ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

2019年11月

毘沙門堂と瑠璃光院ツアー2日目♪

ツアー2日目

いよいよこの秋最大の山場

“瑠璃光院”

下見で行ってからかなり凹んでいた観光地です・・・

瑠璃光院(の手前まで)行って来ました♪
(2019年11月26日)

前日の夜にこんなネットニュースを見てしまったので

嫌な予感はしていましたが・・・

Screenshot_20191202_223239






やっぱり混んでた(笑)

8時半過ぎに到着したんですが

既にチケット売り場には人が溢れ返っていました

でもスタートが10時から8時半に前倒しになっていたので

9時40分集合のチケットをゲット♪

Fotor_157510357739513-1024x768Fotor_157510359986318-1024x768






いったん解散して1時間ほどフリータイム

もう少し長ければ“蓮華寺”“崇導神社”へ案内しようと思いましたが

これくらいだったら“もみじの小径”をブラブラ程度ですかね

この辺りは京都検定のフィールドワークでも来たし

京都散歩・コース32【八瀬もみじの小径・崇導神社】
(2018年12月1日)

先日の日帰りバスツアーでも来ているのでネタはいっぱいある(笑)

京都の隠れた紅葉めぐりツアー♪【前半】
(2019年11月24日)
Fotor_157510361850725-1024x768Fotor_157529429899495-1024x768






さぁ、いよいよ京都で今一番待ち時間の長い(?)観光地

瑠璃光院へ
Fotor_157512080830737-1024x768Fotor_157510363565094-1024x768






現在は岐阜市にあるお寺の支院ということになっていますが
(浄土真宗で本尊は阿弥陀如来)

元々は別荘として建てられた数寄屋造りの建物です
(三条実美ゆかりの別荘なのでめちゃ立派)

色々と謎が多くて実態がよくわからない施設ですね・・・
(そもそもなんで岐阜県の寺の支院やねん)

靴を脱いで建物内から庭園を見学します
Fotor_157510365375099-1024x768Fotor_157510368027653-1024x768






SNSなどで話題になっている画像は書院の2階

ピカピカに研かれた大きな机に

窓の外の紅葉を反射させて撮影しています
Fotor_157510385716119-1024x768Fotor_157639312807464-1024x768






立って撮るより下から撮った方が映えるので

机にカメラやスマホが置ける前列が人気(笑)

順番に変わってもらえるよう係員さんが声掛けをしていました
(中でも角っこが一番激戦区)
Fotor_15751206414297-1024x768Fotor_157512059773730-1024x768






館内は写経する場所があったり

かま風呂を見学したりと、意外と見る場所がありますね
Fotor_157512066332216-1024x768Fotor_157512068057982-1024x768






お庭も“山露地の庭”“瑠璃の庭”“臥龍の庭”

3つのお庭が楽しめました
(どこがどの庭かわからんけど・・・)
Fotor_157512072960173-1024x768Fotor_157512070531914-1024x768






所要時間は1時間くらいがちょうどいいかな?
(滞在時間の制限はありません)

11時前にチケット売り場の前を通ったら

朝よりはるかに混んでた!!
(昼にはチケットが完売したそうです)
Fotor_157512085836538-1024x768







朝、早めにホテルを出発したおかげで昼食までに時間があったので

大原の“寂光院”へ急遽ご案内することになりました

先日、下見のついでに来といて良かった〜♪

京都散歩・コース34【来迎院・寂光院】
(2019年11月16日)

立ち入りはできませんが

“孤雲庭園”と呼ばれるお庭の紅葉が綺麗でした♪
(写真右下)
Fotor_157512088211054-1024x768Fotor_157512100563232-1024x768






Fotor_157512096444874-1024x768Fotor_15751209835418-1024x768






お昼は三千院の前にある“芹生(せりょう)”さんで

期間限定の三千草弁当
Fotor_157512111587556-1024x768Fotor_157512107616988-1024x768






午後の観光は

“宝泉院”“勝林院”“三千院”

先日の日帰りバスツアーと同じような内容でした

仁和寺と大原・三千院ツアー♪
(2019年11月17日)
Fotor_157512114140474-1024x768Fotor_157512116451330-1024x768






Fotor_157512119624337-1024x768






これにて行程は全て終了

大原から京都駅までは渋滞したので90分ほどかかりましたが

なんとか予定の帰着時間ピッタリに帰ってくることができました♪

早めのホテル出発にご理解頂いたお客様に感謝です



さて、今回のツアーは

「大型バスでは行けないなんちゃらかんちゃら」

ってツアーだったので

ヤサカさんの観光タクシーを利用
(一部で中型バスに乗り換えましたが)

ヤサカタクシーのドライバーさんは

接客も丁寧だし知識も豊富で尊敬します

Fotor_157512105936263-1024x768






思い起こせば昨年の春

ヤサカさんの観光タクシーで妙心寺に行ったのが

京都検定を受験するきっかけだったんですよね〜

あの時、ヤサカタクシーに乗っていなければ

今でも京都音痴の添乗員だったと思います

ヤサカタクシーの竜馬さんに感謝m(__)m

毘沙門堂と瑠璃光院ツアー1日目♪

東日本のお客様をお連れして京都の紅葉巡りに行ってきました

先日の下見の本番です(笑)

山科の毘沙門堂に行ってきました♪
(2019年11月25日)

京都駅を出発し、最初に向かったのは

山科の“毘沙門堂”

正直、上の紅葉は先日の下見の頃がピークでしたが

散った落ち葉のおかげで下の紅葉は見頃でした(笑)
Fotor_157502863378792-1024x768Fotor_157502865788336-1024x768






毘沙門堂は勅使門の前が

落ち葉の参道になる頃が映えるタイミングですからね♪
Fotor_157502894918287-1024x768Fotor_157502892086844-1024x768






下見で行って気にいった山科聖天

お客様にもご案内したら好評でした♪

こちらも落ち葉の参道が素敵ですね
Fotor_157502869233352-1024x768Fotor_157502871437048-1024x768






このあと“南禅寺”

南禅寺では“方丈庭園”“三門”がコースに入っていました
Fotor_157502901826141-1024x768Fotor_157502898020752-1024x768






チケット売り場が別々なので添乗員泣かせです・・・
Fotor_157502903439297-1024x768Fotor_157502905398964-1024x768






このあと歩いて“永観堂”

永観堂はいったん17時で閉門して

17時半から夜間拝観がスタート

だから17時〜17時半の間は門の前にどんどん人がたまってきます

この日も金曜日だったのでかなりの混雑っぷりでした
(ツアー客は団体専用の勧学門から入れるので有利)
Fotor_15750290704599-1024x768Fotor_157502908684887-1024x768






永観堂は京都の中でも紅葉が長持ちしている印象

12月4日で終了してしまうのはもったいないです
Fotor_157502916500853-1024x768Fotor_157502921376551-1024x768






あ、開門前はあれだけ混み合っていた表門ですが

18時半にはこんな感じ(笑)

夜間拝観は遅い時間が狙いですよ

ちなみに閉門は21時です
(受付は20時半まで)
Fotor_157502923003112-1024x768






今夜の宿泊は

ANAクラウンプラザホテル京都

二条城が目の前のホテルです
Fotor_157502926517493-1024x768Fotor_157502925094374-1024x768






添乗員さんは夕食をたべに堀川御池にある

“七福神ラーメン”

スタッフが4人働いていましたが

4人とも外国人でビックリした(笑)
Fotor_157502930909062-1024x768Fotor_157502932755635-1024x768






食後、散歩をかねて

あの金ぴか神社にも行ってみました

金ピカの鳥居が輝く神社って知ってる?
(2018年11月14日)
Fotor_157502928779241-1024x768Fotor_157502935253155-1024x768






無人なのにこの明るさ(笑)

潤ってるんやろな〜


先日行った行事神社と同じ神様を祀っているのに

この差は何???(笑)
Fotor_157483255352712-1024x768Fotor_157483272637311-1024x768






芸能界も神社界も

プロデュース力が大事ってことでしょうか

個人的には行事神社の方がよっぽどご利益ありそうに思えますけどね・・・

坂本東照宮とラーメン一徹♪

日吉大社を満喫したあと

“日吉東照宮”って看板が目に入ったので行ってみました

こんなところに東照宮があったんや!!

日吉大社からケーブルのりばと比叡山高校の前を通り過ぎ

約15分ほどで到着
Fotor_157467237996775-1024x768Fotor_157467243956288-1024x768






門は閉まっていましたが

土日祝の9時〜16時半までは中に入れるみたいです
(有料で200円)

規模は小さいですが、日光東照宮に先立って

あの天海僧正によって建てられた由緒あるお社なのです!

(日光東照宮のプロトタイプってところでしょうか)
Fotor_157467239611550-1024x768Fotor_157467242155995-1024x768






ここから見る景色もなかなかいいですね♪
Fotor_157467246041347-1024x768




 

帰りはJRの比叡山坂本駅から帰ることにしました

駅前にあった“ラーメン一徹”ってお店で

味噌ラーメン(730円)を食べたんですが

けっこう美味しかったです

麺が細めのちぢれ麺なのと

細かく切ってあるチャーシューが個人的に気に入りました
Fotor_15745191429669-1024x768Fotor_157451915580595-1024x768






日本全国ご当地麺ランキングで

札幌ラーメン部門で1位になったそうですよ

日吉大社の参拝の帰りにオススメです♪

日吉大社に行ってきました♪【東本宮・金大巌編】

西本宮から神輿収蔵庫経由で東本宮へ

東本宮は楼門の内側に2つのお社があります
Fotor_157451512771169-1024x768Fotor_157451514681669-1024x768






まず入って左側が樹下(じゅげ)社

御祭神は鴨玉依姫神(かもたまよりひめのかみ)

やっぱりこっちの社殿にも木像の狛犬がいるんやね
IMG_20191115_143233-1024x768IMG_20191115_143216-1024x768






奥にあるのが東本宮本殿(国宝)

御祭神は大山咋神(おおやまくいのかみ)

狛犬が寄り目で迫力に欠ける・・・
IMG_20191115_143343-1024x768IMG_20191115_143508-1024x768






東本宮の方が西に比べて煌びやかな印象でした
(創建も東本宮の方が新しい)
IMG_20191115_143324-1024x768






さて、ここまでは前置き(笑)

あのガイドブックに載っていた景色は

標高381mの八王子山を登らないと見れません

山の中腹にあるお社を目指すのですが

片道30分ほどかかるので

登山口には遥拝所も置かれていました
(写真左下)
Fotor_157451819698759-1024x768Fotor_157451836318426-1024x768






30分がどーとかより

勾配が急でめっちゃしんどいんですけど!!!

ヒーヒー言いながら登っていくと

山の斜面に2つの社殿が見えてきました
Fotor_15745183792881-1024x768Fotor_157451839474244-1024x768






向かって左が

三宮(さんのみや)神社本殿(重文)

御祭神は鴨玉依姫神の荒魂

右側が

牛尾(うしお)神社本殿(重文)

御祭神は大山咋神の荒魂

そして中央にそびえるのが

“金大巌(こがねのおおいわ)”

見るからにご神体!(笑)

見るからに磐座!(笑)

日吉大社の信仰はこの岩から始まったそうです
Fotor_157451842528715-1024x768Fotor_157451857528035-1024x768






昔はもっと上まで行けたっぽいけど

今は社殿のところで通行止めになっていました

社殿と言っても倉庫みたいで誰もいない

お賽銭箱すら置いてありませんでした
Fotor_157451864132159-1024x768Fotor_157451859131657-1024x768






Fotor_157483229457066-1024x768Fotor_15748322769902-1024x768






ここから見下ろす坂本の町並みと琵琶湖が絶景!!
Fotor_157451874090368-1024x768Fotor_157451861079121-1024x768






ちょうど対岸に見える山は三上山(近江富士)ですね
Fotor_157451853374358-1024x768Fotor_157451850541666-1024x768






しかしすごい場所にたってるな・・・

清水の舞台に代表されるこの建築は

懸造り(かけづくり)と呼ぶそうです
(三徳山の投入堂とか)
Fotor_157451846637938-1024x768Fotor_157451844903185-1024x768






Fotor_157451848576999-1024x768Fotor_15745189382865-1024x768






皆さんも是非、日吉大社へお参りの際は

頑張ってこの絶景に会いに来てくださいね

上には自販機も売店もトイレもないので

しっかり三九朗のよもぎ餅を食べて

エネルギーチャージをしてから登りましょう!
Fotor_157451879462799-768x1024








日吉大社に行ってきました♪【西本宮・神輿収蔵庫編】

2週間前の休日のお話しです

この日はどこにも出かないと決めていました
(このあとは秋の3連添だし骨休め)

部屋でFM802を聞きながら

“関西の神社をめぐる本”をパラパラめくっていると
(どんだけ神社仏閣好きやねん)

めっちゃいい景色のページを発見!

ここどこ?って見てみると


“日吉大社(滋賀県)”って書いてある

窓の外は快晴

このまま部屋でまったりするには勿体ない

これは行くしかないでしょ!

ってことで急いで昼食を済ませ

さっそく日吉大社(ひよしたいしゃ)へ向かいました♪
Fotor_157482161435332-1024x768Fotor_15738165312023-1024x768






行きはJRで大津京駅へ

たまたま乗った列車が

“忍者列車SHINOBI-TRAIN”でした
(地味に凝ったデザインです)
Fotor_157451527123545-1024x768Fotor_157451534506892-1024x768






大津京駅で京阪に乗り換えて

坂本比叡山口駅

車内も駅も全然人がいな〜い・・・

(ほとんどの観光客はJRの比叡山坂本駅を利用するしね)
Fotor_157451539252485-1024x768Fotor_157451540834520-1024x768






日吉大社は大きく分けて

西本宮・東本宮に分かれています
IMG_20191115_135244-1024x768IMG_20191115_135314-1024x768






日吉大社は神社には珍しく有料

西本宮と東本宮

それぞれの入り口に受付が設けられていました
(入苑料と呼んでいます)

まずは一般的なルートに沿って西本宮から入ってみました
IMG_20191115_135503-1024x768IMG_20191115_135703-1024x768






こちらが日吉大社のシンボル、山王(さんのう)鳥居
Fotor_157451445825255-1024x768Fotor_157451444170323-1024x768






日吉大社は猿が神使なので猿もおりました
(わざわざ飼わなくてもその辺にいそうですが)

神猿と書いて“まさる”と読みます
IMG_20191115_140145-1024x768IMG_20191115_140151-1024x768






こちらが西本宮楼門(重文)

屋根の下には4匹の“棟持ち猿”が屋根を支えています
(神様のお遣いなのに重労働・・・)
Fotor_157451498703341-1024x768Fotor_157451922473455-1024x769






本殿の前の拝殿も立派ですね

天井の造りもめちゃ繊細
IMG_20191115_140719-1024x768IMG_20191115_140757-1024x768






こちらが西本宮本殿(国宝)

御祭神は大己貴神(おおなむちのかみ)

大きな木像の獅子がインパクト大ですね!
(文殊菩薩を乗せたい!)
IMG_20191115_140620-1024x768Fotor_157451501033616-1024x768






本殿側から楼門を振り返ったところ

建築美にウットリ♪
Fotor_15745150385105-1024x768






西本宮と東本宮の間には摂社・末社がたくさんあって

“山王二十一社”と呼ばれています
(その昔は百八もあったとか)

上七社・中七社・下七社ってランクがあるんですが

その中でも大きいのが

“宇佐社”

御祭神は田心姫神(たごりひめのかみ)

西本宮・東本宮と同じ

“日吉(ひえ)造り”という独特の建築スタイル
(どの辺が独特かよくわかりません・・・)
IMG_20191115_141734-1024x768IMG_20191115_141714-1024x768






“白山社”

御祭神は菊理姫神(くくりひめのかみ)

日吉造りではないですが、向拝が長くてカッコいい!
(それくらいしか違いがわからん)
IMG_20191115_141934-1024x768IMG_20191115_141859-1024x768






西本宮から東本宮へ向かう途中に

“神輿収蔵庫”があります

山王祭りで使う神輿が納められていました

ここは必見!!

