ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

2021年04月

【YouTube】タビトレ!が1周年を迎えました♪

先日、私のYouTubeチャンネル

タビトレ!が1周年を迎えました


昨年の4月22日に「YouTubeはじめました!」

と初投稿して、早いもので1年です

YouTubeはじめました!
(2020年4月22日)

スクリーンショット (54)






いまキャプ画を撮るために初投稿の動画をちょこっと見たけど

えらい暗い場所でえらい緊張した面持ちやな・・・
(気持ち悪いのでもちろんミュートで見ました)

このときは緊急事態宣言下だったんですが

まさか1年後も緊急事態宣言下で動画を配信しているとは・・・

最近のタビトレ!の様子は先月お伝えした通りです

最近のタビトレ!
(2021年3月4日)


動画の投稿数はちょうど100本かな?
(未公開動画は除く)

YouTubeは

動画100本出してなんぼ

みたいなことをよく言われるので

まだまだスタートラインです


今は緊急事態宣言下なので撮影には行けませんが

撮影済みで未編集のデータは沢山あるので

しばらくはそのデータを編集しながら過ごしたいと思います


今はタビトレ!【京都版】って感じですが

本当は私の旅で一番好きな

“島旅”の動画とかも作りたい!!

“ビワイチ”の動画も撮りたい!!

もっと県外の観光地のイメトレ動画も作りたい!!


YouTubeで出来ることはまだまだたくさんあると思います

2年目のタビトレ!も

どうぞよろしくお願いいたします!

IMG_20210430_115012_copy_1024x768







あ、そうそう

旅行業界ってYouTubeを活用している会社が少ない印象
(てか活用しきれてない)

このコロナ禍でTwitterに力を入れ始めた会社も多いけど

カタチのない商品を扱う旅行業界こそ映像が必要なんじゃないかな?

YouTubeで優良なコンテンツを配信して

そこに誘導するためにTwitterを活用するのが正解だと思うんですが・・・


そんな中、面白いコンテンツを安定して配信している会社を見つけました

名古屋にある海外専門の旅行会社

ジェイエスティさんのチャンネルです

トラベラーチャンネル

スクリーンショット (56)





旅行会社もYouTubeで出来ることはまだまだたくさんありそうです

国内で二番目に苦手な駅は・・・

今日からいよいよ本格的にゴールデンウイークに入りましたね

まさか2年連続で添乗員がゴールデンウイークに家にいるとは・・・

各地の人の動きはどんな感じなんでしょうか?

せめて気分だけでも旅気分!

今年もゴールデンウイークはお家でYouTubeでも見て

のんびり旅気分に浸りましょう♪



さて、旅行とは切っても切れない存在が駅や空港

私は方向音痴なのでお客様をお連れして駅や空港を歩くのがめっちゃ苦手

空港はどこもだいたい同じ構造なので

それほど心配じゃないんですが

問題は駅ですよ

特に乗り換えがあると心配で夜も眠れない
(それは言い過ぎ)


国内の駅で一番苦手なのは

ダントツで“東京駅”

関西からは頻繁に利用する駅なので

以前こんな記事を書きました

東京駅・2つの新幹線乗換口について(添乗員用メモ)
(2015年10月6日)


二番目に苦手なのは・・・

やっぱり“名古屋駅”

使用頻度は東京ほどではないですが

たまに特急ひだに乗り換えたりする際に利用します

で、こちらも以前にこんな記事を書きました

JR名古屋駅・新幹線から特急ひだに乗り換え
(2018年3月5日)


どちらもほぼ自分用って感じですが

いまだによく読まれている人気の記事です



去年の12月

日帰り伊勢神宮ツアーで近鉄名古屋駅から帰るコースがあったので

近鉄特急ひのとりの下見も兼ねて名古屋駅に行ってきました
IMG_20201223_110801_copy_1024x768






名古屋駅って他の駅に比べてややこしくないです?
(苦手意識があるからなのか?)

名古屋の人が大阪駅や新大阪駅を見ても

同じようにややこしく感じるのかな?

nagoya_200908IMG_20201223_130458_copy_1824x1368







IMG_20210429_131551IMG_20210429_131630






この日は午前中に名古屋駅に着いて

観光バスの発着場(バスバース)のイメトレ

近鉄名古屋駅のイメトレ

新幹線から在来線の乗り換えのイメトレ

駅構内で食べられる名古屋めしのお店のイメトレ

などなど

午後に熱田神宮にちょこっと参拝しに行きましたが

お昼ご飯も夜ご飯も名古屋駅で食べたほど

ほぼ1日、どっぷり名古屋駅に浸っていました(笑)


もちろんその様子は動画でも撮影


特急ひのとりのイメトレ動画はコチラ↓


名古屋めしのイメトレ動画はコチラ↓


新幹線から特急ひだへの乗り換えの動画はコチラ↓




こうやって下見で得た情報を

ブログだけじゃなく動画で共有できるのはYouTubeの利点ですよね

バスバースへのイメトレ動画も作ったんですが

今は需要がなさそうなので未公開のままにしています・・・


駅でいうと京都駅もたいがいややこしいですよね

この記事の動画も作成済みなんですが

JR京都駅・新幹線八条口への行き方♪
(2017年12月27日)

