ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

2016年01月

こだわり台湾3日目・後半♪

MRTを降りたあとは“十分(じゅっふん/シーフェン)”

十分のそばの“平溪(ピンシー)”という町では元宵節に(小正月)に“天燈(てんとう)”と呼ばれるランタンを上げる“平溪天燈節”というイベントが有名
(開催日時はその年によります)

十分ではイベント期間じゃなくてもお金さえ払えば各自で天燈を上げることができるんです

このコースではお客様のお部屋毎に天燈を上げてもらいました

P1260478~01まずはハンガーラックにセッティングされた天燈に名前や願い事を書きこみます

慣れない筆で書くのでなかなか上手く書けないご様子…
(墨汁がタラタラ垂れてくるし)



書き終わった方からスタッフに声をかけて打ち上げ場所へ

なぜかこの打ち上げ場所っていうのが線路の“上”なんですよね

線路の脇とか線路の近くの広場じゃなく、線路の上!!

まぁここが一番広いし上げやすいか(笑)

Fotor_145433555581835~01Fotor_145433559871393~01






色んな国の言葉や色んなメッセージを乗せた天燈が次々と上がっていきます

写真もスタッフが慣れた手つきで撮ってくれます

ここは添乗員がヘタに手伝わないほうがよさそうです

P1260509~01P1260507~01






時間が余ったらお土産用のミニ天燈を買ったり

十分駅近くにある吊り橋に行くのもいいですね

P1260508~01P1260501~01






P1260495~01こちらが打ち上げ会場のそばにある十分駅

そう、駅があるということは列車が来ます




P1260510~01でも線路の上は天燈を上げる人でごった返しています

列車が来たらどーすんの?




P1260511~01列車が来たらよけます!

この光景がめちゃウケた(笑)




P1260513~01スタッフの兄ちゃんなんてギリギリ列車が通過しても余裕でタバコ吸ってるし(笑)

ほんとこーゆー日本では考えられないシチュエーションが海外旅行の醍醐味ですよね♪




十分のあとは今、日本人観光客の人気スポット“九份(きゅうふん/ジュウフェン)”

P1260547~01基隆湾を見下ろす山の斜面にレトロな町並みが広がっています

かつて金山として賑わいをみせた町だそうです




九份のシンボル的な存在なのが“阿妹茶酒館(アーメイチャージィウグアン)”

映画「千と千尋の神隠し」のモデルとも言われる建物で人気の撮影スポットです

P1260538~01P1260568~01








P1260555~01P1260552~01






P1260557~01P1260561~01







P1260572~01夕食はこの阿妹茶酒館の目の前のレストラン

“海悦楼(かいえつろう)”で九份郷土料理




P1260589~01雰囲気のある夕暮れ時から夜景まで

ノスタルジックな九份の魅力を満喫できました♪




P1260581~01この芋団子のぜんざいも甘すぎず美味しかった♪

でも雨がヒドかった・・・




聞くところによると、九份は“1年のうち200日雨が降る”って言われるほど雨が多いそうです

皆さん、九份に行かれる際は傘をお忘れなく!!

あと坂と階段が多いので足元にはくれぐれもご注意を!!

こだわり台湾3日目・前半♪

昨日は早目の7時半出発でしたが

今朝も容赦なく7時半出発!(笑)

ツアー3日目は“雙連朝市(シュアンリェン ザオスー)”からスタート
(夜市観光の翌朝に朝市観光て・・・)

P1260372~01売っているのは果物や野菜、海産物が中心

台湾人の生活が身近に垣間見れるスポットです




P1260374~01P1260382~01






今日は台北の北西部に位置する港町“淡水(たんすい/タンシェイ)”まで足を延ばします

淡水河の河口一帯は“漁人碼頭(りょじんふとう/ユーレンマートウ)”と呼ばれるデートスポット

※碼頭=埠頭の意味

P1260409~01P1260402~01






P1260399~01シンボル的な橋“情人橋”からの眺める夕日は絶景スポットとして人気だそうです






今日はランチを食べに“わざわざ”船に乗って淡水の対岸“八里(バリ)”に渡ります

“わざわざ”行くところが視察団のこだわりだそうです(笑)

