ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

2020年07月

おかやま白桃祭りツアー♪【三宮発】

再び日帰りバスツアーで岡山へ行ってきました

今回は三宮発

初めて行く集合場所なので、早めに現地に着いて

センタープラザで朝マック
IMG_20200726_072034_copy_1024x768IMG_20200726_080320_copy_1024x768






三宮発は前回とコースが少し違っていて

揖保乃糸の代わりに

“佐用町南光のひまわり畑”

がコースに入っていました

佐用町のひまわり畑なのか

南光のひまわり畑なのかどっち?

と思ったら

かつて存在した南光町が合併して佐用町になったので

こんな名称になっているようです

0000015874l









初めて行く観光地

期間によって

東徳久(ひがしとくさ)➡林崎(はやしざき)➡漆野(うるしの)

って地区が変わるそうで

ちょうどこの日から会場が林崎に変わったところでした

バスは我々のツアーを含め4本来ていましたね
Fotor_159580837243558Fotor_159580838025878






駐車場から会場までは大きな看板があるので安心♪
Fotor_159580836445373






林崎は会場入り口にトイレもありました
Fotor_159580832140740Fotor_159580834772536






入園料は200円
(小学6年生以下は無料)

団体の場合は左側のテントで入園料を支払います

個人は右側のテントに備え付けの箱に各自入れてね

ってスタイルです
※個人の方はおつりのないように用意しましょう
Fotor_15958083403238Fotor_159580831336547






めっちゃ綺麗に咲いてました!!

ひまわりが綺麗に咲くひまわり畑って初めてかも♪
Fotor_159580830504999Fotor_159580829636376






ギリギリ雨は止んでくれたのでラッキー♪
Fotor_159580823873391Fotor_159580825279375






ひまわりの本数は

東徳久(18万本)・林崎(27万本)・漆崎(18万本)

なのでここ、林崎が一番規模が大きいんですよね♪

8月上旬からは次の漆崎に移ります
Fotor_159580828163598Fotor_159580826205712






このあと“琴弾の滝”

やっぱりここは滝より神社が見応えあるわ〜

この本殿の様式もちょっと変わっていますよね

川が近いから床を高くしてるのかな?
IMG_20200726_124507_copy_1024x768IMG_20200726_124523_copy_1024x768






両サイドにもお社があります

向かって左側はコンクリート製で近代的なんですが

右側はめっちゃ古そう

由緒書きによると“八幡神社”だそうです
IMG_20200726_124535_copy_1024x768IMG_20200726_124445_copy_1024x768






ここに彫られている龍(麒麟?)の彫刻が愛嬌があって好きです(笑)
IMG_20200726_124455_copy_1024x768






最後は西の屋さんで昼食

今回のコースは先に観光で遅めの昼食なのです

天気予報が【曇り➡雨】だったのでこのパターンで良かった〜

今回もカロリーたっぷりカツカレーかと思ったら

今日のメニューは“お刺身定食”でした♪
(ありがとうごさいます)
IMG_20200726_140715_copy_1024x768Fotor_159576432807928






前回はお持ち帰り用の桃は5玉でしたが

今回は集合場所から近いこともあり

1人10玉!
(てか1人10玉もいる?)
Fotor_159576431573467Fotor_159576429302931






これにてツアーの行程は全て終了

今回も特に大きなトラブルもなくツアーを終えることができました

せっかく久々に三ノ宮に来たからウロウロ散策

駅前の待ち合わせ場所の定番だった公園

通称“パイ山”がなくなったのはちょっと寂しいですね
IMG_20200726_171737_copy_1024x768IMG_20200726_175537_copy_1024x768






元町あたりまで歩いたので中華でも♪

と思ったけど、どうしうてもお寿司

というか“えんがわ”が食べたかったので

“権太呂すし”

北野坂店がいつの間にかなくなっていたので

駅前店(ダイエーの横)へ

久々に食べたけど、やっぱりコスパいいわ〜
IMG_20200726_182541_copy_1024x768IMG_20200726_181700_copy_1024x768






まわらないお寿司ですが、まわる寿司なみのお値段
(1皿132円〜)

注文は備え付けの専用の用紙に記入するアナログ方式
IMG_20200726_182257_copy_1024x768IMG_20200726_182208_copy_1024x768






東京にも1店舗、西新宿にあるみたい

大阪には十三や天六にもあるようです

席数がどこも10席ちょっとなのでいつも混んでいるんですが

えんがわ、炙りうなぎ、炙りチーズサーモンがめっちゃ美味しいので

見かけた際はぜひ♪

ということで

ツアーとは関係ない話題で終わります(笑)

八坂神社を見る目が変わる動画をYouTubeにアップしました♪

YouTubeに“八坂神社”のイメトレ動画をアップしました

旅のイメトレチャンネル タビトレ!

撮影日は6月8日(月曜日)

この動画を含め、これまでこの1日だけで

■清水寺
■京都・鴨川
■新京極・錦市場
■八坂庚申堂
■地主神社
■八坂神社

って6本の動画をアップ(笑)

ほんとこの日は天気が良くて綺麗な映像が撮れました♪

34_copy_1024x767







八坂神社なんて何度も行ってるから今さら・・・

ってスルーされてしまいそうですが

八坂神社の境内にある小さな神社

摂社・末社に目を向けたことってありますか?

本殿にお参りして朱印もらっておみくじ引いて

って

それだけじゃもったいな!!

特に八坂神社には個性豊かな神さまが祀られているので

どこにどんな神さまが祀られているか見ていくだけでも楽しいです

神さまや神話に興味がない方でも見やすいよう

“いらすとや”さんのイラストをふんだんに使用しました

その数56個!

9分ほどの動画ですが

全編に解説テロップも入れています

その数93個!

編集していく上で自分自身も新しい発見がたくさんありました

かなり内容てんこ盛りの動画です♪

Screenshot_20200725_142650





是非、おうちで八坂神社の新たな魅力に触れてみてくださいね!



この日は他にもねねの道や祇園白川なども撮影したんですが

恐らく6月8日の動画はこれが最後になると思います

あ〜早く梅雨が明けて

あの日くらい快晴になってくれないかな・・・

おかやま白桃祭りツアー♪【梅田発】

先日お伝えしたように

4ヶ月ぶりに添乗に出てきました

茶屋町のプラザモータープールに観光バスが止まってる!

もうそれだけで感無量!(涙)
Fotor_159559161993260_copy_1024x768Fotor_159559160952128_copy_1024x768






日帰りバスツアーは去年の11月ぶり・・・

不安すぎて5時に変な夢にうなされて起きた・・・


最初に休憩した加西SA

観光バスは1台だけでした・・・
Fotor_159559166347652_copy_1024x768Fotor_159559167390084_copy_1024x768






昼食は“西の屋(菊ヶ峠店)”

ここは他社さんも来ていましたね

お客様の座席は密を避け

2名でも斜めに着席
Fotor_159559374489192_copy_1024x768Fotor_159559175768463_copy_1024x768






フルーツバイキングは自分専用の取り皿とトングを使用
IMG_20200724_115544_copy_1024x768IMG_20200724_115357_copy_1024x768






添乗員さんはめっちゃカロリー高そうなカツカレーでした
IMG_20200724_123845_copy_1024x768IMG_20200724_121051_copy_1024x768






午後は“琴弾(ことびき)の滝”

初めていく観光地です

滝は“天石門別(あめのいわとわけ)神社”の奥

IMG_20200726_123006_copy_1024x768IMG_20200724_140655_copy_1600x1200






IMG_20200724_140646_copy_1024x768






バスは駐車場まで進めないので路駐

神社の境内までは車道を歩くので車に気をつけましょう
(1台もきませんでしたが・・・)
IMG_20200724_140604_copy_1024x768IMG_20200724_140303_copy_1024x768






IMG_20200724_140242_copy_1024x768IMG_20200724_140033_copy_1024x768






なかなか立派な狛犬ですね
IMG_20200724_134711_copy_1024x768IMG_20200724_134734_copy_1024x768






ポマードつけてオールバックにしてるみたい(笑)
IMG_20200724_134746_copy_1024x768






こちらが本殿

見なことない神紋ですね

中央はよく見る“鷹の羽”だけど

周囲は菊なのかな・・・?