神輿でこんなテンション上がったの初めてですね(笑)

ほんとしびれるくらい立派でした
Fotor_157451640649990-1024x768Fotor_157451632143531-1024x768






山王二十一社のうちの上七社の7基の神輿が勢ぞろい
Fotor_157451637054517-1024x768Fotor_157451635192316-1024x768






ここの神輿が神輿の発祥って説もあるんですよね
(あれ、宇佐でも同じような説があったけど)

この鳳凰、どうみてもケルビムにしか見えん!!(笑)

※ケルビム=失われたアークの上に飾られていた黄金の天使像
Fotor_157451642969571-1024x768Fotor_157451648212849-1024x768






あと日吉大社のお土産としては

JRと京阪の間の参道にお店を構える

“三九朗(さんくろう)”のよもぎ餅が有名だそうです

西本宮楼門前にある日吉茶屋でも販売していました

東本宮の参拝後に食べてみましたが

めっちゃ美味しかったです♪

なくなり次第販売終了なのでお早めに〜
Fotor_157451912454672-1024x768

行事神社に行ってきました♪

太郎坊宮の帰り

どうしても気になる場所があったので

JR野洲駅で下車しました

Fotor_157483247762426-1024x768






先日の湖東三山と湖南三山ツアーの2日目

昼食場所の沙羅さんに向かう途中

たまたま前を通った神社です

湖東三山と湖南三山ツアー2日目♪【前半】
(2019年11月21日)

それがこちら

行事(ぎょうじ)神社

野洲駅からは徒歩で約10分

先日、バスでこの前を通った時

えっ?なにこれ???

ってなったんです
Fotor_15748325303807-1024x768






これこれ、そうこの手水舎の亀

じゃなくて・・・

鳥居の奥!

なんか飾ってるでしょ!
Fotor_157483255352712-1024x768Fotor_15748325979143-1024x768






これですよこれ!

なんですかこのアマゾンの少数民族の村とかに飾られてそうな飾りは?

注連縄にしてはデザインが奇抜すぎるし・・・
Fotor_157483258031882-1024x768






ホラー映画の

「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」でこんなシーンあったよね・・・

実はこの飾り

村などに悪霊が入ってこないようにするおまじないの一種

“道切り”とか“勧請縄”・“勧請吊り”と呼ぶそうで

昔は日本各地で行われていたんですって

中央の飾りは“トリクグラズ”と呼ばれる飾り

この行事神社では4本の竹串を縦横斜めに並べて

中央の木片の上部に“上”と書かれていました

神社によってこの飾り付けは異なるそうです
Fotor_157483263465929-1024x768Fotor_157483265830575-1024x768






Fotor_157483270197646-1024x768Fotor_157483268391435-1024x768






ちなみにご本殿はこんな感じ

御祭神は“金山昆古神(かなやまびこのかみ)”

鉱山の神さまで金運アップで人気の神さまです

京都ではここで祀られていましたね↓
金ピカの鳥居が輝く神社って知ってる?
(2018年11月14日)
Fotor_157483274451021-1024x768Fotor_157483272637311-1024x768






裏からみた勧請縄

ん〜こんな風習があったとはね

神社検定のテキストにも載っていなかったはず

いい勉強になりました
Fotor_157483284321429-1024x768Fotor_157483280907585-1024x768






湖南地方にはこの勧請縄が飾られている神社が数多くあるそうで

それをまとめたサイトや本も存在していました(笑)

五芒星や六芒星の“トリクグラズ”があったり

なんだか色んな勧請縄をめぐる旅も面白そうですね

そのうちダムカードやマンホールカードに対抗して

“勧請縄カード”とか出てくるかも♪
(それはないか・・・)


余談ですが

この行事神社の横には

“背比べ地蔵”と呼ばれるお地蔵さんが祀られていました
Fotor_157483249293194-1024x768Fotor_157483251496792-1024x768






この2体の石仏は鎌倉時代のもので

右が背比べ地蔵、左が阿弥陀如来

乳児の死亡率が高かった当時

このお地蔵さんくらいまで育てば、あとはよく育つ

と言われたことから

“背比べ地蔵”と呼ばれるようになったそうです

恵まれた現代に生まれたことに感謝ですね

さぁ、夕日も沈んでしまいましたが

もう1ヶ所だけ行きたいところが・・・
Fotor_157483278119136-1024x768






それがこちら

大行事(だいぎょうじ)神社

行事神社と名前が似ている神社なので

気になって行ってみただけです(笑)

行事神社からは地味に20分ほどかかりました・・・
Fotor_157483292161239-1024x768






円光寺呼ばれる天台宗のお寺の隣にある神社です

こちらは特に勧請縄は飾られていませんでした
(どないやねん!!)
Fotor_157483308121074-1024x768Fotor_157483298919733-1024x768






写真は修整して明るくしていますが

実際はかなり薄暗かったので

けっこう不気味な雰囲気でした・・・

御祭神は“高皇産霊神(たかみむすびのかみ)”

古事記では2番目に登場するめっちゃ偉い神様です
Fotor_157483309661435-1024x768Fotor_157483311265612-1024x768






行事神社と関連性があると思っていったんだけど

名前以外に関連性がまったく見つからない・・・

ちなみに“大行事”で調べてみると

日吉大社の摂社に“大物忌神社”って神社があって

ここの旧称が“大行事大権現”

ってくらいかな・・・

でも大物忌神社の御祭神は大年神

タカミムスビともカナヤマヒコとも関係ないやん

ん〜謎・・・・・・

謎といえば

境内にあった吽形の狛犬

Fotor_157483303452453-1024x768Fotor_157483305492735-1024x768






足元に紙か布かわからんけど

何かがグルグル巻きになってた

最初修理かな?と思ったけど

損傷している様子はないし

何かのおまじないですかね?

ん〜謎・・・・・・
Fotor_157483301486380-1024x768






滋賀県の神社仏閣

なかなか面白いやないか・・・

太郎坊宮(阿賀神社)に行ってきました♪

今日もお休みを利用して日帰りで紅葉を見に行ってきました

今回は下見じゃなく

完全プライベートです(笑)

前々から行く予定はしていたんですが

紅葉と天気のコンディションがいい日をずっと待っていたのです!

JR近江八幡駅から近江鉄道に乗車

近江鉄道って初めて乗るかも!

ICカードが使えないことと

車内で路線バスみたいに

沿線のお店のCMが流れるのにカルチャーショックを受けました(笑)
Fotor_157475789502243-1024x768Fotor_157475787178859-1024x768






車窓から見えるのどかな景色に癒されますね♪

ちなみに写真左下に見えるお山が今回の目的地
Fotor_15747579530007-1024x768Fotor_157475792154046-1024x768






近江鉄道に揺られること15分

“太郎坊宮(たろうぼうぐう)前”

という無人駅で降りました

駅の出口が既に鳥居やん!!(笑)

しかもめっちゃ正面のお山を遥拝してるし(笑)
Fotor_157475797987329-1024x768Fotor_157475804165232-1024x768






そう、今回の目的地はこちら

太郎坊宮(たろうぼうぐう)こと

阿賀(あが)神社です

正面に見える標高357.2mの

赤神山(あかがみやま)の中腹にある神社です

御祭神はアメノオシホミミ

オシホミミゆーたら

アマテラスの子どもでニニギのお父さんですね

アメノオシホミミの正式名称が

正哉吾勝勝速日天忍穂耳命
(まさかあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)

名前にが2つも付くので

勝負の神さまとして人気があるようです

(古事記のストーリーからは全然強そうなイメージないけど・・・)

オシホミミを守るため“太郎坊”という天狗が住んでいたので

神社の通称を“太郎坊宮”

赤神山を“太郎坊山”と呼んでいるそうです
(オシホミミの立場が・・・)

ちなみにこの太郎坊の弟の次郎坊が

義経に剣術を教えた鞍馬の天狗なのです!

という胸アツな伝説もあるとかないとか・・・
Fotor_15747580623051-1024x768Fotor_157475809440840-1024x768






さぁ徐々に赤神山が近づいてきました

この景色にワクワクが止まらない♪

写真右下は駐車場ですが、まだ上にも駐車場はあります
Fotor_157475811898324-1024x768Fotor_157475821152230-1024x768






田んぼに水がはったら

これまたバエる写真が撮れるみたいですよ
(インスタで検索してみてください)

しかしめっちゃ△やな〜

近江富士の三上山に対抗して

近江ピラミッドとして売り込んだらいいのに(笑)
Fotor_157475815723569-1024x768Fotor_15747581898124-1024x768






山麓の大きなイチョウが大迫力で必見
Fotor_157475828569913-1024x768Fotor_157475834584698-1024x768






“太郎坊大権現”って大きな石碑が見えてきました

“大権現”ってことは神仏習合の匂いがプンプンしますね

階段の上に建つのは“成就寺(じょうじゅじ)”

最澄作の薬師陀如来がご本尊の天台宗の寺院です
(滋賀県は天台宗ばっかりやね)
Fotor_157475836898159-1024x768Fotor_157475839022748-1024x768






こちらの境内からいよいよ神社の参道らしくなってきます
Fotor_15747584293104-1024x768Fotor_157477144934676-1024x768






この狛犬

どことなく河野外相に似てるね・・・(笑)
(船越英一郎にも見えなくもない)
Fotor_157477148873854-1024x768Fotor_157477146969167-1024x768






山の中腹にある神社だけあって階段がすごい

本殿までは740段ほどあるそうです(汗)
Fotor_157475844854840-1024x768Fotor_157475847455119-1024x768






ようやく到着〜と思ったら

こちらは本殿ではなく自動車用の参拝所
Fotor_157475850523961-1024x768Fotor_157475852704056-1024x768






ここからの景色もいいですね

“昇運授福(しょううんじゅふく)かわら投げ”

なんていうお楽しみコーナーもありました

カップルなら是非、ハートマークの“御円”にチャレンジ!(笑)
Fotor_157475859196242-1024x768Fotor_157475857039313-1024x768






遠くからも目立っていた建物は“参集殿(さんしゅうでん)”

売店、有名人のサイン、御朱印、顔出しパネルなどはこちら

バスやマイカーはこの参集殿まで上がってこれるみたいですね

ここまでで参道の3分の2だそうです
Fotor_157475861257425-1024x768Fotor_157475865008145-1024x768






参集殿からも階段が急ですが、紅葉はこの辺りが一番綺麗でした
Fotor_157475867108258-1024x768Fotor_15747586904348-1024x768






途中、分岐点に出ますが

看板の指示通り

表参道(直進)で上がって

裏参道から下りるルートをとりました
Fotor_157475849113878-1024x768Fotor_157475870789295-1024x768






こちらが太郎坊宮のシンボル“夫婦岩”

大きな岩の間を通り抜けます

悪心があれば途中で挟まれるそうです
(いや、ただの太り過ぎやろ)
Fotor_157475872923872-768x1024Fotor_157475875243237-768x1024








夫婦岩を抜けると小さな社殿が見えてきました

小さいですが、こちらが本殿です

無人だと思って参拝したら

中に神職の方がいてビックリしました(笑)
Fotor_157475888823040-1024x768Fotor_157475882702466-1024x768







神社の神紋に仏教の法輪がデザインされているのが面白いですね
(写真左下)

そういえば麓の成就寺の寺紋も法輪でした
(写真右下)
Fotor_15747588004427-1024x768IMG_20191126_152858-1024x768






本殿前にある展望台からの景色もサイコー♪

本殿には自販機や売店はないのでご注意ください
Fotor_157475885092022-1024x768Fotor_15747588681485-1024x768






さて、下りも気を抜かずに降りましょう

落ち葉が滑って危なかったです
Fotor_157475890757642-1024x768Fotor_157475893033864-1024x768






いや〜しかし紅葉も天気も

狙い通りのコンディションで大満足♪

やっぱりこれからは滋賀やな〜

Fotor_157477159222832-1024x768






瑠璃光院(の手前まで)行って来ました♪

今度のツアーの下見で山科の毘沙門堂へ行ってきたわけですが

実はもう1ヶ所心配要素があったので

午後はそちらへ向かいました

京阪山科から京阪三条経由で出町柳へ

そこから叡山電車に乗って“八瀬比叡山口”

写真右下は鞍馬行き

写真左下が八瀬行きの新車両

観光列車“ひえい”です
Fotor_157466849373194-1024x768Fotor_157466851627213-1024x768






八瀬の紅葉も今がまさに見頃ですね!

どこを見ても赤・赤・赤
Fotor_157466813236988-1024x768Fotor_157466779599833-1024x768






そして八瀬にある心配要素の観光地がこちら

瑠璃光院(るりこういん)

高野川を渡った先にチケットの販売所がありました
Fotor_157466791591834-1024x768Fotor_15746683119435-1024x768






実はこちらの瑠璃光院

チケットが当日予約制で

一般も団体も区別がないらしい・・・

この日は月曜日の15時前でしたが

一番早いチケットで17時以降
(2時間待ちでもマシなほうみたいです)
Fotor_157466823884925-1024x768Fotor_157466820379371-1024x768






チケットにはこんな感じで集合時間が記載されています

まずはチケットを確保して

指定された集合時間まで付近を散策って感じですね
Fotor_157466855233171-1024x768Fotor_157466857041615-1024x768






こちらが集合場所に整列している観光客の図

黒いダウン姿の若者がスタッフです
Fotor_157466809074832-1024x768






10分刻みで集合場所から玄関前まで誘導

1度に誘導するのは50〜60名とのことでした

玄関前で再度スタッフからチケットの提示が求められます
Fotor_157466836119931-1024x768Fotor_157466794196043-1024x768






玄関前でもまた行列

なんと1組づつスタッフが玄関で写真を撮ってあげているんです
(販売用とかじゃなく、お客様のスマホやカメラで)

親切心なのか、中の混雑を避けるためか

とにかく玄関前まで来ても

なかなか進まない・・・

写真はいらないから!

って申告すると先に入れてくれるみたいです
(その日のスタッフによるとか?)
Fotor_157466798698524-1024x768Fotor_157466803490044-1024x768






ん〜・・・・・・・・・

これって団体で行くのヤバくないですか?

だいたい何時に案内できるか分からないから

そのあとの行程も読めへんやん・・・



あ、チケットを買うときに逆に遅い時間とか指定できるのかな?

って気になったので販売所に戻ってみたら

既に本日分は完売したようで

販売所のスタッフは撤収しておりました・・・
IMG_20191125_155713-1024x768IMG_20191125_155336-1024x768






販売所が開いている時に

ちなみに今度の土曜日に来るんですけど

9時半頃に並んだとして何時くらいに入れますかね?


って聞いてみたんです

そしたら

ん〜先週の土曜日でいうと

その時間だったら15時半頃ですかね?


って言われた・・・

いやいや、こんな所で6時間も待てんし!!
(まぁ先週の土曜は京都市内はどこも異様に混んだみたいですが)


あとでホームページを見て知ったんですが

そもそも団体で行く所じゃないみたいです・・・(涙)

Screenshot_20191126_223237





山科の安祥寺に行ってきました♪

この秋、山科はやたら観光PRに力を入れているんですよね

最初に行った毘沙門堂以外に

安祥寺・勧修寺・隋心院・本圀寺・小野駅

でスタンプラリーも開催中

せっかくなので毘沙門堂から一番近いお寺に行ってみました
Fotor_157466673409312-1024x768Fotor_157466660651047-1024x768






疎水沿いの散策道も雰囲気がいいですね♪
Fotor_157466664829192-1024x768Fotor_157466662817911-1024x768






安祥寺(あんしょうじ)

毘沙門堂から徒歩10分ほどで到着

今回の観光PRでも目玉となっている

十一面観音が祀られているお寺です

普段はお寺自体が一般公開していないんだとか
Fotor_157466671809281-1024x768Fotor_157468059520662-1459x1094






境内にポツンと置かれたように建つのが観音堂
(観音堂が本堂にあたるそうです)

ここにあの看板娘

いや、看板菩薩がおります(笑)

ツヤツヤでメタリックみたいな観音様ですが

奈良時代の一木造りと聞いてビックリ!