P1260413~01船は“淡水老街”〜“八里左岸”を約5分ほどで往復しています

利用者が多いので立ち席になる場合も・・・




P1260417~01八里左岸に着くと目の前がレストラン

ムール貝料理が有名なお店ですが

あくまでローカルフードなのでお店の対応とかめちゃ雑(笑)


ムール貝は醤油炒めとニンニク炒めを食べ比べ

どっちも美味しかった♪

P1260418~01P1260427~01






食べたらさっさと淡水へ戻ります(笑)

P1260442~01淡水へ戻ったあとは淡水老街の散策

このツアーではここでお客様に“摩天ソフトクリーム”なる名物を召し上がって頂きます♪




P1260435~01P1260441~01






P1260443~01P1260438~01






Fotor_145424501660142~01正直こんなでっかいソフトクリームもらってありがた迷惑な話しですけど

写真を撮るのにはなかなかインパクトがあっていいね♪

あくまで撮影用って感じ(笑)


名物とか書いてたけどほんとかな?

地元の人はほとんど食べてないんですけど・・・

地元の人が物珍しそうにこっち見てた(笑)

P1260450~01早く食べないとどんどんとけてくるので大変

小さいサイズにしておけば良かった(涙)




このあと淡水駅からMRT(台湾人の足となっている都市鉄道)に乗車


途中、マングローブの原生林を眺めながらちょっぴりローカル気分です

P1260452~01P1260465~01






ほんとこのコース

新幹線あり船ありMRTありで盛りだくさんやな・・・

こだわり台湾2日目・後半♪

お次は“延平群王祠(えんぺいぐんおうし)”

台湾の英雄“鄭成功(ていせいこう)”を祀っています

鄭成功と言ったら平戸に行くと必ず名前が出てくる人物

お母さんが平戸出身で鄭成功も7歳まで平戸で過ごしたそうです

P1250278~01P1250280~01






昨日からお世話になっていたバスとはここでお別れ

P1250286~01P1250285~01






このあと台南駅から台北駅までは新幹線で移動します

P1250291~01P1250290~01






駅構内にはコンビニやスタバも入っていました

新幹線ではワゴンサービスがありますが、アルコール類はありません

必要な方は事前にコンビニで購入しておきましょう

P1250289~01P1250295~01






チケットは1人1枚

台北でも必要なのでなくさないよう注意です

P1250299~01P1250238~01






P1250301~01P1250304~01






台南から台北までは2時間5分

台北到着後はすぐに“故宮博物館”へ

P1250306~0190分の滞在のあと

外へ出る頃にはすっかり暗くなっていました・・・





P1250308~01夕食は台北の老舗“欣葉(きんよう/シンイエ)”

切り干し大根入りの玉子焼きが有名なお店です



P1250319~01夕食後は“士林夜市(しりんよいち/シーリンイエシー)”

ごちゃごちゃしているので迷子に注意




アーケード内はゲームコーナーや雑貨を扱うお店が多く

地下に入ると海鮮中心の飲食店で賑わっていました

P1250324~01P1250323~01






P1250325~01P1250330~01






P1250335~01P1250333~01






しかし朝から晩までほんと盛りだくさんやな

すでに2日目でヘトヘト・・・

こだわり台湾2日目・前半♪

昨晩は遅めのホテル入りでしたが

今朝も容赦なく7時半出発!(笑)

ツアー2日目は高雄市内を一望できる“寿山公園(じゅさんこうえん)”

そして大きく口を開けた龍と虎の塔

“龍虎塔(りゅことう/ロンフーター)”がインパクト大の“蓮池潭(れんちたん/リエンチータン)”

P1250179~01P1250182~01






P1250203~01P1250209~01






P1250219~01P1250222~01






高雄観光のあとは台南へ移動

P1250240~01ランチは台南の有名店“度小月(どしょうげつ/ドゥーシャオユエ)”

海老の頭からとったダシにそぼろ肉をかけた“担仔麺(タンツーメン)”が有名です




P1250235~01P1250236~01






ランチのあとは歩いて“林(はやし)百貨店”