パッと見、ヒマワリかと思った(笑)
IMG_20200724_134753_copy_1024x768Fotor_159559201108720_copy_1024x768






天石門別神社は2000年以上の歴史がる式内社
(無人だったので朱印は戴けませんでした)

御祭神は“タヂカラオノミコト”

天岩戸神話の際に扉をブン投げた力持ちの神さまですね

大阪の茨木にも同じく天石門別神社があるそうです

IMG_20200724_135944_copy_1024x768IMG_20200724_135603_copy_1024x768






本殿の裏側に滝への散策道が続いています
IMG_20200724_134835_copy_1024x768IMG_20200724_134850_copy_1024x768






この途中に見逃せないモノが
IMG_20200724_135033_copy_1024x768






これこれ、このクランチチョコみたいな磐座(いわくら)

磐座って普通は1個の石とか大きな岩なんですけど

ここの磐座は石をまんじゅう型に積んだ形状

同様の磐座は京都の貴船神社くらいしか見たことない

京都散歩・コース35【貴船神社(本宮・中宮・奥宮)】


中に平な石があるそうで

その石に腰を掛けてお弁当を食べた人がいて

神罰があったからその周囲を石で囲んだとか

国司のお墓があるとか

御祭神のタヂカラオがこの石に乗ってやってきたとか

色々とミステリアスな磐座だそうです

神社・ミステリースポット好きには

滝より全然こっちの方が見応えあるわ(笑)
IMG_20200724_135001_copy_1024x768IMG_20200724_135219_copy_1024x768






こちらが“琴弾の滝”

二段になっていて

上が雄滝(おんたき)、下が雌滝(めんたき)
IMG_20200724_135412_copy_1024x768IMG_20200724_135403_copy_1024x768






下まで降りれますが、足元が悪いのでムリをしないように・・・
IMG_20200724_135432_copy_1024x768IMG_20200724_135445_copy_1024x768






あ、あとトイレはこんな感じなので

事前に済ませておきましょう
IMG_20200726_123416_copy_1024x768






最後は“揖保乃糸そうめんの里”

揖保乃糸(いぼのいと)とえば

関西ではそうめんの代名詞みたいな存在ですよね
(関東でも有名なんかな?)
IMG_20200724_153518_copy_1024x768IMG_20200724_154201_copy_1024x768






たまたまタイミングよく素麺を伸ばす実演を見ることができました♪
IMG_20200724_153552_copy_1024x768IMG_20200724_153620_copy_1024x768






帰りは三木SAで休憩したんですが

売店に播州織のマスクが売られていました
Fotor_159559210699030_copy_1024x768






これからはお土産にご当地マスクを買うのがスタンダードになるかもしれませんね


これにて行程は全て終了

途中、山陽道で7キロほど渋滞がありましたが

梅田には18時頃に戻ってこれました




久々の添乗を終えての感想ですが

これまでの仕事のやり方とは異なる部分もあったんですが

思っていたより違和感を感じなかったのが本音です

アンケートにもこれといって不満も書かれていませんでした

ただ、添乗員としてはお客様の顔がマスクで半分見えない

ってところが大きかったですね

添乗員の仕事って

お客様の顔色を見たりバス車内の空気を読んで

こちら側の接し方(話す内容や声のトーン、キャラ設定等)を調整する

このさじ加減が腕の見せ所だと思うんです

それがマスクによって読めない!!

ここが一番困りました・・・

京都散歩・コース23【吉田神社・知恩寺】

先日のコース19に引き続き

2日連続で京都散歩に出かけてきました

この日もスタートが遅かったのでまずは腹ごしらえ

駅ビルの大階段の写真が撮りたかったので

ついでに駅ビル11階にあるグルメ街へ
Fotor_159531261540357IMG_20200716_134631_copy_1024x768






前に京都在住の友人に教えてもらった

京都市内に数店舗ある洋食屋さん

“キッチンゴン”

チャーハンにトンカツ、そこにデミグラスソース(もしくはカレー)をかけた

“ピネライス”が有名だそうです
IMG_20200716_134217_copy_1024x768IMG_20200716_132124_copy_1024x768






3種類あるゴンランチの中で今回は

ハンバーグ・エビフライ・カニクリームコロッケ

それにミニピネライスとミニスープが付いた

Cセット(1100円)をオーダー
IMG_20200716_132130_copy_1024x768IMG_20200716_132135_copy_1024x768






美味しいんだけど

食べた後の罪悪感が半端ない・・・

カロリーどれくらいあんねやろ・・・(笑)

このフロアは京都市内の景色も眺められるので

窓際に座れるとお得感がありますね♪
IMG_20200716_134050_copy_1024x768IMG_20200716_134120_copy_1024x768






さて今回歩くのはコース23

百万遍・吉田山
〜「紅もゆる丘」の麓に広がる京大の学生街〜

コースはこんな感じ

ゝ都大学 吉田キャンパス
⊇顛校偉萃躅猗術館
5氾朕声
さ氾鳥蓋園
ッ硫源


スタート地点は市バスの百万遍バス停

ゝ都大学

京大のシンボル“百周年時計台記念館”を通って正門を抜けます
IMG_20200716_162318_copy_1024x768Fotor_159488774117682_copy_1024x768







⊇顛校偉萃躅猗術館

京都検定でもおなじみ

昭和の作庭家・重森三玲(しげもりみれい)の旧宅

の一部を公開している美術館です

予約しないと入れないので場所だけ確認・・・
Fotor_159488782742577_copy_1024x768Fotor_15948878081026_copy_1024x768






5氾朕声

このコースのメインかな?