これも今は需要がなさそう

スクリーンショット (49)スクリーンショット (50)





どちらも団体旅行や修学旅行が動き始めてからかな・・・

【京都グルメ】東寺の帰りは“とんかつ一番”♪

東寺でカモとツツジと新緑を満喫した続きです

IMG_20210422_110856_copy_1024x768IMG_20210422_111845_copy_1024x768






IMG_20210422_115325_copy_1024x768IMG_20210422_115504_copy_1024x768






共通券を購入して観智院や宝物館までじっくり見ていたら

すっかりお昼を過ぎてしまった・・・

でも東寺の周辺って飲食店が少ないんですよね

少し北へ上がると梅小路公園がありますが

この周辺もそんなにお店ないんです


以前も同じような状況でトコトコ京都駅へ戻ろうとしたとき

美味しいトンカツ屋を発見しました

梅小路公園から木津屋橋通を東へ進むと

“すぐそこ”って怪しい矢印が
IMG_20210422_133210_copy_1024x768IMG_20210422_133220_copy_1024x768






看板通り細い路地に入ると

住宅街のど真ん中にお店があるではないですか!

こりゃ看板がなかったら素通りするわ・・・

お店の名前は

“とんかつ一番”

創業は昭和35年で、かなり有名なお店のようです
IMG_20210422_133138_copy_1024x768






昨年、はじめてこのお店を知った際は定休日・・・
定休日:火曜日

8月に再度足を運んでようやく食べることができました♪

こらは看板メニューの“名代とんかつ定食(1500円)”

IMG_20201213_113858_copy_1024x768IMG_20201213_113904_copy_1024x768






薄めの衣は2種類のパン粉をブレンドして使用

トンカツの下に敷かれているデミグラスソースは

1週間〜10日ほどじっくり煮込んだ自家製だそうです

油にもこだわっているそうで

トンカツを食べた後の

あの罪悪感(胃もたれともいう)がなかった♪


で、今回は“ソースかつ丼(780円)”をオーダー

とんかつ定食に比べ一気にリーズナブルになるので嬉しいですね♪

ちなみに普通のかつ丼はメニューにありませんでした
IMG_20210422_131606_copy_1024x768IMG_20210422_131609_copy_1024x768






カツライス(700円)も気になるな〜

数量限定ですが日替わり定食(700円)ってのもあります

ただ、いつも並んでいるので

待つのは覚悟で行かれたほうがいいかと思います


今回は遅めの13時半頃に行ったのですんなり入れましたが
(昼営業は14時までに入店)

この時間に来たらすんなり入れます?

って聞いたら

いえ、今日はたまたま空いてました

って言われた・・・



京都水族館や鉄道博物館からは歩いてすぐ

東寺からは京都駅へ戻る際に

ぜひ、立ち寄ってみて下さいね

お弁当やカツサンドを予約して

梅小路公園で食べるのもいいかも♪

もちろんコロナの状況が落ち着いてからですが・・・

とんかつ一番(公式サイト)



≪各施設の営業状況≫

京都水族館→当面の間休館
京都鉄道博物館→5月11日まで休館
東寺→通常通り拝観可能(夜間拝観は中止)


話しは変わりますが

昨日、京都力検定の第15問目をアップしました

ぜひチャレンジしてみてくださいね♪




あ、そうそう

とんかつ一番でこんな張り紙が貼ってあった

fotor_1619572209421_copy_1024x768






「入荷待ち」てナニ?

食材が届き次第提供

ってことなのかな?(笑)

【京都】カモとツツジと春の東寺♪


4月21日

新緑が眩しい東寺に行ってきました
IMG_20210421_134717_copy_1024x768IMG_20210421_132337_copy_1024x768






別に狙って行ったわけではないですが

たまたまこの日は“弘法の日”

東寺では毎月21日は“弘法市”という縁日が開かれます

これまで何度も東寺には足を運んでいますが

“弘法の日”に東寺に行くのは初めて!

普段は有料エリアの金堂が扉を開け

お堂の前まで無料で入れるようになっていました

(弘法市はコロナの影響で開催されていませんでした)

IMG_20210421_133111_copy_1024x768







あと、毎月21日に行われる弘法の日でも4月は特別で

普段は入れない“灌頂院(かんじょういん)”の北門が開かれていました

IMG_20210421_131612_copy_1024x768






敷地の中にある“閼伽井(あかい)”には

農作物の豊凶を3枚の絵馬が掲げられていました
fotor_1619077612522_copy_1024x768IMG_20210421_131524_copy_1024x768






この日が弘法の日ってのも行ってから気づいたし

さらに4月21日は灌頂院の北門が開くのもこの日に知ったので

めっちゃトクした気分♪

これも弘法大師のお導きか!(笑)


あと東寺では現在、ツツジが見頃を迎えています

東寺ってツツジも有名なんですね

てかツツジって色んな種類があるんですね

全然知らなかった・・・
IMG_20210422_110926_copy_1024x768IMG_20210422_111413_copy_1024x768






IMG_20210422_111845_copy_1024x768IMG_20210422_111436_copy_1024x768






IMG_20210422_111253_copy_1024x768IMG_20210422_111347_copy_1024x768






IMG_20210422_110648_copy_1024x768IMG_20210422_110607_copy_1024x768






IMG_20210422_110600_copy_1024x768IMG_20210422_111340_copy_1024x768






宝蔵の周囲のお堀には鴨が住み着いているんですが

可愛いカルガモも赤ちゃんが寄り添っていました

いつも観察に来ている常連さんに

天敵っています?