両サイドに2体づつ四天王

目が寄り目でちょっとコミカルなお顔です
(3体が平安時代・1体が江戸時代)
Fotor_157466674950843-1024x768Fotor_157466676494610-1024x768






大師堂周辺の紅葉が綺麗でした
Fotor_15746672320660-1024x768Fotor_157466709949632-1024x768






地蔵堂の地蔵菩薩坐像も独特なお顔で印象的でした

かつて多宝塔があったそうですが、明治39年に焼失

中に祀られていた五智如来は

京都国立博物館に寄託されいたので難を逃れたようです

この五智如来

令和元年、めでたく国宝指定されました♪
Fotor_157466736145648-1024x768






さて、疎水沿いをそのまま進むと

“本圀寺(ほんこくじ)”まで行けるようですが

お腹が空いたので却下させて頂きましたm(__)m
Fotor_157466666623442-1024x768






山科って意外と見どころが多いんだな〜
(山科に失礼ですね)

去年の京都検定のフィールドワークでも

山科って一度も来なかったんですよね・・・

今度また日を改めてじっくりまわってみようと思います!

山科聖天(双林院)に行ってきました♪

毘沙門天の下見のあと

すぐ近くに“山科聖天”って書かれた矢印が目に入ったので行ってみました

Fotor_157502878965385-1024x768






毘沙門堂は人だらけだったのに

こっちは誰もいない・・・
Fotor_157466631019496-1024x768Fotor_157466628099359-1024x768
 





でもめっちゃ紅葉が綺麗!!

昨日に引き続き、まさに穴場スポット♪
Fotor_157466635677015-1024x768Fotor_157466649890858-1024x768






山科聖天こと“双林院(そうりんいん)”は毘沙門堂の塔頭にあたるそうです

本尊はもちろん聖天さんこと“歓喜天(かんぎてん)”

頭がゾウで体が人間の姿をした神様ですね

秘仏なので拝観はできません
(聖天さんはどこも秘仏なお寺が多いです)

不動堂(写真左下)には五大明王

その裏にある不動の滝には“お滝不動(石仏)”が祀られていました

後で知りましたが、阿弥陀堂には西明寺(滋賀県)から勧請した

阿弥陀如来が祀られているようです
(阿弥陀堂なんてどこにあったんやろ?)
Fotor_15746663882318-1024x768Fotor_157466641157835-1024x768






Fotor_157466644915255-1024x768Fotor_157466633643293-1024x768






あまり人が押し寄せると情緒がなくなるので

このままそっとしておきたい紅葉スポットなのでした♪
(と言いつつブログを書いているという矛盾・・・)

山科の毘沙門堂に行ってきました♪

お休みを利用して山科にある天台宗の門跡寺院

“毘沙門堂”へ行ってきました♪

今度行くツアーの下見を兼ねてです・・・

はい、仕事も休日も寺まみれ(笑)

JR山科駅から徒歩約15分

周辺は住宅街で道路も狭いので

観光バスでは行けない紅葉スポット

なので

“タクシーで巡る京都の紅葉なんちゃらかんちゃら”

ってステッカーのタクシーを何度か見かけました

今度行くツアーもそんな感じです(笑)
Fotor_157466616954368-1024x768Fotor_157466615420496-1024x768






パンフに載っている境内図はこんな感じ
(ビミョーに雑なマップです・・・)
Fotor_157468860958821-1459x1094






タクシーだと宸殿近くの駐車場まで上がることができます
Fotor_157466601408858-1024x768Fotor_15746688776607-1024x768






勅使門の前の参道が一番有名な紅葉スポット

数年前に“そうだ 京都、行こう”のポスターでも起用された場所です

この参道は行き止まりになっていて

両サイドが立ち入り禁止区域
Fotor_157466602902918-1024x768Fotor_157466604739455-1024x768






人気のスポットだけあって

結婚式の前撮りカップルがたくさん来ていました

おめでたいけど、めっちゃ邪魔(笑)
Fotor_157466546365194-1024x768Fotor_157466551669520-1024x768






仁王門の前の階段はけっこう急なので大変です
Fotor_157466554243797-1024x768Fotor_157466556020497-1024x768






唐門の先が本殿

本殿の参拝は無料ですが、その奥は有料区域
(大人:500円)
Fotor_157466612742746-1024x768Fotor_15746661129405-1024x768






左側のテントが拝観受付
(参拝だけならスルーしてOK)

右側のテントが御朱印受付です
(参拝の前に預けておきましょう)

本殿の前で靴を脱いで上がりましょう

靴は靴袋に入れて自分で持つスタイルなのでブーツだと大変・・・

ご本尊は最澄作と言われる毘沙門天(秘仏)

厨子の前に立っているのはお前立ちの毘沙門天です
(以前盗まれたけど、無傷でまた戻ってきた不思議な像だそうです)

本殿の先に宸殿が2つあって

見る角度によって動いてみえる襖絵が有名

参拝の仕方は仁和寺の御殿みたいな感じです
Fotor_15746656018596-1024x768Fotor_157466562818284-1024x768






本堂から随時、案内人さん同行ツアーが行われていますが

所要時間が30〜40分ほどかかります

時間がない方は自分でまわったほうがいいですが

動く襖絵の見方とか、よくわからないと思います

なので時間があれば案内人同行ツアーに参加するのがベスト

でも人が多いと写真が撮りにくいのが難点

写真をしっかり撮りたいなら

最初の1周は案内人さんとまわって

そのあと自分でまた1周することをお勧めします(笑)
(それで所要1時間くらいかな?)

下の写真は晩翠園の紅葉
Fotor_157466565053372-1024x768Fotor_157466567214426-1024x768






こちらは霊殿から見た高台弁財天

今はここが一番綺麗でした♪
Fotor_157466573468560-1024x768Fotor_157466570599855-1024x768






写真左下は勅使門側から参道を見たところ

写真右下は宸殿前の巨大な枝垂れ桜

この枝垂れ桜も過去に

“そうだ 京都、行こう”で紹介された名木です

桜の時期にまた来てみたいな〜
Fotor_157466609690257-1024x768Fotor_157466621712851-1024x768






ちなみにこちらの毘沙門堂は

天台五箇門跡のひとつですが

都七福神めぐりのひとつでもあります

昨日は仕事で大黒天に行ったし

ついでに残りの5つも行っとくか!
(ウソです、そーゆーの全く興味なし)

京都の隠れた紅葉めぐりツアー♪【後半】

さて、朝から4ヶ所も一気に巡ったのでお腹がペコペコ

今回のランチは440年の歴史を持つ老舗料亭

“山ばな平八茶屋”

なんと先週の大原日帰りツアーに引き続き

2週連続で平八茶屋の麦とろろ膳を頂きました♪

前回は3ランクの上でしたが

今回は中なので天ぷらはナシです(笑)
(それでも1人前4950円!)
Fotor_157459456858268-1024x768Fotor_157459459902376-1024x768






先週も気になった事なんですが

平八茶屋さんは料理の味は本当に美味しいと思いますが

仲居さんの接客がなんとも・・・

“歴史はあるけど笑顔はなし”

って感じで勿体なく感じました

すぐ横に建つ北山モノリスさんはあんなに笑顔で溢れてたのに・・・
連泊で楽しむ葵祭ツアー3日目♪
(2018年5月16日)


さて、午後は比較的知名度はあるけれど

交通の便が悪いので、あまり観光客が来ないスポットです

ここも去年のフィールドワークとかぶってる(笑)

京都散歩・コース28【妙満寺・圓通寺】
(2018年11月30日)

圓通寺(えんつうじ)

岩倉にある臨済宗の古刹で通称“幡枝御所”

大型バスの駐車場はあるのに1台も止まっていませんでした

こちらは比叡山を取り込んだ借景庭園で有名
Fotor_157459463471913-1024x768Fotor_157459450260036-1024x768






こんなに素晴らしい庭園なのに

一般客も少なくほぼ貸切状態でした♪
Fotor_157459453143796-1024x768Fotor_157459446962347-1024x768






普段はご住職の説明テープが流れているんですが

今回はタイミングよく生でご住職の説明が聞けてラッキーでした♪
(とても印象に残るご住職です)


妙満寺(みょうまんじ)

先ほどの圓通寺のそばにある顕本法華宗の大本山

ここも大型バスの駐車場があるのに1台もいない

そして“雪の庭”と呼ばれる有名な庭園があるのに

我々のツアー以外に誰もいない・・・
Fotor_157459493270776-1024x768Fotor_157459489227149-1024x768






紅葉シーズンの京都!

それも2連休の日曜日ですよ!

なんとも贅沢な空間でした♪
Fotor_157459478836034-1024x768Fotor_157459476330486-1024x768






あ、境内にこんな面白いポスターを発見
(顕本法華宗のポスター)

漢字の一部にカタカタを持ってくるこのセンスに脱帽

こんな豊かなアイデア脳が欲しいわ(笑)

Fotor_157459482521727-768x1024Fotor_157459484421888-768x1024









これにて全ての行程が終了〜♪

そして私の9連勤も終了〜♪

当初は雨の予報でしたが

結局、雨も降らなかったし

京都駅では綺麗な夕焼けも見ることができました♪

Fotor_157459491983642-1024x768






これまで4回にわたってきたテーマの旅も今回が最終回

ちょっと振り返ってみましょう

第1回:世界遺産
臨川寺&龍安寺・特別拝観ツアー♪
(2019年5月12日)

第2回:庭園
両足院と清浄華院・盧山寺ツアー♪【前半】
両足院と清浄華院・盧山寺ツアー♪【後半】
(2019年6月23日)

第3回:仏像
欣浄寺・恵福寺と平等院ツアー♪
(2019年9月22日)


この1年、蠅蕕たびの山村先生にはお世話になりました

今回のシリーズはいったん終わりますが

来年からは山村先生の得意な

“明智光秀”絡みの新シリーズがスタートするみたいですよ

山村先生ファン

そして光秀ファンの皆さんは要チェックです♪

京都の隠れた紅葉めぐりツアー♪【前半】

蠅蕕たびの代表

山村純也先生と京都日帰りツアーに行ってきました♪

これまで

第1回:世界遺産
第2回:庭園
第3回:仏像

とテーマに沿った内容のコースでしたが

第4回は“紅葉”

もちろん定番の東山界隈の紅葉ではなく

ちょっとマニアックな上高野周辺の名所を巡ります

ちなみに去年、プライベートで訪れた

京都検定のフィールドワークと若干かぶってます(笑)

京都散歩・コース32【蓮華寺・三宅八幡宮】
(2018年12月1日)


京都駅を出発し、最初に向かったのは

蓮華寺(れんげじ)

小中学生はお断り!な

池泉鑑賞式庭園が美しい天台宗のお寺です

大型バスは2台分だけ駐車可能

予約をしておいたので、ご住職自らバスを誘導してくれました♪
IMG_20191124_105320-1024x768Fotor_157459360262997-1024x768






こちらは最近、知名度も上がって人が多かったですね
Fotor_157459339560224-1024x768Fotor_157459356453343-1024x768






副住職が“拝観”についての心構えを熱弁されていました
(写真撮影はこの部屋まで)
Fotor_157459351729419-1024x768Fotor_157459349144021-1024x768






Fotor_15745934458998-1024x768Fotor_157459358409738-1024x768






このあとは周辺のスタッフを徒歩で移動

三明院(さんみょういん)

住宅街の少し高台に建つ真言宗のお寺

1906年に山形から移転したお寺だそうです

こんなお寺があることすら知らなかった・・・
Fotor_157459382676952-1024x768Fotor_157459398276880-1024x768







本堂のすぐ脇に香取神社が祀られているのも面白いですが

もっと面白いのが境内に建つ多宝塔

地面じゃなくて、コンクリートの土台の上に建っているんです(笑)

まさに空中多宝塔!
Fotor_157459386954837-1024x768Fotor_157459389220267-1024x768






入山料は無料ですが、多宝塔からの景色も紅葉も

なかなか見応えがあるお寺でした

まさに知る人ぞ知る紅葉の穴場ですね♪
Fotor_157459391358799-1024x768Fotor_157459394022633-1024x768






Fotor_157459379731940-1024x768Fotor_157459400339018-1024x768






このあとも徒歩で移動

個人だと素通りしてしまいそうなスポットも

山村先生が詳しく解説してくれるのでほんと勉強になります
Fotor_15745941903477-1024x768Fotor_157459416031427-1024x768






こちらは小野妹子が創建の三宅八幡宮
Fotor_157459425815926-1024x768IMG_20191124_112930-1024x768






前にプライベートで来た時は名物の鳩餅が売り切れていたので

今回こそ!と楽しみにしていたのに

まさかの休業日でした・・・(涙)


このあとバスでちょこっと移動

妙円寺(みょうえんじ)

日本最古の七福神めぐり

“都七福神めぐり”の大黒天が祀られているので

通称“松ヶ崎大黒天”

京都検定でもよく出題されるお寺ですが

実際に行くのは初めてです♪
Fotor_15745954690261-1024x768Fotor_157459544907765-1024x768






本堂の裏山は五山送り火の“法”なんです
(以前は登れたようですが、現在は登山不可)
Fotor_157459542156088-1024x768Fotor_157459537951240-1024x768






こちらの紅葉はイチョウの黄色が鮮やかでしたね

紅葉スポットとしてはPRしていないので

境内はガラガラ

ここもまさに隠れた紅葉スポットでした♪
Fotor_157459535750937-1024x768Fotor_157459533171172-1024x768






Fotor_157459549847143-1024x768Fotor_157459530685691-1024x768






それにしてもこの大黒さん

なんか浮いてるよな〜

五月女ケイ子さんが描くキャラっぽい(笑)
Fotor_157459528635091-1024x769






隣にいるのはエビスさんなんだろうけど

お客様は口々に

「いやっ、この大国さんオンナ連れてるで!」

って言ってた(笑)

確かにそう見える・・・

湖東三山と湖南三山ツアー3日目♪

連日寝不足で迎えたツアー最終日

今日は初めていくお寺からスタートです

永源寺(えいげんじ)

駐車場からは旦度(ただの)橋を渡って対岸へ

下に流れているのは愛知川(えちがわ)です

Fotor_157448622857325-1024x768Fotor_157448631452849-1024x768






大歇(だいけつ)橋と呼ばれる小さな石橋を渡ると

いよいよ参道の階段が始まります
Fotor_157448620776959-1024x768Fotor_157448614463771-1024x768






湖東三山同様、こちらもなかなか歩きごたえのある参道ですね・・・
Fotor_157448612762425-1024x768Fotor_157448609593097-1024x768






途中、メガネをかけたお地蔵さんがいたり

石仏の十六羅漢がいたりするので少し癒されます
(少しだけね・・・)
Fotor_157448643005329-1024x768Fotor_157448644856445-1024x768






総門が見えてきました

団体は左側の受付で拝観料を支払います
Fotor_157448603922940-1024x768Fotor_157448601708922-1024x768






次に見えてくる立派な門が山門
Fotor_157448595461081-1024x768Fotor_157448628731414-1024x768






いよいよ本堂が見えてきました

御朱印はこちらの本堂でのみ受付ています

靴を脱いで堂内も入れますが

説明などはありませんでした
Fotor_15744859028852-1024x768Fotor_157448586807253-1024x768






滋賀県は天台宗のお寺が多いですが

永源寺は臨済宗

これまでのお寺とは雰囲気が少し違います
Fotor_157448581543195-1024x768Fotor_157448553355817-1024x768






Fotor_157448563047994-1024x768Fotor_157448551857555-1024x768






Fotor_157448573110976-1024x768Fotor_15744858861713-1024x768






早めに戻ってきたら、駐車場で売っているコンニャクがおすすめ!