前にここはブログでもご紹介したと思います

吉田神社に行ってきました♪
(2017年9月3日)

あの時は京都検定じゃなく

“神社検定”で影響されて行った神社でしたね

ご祭神は

タケミカヅチ・フツヌシ・アメノコヤネ・ヒメガミ

など春日大社と同様の神さまが祀られていて

境内には鹿の銅像も

IMG_20200716_145042_copy_1024x768IMG_20200716_150000_copy_1024x768






それもそのはず

吉田神社は藤原山蔭(ふじわらのやまかげ)

一門の氏神として春日大社から春日の神さまを勧請したのが始まり

本殿のそばには

これまた春日大社同様に“若宮社”

ご祭神は“春日若宮おん祭り”で知られる

“アメノオシクモネノミコト”です
IMG_20200716_145816_copy_1024x768IMG_20200716_145950_copy_1024x768







他にもお菓子の神さま“菓祖神社”

料理の神さま“山蔭神社”など

色々摂社・末社がありますが


でも吉田神社と言えば

“斎場所・大元宮(さいじょうしょ・だいげんぐう)”

日本全国の神さまが大集合している超濃密パワースポット

なんですが

なぜか門が閉まってた・・・(涙)
IMG_20200716_151908_copy_1024x768IMG_20200716_151831_copy_1024x768







さ氾鳥蓋園

吉田神社はこの吉田山の中腹にあるので

そのまま境内を抜けると吉田山です

しばらく進むと森の中で何やら怪しい建物を発見
IMG_20200716_154032_copy_1024x768IMG_20200716_154014_copy_1024x768






“茂庵(もあん)”ってカフェだそうです

ここめっちゃ雰囲気いい!!!!!

なんだかジブリの映画にで出てきそう

(あとで良くみたら京都散歩にも載ってた・・・)
IMG_20200716_153945_copy_1024x768IMG_20200716_153956_copy_1024x768






こちらは山頂休憩広場
IMG_20200716_154455_copy_1024x768






公園からは大文字山が見えます
(今年の送り火はかなり縮小した送り火になるんですよね・・・)

IMG_20200716_154302_copy_1024x768IMG_20200716_154315_copy_1024x768






山を下ると今出川通りに出ます

ッ硫源
(ちおんじ)

知恩院とよく勘違いされるスポットですね・・・

通称“百万遍さん”

京都では“手作り市”で有名

百万遍さんの手づくり市♪
(2009年7月15日)←めっちゃ昔の記事です(笑)

Fotor_159488802560935_copy_1024x768IMG_20200716_160125_copy_1024x768






Fotor_159488805418462_copy_1024x768IMG_20200716_160851_copy_1024x768






京都で疫病が流行った際

八世の善阿 空円(ぜんあ くうえん)

宮中で七日間に渡って念仏を百万遍唱えたことから

後醍醐天皇より“百万遍”の号を賜ったそうです

さて、これにてコース23は終了!


記事ではさらっと書きましたが

吉田山は結構歩きごたえがありました

ボリュームのあるランチ食べといてよかった♪


そんなこんなで

休業生活130日目
※昨日会社に行きましたが
引き続き休業の身なのです・・・


4ヶ月ぶりに会社に出社しました

今日、久々に朝から会社に出社しました

前回会社に行ったときはコートを着ていたのに

今日は半袖にノーネクタイ


会社に行く途中に新しいお店ができていたり

ビルの受付嬢が見慣れないメンバーだったり

パソコンを立ち上げようとしたらパスワードが期限切れになっていたり


この4ヶ月のブランクに最初はちょっと戸惑いましたが

久々に顔を合わす仲間が増えるたびに

いつの間にか昔の感覚に戻っていました



で、何しに会社に行ったかと言うと

タイトルにもあるように添乗準備です

今月の24日と26日に日帰りバスツアーに行きます

添乗なんて3月4日に帰着したツアー以来行っていないので

添乗準備をしたのは

実に147日ぶり!

現在募集している日帰りバスツアーは1人2席を確保するため

最大で24名定員

ツアー代金もその分割高なんですが

24日は23名

26日も23名


バスの座席表を書いたら、ほぼ満席やった・・・


久々の添乗準備を終えての感想は

■バスの席割りが混乱する

■持って帰るものが多い

■お客様がいつも以上にご高齢

■目がかすむ
(これは歳のせいですね)

Fotor_15954212463268_copy_1024x768Fotor_159542122443062_copy_1024x768







本日、大阪では新型コロナの感染者数が過去最多

本日開始のGoToトラベルは未だに迷走中


不安要素は数々ありますが

これからの新しい旅のステージにつながる第一歩

元気に行ってきます!!


旅のイメトレチャンネル タビトレ!

地主神社のイメトレ動画をYouTubeにアップしました♪

YouTubeに“地主神社”のイメトレ動画をアップしました

撮影日は6月8日(月曜日)

これまでアップした清水寺や庚申堂と同じ日に撮影しています

19_copy_800x599






清水寺の境内にある縁結びで有名な地主(じしゅ)神社

これまで清水寺には何度も行ったことはありますが

地主神社っていつも前を素通りするだけで

境内に入ったことは一度もなし

なんかね

“若い女性の行くとこ”

ってイメージだったもんで・・・(笑)



神社の入口に置いてあったパンフレットによると

境内には11のご利益スポットが点在しているようなので

それを動画で解説しています

メインは“恋占いの石”

約10m離れた石と石の間を

目とつぶったまま向かいの石まで辿り着いたら恋が叶う

って女性が好きそうなスポットです

ちゃんとここも体験してきました(笑)


約5分ほどの短い動画であっという間に終わります

全編テロップを入れているので音声なしでもOK

※効果音をふんだんに入れているので
できれば音声ありで見てください!



京都に行く予定のある方もない方も

おうちで地主神社のご利益スポットめぐりをお楽しみ下さい♪




次回は“八坂神社”のイメトレ動画をアップする予定です

こちらもお楽しみに〜

京都散歩・コース19【安井金比羅宮・建仁寺】

コース19のつづきです


0属羔眸耆綉
(やすいこんぴらぐう)

“縁切り寺”としてあまりに有名ですね

怖いの苦手なので

今までちょっと避けていたところがありましたが

これを機会にじっくり境内を見てきました

東大路通り面した鳥居に狛犬がいますが

向かって右側の阿形の狛犬

口のまわりが欠けていて

なんだか舌を出しているみたいに見えますね(笑)

IMG_20200715_140439_copy_1024x768IMG_20200718_144100_copy_1024x769






神紋は蝶ですかね?

金比羅なんで“まるこん”とダブルネームですが

これは普通の“金”なので

香川の金毘羅さんにある

“純正なまるこん”ではないです
Fotor_159479631770215_copy_1024x768Fotor_159479664723121_copy_1024x768






こちらが有名な“縁切り縁結び碑”

見た目があかんわ・・・・・・
IMG_20200715_140638_copy_1024x768IMG_20200715_140705_copy_1024x768






参拝方法ですが、まず最初に

本殿にお参り!!!

そのあと“形代(かたしろ)”と呼ばれる白い紙に

お願い事を書きます

※奉祀料は100円以上を箱に入れます

IMG_20200715_160136_copy_1024x769IMG_20200715_160241_copy_1024x768






形代を持ったまま穴をくぐって、また戻ってきます

表から入る際に悪縁を切って

戻ってくる際に良縁を結ぶんだとか

戻ってきたらどこでもいいので形代を石碑に貼ります

これ、24時間やっているそうです

こんなん夜中に一人でくぐってる女性とか見た日にゃ

怖くて夜寝れへんわ!!!


形代授与所と蔵の間に狛犬がポツンといたんですが

めっちゃ古そうですよね

IMG_20200715_141417_copy_1024x768IMG_20200715_141429_copy_1024x768






こちらが拝殿&本殿
IMG_20200715_140812_copy_1024x768IMG_20200715_140849_copy_1024x768






ご祭神は“崇徳天皇(上皇)”

保元の乱で敗れたあと

讃岐に流されてめっちゃ呪って亡くなりましたね

(香川の金比羅さんの境内にある白峰神社にも祀られています)

あとから“源頼政(よりまさ)”を祀ったそうです

鵺退治で有名なあの源頼政公

以仁王の乱で平家に敗れ

平等院で自刃
(平等院の境内にお墓があります)

って怨念キャラばっかり祀ってるやん!!