って聞いたら

この辺は天敵だらけやで!

最近の厄介な天敵は人間や!


って言ってました

何でも可愛いからって持ち帰る人がいるんだとか
(ほんまかいな!!)

この春も10匹赤ちゃんが生まれたそうですが

現在はこの2匹だけになったそうです・・・
IMG_20210422_122536_copy_1024x768IMG_20210422_122647_copy_1024x768







あと東寺の宝物館では春季特別公開を開催中
(3月20日〜5月25日)

IMG_20210421_130522_copy_1368x1824









宝物館に入るのも初めて

もともと食堂に安置されていたという千手観音がめっちゃ立派!!

東寺にこんな大きな千手観音がいたとは!!

思わずうなり声をあげてしまった・・・
(次に入ってきた人も同じリアクションしてた)

隣の鎌倉期の愛染明王も目力が凄くてカッコよかったです
IMG_20210422_124345_copy_1024x768IMG_20210423_103909_copy_768x1024






有料エリア(金堂&講堂):500円

観智院:500円・宝物館:500円

なんですが

共通券(1000円)で全て拝観できます


宝物館も見れて、新緑やツツジも見れて

可愛いカルガモの赤ちゃんも見れて

春の東寺はお得がいっぱい!

是非、この春は東寺へ!

と言いたいところですが

また外出が困難な状況になりそうですね

また人のいない京都に戻るのかな・・・

IMG_20210421_173544_copy_1024x768IMG_20210421_180602_copy_1024x768







【読書部】ご指名!古都のバスガイド

読書部より3月の読書履歴です

1月→7冊

2月→4冊

ときまして

3月→1冊



3月はねー

めっちゃ忙しかったんですよ

動画の編集が・・・



読書習慣って1度離れるとダメですね

ついつい活字離れしてPCの画面ばかり見てしまう・・・

さて、そんな読書離れした中で読んだ貴重な1冊はコチラ


「ご指名!古都のバスガイド」
(メディアファクトリー)

IMG_20210419_184438_copy_1280x960







タイトル通り

奈良のバスガイドさんの本です


この本、たまたま古本屋で見つけたんですよ

バスガイドさんの本なんてあるの?

しかも普段からお世話になってる奈良交さんやん!

これは買わねば!!

って思ったけど

その日は他にも買いたかった本があったので

この本は買わずに帰ったんです
(どないやねん!)

そしたらこの本が夢の中で出てきたんですよね(笑)
(気にしとんか!)

これも何かのお告げだと思って
(平安時代か!)

翌日、また同じ古本屋に買いにいきました・・・
(昨日買っとけよ!)



この本を書かれているのは奈良交通のバスガイド

木島亜里沙さん

一緒に乗務したこともないし

観光地で見かけたこともないと思います

この本が出版されたのが2008年なので

既に退社されているのかもしれませんね
(今度、奈良交さん乗ったら聞いてみよ)

本の内容は

木島さんがバスガイドになったきっかけ
(出身は福岡県だそうです)

研修時代の思い出から1日の仕事の流れ

寮生活の苦労話

これまで出会った人から学んだこと

バス車内の盛り上げ方など

かなり読みごたえがありました
(添乗員絡みのエピソードももちろんあります)

さすがバスガイドさんだけあって、お話しもお上手だし

奈良交通でバスガイドとして働いているとこに

とてもプライドを持たれている様子が

ひしひしと伝わってきました

てか出版社もよくこんな優秀なガイドさんを見つけてきたな(笑)

高校から入社のエピソードなどはかなり胸アツで

朝の連続テレビ小説を見ているようでした
(見てないけど・・・)


バスガイドさんって普段、身近に接しているので

裏で相当の苦労があるのは知っていましたが

ここまでハードだったとは!!

新人のガイドさんがすぐ辞めちゃうのもちょっと納得

てか、バスガイドとして長年続けてこられている方々って

本当に貴重な人材なんだなと感じました


最近はバスガイド同行なしのツアーも多いですが

添乗員はバスガイドの代わりはできないし

“バスの旅”はやっぱりバスガイドさんがいてこそだと思います

ただバスに乗って移動するだけなら路線バスだし・・・
(路線バスの旅はそれはそれで面白いと思いますが)


いまバスガイドさんたちってどうしているんですかね?

