ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

2017年04月

JR富山駅〜南口からバス駐車場へ〜

このブログで人気の記事があります

富山駅の南口から観光バス駐車場がある北口までの移動方法を記したこちらの記事

JR富山駅〜南口から北口への移動方法〜【5/30追記】

これまでたくさんの添乗員さんから

「はじめて富山駅に行くときに参考にさせてもらいました!」

と嬉しいお言葉を頂いていたんですが・・・

この記事がついに無駄になる日が来ましたー!!(涙)


最近、富山駅の南口側に新たに観光バスの駐車場ができたそうです(笑)

頑張って書いた記事はムダになりますが

富山駅を利用する添乗員やお客様には嬉しいニュースですね♪

あえてこのブログで書くほどややこしくもないんですが

一応、混乱を防ぐためにご紹介しておきます♪

※iPhoneの方はPCモードで見た方が見やすいかも



Fotor_149352199831923~01,泙宰摸新幹線の改札口がある南口を出たら右へ進みます
(これまでは左に出て地下道でしたね)






Fotor_149352170732347~01∀面電車の線路を越えます

信号があるので横断の際は注意しましょう




Fotor_149352177782464~013僂棒饒(せんせん)というお店があるので、そこを右に曲がる







Fotor_149352185454538~01ほら、もう前方にバスが見えてきた♪

実は南口を出たらすでに遠くにバスは見えているんです(笑)

それほど近い場所なのでご安心を♪


Fotor_149352188330543~01Fotor_149352190314510~01






Screenshot_20170430-121858~01~01あ、ちなみにグーグルのストリートビューで見たら

まだ“撰鮮”ができていないほど昔の画像だったのでご注意を(笑)





最近変わったと言えば金沢駅!

これまで北陸線の特急サンダーバードから北陸新幹線に乗り換えの際は

エスカレーターが上り専用でお客様にご不便をおかけしていたんですが

4月15日から下り専用に変わったそうです!

これはかなりありがたいですよね

20170428_110943~0120170428_110952~01






団体ツアーのお客様にますます便利な北陸へ

是非お越しくださいませ♪(笑)

立山黒部アルペンルート2日間♪

今年もアルペンルートの季節がやってきました!

ブログをチェックしたらは、去年は1日遅い4月29日出発だったようです

立山黒部アルペンルートツアー1日目♪
(2016年4月29日)

去年は立山ロープウェイで2時間待ったんだ・・・

今年はアルペンルートに行く29日がゴールデンウィーク初日なんですよね

かなり心配・・・


【1日目】

この日の観光は黒部峡谷トロッコ列車のみ

今月いっぱいまでは、宇奈月温泉〜笹平までの折り返し運転です

駅に着いてあまりに人が少なくてビックリしたね

ツアー客は我々40名と他社さんの7名のみ(笑)

1車両10名ほどの利用でラクラクでした♪

20170428_131015~0120170428_132743~01






P4280001~01P4280007~01






笹平駅は昨年同様、サービス精神旺盛でしたね

乗車時間が少ない分、駅で楽しんでもらおうと駅員さんはみんなテンション高め(笑)

今年は工夫を凝らした手作り看板が加わったので是非チェックです♪
(全線開通したらどこの駅に行くんやろ・・・)

P4280010~01P4280011~01







【2日目】

混雑を予想していつもより15分早目にホテルを出たんですが

そこからツイいてる♪現象が次々と舞い込んできたんですよね

まず扇沢駅

たまたま1本前のトロリーバスに空きが出たので30分早くスタートできました

ツイてる〜♪

P4290012~01P4290013~01






さてさて、アルペンルートで一番の難所

立山ロープウェイの待ち時間は???

去年の2時間に対して今回はなんと30分!!

駅員さんが言うには、このあとの時間帯から混んでくるんだとか


ツイてる〜♪♪

P4290015~01P4290017~01






そして皆さんお待ちかねの雪の大谷ウォーク

今年の最高地点は去年より2mほど高い19mだそうです

P4290020~01P4290019~01






P4290021~01P4290039~01






P4290045~01P4290047~01






室堂では2時間ほど滞在しましたが

予報通り天気は次第に悪化して、最後の方は吹雪いてくる始末

実はこのあと14時頃に雪の大谷は中止になったんですよね

我々は13時に室堂を出たので影響がありませんでした

ツイてる〜♪♪♪

P4290058~01P4290053~01






20170429_122114~0120170429_122043~01







この日のツイてるオンパレードの締めくくりは室堂からの高原バス

なんと天井までガラス貼りの特別仕様のバスに乗ることができました

これアルペンルートに1台走っていない超レアなバスなんですって

P4290064~01P4290067~01






どんだけツイてるんや〜♪♪♪♪

ってお客様も添乗員も笑いが止まりませんでした(笑)

あまりにツキすぎてて怖いわ!!

