ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

2020年04月

無人島でどう過ごしますか?

昨日で休業生活も45日目を迎えました

このブログを見ている方の中でも

私と同じように休業中

普段通りに出社

自宅でテレワーク

色々いると思います

※もちろん生活のためにバイトに明け暮れているという方もいらっしゃると思います


でも以前より自由な時間が増えた

家で過ごす時間が増えた

という人が圧倒的に多いのではないでしょうか?

定年退職以前にこんなにまとまった時間なんて

この先恐らくありませんよね
(あったら困る・・・)

1588221649851_copy_1024x768






自分のまわりでもこの時間を有効に使おうと

色んなことにチャレンジしている人がいます

例えば・・・

日本で外国人のツアーガイドをしている友人は

投資(お金)の勉強

沖縄の現地添乗員している友人は

三線の練習

他社さんですが、同じ大阪で添乗員をしている友人は

改めて英語を勉強したり、世界の歴史

を学んでいるそうです

1588219940317_copy_1279x720





あと、元添乗員で現在はまったく観光とは違う仕事をしている

YOCのさんぺーは

世界遺産検定の勉強を始めました

子どもが最近、国旗に興味を持ち始めたから

世界の観光地を教えてあげるためだそうです

Fotor_15882198740469_copy_810x458






添乗員は国内・海外問わず

いくらでも勉強することはありますよね

資格系なら

TOEIC・観光英検・世界遺産検定・旅行地理検定

京都検定・奈良まほろば検定などのご当地検定


ワインソムリエ・温泉ソムリエなんかも面白そう

いや、資格とか堅苦しいものじゃなくても

全国の駅弁を調べまくる!とか

全国のゆるキャラを覚える!

人前でマジックを披露できるようになる!

手相や姓名判断が出来るようになる!

手話で挨拶ができるようになる!

とかでもいいと思います

スケッチ画川柳を始めたら

今後、旅行に行ったときに楽しみが増えますよね

大河ドラマを一気に観る!

ってのは個人的にオススメ

その人物に関連した観光地に行ったときに役に立ちます♪
(ドラマ「坂の上の雲」もええよ)


観光業界とはまったく違う分野の勉強をして

コロナ後の転職に備えるのもアリだと思います




いきなりですが

無人島に漂流したと想像してください

浜辺にSOSって石を並べ

じっと海を眺めて過ごしますか?

それとも

危険かもしれないけど、森の中に食料を探しに行ったり

ダメ元でもイカダを造って海に漕ぎ出しますか?


無人島に比べたら家の中は安全だし

何かやることがありそうですよね♪


4月22日からYouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!

【岡山駅】新幹線から特急やくも・マリンライナー乗り換え♪

岡山駅で新幹線から特急やくも

そして快速マリンライナーへ乗り換えた場合の導線を

添乗員目線で解説した動画をYouTubeにアップしました

実は編集ソフトを買って

1番最初に編集に手をつけた動画です(笑)






今はまったく需要のない動画ですね・・・

撮影したのは2月上旬

岡山で行われた添乗員研修の際に

ついでに撮影したデータを使いました

また、あなたと会いたいと言われる添乗員になるために
(2020年2月6日)


一般の方の感覚だと

駅の乗り換えなんて行きゃわかるやん

って感じだと思いますが

添乗員って慣れない駅や空港で乗り継ぐときって

内心ドキドキなんですよね(たぶん)

特に自分みたいな方向音痴添乗員は(笑)

大阪からだと特急やくもは皆生温泉1泊とかでよく使います

快速マリンライナーはめったに乗らないかな?

めったに乗らないからこそたまに行くと焦る(笑)


早く色んな駅や観光地に撮影しに行きたいです

でも今は我慢がまんのステイホーム!


あ、昨日はじめてグループで

ビデオ通話なるものにチャレンジしてみました

“たくのむ”ってサイトと

LINEのグループビデオ通話


これ、なかなか面白いですね

今度はぜひZOOMにチャレンジしたいものです
(最近YouTubeでもよく見る)


ビデオ通話って色んなサービスがあるんですね

オンライン飲み会ツールおすすめ10選


4月22日からYouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!

行けない今だからこそ行ける場所もある話し♪

いよいよゴールデンウイーク

本来なら海外旅行を予定していた方も多いのではないでしょうか?

今はもちろん、国内・海外問わず

旅行なんて行ける状況じゃないですよね

今年はステイホームウィーク

おとなしく、おうちでタビトレ!

でもして過ごしましょう♪

旅のイメトレチャンネル タビトレ!



さて、先日

用事があって最寄りの駅に向かうと

献血バスが止まっていました

普段、献血は

梅田阪急グランドビル25階の献血ルームがお気に入り

あそこは景色も綺麗だし

ターザン(雑誌)読み放題♪

どうせ献血するならグランドビルがいいよな〜

っていやらしい考えが頭をよぎりましたが

これも何かの縁だと思って

数年ぶりに献血バスで献血をしてきました

IMG_20200428_223714_copy_800x531






献血って海外から帰国したあと

4週間はできないんですよね

しかも1度献血に行くと

次に献血ができるまで

12週間の間隔を開けないといけません
(400mlの全献血で男性の場合)

以前、月イチくらいで海外添乗に行っていた頃は

なかなか献血に行くことができませんでした

海外がメインの添乗員さんだったら

恐らく献血なんて無理だったのではないでしょうか?

なので

行くなら今がチャンス!!

だと思いません?


不要不急の外出はもちろん控えた方がいいですが

用事で出かけた先に献血ルームがあったり

献血バスが止まっていたら

何かの縁だと思って献血に行ってみませんか?


今はコロナ・コロナってニュースでやっていて

大変なのはコロナの感染者だけみたいな風潮ですが

現在もそれ以外の病気、交通事故やケガで

輸血を必要としている人はたくさんいるはずです

コロナに感染した方の治療も大切ですが

治療の大切さはそれ以外の患者さんも同じですよね


コロナの感染を気にして献血に訪れる人が減っているそうです

献血ルームや献血バスより

スーパーやコンビニの方が

よっぽど人が密集してそうなのにな・・・

IMG_20200428_223714_copy_800x531






あ、献血のお礼にテッシュとコーヒー貰いました

献血のお礼にマスク!

とかだったら

来る人がもっと増えるかもしれませんね♪

Fotor_158808107991510_copy_1024x768







↓YouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!

大阪駅からプラザモータープールまでの行き方♪

休業生活40日目



昨日お話しした

タビトレ!

のメインコンテンツである

行き方・まわり方・乗り継ぎ


の第1弾として

JR大阪駅から梅田・茶屋町にある

プラザモータープールまでの行き方を

YouTubeにアップしました

旅行会社主催のバスツアーや

高速バス、湯快リゾートの集合場所になっている駐車場です

※阪急トラピックスさんのバスツアーの受付は

梅田芸術劇場のチケット売り場前です


Screenshot_20200424_234746









普段、自分は大阪メトロの中津駅を利用するので

プラザモータープールなんかすぐやん♪

って思っていたんですが

JR大阪駅からって結構遠いし分かりにくいですよね・・・


大阪駅の改札付近で

「プラザモータープールってどっちですか?」

なんて聞かれたら

場所は知ってはいても説明できる自信ないな〜・・・

それくらい遠いです・・・

やっぱり慣れていない人は

“大阪メトロの中津駅”をお勧めします
(“阪急”の中津駅ではないです!)

どうしても大阪駅から歩きたい方は

タビトレ!

でイメトレしてから行きましょう♪

電車の中でもみやすいように

全編テロップ付きで解説しています



早くこの動画がたくさん活用されるくらい

普通に旅行に行ける日が戻ってきますように・・・
(この動画は1月下旬に撮影しています)


 

【4月26日】
メトロ中津駅からの行き方も追加しました

  

↓そのほかの動画はコチラ
旅のイメトレチャンネル タビトレ!

YouTubeでやりたいこと

昨晩、念願のYouTubeを開設しました!