今回利用した駐車場では田楽と天ぷらが売られていました
Fotor_157448634013917-1024x768Fotor_157448638707181-1024x768






て、天ぷら???

こんにゃくの天ぷらなんて初めて食べましたが

アツアツでめっちゃ美味しかったです
(塩コショウとポン酢で食べます)

Fotor_157448637531129-1024x768Fotor_157448636066262-1024x768






永源寺はこんにゃくを販売しているお店が多いんでよね

最近、白ご飯代わりにコンニャクをよく食べるので

思わず自分用に買って帰りました

田楽とお刺身で試してみましたが

お刺身の方が断然美味しかったです
(煮ると硬くなるので)
Fotor_157448641177686-1024x768Fotor_15744884661692-1024x768







さて、このあとは湖東三山へ

湖東三山は前回のツアーで詳しく書いたので割愛!

お昼は金剛輪寺の参道脇にある

“華楽坊(からくぼう)”さんでした
Fotor_157448693922171-1024x768Fotor_157448691987973-1024x768






椅子席がいっぱいだったので奥のお座敷利用でしたが

紅葉を眺めながら食べれたので良かったです
Fotor_157448684834034-1024x768Fotor_157448690328539-1024x768






お客様の昼食は手の込んだ箱に入った精進料理

添乗員&乗務員はお弁当でした・・・
Fotor_157448688364647-1024x768Fotor_157448686972815-1024x768






さて、湖東三山をクリアしたらすべての行程が終了!

米原駅にはかなり余裕をもって到着できました♪

※米原駅は止まる新幹線の本数が少ないので要注意


ここ数日、ずっと滋賀県にいたわけですが

滋賀県のお寺って、素朴なお寺や仏像が多くていいですね

京都や奈良にはない魅力があります!

これから滋賀県のお寺&仏像をせめるのもアリやな

Fotor_15744663000994-1024x768






皆さんも京都、奈良に飽きたらぜひ

湖国、滋賀県へ♪

湖東三山と湖南三山ツアー2日目♪【後半】

湖南三山2ヶ寺目は

長寿寺(ちょうじゅじ)

グラウンドが駐車場なので広いんですが

警備員も誰もいないのでマイカーが好き勝手に止め放題

観光バスのドライバーさんがみんな怒ってた・・・

駐車場から境内に行く途中には露店が並んでいます

受付まで誘惑に負けないように付いて来てもらいましょう
Fotor_157433485188162-1024x768Fotor_15743348726268-1024x768






山門を抜けてすぐ右に拝観受付がありました

この先はイチョウの落ち葉が綺麗な参道が少し続きます
IMG_20191121_140316-1024x768Fotor_157433489630572-1024x768






御朱印は本堂へ向かう途中の右手の建物です
IMG_20191121_140130-1024x768






長寿寺も本堂は国宝

ご本尊は子安地蔵菩薩で秘仏

ここもタイミングが合えばご住職のお話しを聞きましょう

ご本尊のお厨子の両サイドにいる大きな仁王像が迫力満点

個人的には裏側に安置してある聖観音菩薩がグッときた!

なんだか今にも動きだしそうで見ていてゾクゾクしましたね

血色の悪い顔色といい、朽ちた表面といい

ちょっとゾンビっぽいところがこれまた魅力的です
Fotor_157433501110654-1024x768Fotor_15743350284573-1024x768






境内には本堂とは別に丈六の阿弥陀如来が安置されている収蔵庫があります

定朝様の見事な阿弥陀さまなので必見です


善水寺(ぜんすいじ)

ここまでの常楽寺と長寿寺は西寺・東寺

と呼ばれるほど近かったんですが

最後の善水寺はJR草津線を越えて北側に位置しています

ここも駐車場から境内はすぐ近くなのでラクちん♪

IMG_20191121_233746








Fotor_15743352968202-1024x768IMG_20191121_145551-1024x768






御朱印は受付の裏側の建物

本堂へ向かう前に預けておきましょう

善水寺の本堂も国宝なので立派ですね

本堂へは靴を脱いで上がりますが

入口がちょっと分かりにくいです

こちらもタイミングが合えばご住職のお話しが聞けます

ご本尊は薬師瑠璃光如来で秘仏ですが

鎌倉時代の十二神将など立派な仏像が安置されていました
Fotor_157433517626661-1024x768Fotor_157433524111152-1024x768






Fotor_157433526245114-1024x768Fotor_157433520368549-1024x768






善水寺って名前の由来ですが

最澄がこのお寺の香水を病気だった桓武天皇に献上すると

たちまち回復されたことから“善水寺”となったそうで

境内にはそのありがたいお水を汲む場所もありました

空のペットボトルを持っていくといいですね
(お寺の売店で容器だけの販売もしています)

IMG_20191121_150346-1024x768







これにて2日目の行程は全て終了

今夜のホテルは長浜港の目の前に建つ

“北ビワコホテル グラッツエ”

イタリアをイメージしたホテルだそうです
IMG_20191121_171236-1024x768Fotor_157433930276967-1024x768






IMG_20191121_182105-1024x768IMG_20191121_193426-1024x768






ホテルの目の前が絶好のバス釣りポイントやん♪
IMG_20191121_171548-1024x768






あ〜夜釣りしたらデカイの釣れそうだけど

今夜もブログの更新で

気が付いたら夜中の1時だ・・・

Fotor_15743520837816-1024x768




湖東三山と湖南三山ツアー2日目♪【前半】

ツアー2日目は“びわ湖テラス”

珍しく神も仏もいない観光地です(笑)

久々に行ったら添乗員の受付場所が変わっていましたね
(写真左下のインフォメーションセンター)

マップもオシャレでチープなポストカード仕様になっていました
IMG_20191121_095504-1024x768IMG_20191121_094839-1024x768






びわ湖テラスがある比良山系は前日に初冠雪!
IMG_20191121_094137-1024x768IMG_20191121_093300-1024x768






寒い寒いとは聞いていたけど

まさか雪が積もっていたとはね・・・
Fotor_157433389666079-1024x768IMG_20191121_093715-1024x768






テラスではあまり景色は良くなかったけど

下りのゴンドラで紅葉とキラキラ眩しい湖面の絶景が楽しめました♪
Fotor_15743339999173-1024x768Fotor_157433393208286-1024x768






この時期、蓬莱山へ行くリフトは動いていないので

グランドテラスとノーステラスに人が集中

週末などは大混雑となるのでご注意ください

この日は9時30分から営業開始のところ

余裕をもって9時10分頃に到着しましたが

既に観光バスが3台来ていました・・・
(早めに臨時便を出してくれたので助かりました)


さて、このあとJR野洲駅近くの日本料理屋

“沙羅”で早めの昼食
IMG_20191121_120843-1024x768IMG_20191121_120616-1024x768






お客様は近江牛のすき焼き御膳

添乗員&乗務員は牛丼でした

この牛丼、近江牛の牛丼でめちゃ美味しかった〜♪
IMG_20191121_113115-1024x768Fotor_157433420440931-1024x768






さて、午後へいよいよ“湖南三山”

湖東三山は先日行きましたが

これから向かうのは湖“南”三山!

そんなトリオ、今回のツアーで初めて知りました(笑)

今年で結成15周年だそうです


常楽寺(じょうらくじ)

ご本尊は千手観音ですが秘仏

あ、湖東三山と同じく

湖南三山もご本尊は全て秘仏で拝観できません!

ただ湖東三山と違って

全てのお寺が駐車場とお寺が近いので安心です♪

御朱印は受付のすぐ横で受付ているので

参拝の前に預けておきましょう
Fotor_157433538961422-1024x768IMG_20191121_131630-1024x768






常楽寺と次に行く長寿寺は

奈良時代に良弁僧正が創建した天台宗の古刹

常楽寺の本堂と三重塔はともに国宝です
Fotor_157433468566622-1024x768Fotor_15743345141723-1024x768






堂内ではご住職がお話しをしてくれましたが

団体が多いとタイミングが合わないかも・・・

内陣にズラッと並ぶ28部衆が圧巻です
(もちろん阿修羅や迦楼羅もいます)
Fotor_157433465786954-1024x768Fotor_157433473920785-1024x768






時間があれば石仏めぐりもできますよ
IMG_20191121_125933-1024x768Fotor_157433460096452-1024x768






湖南三山で塔があるのはこちらの常楽寺だけ

一番ゆっくり時間をとってあげたいので

本当は最後に訪れるのが正解かもしれませんね
Fotor_157433457098424-1024x768






ちなみに各お寺の所要時間は

だいたい45分前後が平均のようです

湖東三山と湖南三山ツアー1日目♪

秋の3連添3本目

今回も東日本のお客様ですが

集合場所は米原駅・・・

まず最初に向かったのは

石道寺(しゃくどうじ)

石道(いしみち)会館でバスを降車して境内へ
(拝観予約をしていればここで乗降できます)
Fotor_157433284856686-1024x768IMG_20191120_121738-1024x768






途中で紅葉散策協力金を支払い有料エリアへ
IMG_20191120_122326-1024x768Fotor_157429839423762-1024x768






石道寺はとっても小さなお寺ですが

井上靖の小説「星と祭」の中で

“村の娘がモデルなのでは”

と綴った素朴な十一面観音がおります
(平安中期の一木造り)
IMG_20191120_123224-1024x768Fotor_157433853492650-1024x768






さて、まとまって次のスポットへ移動しましょう
IMG_20191120_125230-1024x768Fotor_157433288133711-1024x768






鶏足寺(けいそくじ)

今の“鶏足寺”と呼ばれる場所は

かつて己高山(こだかみやま)にあった鶏足寺の別院

“飯福寺(いふくじ)”があった場所
(鶏足寺というお寺は現存していません)

大門跡から続く参道の一部が立ち入り禁止の

“落葉保存区域”というエリアになっていて

ここがポスターやパンフレットに載っている場所です
Fotor_157433291902677-1024x768Fotor_157429841572144-1024x768






さて、まとまって次のスポットへ移動しましょう
Fotor_157433296330794-1024x768IMG_20191120_132603-1024x768






己高閣(ここうかく)
世代閣(よしろかく)


かつてこの辺りにあった寺院が所有していた仏像を集めた収蔵庫

地元の人たちが長い年月守り続けてきた貴重な仏像たちは必見です

特に木像の薬師如来が7体ズラッと並んでいる

“七仏(しちぶつ)薬師立像”は全国的にみてもかなり珍しい仏さまです
Fotor_157433300820018-1024x768Fotor_15743332072869-1024x768






我々のツアーはこちらの拝観も行程に含まれていたので

乗車は己高閣の駐車場を利用できました♪
Fotor_15742984342224-1024x768Fotor_157433347847043-1024x768






本当だったら指定された場所で乗降して

お客様は鶏足寺まで片道30分ほどを往復しなければいけないんですよね

3つのスポットをまとまって移動するのは大変でしたが

歩く距離が片道で済んだので助かりました♪

Fotor_15743434667241-1824x1368







本日最後は

向源寺(こうげんじ)

滋賀➡十一面観音➡向源寺!

ってほど有名な十一面観音がおります
(平安初期の一木造り)

360度色んな角度から見れる展示方法もいいですね

ご一緒しているドライバーさんが

「おれ、仏像とか全然わからへんけど
向源寺の十一面観音だけはスゴイと思うわ〜」

って言わせるほどの美仏です(笑)
Fotor_157433304173060-1024x768Fotor_157433832578360-1024x768







このあとはホテルへ

今夜は“マキノグランドパークホテル”

毎年、お水送りツアーでお世話になるホテルです

いつもは23時頃にチェックインですが

今回は、まだ明るい内にチェックイン♪

こんなことなら釣り竿持って来たら良かった・・・(笑)
Fotor_157433307757676-1024x768Fotor_157433306138879-1024x768






Fotor_157433319325865-1024x768Fotor_157433317845954-1024x768






いやいや、そんな余裕はないない!!

食後は前日まで行っていたツアーのブログを更新

終わったのは深夜1時過ぎでした・・・
Fotor_157433309491526-1024x768






紅葉の記事は鮮度が命ですからね

湖東三山と永観堂ツアー2日目♪【後半】

西明寺(さいみょうじ)

13年前のフナッシュさんが言うには

湖東三山の中で一番ラクちんだそうです(笑)

西明寺の紅葉
(2006年11月26日)

IMG_20191123_151839









駐車場の脇にある惣門から入ると受付があります

右側の小屋が精算をする拝観受付

その先にある小屋はチェックする人の小屋

なので必ず1人づつパンフレットは手に持って通過しましょう
(団体に紛れて入ろうとする人がいるからだとか)
Fotor_157424751086653-1024x768IMG_20191119_132458-1024x768






ここは同じ参道を往復するのでシンプル

ただやっぱり坂道を登るので結構大変
IMG_20191119_133137-1024x768IMG_20191119_133416-1024x768






でもここの参道は苔と石垣が素晴らしいんですよね

そんな苔たちに癒されながら頑張って登りましょう!

至る所に“苔を取らないで”みたいな看板が立てられていました
Fotor_157424755931073-1024x768Fotor_157424753519991-1024x768






Fotor_157447147304694-1024x768Fotor_157447145748394-1024x768






途中、中門の向かいにも受付があります
(ここにマイカーの駐車場があるため)

御朱印の受付はここだけなので

必要の方は先に預けて引換券を受け取ります

お帰りの際、受け取り忘れにはくれぐれもご注意を!!
(駐車場まで下りて気づくとかなり悲惨)
IMG_20191119_133439-1024x768IMG_20191122_134521-1024x768






重文の二天門を抜けるとすぐ本堂です
Fotor_157424746411849-1024x768Fotor_157424743801491-1024x768






Fotor_15742473077451-1024x768Fotor_15742472397121-1024x768






こちらは本堂も三重塔も国宝!

本尊は薬師如来でこれまた秘仏なんですが

本尊のお厨子を守っている十二神将がめちゃかっこいい!!

なんでも運慶の弟子の作品とか?