路線バスを持っている会社なら

ドライバーさんは路線の仕事をしているって聞きますけど・・・



あ、奈良交さんじゃないですが

明星さん(明星観光バス)のバスガイド教習の様子がYouTubeにありました



明星さんも京都のツアーでよくお世話になります

この先、仕事でご一緒できる日が来ればいいですね

【読めます?】霰・雹・霙

霰・雹・霙



(バグちゃいますよ)


これ、読めました?



霰(あられ)

霙(みぞれ)

雹(ひょう)


です


ちなみに私は読めませんでした(笑)


実はこの休業期間を利用して漢字検定の勉強を・・・

ってのは冗談で


昨日の近畿地方

めっちゃ天候が目まぐるしかったじゃないですか

二重の虹とかが話題になっていまいしたよね

確かに晴れたり降ったりで変な天気でした

私も歩いていたら急に雨が降りだしたので

駅の構内に避難していたんですね

で、外に出てみるとビックリ

なんか白い物体が積もってるんですけど!!

IMG_20210418_171200_copy_1024x768IMG_20210418_170726_copy_1024x768






IMG_20210418_171051_copy_1024x768IMG_20210418_171125_copy_1024x768






ちなみに雹と霰の区別は粒で変わるらしく

直径が5ミリ以上が雹(ひょう)

それ以下が霰(あられ)

霙(みぞれ)は雨と雪が同時に降る際の雪の結晶なんだとか

これは粒が小さいので霰かな?


こんな時期に!?

と思ったけど

雹や霰が降るのはこれからの季節

5〜6月

そして10月が多いそうです

車の運転とかしていたら事故になりかねませんよね

皆さんも天気の急変にはくれぐれもご注意ください

IMG_20210418_170859_copy_1024x768IMG_20210418_170953_copy_1024x768








話は変わりますが

京都力検定の第13問目を公開しました

ぜひチャレンジしてみてくださいね♪



ちなみに八坂庚申堂ではありません・・・(笑)

吉野山は〇〇である。


吉野山はである


当たり前やないかーい!!

って感じですが


いやいや、ちょっと聞いてもらえます?


吉野山っていうと桜の名所で有名ですが

ご存じの通り、桜を見るエリアが

下千本・中千本・上千本・奥千本

ってあるでしょ

ツアーだと時間的に中千本くらいまでしか行けないことが多いんですが

個人の場合は奥千本まで目指す方も多いです

下千本・中千本辺りなら散策気分で気軽に楽しめますが
(それでも竹林院から上はかなり急な坂道)

その先の上千本や奥千本は様子が違います

特に奥千本


以前、4月2日に行った際

下千本〜上千本にはなかった雪が積もっていた

なんてことがあったほど

吉野山へ行こう!ぁ擶千本〜上千本編】
(2019年4月2日)

ここまで来るとまったく別世界なのです


近鉄吉野駅からバスを乗り継げば

奥千本口までバスで上がってこれるので

余計に油断する人が多いんだと思います


でも奥千本口のバス停から先は歩くしかありません

西行庵がある奥千本のお花見スポットは40分の周遊コースになっていて

足場も悪く、ロケーションは登山そのものです


↓こんな感じ

IMG_20210416_213432IMG_20210416_213543






IMG_20210416_213601IMG_20210416_213530







この先は怖いから引き返したい!

と言っても道が狭いので逆行すると他の方の迷惑にもなります

行ってから

こんなはずじゃなかった・・・

ってなるのは尾瀬と同じですよね

尾瀬はこんなところです2014
(20146月17日)

イメージが先行しちゃう観光地あるあるです



お花見で吉野山に行くと言っても

奥千本まで行く予定なのであれば

“登山に行く”

ってくらいの意気込みが必要だと思います

そんなこと言われてもどんなところかわからんし

って声も聞こえてきそうなので

イメトレできる動画を作りました


はい、前回の動画の続きです(笑)




これを見たら

奥千本に行くのにヒールで来ちゃった

なんて人も減るのではないでしょうか?


今年の吉野のお花見シーズンは例年より1週間以上早いので

今さら感のある動画ですが

吉野は桜が咲いていなくても

自然と歴史を身近に感じられる素晴らしい場所です

ぜひ、お花見シーズン以外の人が少ない時期に訪れて

ゆっくり吉野山の魅力を感じてみて下さいね

近鉄特急で行く吉野山2021♪

近鉄特急を利用して、吉野山へ行ってきました!

(仕事じゃなくプライベートです)

大阪阿部野橋駅から吉野駅へは

早起きして特別仕様の“さくらライナー”に乗車しました

これまでレギュラー車両にしか乗ったことがなかったんですが

今回は優雅にデラックス車両を利用!!
(ゆーても差額は210円ですが・・・)


fotor_1618100428926_copy_1024x768IMG_20210407_090059_copy_1024x768






今年は全国的に桜の開花が早いですが

吉野はどんな感じかな?