急いでブログを投稿したので

ぶっきらぼうな内容で失礼致しました・・・(笑)

ところで、もう見てもらえましたか?

タビトレ!



改めましてYouTube開設の経緯と

これからYouTubeで発信していきたいことを

“落ち着いて”お伝えしたいと思います


メインのコンテンツはずばり

行き方・まわり方・乗り換え

の3つ

Screenshot_20200424_234731









自分は添乗員のくせにすごく方向音痴なんですね

心配な観光地があれば休みの日に下見に行くこともしばしば

その様子をブログで書くことも何度かありました

もともとこのブログな添乗員では

“行き方“とか“乗り継ぎ方法”

を書いた記事がよく読まれています

前々から、これを動画でお伝えできたらな〜

って思っていたんですね

それがようやくカタチになろうとしています

本当は今年のお花見のシーズンに合わせて

吉野山の解説動画でデビューする予定でした

吉野山へ行こう! 擽疆患般遽悄措袈覆衒岐点】
吉野山へ行こう!◆畋膓供禅反綽声辧
吉野山へ行こう!【勝手神社〜竹林院前バス停】
吉野山へ行こう!ぁ擶千本〜上千本編】

これの動画版!!(笑)

でも今年はお花見シーズンの前に休業生活

プライベートでも仕事でも吉野に行く機会を失いました・・・(涙)

今は観光地に出向いて動画を撮りに行くのは難しいですが

幸い、YouTubeの撮影用に購入したアクションカメラ

GoProの練習用に撮っていた

岡山駅(やくも・マリンライナーへの乗り継ぎ)

新大阪駅(1階集合場所までの行き方)

プラザモータープール(大阪駅からの行き方)


のデータが手元にあるので

それから発信していこうかな?と思っています

今のうちに

こんな動画が見たい!

ここの行き方の動画が見たい!


などリクエストがあれば

Youtubeにコメントをお寄せ頂ければと思います

もちろん

添乗員がおススメする旅行便利グッズ

みたいなベタなネタも扱うつもりです(笑)


まずはタビトレ!のチャンネル登録から

宜しくお願いしまーす♪


この記事の内容の動画です

3つのメインコンテンツについて



YouTubeはじめました!

ようやくで

やっとです

今さらです


2005年2月にホームページを開設し

2005年9月にブログな添乗員スタート

15年目にしてようやく次の1歩です(笑)

Screenshot_20200424_234718









ブログな添乗員ご愛読の皆さま

ぜひ、チャンネル登録をよろしくお願いします!

旅のイメトレチャンネル タビトレ!


 


アナタは何モンですか?

先日、石清水八幡宮参拝レポートを2日に渡ってお送りしましたが

実は話しが長くなるからカットした部分があるんです

ちょっと聞いてもらえます?(笑)

それは神紋(しんもん)のお話し

28_copy_1024x767






神紋とは神社の手水舎や瓦に付いている紋章

家なら家紋、寺院なら寺紋ですね


八幡宮といえば神紋は“三つ巴”

巴紋ってシンプルだけど色々と謎が多い模様なんですよね

水を表しているって説が一般的で

よく火災除けで瓦に付いていたります

IMG_20200406_155046_copy_1024x768IMG_20200407_123951_copy_1024x768






ところでこの三つ巴には

“右三つ巴”“左三つ巴”があるんですが

この写真の巴紋はどっちだと思います?

渦が右回りだから“右三つ巴”って思いますよね

でも一般的にはこれ

“左三つ巴”と呼ぶそうです

覚え方がちょっと面白くて

自分の親指を巴紋として

親指の向いている方向で覚えるそうです(笑)
IMG_20200407_152139_copy_1024x1024









あと石清水八幡宮の総門で

ちょっと気になる紋が目に止まりました

Fotor_158622126227415_copy_1024x768






御祭神が天皇なので菊の紋はわかるけど

手前にある植物の紋は何やろ?
IMG_20200406_161307_copy_1024x768IMG_20200406_161330_copy_1024x768






調べてみると、この紋は

日本の十大紋のひとつ

“橘(たちばな)紋”

その橘紋の中でも

“久世橘(くぜたちばな)”と呼ばれる家紋だそうです

で、今度は[石清水八幡宮 橘]って検索したら

石清水八幡宮創建当時

朝廷の宣旨を受け社殿を建立したのが

“橘良基(たちばなのよしもと)”って平安貴族

だから橘紋なのかな〜と思ったら

この橘紋は石清水八幡宮を宇佐から勧請した

大安寺の僧・行教の家紋から来ているそうです(笑)
(最初から社務所で聞けば良かった・・・)


家紋や社紋って注意してみると面白いんですよね

八幡宮にたくさんある燈篭にも

よく見たら寄進した武士の家紋が彫られている燈篭が数多くありました

Fotor_158623981042592_copy_1024x1024








最近、この家紋や社紋を見るのが面白くて

本まで買ってしまった(笑)
Fotor_158631818728278_copy_1024x768Fotor_15863181630709_copy_1024x768






西東社から出ている

「家紋と名字」

これ、めちゃ分かりやすいですよ

西東社の本はほんと外れがないです♪

本棚にある西東社の本をピックアップしてみたら

これだけあった(笑)

Fotor_15870357230029_copy_1280x960






最近は家にいる時間も多いと思うので

これを期に本で教養を深めるものいいですね♪



ところで皆さん

自分の家の家紋ってご存知です?

↓YouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!


神秘の合言葉・サムハラ神社に行ってきました♪

大阪市西区立売堀(いたちぼり)にある

“サムハラ神社”に行ってきました♪

行く直前まで全く知りませんでしたが

スピリチュアル系が好きな方の間では

めちゃくちゃ有名な神社みたいです・・・

実際に行ったのは緊急事態宣言前です

58_copy_1024x767






住宅街の中にポツンとあるような神社で

最寄りの駅はメトロの千日前線“阿波座駅”

長堀鶴見緑地線“西大橋駅”の中間あたりです
Screenshot_20200414_091205








グーグルマップを見ながらなんとか到着

近くまで行くと大きな看板が目に止まります

ちなみに隣の建物は大阪府警・機動警ら隊

賽銭泥棒の被害とか絶対ないやろな・・・(笑)
Fotor_158558080161443_copy_1024x768Fotor_15855808253271_copy_1024x768






Fotor_158558099268787_copy_1024x768Fotor_158558084568467_copy_1024x768






賽銭泥棒はいないと思いますが

石碑に登る人はいるようです・・・
(さすが大阪!!)
Fotor_158558097319560_copy_1024x768Fotor_15855808616884_copy_1024x768






小さい神社とは聞いていたけど

思っていたより立派な印象
Fotor_158558100965779_copy_1024x768Fotor_158558087862370_copy_1024x768






こちらが拝殿&ご本殿
Fotor_158558094642381_copy_1024x768






気になるご祭神は

アメノミナカヌシ
タカミムスビ
カミムスビ


って造化三神(ぞうかさんしん)やん!!

古事記で一番最初に出てくる3柱

3柱揃って祀っている神社なんてめったにないです
(てか今まで行った神社では記憶にない)

サムハラ神社ではこの3柱を総称して

サムハラ大神と呼んでいます


でもサムハラ神社で覚えておきたいのが

こちらの銅像のお方

田中富三郎氏

IMG_20200330_165033_copy_1024x768






サムハラ神社は万年筆業界の先駆者でもある

富三郎氏が地元(岡山県津山市)で小さな祠を再興したのが起源
(現在、そちらは奥の院としています)

昭和25年、中之島の豊国神社のそばに自費で神社を建立

昭和36年、現在の地に移築

田中氏はサムハラ大神の熱心な信仰者で

そのお陰で日清・日露戦争で数々の苦境を乗り越えられたんだとか
(あの203高地からも無事に生還!!)