虎に乗った小さい薬師如来

通称:虎薬師って珍しい仏像も期間限定で公開中
(朱印の虎のハンコがめちゃチープで微笑ましいです)

紅葉シーズンの日・祝は三重塔の内部が拝観できるそうです
IMG_20191119_134502-1024x768Fotor_157424721481511-1024x768






こちらのお寺も

“蓬莱庭”と呼ばれる名勝庭園があるので帰りに寄ってみましょう
Fotor_157447142084053-1024x768Fotor_157447143949372-1024x768








湖東三山のあとは初めて行くお寺

いま、滋賀県の紅葉の名所で一番話題のスポット

“教林坊”(きょうりんぼう)

到着前に必ずバス駐車場に連絡をして空き状況をチェック
(今年は無料ですが来年からは有料になる予定)
Fotor_157424787622511-1024x768






自家用車の駐車場を横目にまっすぐ進みます

ちなみにこの駐車場に仮設のトイレが設置されています
IMG_20191120_200918-1024x768Fotor_157424789280582-1024x768






IMG_20191121_224038








総門の脇が拝観受付

夜間の支払いはここですが

昼間はパンフレットを受け取るのみ
Fotor_157424813248042-1024x768Fotor_15742481148751-1024x768






少し進むとヨシ葺屋根の書院が見えてきました
IMG_20191119_151702-1024x768Fotor_15742480901592-1024x768






昼間はここの窓口で精算をするそうです
(御朱印もこちらで)

このあとは書院の裏を順路に沿って歩きます
IMG_20191119_152155-1024x768IMG_20191119_152246-1024x768






本堂では靴を脱いで拝観

中では説明用の映像も流れていました

写真右下は聖徳太子自作の石仏を安置する

“太子の説法岩”

石にまつわる話しが多いので

別名“石の寺”とも呼ばれています
Fotor_157424804817914-1024x768Fotor_157424801414362-1024x768






受付のあった書院に戻ってきました

こちらでも靴を脱いで上がります

桃山様式の池泉庭園が広がっています
Fotor_157424799280628-1024x768






書院の中にある襖越しに庭園を見る

“掛け軸庭園”が人気のスポット
Fotor_157424796795057-1024x768Fotor_15742479317198-1024x768






めっちゃ狭いですが、天井にも上がれます
(一度に上がれるのは5、6名程度)

大黒天が祀られていて、おみくじもありました
(天井の白い紙は読み終わったおみくじです)
Fotor_157424791494828-1024x768Fotor_157424795082520-1024x768






これにて行程は全て終了

教林坊

今回はたまたま前に団体がいなかったし

こちらも16名だったのでスムーズだったけど

40名とかでワイワイ行くような場所じゃないような・・・

今度の週末は70台ほどバスが来るそうです

ライトアップとか見てみたいけど仕事では行きたくないな〜
(狭いし足場も悪いから危険だと思います)


桜や紅葉の隠れスポットって

人がすごくて全然隠れスポットじゃないのは観光業界あるあるですよね

そもそも

ツアーで行く時点で隠れてないですから(笑)

湖東三山と永観堂ツアー2日目♪【前半】

ツアー2日目はいよいよ湖東三山へ

昨日からの雨はやみましたが

気温は一気に7度ほど下がるようです
IMG_20191119_073708-1024x768IMG_20191119_090144-1024x768






湖東三山に行くのは2度目

前回はまだブログのテンションが高い

2006年でしたね(笑)


百済寺(ひゃくさいじ)

13年前はこんな感じ↓
百済寺の紅葉
(2006年11月26日)


IMG_20191123_151744








バス駐車場の前に売店があって

その脇に大きめのトイレがあります

拝観受付の前のトイレは男女兼用

さらにめちゃ小さいのでこちらを利用しましょう
IMG_20191119_110529-1024x768IMG_20191119_110349-1024x768






拝観受付からは庭園経由と

表門を抜けて表参道へ出るコースがあります

一応、庭園経由で本堂へ向かい

帰りはそのまま表参道を降りてきて

表門から戻ってくる順路を推奨していました
(庭園で行き違うと危ないからだと思います)
Fotor_157424604918970-1024x768IMG_20191119_102800-1024x768






庭園はアップダウンがありますが、紅葉が見事!
Fotor_157424612276660-1024x768Fotor_157424610655156-1024x768






本坊にあたる喜見院(きけんいん)の庭園は

通称“天下遠望の名園”と呼ばれています

(喜見院は映画「関ケ原」のロケでも使用)
Fotor_157424619022640-1024x768Fotor_157424616766540-1024x768






表参道へ出てきました

ここから仁王門を通って本堂へ

階段が苦手な方は

“なだら坂”と呼ばれるS字の坂道を利用することもできます
IMG_20191119_104238-1024x768IMG_20191119_104425-1024x768






仁王門の先の階段を上がれば本堂です
IMG_20191122_104304-1024x768IMG_20191122_104315-1024x768







こちらが本堂

ご本尊は聖徳太子ゆかりの

十一面観音(植木観音)ですが秘仏

てか湖東三山の3ヶ寺は全て本尊が秘仏で拝観できません(笑)
IMG_20191119_105119-1024x768






でも期間限定で如意輪観音と聖観音が拝観できるのでお見逃しなく!
(どちらも室町時代の寄木造りで美仏です)



金剛輪寺(こんごうりんじ)

13年前のフナッシュさんによると

湖東三山の中で一番参道が長いそうです

金剛輪寺の紅葉
(2006年11月26日)


IMG_20191123_151809









総門の前で添乗員だけ降りて受付で精算

チケット代わりのパンフレットを受取ります

※業務的な話しですが

湖東三山では現金精算だと各お寺からKBが出ます

現金の受取りや領収書にサインなど

結構もたつく・・・(涙)

Fotor_157424648401862-1024x768Fotor_157424646773651-1024x768






バスは自動車専用道路を通って参道の途中まで進みます

帰りは間違わずに総門前まで真っすぐ参道を降りてもらいましょう!
(総門の斜め向かいがバス駐車場)
IMG_20191119_113913-1024x768IMG_20191119_113938-1024x768






途中までバスで上がれると言っても

本堂まではそれなりに歩きます・・・
IMG_20191119_114113-1024x768IMG_20191119_114158-1024x768






二天門を抜けたら本堂
Fotor_157424667250586-1024x768IMG_20191119_114534-1024x768






大悲閣と呼ばれる本堂は国宝

先ほどの二天門や三重塔は重文です
Fotor_15742466291271-1024x768Fotor_15742466084102-1024x768






ご本尊は行基作と伝わる聖観音菩薩

行基が彫刻中に観音菩薩から血が流れ出たそうで

荒彫りのまま本尊として安置したのだとか

そのため

「生身(なまみ)の観音さま」と呼ばれているそうです
(めっちゃ見たい!!!)

ご本尊は秘仏ですが

ご本尊のお厨子の脇に阿弥陀如来が2体って配置が面白い
(菩薩の脇侍が如来???)

日本最古と言われる木像の大黒天も拝観できました
(裏にいる大黒天もなかなかのインパクト)

駐車場に戻る際は是非“名勝庭園”の鑑賞をお忘れなく

金剛輪寺ではここが一番紅葉が綺麗でした
IMG_20191119_121205-1024x768Fotor_157424656208083-1024x768






Fotor_157424651982774-1024x768Fotor_157424650357732-1024x768






駐車場の前には露店がたくさん出ていたので

早めに戻ってもお買い物ができるのがいいですね
IMG_20191119_122115-1024x768






このあと西明寺の前にある“一休庵”で昼食

お客様は鉄鉢(てっぱち)料理でしたが
IMG_20191119_131123-1024x768Fotor_157424697039377-1024x768






添乗員&乗務員はお弁当

なんかこのコース、お弁当多いな・・・
Fotor_15742470526607-1024x768






湖東三山と永観堂ツアー1日目♪

秋の3連添2本目は

東日本のお客様をお連れして

京都・滋賀の2日間コースへ行ってきました

京都駅を出発し、まず最初に向かったのは

“比叡山・延暦寺”

以前に仕事で来たことはあるはずだけど

なんか見覚えのない景色だな〜と思ったら

3年前に来た際は、ケーブルで上がってきたので

直接バスで延暦寺に来るのは初体験でした(笑)

売店の裏が券売所
IMG_20191118_212638-1024x768IMG_20191118_141858-1024x768






ちなみに3年前に初めてきた際は下見もしたんでしたね

比叡山延暦寺に行ってきました♪
(2016年11月13日)

東塔エリアでは以下の場所でそれぞれ朱印があるそうです
Fotor_157408023467668-1024x768






メインの根本中堂は現在改修工事中
Fotor_157408034660755-1024x768IMG_20191118_133714-1024x768






靴を脱いで工事現場を見学できます
IMG_20191118_134545-1024x768IMG_20191118_134921-1024x768






Fotor_157408032957034-1024x768Fotor_15740802672714-1024x768






Fotor_157408031220743-1024x768IMG_20191118_140833-1024x768






このあとは大津市にある総本山・園城寺(おんじょうじ)

通称“三井寺(みいでら”

仁王門の横で入山料を支払います
Fotor_157408051109852-1024x768IMG_20191118_151237-1024x768






現在、金堂では秘仏の公開中
(拝観料は金堂内で別途支払います)
IMG_20191118_153945-1024x768IMG_20191118_155558-1824x1368






金堂の秘仏を見たら後はフリータイム♪

個人的には“弁慶の引き摺り鐘”“一切経蔵”は必見
IMG_20191118_154518-1024x768IMG_20191118_155012-1024x768






東院と呼ばれる場所も現在特別公開が行われていました
(こちらも別途有料)
IMG_20191118_155432-1024x768IMG_20191118_155201-1024x768






少し足を延ばして観音堂にも行ってみましょう
Fotor_157408053401025-1024x768IMG_20191118_160042-1024x768






なんてったって西国三十三ヶ所霊場巡りの14番札所ですからね

展望台からは大津の町並みと琵琶湖も一望できます
IMG_20191118_160230-1024x768IMG_20191118_160417-1024x768







さて、このあと再び京都市内へ戻ります

ライトアップ拝観の受付待ちでごった返しているのは・・・

そう、永観堂こと禅林寺(ぜんりんじ)


天気予報通りが降ってきた〜(涙)
IMG_20191118_172050-1024x768IMG_20191118_172108-1024x768






今回のツアーでは、まず永観堂会館で夕食
Fotor_157407972909366-1024x768Fotor_157407975108755-1024x768






スタッフからチケットとパンフレットを受け取ります
IMG_20191118_181047-1024x768IMG_20191118_173643-1024x768






ちなみに添乗員&乗務員はお弁当対応・・・
IMG_20191118_174216-1024x768






食事が終わった方から境内のライトアップを見学

昼間の拝観では大玄関で靴を脱いで釈迦堂や御影堂などを拝観しますが

夜間では靴を脱いで中に入れるのは

“みかえり阿弥陀”を安置する“阿弥陀堂”のみです
IMG_20191118_181347-1024x768Fotor_157407965259694-1024x768






Fotor_157407959242639-1024x768Fotor_157407969412842-1024x768






途中、かなり雨脚もきつくなりましたが

紅葉はまさに見頃!!

暗闇に浮かぶ燃えるような紅葉は圧巻でした
IMG_20191118_182158-1024x768IMG_20191118_182055-1024x768






Fotor_157407936394950-1024x768Fotor_157407944159940-1024x768






終わってみれば靴もカバンもびっしょびしょ・・・


さて、今夜の宿泊は“びわ湖大津プリンスホテル”

以前、夕食ではお世話になりましたが

石山寺・秋月祭とお月見クルージングツアー♪
(2019年9月16日)

宿泊するのは初めて

広すぎず狭すぎずちょうどいいサイズ感♪

ファブリック類も海外のホテルみたいでオシャレ♪
IMG_20191118_201839-1024x768IMG_20191118_201902-1024x768






てか今日の行程

京都➡滋賀➡京都➡滋賀

って行ったりきたりやん!!(笑)

仁和寺と大原・三千院ツアー♪

日帰りバスツアーで京都へ行ってきました♪

まず最初に向かったのは“仁和寺”

観音堂の特別内拝は11月24日までの予定でしたが

12月8日まで延長になったそうです

さすが紅葉シーズンの日曜だけあって

9時半のオープンと同時にかなり行列ができていました
Fotor_157395177244210-1024x768Fotor_157395179999678-1024x768






このあと、洛北の老舗料亭

“山ばな平八茶屋”で早めのお昼ごはん
IMG_20191117_113848-1024x768Fotor_15739897056182-1024x768






名物の“麦飯とろろ膳”を頂きました

3ランクある内の一番上(6050円)♪

もちろんとろろ汁も美味しいですが

湯葉を細かく刻んで衣にした海老天が美味でした♪
Fotor_157399018031219-1024x768Fotor_157399016551999-1024x768






午後はいよいよ大原へ

先日の下見の成果が試される時がやってきました!(笑)

やっぱりバスはこの駐車場を利用
Fotor_15739894491534-1024x768Fotor_157398943777656-1024x768






駐車場スタッフによる

“しそせんべい”の売り込みがすごかった(笑)
(ちょっと大原のイメージと違う・・・)
Fotor_157398940824238-1024x768Fotor_157398942309989-1024x768






ここ数日で紅葉も一気に色づきましたね
Fotor_157398948367431-1024x768Fotor_157398953255336-1024x768






まず最初は“宝泉院(ほうせんいん)”

客殿が足の踏み場もないほど大混雑してた(笑)

額縁庭園とか楽しんでる余裕なし・・・
Fotor_157399012461779-1024x768Fotor_157399014999336-1024x768






お次は“勝林院(しょうりんいん)”

今回は予約をしていたので

住職が声明を聞かせてくれました

めちゃくちゃええ声でお客様も感激されていましたね
(やっぱりテープとは違うわ)
Fotor_157399002578176-1024x768Fotor_157399000969299-1024x768






最後は“三千院”

こんなベタな観光地なのに

仕事で来るのは初めてです(笑)

まずは靴袋に靴を入れて

中書院・客殿・宸殿を内部から見学

御朱印は3種類ありました
(シーズンによって授与される場所が違うそうです)
Fotor_157398995557618-1024x768IMG_20191117_144931-1024x768






Fotor_157398990398417-1024x768Fotor_157398965459816-1024x768






宸殿のあとは再び靴を履き

そのまま庭園内を巡ります

メインはやっぱり“往生極楽院”のご本尊

阿弥陀三尊坐像(国宝)ですかね

紅葉シーズンだからなのか

堂内ではお寺の方が説明を行っていました
(なのでめちゃ混んでた)
Fotor_157398988431126-1024x768Fotor_157398983557527-1024x768






Fotor_157398961576294-1024x768Fotor_157398963685422-1024x768






一番奥は観音堂ですが

ここはあんまりグッとこなかった・・・


三千院は出口付近の紅葉が一番綺麗でしたね

赤・黄・緑ってグラデーションが素晴らしい♪
Fotor_157398957175014-1024x768Fotor_157398959008120-1024x768






これにて行程は全て終了

大原は道も境内も狭いので

27組39名のお客様をまとめるのは大変でしたが

まとまりのいいお客様ばかりでほんと助かりました


京都はこれからどこに行っても人が凄いんだろーなー・・・

明日の夜は永観堂の夜間拝観

天気予報は思いっきり

です・・・(涙)
Fotor_157399004055192-1024x768






京都散歩・コース34【来迎院・寂光院】

コース34の続きです

いったん最初の分岐点まで戻り

“来迎院”と書かれた看板に沿って進みましょう
Fotor_15737838476519-1024x768IMG_20191106_151039-1024x768






ネ莊浣
(らいごういん)

三千院は賑わっていましたが

ここまで来ると誰もいない・・・(笑)

IMG_20191106_151407-1024x768IMG_20191106_151209-1024x768






IMG_20191106_151445-1024x768IMG_20191106_151508-1024x768






来迎院は最澄の弟子である円仁が声明の道場として開いたお寺

もともと大原は

上院の“来迎院”

下院の“勝林寺”を総称して

“魚山・大原寺(ぎょざん・だいげんじ)”と呼ばれていたそうです

森の中にひっそりと佇む本堂ですが

存在感がありますね

本尊は藤原時代の薬師・釈迦・弥勒如来でした
(リーゼントみたいな突っ張った光背が特徴的)
IMG_20191106_151709-1024x768IMG_20191106_152721-1024x768







さて、このあと大原バス停を越え

ひたすら西へ西へと進みます
IMG_20191106_162012-1024x768






なっかなか着かない・・・
IMG_20191106_154243-1024x768IMG_20191106_154150-1024x768






歩けど歩けどのどかな景色が広がっているだけ・・・
IMG_20191106_154552-1024x768IMG_20191106_154354-1024x768






大原バス停から歩くこと約15分

ようやく受付が見えてきました

寂光院
(じゃっこういん)
IMG_20191106_154950-1024x768IMG_20191106_155103-1024x768






聖徳太子が開祖とも伝わる天台宗の尼寺です

「平家物語」のラストシーン

後白河法皇が出家した建礼門院を訪ねる

“大原御幸”の舞台としても有名

その建礼門院が里人の差し入れた漬物を気に入り

“柴葉漬け”と名づけたとか
(なので大原では柴漬けが名物)

建礼門院(平徳子)・・・平清盛の娘で高倉天皇の中宮で安徳天皇の母
IMG_20191106_155123-1024x768IMG_20191106_155153-1024x768






本尊は“六万体地蔵菩薩立像”

この寂光院は平成12年5月

火災のために全焼

現在の本堂・本尊は平成17年に再建されたものです

ただご本尊の旧地蔵菩薩は丸こげになりながらも

奇跡的に原型をとどめており

現在は収蔵庫に安置されています

たまたま行った日が特別拝観日だったので見ることができました
(11/2〜11/10)
IMG_20191106_155223-1024x768IMG_20191106_155530-1024x768