【七曲り】←下千本
IMG_20210407_092136_copy_1024x768IMG_20210407_091021_copy_1024x768






【吉水神社←中千本
IMG_20210407_101151_copy_1024x768fotor_1618057374250_copy_1024x768






芳雲館の看板犬・わか←かわいい
IMG_20210407_102527_copy_1024x768SnapShot(82)






【花矢倉展望台】←上千本
IMG_20210407_112247_copy_1024x768IMG_20210407_112111_copy_1024x768






【高城山展望台】←上千本と奥千本の間
IMG_20210407_115055_copy_1024x768IMG_20210407_114952_copy_1024x768






【西行庵付近】←奥千本
IMG_20210407_123040_copy_1024x768IMG_20210407_124218_copy_1024x768






IMG_20210407_122942_copy_1024x768IMG_20210407_124611_copy_1024x768







下千本・中千本は見頃を過ぎていましたが

上千本・奥千本は綺麗な桜を見ることができました!


奥千本で葉が付いた桜を見て

「なんや、ここも見頃過ぎてるやん」

ってぼやいている方がいましたが

吉野の桜はソメイヨシノではなく“シロヤマザクラ”

花の見頃が過ぎたあとに若葉が出てくるソメイヨシノと違い

シロヤマザクラは開花と同時に若葉が出るのが特徴です


よく考えたら下千本から一気に奥千本まで歩いたのは初めてかも?

この日も4万歩近くあるきました

IMG_20210407_225228_copy_1024x768







さて、個人的には桜の開花状況より気になる

下千本駐車場の観光バス利用状況ですが

あさイチに寄った際は2台

再び夕方に見に行った際は5台止まっていました

あと近鉄列車利用のツアーも来ていましたね

ちなみに私が所属している会社では

添乗員付きの吉野ツアーは設定ナシ

まさか2年連続で吉野のツアーが出ないなんて・・・
IMG_20210407_151911_copy_1024x768






観光バスを利用した観光客は予想通り激減していましたが

個人客は多かったな〜

近鉄吉野駅から中千本の操作場まで行くバス

竹林院前〜奥千本口を運行するバス

どちらもかなり行列ができていました

1618057347897_copy_1024x768IMG_20210407_120103_copy_1024x768






IMG_20210407_103832_copy_1368x1824









お昼をたべたお店のスタッフや観光協会の方が言っていましたが

先週の土日が凄かったそうですよ

これまで見たこともないほど混んでいたんだとか・・・



今回、吉野を歩いた様子も動画で撮影し

YouTubeにアップしました
(撮影日は4月7日)


※後半はこれから編集します!!!



これから初めて吉野に行く方に向けて作ったんですが

8日に大阪府が“医療非常事態宣言”を発出

府民に花見を含めた不要不急の外出を控えるよう呼び掛けております


今年も我慢の春のようです・・・

京都のコスパ最強ホテル!!〜ホテルアマネク 京都河原町五条〜

京都の格安ホテルリサーチも

いよいよ最後の3泊目です

IMG_20210317_150957_copy_1024x768IMG_20210317_151504_copy_1024x768







ホテル アマネク 京都河原町五条

ここを最後にしたのには訳があります

1泊目➡共同洗面所&共同シャワー

2泊目➡室内にシャワー完備

てことは・・・?

【利点】
大浴場完備!!(16時〜24時)
ケトルはバルミューダ、マットレスはシモンズ製などこだわりのセレクト
清水寺が徒歩圏内
近所に24時間スーパーがある
レンタル浴衣が無料
室内にコンセントがやたら多い
フリードリンクコーナーがある(15時〜20時)
なんとここにアルコールも含まれている!!

IMG_20210317_154714_copy_1024x768IMG_20210318_085026_copy_1024x768







【欠点】
最寄りの鉄道の駅が京阪だけ
商業エリアから少し離れている
京都駅からのアクセスはバスのみ
(荷物が少なければ徒歩でも可能)


===感想===
京都市内で大浴場が付いているだけでもお得感満載なのに

アルコールもフリードリンクに含まれているとか

恐縮してしまうほどコスパが良いです

しかもそのビールも発泡酒とかじゃなくクラフトビール!

近所に住んでいる人でもリピートするほど人気だそうです

街歩きや撮影が好きな方に最近人気のディープスポット

旧五条楽園界隈がすぐそこなのも魅力的

夕暮れ時、暗くなってから歩けば

異世界に迷い込んだうような気分に浸れます

IMG_20210317_181921_copy_1024x768






最寄りの鉄道は京阪・清水五条駅くらいですが

逆に清水寺をメインに観光する人にはオススメ

鴨川に近いのもいいですね

リーズナブルなビジネスホテルは烏丸通りや堀川通り沿いが多いんですが

五条とはいえ河原町通り沿いでこの値段は大きな魅力です


実際に宿泊した際の動画がコチラ




で、気になる宿泊料は・・・

Screenshot_20210314_120635_copy_810x690








ここは宿泊税が含まれていたので

全て混み込みで

2465円

大浴場が付いて

タダでお酒が飲めてこのお値段

なんか嬉しいというより

立場上、逆に心配になりますよね・・・

大丈夫なのか京都のホテル業界!!



