを買ったり

国際フォーラムや昼食会場に挨拶に行ったりと実りある下見ができました♪


〜回想シーン終了〜

東大寺の講義も無事終了し

今夜のお宿の“遊景の宿・平城”さんへ

珍しい“柿の風呂吹き”など美味しい料理に舌鼓♪

PC110029~01PC110031~01







なんて添乗員はのん気に食事を楽しんでいる場合ではないのです

食事のあとは深夜に行われる神事

“遷幸(せんこう)の儀”にお客様を案内せねば・・・・・

ニューハーフショーとふぐ会席ツアー【ベティのマヨネーズ編】

大阪府民が行く大阪満喫ツアーの締めくくりは“ベティのマヨネーズ”

大阪では通称“ベティマヨ”で知られるニューハーフショーの代名詞的なお店です

ツアーでもよく利用する人気店で、この日も3社くらいのツアーが入っていました


こちらもづぼらやの下見のついでに行ってみました
(なんせ方向音痴添乗員ですから)

2015年12月13日 92054 JST~01づぼらや本店からだと道頓堀を堺筋方面へ

右手に相合橋筋(アーケード)、左手に金龍(ラーメン屋)があるので、ここを左へ曲がって道頓堀川を渡ります



あとはひたすら直進あるのみ

PC070024~012015年12月13日 92001 JST~01






PC070032~01橋を渡って5分もしない内に右手にベティママの顔写真が入った看板が現れます

見落とさないようにここを右へ
(お店はビルの奥のほうにあります)






PC070027~01この時間はまだ空いてなかったのでこんな感じ

え、ここ?ってほど地味ですが




PC070102~01夜はそれなりに華やかになっていました(笑)






入店の際はお店の方がグループ毎に案内してくれます

椅子は1席ごと動くのでフレキシブルに対応できるみたい

その辺のドライブインより団体慣れしています(笑)

PC070128~01PC070134~01






この日は1ブロック7席〜8席に2テーブルってのが基本スタイル

1階席80、2階席40で合計120席ありますが、我々が見た20時のショーは超満席でした!

入店は18:30からで接客開始が19:00

ショーは20:00/22:15/24:00の3回公演です

写真撮影はショータイム以外はOK

20151213_105212~01添乗員の仕事はお店の入店までだったんですが

せっかくの機会なので最後まで見ちゃいました

ベティママの気配りと歌唱力には脱帽



ママは週末はだいたいお店にいるとのことでした

是非とも湯田温泉・常盤の女将と夢の競演をしてほしいものです(笑)

西の雅・常盤の女将ショー

PC070111~01しかし夜の道頓堀を社旗を持って歩く日が来るとは思わなかったなー

お客様には

「はじめて大阪来たような顔して歩いてくださいよ!」って付いてきてもらいました(笑)


中国語の社旗とかあったら良かったかも(笑)

ベティのマヨネーズ(公式サイト)

ニューハーフショーとふぐ会席ツアー【づぼらや編】

今回のツアーではあべのハルカスから道頓堀のづぼらやまでタクシーで移動…

“づぼらや・道頓堀本店”は歩行者天国の中なのでお店の前に横付けってワケにはいきません

じゃどこでタクシーを降りてもらうか?

2015年12月13日 90836 JST~01一番分かりやすいのは“堺筋”

ここからだと“かに道楽(東店)”の前を通って一直線でお店に行けます
(ちょっと歩くけど)




午前中に下見で行ってみて初めて知ったんですけど

堺筋の道頓堀周辺ってバス専用になっているんですね

PC070006~01PC070008~01






2015年12月13日 90614 JST~01じゃ“千日前通り”はどうだろ?

ここだとタクシーも問題ないし、アーケードなので雨の日でも安心

堺筋で降りるよりお店にも近い♪


2015年12月13日 91003 JST~01ただそのまま道頓堀を通り過ぎてしまう可能性もありそう

ちゃんと“かに道楽(中店)”を左へ曲がってくれたらいいけど…




2015年12月13日 90245 JST~01どちらにせよ、一番問題なのは

同じようなふぐの看板が2つあること!(笑)

手前は同じふぐのお店でも“たよし”ですから!