境内には豊臣秀吉寄進の南蛮燈籠や

諸行無常の鐘楼

平家物語でも歌われた千年姫小松などがありました
(こちらも平成12年の火災により現在は根元のみ)
IMG_20191106_155250-1024x768IMG_20191106_155856-1024x768






境内の奥に佇むのは建礼門院の庵室と井戸の跡

壇ノ浦の戦いのあと

徳子はこんな山の中でひっそりと生涯を閉じたのかと思うと

さめざめと泣けてくるね・・・(涙)
IMG_20191106_155958-1024x768IMG_20191106_160013-1024x768






これにてコース34は終了

大原ってこれまで三千院しか入ったことがなかったんですが

こんなにも見所が多いとは恐れ入りました

これから市内の紅葉の名所は人でごった返すと思いますが

ちょっと足を延ばして大原でまったりするのもいいかもしれませんね
IMG_20191106_163041-1024x768







京都散歩・コース34【三千院・勝林院・宝泉院】

久し振りに京都散歩に出かけてきました

前回は7月に行った妙心寺&法金剛院でしたが

京都散歩・コース37【桂春院・大心院】
(2019年7月21日)

今回歩いてきたのは

コース34

大原
〜シソ畑が風景に彩を添えるのどかな山里〜

市内から少し離れているので

行こう行こうと思いながらも

なかなか手を付けていなかったコースなんですが

今度、大原に行く日帰りバスツアーが入っていたので

ようやく踏ん切りがつきました(笑)


コースはこんな感じ

〇粟蕷
⊆存院
勝林院
な泉院
ネ莊浣
寂光院


この中でツアーで行く予定なのは´の3ヶ寺

スタート地点は“大原バス停”ですが

今回はツアーを想定してバスの駐車場から歩いてみます

大原でバスが止められる駐車場は3ヶ所ほどあるそうですが

メインはこちらの国道沿いの駐車場だそうです

三千院へは左からも右からも行けますが

左のほうが一般的かな?
IMG_20191106_162237-1024x768IMG_20191106_162730-1024x768






左へ進むとこんな感じの場所に出ます

ここから坂道になっており

お店もいくつか立ち並んでいます

お客様がしっかり付いて来てくれるか注意しないといけませんね
IMG_20191106_153722-1024x768IMG_20191106_153757-1024x768






IMG_20191106_153516-1024x768IMG_20191106_153400-1024x768






坂を登りきると分岐点に出ます

三千院は左、まっすぐ進むと来迎院です

Fotor_15737838476519-1024x768







〇粟蕷
(さんぜんいん)

御殿門(ごてんもん)と呼ばれる門から入ります

近江の穴太衆(あのうしゅう)が築いた石垣が立派です
(お城の石垣で有名なあの職人グループ)

受付は一般と団体(30名以上)で分かれていました
IMG_20191106_140455-1024x768IMG_20191106_140514-1024x768






三千院は天台5箇室門跡の1つ
(天台五門跡は京都検定でも定番)

“往生極楽院”の阿弥陀三尊(国宝)が超有名

脇侍の勢至菩薩と観音菩薩が

大和座りって独特のポーズをとっているのです
(これも京都検定で出題されたことも)

もちろんこのコースのメインですが

ここだけ何度か来たことがあるし

今回は時間がないのでスルーしました(笑)
Fotor_157378372319582-1368x1824









⊆存院
(じっこういん)

三千院のすぐ前にあります

四季折々の山野草が楽しめるそうで

現在は不断桜が咲き始めているそうです
IMG_20191106_140845-1024x768IMG_20191106_150719-1024x768






はい、ここも時間がないのでスルー・・・

(和菓子と抹茶が付くとはいえ、拝観料が700円もするし・・・)


勝林院
(しょうりんいん)

ここは入ったことがないし

今度のツアーにも入っているから要チェック!

お庭にポツンをお堂が建っているような寺院です

1168年、「大原問答」と呼ばれる大討論会が開催された場所
(日本の仏教界の歴史上、かなり重大なイベントだったようです)
IMG_20191106_141116-1024x768IMG_20191106_142130-1024x768






こけら葺の屋根も立派ですが、細部に刻まれた彫刻も見ごたえがありますね〜
IMG_20191106_142841-1024x768Fotor_157399034764232-1024x768






こちらがご本尊の阿弥陀如来
(なんとこちらは堂内の撮影OKなのです)
IMG_20191106_143117-1024x768IMG_20191106_143139-1024x768






目が切れ長ですごく特徴的なお顔をしていますよね
IMG_20191106_143220-1024x768






大原問答の際、法然上人に同意して光明を放ったことから

「証拠の阿弥陀」とも呼ばれているそうです

勝林院は“声明(しょうみょう)”の根本道場なので

ボタンを押すと声明が3分間流れるギミック付きでした(笑)

Fotor_157383248110780-1024x768






※声明・・・仏典に節をつけて唄われる仏教音楽


な泉院
(ほうせんいん)

拝観料が800円(抹茶・和菓子付き)とちょっとお高めですが

こちらも今度のツアーで行くので自腹で入ってきました!

IMG_20191106_143643-1024x768IMG_20191106_145915-1024x768






某鈴虫寺と違ってちゃんとしたお抹茶に

ちゃんとした和菓子が付いておりました♪
IMG_20191106_143759-1024x768IMG_20191106_144032-1024x768






客殿の柱の間を額縁に見立てて庭園を鑑賞する

額縁庭園が楽しめます
IMG_20191106_145022-1024x768IMG_20191106_144500-1024x768






庭園の静寂とは対照的に

客殿の天井は血天井なんですよね・・・

しかも住職の説明がちょっとグロい・・・
↑住職ご自身でも言ってた(笑)

水琴窟はかなりボリュームが大きいので聞き応えがありました

“宝楽園”と呼ばれる回遊式庭園も小さいながらも素敵でしたよ
IMG_20191106_144646-1024x768IMG_20191106_150006-1024x768






IMG_20191106_150144-1024x768IMG_20191106_150330-1024x768






IMG_20191106_150355-1024x768IMG_20191106_150115-1024x768






勝林院は仏像、宝泉院は庭園

って感じの寺院でした


これにて今度のツアーの下見は終了ですが

コースはまだ続いているので後半へ・・・

アークを探しに徳島へ♪【ホテル・グルメ編】

今回の旅で利用したホテルとグルメなお話しです

ホテルは高速バスの脇町バス停からも

JRの穴吹駅からも徒歩圏内にある

ビジネスホテルマツカを利用
(徳島県美馬市)

リニューアルシングルの早割7ってプランで

5100円でした
(素泊まり)

お部屋も綺麗で快適でしたよ♪
Fotor_157343669852598-1024x768Fotor_157343672218965-1024x768






1日目昼食

めん処かねか

ホテルの近くにあったセルフのうどん屋です

本当はうだつの町並みにある

“元”ってうどん屋に行きたかったけど

休業日だったのです・・・(涙)
Fotor_157343658762658-1024x768Fotor_15734366750067-1024x768






こちらのお店

薬味は各2杯まで!

ねぎはスプーン1杯まで!

おまけに会計も自主精算で!

ってやたら上から目線(笑)
Fotor_157343665969314-1024x768Fotor_157343662205920-1024x768






Fotor_15734366054213-1024x768Fotor_157343664038532-1024x768






お店のおやじさんが

これまた超絶愛想が悪い

うどんを食べながらグーグルの口コミを見てるみと

みんな同じような感想を書いてた(笑)

二度と行くことはないでしょう・・・


1日目夕食

マハラジャスパイス

ホテルから自転車で5分もかからない場所にあるカレー屋さん

こちらは逆に口コミで絶賛されていたお店です
Fotor_157343647355465-1024x768Fotor_157343651252091-1024x768






カレーを選ぶともれなくサラダ・ナンなどの食べ放題が付いてきます
Fotor_157343656772131-1024x768Fotor_157343653265162-1024x768






ナンの種類がめちゃ豊富!!

どれも美味しかった〜♪

お店の方もとってもフレンドリー♪

ここは是非リピートしたいお店でした♪
Fotor_157343649499643-1024x768Fotor_157343655272315-1024x768






2日目昼食

民宿・平家の宿

見の越にある民宿です

観光リフトに乗る前に食べました

店主が平家の落人なのかは不明(笑)
Fotor_157343673903781-1024x768Fotor_157343675113992-1024x768






月見手打ちそば(700円)

そば粉100%でぼそぼそです

このぼそぼそ感が“祖谷そば”なのです

おかみさんがめちゃくちゃ愛想のいい方でほっこりしました♪
Fotor_157343682939298-1024x768Fotor_15734368407473-1024x768







今回の旅でお土産は特に何も買いませんでしたが

気になるものはありましたね

“ラグビー饅頭”

ラグビーワールドカップに便乗しているとしか思えない饅頭ですが

脇町名物だそうです・・・

Fotor_157343644485899-1024x768






あとすごいネーミングのお菓子が売っていましたね

その名も

脇美人!!
Fotor_157343645731642-1024x768






たまにいるよね脇フェチ(笑)

これは脇町の名物なので

あって当然と言えば当然か

いや、ナシやろ!(笑)

お店が閉まっていたのが残念ですが


次回のアーク探しの旅では

是非食べたみたいと思います(笑)

アークを探しに徳島へ♪【劔山本宮・宝蔵石神社編】

西島駅からのルートは

“根道コース(40分)
大劔道コース(60分)
縦走路コース(80分)


と3つに分かれているようですが

今回は大劔道で登って

尾根道で下りました

ちなみ今回履いたシューズは

キーンのジャスパーロックス

それほど足場も悪くないのでスニーカーでも問題ないと思います
IMG_20191029_170510-1024x768






IMG_20191029_114749-1024x768IMG_20191029_114746-1024x768






西島駅のトイレです

ホラーです(笑)
IMG_20191029_114832-1024x768IMG_20191029_114858-1024x768






登山道に鳥居があるのが信仰の山って感じでいいですね

雨上がりのモヤがなんともミステリアス

いい雰囲気やん♪
IMG_20191029_115028-1024x768IMG_20191029_115111-1024x768






こちらが“大劔神社”

後ろの大きな岩がご神体なのかな?

天下一切の悪縁を絶ち

現世最高の良縁を結ぶ


がキャッチコピーのパワースポットです
IMG_20191029_120331-1024x768IMG_20191029_120347-1024x768






引き続き山頂を目指します

写真だけ見るとちょっと怖そうな雰囲気ですが

実際はそんなに怖くないですよ(笑)
IMG_20191029_120731-1024x768IMG_20191029_121110-1024x768






IMG_20191029_115405-1024x768IMG_20191029_120018-1024x768






霧が濃くて距離感がまったくわかりませんが

この鳥居を越えたら神社が目の前にありました
IMG_20191029_121740-1024x768IMG_20191029_121850-1024x768






ここが“剱山本宮・宝蔵石神社”

ここも後ろに大きな岩がありますね

これが“宝蔵石(ほうぞうせき)”みたいです
Fotor_157344667535377-1024x768Fotor_157344665203133-1024x768






神社の横にある小屋は“剣山頂上ヒュッテ”
IMG_20191029_124651-1024x768IMG_20191029_124817-1024x768






ヒュッテと神社の間を進むと頂上はすぐそこ!
IMG_20191029_122742-1024x768Fotor_157344618494510-1824x1368






頂上付近は木道になているので歩きやすい♪

なんだか大山を思い出しますね

あの時もこんな天気だったような・・・

夏の大山 弾丸登山♪【6合目〜頂上】前半
(2014年9月3日)
IMG_20191029_122851-1024x768IMG_20191029_123120-1024x768






こちらが有名な頂上にある三角点の注連縄
(上から見ると目のように見えるそうです)
IMG_20191029_123139-1024x768IMG_20191029_123211-1024x768






なんか“ここが頂上!!”

って場所がないので達成感が沸かないな〜・・・

仕方ないのでこの看板の前にしゃがんで記念写真(笑)
IMG_20191029_123428-1024x768IMG_20191029_123815-1024x768






劔山本宮・宝蔵石神社を後ろから見ると迫力がありますね

この岩の下に失われたアークが眠っているのか?

それとも壇ノ浦から落ち延びた

安徳天皇の剣が埋まっているのか?
(剣山の名前の由来のひとつ)

“宝の蔵の石”ってネーミングにワクワクしてしまいます(笑)
IMG_20191029_124343-1024x768IMG_20191029_124550-1024x768






そんなことを想像しながら下山開始

帰りのバスを逃したら帰れなくなるからね

本当は“鶴岩・亀岩”み見たかったけど時間がなかった・・・

剣山はもともと“鶴亀山”で「つるきさん」だったとの説も
(鶴は日本、亀はイスラエルを現している?)
IMG_20191029_125123-1024x768IMG_20191029_125303-1024x768






写真左下は“刀掛けの松”

安徳天皇の刀を掛けたという伝説が残るそうです

写真右下の小さなお社は“枝折(しおり)神社”
IMG_20191029_125958-1024x768IMG_20191029_125937-1024x768






名残惜しく観光リフトで山を下ります

結局天気はずっとモヤっていましたが

今回は登山目的ではなく

剣山にまつわるミステリーを追う旅だったので

個人的にはこの天気で良かったです♪
IMG_20191029_130201-1024x768IMG_20191029_132950-1024x768






穴吹駅から高速バスの乗り場までは時間がないのでタクシーを利用
(事前に配車をしておきました)

脇町の高速バスのりばから綺麗な夕日が見れました♪
IMG_20191029_163240-1024x768IMG_20191029_164801-1024x768






これにて今回のアーク探しの旅はいったん終了

でも剣山周辺にはまだまだミステリアスなスポットがたくさんあるんですよね

古事記の舞台は実は阿波だったかも!?

って話しも気になるし

秦氏と空海

そして古代イスラエルとユダヤを辿る旅はまだ始まったばかりです♪

正倉院展と奈良・京都の特別公開ツアー♪

東日本のお客様をお連れして

再び奈良へ行ってきました(笑)

京都駅を出発し、最初に向かったのは?

そう、興福寺&正倉院展!!

今シーズン5度目(笑)

というか先週行ったコースと同じツアーです

正倉院展と奈良・京都の特別公開ツアー1日目♪

10月26日から開催された正倉院展も14日で終了

ってことは今年の正倉院絡みのツアーはこれで最後です!!

この2週間で奈良もすっかり秋めいてきましたね

Fotor_157373897272771-1024x768Fotor_157373889244623-1024x768






Fotor_15737389234440-1024x768Fotor_157373895112752-1024x768






Fotor_157373886604040-1024x768Fotor_157373883882730-1024x768







2日間特に大きなトラブルもなく・・・

と言いたいところですが

とんでもなく大きなトラブルがありました

そもそもツアーの設定自体に問題があったんですが

その問題に気づかなかった自分にも問題があったと思います

ほんと情けない・・・(涙)

慣れって怖いなと改めて感じました

初心を忘れず残りの紅葉シーズンも頑張りたいと思います

確認・確認・また確認!!



さて、コース内容は前回と同じなので

今回は食べ物ネタでも書いておきますね

これまで書いていそうで書いていなかった

京都駅集合の際にランチで利用するレストラン

実は京都駅で集合するツアーの際には

ほぼ100%と言っていいほど利用するレストランがあります

それが“パスタモーレ”ってパスタ屋さん
Fotor_157373901584026-1024x768Fotor_157373899032094-1024x768






なぜいつもここを利用するかと言うと

―弦臂貊蠅糧条口に近い
▲ウンター席だと充電用コンセントがある
サイズがM(200g)L(300g)LL(400g)同料金♪


こんな感じ(笑)

さらにリピーター割引も頻繁に行っているので

ほんと毎回お世話になっています

店員さんに

「お前どんだけパスタ好きやねん」

って顔をされるので

ちょっと恥ずかしいのが難点です・・・

しかも注文するメニューが

ヤリイカと明太子のパスタか

トマトとベーコンのパスタのどっちかだし
(偏食家なもんで・・・)

今月、あと3回はお世話になるかな?(笑)



夕食は奈良ホテル近くのうどん屋“ふく徳”

前から気になっていたカレーうどん

これまた気になっていたおぼろ豆腐をオーダー

カレーうどんは普通に美味しかったですが

おぼろ豆腐はめちゃくちゃ美味しかったです!!!