あと金比羅さんなので

香川と同じく“大物主”も祀っています


本殿の脇に“八大力尊社(はちだいりきそんしゃ)”

というお社がありました

中には六体の石仏が

安井金比羅宮の前身である蓮華光院という寺院を支えていた力石だそうで

基礎能力アップとかスキルアップにご利益があるそうですよ

IMG_20200715_140938_copy_1024x768IMG_20200715_140949_copy_1024x768






絵馬が可愛いです(笑)
IMG_20200715_141014_copy_1024x768






その横にあるのは“久志(櫛)塚”

これは京都検定でもよく出題されるやつ
IMG_20200715_141033_copy_1024x768






北側の入口の両サイドに小さい神社があります

写真右下は稲荷社と厳島社

写真左下は天満宮です

IMG_20200715_141137_copy_1024x768IMG_20200715_141234_copy_1024x768






この天満宮の狛犬がめっちゃ独特なんですよね

これは今まで見たことないタイプの顔つき

社務所の方に聞いたら

京都の石を使った狛犬では一番古いそうです
(さっきの蔵の前の狛犬は2番目)

1767年(明和4年)建立

(そんなに古くないような・・・)
IMG_20200715_141129_copy_1024x768IMG_20200715_141121_copy_1024x768







し仁寺
(けんいんじ)

何を今さらって感じのスポットですが・・・

臨済宗の宗祖

栄西(えいさい・ようさい)が開山

境内は自由拝観ですが

有料で本坊と法堂が拝観できます
IMG_20200715_143350_copy_1024x768Fotor_159479670759287_copy_1024x768






境内の南側には

“楽神廟(らくじんびょう)”ってお社(祠?)があります

鳥居には“明星殿”って書かれてますね

もともと栄西の母親がお参りしていた

吉備津彦神社(岡山県)の末社

“楽の社”の楽大明神(虚空蔵菩薩)を祀っているそうです

母親がこの楽大明神にお参りすると

夢に明星を見て栄西を授かったことに由来

IMG_20200715_144135_copy_1024x768IMG_20200715_144146_copy_1024x768







このあと花見小路を通って四条通りへ出て

ゴ糎 ヾ岨博物館・図書館

日本漢字能力検定協会が開いた漢字のミュージアム
IMG_20200715_145629_copy_1024x768IMG_20200715_145831_copy_1024x768






ここはちょっと大人向きではないですね・・・

小学生くらいのお子さん連れならいいかも


これにてコース19は終了!!


このあとちょっと八坂神社や

四条通りを歩いてみました

今年は山鉾巡行などのイベントはありませんが

祇園祭という行事自体は進行中

四条通りも祇園囃子が流れているので

ちょっとだけ祇園祭気分が味わえました

Fotor_159479796183747_copy_1024x768IMG_20200715_123659_copy_1600x1200






IMG_20200715_120744_copy_1024x768IMG_20200715_121440_copy_1024x768






IMG_20200715_120602_copy_1024x768IMG_20200715_120538_copy_1024x768







しかしこうやっていつも仕事で行ってるイベントが中止だと

季節の感覚が薄れていくわ・・・

ちなみに去年の祇園祭りツアーはこんな感じでした

【前祭り】
祇園祭と川床料理ツアー・1日目♪
祇園祭と川床料理ツアー・2日目♪

【後祭り】
祇園祭「後祭」ツアー1日目♪
祇園祭「後祭」ツアー2日目♪

京都散歩・コース19【六波羅蜜寺・六道珍皇寺】

梅雨の晴れ間

とはいきませんが

ちょっと雨が弱まってきたタイミングで

京都散歩に出かけてきました

今回歩くのはコース19

六波羅蜜寺・建仁寺
〜重文仏15体が拝観できる寺から京都最古の禅寺へ〜


コースはこんな感じ

]伺藩緻寺
∀仔残噌鳥
0属羔眸耆綉
し仁寺
ゴ糎 ヾ岨博物館


ちょっとスタートが遅かったので

まずは腹ごしらえから

この日のランチは

八坂神社から八坂の塔へ向かう途中にある

“ひさご”

親子丼(1100円)で有名なお店です

恥ずかしながら初めて食べました・・・
IMG_20200715_125006_copy_1024x768Fotor_159479595910574_copy_1024x768






普段はお店の外まで列ができていますが

この日はすんなり入れました♪

評判通り美味しかった〜

どうやったらこんなきめ細かいふわふわの卵になるんやろ?
IMG_20200715_125653_copy_1024x768IMG_20200715_125711_copy_1024x768







コース19のスタート地点は

市バスの“五条坂バス停”
Fotor_159479613394217_copy_1024x768







]伺藩緻寺
(ろくはらみつじ)

西国巡礼の17番札所で有名ですね

かつて平家一族の屋敷がズラっと並んでいた六波羅の中心地にたつ寺院

境内は自由拝観ですが、平清盛像

空也上人立像(あの口から阿弥陀仏が六体出てきてる有名な仏像)

カリスマ仏師親子

運慶・湛慶像など重文15体を安置する寺宝館は有料です
IMG_20200715_133624_copy_1024x768






写真右下は平清盛の供養塔
IMG_20200715_134225_copy_1024x768IMG_20200715_134232_copy_1024x768






境内に“なで牛”があったんですが

“心でなでてください”の看板が

これも時代の流れか・・・

IMG_20200715_134108_copy_1024x768IMG_20200715_134120_copy_1024x768






この辺りって下町感があった好きなんですよね

観光客が多い八坂や祇園界隈はすぐそこなのに

いつもゆったり時間が流れています
IMG_20200715_134803_copy_1024x768IMG_20200715_134831_copy_1024x768








∀仔残噌鳥
(ろくどうちんのうじ)

境内はこじんまりしていますが

お盆に先祖の霊を迎える“六道まいり”が有名なお寺
(京都検定でも定番)
IMG_20200715_134935_copy_1024x768IMG_20200715_135037_copy_1024x768






IMG_20200715_135531_copy_1024x768IMG_20200715_135611_copy_1024x768






あと閻魔大王像や

小野篁が冥土通いに使ったと言われる井戸など

夏になると注目を浴びるお寺でもあります

ちょうど翌日から寺宝展を開催で

普段は遠くからしか見られない井戸を

間近で見ることができたんですよね・・・
(7月16日〜19日/7月23日〜26日)
IMG_20200715_135301_copy_1024x768IMG_20200715_135329_copy_1024x768






こちらの迎い鐘はいつでも撞くことができます

鐘が見えないので力加減が難しいんですが

けっこう勢いをつけないの鳴らないので

撞く時は思いっきり引きましょう!
IMG_20200715_135752_copy_1024x768IMG_20200715_135811_copy_1024x768_1







あ、六波羅蜜寺と六道珍皇寺の間には

“幽霊子育飴本舗”ってお店があります

IMG_20200715_134700_copy_1024x768






その昔、子どもを残して亡くなった母親が

子どものために毎晩飴を買いに来た伝説が由来の飴です


幽霊になってまで子どものために飴を買いに来るなんて

子どもを車や家に置きっぱなしにして出かける

現代の親とはえらい違いですね・・・(涙)



そんなこんなで

休業生活125日目

今度の連休はおうちでマドリッド観光しませんか?