P1250241~01どことなくノスタルジックなこちらの建物

日本統治時代には“台南の銀座”として賑わったそうですよ




1980年代からずっと空きビルになっていて、2014年6月にリニューアルオープン

館内は所々に当時の面影を残したモダンレトロな雰囲気

P1250243~01P1250265~01






P1250248~01P1250251~01






P1250256~01P1250259~01






P1250266~01P1250267~01






売っているものがいちいちオシャレ♪
(一部奇抜なものも・・・)

雑貨類も豊富で特に女性のお客様は喜ばれていました

こだわり台湾1日目♪

久しぶりに台湾に行ってきました

どれくらい久しぶりかというと

台湾に新幹線が開通した年以来だから・・・

2007年ぶり(笑)

台湾新幹線に乗ろう!(2007年5月27日)


今回のコースは最近毎日のように出発している超人気コース

それもそのはず

このコースは海外旅行部の部長をはじめ

台湾担当者や所長クラスの視察団が6名現地入りし

こだわり抜いて作成した渾身のツアーなのです

宣伝物の気合いの入れようも他のコースとは比じゃない(笑)

この日も大津営業所の添乗員さんと2台口で出発です



往路共に利用航空会社は“トランスアジア航空(GE)”

個人用モニターもあったし、USBポートも完備で快適

持ち込みイヤホンが使用できればもっと嬉しいんですが…

P1240136~01P1240139~01






P1240141~01機内食はチキンorポーク

写真はチキン(親子丼)




1日目は“台北桃園(とうえん)国際空港”に到着後

一気に高雄(たかお/カオション)までひたすら移動です

移動時間は約4時間

途中2回休憩を挟みながらようやくホテルへチェックイン

P1240144~01P1240143~01






Fotor_145408014881190~01時間も遅いのでロビーに荷物を置いてレストランへ直行

さすが視察団こだわりのオリジナルメニューだけあって美味しい♪




P1240151~01でも食事の余韻を楽しむも暇もなく

お客様はさっさと部屋に上がられていきました
(もう日本だと23時まわってるもんね・・・)




P1240153~01ホテルの近所にはコンビニがあるので安心♪

ドリンク類も豊富でした
だいたい25元(約100円弱)〜



P1240157~01P1240156~01






でもよく考えたらまだ現地の元(NT💲)に両替してなかった・・・

いや、待てよ

確か海外旅行部の後輩に試供品の“イージーカード”って電子マネーが財布の中にあったはず

P1240158~01試しに使ってみたらちゃんと利用できた♪

謝謝!!




このイージーカードは台湾ではイケてるカードなようで

若者がファッション感覚で首からぶら下げているのを何度も見かけました


P1240168~01ちなみに

台湾エキスパート添乗員のイソップによると

この赤いペットボトルの烏龍茶がお勧めらしい



確かに美味しくて滞在中ずっとこれ飲んでました♪

ツアコンだよ全員集合!〜sarrrychan編〜

久しぶりにツアコンだよ全員集合!のコーナーにメールが届きました

どれくらい久々かと言うと

続きを読む

夕日ヶ浦温泉かにづくしツアー♪

若草山ツアーの翌日は日帰りカニツアー

引き続き寒波が西日本を中心猛威をふるっている中

行き先は日本海側の夕日ヶ浦温泉・・・

大阪はまったく雪は積もっていないものの

1時間ちょっと高速を進むと辺りは一面の雪景色

20160125_091243~01←最初に休憩をとった京都縦貫道の“京丹波 味夢(あじむ)の里”






無事ホテルまで辿り着けるんかいなって心配しましたが

途中、速度制限やタイヤチェックインがあったくらいで

大幅な遅れもなくホテル到着

20160125_105327~0120160125_120619~01






Fotor_14537206185037~0120160125_120129~01






お客様はかに2杯を使ったフルコースを堪能し

20160125_121551~01添乗員は塩辛い牛丼を堪能したのでした






帰りも特にトラブルもなく

19時には解散!