こりゃ帰りの新幹線かサンダーバードで絶対トラブルあるやろ!

と覚悟をしていましたが、何事もなく平穏に大阪まで帰ってこれました♪

20170429_174722~01富山駅では

まったりスタバで報告書をかけるほど余裕があったし♪
(ちなみに去年は秘策を使ってもギリギリだった)



出発を早めようとアドバイスをしてくれたドライバーさん

それにご協力頂いたホテルのスタッフとお客様に感謝です♪

さてさて、今年は何回アルペンルートに行くのやら?

読書部・3月のお買い上げ一覧

気がつけば4月も後半に突入しましたね

今年はお花見ツアーにまだ1本も行っていないし

プライベートでも満開の桜を見ていない・・・

一番春を感じるのはFM802から流れてくる

春のアクセスキャンペーンソングくらいかな?


あ、今月の12日から専門学校の授業が始まったんですけど

校内の学生の多さにも春を感じました(笑)


さてさて、3月に購入した本の紹介です

20170417_224153~011月2月はちょっと欲張って買い込みすぎたので

3月は4冊のみでした







右上から時計回りに紹介していくと

■「神話のおへそ 古語拾遺編」(扶桑社)
・・・神社検定2級のテキストです
何が書かれているか2割りくらいしか理解できません(涙)
そもそも漢字の読み方が難ししすぎ!!
2級はやっぱりムリなのか・・・・・・

■「朝5分!読むだけで文章力がグッと上がる本」(ナガオカ文庫)
・・・ベトナムに行く機内で読もうと購入したんですけど
行きは後輩と同じフライトで席が隣だったので全然読めなかった(笑)
ベトナムから帰ってきたあと全部読みましたが
内容は自分が今までブログを書く上で注意していることばかり
あんまり読みごたえはありませんでした・・・

■「自分の考えを5分でまとめ3分で伝える技術」(中経の文庫)
・・・たまたまですけど、この本にもタイトルに“5分”って入ってる!!
まだ半分くらいしか読んでいないんですが
内容の前に著者の書き方が上から目線で読んでいて気分が悪い・・
文章力がグッと上がる本でも読んで欲しいものです(笑)

■「感情的にならない本」(新講社)
先日会社で感情的になってしまったので反省して購入した1冊(笑)
早く読まなきゃ!!


とこんな感じで3月は歴史や神話関係ではなく

学校のお仕事を意識してビジネス書メインのラインナップでした

授業で生かせそうなお勧めの本があったら教えてくださーい!


↓今年のFM802・春のキャンペーンソング
■「STAY TUNE」/Buzz Connections 
ミュージックビデオ(ショート・バージョン)  

加賀屋で過ごす優雅な休日2日間♪

大谷山荘に引き続き

和倉温泉の名旅館「加賀屋」で優雅な休日

いや、優雅なお仕事をしてきました(笑)

1日目】

特急サンダーバードで和倉温泉駅に向かうのみ

ちょうどこの日は加賀屋さんで新卒者の最終面接が行われていたようで

ロビーにはリクルートスーツを着た学生さんがたくさん

さらに今年の新入社員も研修で現場に出ていたので

ホテル内はかなりフレッシュな雰囲気に包まれていました

このあたりの桜もちょうど見頃だったので

ホテルの中も外もまさしく春爛漫!といった感じ♪
P4160009~01P4160010~01






P4160019~01P4160024~01






P4160026~01P4160028~01







【2日目】

和倉温泉駅から穴水駅まで“のと鉄道”の観光列車“里山里海号”に乗車

車掌から七尾湾や能登島の景色をのんびり楽しむ観光列車です
P4170030~01P4170031~01






P4170055~01Fotor_149243820410375~01






車両はオレンジ色のシートの“里山号”