世間ではもうすぐ4連休がやってきますね
(私は3月からずっと連休ですが)

せっかくの連休なんだから

旅行に行きたい!

でもコロナも怖い!

GoToキャンペーンは迷走中!

まだ予定を立てるに立てれない方も多いのではないでしょうか?


そんな方に朗報です!!

インターネットを利用してスペインの首都

マドリッドを観光しませんか?

Screenshot_20200716_211503






今流行りのオンラインツアーなんですが

面白いのは

事前に撮影した映像ではなく

現地ガイドがライブで街を案内してくれるんです!

そのため時差の関係で

ツアー開始がちょっと遅めの22:00

所要時間が1時間なので

終了は23:00を予定しています


お休み前にマドリッド観光なんて

いい夢見れそうじゃないですか!!


食後にサングリアを飲みながらマドリッド観光なんて

優雅じゃないですか!!


気になる料金は

15.00ユーロ(1889円)

最少催行人員は1名なので

ツアーキャンセルの心配もないですね♪

設定日は

7/16・23・30

8/6・13・20・27

とあるんですが

オススメは

7月23日(木曜・祝日)

なぜかというと

元後輩のハルナが担当するから(笑)

現地マドリッド在住で

もちろん日本語ペラペラです
IMG_20200716_212126_copy_800x600IMG_20200716_211220_copy_800x598






ハルナはかつて

新卒採用向けの会社案内で

見開き1ページ全面ジャックするほど

会社の顔

として活躍していた添乗員

IMG_20200719_230100_copy_1024x768







現在はマドリッドで子育てをしながら現地ガイドとして活躍しています


ツアーの詳細・予約は主催する旅行会社の公式サイトまで

【オンライン体験ツアー】
日本語エスコートとLIVEでつなぐ!マドリッド旧市街観光

オンラインツアーならパスポートも両替も不要♪

ぼーっとしててもスリに遭う心配もありません♪


皆さまのご参加をお待ちしてまーす!!


この他にもバルセロナ観光や

個人の要望に合わせて現地ガイドが代理散歩として気になる場所へ行ってくれるプランもありますよ♪

八坂庚申堂のイメトレ動画をYouTubeにアップしました♪

YouTubeに“八坂庚申堂(やさかこうしんどう)”のイメトレ動画をアップしました

撮影日は6月8日(月曜日)

めっちゃ前です・・・
06_copy_1024x767






6月9日に清水寺の動画をアップしたんですが

撮影日は同じ日です
(もう1ヶ月も経つのか!!)

清水寺の動画をご覧頂いた方はお分かりかと思いますが

ほんと人が少なかった
IMG_20200608_124710_copy_1024x768Fotor_159419298866845_copy_1024x768






八坂庚申堂のイメトレ動画と言っても

境内はとっても小さいので

清水寺からの行き方がメインの動画です




所要時間は5分ほどなのでサクッと見れます♪

人が少ない清水坂の様子も必見です!
IMG_20200608_124137_copy_1024x768IMG_20200608_124205_copy_1024x768






今回、動画を編集していて知ったんですが

庚申堂のご本尊

“青面金剛(しょうめんこんごう)”って

“秦河勝(はたのかわかつ)”が祀っていたという話しがあるんですね!

というか庚申信仰自体が秦氏が中国から持ってきた

って説もあるほど

ん〜京都の歴史って辿ればいつも秦氏に繋がっていますよね

ますます秦氏が気になる・・・

※動画ではそんな話しは入れていません(笑)
Fotor_15941930375990_copy_1024x768IMG_20200608_123818_copy_1024x768






あ、庚申堂でこんな看板が置かれていました
IMG_20200608_123827_copy_1024x768






おっしゃる通り!!!

神社や寺院の境内に入ると

ついつい先に写真とか動画を撮ってしまいますよね

ご朱印も本来は

“お参りした証”として頂くものなので

本堂に行く前に納経所へ向かうのは

本来はタブー

(そんなんゆーてたら巡礼ツアーの添乗なんてできませんけど)


庚申堂の参拝者(というか観光客)は若い女性やカップルが多いので

本堂にお参りもせずに写真だけ撮って帰る人とか多いんだろーな

それを見かねて看板を出したんだと思います

私もお参りは撮影がいったん落ち着いた後・・・

ってことがほとんどなので

これからはできるだけ先にお参りを済ませてから撮影しようと思います



ちなみに神さまを拝むことを

“礼拝”ってよく言いますが

一般的には「れいはい」ですが

仏教だと「らいはい」と読みます

神道は“拝礼”と書いて「はいれい(はいらい)」



ややこしいね・・・

大原・三千院のイメトレ動画をYouTubeにアップしました♪

YouTubeに大原・三千院のイメトレ動画をアップしました

撮影日は6月17日(水曜日)

動画公開日は6月27日

ちょっと記事を書くのが遅くなってしまいました・・・

55_copy_1024x767






大原にはこれまで仕事でもプライベートでも何度も行っていますが

市バスを利用して行くのは初めて

所要時間は1時間以上

めっちゃ遠い・・・

(これ紅葉のシーズンとか大変やろな・・・)
Fotor_159281027518417_copy_1024x768Fotor_159281029230459_copy_1024x768






大原で降りたのは自分を含めて5人ほどかな

観光バスがよく利用する大原駐車場は閉まっていました
Fotor_159281024821223_copy_1024x768Fotor_159281025821658_copy_1024x768






参道も人が少ない・・・
※この日はまだ県外移動自粛中です※
Fotor_159281019875269_copy_1024x768Fotor_159281022558552_copy_1024x768






まずは散策の前に腹ごしらえ!

今回のランチに選んだのは

料理旅館“芹生(せりょう)”

はちょっとお高いので

“芹生茶屋”!!

Fotor_159281047477536_copy_1024x768Fotor_159281051441419_copy_1024x768






名物?の“とろろ蕎麦(1100円)”

プラス150円で大盛りでオーダー

めっちゃ美味しかったです!!!

市内に比べたらもちろんお値段は上がりますが

景色もいいし店内も落ち着いた雰囲気で

満足度は高いです♪
(こないだのカレーうどんとはえらい違いや・・・)
Fotor_159281048939913_copy_1024x768Fotor_159281045202961_copy_1024x768






動画では三千院に入る前に

周辺の寺院

実光院・勝林院・宝泉院の場所を紹介しています

三千院は境内にあじさい園があるので

けっこう賑わっていました
(大原は普段でも人が少ないです)

Fotor_159281034391757_copy_1024x768Fotor_159281017911771_copy_1024x768






Fotor_159280987781494_copy_1024x768Fotor_159280989723592_copy_1024x768






Fotor_159281010484421_copy_1024x768Fotor_159281013878996_copy_1024x768






これまで観音堂まで行ったら同じ道を引き返していたんですが

今回は律川(りつせん)を渡ってちょっと奥まで行ってみました
Fotor_159281006538362_copy_1024x768Fotor_159281004654295_copy_1024x768






この律川沿い、めっちゃ雰囲気いいですね!!