ちくわの磯部揚げといい

ふく徳はサイドメニューが熱いですね♪

ちなみにご主人に

「ごはんがちょっとだけ余ったから良かったら食べて」

ってミニおいぎりを頂いたんですが

このおにぎりもめっちゃ美味しかった!!!
Fotor_157373877627873-1024x768Fotor_157373879020049-1024x768







さて、先月の後半から奈良づくしのお仕事でしたが

これからは京都&滋賀に行くツアーが続きます

17日からは3連添だし(汗)

いきなり冬みたいな寒さですが

体調に気をつけて元気に乗り切りましょう!!
IMG_20191114_211845_210-1024x1280








↑金戒光明寺にて

アークを探しに徳島へ♪【剣神社編】

アーク探しの旅2日目

今日はいよいよ剣山へ向かいます

昨日はめっちゃ快晴だったのに

今日は朝から雨模様です・・・
IMG_20191029_074307-1024x768






ホテルからJR穴吹駅までは徒歩で約15分

穴吹駅から剣山のロープウェイのりばがある

“見の越”までは市営バスを利用
(途中、滝の宮で乗り換えあり)

※このバスは期間限定運行なので要注意!!
Screenshot_20191028_092749








IMG_20191029_081046-1024x768IMG_20191029_081531-1024x768






穴吹駅を出発したあとは2時間以上かかるので

途中でトイレ休憩をとってくれました(笑)
IMG_20191029_153341-1024x768






バスは昨日行った白人神社の横を通り

穴吹川沿いをどんどん山の中に入っていきます

カーブが多いので車酔い注意!

“滝の宮”でバスを乗り換え

この場所にトイレがないので、さっきのトイレ休憩があったのです
IMG_20191029_090014-1024x768IMG_20191029_093850-1024x768






このあとさらに山奥に入っていきます

だんだん雨も止んで雲海が広がってきました
IMG_20191029_095408-1024x768IMG_20191029_102301-1024x768






ようやく“見の越”に到着

霧雨状態ですね
IMG_20191029_104248-1024x768IMG_20191029_104259-1024x768






まずは見の越周辺を散策

いきなり空海さんがお出迎えをしてくれました(笑)
IMG_20191029_104817-1024x768IMG_20191029_104914-1024x768






山麓の見の越には“剣神社”があります
IMG_20191029_105135-1024x768IMG_20191029_104702-1024x768






剣山への登山道にもなっているみたいです
IMG_20191029_105826-1024x768IMG_20191029_105737-1024x768






めっちゃシンプルな神社ですね

狛犬がなんだかカエルみたい
IMG_20191029_105250-1024x768Fotor_157344534481185-1024x768






社務所には誰もいませんでした

おみくじが20円と激安です!(笑)
IMG_20191029_105651-1024x768IMG_20191029_105347-1024x768






隣には“剣山・円福(密)寺”ってお寺も
IMG_20191029_110535-1024x768IMG_20191029_110643-1024x768






お寺に鳥居があるのも面白いですね

モヤがかかって幻想的でした
IMG_20191029_110906-1024x768IMG_20191029_110353-1024x768






さて、再びロープウェイのりばへ戻りましょう

左の建物は“剣山自然情報センター”

この辺りに生息する動物のはく製が展示されていました
IMG_20191029_113109-1024x768IMG_20191029_133448-1024x768






剣山へはさっきの剣神社から歩いて登れますが

今回は観光リフトを利用
(往復1900円)
IMG_20191029_113200-1024x768IMG_20191029_113245-1024x768






観光リフトを使えば約15分で

標高1700m地点の西島駅まで一気に登れます♪
(剱神社から歩くより約40分短縮)
IMG_20191029_113435-1024x768IMG_20191029_113454-1024x768






IMG_20191029_114208-1024x768IMG_20191029_114713-1024x768






しかし15分間吹きさらしだったので寒かった〜

今シーズン初めてカイロを使いました・・・

アークを探しに徳島へ♪【ラッキー宮殿編】

穴吹川に沿って白人神社へ向かう途中

気になる看板を発見してしまいました
IMG_20191028_144844-1024x768IMG_20191028_144819-1024x768






御崎神社
ラッキー宮殿
天孫降臨の地
IMG_20191028_144756-1024x768






え、ラッキー宮殿てナニ?

え、なんでこんな所に天孫降臨の地が?

そういえば、穴吹川に架かる橋にも

ラッキー橋って橋があったな・・・(笑)
IMG_20191028_163554-1024x768IMG_20191028_145632-1024x768






1.5キロということなので行ってみることにしました

あまりに急なので自転車を置いて歩いて坂道を上ります
IMG_20191028_164537-1024x768IMG_20191028_164206-1024x768






登っても登っても宮殿らしき建物なんてない・・・
(あ、ここでもあの飾りが屋根に乗ってる)
IMG_20191028_164920-1024x768IMG_20191028_164749-1024x768






なんか向かいの山と同じくらいの標高まで登ってきてるんですけどー

絶対1.5キロじゃないやろ!!!

ってところで

ようやく「あと500m」って看板が
Fotor_15734445528552IMG_20191028_165414-1024x768






さらに進むとまた看板

ほんまにこんな山の中に宮殿なんてあるんかいな・・・

ってところで

遠くの空き地に何かを発見
IMG_20191028_165750-1024x768IMG_20191028_170141-1024x768






入口って書いてあるってことは

ここがその“ラッキー宮殿”ですか???

どの辺がどうラッキーで

どこをどう見たら宮殿なのでしょうか???
IMG_20191028_170303-1024x768IMG_20191028_170411-1024x768






周辺は空き地が広がるのみ

ドッグランにしたら犬が喜びそうですが

私は残念ながら犬ではないので全然嬉しくありません

ここまで登ってきてこれだけか!

って絶望感がハンパない・・・(涙)

あとで知りましたが

美馬市は郵便番号が777だそうで

それにちなんで市内にラッキー宮殿と呼ばれる施設を7つ造ったんだとか
(税金の使い方間違ってると思う・・・)

ラッキー宮殿
(美馬市ホームページより)
IMG_20191028_170842-1024x768IMG_20191028_170620-1024x768






空き地に看板が立っていました

この時初めて知りましたが

四国には“邪馬台国四国山上説”というのがあって

この徳島の剣山周辺もその候補地なんだとか

神話でいう天孫降臨のシーンは

地上の政権交代を現しています

何らかの部族がどこからかやってきて

その後の日本を治めたとすると

邪馬台国が天孫降臨の地とも考えられます
IMG_20191028_170609-1024x768






邪馬台国と言えば機内説と九州説が有名で

未だに決着がついていませんが

ひょっとしたらどっちも違うから決着がつかないのかもしれませんね

いや、ほんとは四国だと分かっているけど

それを隠すために、わざと機内説と九州説をバトらせているのかも?


あ、ちなみに看板に書いてあった御崎神社

この小さな社だと思って帰りましたが

後からネットで調べると

さらに山の中に神社があったようです(涙)

(中白人神社とも呼ぶそう)
IMG_20191028_170235-1024x768






往復20キロのサイクリングに思いがけないハードな行程が加わってしまいましたが

邪馬台国四国山上説を知れただけでも大きな収穫でした♪

徳島は奥が深い・・・

アークを探しに徳島へ♪【磐境神明神社編】

さて、いよいよ白人神社の奥社にあたる

“磐境神明(いわさかしんめい)神社”へ向かいます

白人神社の横にある空き地の奥に鳥居が立っていて

その先は急な階段が続いています
IMG_20191028_154642-1024x768IMG_20191028_154748-1024x768






なんか古代文明の遺跡にでも向かうような雰囲気ですね
IMG_20191028_154718-768x1024








こちらがその“磐境神明神社”

え、これが神社?って感じですよね

日本の神社の形式とはまるで違います
IMG_20191028_155642-1024x768IMG_20191028_155049-1024x768






剣山周辺には古代イスラエルと関係しているのでは?

と噂されるスポットが数多く点在しているんですが

この場所は元イスラエル駐日大使だった

エリ・コーヘン氏が特に興味を示した場所だそうです

なんでも古代イスラエルの祭祀場と同じようなデザインなんだとか

入り口は3つで中に5つの祠

5つある祠にはそれぞれ

トヨアキツシヒメ・イザナミ・アマテラス・クニノトコタチ

が祀られています
IMG_20191028_155247-1024x768IMG_20191028_155613-1024x768






なんか読めない文字で書かれたカードが置いてあった・・・
(阿波神代文字かな???)
IMG_20191028_155200-1024x768IMG_20191028_155132-1024x768






さて、今日の目的は達成されたし

そろそろ帰りますかね
IMG_20191028_153624-1024x768IMG_20191028_153648-1024x768






おや?

道路脇にちょっと変わった石仏が祀られいますね

手に持っているのは・・・

法輪羂索は分かるけど

あとはバットピッケル?(笑)

明王の亜種ですかね?

ダウンのパンツみたいなデザインが面白い(笑)

スノーボードに乗っているようにも見えるし(笑)

頭を下げているのは邪気かな?
IMG_20191028_153800-1024x768IMG_20191028_153809-1024x768






あとこの辺の集落の屋根が独特でした

この鴟尾(しび)のような波のような飾り

これが置かれている家がたくさんありました

IMG_20191028_162025-1024x768IMG_20191028_162004-1024x768






あ、磐境神明神社をあとにする際

さっきすれ違ったお神輿の行列がやってきました

ここがゴール地点だそうです
Fotor_157343557375092-1024x768Fotor_157343552382350-1024x768






Fotor_157343547370954-1024x768Fotor_157343555681379-1024x768






一説によると白人神社を守っているのは

古代イスラエルで祭祀を担当していた

レビ族の末裔75人

だそうですが

どうみても75人もいなかった・・・

アークを探しに徳島へ♪【白人神社編】

梅田から徳島県の脇町までは

高速バスで約3時間で到着

まずは荷物を置きに徒歩にてホテルへ向かいました

いきなり“秦眼科”の看板にテンションが上がる(笑)
(“秦”という言葉に敏感なもんで・・・)
IMG_20191028_121129-1024x768IMG_20191028_122739-1024x768






ホテルでレンタサイクルを借り、最初の目的地に向かいます

“脇町”はうだつのあがる町としてツアーでも遥か昔に来た記憶が・・・

でも今回はうだつの町並みを楽しむ余裕はありません(笑)

IMG_20191028_131721-1024x768IMG_20191028_132242-1024x768






吉野川の支流、穴吹川に沿ってひたすら自転車をこぎこぎ
IMG_20191028_143620-1024x768IMG_20191028_144037-1024x768






穴吹川ってめっちゃ綺麗な川ですね
IMG_20191028_143630-1024x768IMG_20191028_145953-1024x768






IMG_20191028_145439-1024x768IMG_20191028_145820-1024x768






片道約10キロ

ようやく目的地に到着〜♪

こちらが今日の目的地のひとつ

“白人神社”です

“白人”と書いて「しらひとじんじゃ」
IMG_20191028_151043-1024x768IMG_20191028_153017-1024x768






こんなマニアックな神社、誰もおらんやろ

と思っていたんですが

何やら様子がおかしい・・・

境内に屋台とか出てるんですけどー!!
IMG_20191028_151215-1024x768






実はこの日

たまたま白人神社の年に1度のお祭りだったのです!

なんという偶然!!
(ほんとに知らなかったのでビックリした)

これもアーク、いや空海のお導きか?(笑)
IMG_20191028_152103-1024x768IMG_20191028_151927-1024x768






この白人神社の御祭神は

イザナミ・アマテラス・ニニギ

などの記紀神話の神さまから


崇徳上皇・源為朝

など保元の乱の関係者などなど

古事記や平家物語好きには胸アツなスポットですね♪
(これも現場に行くまで知らなかった)
IMG_20191028_151605-1024x768IMG_20191028_151600-1024x768






うさぎが関係しているようで

境内の至る所で兎がデザインされていました
IMG_20191028_162222-1024x768IMG_20191111_122621






あとで知ったんですが

この狛犬の後ろにある燈籠の上にも兎がいて

これを撫でるとご利益があったのだとか・・・

スイマセン、今回の旅行

前日までツーリズムEXPOでバタバタだったので予習不足が目立ちます(涙)
Fotor_157338958895619-1024x768






ちなみに“白人神社”の“しらひと”ですが

この地元では

コノハナサクヤヒメを「おはなはん」

ニニギノミコトを「しらひとはん」

と呼ぶそうです

これもあとで知りました(笑)


山間に立つ小さな神社ですが

手前の穴吹川にはかつて、こんな大きな橋が架かっていたそうです
(現在は橋桁のみが遺跡のように残っています)
IMG_20191028_152528-1024x768IMG_20191028_152535-1024x768






穴吹川の清流を見に観光客もたまに訪れるようで

神社の前には観光駐車場がありました

マイクロならバスでも入れるみたい

旅行会社の皆さま

“徳島県アーク探しツアー”とかどうです?(笑)
IMG_20191028_152351-1024x768






神社を参拝したあと、何やら賑やかな音が聞こえてきました

軽トラックに乗っているのはひょっとして・・・


失われたアーク?

アークを探しにはるばる徳島県に来てみたら

アークは車に乗って向こうからやってきてくれました(笑)
Fotor_157344355655327-1024x768Fotor_157344362773370-1024x768






ってこれはアークじゃなくて白人神社の神輿ですね

鳳凰もケルビムにしか見えない・・・
(完全にビョーキです)
IMG_20191028_154243-1024x768Fotor_157344359589317-1024x768






お囃子というか鼓笛隊(?)みたいな行列は地元の小学生みたいです

これで全校生徒なのかな?

観光客は他に誰もいなかったんですが

特に変な顔をされるワケでもなく

普通に前を通り過ぎてゆきました・・・
Fotor_15734436564275-1024x768






剣山は翌日登るので

この日はホテルからチャリ圏内のスポットめぐり

あと1ヶ所行きたい場所があるんですね

それは白人神社の奥社にあたる場所

実はここが今回でメインの目的地なのでした・・・
IMG_20191028_152458-1024x768

アークを探しに徳島へ♪【空海の秘密編】

最近、一気に冷え込んできましたね

朝晩の温度差が激しすぎて着るものに困る・・・
IMG_20191107_085025-1094x1459








さて、最近は正倉院展絡みの記事ばかりだったので

ここらで先日プライベートで行った

徳島県・剣山(つるぎさん)のレポートをお送りしたいと思います

ちなみに剣山(1955m)へは登ってきましたが

登山が目的の旅行ではありません!!(笑)



すべてのきっかけは昨年に受験した京都検定

京都の歴史を勉強するうちに

古代氏族“秦氏”について興味が沸きました

秦氏を突き詰めていくと必ず

“古代イスラエル” “ユダヤ” “日ユ同祖論”

というキーワードにぶち当たります

そんな話しはブログでもちょこちょこ書いてきました

祇園祭はシオン祭?
(2019年7月25日)

秦氏を追って大分県の宇佐にも行ったしね

島旅部・春のひとり合宿2019♪
(2019年4月21日)

で、京都検定の試験本番で空海についての知識がなさすぎて

試験後は秦氏より空海にどっぷりハマり

先日もプライベートで高野山へ

高野山に行ってきました♪
(2019年9月24日)

ちょうど高野山から帰宅したあと

ネットで注文をしていた本が自宅に届いていました

タイトルは「空海の秘密」

空海には様々な伝説や謎がつきまとっていますが

この本はその数々の伝説や謎を総動員した感じのミステリー小説

あくまで“こうだったのかも?”という仮説に基づき

空海の生涯で“空白の10年”と呼ばれる期間の謎に迫ります

※これからの記事は小説のネタバレありなのでご注意下さい!