ブルーのシートの“里海号”の2両編成

まだ2015年にデビューしたばかりなので綺麗ですね

車内ではアテンダントさんがテンション高めに案内をしてくれます
Fotor_149243805787063~01Fotor_149243807095910~01






指定席番号もありますが、この日は里海号を団体用に空けておいてくれました♪

車内には関連グッズやちょっとしたお土産の販売やスタンプコーナーあり
P4170033~01P4170037~01






P4170042~01Fotor_149243822495584~01






“能登中島駅”では下車して“駅マルシェ”と呼ばれる売店でお土産を買ったり

珍しい“郵便車「オユ10」”の見学などができます
P4170053~01P4170050~01






“能登鹿島駅”は別名“能登さくら駅”と呼ばれている桜の名所

満開の桜のトンネルが見事でした♪
P4170064~01P4170063~01






穴水駅まで約50分の観光列車の旅を満喫したあとは

輪島の朝市

そして七尾フィッシャーマンズワーフ“食祭市場”で昼食
P4170099~0120170417_130317~01






食後は高岡大仏を見て新高岡駅から北陸新幹線&サンダーバードで大阪へ
P4170101~01P4170104~01






新高岡駅から帰るのって珍しいなー

駅弁が買えるか心配でしたが、富山駅同様に源さんのお店が改札横にありました♪
20170417_160953~01Fotor_149243831312612~01






あとはセブンイレブンくらいかな?

新高岡駅は珍しく改札の外にも待合室があったので添乗員としてはありがたかったです
Fotor_149243833676289~01Fotor_149243835129874~01






この日は天気予報通り午後から天気が悪化

関西では台風並みに大荒れになるらしい

Screenshot_20170417-204053~01~01大阪では大雨・洪水警報

さらに雷・強風・波浪注意報

警報&注意報のフルコースです(笑)


ただでさえ風に弱いサンダーバード

JRの車掌さんも運休を覚悟していたようですが

なんとか20分遅れで帰ってこれました♪



話は変わりますが・・・
20170417_150432~01高岡の道の駅“万葉の里”でこんなパンを発見

その名も“頭脳パン”!!!

食べたら頭が良くなるのかな?


しかも“頭脳パン連盟”って・・・(笑)

松山のソウルフード“鍋焼きうどん”を食べ比べ?

今日は島旅の1日目と3日目に食べた“鍋焼きうどん”のお話し

伊予鉄の松山市駅の地下には“まつちかタウン”って地下街があります

こじんまりした地下街ですが、飲食店もパラパラ

1日目のお昼はここで牡蠣が入った鍋焼きうどんと鯛めしのおにぎりを食べたんですが

料理の味・お店の雰囲気・店員さんの接客態度

清々しいくらい3つ揃ってまずかった・・・(涙)

P3230026~01P3230030~01








気を取り直して3日目♪

松山は地下の商店街は小規模ですが、地上には立派な商店街が2つありました

↓こちらは松山市駅からすぐアクセスできる“銀天街(ぎんてんがい)”
Fotor_149049104889175~01Fotor_149049107543973~01






ちょっと横幅は狭いです




↓こちらは銀天街の先にある“大街道(おおかいどう)”

Fotor_14904909979147~01Fotor_149049098251667~01






今回の島旅レポートでも何回も出てきていますよね(笑)

“大街道”は松山散策では外せないキーワードなのです!

商店街も大きくてかなり賑わっていました


さて、この銀天街から大街道に向かう途中に鍋焼きうどんの名店が2つあります

お店の名前は「ことり」と「アサヒ」

検索サイトで「松山 鍋焼きうどん」で検索したら、必ずどちらかがヒットします
(自分が持ってる「るるぶ四国」には「アサヒ」が載ってた)


別にどちらでも良かったんですが、まず「ことり」へ

閉店時間の1時間前だというのに閉まってるやん・・・

うどんがなくなり次第終了みたいです・・・

P3250101~01P3250102~01







ということで、すぐ近くの「アサヒ」へ
(ほんとに数歩しか離れていない)

こっちはまだ営業していたので並んで食べてみました
Fotor_149049094400958~0120170325_131907~01







メニューは
■鍋焼きうどん:550円
■鍋焼きうどん(玉子あり):600円

あとはいなり寿司のみ!
20170325_132029~01~0120170325_132849~01~01






Fotor_149049091931071~01今回は玉子入りといなり寿司を頼んでみました

ここのいなり寿司は人気なようで、このあとすぐ売り切れていました





さて、お味の方は・・・

甘い!!

めっちゃ甘い!!

まぁ松山の鍋焼きうどんはダシが甘くてうどんにコシがないのが有名だそうですが
(「ことり」より「アサヒ」のほうが甘いそうです)


それにしても甘すぎ!!

お肉はさらに甘くて何食べてんだか分からない程


ちなみに松山って“鍋やきうどん”が有名なんですね

今回の島旅ではじめて知りました(笑)


ネットの情報とか見ていると、みんな「懐かし味」とか

「具に使われている練り物が上質」とかいって絶賛しているんですけど

個人的には全然口に合わない味でした(涙)

アルミの食器は違う意味で味がありましたが・・・(笑)

お店の雰囲気とかは良かったんだけどな〜♪

お店の方も親切だったし♪


せっかくなので次回、松山へ行った際は「ことり」へ!