鎌倉時代の石仏や

可愛らしい“おさな六地蔵”など

今まで知らない三千院の世界が広がっていました
Fotor_159280996724344_copy_1024x768






Fotor_159280999056368_copy_1024x768Fotor_159280991514325_copy_1024x768






鳥が頭に乗ったお地蔵さんや

ネコを抱いてるお地蔵さんもいました(笑)
Fotor_159281001385865_copy_1024x768Fotor_159281003088698_copy_1024x768






三千院ってこれまで往生極楽院の阿弥陀三尊や

苔の庭くらいしか知らなかった・・・

こうやって行く度に新しい発見があるから

京都の寺院は何度言っても全然飽きない(笑)

この日もめっちゃ天気が良かったので

ぜひ、YouTubeでその様子をご覧ください



かなり“ブログな添乗員っぽい動画”

になっていると思いますよ♪

※オープニングの27秒がちょっとエモいです(笑)

京都散歩・コース46【伏見稲荷・石峰寺】

6月24日(水曜日)

前回のコース48に引き続き

2日連続で洛南コースを歩いてきました

02_copy_1024x767






コース46

伏見稲荷・石峰寺
〜朱の鳥居が続く、全国の稲荷神社の総本宮〜

コースはこんな感じ

”見稲荷
大橋家庭園
石峰寺


さっそく行ってみましょう!!


”見稲荷
(ふしみいなり)

伏見稲荷は6月2日にYouTubeの撮影で行ったので

これで6月に入って2度目

YouTubeでは

京阪・伏見稲荷駅からスタートでしたが

京都散歩のコースでは

JR・稲荷駅がスタート

Fotor_159309222013988






JRからだと駅前からすぐ参道です

さすがに2日より参拝者も多いですね
(ゆーてもガラガラですけど)

Fotor_159309144120478_copy_1024x768Fotor_159309146018641_copy_1024x768






Fotor_159309197724337_copy_1024x768IMG_20200624_142332_copy_1024x768






京都散歩のコースに忠実に従い

ちゃんとお山巡りもしてきました
(まさかひと月に2度も頂上まで行くとは・・・)
Fotor_159309154554639_copy_1824x1368






前回は動画を撮るのに必死で気づかなかったんですが

帰りにちょっと面白いスポットを発見

鳥居の脇には狛犬ならぬ

狛蛙が置かれているこちらの神社

鳥居の扁額には“末廣大神”と書かれています

入口に“大日本大道教”とあったので

“大道教(だいどうきょう)”の施設なのかな?

IMG_20200629_151956_copy_1024x768IMG_20200629_152305_copy_1024x768






Fotor_159309158449138_copy_1024x768Fotor_15930915679376_copy_1024x768






境内は至る所にカエル

あと竹の鳥居が珍しいですよね

ちょっと不思議な空間でした
(伏見稲荷にこんな場所があったんや!!)

Fotor_159309207329315_copy_1024x768Fotor_159309163129517_copy_1024x768






ちなみに境内に設置の自販機は嬉しい100円です♪
(上の方なんて200円なのに!!)
IMG_20200629_152449_copy_1024x768






あとこんな鳥居も初めて気づきました

上があいた“間あき鳥居”

出世門だそうです(笑)
IMG_20200624_161826_copy_1024x768IMG_20200624_161814_copy_1024x768






==この数日後==

用事があって再度伏見稲荷に行ったんですよね
(ひと月で3度も!!)

その時にまた色々と新しい発見があったんです

千本鳥居に行く参道の1本目の鳥居
1593913314886_copy_1024x768






なにげに裏側を見てみたら・・・

奉納者が“電通”だった(笑)

Fotor_159391343941955_copy_1024x768







その前にさらに別格で大きな鳥居があるんですが

こっちは誰が奉納したと思います?

1593913386141_copy_1024x768







“花王”!!

Fotor_159391342520513_copy_1024x768






しかも令和2年て今年やん!!

奉納者なんて今まで意識したことなかったけど

有名な企業を探すのも面白いかもしれませんね



大橋家庭園
(おおはしけていえん)

こちらは伏見稲荷のすぐそばにある個人宅の庭園

京都で最古と言われる水琴窟があるそうですが

見学は要予約なので今回はスルー・・・
Fotor_159391133277418_copy_1024x768Fotor_159391134452674_copy_1459x1094







石峰寺
(せきほうじ)

伊藤若冲のお墓

伊藤若冲が下絵を描いた

石像の五百羅漢がある

知る人ぞ知る観光スポット

実はここ

京都の試験を受けた帰りに寄ったんですよね

でもその時は大雨による土砂崩れで

お目当ての五百羅漢が見れなかったんです・・・

Fotor_159309087565150_copy_1024x768Fotor_159309079335231_copy_1024x768






カーブを描いた中国風の門に

ひし形の石が敷かれた参道

どう見ても黄檗宗です(笑)

Fotor_159309084390555_copy_1024x768Fotor_15930908260656_copy_1024x768






若冲は天明の大火(1788年)で家を焼かれ

ここ石峰寺の古庵に住んでいたそうです
Fotor_15930908108248_copy_1024x768IMG_20200624_140325_copy_1024x768






五百羅漢は釈迦の誕生から涅槃までシーンごとに置かれていて

想像より規模が大きかったです

五百羅漢は撮影が不可なので

気になる方はネットで検索してみてください!

石像なんだから写真くらい撮らせてくれてもいいと思うんだけど・・・
(同じ黄檗宗でも萬福寺は堂内まで撮影OKだったのに!)

ちなみに伊藤若冲が建てた伊藤家のお墓は

新京極の近くにある“宝蔵寺”です

京の冬の旅と伊藤若冲ゆかりの地2日間♪
(2019年2月4日)


これで京都散歩・全コースコンプリートまで

残り8つ

次はどこのコースを歩こっかな〜♪

京都散歩・コース48【宝蔵院・三室戸寺】

コース48の続きです

萬福寺で予想外に時間がかかってしまった・・・
12_copy_1024x767






でも次にいくのは萬福寺の塔頭なので歩いてすぐ♪
IMG_20200623_143730_copy_1024x768







∧蔵院
(ほうぞういん)

京都の観光地でも“萬福寺”はあまり人が行かないスポットなんですが

“宝蔵院”はさらに行く人が少ない

というか

存在自体あまり知られていないお寺です
(わたしも今回初めて知りました)
IMG_20200623_151826_copy_1024x768IMG_20200623_143921_copy_1024x768






たまたま住職のお弟子さんがいたので堂内をお参りさせて頂けたんですが

タイミングが悪ければ拝観できないかも・・・

って感じ

なんともほんわかしたお寺です(笑)
IMG_20200623_151759_copy_1024x768IMG_20200623_151742_copy_1024x768






今年の4月から拝観料を取らず

無料で堂内を公開したそうですが

コロナの件もあって公には公表していなかったそうです

このお寺は隠元禅師の弟子

鉄眼禅師が一切経の蔵板・印刷所として建立

日本の印刷の元祖ともいえる場所

そんな版木は境内の高台に建つ

“版木収蔵庫”に今でも保管されています

こちらは有料(300円)なんですが

受付に誰もいないので箱に300円入れておきました(笑)

IMG_20200623_151721_copy_1024x768IMG_20200623_151634_copy_1024x768






2階建ての倉庫には吉野桜を使用した版木がなんと

6万枚!!
Fotor_159308825352958_copy_1024x768Fotor_159308821927561_copy_1024x768






これね、ブログでは伝わらないと思いますが

めっちゃ壮観な光景でした

左右に高く積まれた一切経の版木

この不思議な光景は他の寺院では体験できません

写真は加工して見やすくしていますが

実際はもっと暗くて怪しい雰囲気
(ちょっと怖い・・・)

Fotor_159308824213015_copy_1024x768Fotor_159308819204948_copy_1024x768






版木の書体は明朝体で

いま私たちが使っている明朝体はここからきているそうです
IMG_20200623_150638_copy_1024x768






誰もいないと思ってビクビクしていたら

奥から物音がするんですよね・・・

ネ、ネズミだろ・・・

と思って近づいてみたら

おっちゃんが一人で印刷作業してた!!