実は今回、宿泊料を2000円台に指定して検索したんですが

この他にも同じような料金設定のホテルがたくさんヒットしました

ちなみにゲストハウスは800円とかまであった・・・

ますます大丈夫なのか京都のホテル業界!!

って人のこと心配している場合じゃないんですけどね・・・


インバウンドや団体客が見込めないこの状況

そして同じ価格帯のホテルが多い中

いかに個人客に利用してもらえるか?

今回3つのホテルを利用してみましたが

各ホテル、かなり努力されているのをひしひしと感じました

これからは

京都人が泊まる京都

みたいな居住地と宿泊先が同一県内の旅行

って増えていきそうですね

昨年、ブームになりそうでならなかった

“マイクロツーリズム”を今こそ見直すチャンスかも!

そうなると添乗員の出番がなくなるんですけどね・・・



また機会があれば他のホテルもリサーチしたいと思います!

ちょっと気になるオシャレなカプセルホテルとか

おひとり様専用のホテルとかあるんですよね・・・♪


※注意事項※
こちらの価格は宿泊サイトアゴダを利用して
その日の一番安いプランで検索して予約した料金です
宿泊料金は宿泊日や予約する時間によっても変動します
設備やサービスは撮影時のもので実際と異なる場合があります
詳細はホテルまでお問い合わせください 

京都のコスパ最強ホテル!!〜ザ・ワンファイブ 京都四条〜

京都の格安ホテルリサーチ2泊目です

ザ・ワンファイブ 京都四条

私が以前からよく見てるYouTubeチャンネル

Adventure Noteのゆりさんが紹介していて

以前から気になっていたホテルです

ここは3泊のうち1泊は絶対に泊まろうと思ってた!



おおまかに利点と欠点をまとめると

【利点】
四条堀川の交差点にあるので場所が分かりやすい
二条城や三条会商店街が近い
部屋のシャワーがやたら充実
インスタントコーヒーがドトール
ホテルの下がコンビニ
嵐電・阪急の駅がある四条大宮が近い

【欠点】
河原町や新京極などから少し距離がある
(徒歩圏内ではあります)
京都駅から鉄道利用のアクセスは不向き(バスが便利)

1616139939595_copy_1024x7681616140005675_copy_1024x768







===感想===
ホテルが面している堀川通りを北上すると二条城です

二条城はオープンと同時に拝観したい!

とか夜のライトアップを時間を気にせず見たい!

って方にはいいですね

二条城はコインロッカーの数が少ないんですが

ホテルをチェックアウトした後も

当日だと荷物をホテル内で預かってもらえます

ここ数年人気の三条会商店街あたりををじっくり攻めたいって人にもオススメ

ただ堀川通りは、四条通りから御池通りにかけてビジネスホテルだらけ

その中では最も南(二条城から遠い)に位置します

二条城を優先すると他にも立地のいいホテルはたくさんありますが

二条城にも近く、商業エリアも徒歩圏内

というおいしい立地とも言えます


実際に宿泊した際の動画がコチラ




で、気になる宿泊料は・・・

Screenshot_20210314_120621_copy_1024x741







これに宿泊税200円をプラスして

2500円

またまたありえんでしょ、この価格・・・


関空や伊丹行きのリムジンバスのりばでもある

大宮に近いのは大きなアドバンテージですね

嵐山&二条城が旅程に入っている方は

まず泊まって損はない便利なホテルです♪


近くにフルーツサンドで有名な

“フルーツパーラーヤオイソ”もありましたよ

IMG_20210316_155330_copy_1024x768






おじさん一人ではさすがに入れませんでしたが・・・


※注意事項※
こちらの価格は宿泊サイトアゴダを利用して
その日の一番安いプランで検索して予約した料金です
宿泊料金は宿泊日や予約する時間によっても変動します
設備やサービスは撮影時のもので実際と異なる場合があります
詳細はホテルまでお問い合わせください

京都のコスパ最強ホテル!!〜ザ・ポケットホテル京都四条烏丸〜

京都市内ではここ2、3年

インバウンド需要を見込んで

ホテルの開業ラッシュが続いていたのはよく知られていますよね

そんなオープンしてまだ数年の綺麗なホテルが

コロナの影響で破格の価格設定になっている!!

との話を最近よく耳にするので

ちょっとリサーチしに行ってきました

泊まったのは桜のシーズンが始まる前の平日

3月15日(月曜)〜17日(水曜)

3泊別々のホテルですが、価格帯は同じです



まず最初に泊まったのは

ザ・ポケットホテル 京都四条烏丸 プライベートルームズ

名前がちょっと長いですね・・・(笑)

京都にポケットホテルは今回泊まった“四条烏丸”のほかに

“京都烏丸五条”もあるので気を付けましょう
(最初間違えて予約してしまった)

で、そもそもポケットホテルて何やねん

って話しですよね

ビジネスホテルでもなく

カプセルホテルでもなく

ゲストハウスでもない

ちょっと変わったホテルなのでした・・・

IMG_20210315_183130_copy_1024x768IMG_20210315_184205_copy_1024x768






おおまかに利点と欠点をまとめると

【利点】
とにかく価格がリーズナブル
河原町や錦市場など商業エリアに近い
阪急・地下鉄・京阪など多彩な路線にアクセスしやすい
共有スペースが多いので旅行者同士で情報交換などしやすい