といきたいところですが・・・



たぶん食べない(笑)

何もないと思っていた高浜で絶品ちゃんぽんと絶景スイーツを満喫♪

すっかり先日の島旅の昼食ネタをアップするのを忘れておりましたー(涙)

今さらですが・・・

本日は島旅2日目に食べた昼食のお話しです

〜おさらい〜
島旅部・春のひとり合宿・2日目【興居島編】♪
島旅部・春のひとり合宿・2日目【中島編】♪


興居島(ごごしま)から高浜に戻ったあと、次に向かう中島行きの船まで時間があったので

高浜周辺でランチタイムをとりました

高浜港は待合室に売店すらないし

伊予鉄道の高浜駅には小さな売店と本屋のみ

飲食店といえば

道路沿いにみるからに不定休な小さいお店が数軒点在している程度です・・・
Fotor_149049595727541~01Fotor_149049594097460~01






今回利用した港は高浜港ですが

ちょっと離れた場所に“松山観光港”という港があるらしく

そっちの方が栄えているんだとか

駅から観光港まで送迎バスが100円で運行していますが

歩けそうな距離だったので歩いてみました(笑)
Fotor_149042745094999~01Fotor_149049601098079~01







で、その途中で“博多ちゃんぽん てっちゃん”ってお店を発見

んー・・・観光港まで我慢するか迷う・・・

でも地元の人がお店に吸い寄せられている様子を見て

間違いない!と判断!!

その判断は間違ってはなかったね♪

看板メニューの“博多ちゃんぽん”をオーダーしたんですけど

めっちゃ美味しかったし、お店の方もフレンドリーでした♪
Fotor_149049117772175~01Fotor_149049116133093~01







お腹は満たされましたがせっかくなので観光港まで行ってみましょう♪

こちらが“松山観光港ターミナル”

なかなか立派ですやん!!

外観が仙台空港っぽい(笑)
Fotor_149049602744128~01P3240217~01






2階にオシャレなカフェがあったので入ってみました

お店の名前は“99  tsukumo harborterrace(ツクモハーバーテラス)”

隣に結婚式場があるだけあって、めっちゃオシャレ

リュック姿の小汚い格好の男子はちょっと入りずらい雰囲気です♪

Fotor_149040137094047~01Fotor_149040141579246~01






99っていうのは港の沖に浮かぶ無人島、“九十九島”が由来

本来は「くじゅうくしま」と読むそうですが

地元では「すくもじま」とか「つくもじま」と呼んでいるそうです

P3240223~01P3240222~01






お店から九十九島を眺めながらのんびりカフェタイム♪

よく見たらロールケーキにもちゃんと99の文字が!(笑)
Fotor_14904280234006~01Fotor_149066772469016






ここでまったりしたおかげで

次の中島行きのフェリーに乗り損ねかけたのはここだけの話し

せっかく美味しいロールケーキを食べたのに

全部吐きそうなほどこのあと高浜港までダッシュしたのでした・・・
(高浜港〜松山観光港は普通に歩いた15分くらいかな?)

宮島の名店「和田」であなごめしを食べてきました♪

今回の大谷山荘ツアーでは1日目の昼食は宮島で完全自由食

宮島でフリー食だとだいたいお好み焼きの“ももちゃん”が自分の中では定番なんですが

今回はちょっと奮発して“あなごめし”の名店“和田”へ行ってきました

検索サイトで「宮島 あなごめし」と検索すると必ず上位に入ってくるお店です

今まで何度も何度も足を運んでいるんですが

毎回「完売しました」の札が・・・

今回も“平日とはいえ桜のシーズンだしムリだろーなー”

とダメ元で行ってみたんですが

奇跡的に待ち時間ゼロで入れました♪
P4100048~01P4100050~01






こちらが待望の“あなごめし”(1800円)

和田のメニューはこの“あなごめし”のみです(笑)
Fotor_149190484176517~01Fotor_149190568385060~01






あっさりめのタレと香ばしく焼いたホクホクのアナゴが絶妙♪

ちょっとご飯が硬めですが、上品な1杯でした

お店の場所がちょっと分かりにくいですが、是非ダメ元で足を運んでみてください!