ここで40年以上作業しているそうです・・・

めったに人が来ないから嬉しいのか

このおっちゃんに捕まってしまって

ここでも予想外に時間がかかってしまいました・・・
(ガイドブックには所要15分て書いてあったのに!)

このあと京都散歩のコースでは初の電車移動

京阪・黄檗駅から京阪・三室戸駅へ
(1駅ですが歩くと30分ほどかかるそうです)


三室戸寺
(みむろとじ)

ちなみにお寺は“みむろと”寺ですが

京阪の駅名は“みむろ”駅です

実はコース48は2年前に一度、チャレンジしたんですが

ここ三室戸寺で時間がなくなってしまったのです

三室戸寺に行ってきました♪
(2018年6月23日)

※いま気づいたけどまったく同じ日やん!!!


あの日も時間がなくバタバタと参拝したんですが

今回も受付終了時間のギリギリって感じ

お昼ご飯も食べずに駆け込みました(涙)

Fotor_159308388138013_copy_1024x768Fotor_159308390193776_copy_1024x768






Fotor_159308394733873_copy_1024x768Fotor_159308392750391_copy_1024x768






Fotor_159308405873245_copy_1024x768Fotor_159308408246657_copy_1024x768






Fotor_159308877948810_copy_1024x768Fotor_159308876031784_copy_1024x768






Fotor_159308410119777_copy_1024x768IMG_20200623_161421_copy_1024x768






この様子は既にYouTubeでもご紹介済みなので

皆さん見てもらっていますよね?


ね?

旅のイメトレチャンネル タビトレ!


コース48では

このあと“蜻蛉(かげろう)石”も見て帰れ

ってことになっているんですが
(実際そんな上から目線じゃないです)

地図がアバウトすぎてどこにあるか全然わからん・・・

ようやく見つけたその石は

京都翔英高校の横にありました
Fotor_159308431071267_copy_1024x768Fotor_15930843430436_copy_1459x1094






分かりにくいですが、石の表面に

阿弥陀三尊が彫られています

1面に3体じゃなく

ちゃんと側面を使って3尊を表現しているのが面白い!

平安時代からこれがあったと思うと

感慨深いものがありますよね(合掌)
Fotor_159308432918410_copy_1024x768Fotor_159308436416596_copy_1024x768







さて、そろそろ帰りますか

ゴールは京阪・三室戸駅ですが

そのまま京阪・宇治駅まで歩いてみました

すると駅の近くにこんな石像が

宇治市の指定文化財

“石像聖観音坐像”
(鎌倉時代)

通称“東屋(あずまや)観音”と呼ばれていて

地元の信仰が厚いそうです

Fotor_159308429545474_copy_1024x768Fotor_159308426387089_copy_1024x768






今までまったく気づかなかったな〜

ガイドブックに載らないこういったスポットは

実際に歩いてみないと出会えませんからね

改めて実際にその土地を歩くことの大切さを感じました



最近よく耳にするバーチャルツアー

それはそれで新しい旅の楽しみ方だとは思いますが

やっぱり旅って

こうやって自分でその土地に出向いて

“自分の視点”で見てまわるのがいいですね♪

京都散歩・コース48【萬福寺】

6月23日(火曜日)

宇治市にある“萬福寺(まんぷくじ)”に行ってきました

43_copy_1024x767






このブログに“京都散歩部”

というカテゴリーがあるのをご存じですか?

2018年に京都検定の試験勉強を兼ねて

「京都散歩」というガイドブックを片手にフィールドワークに出かけた際のレポートです

ショップ&グルメのコースを除くと

全部で41コース

京都検定の試験勉強は終わりましたが

京都を学ぶのに終わりはない!

ってことで全コース制覇を狙っているのに

最近は京都に行っても動画の撮影優先で

全然コースに沿って歩けていなかったんですよね・・・

残るコースは10コース

そのうち洛南エリアに3つも残ってるやないかーい!

Fotor_159381567354997_copy_1094x1459








今回はそんな洛南エリアを歩いてきました
(もちろん動画撮影も兼ねて)
IMG_20200623_114803_copy_1024x768






コース48

萬福寺・三室戸寺
〜黄檗宗の大本山と西国第10番札所〜

コースはこんな感じ

∴瀛〇
∧蔵院
三室戸寺


3ヶ寺だけだから余裕やろと油断してたら

思いっきり1日かかった・・・



スタートはJR黄檗駅
(京阪にも“黄檗駅”があります)


∴瀛〇
(まんぷくじ)

黄檗宗の大本山で

開山は黄檗宗の開祖でもある

隠元(いんげん)

そう、あのインゲン豆を日本に持ってきた

中国の禅僧、隠元さんです
(他にもスイカや蓮根、孟宗竹を持ってきました)


プライベートでも仕事でも来たことがないお寺

失礼ですが

存在は知っているけどざわざわ行く気にはならない

そんな方って多いのではないでしょうか?(笑)

どうせ中国っぽい建物と布袋さんだけでしょ

って期待していなかったんですが

いい意味で予想を大きく裏切ってくれました・・・


まず、境内の大きさに驚いた(笑)

なにこれ?

めっちゃ広いやん!!


IMG_20200623_122658_copy_2052x2736








写真左下が中国風の総門

屋根にはシャチではなく

“マカラ”と呼ばれる“ワニ”が乗っています

参道に敷かれたひし形の石も独特ですね
(これがまた歩きにくい・・・)
IMG_20200623_121907_copy_1024x768IMG_20200623_122242_copy_1024x768






境内は七堂伽藍がほぼシンメトリーで配置されています

写真左下は“三門”

写真右下は“天王殿”
IMG_20200623_122213_copy_1024x768IMG_20200623_122911_copy_1024x768






天王殿には有名な“布袋さん”がおります

“都七福神めぐり”のメンバーのひとり
(七福神めぐりは京都が発祥のと言われています)

顔がちょっと怖いですね・・・

実はこの布袋さん

萬福寺では“弥勒菩薩”として祀られています

同じ弥勒菩薩でも

“和製・考える人”と言われる

広隆寺や中宮寺の優美な弥勒菩薩とはえらい違いです(笑)
IMG_20200623_123210_copy_1024x768IMG_20200623_123237_copy_1024x768






左右には四天王がしっかりガード
(布袋さんだけでもかなり強そうですが)
IMG_20200623_123439_copy_1024x768IMG_20200623_123510_copy_1024x768