結局は降りるくらいなら堺筋でも道頓堀のそばで降ろせたので問題ありませんでした

土地勘のある人は千日前で降りた人もいたようです
(ただ堺筋で降りるより200円ほど割高だった)


夕食は早目の16時スタート厳守!

さっさと食べて17時には出てってやー!

って感じでございます(笑)

PC070097~01今回初めてづぼらやに行ったんですけど

これだけ知名度もあるし場所が場所でしょ

ガツガツして対応も雑なんじゃないかと思っていたんですが


スタッフの皆さんはとっても親切で好感が持てました

食後はお店の前に18時半に再集合にして解散

お客様は夜の道頓堀に消えていかれました…

ニューハーフショーとふぐ会席ツアー【ハルカス300編】

日帰りで大阪に行ってきました

他府県からお越しのお客様を案内した訳ではなく

参加者は全員、大阪にお住まいのお客様です(笑)

内容は

^で槎遒凌渓晶蝓肇魯襯ス300”に登り

道頓堀の老舗“づぼらや”でふぐ会席を食べ

ニューハーフの代名詞、“ベティのマヨネーズ”でニューハーフショー

はい、どこも自分で行けるでしょって場所ばかり(笑)


でもこのコースは“地域住民生活等緊急支援のための助成金”

を使用しているので、個人で行くよりかーなーりお得なんです♪

キャンセル待ちも出るほど人気らしく

お客様は20組・47名様

うち39名は女性でした(笑)

13時に天王寺公園集合

PC070034~01ここからハルカスへ向かいます

はい、すぐそこに見えているので徒歩です(笑)

これ雨の日やったら気まずいなー…





実はハルカス300は仕事でもプライベートでも行ったことがないので初体験♪
(てか恐らくプライベートだと一生来ないと思う)

天王寺公園からは陸橋を使ってビル2階から出ているハルカスシャトル(エレベーター)を利用

シャトルは6機で1階には止まらずB1が一番下の階で次が2階

あとは10階・16階・19階・20階と止まります

展望台のチケットカウンターは16階

シャトルは最大60名ほど乗れるそうですが、だいたい40名くらいで運転しているよです

B1階からも乗っている方がいるのでお客様がバラバラになる可能性が出ます

必ず16階で降りてもらうよう事前に案内しておきましょう

PC070038~01PC070086~01






16階で降りると足元に動線が書かれています
(ホテル浦島かよ!)

なぜこんなに親切かというと

チケットカウンターがエスカレーターに隠れて見えにくいから!(笑)

それに同じフロアに美術館の受付もあるのでちょっと戸惑います

PC070087~01PC070083~01






16階ではスタッフにお客様を任せて添乗員はチケットカウンターでチケットとパンフレットを受取ります

チケットはスカイツリーと同様でQRコード読み込みタイプ

2015年12月13日 151856 JST~01チケットのデザインは昼・夕暮れ・夜バージョンの3種類

スカイツリーみたいにレアな“あべのべあバージョン”とかはないので、添乗員としては配りやすいです♪



2015年12月13日 85146 JST~01改札の前でいったん足止め

全員に配り終えてから改札を通過します

このエレベーターで一気に60階へ(48秒)


スカイツリーみたいに春夏秋冬とかはないので、どのエレベーターに乗っても同じです(笑)

60階は“天空回廊”

その名の通り、ぐるっと1周できる回廊式展望台です
PC070060~01PC070047~01






PC070055~01PC070052~01






エスカレーターでひとつ下の59階へ

ここは下りのエレベーターとハルカスグッズのショップがあります

グッズの販売は16階にもちょこっとあります

てかこの59階のお店もたいがい小さいです…

PC070076~01PC070075~01






さらにエスカレーターでひとつ下の58階へ
PC070072~01ここは“天空庭園”