その後も自費でお守りを作成し兵士に無料で配布

サムハラのお守りを持っていると鉄砲の弾に当たらない

と評判になり

今でも災難除けとしてお守りを求める方が多いそうです


お守りにもいくつか種類があるんですが

決まった日にしか販売しない

“御神環(ごしんかん)”と呼ばれるリングがSNS等で話題となり

発売日には朝から長蛇の列ができるのだとか

購入者同士や神社の方とのいざこざ

転売問題などなど、色々とトラブルも多いみたい

そもそも神社でトラブってる人にご利益なんて来ないと思いますが・・・
Fotor_158558089713684_copy_1024x768Fotor_158558091627990_copy_1024x768






ところでさっきから“サムハラ・サムハラ”って

そのサムハラってなんやねん!

って思いますよね

こんな字を書いて“サムハラ”と読むそうです

これは漢字ではなく神字と呼ばれる神秘の文字

3490f544007654ada6e2a3542f5cd22b


サンスクリット語の“三跋羅(サンバラ)”が語源なのでは?

とか色々と説があります

加藤清正は文禄・慶長の役に出兵の際

自分の刀に

“サムハラ”の4文字を刻んでいた

なんてお話しも残っているそうですよ

神社の名前も神秘的ですが

神紋もちょっと変わっていますよね

こんな神紋みたことない

神紋というより市章や企業のマークっぽい(笑)

IMG_20200330_164931_copy_1024x768IMG_20200330_164823_copy_1024x768







最近は歴史に埋もれた災害除けの信仰が再注目されています

アマビエだけじゃなく

サムハラさん庚申さんも覚えておいて下さいね

youkai_amabie_mimi_copy_768x849









ちなみにこの富三郎氏

90歳まで自転車を乗り回し

100歳で生涯を終えたそうです


現在の新型コロナウイルスは戦時中でいう

“鉄砲の弾”みたいなものかもしれませんね

流れ弾ならぬ“流れウイルス”に被弾しないよう

できるだけ外出は控えたものです






いやいや、そんなお前は神社ばっかり行っるやろ!

ってツッコまれそうですが

最近ご紹介した以下の神社

一生に一度の願いを叶える?堀越神社に行ってきました♪
日本で最初の庚申さん・四天王寺庚申堂に行ってきました♪
神社のデパート?生國魂神社に行ってきました♪
全国の渡辺さん発祥の地?坐摩神社に行ってきました♪
仁徳天皇を祀る・難波神社に行ってきました♪

これ全部同じ日に参拝していました

しかもすべて徒歩移動(笑)


11時すぎに天王寺駅をスタートし

堀越神社➡庚申堂➡生國魂神社➡坐間神社➡難波神社➡サムハラ神社

そして大阪駅がゴール

途中、四天王寺近くで昼食をたべ

観光客が消えた黒門市場を通り

IMG_20200330_134343_copy_1024x768Fotor_158682793462157_copy_1024x768






心斎橋のクリスピークリームドーナツで休憩して

店員さんのひと言で得した気分になっても

1日で6ヶ所も大阪の神社を歩いて回れるんです!(笑)

クリスピー・クリーム・ドーナツで〇〇した気分になった話し♪


皆さんもコロナが落ち着いたら是非

大阪シティ神社ウォークに出かけてみて下さいね

↓YouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!


仁徳天皇を祀る・難波神社に行ってきました♪

大阪市中央区博労(ばくろう)町にある

“難波神社”に行ってきました♪

前にも同じような神社に行っていますが

あちらは難波大社・生國魂神社

こっちは難波神社です

実際に行ったのは緊急事態宣言前です


03_copy_1024x767







御堂筋に面しているので前から存在は知っていたけど

実際に境内に入るのは今回が初めて
Fotor_158558050679521_copy_1024x768






御堂筋側(東側)の鳥居には扁額がないですが

南側に面した鳥居にはちゃんと扁額が掛かっていました

社殿が南側を向いているからこっちが正面なのかな?

Fotor_158558033234710_copy_1024x768Fotor_158558037243130_copy_1024x768






境内に入ると立派なクスノキが目にとまります

樹齢は約400年

大阪府の保存木・第一号だそうです
Fotor_158558031319291_copy_1024x768Fotor_158558039287473_copy_1024x768






狛犬はこんな感じ
Fotor_158558059226875_copy_1024x768Fotor_158558060861988_copy_1024x768






ご祭神は

第16代・仁徳天皇

さらにスサノオウカノミタマも祀っているみたいですね

第17代・反正天皇が父、仁徳天皇を祀ったのが始まりなんだとか
(創建当時は現在の松原市にあったそうです)
Fotor_158558027800280_copy_1024x768Fotor_158558034947985_copy_1024x768






境内にはいくつかの摂社・末社が点在しています

こちらは“十四柱相殿(じゅうよんばしらあいどの)神社”

以前は数社に分かれていた神社を合祀したそうで

左殿に4柱、中殿に3柱、右殿に4柱を祀っているみたいです
(あれ、11柱しかいない・・・)

左殿の4柱が凄いメンツ

■徳川家康
■楠木正成
■菅原道真
■豊臣秀吉


出世・勝負・学問

なんでもこいですね(笑)
Fotor_15855804088958_copy_1024x768Fotor_158558042936388_copy_1024x768







写真左下は“金刀比羅(ことひら)神社”

こんぴらさんは航海の神さま

写真右下は“博労稲荷神社”

おいなりさんは商売繁盛の神さま
Fotor_158558044461547_copy_1024x768Fotor_158558046246651_copy_1024x768






江戸時代には難波神社のことを

稲荷社とか稲荷宮とも呼んでいたそうです

さすが商人のまち船場

古代天皇のより商売の神様やったんや(笑)

ちなみに大阪府中央区あたりを

“船場(せんば)”って言いますよね
(船場センタービルとか)

語源はもちろん船着き場から船場だろ

って思っていましたが

それ以外にも

■たびたび戦があったから“戦場”からセンバ

■砂浜があったから“砂場(さば)”がなまってセンバ

■大阪城の馬を洗ったから“洗馬”からセンバ


なんて説もあるそうです

これ、ネタで使えそうでしょ(笑)


さて、そんな大阪の商業中心地にある難波神社ですが

四方を塀で囲まれていて、ちゃんと門限もあります

大阪の神社って門限がある神社が多いですよね・・・

(京都の感覚だと神社って24時間いつでも参拝できる感覚ですが)
Fotor_158558056938617_copy_1024x768Fotor_158558055526452_copy_1024x768






ご参拝の際は閉門時間に気を付けましょう
IMG_20200330_160524_copy_1024x768IMG_20200330_160504_copy_1024x768







↓YouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!

失礼するところはそこじゃない話し

今日は雨だし気圧も低いということで

ちょっとイライラした話し・・・

(本当は神社ネタを書いてたけど予定変更)
1586778412291_copy_1024x1021









ポストに不動産屋のチラシが入っていました

チラシはこんな内容

売物件急募!!
手書きでのチラシ配布失礼します
チラシ配布エリアで物件をお探しの方が
1組いらっしゃいますが、現状で
ご紹介できる物件が大変不足しています
売却をお考えの方は
是非一度ご連絡ください!!
ご連絡お待ちしております


ワードやエクセルを使った方が早くできそうな内容ですが

わざわざ手書きでご丁寧なことです
(あえて演出のためでしょうけど)

さらに

手書きでのチラシ配布失礼します

まで書いてもらっているんですが・・・

失礼してるのはそこじゃない




濡れてんねん

このチラシ

なんでかわかる?

半分くらいチラシがポストから出てたから

雨の中、半分外にチラシが出てたらどうなる?

ポストの中まで浸みてくるよね?

他の郵便物も濡れるよね?

それくらいわからないような不動産屋に

家売る???



チラシを入れたのがこの不動産屋のスタッフか

ポスティング会社かは知りませんが

屋外のポストにポスティングする際は

雨が降ることも想定して

しっかり中まで投函して欲しいものです

Fotor_158677831486037









↓YouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!