今回、始発が枚方だったんですど

Fotor_145372076543823~01駅前にある商業施設“ビオルネ”

あまりの廃れっぷりがショックだったなー




枚方営業所で内勤をしていた頃はよくお世話になったものです(涙)


話は変わりますが


ここ数日、ニュースでも会社でも寒波の話題で持ち切り

「あした、なに着ていきていく?」

って宮崎あおいじゃなくても心配しちゃいます

若草山も持ってる防寒着総動員って感じだったし

カイロもこれでもかってほど何種類も用意

そんな中

先日、USJで一緒に遊んだ北海道の阿寒に住む同期

akan子の子ども“あんり&あのん”の登校風景の写真を目にしました

1453726244093~011453726238136~01









これ見たら多少の寒さや雪で弱音吐けんね

あんり、あのん、ありがとう!

寒さに負けそうになったらこの写真見るわ!

若草山山焼きと“うまし冬めぐり”2日目♪

ツアー2日目も寒い寒い朝を迎えました

昨晩は遅いホテル入りだったので、今朝はゆっくりしたいところですが

容赦なく7時40分出発(笑)

P1190102~01最初の観光地“興福寺(こうふくじ)”は開館前の“早朝貸切観覧”ですから(笑)

お寺の方に千手観音や阿修羅像などを詳しく説明してもらいました




P1190111~01しかし寒い・・・

境内の水が溜まっている場所はどこも凍ってたからね・・・




このあと引き続き“うまし冬めぐり”の対象施設“唐招提寺(とうしょうだいじ)”

そして東大寺の大仏殿の10分の1で“試みの大仏殿”と呼ばれる“喜光寺(きこうじ)”を参拝
(ここは“うまし冬めぐり”対象外)

P1190109~01P1190113~01






P1190115~01お昼は田舎料理の“草ノ戸(くさのえ)”さん

ここの食事はとても好評でした♪




最後は“西大寺(さいだいじ)”

ここも“うまし冬めぐり”の対象施設です

P1190121P1190124~01






4つの有料エリアを巡るので所要時間が1時間半から2時間ほどかかります

メインはこちらの“大茶盛(おおちゃもり)”

持つのも大変な茶器を回し飲みするユニークなイベントですが

実は800年以上の歴史があって

会場の奥に見える雪景色を模した飾り付けにもしっかり意味があるのです

P1190127~01P1190134~01






P1190135~01しかしデカいね

お好きな方は1人で全部飲んで頂いてもかまいません

って言ってたけど、ムリムリ(笑)


Fotor_145371975048798~01お隣にいるのは東京から来たツアーの添乗員さん

なかなかいい飲みっぷりですね♪




Fotor_145371967809213~01こちらの添乗員さん、実はこのブログの読者の方で

以前にも四国でもお声を掛けてもらったんですよね

こんな所で再会するとは(笑)



いつもご愛読ありがとうございますm(__)m

心配していた雪の影響もなく

無事、お客様を京都駅にお送りしてツアーは終了いたしました



あ、あと昨日の山焼き

ニュースによると8割りが焼き残ったそうです

そう、2割しか焼けなかったってこと

そりゃ迫力なかった訳だ

Fotor_145371989825141←平城京跡から見た若草山です

確かに全然焼けてないわ・・・




若草山山焼きと“うまし冬めぐり”1日目♪

記録的な寒波到来で全国的に凍りついている中

関東のお客様を関西に案内する現地受けのお仕事に行ったきました

今回は春を呼ぶ奈良の風物詩

“若草山の山焼き”
がメインのツアーです

ツアータイトルにある“うまし冬めぐり”というのは

奈良県ビジターズビューローが主催する観光誘致キャンペーン

20160127_111443~01この期間限定の特別公開や

神職や僧侶の方の案内が付いたりするイベントです




初日は“うまし冬めぐり”の対象スポットでもある“石上(いそのかみ)神宮”

P1180007~01集合場所に赤いハッピのスタッフがいるので、こちらで手続き

参加証(ワッペン)やアンケート、粗品(あったりなかったり)を受け取ります




しっかり“神社検定”のご案内まで配ってたね

さすが神社検定(笑)

神社検定の商売根性がスゴイ!