【欠点】
浴室・洗面所が共同
部屋が狭い
室内にテレビがない(個人的には全然OK)
共有スペースが多いので気にする人は抵抗がある
(このご時世、ここは利点でもあり欠点でもある)


===感想===
とにかく安くて立地がいいのが魅力

カプセルホテル以上ビジネスホテル未満という新しいカテゴリーのホテルです

部屋はほんとに“寝るだけ”って感じですが

ゲストハウスやカプセルホテルを利用したことのある人なら

全然快適に過ごせるのではないでしょうか?

部屋で読書やPC作業をしたいって人には不向き

寝る以外のことは1階の共有スペースを利用するスタイルです

部屋は寝るだけだから狭くてもOK!

観光より買い物がメイン!

ゲストハウスやカプセルホテルには抵抗があるけど

とにかく安く泊まりたい

って人にオススメです

近くにある“錦湯”って銭湯に行きたかったけど休みだった・・・(涙)

IMG_20210316_095323_copy_1024x768






あと隣に昨年末にオープンしたばかりの

“モトイギョーザ”ってオシャレなお店があります

ミシュラン1つ星のフレンチレストラン

“MOTOI”のシェフが腕をふるう餃子屋さんです

IMG_20210316_142327_copy_1024x768IMG_20210316_135757_copy_1024x768






まぁ周辺は飲食店だらけですので

食べる場所には困りませんけどね
(逆にありすぎて困るくらい)


実際に宿泊した際の動画がコチラ



で、気になる宿泊料は・・・

Screenshot_20210314_120651_copy_810x782








これに宿泊税200円をプラスして

2379円

ありえんでしょ、この価格・・・

ネカフェ感覚で気軽に利用できる

そんなホテルなのでした・・・


※注意事項※
こちらの価格は宿泊サイト“アゴダ”を利用して
その日の一番安いプランで検索して予約した料金です
宿泊料金は宿泊日や予約する時間によっても変動します
設備やサービスは撮影時のもので実際と異なる場合があります
詳細はホテルまでお問い合わせください

春の会津・大内宿・日光と会津鉄道ツアー・2日目♪

ツアー2日目は“日光”

え?日光?って思いますよね

このコース、東北ツアーと思いきや

2日目は栃木県へ行っちゃいます

しかも2日目の観光は日光だけ(笑)


那須高原SAで休憩をはさみ、毎度おなじみ

“磐梯ドライブイン・日光店”

我々の他にマイクロバスの団体が来ていました
(ここで初めて他の団体ツアー客を見る)
IMG_20210405_122144_copy_1024x768IMG_20210405_122558_copy_1024x768






かなり座席の間隔を広めにつくっていただき感謝です
IMG_20210405_114422_copy_1024x768IMG_20210405_114050_copy_1024x768






お茶はこれまでポットを数名で共有していましたが

パックのお茶で対応していました
(ここまでしているお店は初めて)
IMG_20210405_114322_copy_1024x768






食後はバスで輪王寺の駐車場へ移動して

“日光東照宮”の参拝へ

歩かなくていいからラクですね♪

観光バスは我々だけでした・・・
IMG_20210405_141122_copy_1024x768fotor_1617620374086_copy_1024x768






まだ春休み期間ということで

けっこう若者の観光客が目立ちました
(ゆーてもガラガラですが)

IMG_20210405_140217_copy_1024x768IMG_20210405_133258_copy_1024x768






いつもは人が多くて写真を撮りずらかったスポットも

今なら撮り放題♪♪♪
IMG_20210405_133541_copy_1024x768IMG_20210405_133601_copy_1024x768






陽明門の手前にある鐘舎は現在工事中でした
(令和5年3月31日まで)
IMG_20210405_135924_copy_1024x768IMG_20210405_140245_copy_1280x960






このあと再び那須高原SAで休憩をとって福島空港へ

福島空港を利用するなんて、これ以来かも・・・

ウルトラに染まる福島空港♪
(2016年3月15日)

1階にコンビニができていました

(おにぎり・パン・お弁当も少量ならあります)

IMG_20210405_164944_copy_1024x768IMG_20210405_165108_copy_1024x768






ANAのカウンター前には添乗員の書き仕事にピッタリの

コンセント付きデスクがある休憩所も♪
(ANAのカウンターから丸見えなのがちょっと難点)
IMG_20210405_165047_copy_1024x768IMG_20210405_165131_copy_1024x768






2階には大きな売店があります

カードラウンジはないんですが

550円で有料ラウンジを利用することができます
IMG_20210405_165722_copy_1024x768IMG_20210405_165804_copy_1024x768






ちょっと早いですが

2階のレストラン“シャロン”で早めの夕食

幻の果実、“さるなし”を使ったソースにSPF豚

パン粉や油にまでこだわった

“さるなしソースのかつ丼(1150円)”をオーダー

福島のご当地グルメとしては

会津若松がソースカツ丼で有名です
IMG_20210405_165855_copy_1024x768IMG_20210405_171335_copy_1024x768






空港のレストランなのであまり期待していなかったんですが

これめちゃくちゃ美味しかったです!!!!