超マイナーな春日神社に行ってきました♪

朝日屋で鯖寿司を買った帰り

ちょっと気になった神社によってみました

自転車だから行けたような神社で

まったく観光客向けではないです・・・

16_copy_1024x767







八幡の市街地から国道へ抜ける脇にある小さな神社

扁額もないので何神社かもわかりません・・・
(地域の氏神なのかな?)

IMG_20200407_133444_copy_1024x768IMG_20200407_133238_copy_1024x768






こじんまりした境内ですが、稲荷社や天神社など摂社がいくつかありますね

で、中央の社殿には

“春日神社”と書かれていました
IMG_20200407_133327_copy_1024x768IMG_20200407_133337_copy_1024x768






主祭神が“アメノコヤネノミコト”

その下に

“タケミカヅチ”

“フツヌシ”の名前が書かれています
Fotor_158656724056331_copy_1024x768






春日の神、春日大明神はこの3柱と比売神の総称ですが

通常、春日といえばタケミカヅチ”なんですよね

アメノコヤネがタケミカヅチより上に祀られている神社って珍しいな〜って目がいってしまいました
(どーでもいいって?)

ちなみに

アメノコヤネは天岩戸神話の際、祝詞をよんだ神で藤原氏の祖神

タケミカヅチとフツヌシはオオクニヌシの国譲りの場面で活躍した神さま界の最強タッグ


タケミカヅチは鹿島神宮(茨城)の鹿島大明神

フツヌシは香取神宮(千葉)の香取大明神

2柱とも武神なので、道場にもよく祀られているそうです

前に映画「るろうに剣心」を見ていたら

道場の後ろにちゃんと

“鹿島大明神”“香取大明神”って掛け軸がかかっていました

あの映画、ほんと細部まで設定がよくできているな〜って感心します
(伊藤博文の描き方も妙にリアルだったし)


この春日神社は地元の観光パンフレットにも載っていないような小さな神社

恐らく地元の人でもどんな神さまが祀られているか知らない人が多いんじゃないかな?

皆さんの近所にも前は通ったことがあるけど入ったことがない

神社やお寺ってないですか?

ちょっと覗いてみると、意外な発見があるかもしれませんよ♪


↓YouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!

八幡名物・朝日屋の鯖寿司と走井餅♪

今回は石清水八幡宮の参拝に来たら

絶対に外せない名物を2品をご紹介します

1586602110113_copy_1024x1024









まずは石清水八幡宮の門前名物

“走井餅(はしりいもち)”

一ノ鳥居目の前にある

“やわた走井餅老舗”で購入できます

(境内にも小さい販売所がありますが、いつも閉まってる・・・)


走井餅は京都検定でもよく出題される有名なお餅

創業は1764年

大津で走井の名水を用いて作ったのが始まり

明治4年にここ、八幡にのれん分けしたんですが

その後、大津の本家が廃業

八幡の走井餅は、直系唯一の走井餅として本家の味を継承しています

※井筒八ツ橋本舗(追分店)で売っている走井餅とは別物

ちなみにこの笹かまぼこみたいな形は“刀”を表現しているそうですよ
(刀匠・三條小鍛冶宗近が走井の名水で刀を鍛えて故事に由来)

お土産用は5個からでしたが

こちらの店舗だと1個(130円)からOK
Fotor_158622242451896_copy_1024x768IMG_20200407_131925_copy_1024x768







お次は京阪・石清水八幡宮駅から男山ケーブルに向かう途中にある

和食処“朝日屋”

昔ながらの落ち着いた店内ですね

実はここの“鯖寿司”が絶品なんです!!

雑誌「ブルータス」の全国のおススメお取り寄せで金賞受賞

雑誌「dancyu」の京都のおススメお取り寄せさば寿司3選

などにも選ばれているそうです

以前、バラエティー番組の「ごぶごぶ」でも以前紹介されたそうですよ
(地元の友人談)
Fotor_158656719951880_copy_1024x768Fotor_158656721236777_copy_1024x768






前に店内で鯖寿司付きの定食を食べて感激したんですよね
(鯖寿司3カンとうどんで1430円)

こんな美味しいものが八幡にあったんだ!って(笑)

1本は多いので今回はハーフを持ち帰りで購入

竹の皮に包まれているのがいいですね

てか

切れてないんかーい!!!
Fotor_158656727055410_copy_1024x768






先日、新しい包丁買ったばかりで良かったわ(笑)

この鯖寿司、脂ののりが半端ないんですよね

トロっっっっとろ♪

でも全体的にはあっさりした味付けなのでしつこくない

こってりだけど後味さっぱり

こっさり系の鯖寿司なのでした♪
Fotor_158656730164431_copy_1024x768Fotor_158656830661833_copy_1024x768






でもお値段がね

1本3240円
(特上は4800円

このハーフでも2160円です

てことは

1切れ350円くらいか・・・・・・・
Fotor_158656735010043_copy_1024x768






美味しいものを食べるには

やっぱりお金を出さないといけませんね

あ、これ

パッケージツアーも同じですね



↓YouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!


石清水八幡宮に行ってきました♪【後半】

石清水八幡宮参拝レポートの後半です

八幡宮と言えば日本で一番多い神社

その中でも有名なのが日本三大八幡宮

創建順に並べると

 ̄Ш竿幡宮(571年)
∪仞郷緘幡宮(859年)
d┷蟲棔複坑横映)

※筥崎宮の代わりに鶴岡八幡宮(1063年)とする場合も


このブログでも何度かご紹介していますが

八幡神を最初に祀ったのは渡来系の氏族、秦氏

ちなみに稲荷も秦氏

日本を代表する神社が渡来人によって創建されたって

ちょっと不思議な感じですよね


ご祭神は

応神天皇(おうじんてんのう)
➡第15代天皇で仲哀天皇の皇子

神功皇后(じんぐうこうごう)
➡仲哀天皇の皇后で応神天皇の母

比売大神(ひめおおかみ)
➡宗像三女神とする場合が多いです


八幡神の神託を受け

宇佐八幡より勧請してきたのが

奈良にある大安寺の僧・行教(ぎょうきょう)

神社の創建に僧侶?って変な気もしますが

八幡信仰は神仏習合の歴史を色濃く残しているのです

01_copy_1024x767






前置きが長くなりましたが

さっそく総門から周囲を回ってみましょう

東総門(写真右下)は江戸時代のもので重文

昇殿参拝の際はこの東総門の前から入ります
(写真左下)
IMG_20200406_155243_copy_1024x768Fotor_158622151948863_copy_1024x768






北東の角にあるのが

若宮社・若宮殿社・氣比社・水若社

若宮社(写真右下)のご祭神は

あの第16代

仁徳天皇!
IMG_20200406_155655_copy_1024x768IMG_20200406_155610_copy_1024x768






水若宮社の狛犬が沖縄のシーサーみたいで可愛いですね(笑)

ちなみにご祭神は、あの

ウジノワキイラツコ!

それ誰?って?(笑)

応神天皇の皇子で“宇治”の由来にもなっている神様

仁徳天皇とウジノワキは異母兄弟

この兄弟は皇位を譲り合っていましたが

ウジノワキが亡くなってしまったので仁徳天皇が即位

古代って皇位をめぐって争うことが多いのに

譲り合うって微笑ましいですよね
(真実かどうかは置いておいて・・・)
Fotor_158647558754233_copy_1024x768Fotor_158647555132277_copy_1024x768






この水若社の向かい(社殿の北東の角)

石垣が斜めにカットされているんですが

これは鬼門封じだそうです

京都御所も北東の角に鬼門除けの猿がいますよね
IMG_20200406_155806_copy_1024x768IMG_20200406_155855_copy_1024x768






社殿の北側にもいくつか神社が並んでいます

北総門(写真左下)の隣にあるのは

貴船社・龍田社

北西の角(写真右下)にあるのが

校舎・住吉社・一童社

一童社に祀られていたのは

“磯良命(イソラノミコト?)”って聞きなれない神様

調べてみたら海の神様で

安曇氏の祖神、安曇磯良のことらしい

茨木市に“磯良神社”って神社もあるみたいです

住吉三神は神功皇后に三韓征伐をすすめた神様

摂社・末社を調べていくと

ご祭神のストーリーに沿っているのがよく分かります
IMG_20200406_155924_copy_1024x768IMG_20200406_160015_copy_1024x768






西側には3社がセットで祀られていました

左から長田社・生田社・廣田社

なんか兵庫県の神社大集合!って感じ(笑)

長田社は事代主命(コトシロヌシノミコト)

生田社は稚日女命(ワカヒルメノミコト)

廣田社は天照大神(アマテラスオオミカミ)

どの神社も神功皇后ゆかりの神社で

三韓征伐の際、行きに祀ったのが

生田神社と廣田神社

帰りに祀ったのが長田神社だそうです

IMG_20200406_160116_copy_1024x768IMG_20200407_124026_copy_1280x960






こんな感じで本殿を周囲をグルっと回れるのですが

外壁に使われている築地塀(ついじべい)が見事だと思いません?