あと島内では他に「ふじたや」「花菱」「まめだぬき」などが有名ですよね

いつか全部制覇してみたいです(笑)


でも宮島で“あなごめし”と言えばやっぱり「うえの」

“キングオブあなごめし”って感じですよね

数年前にプライベートで行ったときに食べたけど、確かに忘れれない味でした♪

お店が宮島口側なので、ツアーのお客様が買うのはちょっと難しいです・・・

2f1abf6eFotor_149190632286248







それにしてもあなごめしってほんと値段が高いですよね

お店で食べたら2000円はざら

“和田”の1800円も良心的な方です

“うえの”はお弁当でも1944円(レギュラーサイズ)ですからね


どこかにリーズナブルなアナゴめしはないかと探していたら

JR広島駅1階の名店街の“膳七(ぜんしち)”で“煮穴子弁当(712円)”を発見

試しに食べてみたんですけど、これはこれで美味しかったです♪

新幹線の中でビール片手に♪っていうことも考えてか

しっかりめの味付けでした

20170411_162439~01Fotor_149190571233133~01






20170411_162444~01牡蠣フライが入った

“広島デラックス弁当(864円)”もお得感がありますよね




今度行ったら買ってみよっと♪

大谷山荘で過ごす優雅な休日2日間♪

またまた大谷山荘1泊ツアーに行ってきました

前回(写真左)は厳島神社の大鳥居までは潮が引いていたので歩いて行けたんですが

今回(写真右)はそこまで潮が引いていませんでした

同じ時間帯なのに、3日でこんなに違うんですね

IMG_20170408_233319_089~01IMG_20170411_190714_675~01






桜はまだ綺麗に咲いていましたね

お天気は前回同様すっきりとはしていませんでしたが、綺麗な桜を楽しめました♪

今年の桜シーズンは雨が多いですが

寒い日も多いので少し長めに楽しめそうですね
P4100029~01P4100034~01






P4100036~01P4100043~01






2日目の昼食場所の長州苑さんでは毎度毎度飽きもせず

“豆乳ちゃんぽん”をオーダー

ここのちゃんぽん、めっちゃ美味しいのでオススメです!
20170411_131257~0120170411_132547~01







今回もバスガイドさんが同行だったので、色々と新しい発見がありました

皆さん、もみじ饅頭の元祖のお店ってご存じですか?

今まで何回も宮島に行っているのに、考えたこともなかったです(笑)

しかも元祖のお店は宮島島内にはないとのこと・・・

お店の名前は“高津堂(たかつどう)”といって

JR宮島駅から徒歩3分の場所にあるそうです

今回のツアーで帰りにトイレ休憩で入った“宮島SA(上り)”

あとJR広島駅1階の新幹線名店街の一番奥

“ユアーズふるさとコレクション”というコンビニみたいなお店に控えめに置いてありました

Fotor_14919050669346~01降り扱い店舗が少ないのでプレミア感がありますよね

甘さも大きさも控えめで“元祖”の風格を感じるもみじ饅頭でした





あ、元祖は“もみじ饅頭”じゃなくて“もみぢ饅頭”って書くそいうです(笑)


広島に行ったら“生もみじ”“揚げもみじ”、“もみクロ”など変わり種のもみじ饅頭もいいですが

元祖の味も試してみて下さいね

元祖もみぢ饅頭の高津堂(公式サイト)

広島駅で添乗員を悩ます横断禁止ゾーンとは?

今回の大谷山荘ツアーでは

珍しくバスガイドさん同行ツアーだったんですが

復路の新幹線も珍しく広島駅利用でした

で、バスを降りる際、ベテランガイドさんから

「バスを降りたらそのまま道路を渡っちゃいけんよ!

警備員のおっちゃんにめっちゃ怒られるけーなー」


とアドバイスを受けました

バスを降りたらそのまま駅構内に向かいたいところですが

バス駐車場と駅の間は【横断禁止】だそうです

P4080054~01Fotor_149164843612669~01






面倒ですが“お客様の安全”のため

後方の階段を利用して2階に上がりました

エスカレーターがないので大きな荷物の方などはEVを利用

P4080058~01P4080057~01






階段を上がって構内に入れば、目の前が新幹線の改札口です

すぐ横にお土産店を兼ねたコンビニがあります

ただお土産のメインは1階の名店街

カフェの横のエスカレーターから1階に降りたらそこはお土産パラダイス♪

お弁当も色々売っていますし、飲食店街もあります

トイレもこの名店街の中にあります

というか新幹線側でトイレに行こうと思ったら

改札を入らない限り、恐らくこの名店街の1階にしかないです
(かなり不便・・・)

広島駅はまだ工事をしているエリアが多いのでゴチャゴチャした印象ですね
(新大阪駅みたい)

P4080070~01P4080071~01






P4080073~01P4080075~01








しかしバスを降りてからほんとにみんな階段やEVを使ったているんだろうか?