吹き抜けで気持ちがいい♪

雨だと大変そう…



お帰りの際はまた59階まで上がってエレベーターで16階まで降ります

2015年12月13日 85234 JST~01スカイツリーと違って行きと同じ場所に降りてくるので分かりやすいですね






このあとの再集合ですが

16階にA・B・Cと3ヶ所の集合場所が用意されていました

集合場所ゆーてもそんなに広くない…

今回はよくわからずにAで集合しましたが

Bの方が外庭にいるお客様も見えて良かったかも…

PC070090~01PC070088~01






いや、たぶん次に同じコースに行くなら2階で集合にするな

だって下りも一度にエレベーターに乗れなかったので

結局また2階で点呼をとるハメになったし

それなら最初から2階に再集合にしておけば良かった…

20151212_143549~01そうそう、このあたりとか







ただ各自で2階に向かう際には危険なワナがありまして

行きには6機あったエレベーター

帰りは8機に増えているんです

2015年12月13日 84850 JST~01手前にある2機の小さめなエレベーターがくせ者

このエレベーターで降りると2階というボタンがなく1階まで降りてしまいます




実はお客様をお連れする前に下見で来たときに自分が間違ったんですよ(笑)

他の人もみんな「え、これって行きとなんか違うよね」って言ってた

実はこのエレベーター

大阪マリオット都ホテル専用のエレベーターなんです
(ホテル専用って大きく書いておくべきだと思うんですが…)

ホテル宿泊者以外も乗れてしまうので、くれぐれもご注意を!

※逆に個人で来ているときなど1階(地上階)に降りたいときは便利です



ツアーはこのあと第2ステージの道頓堀へ

タクシー14台に分かれての大移動だ…

牛カツ専門店 京都・勝牛♪

先月行った紅葉の京都ツアー

添乗員の夕食はフリーだったので、先斗町にある牛カツ専門店に行ってきました

お店の名前は“京都 勝牛(かつぎゅう)”

実は春に行った葵祭のツアーでも夕食をたべたんですよね(笑)

20150515_181419~0120150515_181430~01






20150515_181032~01場所は先斗町

すっきりと綺麗な店内でちょっとお高そうですが

お値段は1100円(税別)〜といたってリーズナブル♪




しかもご飯・赤だし・キャベツはおかわり自由♪

今回は看板メニューの“牛ロースカツ膳・140g(1250・税別)”をオーダーしました

20151124_165901~0120151124_170042~01






“勝牛の牛カツは揚げ時間30秒でミディアムレア”

ということですが

ミディアムレアというか…

ほとんど刺身かタタキです(笑)

20151124_170510~01わさび醤油で食べるのが定番ですが

他にカレー汁や山椒塩などでも楽しめます




ちなみに前回食べたのは“おろし牛ロースカツ膳・140g(1350・税別)”でした

IMG_20151124_220408~01IMG_20151124_220555~01








前回行ったのは勝牛さんが3月にオープンしてまだ間もない5月

現在は姉妹店もできて、かなり人気があるようです

そのため人で不足なのか

厨房内はかなりバタバタ
(カウンター越しなので丸見え)

会計の際、奥にあったまな板の上に目をやると

切り落とした肉片が変色しているのを見てちょっと気分が悪くなりました(涙)

料理自体は美味しいのにもったいない…


でもこの値段で先斗町で夕食が食べれるのはうれしいですよね

京都にお越しの際は一度試してみてはいかがでしょうか?

牛カツ専門店 京都・勝牛(公式サイト)




※12月13日追記※

勢いに乗っている勝牛さんですが

ついに京都を飛び出し大阪・心斎橋にも新店がオープンしたようですよ!

シークレットオープンで500円で牛カツが食べれたのに

気付いたのは朝マックの直後でした(涙)

PC070012~01PC070011~01






大阪にお越しの際も是非〜♪

笑顔は反射する。

いきなりなんやねん!ってタイトルですが

先日の屋久島でご一緒した屋久島交通のバスガイドさんのお話です(笑)

3日間、同じバスガイドさんが同行してくれたんですが

このガイドさんが凄くお話がお上手だったんですね

バスガイドなんだから話しが上手いのは当たり前だろ!って?