P1180011~01P1180009~01






このあといったん宿泊場所の“ホテル日航奈良”にチェックイン

部屋に荷物を置いて、防寒対策をしっかり固め、いざ若草山へ!

P1180016~01若草山って入社してすぐ行ったことがあるような気がするけど

恐らく軽く15年は行ってない・・・(笑)





山の麓の道沿いにお土産屋さんがズラッと並んでいて

若草山にはゲートが3つありました

山に向かって左から【北入場ゲート・出口ゲート・南入場ゲート】

P1180020~01有料観覧席は“北入場ゲート”で受付






P1180019~01有料観覧席への入出場は真ん中の“出口ゲート”を利用

このゲートと“北入場ゲート”の間に観覧席があります




椅子には特に番号などはなく、ツアー毎にエリア分けされていました
(事前にエリア分けが記載された書面がもらえます)

座席にセットされているのは【パンフレット・カイロ・ブランケット】

あ、このフリースのブランケットは持って帰れますよ

かなり薄いですが(笑)

P1180017~01P1180018~01







P1180023~01日が沈み観光客も増えてきましたね

ステージでは音楽イベント

隣のテントでは鍋の屋台などで賑わっていました



18:15から冬花火が開催

IMG_20160123_201459~01地元の人はこの花火を目当てに来ている人が多かったようです

確かにめっちゃ綺麗

ゲームでも見ているかのような放射状の乱れ打ちはスゴかったなー





IMG_20160124_063950~01IMG_20160124_063907~01








P1180050~01でもこの花火が打ちあがってた15分間が物凄い悪天候だったんですよね

途中、ヒョウとか降ってたし・・・




18:30からいよいよ山焼きの点火

さっきの雨&ヒョウの影響か、なんだかいまいち迫力に欠ける・・・

P1180097~01P1180098~01






なんかイメージしてた山焼きと違うんですけどーーー

続々と他のツアーのお客様は退席していくし

ウチのお客様も

寒さと雨と目の前の光景に凍り付いておられました・・・(涙)


我々もきりのいいところで観覧席を脱出

遅めの夕食に向かいました

今夜の夕食は名門“奈良ホテル”

コース料理なので1時間半ほどかかりますってことでしたが

結局2時間半という歴史に残るロングランディナーとなりました

食べ終わったの22時過ぎてたし・・・

IMG_20160125_181151~01P1180100~01






IMG_20160123_203840~01もちろん添乗員はそんな上等な夕食は頂けないので
(頂いても困るけど・・・)

近所にあるタイ料理屋でトムヤムクン風にゅうめんを食べてきました(笑)





しかし前の“春日大社おん祭り”の時も感じたけど

夜の奈良公園周辺ってほんとお店ないよね・・・

ハウステンボスと平戸温泉3日間♪

全国的に寒波で大荒れの中、JR利用で九州へ行ってきました

1日目は博多駅を出発し平戸観光のみでホテルへ

2日目は九十九島遊覧とハウステンボス

の予定でしたが

20160118_100019~01遊覧船は朝から終日欠航が決まったそうで

替わりにくらげが有名な水族館

“海きらら”にお客様をご案内


これはこれで結構喜ばれていました♪

20160118_094300_001~0120160118_095030~01






さてさて、本日のメインはハウステンボス

でも泊まりはハウステンボスじゃないんですよね

滞在時間は12時〜19時半まで

差額を払って1日パス券に変更するには短いし

散策チケットだけだと長いし・・・

なんとも中途半端(涙)


20160118_113903~01クリスマスシーズンが終わったハウステンボスでは

現在、仮面舞踏会大カーニバルが開催中

スタッフの皆さんもほぼ全員仮面を付けています(笑)


来場者用にマスクが500円で販売されていますが

1月31日まではスペシャルデイズとして、この仮面が無料でもらえます
(※添乗員は除く)

添乗員は受付で

.船吋奪鉢園内パンフレット2礁粍換券

を受け取るでの配るのがちょっと、 いやかなり大変・・・
(今回はガイドさんがいたから助かったけど)

仮面の引き換えはアムステルダム広場で行っています

20160118_121714~0120160118_121220~01







20160118_121340~01アムステルダム広場では終日イベントが目白押し

マスカレードショー、仮面舞踏会、クラッシック、オペラなどなど

パス券がなくてもそれなりに楽しめるかな?