裏には・・・

ぽっちゃりした布袋さんとは全く違う

シュッとした仏像が祀られています

“韋駄天(いだてん)”さん

眼が合うようなアングルで立っているんですよね

なんかジッと見てると・・・

「ごめんなさい」

って謝りたくなる(笑)
IMG_20200623_123532_copy_1024x768IMG_20200623_123544_copy_1024x768






こちらは萬福寺の本殿にあたる

“大雄宝殿(だいおうほうでん)”
IMG_20200623_123950_copy_1024x768IMG_20200623_124207_copy_1024x768






ご本尊は“釈迦如来”
Fotor_159308592516395_copy_1024x768IMG_20200623_130533_copy_1024x768






顔つきや衣の下の帯など

普段見慣れた如来像とはちょっと違いますね

昔はさっきの布袋さんを作った中国人仏師

“范道生(はんどうせい)”作と言われていましたが

今は京仏師の作品という説が有力だそうです
Fotor_159308599096557_copy_1024x768Fotor_159308600507376_copy_1024x768






境内には范道生の作品が多数残っていて

釈迦如来の両サイドに並ぶ十八羅漢像も范道生の作品です
Fotor_159308591047692_copy_1024x768Fotor_15930860855953_copy_1024x768






萬福寺といえば布袋さんのイメージが強いですが

こちらの“開版・魚梆(かいぱん)”と呼ばれるお魚も有名

日本の木魚の原型だそうです
Fotor_159308771939797_copy_1024x768Fotor_159308612733230_copy_1024x768






七宝焼きの大きな香炉や

卍型の勾欄

八角形の燈篭が吊るされた回廊など

境内にいると

まるで中国にいるような雰囲気です

これほど異国情緒が味わえる京都の観光地ってないんじゃないかな?
Fotor_159308602487989_copy_1024x768IMG_20200623_124744_copy_1024x768






IMG_20200623_125041_copy_1024x768IMG_20200623_124835_copy_1024x768






IMG_20200623_131133_copy_1024x768IMG_20200623_125751_copy_1024x768






この桃が彫られた“桃戸”も萬福寺の見逃せないスポットです
IMG_20200623_135756_copy_1024x768IMG_20200623_135817_copy_1024x768






個人的には十八羅漢の足元にいた

猫みたいな“虎”がお気に入り
Fotor_159308597931933_copy_1024x768







あと、大雄宝殿の周辺に置かれてあった椅子

徳川家の家紋三つ葵と一緒に

“王冠にクロス”のマークが彫られた椅子がいくつか置いてあったけど

あれは何のマークやろ???

お寺の方に聞いたら

「お寺の方でも謎なんです〜」って

余計に気になるやん!!
Fotor_159308606790256_copy_1024x768







萬福寺は色々と興味をそそるスポットが目白押しだったので

帰り際に思わず公式ガイドブックを購入してしまった(笑)

ペラペラなのにお値段は

1100円!!
(高っ!!)
Fotor_159308615864721_copy_1024x768






でもYouTubeの動画を作る際にめっちゃ役にたちました♪

ツアーで行くことがあるかは分かりませんが

観光バスが止められる駐車場が少し遠かったので

そこからの行き方などを含めた動画をYouTubeにアップしました

編集にかなり時間をかけて作った動画なので是非見てくださいね!

旅のイメトレチャンネル タビトレ!


いかんいかん

コース48はまだ始まったばかりやった

残りは次回へ・・・

ワンコインで熱中症対策!ワークマンの“マルチシェード”って知ってる?

早いもので今日から7月ですね

休業期間も残り1ヶ月!
(となって欲しいものです・・・)

01_copy_1024x767







6月はご存知の通り京都の観光地に行きまくっていたわけですが

天気のいい日を選んで撮影に行っていたので

とにかく暑さと日差しとの闘いでした

なんかいい日差し除けグッズないかな〜

と思っていたとき

ワークマンでいいもを発見!

それがフィールドコアの新商品

“マルチシェード”

IMG_20200628_152625_copy_1024x768






なんだかザックリすぎる商品名ですが

ポイントは

\椰冷感
吸汗速乾
ストレッチ
UVカット
ト深雄猊佞


これだけの機能が付いて

お値段は499円♪


でもね、この商品

しっかりパッケージされているので

お店では広げて試着とかできず

買う前はイマイチ使い勝手がよく分からない・・・

SNSでも全然話題にならないし

レビューとかも見当たらない・・・


実際買ってみても

使用方法とかの記載はなく

商品イメージのイラストが載っているだけ・・・

そして謎のボタンとか付いてるし・・・

IMG_20200628_152759_copy_1024x768IMG_20200628_152735_copy_1024x768






これどうやって使うの?

って最初、使い方が分からず悪戦苦闘しましたが

ボタンをはずしてようやく使い方が分かりました!!


広げてみると・・・

赤ちゃんのよだれかけみたい!!(笑)

っていやいや

このよだれかけフォルムがポイントなのですよ

キャップやサンバイザーなどのツバに引っ掛けて

横顔や首わまりをしっかりガードしてくれます

IMG_20200628_152828_copy_1024x768Fotor_159333166259621_copy_1024x768






自分は昔からベースボールキャップみたいなタイプのキャップがあまり好きではなく

今も手元には1個もないんですよね・・・
(おとなしくキャップ被れよ!って話しですが)

なので京都の観光地をウロつく際は

直でこのマルチシェードをかぶっています!

IMG_20200615_144957_copy_1024x768IMG_20200608_131928_copy_1024x768






IMG_20200623_121811_copy_1024x768IMG_20200615_123720_copy_1024x768






正直、最初はちょっと恥ずかしかったけど

意外と慣れるもんです(笑)

てか暑すぎて恥ずかしいとか言ってられない!


まぁ「これで梅田歩けるか?」

って聞かれたら

歩けませんけど!(笑)




新京極くらいなら歩ける

Fotor_159336301470139_copy_1024x768







買った当初は“これ使えんの?”

って半信半疑で購入したんですが

今では外出の際は手放せないアイテムとなりました

バス釣りにも使えるし

日中のジョギングなんかにもいいかも♪

ってことで追加購入♪(笑)

IMG_20200628_152850_copy_1024x768








最初に買ったこの迷彩柄
IMG_20200628_152828_copy_1024x768






“フォレストグリーン”ってカラーなんですが

ワークマンでは色んなアイテムで使われているんですよね

女性はちょっと使いづらいと思いますが

記憶が正しければ無地の黒もあったと思います
(たぶん)



ちなみに私はサファリハット、グローブ、半袖シャツ

って同じフォレストグリーンの商品を持っています
IMG_20200628_152931_copy_1024x768






で、全部合わせてみると・・・



こんな感じになりました(笑)
Screenshot_20200628_153250_copy_1024x768






めっちゃ森と一体化できる(笑)


このネタはカットしましたが

もちろんYoutubeでも紹介しています

ここで紹介した以外の

“意外”な使い方も紹介しているので

タビトレ!でもチェックしてみてくださいね!

旅のイメトレチャンネル タビトレ!


これから梅雨が明け

さらに日差しの強い日がやってきますよね

コロナ対策だけじゃく

日差し対策もしっかりして

熱中症や熱射病にならないよう気を付けましょう!


7月もブログな添乗員&タビトレ!

をよろしくお願いします!!
旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
funa888◆gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・