いやいや、案内が流暢とか知識が豊富とか、そーいうことじゃなくて

お客様の気持ちをプラスにもっていくのが上手いって意味です

そのガイドさんはお話の中で“笑顔は反射する”って表現を何度か使われていました

例えばドライブインを出発したあと…

お客様がさっき買ったお土産を貰ったお友達は笑顔になりますよね
でも自分では気づいていなかったかもしれませんが
お土産を選んでいた時、選んでいる本人も笑顔なんですよ
だから笑顔は反射するんです

なんだか深いなー(笑)


最後の挨拶でも…

お客様は今回お天気に恵まれましたが私はお客様に恵まれました
お客様が笑顔でいてくれたおかげで私も笑顔でお仕事をさせてもらえました
これが笑顔の反射ですよね

なんなんですかこのスピリチュアルすぎる挨拶は!(笑)

“笑顔は反射する教”の教祖やったんかな?

ちなみに変な宗教とかはやっていないって言っていました
(聞いたんかよ)


“笑顔は反射する”

なんか素敵な言葉ですよね

笑顔だけじゃなく自分が発したコトバ、そして行動

これらは全て自分に返ってくるってことですね

“笑顔は伝染する”とはよく聞くけど、反射は初めて聞いたな

もっと早くに聞いていたら今年の宣伝会議賞で使えそうやったのに(笑)



やっぱり笑顔って大事だよなー

てことで

またこの曲聞きたくなったでしょ?(笑)

高橋優「福笑い」(YouTube)

直行便で行く屋久島3日間♪

久しぶりに屋久島に行ってきました

会社で他の添乗員さんに

「フナッシュ君ていつも屋久島とか奄美とか島に行ってるイメージあるよね!」

って突っ込まれましたが

前に屋久島行ったの3年前なんですけど…↓

世界自然遺産の屋久島と西部林道3日間♪
久々に行くので自分のブログで予習していこうと思ったら

“空港のうどんが安くて旨かった”くらいしか書いてなかった

ほんま使えんブログですわ(笑)

これくらいしっかり書いてもらえると助かるのにね↓

今日から屋久島ツアー3日間♪()
屋久島ツアー2日目♪()
屋久島ツアー3日目♪()


“仕事もブログもやっぱり大事なのはモチベーション”

と自分のブログを見て痛感したのでした…

PC010008~01PC010013~01






PC020023~01PC020020~01






PC010015~01PC020025~01






PC020028~01PC020029~01






PC020031~01PC020033~01






PC030035~01PC030050~01






PC030043~01PC030051~01






PC030058~01PC030060~01






PC030064~01PC030065~01






PC030062~01PC030066~01






PC030067~01PC030071~01







てことで今回も

“屋久島観光センターさんの焼き鯖が旨かった”

とだけ記してモチベーションは低めに終了したいと思います
m(__)m


話は変わりますが

2日目、昨晩から続く雨が降ったり止んだりの不安定なお天気だったんですが

ホテルから遥か海上遠くに開聞岳が見えていました

PC020016~01これ、めったに見れないそうです

確かに屋久島にきて開聞岳って初めて見たかも!




翌日は天気は快晴だったんですけど、見えなかったんですよね

やっぱり色々な気象条件が揃わないと見えないんだろーなー

第53回・宣伝会議賞のエントリーが終了♪

今年中にこの記事書かないと年越せない!

ってネタがいくつか残っているのですが

宣伝会議賞ネタもそのひとつ(笑)


先月の4日に第53回宣伝会議賞のエントリーが終了しました

応募総数は定番の過去最高!ではなく

46万7936件だったそうです
(その辺あんまり興味なし)


第52回同様、添乗先で締め切りを迎えた訳ですが

今回はちゃんと寝過ごさずに起きてました(笑)

PA300059~01宮崎のシェラトンホテルにて優雅に最終の追い込み♪

といきたかったんですが




実際は自分がエントリーした作品のコピペくらいでほとんど追加はできませんでした(涙)


今回のエントリー数は5課題/70本!