これ、織田信長が寄進したことから

“信長塀”と呼ばれているそうです
(熱田神社にも信長塀があります)
IMG_20200406_160415_copy_1024x768IMG_20200406_160439_copy_1024x768






南西の角にある立派なクスノキは

“楠木正成の楠”

建武元年、楠木正成が必勝祈願に奉納したものだそうです
(京都府指定の天然記念物)
Fotor_15862213036614_copy_1024x768Fotor_158622128726199_copy_1024x768






これにて本殿外周にある摂社・末社巡りは終了♪


社殿の東側の小高い丘に展望台があるので行ってみました

IMG_20200406_162201_copy_1024x768IMG_20200406_162219_copy_1024x768






京都市内や背割堤を望むことができます
(ちょっと見通しが悪いですが・・・)
IMG_20200406_162250_copy_1024x768IMG_20200406_162311_copy_1024x768






帰りはかつて太子坂と呼ばれた裏参道から降りてみました

めっちゃ古びた神社がありますが

こちらは石清水八幡宮の創建以前に起源をもつ

“石清水社(いわしみずしゃ)”
IMG_20200406_163240_copy_1024x768IMG_20200406_163324_copy_1024x768






横の井戸は名前の由来にもなった霊泉が湧き出る

“石清水井(いわしみずい)”

ご祭神が凄いですね

“天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)”

古事記で一番最初に出てくる万物創造の神です
IMG_20200406_163331_copy_1024x768IMG_20200406_163401_copy_1024x768






あと山の麓付近には“松花堂跡”があります

松花堂弁当の名前の由来でもある

松花堂昭乗(しょうかどうしょうじょう)が晩年に住んでいた草庵跡です
IMG_20200406_164118_copy_1024x768IMG_20200406_164210_copy_1024x768






八幡宮がある男山は神仏習合の信仰が盛んだったので

“男山四十八坊跡”と言って、たくさんの僧坊跡が残っているんですよ


あと八幡市と言えばエジソン!

トーマスエジソンが白熱電球の実用化に向けて

八幡の竹をフィラメント線に使ったのは有名なお話し

山頂には“エジソン記念碑”があるのです

Fotor_158644284736138_copy_1024x768Fotor_158644288969810






駅前の通りはエジソン通りだしね(笑)

IMG_20200407_132153_copy_1024x768Fotor_158660155071768_copy_1024x768






さて、そんな歴史ある八幡市ですが

京都市内から離れているからか?

PRが下手なのか?

桜の季節以外、観光客が全然来ません(涙)

JRが通っていないので

京都駅からのアクセスは

“おけいはん”こと“京阪電車”のみ

これまた不便ですが京阪は京都駅と接続していないので

京都駅からは近鉄電車の丹波橋駅を経由

京都=(近鉄)=丹波橋=(京阪)=八幡市駅

あ、八幡市駅じゃない

2019年の10月から

“石清水八幡宮駅”に名称が変わったんだ・・・
(乗り換え案内で検索する際に注意しましょう)

所要時間は乗り換え込みで約30分

石清水八幡宮駅からは男山ケーブルを使うと便利ですよ♪

こんな感じで↓
嵐山鵜飼と待庵ツアー・2日目
(2019年7月12日)

Fotor_15866014797508_copy_1824x1368







世の中が落ち着きを取り戻したら

限りなく大阪に近い京都の南の果て

八幡市にもぜひお越しくださいね



YouTubeで石清水八幡宮のイメトレ!






石清水八幡宮に行ってきました♪【前半】

京都府八幡市にある日本三大八幡宮のひとつ

“石清水八幡宮”に行ってきました♪
(いわしみずはちまんぐう)

行ってきました!ゆーても

先日、散歩がてらに自転車で行った

背割堤のついでです・・・

36_copy_1024x767






ツアーレポートでは何度かブログに登場していますが

今回は完全プライベート

じっくり2回に分けてご紹介したいと思います

ツアーだと大抵は男山ケーブルを利用しますが

今回ご紹介するのは徒歩ルートです


こちらが一ノ鳥居

扁額の八の字が鳩になっているのが面白い!
(八幡宮の神使は“鳩”ですからね)

IMG_20200406_151937_copy_1024x768IMG_20200406_151951_copy_1024x768






一ノ鳥居をくぐると立派な社殿がありますが

こちらは“頓宮殿(とんぐうでん)”

Fotor_158622135420633_copy_1024x768IMG_20200406_152503_copy_1024x768






頓宮殿の脇にある神社は

“高良(こうら)神社”
(高良社とも)

吉田兼好の「徒然草」の中にある

仁和寺の法師の話しで登場する神社

石清水八幡宮参詣に憧れていた仁和寺の法師が

念願叶ってようやく参詣に来れたのに

ここが八幡宮の本殿だと思い込んで

高良神社だけ参拝して帰ったってお話しです
Fotor_158622143438196_copy_1024x768Fotor_158622141297845_copy_1024x768






高良神社の先に駐車場があって

大型バスも2台ほど止められます
(要予約)

IMG_20200407_122003_copy_1024x768Fotor_158623992881883_copy_1024x768






駐車場からは裏参道ルートと表参道ルートに分かれています

裏参道は近道ですが、傾斜が急なので行きはお勧めしません・・・

↓こんな感じ
IMG_20200407_122157_copy_1024x768Fotor_158624001250445_copy_2736x2052






あと、駐車場のそばには

“頼朝松(よりともまつ)”って立派な松があります

源頼朝お手植えの松だそうです
(八幡宮は源氏の氏神)
IMG_20200407_130333_copy_1024x768IMG_20200407_130352_copy_1024x768






こちらが表参道にある二ノ鳥居

ここから七曲りと呼ばれる階段が続きます
IMG_20200406_152844_copy_1024x768IMG_20200406_153827_copy_1024x768






途中、眼下に神社があるので降りてみました
Fotor_158622529557640_copy_1024x768IMG_20200406_133146_copy_1024x768






“相槌(あいづち)神社”っていうそうです

扁額に“三條小鍛冶(さんじょうこかじ)”の名前も彫られていますね
IMG_20200406_133155_copy_1024x768IMG_20200406_133258_copy_1024x768






相槌と言えば刀匠!

京都で刀匠と言えば三條小鍛冶宗近!!
(はい、刀剣女子注目!!)