この本で初めて

空海と秦氏

そして

空海と古代イスラエルの失われたアーク

が関係している(かも?)という話しを知りました

失われたアークというのは、あの映画

“インディージョーンズシリーズ”の

「レイダース/失われたアーク(聖櫃)」

のあの“アーク”です
(古代イスラエルの3種の神器が入っている箱)

日本の神輿はこのアークが原型

って話しは聞いたことがありましたが

まさか空海も絡んでいたとは!!(笑)
(あくまで仮説です)

ちなみに表紙の右下に書かれているイラストがそのアーク

確かに箱を二本の棒で担ぐスタイルが神輿とよく似ていますよね

アークの上には“ケルビム”と呼ばれる黄金の天使が羽を広げていたそうです
(ケルビムが日本の神輿では鳳凰に変わったとの説も)
IMG_20191110_215516-1024x768IMG_20191110_215521-1024x768






この小説、空海の生涯を追っているので

もちろん遣唐使の話しも出てくるんですが

335ページある中で

唐の話しはたったの3ページでした(笑)

Fotor_157344959946879-1024x768






小説の内容をざっくりお話しすると

空海の土木技術と秦氏の財力で平安京を造る
(この頃から皇室に可愛がられる)

秦氏の依頼で徳島の剣山に眠るアークを探し当てる
(空海がインディージョーンズみたいに大活躍)

見つけたアークを守るため八十八ヶ所のお寺を設置する
(八十八ヶ所の霊場はアークを守るための結界だった!?)

仲良しの嵯峨天皇の力を借りて全国に散った古代イスラエルの3種の神器を集める
(この辺のくだりはかなり雑)

アークを剣山から安全な高野山へ移すため万燈供養会のイベントを企画する
(ナイスアイデア!)

アークと共に奥ノ院の御廟に入って入定
(まぁ確かにそこなら安全やね)

空海は永遠の瞑想と共にアークを守り続ける

(なんとも清々しいエンディング!!)

という壮大なストーリー




“アークを探しに徳島へ♪”

ってブログのタイトルですが

結局アークは先月行った高野山にあったんかーい!

ってオチ(笑)

でも、今回徳島へ行った際は

この本の半分しか読んでいなかったので

アークは剣山にあるものだと思い込んでおります(笑)

そのままお付き合いいただければ幸いですm(__)m


さぁ阪急梅田のバスターミナルから高速バスに乗って

まずは徳島県の脇町へ出発です♪
IMG_20191028_084357-1024x768






正倉院展と奈良・京都の特別公開ツアー2日目♪

前回奈良ホテルに宿泊した際は

朝食が付いていない素泊まりだったんですが

今回は朝食付きだったのでしっかり食べてきました

なんてったって朝食バイキング


3872円ですからね♪
(内容はイマイチでしたが・・・)

Fotor_157327410785398-1024x768Fotor_157327408170338-1024x768






午前中の観光は

“薬師寺”&“西大寺”


西大寺のみどころは昨年の記事に詳しく書いているので割愛(笑)

正倉院展と薬師寺ツアー・2日目♪
(2018年11月1日)

※本堂の文殊菩薩が現在修復中で不在です
Fotor_157327403266659-1824x1368Fotor_157327404778572-1024x768






このあと奈良をあとにして京都へ

昼食は毎度お世話になっている美濃吉でした

人手が足りないのか、たまたま忙しかったのか

めっちゃバタバタで対応がかなり雑でした・・・(涙)
Fotor_157327398450272-1024x768Fotor_157327400744858-1024x768






午後は“金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)”

バス駐車場がないので、丸太町通で乗降

岡崎神社の横の細い道から境内へ
IMG_20191109_212953-1024x768IMG_20191109_135647-1024x768






途中、トイレがありますが

ここを右へ行くとアフロ仏像として人気の

“五劫思惟阿弥陀仏”がおります

今や金戒律光明寺の顔になってるよね(笑)
IMG_20191109_213024-1024x768IMG_20191109_140005-1024x768






トイレの横の坂を上がると御影堂や大方丈が見えてきます
IMG_20191109_213109-1024x768Fotor_157330836816320-1824x1368






御影堂の前のテントが券売所

御影堂で靴を脱いで中に入り

大方丈でいったん靴を履いて庭園を見て
(再び靴を履いて同じ場所に戻ります)

寺務所の売店から出る

って流れです

秋の特別公開なので

所々でボランティアガイドさんが案内をしていました
(特別公開の伊藤若冲の屏風絵は大方丈の中です)

IMG_20191109_140245-1024x768IMG_20191109_134942-1024x768






今回のツアーでは“山門”も含まれていたので

再集合の場所と時間を決めて各自で山門へ
IMG_20191109_140334-1024x768IMG_20191109_140400-1024x768






IMG_20191109_142805-1024x768IMG_20191109_142346-1024x768






階段がかなり急なので、大きな荷物は預けたほうがラクです

ちなみに山門の中だけでなく

山門の上からの景色も(近隣住民のプライバシー保護から)撮影はNGなのでご注意を

山門の上でもボランティアガイドさんの案内がありました

所要時間は90分くらいでちょうど良かったです
IMG_20191109_143105-1024x768IMG_20191109_143116-1024x768






これにて行程は全て終了

なんで唯一の京都観光が金戒光明寺だったんだろ・・・


話しは変わりますが

奈良ホテルは今年で創業110周年

牛乳石鹸も同じく創業110周年らしく

部屋の中に牛乳石鹸×奈良ホテルのコラボ石鹸が置いてありました

表が鹿、裏が牛マークの赤箱(笑)

Fotor_157325132792749-1024x768Fotor_157325130768791-1024x768






これ、めっちゃレアやん!

メルカリで売れるんちゃう?

ってメルカリで検索してみると・・・

Screenshot_20191109_222438-768x1022








やっぱりみんな考えることは同じやね(笑)

正倉院展と奈良・京都の特別公開ツアー1日目♪

東日本のお客様をお連れして

再び奈良へ行ってきました(笑)

京都駅を出発し、最初に向かったのは?

そう、興福寺&正倉院展!!

今シーズン4度目(笑)


今回は興福寺の駐車場にずっとバスを止めていたので

お客様はかなり自由に奈良公園の散策を楽しめたようです♪

(3時間超えなので駐車代が2500円×2回分かかったけど・・・)

さて、今夜の宿泊は“奈良ホテル”

このツアーは本館か新館かは選べないプランでしたが

お客様のお部屋はラッキーなことに本館を頂けました♪
IMG_20191108_172233-1024x768IMG_20191108_172328-1024x768






お客様は本館でも添乗員は強制的に新館

と思っていましたが

今回は添乗員も本館利用♪

本館は廊下から重厚感が違うね(笑)

吊り燈籠をイメージしたライトも素敵ですね
IMG_20191108_191117-1024x768IMG_20191108_191057-1024x768






IMG_20191108_171428-1024x768IMG_20191108_171738-1024x768






IMG_20191108_171821-1024x768IMG_20191108_171751-1024x768






お客様の夕食はフレンチのコース
IMG_20191108_184017-1024x768Fotor_157325138881618-1024x768






さすがに添乗員は夕食なしプランですので

ホテルの外に夕食を食べに出かけました

ゆーても奈良ホテルの周辺ってほとんど飲食店がないんですよね

これまで2度利用した

“ふく徳”ってうどん屋か

ふく徳のすぐ近くにある

“パルコ”ってお好み焼き屋くらい

ほぼ二者択一(笑)

なので今回は“パルコ”に初挑戦!!

広島県産の牡蠣を使った

“ねぎかき玉(1230円)”をオーダー

お店の名前が喫茶店みたいなので

正直あんまり期待していなかったんですが

めっちゃ美味しかった〜♪
IMG_20191108_172755-1024x768IMG_20191108_174559-1024x768






奈良でお好み焼きが食べたくなったら是非♪

IMG_20191108_174701-1024x768







正倉院展と飛鳥・橿原ツアー2日目♪

2日目はもちろん“橿原神宮”からスタート

前回は修復工事中で消えていた二の鳥居

綺麗になって復活していました

それにしても雲ひとつない快晴!

今日もいい天気になりそうです♪
IMG_20191105_093855-1024x768IMG_20191105_093232-1024x768






このあと“石舞台古墳”“大神神社”
IMG_20191105_103224-1024x768IMG_20191105_113152-1024x768






昼食は三輪そうめんの老舗

“三輪山本”でした
Fotor_157294204422162-1024x768Fotor_157294206312713-1024x768






1年ねかせたこだわりの素麺が絶品♪
Fotor_157294198947724-1024x768Fotor_157294202113393-1024x768






オリジナルの七味も美味しかったので

思わず2つも買ってしまった(笑)

これ、めっちゃオススメです
(七味というか山椒っぽい味です)
IMG_20191105_123030-1024x768Fotor_157313840892479






午後は修学旅行生で賑わう“薬師寺”

工事中の西塔が半分だけ見えているのがいじらしいですね(笑)
IMG_20191105_142403-1024x768IMG_20191105_143525-1024x768






これにて行程はすべて終了〜

そう、午後の観光は薬師寺だけだったのです

京都駅には17時前に到着

でもお昼が軽めだったのでお腹空いたな・・・

ってことで

前から気になっていた京都駅構内にあるカレー屋さん

“スパイシーマサラ”でカレーを食べて帰りました
IMG_20191105_165914-1024x768IMG_20191105_165100-1024x768






前にお客様が

「意外と美味しかったよ」

って言っていたし

グーグルの口コミを見ても

“意外とクオリティが高い”

ってレビューが多いお店なんですよね
(どんだけ見た目悪いねん!)


ジャンボチキンカツカレー(810円)と迷ったけど

カロリーを気にして

マサラビーフカレー(650円)をオーダー

お味の方はいたって普通のカレーでしたが

とにかくサーブが早い!

そして薬味のらっきょうが食べ放題!

ここはかなりポイントが高かったです(笑)


駅構内なのでサーブが早いのは嬉しいですよね

一番安いマサラカレーは510円とリーズナブル♪

新幹線の食堂車の味を再現した

プレミアムビーフカレー(820円)も人気だそうですよ

新幹線の食堂車

懐かしいな〜

今でもたまに新幹線コースでお客様から質問されます

「添乗員さん食堂車ないの?」って・・・(笑)

正倉院展と飛鳥・橿原ツアー1日目♪

東日本のお客様をお連れして

再び奈良へ行ってきました(笑)

京都駅を出発し、最初に向かったのは?

そう、正倉院展!!

今シーズン3度目(笑)


今回はお客様が正倉院展をご覧になっている間

前から気になっていた

“正倉院・正倉”に行ってみました

正倉院展で展示されている持宝たちが納められていた倉庫

奈良公園バスターミナルや国立博物館からは

歩いて15〜20分ほど

びみょーに遠いです・・・

Fotor_157313693744088








IMG_20191104_135123-1024x768IMG_20191104_134902-1024x768






IMG_20191104_135203-1024x768Fotor_157286037375436-1024x768






拝観は無料

遠くから見るだけって感じですが

けっこう賑わっていましたよ
IMG_20191104_135645-1024x768IMG_20191104_135709-1024x768






このあと“興福寺”

北円堂がかなり混んでたな〜

納経所も朱印待ちの人で長蛇の列ができていました
(3連休最終日ですからね・・・)
IMG_20191104_151623-1024x768IMG_20191104_151927-1024x768






今夜の宿泊は橿原市の“THE KASHIHARA”

先月の橿原神宮夜間拝観ツアーでお世話になったホテルです

橿原神宮・夜間正式参拝ツアー1日目♪
(2019年10月10日)

Fotor_157286027102077-1024x768IMG_20191104_181943-1024x768






添乗員の夕食は1階の中華レストランで中華定食

これくらいのボリュームがちょうどいいです♪
IMG_20191104_173858-1024x768IMG_20191104_184539-1024x768






夕食後はホテルの部屋で宣伝会議賞のラストスパート

深夜まで豆乳のコピーを絞り出したのでした・・・

IMG_20191105_080217-1024x769






大豆を絞り出したのが豆乳

アイデアを絞り出したのが宣伝会議賞


あ、これも応募したらよかった(笑)

正倉院展と春日大社夜間拝観ツアー♪

連添で再び奈良へ・・・(笑)

最初に向かったのは“奈良ホテル”

こちらで操業110周年記念ランチを食べたあと
Fotor_157274363929230-1024x768Fotor_157274367554147-1024x768






Fotor_157274369237299-1024x768Fotor_157274371029736-1024x768






ホテルスタッフによる館内名画鑑賞
IMG_20191102_140747-1024x768Fotor_15727437295603-1024x768






そしてもちろん正倉院展

このあと春日大社の夜間拝観まで時間があったので

バスターミナルで時間を潰してもらいました

展示物は20時まで

ターミナル自体は22時までやっているので助かります

屋上からの夕日が綺麗だった〜♪
IMG_20191102_154035-1024x768IMG_20191102_172042-1024x768






さて、このあとはいよいよ春日大社へ

この日は旅行会社貸切の夜間拝観です
IMG_20191102_182336-1024x768IMG_20191102_184123-1024x768






燈籠にロウソクを灯す献灯体験付き
Fotor_157274490312999-1024x768Fotor_15727448838353-1024x768






Fotor_157274486899828-1024x768Fotor_157274484995421-1024x768






暗闇に浮かぶ吊り燈籠が幻想的ですね
IMG_20191102_184939-1024x768IMG_20191102_185201-1024x768






IMG_20191102_190252-1024x768IMG_20191102_185644-1024x768






約1時間ほどの特別拝観でしたが

なかなか貴重な体験をさせて頂きました

春日大社の夜間拝観は先日の橿原神宮と違い

結構頻繁に各旅行会社で企画されているみたいです

機会があれば是非参加してみてくださいね

正倉院展と法隆寺ツアー2日目♪

ツアー2日目は“薬師寺”からスタート

薬師寺では現在、以下の3ヶ所のエリアで特別拝観中

/堂
∪湘磧塀蘚稙睇堯
8者三蔵院伽藍
IMG_20191101_091716-1024x768IMG_20191101_091453-1024x768






この後は“法隆寺”

大きな伽藍のお寺が続きます・・・

法隆寺の期間限定公開は

‖臺蔵殿(百済観音など)
東院伽藍・夢殿(救世観音など)
上御堂(かみのみどう)

※は11/1〜3日の3日間限定

ちなみに大宝蔵殿の夢違観音は大英博物館に出張中
IMG_20191101_111100-1024x768IMG_20191101_120208-1024x768






お昼は大和郡山市にある“創作和食れすとらん ばんか”
IMG_20191101_124016-1024x768Fotor_157259821109984-1024x768






添乗員&乗務員は天丼でした

(奈良ってなぜか乗務員食が天丼てパターンが多い・・・)
IMG_20191101_123513-1024x768IMG_20191101_125120-1024x768






最後は京都府木津川市にある“浄瑠璃寺”

ここは京都検定でよく出題されるので名前は知っていましたが

実際に行くのは初めてです(たぶん)
IMG_20191101_151320-1024x768IMG_20191101_151012-1024x768






バスガイドさん曰く

住職の話しが長いので有名らしい(笑)
(確かに長かった・・・)
IMG_20191101_145003-1024x768IMG_20191101_144917-1024x768






こちらの浄瑠璃寺でも特別公開中のイベントがあります

“詈・吉祥天立像
(本堂内におります)
∋綾電磧初層ご開扉
(見えにくいですが薬師如来がおります)
B臚如来坐像
(灌頂堂におります)
IMG_20191101_143904-1024x768IMG_20191101_143807-1024x768






IMG_20191101_143959-1024x768IMG_20191101_143755-1024x768






境内は浄土式庭園で居心地がいいのか

やたら猫が多いお寺でした(笑)
IMG_20191101_145347-1024x768IMG_20191101_145150-1024x768






これにて2日間のツアーも終了

最後の最後にちょっとしたアクシデントがありましたが

なんとか予定より早く京都駅に到着できてやれやれです♪

ほんとツアーは最後まで何が起こるか分からんわ(汗)
旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
funa888◆gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・