少なっ!!(笑)

昨年の20課題177本から大幅減でございますm(__)m

内訳は

■大塚製薬・・・4本
■牛乳石鹸・・・6本
■JTB・・・30本
■セメダイン・・・10本
■森永乳業・・・20本


はい、やりやすそうな課題ばかり選びました

で、自信のほどは・・・


はい、あります!!(笑)

自信を持つのは本人の勝手ですから♪

自分の中では2ヶ月間に出せるだけのアイデアを使って書いたつもりです

あ、ウソ!書いてなかった!

今回は初の試みで、一度も紙とペンを持たずにコピーを考えてみたんです(笑)

全ての作品は頭の中からダイレクトにコピーや切り口をアプリや公式サイトにアウトプット

ほとんどの作品はスマホからEvernoteにアイデアを入力&ストック、その後にエントリーフォームって流れ

それかスマホからエントリーフォームにいきなり入力してあとで修正があれば修正

というスタンスでやってみました

なんかよくカッコいいノートやペンを使ってコピーを考えている姿をネットなどでお見かけしますが

恐らくそれは普段デスクワークをされているクリエイティブ系の方々

自分はデスクワークが苦手だから添乗員をしている訳であって

じっと同じ場所で紙にアイデアをぶつけていくってスタンスは向いていない

ということを8回目にして気づいた訳です(笑)

紙に書こうがEvernoteに入力しようがアイデアはアイデア

どっちがいいアイデアが書けるか?ってよくネットで議論されていますが

本人がアイデアを出しやすい環境が一番いいって事だと思うんです

勉強するにも朝派・夜派がいるように

アウトドアでも山派・海派がいるように

ペットを飼うにも猫派・犬派がいるよに

魚にも淡水魚・海水魚がいるように・・・(笑)


自分はカラダを動かしている時が一番アイデアが浮かびます

それは筋肉が動く→脳内麻薬(快楽ホルモン)が分泌されるからだと思います

机に向かいながら脳内麻薬を出すなんて

それこそ思いっきり激しい貧乏ゆするをするか

集中リゲイン(今回の課題のひとつ)でも飲まなきゃやってられません(笑)


まぁ本当はただ単にいつもと違う取り組みをしたかっただけなんですけど

もちろん紙にマインドマップを書いたりマンダラートみたいなツールを使うのも好きです

さて、今回はこの作戦が吉と出るか凶と出るか

2月の発表が楽しみです♪

九州横断湯煙街道4日間♪

九州横断湯煙街道

四文字熟語ならぬ八文字熟語みたいなツアーに行ってきました

見慣れんツアータイトルだなーと思ったら

これが1本目の新コース

添乗員にとって1本目のコースほど怖いものはないわけですが

このコースは立ち寄りドライブインは少ないし

宿入りも出発も比較的ゆったりだし

バスガイドさんも同行だし

なんともゆるーい4日間

今回、お客様は20組・42名様でしたが

まったく問題なくツアーは終了しました

紅葉も少し楽しめましたね

由布院(金鱗湖付近)

PB240007~01PB240008~01






PB250011~01PB250013~01






PB250018~01PB250038~01






PB250034~01PB250021~01






PB250043~01PB250047~01






PB270058~01PB260055~01






大川内山(駐車場付近)
PB270064~01PB270066~01






それにしても3日目までめちゃ暑かったー

PB250015~012日目の草千里ではこの日差し

目を開けるのがツライ…




PB260052~013日目の長崎市内でもこの日差し

半袖でも過ごせる程の陽気でした
(20度近くあったみたい)




20151202_142434~014日目は天気も気温も急変

めっちゃ寒かった(笑)





話は変わりますが

3日目は長崎市内の南山手地区で完全自由昼食だったので

ガイドさんと一緒にドライバーさんオススメのちゃんぽんを食べに行ってきました

PB260053~01場所はANAクラウンプラザ地下1階

和食・中華「潤慶」さん





ちゃんぽん(1350円)

ホテルのレストランにしてはお手軽価格ですよね

スープはとんこつベースですが脂っこくなく、ラーメンを食べた後のあの罪悪感がない(笑)

雰囲気も落ち着いているし、ご年配の方にも安心してご案内できそうなお店でした♪
旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
funa888◆gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・