宗近が刀を打つ際

ここの井戸の水を利用したって話が残っているそうです

宗近と言えば

粟田口にこんな神社もありましたね

生活感満載の合槌稲荷神社に行ってきました♪
(2018年9月28日)

さて、七曲りを登っていくと“大扉稲荷社”って小さいお社があって

そこが分岐点になっています

右へ曲がっても裏参道経由で本殿へ行けますが

ここはそのまま真っすぐ表参道を進みましょう
Fotor_158622122752926_copy_1024x768IMG_20200406_153534_copy_1024x768






一番キツい最終コーナーを曲がると

ようやく最後の三ノ鳥居に到着です
IMG_20200406_153146_copy_1024x768IMG_20200406_154154_copy_1024x768






ここから有名な春日燈篭の参道が続きます
IMG_20200406_154246_copy_1024x768IMG_20200406_154344_copy_1024x768






こちらが南総門
IMG_20200406_154500_copy_1024x768Fotor_158622133212617_copy_1024x768






南総門から入って突き当りが本殿

と言いたいところですが

これは本殿でも拝殿ではなく

楼門にあたります

本殿・幣殿はこの中にあります
(昇殿参拝を申し込むと入れます)
IMG_20200406_154751_copy_1024x768IMG_20200406_154932_copy_1024x768






参道と楼門の角度が微妙にズレているですが

これはお帰りの際

神様にお尻を向けないための配慮だそうです


楼門に彫られた虎と龍の彫り物も素晴らしいですが

下にいる鳩に注目

この鳩、ちゃんと阿吽の鳩になっているんですよ(笑)
IMG_20200406_155059_copy_1024x768IMG_20200406_155037_copy_1024x768






ちなみに昇殿参拝で内部に入ると

回廊に彫られた彫刻が見れるんですが

これがめちゃくちゃ見事!!
(左甚五郎作と言われています)

さらに昇殿参拝で中に入ると

織田信長が寄進した黄金の雨どい

国宝に指定された摂社・武内社も拝観できます

てか、国宝指定された文化財って

ほとんどが有料エリア内なんです・・・

ぜひ、石清水八幡宮にお越しの際は

昇殿参拝を申し込んでみてくださいね
(所要時間:約30分/大人:1000円)

この1000円は価値があります♪



YouTubeで石清水八幡宮のイメトレ!







【新型コロナウイルス】緊急事態宣言をうけ・・・

先月から突入した休業生活

早いもので明日で25日目となります

月に2日は出社することになっていて

私の出社日は8日と9日でした

1ヶ月ぶりに会社に行くことを楽しみにしていたんですが

昨日発令された緊急事態宣言をうけ

出社が取り消しとの連絡がありました

さらに4月15日までだった休業期間が

5月31日まで延長になることが決定

みんな元気にしてるのかなー?


休業期間に入り

収入は確実に減りましたが

自由な時間は確実に増えました

大変な面も多いですが

添乗員をしていたら絶対にできない生活ができるようになりました

それは

“規則正しい生活”

添乗員って毎日起きる時間も違うし

食事のタイミングもバラバラ

新卒で添乗員の会社に入社して

20年以上ずーっとこんな生活でしょ

こんなルーティンな毎日を過ごすのは

鎖骨を折って入院した時以来です(笑)

正直、3月は気分も沈んでいて

あまり生産性のいい生活を送れていなかったんですが

これじゃいかん!と思って作りました

時間割表!

もちろんきっちり時間割通り行動できてはいないんですけど

生活にメリハリができてなかなかいい感じです

ゆーても内容は

勉強・読書・料理・ブログ・筋トレ

くらいですが・・・

ちなみに時間割ではブログの執筆は

22時〜ってことになっているんですが

現時点で1時間以上押しています・・・(涙)


今月から新たに日課として始めたことは

去年の6月に1ヶ月継続した

のがちゃんの腹筋を再スタート

【毎日2分】30日で腹筋を割るトレーニング  

これ、ほんとお勧めです

あと今年の1月2月に継続していたHIITも再スタート

HIITは20秒の高負荷運動と10秒の休憩を8セット繰り返す運動です

4分で終了しますが死ぬほどしんどいです・・・
(HIIT1分の運動は通常の有酸素運動45分に相当するとか)

20秒の運動は高付加ならなんでもいいんですが

自分はバーピーをやっています

短時間で脂肪燃焼できるHIITって結局何なの?

これ、両方やっても6分で終了です♪


時間割では筋トレは21時から

ちなみに20時からはナイトランニングが入っております

体力維持の運動は必要ですからね

夜桜を見ながら走るのもなかなかいいもんです♪

Fotor_158638739015926_copy_1024x768







勉強や読書の合間には

1時間おきに懸垂マシンと腹筋ローラーでリフレッシュを兼ねてプチトレ

休業期間が終了する頃にはムキムキになってるかも?(笑)


あと、お勧めなのが

手帳やカレンダーに

“休業何日目”って記載すること

あまりに休みが長いので

自分がどれくらい休んでいるのか感覚がなくなってくるんですよね・・・

そしてカレンダーには1日が終わったら大きく×印をつけます

×の数だけ成長できればいいですよね♪


話しは変わりますが

今日、ナイトランをしながら久々にTMネットワークを聞いていました

アルバム「CAROL」の7曲目に

“Seven Days War”って曲が入っています

映画「ぼくらの七日間戦争」の主題歌だった曲
(若い世代は知らんか・・・)

久々に聞いたけどやっぱりいい曲だな〜

あの頃の宮沢りえ、可愛かったな〜

TM NETWORK / SEVEN DAYS WAR


我々の戦いは七日間では終わりませんが

うつむかず生きるために

ただ素直に生きるために


とりあえず今はできる限り家にいましょう!



↓YouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!


背割堤の桜を見てきました♪

京都府八幡市にある桜の名所

淀川河川公園

“背割堤(せわりてい)”に行ってきました♪
(地元なので自転車でフラっとね)
Fotor_158616802109589_copy_1024x768






去年、仕事できたときはこんな感じ

京都の隠れ桜ツアー・2日目♪
(2019年4月日6日)

今気づいたけど、ちょうど1年前だ!!


今年はさすがに観光バスは1台も来ていないようで

駐車場には自転車しか止まっていませんでした
IMG_20200406_145517_copy_1024x768IMG_20200406_145721_copy_1824x1368






道路向かいにある“さくらであい館”は休館中

八幡のスカイツリー(仮)にも登ることができません
IMG_20200406_145750_copy_1024x768IMG_20200406_145757_copy_1024x768






背割堤は宇治川と木津川が合流して淀川になる合流部分

約1.4キロにわたるソメイヨシノの桜並木が有名です
IMG_20200406_135744_copy_1024x768IMG_20200406_140647_copy_1024x768






2018年の台風で約9割の桜が被害にあったんですが

今年もきれいに咲いてくれました
IMG_20200406_135838_copy_1024x768IMG_20200406_140852_copy_1024x768






IMG_20200406_140627_copy_1024x768IMG_20200406_140548_copy_1024x768






こちらが先端部分

ここからは堤防の下を歩いて帰ります
(途中で降りることもできます)
IMG_20200406_142607_copy_1024x768IMG_20200406_142728_copy_1024x768






行きは桜のトンネルの中を通り

帰りは堤防の下から桜を見上げる

異なるロケーションで桜が楽しめるのがいいですね
IMG_20200406_143019_copy_1024x768IMG_20200406_143422_copy_1024x768






IMG_20200406_145314_copy_1024x768IMG_20200406_145144_copy_1024x768






毎年、芝生エリアにマルシェが出るんですが

今年はすべてのイベントが自粛

売店もないし、トイレも仮設しかありませんでした
IMG_20200406_144740_copy_1024x768IMG_20200406_145331_copy_1024x768






世間は自粛モードですから当然といえば当然ですかね

桜を見にきている人も

観光客というより、私みたいに地元の人が

散歩を兼ねてって感じで訪れているようでした


ちょっとピークは過ぎているかな〜と思ったんですが

まだまだ見ごろで満開の桜を満喫できました

といっても強い風が吹くたびに桜吹雪が舞っていましたが・・
(下の写真をクリックすると桜吹雪が分かります)
IMG_20200406_143808_1_copy_1824x1368








来年はマスクをつけず

思いっきり新鮮な空気を吸いながら花見がしたいものです


↓YouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!