他に1日パス券がなくても楽しめるのは

20160118_132824~01お花が好きな方は

“大胡蝶蘭展”&“光のベゴニアガーデン”

2月29日まで開催



“大胡蝶蘭展”は園内3ヶ所で開催
■フォレストヴィラ・ウエルネスセンター(500円)
■パレスハウステンボス(600円)
■ホテルヨーロッパ(1000円)
※散策チケットの方の料金

“光のベゴニアガーデン”はフォレストヴィラ・ウエルネスセンターで開催
(500円)

20160118_115916~01ショー好きな方は

ハウステンボス歌劇団

1回500円とリーズナブル
(追加料金でプレミアム席あり)


あとは

20160118_113949~01フクロウ好きな方には

場外に最近できた“フクロウの森”
(600円)

ウチのお客様には合わんか・・・


一番人気があったのが夜のカナルクルーザーかな

20160118_115200~01アートガーデンの横にある“光と噴水の運河”

このイルミネーションがカナルクルーザーから見れるんです

料金は800円(日中は600円)





結局どなたも1日パス券に引き換えるなくお楽しみ頂けたようです


20160118_202415~01この日の宿泊は“弓張の丘ホテル”

九十九島が一望できる高台のホテルです




チェックイン後に雪が舞ってきて心配したんですが

ホテルの方は「降っても積もることはないので大丈夫ですよ♪」って余裕の表情

で、朝起きたら部屋の外はこんな感じ

20160119_072529~01思いっきり積もってるんですけど・・・






20160119_080314~0120160119_075514~01






なんとか山を下り下界へ降りてくると雪は積もってないものの

時おり吹雪くほどの悪天気

呼子の朝市も人っ子一人おりませんでした・・・

20160119_120712~0120160119_120706~01






このあと呼子の海舟(かいしゅう)さんで新鮮なイカ刺しを食べ博多駅へ

20160119_122836~0120160119_124034~01







新幹線も博多駅始発だったので遅れることなく新大阪に戻ってこれました

20160119_213102~01ツアー解散後

後輩“もみー”とエキマルシェ(新大阪駅構内)で“だし茶漬け専門店・えん”へ

ここ、はじめて入りましたがめちゃ美味しかったです♪





同料金でサイズは小・中・大から選べるし

ダシの追加も無料♪

エキマルシェでの飲食もカロリーの事を考えたら

これからは神座のラーメンよりだし茶漬けやな(笑)

函館山ロープウェイの乗り場がリニューアル♪


P1080047~01





今回の北海道ツアーで久々に函館山ロープウェイに乗ったんですが

昨年の11月13日にグランドリオープンして、かなり雰囲気が変わっていました


まず建物に入って正面の窓口で添乗員が手続きをします

2016年1月14日 93946 JST~01その間、お客様は奥へ

バスガイドさんがいなければ係員さんが誘導してくれます
(たぶん)




P1080057~01建物内にはラジオ局のスタジオまで入っていました(笑)

ここからロープウェイ乗り場の3階までは階段
(けっこう待たされた・・・)




で、ちょっとややこしいのが帰り

P1080058~01以前と同様にチケットは帰りも必要なんですが

山頂駅では見せるだけで





2016年1月14日 123948 JST~01山麓駅に着いたら

また改札があって、ここでQRコードをかざさないといけないんです!