バスを降りた場所に戻ってしばらく様子を見ていたんですが

他のツアー客はみんな横断してるし!!(笑)

P4080067~01P4080066~01







地元ホテルの送迎バスの運転手さんがいたのでちょっと聞いてみました

「ここってほんとは渡っちゃいけないんですよね?」

「みんな渡っとるよ! まぁ信号でも付けりゃーええのに」

「・・・・・・・・・」

善良なブログな添乗員の読者の添乗員さんは

“お客様の安全”のためにも

無理な横断はせずに、しっかり階段&EVで移動しましょうね


お客様から

「えーなんで渡らへんのーすぐそこやん」

ってブーブー言われそうですが・・・(涙)

大谷山荘で過ごす優雅な休日2日間♪

JR利用で長門湯本温泉(山口県)の名旅館

大谷山荘に1泊するツアーに行ってきました

ホテルがメインのコースなので行程はかなりゆったりでした♪

【1日目】

観光は“宮島”のみ

去年の秋ぶりの宮島でしたが

“宮島松大汽船”の受付場所が元の場所に戻っていました

「もうこのままずっとこの場所なんですか?」って聞いたら

「んー、、、あと数年は、、、」って・・・

この先、宮島口のターミナル自体がかなり大幅にリニューアルするみたいです

P4070001~01P4070003~01






あとフェリーに車両が1台でも載っている場合ですが

1階の車両甲板エリアの立ち入りが禁止になっていました
(階段の下はOK)
P4070004~01P4070017~01






この日は小雨まじりの天気でしたが、桜はほぼ満開でした♪
P4070014~01P4070007~01






宮島のあとは皆さまお待ちかねの大谷山荘へ

ホテル周辺の桜もちょうど見頃でした♪

P4080022~01Fotor_149164929669778






そう言えば前回、大谷山荘に御一泊した際

添乗員はヒドイところに飛ばされたんだ・・・

久々にヒドイとこに泊まりました
(2014年7月30日)

今回は同宿で快適でした♪



【2日目】

ゆっくり9時すぎにホテルを出発し、まずは萩へ

萩市内は城下町散策と松陰神社

こちらも桜が満開でした♪

Fotor_149164776131643~01Fotor_149164783090420~01






この日は銅像の清掃日だったのか

久坂玄瑞と高杉晋作がめっちゃゴシゴシされていました(笑)
Fotor_149164773542629~01Fotor_149164779580568~01






今日の昼食は瑠璃光寺

ここの桜が一番綺麗だったかな?

P4080045~01P4080051~01






今回のツアーはお花見ツアーではなかったんですが

各地で満開の桜が見れてお得な2日間でした♪

“さくらであい館”の展望台で背割堤の桜を満喫♪

今日は緊急桜情報をお届けします♪


京都府内でもここ数年、やたら人気が急上昇の桜の名所

京都府八幡市(やわたし)の背割堤(せわりてい)に行ってきました
(撮影日:2017年4月4日)

背割りは木津川と宇治川が合流して淀川になる間の堤防で

全長1.4キロにわたって248本の桜並木が続いています

なんと、ジョルダン(乗り換え案内サイト)のお花見ランキングでは

1位の目黒川、2位の新宿御苑に続いて

全国で第3位!

京都府内では

堂々の第1位!

になっているほど人気だそうです
(ほんまかいな・・・)

お花見人気ランキング(ジョルダン)


場所はどこにあるかというと

“おけいはん”こと京阪電車の八幡市駅が最寄り駅

先に言っておきますが、普段はあまり観光客とか来ないので

かなりしょぼい駅です
(コンビニはあります)


駅を出て左へ進み、踏切を渡りましょう

P4040086~01P4040087~01






少し歩くと木津川に架かる“御幸橋(ごこうばし)”が見えてきます
P4040088~01P4040090~01






この橋を渡る際、左側に見えているのが背割堤で

駅からは約15分ほどかな
(ビミョーに遠いです)