クリスピー・クリーム・ドーナツで〇〇した気分になった話し♪

2回連続で大阪の神社ネタが続いたので

今日は箸休めに“サービス1本勝負!”でもいっときますか♪

舞台は先日行った

クリスピー・クリーム・ドーナツ

1586089064470_copy_1024x768






ちょっと小腹が減ったのでフラっと入ったんです

コーヒーとドーナツを1個だけ頼みました

別になんでもよかったのでパッと目に入った

“シナモンシュガー”をオーダーしたんですけど

そのあとに“ブリュレグレーズドカスタード”ってドーナツが目に入って

やっぱりこっちに変更してもらえますか?

ってお願いしたんです

店員さんは快く変更してくれたんですけど

その際にひと言を添えてくれました

「こっちのドーナツ、いま出来立てなんです♪」

別にそのまま「はい、変更しますね」で済むところを

わざわざ聞いてもいない“出来立て”って情報を教えてくれた訳です

こんなこと言われたら

なんだか得した気分になりません?
(単純?)

例えば迷った挙句に買った服屋で

「これ、実はラスイチだったんです」

とか

「これ、僕も持ってるんですけど、めっちゃカッコいいですよね」

とか言われたら

いい買い物したな〜ってなるじゃないですか
(単純??)


皆さんは仕事をする上で大事にしている事はなんですか?

接客業だと

“おもてなしの心”とか“清潔な身だしなみ”

“笑顔”とか“言葉遣い”

色々あると思いますが

自分は添乗中

“得した感”

というものを強く意識しています


ツアー終了後、お客様に

“得したな〜♪”って感じてもらいたいんです(笑)

同じ景色、同じ食べ物を食べても

感じ方は人それぞれだと思いますが

1人でも多くのお客様に

“得したな〜♪”って思ってもらえるよう心掛けています
(関西人特有なのかな?)


具体的には

ツアー中、何かにつけて

「みなさんラッキーですね〜♪」

「お客様今回はツイてましたね〜♪」


みたいな“得したワード”のシャワーを浴びせます

サブリミナル効果とでもいうんでしょうか?(笑)

あと他の出発日でトラブルなどがあれば、その事例を持ってきて

いかに今回のツアー、今回の出発日で良かったかを印象付けます(笑)


逆にお客様に絶対に言わないように決めている言葉があって

それは何かというと

“残念”

残念ってことば

るって書くじゃないですか(笑)

なんか嫌なんですよね・・・

だって得した感とは全く逆で

“損した感”満載な言葉じゃないですか・・・


「今回は残念ながら〇〇は見れませんでしたが・・・」

とか言いがちですが

マイナスの情報はなるべく話題にしない

もしくは別の言葉を使う

などして“残念”だけは決して言わないように心がけています

というか完全にそのクセがついているので

お客様の前では“残念”って言葉は自分の辞書にはない(笑)
(ちょっと格好つけすぎました)



ドーナツの話しからだいぶ反れてしまいましたが

今回のクリスピー・クリーム・ドーナツの店員さんみたいに

相手が得した気分になれるひと言が

“さりげなく”添えられる人って素敵ですよね♪


あ、その変更してもらったドーナツ

何倍も美味しく感じたのは言うまでもありません(笑)

IMG_20200330_152421_copy_1024x768







↓YouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!


全国の渡辺さん発祥の地?坐摩神社に行ってきました♪

大阪市中央区にある

“坐摩神社”に行ってきました

通称「ざま」神社ですが

正式には「いかすり」神社というそうです

創建は神功皇后の時代なのでかなり古いですね

もちろん式内社で、旧社格は官幣中社

摂津国の一之宮でもあります

ご祭神は“坐摩神(ざまのかみ/いかすりのかみ)”

もともとは現在の天満橋あたりに鎮座していたそうで

現在はそちらに元宮が祀られています

50_copy_1024x767







エントランスはコンクリート製の三つ鳥居

なかなか珍しいですね
Fotor_158558123913297_copy_1024x768






珍しいといえば

狛犬が陶器製ってのも珍しい!
(こんぴらさんにも備前焼きの狛犬がいます)
Fotor_158558125364952_copy_1024x768Fotor_158558153443354_copy_1024x768






あとなぜか境内にライオン

あとジブリに出てきそうな獅子?がいました・・・(笑)
(阿吽とかじゃなく、どちらも1匹づつ)
IMG_20200330_161331_copy_1024x768IMG_20200330_161517_copy_1024x768






境内に入ると右側にズラっと摂社五社が並んでいます
(現在改修工事中)
Fotor_158558149355184_copy_1280x960Fotor_158558161235421_copy_1024x768






こちらが拝殿&本殿

神紋が白鷺ってこれまた珍しい!
Fotor_158558146864861_copy_1024x768Fotor_158558145059629_copy_1024x768






絵馬にも白鷺が描かれていました
Fotor_158558141690620_copy_1024x768IMG_20200330_161638_copy_1024x768







境内の奥にまだお社があるようなので進んでみましょう

右側は見るからに稲荷社ですよね

左の陶器の燈篭がユニークな神社は何だろ?
Fotor_158558137587032_copy_1024x768Fotor_158558139220761_copy_1024x768






こちら、その名も

“陶器神社”って言うそうです!!

こんな神社あるんや!!

陶器問屋の守り神

そして火除けの神様として信仰の篤い神社だそうです
Fotor_158558133480822_copy_1024x768Fotor_158558135381212_copy_1024x768






あと、江戸時代

初代・桂文治が

坐摩神社の境内で寄席を開いたことから

“上方落語寄席発祥の地”でもあるそうです
IMG_20200330_161653_copy_1024x768






そして発祥の地といえば・・・

源氏の中でも有名な嵯峨源氏に

光源氏のモデル

源融(みなもとのとおる)がいますが

その子孫

源綱(みなもとのつな)がこの地に住んでいて
(酒吞童子退治の頼光四天王のひとり)

自ら渡辺綱と名乗り、渡辺姓を起こしたので

坐摩神社は“渡辺姓発祥の地”とも呼ばれているそうですよ



こちらも初めて訪れた神社でしたが

さすが一之宮

意外にもネタが満載な坐摩神社なのでした♪

↓YouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!


神社のデパート?生國魂神社に行ってきました♪

大阪市天王寺区生玉町にある

生國魂(いくたま)神社に行ってきました♪

地元では「いくたまさん」と呼ばれ親しまれている神社です

別名は“難波大社(なにわのおおやしろ)”
09_copy_1024x767






町名は“生玉”ですが

神社の表記は“生國魂”

看板に“大阪最古の神社”って書いてますね

創建は神武天皇の即位前ということなので

相当古いみたいで、もちろん式内社
(社格は旧官幣大社)
Fotor_158557350348142_copy_1024x768Fotor_158557339281144_copy_1024x768






崖縁占が気になる・・・(笑)
(誰もいませんでした)
Fotor_158557345692380_copy_1024x768






今まで看板の前を通ったことはあるけど

実際に足を運ぶのは今回が初めて
Fotor_158557293332683_copy_1024x768Fotor_158557295036874_copy_1024x768






この立派な鳥居はサントリーの創業者

鳥井信治郎氏の寄進によるものだそうです
Fotor_158557304785310_copy_1024x768Fotor_158557308236419_copy_1024x768






桜に囲まれた狛犬(笑)

大阪の狛犬はほんと銅製が多いですね
Fotor_15855730082909_copy_1024x768Fotor_158557297892829_copy_1024x768






気になるご祭神は

“生島大神(いくしまのおおかみ)”

“足島大神(たるしまのおおかみ)”


あんまり聞きなれない神様ですが

国土の神として朝廷と繋がりの深い神様だそうです

ちなみに長野県上田市に

“生島足島神社”という神社があります


本殿は桃山様式でこの神社唯一の

“生國魂造り”
(現在の社殿は昭和31年に再建)

ここまでは

まぁ普通の神社かな〜

って印象だったんですが

案内板を見てビックリした

境内にめっちゃ神社あるやん!!