上でチケットをチェックしてるのに、なんでまた降りてからチェックするかな・・・

“下の改札でもチケットは再度必要です”ってアナウンスは流れているけど

一般の人とか外国人とか全然聞いてないし(笑)

もう必要ないと思ってカバンの下のほうに入れている人が多くて

改札前はモタモタとチケットを探す人で溢れ返っておりました・・・



函館山ロープウェイに乗られるお客様

チケットはすぐ取り出せるようにしておきましょうね

函館山ロープウェイ(公式サイト)

北海道2大名湯&イルミネーション3日間♪

先週に引き続き北海道の道南ツアーに行ってきました

前回に比べて飛行機の便はあまり良くなかったんですが

天候は前回よりかなり恵まれ

五稜郭タワーや函館山の夜景も綺麗に見ることができました

同じコースでも出発日によって全然印象が違うもんだとつくづく痛感しました

P1070004~01P1070008~01






P1070023~01P1070014~01






P1080025~01P1080033~01






P1080034~01P1080036~01






あ、大沼公園ってワカサギ釣りができるんですね

そー言えば昔、阿寒湖でさかさぎ釣りやったな〜

わかさぎを釣ろう!(2006年3月2日)

P1090065~01P1090066~01






最終日、函館方面から新千歳空港へ向かう途中

けっこう大きな地震がありました

函館で最大震度5弱、自分たちがバスで走っていたあたりも震度3くらいあったみたいですが

走行中だったので誰も気づかず…

空港も一時的に滑走路が閉鎖されたそうですが

10分程度の遅れで無事に帰ってこれました♪

2020160114_163048~01







話は変わりますが

(funassyuu)12534506_1736736736541823_407930669_n~02行きの伊丹空港で、沖縄に向かう同期のけんちゃんと後輩のなる夫妻にバッタリ遭遇

昨年5月に生まれたばかりの“りゅうのすけ”とこんなところで初対面(笑)




しかも飛行機の出発時間も5分差(笑)

やはり同期の絆は目には見えない何かで結ばれているのか?

いや、ないな

たまたまです

たまたま




同期ファミリーと言えば

お正月に仲のいい同期や後輩ファミリーとUSJに行ってきました

1452843721527IMG_20160115_164619









このブログでもお馴染み、阿寒の“あんり&あのん”

ちょっと見ない間にデカくなってたなー

オホーツク流氷スペシャル3日間♪


しんくんファミリーの“かなと”なんて

前に会ったのは保育園児だったのに

気付いたら小学6年生(笑)

“ひろと&はやと”って新しい家族も増えていました

元ツアコンだよ全員集合! 〜奏人パパ編〜


同じ年代の同期や後輩が立派に家庭を築いて子どももすくすく大きなってるというのに

IMG_20160115_160648~01こっちは相変わらず魚釣って喜んでるからね(笑)






独身貴族と添乗員は

辞めたくてもなかなか辞められないのです・・・

北海道二大名湯とイルミネーション3日間♪

2016年1本目の添乗は北海道へ行ってきました♪

初日は珍しく午前便だったので小樽で3時間くらい自由散策

PC310001~01小樽では現在イルミネーションイベント

「小樽ゆき物語」が開催中でした




1泊目の宿泊は札幌の奥座敷“定山渓温泉”

ちょうど冬花火の開催日だったのでちょっと得した気分♪

開催は1月10日までと2月5日〜2月13日

20:50頃から約10分間なのでお見逃しなく!

PC310017~01PC310011~01







2日目は道南エリアへ

“サイロ展望台”では眩しいくらいの日差しでしたが…

P1010005~01P1010002~01






函館に着くと天気が急変

北海道らしくない湿気の多い雪が降るわ降るわ・・・

P1010016~01P1010018~01






P1010015~01←雪まみれになりながらバイクを運転する郵便配達員さん

めちゃ大変そうでした(涙)




P1010014~01今回のツアーは珍しく五稜郭タワーの料金込みだったんですが

見晴らしはかろうじて星形が確認できる程度・・・




P1010007~01P1010008~01






函館ベイエリアの散策時も雪は止むことはなく

オプショナル夜景ツアーも希望者ゼロ

この日の宿泊先、湯の川温泉へ早目にチェックインしました

P1010028~01P1010031~01






P1020033~01最終日は雪が降る中“函館朝市”

まだ雪止まんのかい!!




“今年の北海道は雪が全然降らない”

って聞いてたのに話が違うやないか・・・

P1020036~01でも大沼公園に着いたらまた天気が急変

サングラスが欲しいほどの日差しが!!