P4040092~01P4040091~01






観光バスの駐車場は堤防の付け根部分にあります
P4040096~01P4040097~01






屋台もけっこう出ていますね

小・中学校の同級生がパン売ってた(笑)
P4040098~01P4040099~01






さぁこちらが桜のトンネルのスタート地点

ここ数日寒かった影響でまだ“咲き始め”って感じでした・・・
Fotor_149129470266233~01Fotor_149129474488096~01






この場所は堤防の下が芝生の広場なので

家族連れや仲間同士でワイワイできるのがいいですね

昔、フリスビーして遊んだなー・・・
P4040112~01P4040115~01






Fotor_149129476068090~01ただ背割堤は普段は観光地ではないので

トイレの設備が少ないのが難点

駐車場や堤防の途中に仮設はありますが

やっぱり少ない印象を受けました・・・


さて、背割堤では桜並木を船上から楽しめる方法があるんです

遊覧船には2社ございまして

バス駐車場のすぐ横で受付をしているのが“Eボート”というお花見船

堤防の先まで片道運行(所要:約15分)

料金は大人:800円/小学生以下:500円

行きは船上から堤防を眺め、帰りは桜のトンネルの中を歩いて帰る

なかなか効率がいいですよね♪

随時運行ですが、定員が10名ほどなのでピーク時にはかなり待ち時間が出そう・・・

ちなみにEボートとはゴム製の大型カヌー

遊覧船というよりアトラクションみたいで楽しそうです♪

P4040124~01P4040126~01








駐車場の先端(下流側)にある受付は

“さくらであいクルーズ”というお花見船

こちらは同じ場所に戻ってくる遊覧コース(所要:約20分)です

料金は大人:1500円/小学生:500円
(大人料金、高すぎやろ・・・)

こちらは30名ほど乗れるというお話でした
(スタッフがやたら頼りなさげ・・・)

P4040120~01P4040119~01







さぁ今度は背割堤を上から見てみましょう!

P4040132~01今年の3月25日

背割堤が見下ろせる場所に“さくらであい館”という施設がオープンしたんです




中には綺麗なトイレや休憩スペースがあったり

土産やスムージーなどのドリンク類がちょこーーーーっと売っていました

P4040178~01P4040175~01






そして一番の目玉は高さ25mの展望台!

“さくらであいタワー”とか“やわタワー”とか愛称があると思ったんですが

名称とかは特にないんだとか
(この辺が八幡市らしい・・・)

ちなみに八幡市民は親しみを込めて

“八幡のスカイツリー”と呼んでいるそうです

料金は大人300円/小中学生100円
P4040172~01P4040137~01






下から見上げると大した高さじゃないですが

上がってみると、なかなかいい眺めですね♪

御幸橋の向こうに見える山は男山

中腹には日本三大八幡宮のひとつ、石清水八幡宮があります

ちなみに八幡市民は親しみを込めて

“はちまんさん”と呼んでいるそうです
(山も神社もひっくるめて)
P4040159~01P4040141~01






桜が満開になったら綺麗だろーなー♪
P4040142~01P4040143~01






あ、かなり遠望ですが京都タワーも見えますよ

京阪電車もオモチャみたいに見えるので鉄系の方も楽しめます♪
P4040145~01P4040162~01






下りは階段で降りてみました

解放感があって気持ちいい♪
(混雑時は利用できないそうです)
P4040161~01P4040167~01






あと2・3日もすれば満開を迎えそうですが

週末は天気が悪い予報なんですよね・・・

満開の時期に行かれた方はぜひ、インスタかどこかにアップしてくださーい(笑)


Fotor_149128865186218~01帰りに駅のそばでこんなのぼりを発見

「やわたお見合いコン」

桜よりこっちが気になるかも・・・(笑)



淀川三川合流域 さくらであい館(公式サイト)

こだわりのベトナム縦断ツアー5・6日目♪

ツアー5日目はベトナムツアーのハイライト“ハロン湾クルーズ”へ

朝から天気が良かったので気持ちよく約3時間のクルーズを満喫しました♪

P4020011~01P4020027~01






P4020021~01P4020014~01






P4020025~01P4020023~01






あ、クルーズ中にもこだわりポイントがありましたよ!

今回のツアーでは船内にアオザイなど民族衣装を積み込んでいて

無料でレンタルして写真が撮れたんです

女性のお客様はかなりテンション上がってた(笑)

P4020005~01P4020003~01






食事も1人1匹に花蟹(ワタリガニ)付き♪

シャコ同様、食べる身は少ないけど美味しかったです
P4020029~01P4020033~01






クルーズのあと

また4時間かけてハノイ市内へ戻ったあとは・・・

いつもならトイレを我慢しながらの市内観光ですが

今回はオシャレなカフェで“ベトナムコーヒー”か“ミックスチェー”の選べるおやつタイム

“チェー”はベトナム風ぜんざいってことですが

ぜんざいというより“あんみつ”に近いかな?