しかも定番の神様から個性的な神様まで

バラエティー豊かなメンバーです・・・
Fotor_158557306102485_copy_1024x768Fotor_158557309926071_copy_2736x2052






Fotor_158557317891179_copy_1024x768Fotor_158592222940595_copy_1024x768






こちらは“鞴(ふいご)神社”

鞴とは火を起こすときの道具

ってことは製鉄とか鍛冶に関係している神社ってことですよね

名前も変わっていますが、ご祭神がこれまた熱い

“天目一箇神(あめのまひとつのかみ)”

“石凝杼売神(いしこりどめのかみ)”

“香具土神(かぐつちのかみ)”


アメノマヒトツはめっちゃレアな鍛冶の神様

前に京都の粟田神社で見かけたくらいかな?

刀剣ファンの聖地・粟田神社に行ってきました♪

イシコリドメは天岩戸神話で八咫鏡を造った神様

天孫降臨ご一行のメンバーでもあります

カグツチは言わずと知れた火の神様ですね

このトリオはかなりレアな組み合わせでテンション上がる(笑)

Fotor_158557323328471_copy_1024x768Fotor_158557321758495_copy_1024x768






赤い建物の神社は

“鴫野(しぎの)神社”というそうです

鍵に心って書かれた絵馬が珍しいですね

ご祭神は

“市寸島比賣神(いちきしまひめのかみ)”

“大宮賣神(おおみやめのかみ)”

“淀姫神(よどひめのかみ)”


イチキシマヒメは厳島神社や宗像大社で有名な宗像スリーシスターズの三女

オオミヤメって誰?

と思ったら記紀神話には登場しない神様だそうです
(忌部氏の祖、フトダマノミコトの子どもらしい)

ヨドヒメはあの“淀君”のことです

ここに淀君が祀られていることから、生國魂神社は

女性の守り神として信仰を集めているそうですよ

Fotor_158557320092318_copy_1024x768Fotor_158557316205668_copy_1024x768






あと面白いのがこちら

“浄るり神社”

ご祭神は近松門左衛門を始めとした文楽の先賢だそうです
Fotor_158557325244159_copy_1024x768Fotor_158557329361211_copy_1024x768






境内には江戸時代の人形浄瑠璃作者

井原西鶴(いはらさいかく)

小説「めおと夫婦善哉」で知られる

織田作之助(おださくのすけ)の銅像もありました
IMG_20200330_132034_copy_1024x768IMG_20200330_132107_copy_1024x768






他にも家づくりの神様

“家造祖(やづくりみおや)神社”とか色々あるんですけど

キリがないのでこのへんで・・・(笑)
Fotor_158557334853068_copy_1024x768Fotor_158557332702565_copy_1024x768






それにしても色んな神様祀りすぎでしょ!

このポップな案内板が神社っぽくなくていいですね

なんとも神様のデパートみたいな神社なのでした・・・(笑)


↓YouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!


梅田の兎麦はうどんも接客もウマイのです♪その

2日連続で神さま系のネタだったので

今日は“サービス1本勝負!”

のいい方のお話しでもいっときましょか♪

1585834253060_copy_1024x768






先日、梅田に用事があったついでに

阪急三番街のうどん屋

“兎麦(うむぎ)”でうどんを食べて帰りました

これまで過去に3回も登場しているお店です(笑)

阪急三番街「兎麦」のカレーうどん♪
梅田の兎麦はうどんも接客もウマイのです♪
梅田の兎麦はうどんも接客もウマイのです♪その

こんな状況ですから、店内も空いていました

いつも親切な対応をしてくれる男性スタッフさんも

今までにないほどの売り上げ減で、アルバイトさんも断っているとのこと

こちらも休業中なんですよー(涙)

なんて世間話をしながら、うどんが出てくるのを待っていました


食べ終わって支払いをした際、その男性スタッフが

「なんかこー塞ぎこまはらへんのが凄いですよねー」

「自分やったら、もー鬱になりますわ・・・」


って褒めてくれました(笑)


まぁ社交辞令かもしれませんけど

「凄い」とか言われたら嬉しい気分になりますよね♪
(単純?)




人と会った時に

なんだか元気をもらえる人もいれば

逆に元気を吸い取られてしまう人っていますよね

後者はだいたいため息ばかりついて

口から出てくるのは愚痴やツイてない話し


今は人と会う機会も少ないし

決して明るいニュースばかりとは言えない世の中ですが

そんな時こそ、貴重な時間を使って

相手に元気を与えられる人でありたいですよね




いま、ブログを書きながらFM802を聞いていたら

あいみょんの「RING DING」って曲が流れていました

歌いだしがこんな歌詞でした

「ため息は酸素の無駄遣いさ♪」

名言過ぎるやろ!!(笑)

皆さんも明日は貴重な酸素を無駄にせず

相手が嬉しい気分になるような声かけをしてみましょう♪

IMG_20200329_180358_copy_1024x768







↓YouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!


日本で最初の庚申さん・四天王寺庚申堂に行ってきました♪

堀越神社に行った際

グーグルマップで周辺の地図を見ていたら

“庚申堂(こうしんどう)”を見つけたのでついでに行ってみました
22_copy_1024x767






四天王寺からも堀越神社からも近いんですが

住宅街の中にあるのでちょっと分かりにくい場所にありました・・・

本邦最初・庚申堂って書いてますね

実はこちらの四天王寺・庚申堂

全国にある庚申堂の元祖なんだそうです!

庚申堂ってナニ?って方はこちらの記事へ・・・

八坂庚申堂に行ってきました♪
(2018年3月9日)

読み返したら、ちゃんと自分でも

日本三大庚申として書いてましたね(笑)

Fotor_158557252257073_copy_1024x768Fotor_158557253726771_copy_1024x768






こちらの庚申堂の創建は701年

疫病で苦しむ人をなんとかしたいと思った

豪範(ごうはん)という僧が一心不乱に祈ると

“青面金剛童子(しょうめんこんごうどうじ)”が現れたそうです

その後、その青面金剛童子を祀ると疫病も収まったのだとか

今まさにお詣りしたいスポットですね


庚申堂と言えば“猿”

日光で有名な三猿の元祖でもあります
Fotor_158557255261192_copy_1024x768Fotor_158557263284636_copy_1024x768






Fotor_158557260280040_copy_1024x768IMG_20200330_114356_copy_1024x768






こちらが“三猿堂”

堂内に三猿の木造が安置されていました

京都の八坂・庚申堂はカラフルな

“くくり猿”で一躍インスタで人気になりましたが

こちらの庚申堂にはくくり猿はおらず

代わりに“庚申願い球”なるご利益グッズが吊るされていました
(バエるまでにはもうちょっと時間がかかりそうです・・・)
Fotor_158557247643653_copy_1024x768Fotor_158557238009966_copy_1024x768






Fotor_158557236068730_copy_1824x1368






こちらが本堂

ご本尊の“青面金剛童子”は絶対秘仏
(御開帳は60年に一度)
Fotor_158557241044253_copy_1024x768Fotor_158557245869088_copy_1024x768






四天王寺庚申堂は創建から1300年以上経っていますが

一度も場所を移していないそうです

ただ本堂は大阪大空襲で焼失

現在の建物は1970年に建てられたもの

なんと大阪万博の休憩所を移築したそうですよ


境内の奥に七福神と大黒さんの石像がありました

この大黒さん

ソリに乗っているのかと思いきや・・・


それ、いつも肩に担いでる袋ですやん!

しかも打ち出の小槌、ちょっと出てるし!

それにしてもめっちゃ楽しそうな顔してますね(笑)
IMG_20200330_114653_copy_1024x768IMG_20200330_114634_copy_1024x768






1300年もの昔

疫病の苦しむ人々のために建てられたお堂ですが

現在は庚申日以外はひっそりとしているそうです

天王寺界隈にお越しの際は

ぜひ、庚申さんにもお立ち寄り下さいね
IMG_20200330_114137_copy_1024x768







↓YouTubeはじめました!
旅のイメトレチャンネル タビトレ!


旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
funa888◆gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・