と思ったら、このあと新千歳空港へ向かう途中

めっちゃ吹雪に遭遇したり

冬の北海道はほんと油断できないなと痛感した3日間でした


話は変わりますが

P1020038~01前回は工事中だった新千歳空港のUNIQLO

オープンしていましたね




オープンといえば
P1020039~013階のフードコートに“松尾ジンギスカン”がオープンしていました

ジンギスカン丼などが食べれるのでおひとり様でも気軽に利用できます




新千歳空港では隣の“あさひかわ井泉”のヒレエビ丼ばっかり食べていましたが

これからはジンギスカン丼とローテーションやな・・・♪

あさひ川井泉の“ヒレエビ丼”♪

ANAで行くデラックス北京4日目♪

改めまして

明けましておめでとうございます!



PC270297~012016年のスタートです

今日も引き続き、いいお天気に恵まれそう♪




と言っても今日の観光は“北京動物園”“パンダ館”のみ

PC270350~01PC270298~01






PC270300~01PC270310~01






1号館と2号館の2ヶ所で可愛いパンダを見ることができます

中国人にとってもパンダって人気なんですね(笑)

思いっきり柵の上からリンゴとかお菓子を投げまくっているのが中国らしい

おいおい・・・

PC270376PC270342~01






売店もパンダづくし(笑)

PC270315~01PC270316~01







パンダ館のあとは名残惜しく空港へ

ANAのカウンターにあった“迎春”って看板で

ようやく新年迎えた感じがしましたね(笑)

PC270354~01PC270355~01






カウンターで個人チェックインをしたあとは

意味があまりなさげな搭乗券読み取りゲートを通過し出国審査場へ
(ガイドさんとはここでお別れ)


出国は行きと逆で

T3C→T3D→T3Eとモノレールで移動

PC270358~01PC270359~01






PC270360~01T3E駅を降りたあとに出国審査とセキュリティーが待っています

このセキュリティーがめちゃくちゃ厳しいので時間には余裕を持って進みましょう







PC270361~01地図でゲートを確認したあと解散

売店やレストランは比較的充実していました




PC270364~01PC270366~01






小さいけどスタバもあったし

スターバックスラテは27元(約540円)〜でした

PC270368~01PC270372~01






機内食は出るけど時間が遅いのでピザハットに入ってみました

サイドメニュー1品、ミニピザ1枚、ドリンクのセットで70元(約1400円)

なかなか美味しかったですよ

PC270382~01PC270378~01






やっぱり空港周辺は空気が霞んでるなー

この写真は曇りモードで撮っているので黄色っぽいですが

実際もこんな感じでした(笑)

PC270399~01PC270403~01






PC270390~01あ、近くのゲートにANAのR2D2ジェットを発見!

これ見たかったんですよね!

まさか北京の空港で見れるとは♪


PC270406~01帰りの機内食はこんな感じ

照り焼きチキン&うどん
(もちろん強制チキンね)




PC270408~01機内で見た夕日も綺麗だったなー

2016年もいいことたくさんありそうです♪





関空からはわざわざ1本遅らせてスターウォーズ仕様のラピートに乗って帰ってきました

これも気になっていたんですよね♪

PC270423~01PC270419~01






PC270431~01PC270450~01






PC270430~01PC270434~01






実はたまたま隣の窓口の人が

「次のラピートってスターウォーズなんですよね」

って聞いていたのが耳に入ったので

「え、そうなんですか?じゃーボクも1本遅らせてそれで!」って取り直したんです(笑)

PC270410~01そしたらたまたま

座席が1号車の1番





チケットの印字には

1月1日1号車1番

なんだかダブルで得した気分で帰ってこれました♪

ほんとツイてるわー

こうやって小さな幸せを大げさに喜び

2016年も楽しく過ごしていきたいと思います(笑)

本年もブログな添乗員を宜しくお願いします!!!

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます!

無題

























2016年は中国の北京で迎えました

ツアーレポートはまた後日ということで・・・


今年もブログな添乗員をよろしくお願いします!!
旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
funa888◆gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・