4時間のバス移動のあとでしょ

疲れたカラダにチェーのさっぱりした甘さが染みわたりました♪

さすがこだわりツアー

気が利くわ(笑)

P4020034~01P4020035~01






P4020036~01P4020037~01







市内観光にもこだわりポイントが!

電動カートでらくらく市内散策♪

街の活気をダイジェスト版みたいに短時間で垣間見れたので面白かったです

カートで一般道を走るから、開放感やスリルもあったし♪
P4020040~01P4020046~01






P4020045~01P4020047~01






この日は日曜日だったのでホアンキエム湖周辺はすごい人だったなー

変なドラえもんみたいなのもおった(笑)
P4020051~01P4020054~01






P4020058~01ハノイ大聖堂を見学したあとは

ばら撒き用のお土産を買いに“地元のスーパー”へ

ツアーの行程に地元のスーパーとか珍しいですよね
(現地ガイドさんがめっちゃ嫌がりそうだけど・・・)

レストランで支払っているビール代がバカらしくなるほど安い(笑)

ちなみにレストランのビールはだいたい4万ドン(約200円)〜6万ドン(約300円)くらい

一方、スーパーの缶ビールは約1ドン(約50円)でした
P4020062~01P4020066~01






ツアー最後の観光は水上人形劇で締めくくり
P4020063~0120170402_211540~01






最後の夕食は高級感漂うレストラン“ワイルドロータス”

ツアーで行くには申し訳ないほど落ち着いた雰囲気のお店でした♪

さすが料理にうるさいこだわりツアー

最後の最後までこだわりを感じる内容でございました
P4020069~01P4020073~01






20170403_050155~01復路便はハノイ0:30発のVN330便

今年の新年を迎えた時と同じ便で大阪に帰ってきました




関西空港には予定通り6時30分着

朝が早い帰着だったので帰りにTSUTAYAでベトナム戦争絡みのDVDを借りて帰りました

初日にホーチミンで行った戦証博物館でベトナム戦争の資料を見ていたら

無性にベトナム戦争が気になったので・・・


メル・ギブソン主演の「ワンス・アンド・フォーエバー」って作品を借りるつもりが

貸出中だったので、オリバーストーン監督の「プラトーン」を借りました

IMG_20170406_222210_111~011986年公開なのでけっこう昔の作品です

最近の戦争映画のように派手な戦闘シーンなどは少なく

アメリカ兵の精神状態を通して戦争の虚しさが伝わってくる映画でした



そう言えばベトナムのガイドさんが言っていました

過去にベトナムとアメリカは激しい戦争をしたけれど

今はベトナム人はアメリカ人を憎んではいない

過去を憎んでもそこからは何も生まれなから

過去を振り返ることより未来がどうしたらよくなるかを優先に考えているのだそうです


ベトナムにご旅行の際は綺麗な景色や美味しい料理だけじゃなく

ベトナム人の前向きな姿勢も感じ取って帰りたいものですね

こだわりのベトナム縦断ツアー4日目♪

ツアー4日目はホイアンの市場を見学したあとダナンへ戻り

ダナンから空路でハノイへ向かいました

P4010011~01P4010017~01






P4010018~01P4010025~01






P4010019~01P4010023~01






ダナン&ホイアンでお世話になったバスと現地ガイドさんともお別れです

あ、この右側の男性は何者かって?

どう見てもダフ屋かチンピラにしか見えませんが

こう見えても現地ガイド(笑)

こう見えてめっちゃ日本オタク(笑)

こう見えて名前はルン♪(笑)

日本の知識が日本人以上!とお客様からも大絶賛でした
P4010026~01IMG_20170402_010348_474~01






P4010031~01P4010033~01






さて、ハノイへ到着したあとはターミナル4階でランチタイム

バインミー(ベトナム風サンドイッチ)は見た目以上に食べ応えがあって意外と好評でした
P4010034~01P4010036~01






今日からお世話になる現地ガイドのロンさん

見た目もまじめそうですが

バス車内ではパワポを使って説明をするなどかなりインテリ系

ルンちゃんとキャラ違いすぎ(笑)
Fotor_149106449099636~01P4010041~01






P4010042~01今日はハノイからハロン湾へ移動のみ

なんせ4時間ほどかかりますからね・・・

ホテルに着いたらすぐ夕食です


この日の夕食は、和食、洋食、ベトナム料理からチョイスできます♪

さすが料理にうるさいこだわりツアー♪

P4010043~01P4010044~01






17名中、洋食が2名で和食が15名

結局ベトナム料理をチョイスしたのは

添乗員さん1名だけなのでした・・・・・・・
旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
funa888◆gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・