これまで食べた空港グルメで一番かも!!
IMG_20210405_171340_copy_1024x768






この味で1150円ならお値打ちやな♪

って気分よくお店を出ようとしたとき

外でお弁当が半額になってるのに気づいた・・・

800円のカツ丼が半額の400円て

めちゃお得やないかーい!!!

IMG_20210405_173212_copy_1024x768






まぁこれも飲食業の復興に協力しているということで・・・

復路のフライトは18時25分発

プロペラ機ではないですが70名乗りの小さな機材です

この便はANAとIBEX(アイベックス)エアラインズの共同便

IBEXの飛行機ってはじめて乗るかも

IMG_20210405_181308_copy_1024x768fotor_1617670578204_copy_1280x960






さてさて、これにて4ヶ月ぶりの添乗も無事終了

昨年の自粛明け添乗も

4ヶ月ぶりだったんですね

おかやま白桃祭りツアー♪【梅田発】
(2020年7月24日)

この時は一時的な出発でしたが

秋には怒涛のGoToトラベルキャンペーンがはじまり

再び12月に糸が切れたかのように仕事がなくなりました


今回はどうなるんでしょうね?

このあとまた昨年のようにGoToトラベルキャンペーンが復活し

忙しい日々がやってくるのでしょうか?

それともまだしばらくツアーは様子見なのでしょうか、、、?

IMG_20210405_141216_copy_1024x768






春の会津・大内宿・日光と会津鉄道ツアー・1日目♪

飛行機利用で福島へ行ってきました!!

これはプライベートじゃくお仕事です

2021年の初添乗が4月になるとは・・・

添乗は昨年の12月27日に日帰りで行った

近鉄で行くお伊勢さん以来です

しまかぜ&ひのとりに乗る・伊勢神宮ツアー♪
(2020年12月27日)

お客様は31名様

集合時間は伊丹空港に7時
(てことはスタンバイが6時10分)

めちゃ早いんですけど・・・

久々の添乗で早朝集合とか

恐怖でしかない・・・
IMG_20210404_060125_copy_1024x768IMG_20210404_060604_copy_1024x768






リニューアルしてからANA側で受付するのは初めて

外からは分からなかったけど

中がめちゃ広くなってる!!
IMG_20210404_060806_copy_1024x768IMG_20210404_060818_copy_1024x768






この時間、他にツアーは出ていないようで

ひとりぼっちで受付です・・・


ボンバルディア機に揺られ福島空港へ

74席の座席の内、乗客は47名
(てことは一般客は15名か)
IMG_20210404_073954_copy_1024x768






最初に向かったのは“大内宿”

日曜日だったのでマイカー利用の旅行者はいましたが

観光バスは我々だけでした・・・
IMG_20210404_120055_copy_1024x768






今日のお昼はこちらで自由昼食

お店がちゃんと開いているか心配でしたが

ほとんどのお店が営業していました
(平日は閉めるお店が多いそうです)
IMG_20210404_114615_copy_1024x768IMG_20210404_115127_copy_1024x768






今回は“山形屋”

“街道おろしそば(1100円)”をオーダー

大内宿では“ねぎ1本で食べるお蕎麦”が有名ですよね

三澤屋というお店が発祥だそうで

他にも山形屋・大和屋・浅沼

などで“ねぎ1本で食べる蕎麦”を提供しています
IMG_20210404_115301_copy_1024x7681617544432484_copy_1024x768






まぁ実際はねぎ1本で食べるのはムリ!!

薬味としてねぎをかじりながらお箸で食べます(笑)


このあと会津鉄道の“湯野上温泉駅”

茅葺屋根の駅舎が絵になりますね
IMG_20210404_125100_copy_1024x768IMG_20210404_125141_copy_1024x768






IMG_20210404_125132_copy_1024x768IMG_20210404_125147_copy_1024x768






春は茅葺屋根に桜が映えるスポットなのですが

今年はウソという鳥が桜の花を食べてしまったそうです・・・

「ウソのようなホントの話し」

って駅の方が言ってた(笑)
IMG_20210404_125329_copy_1024x768






一般車両1両に加え

我々の貸切車両を加えて2両で運行
IMG_20210404_125251_copy_1024x768IMG_20210404_125816_copy_1024x768






IMG_20210404_125956_copy_1280x960IMG_20210404_130411_copy_1024x768






IMG_20210404_131613_copy_1024x768IMG_20210404_130051_copy_1024x768






約30分の乗車のあと、西会津駅に到着

このあと“鶴ヶ城(会津若松城)”

こちらもマイカーはけっこう来ていましたが

観光バスは我々だけでした・・・
IMG_20210404_142540_copy_1024x768






今年は桜の開花がこちらでも早いようで

予想外に綺麗な桜を見ることができました♪

鶴ヶ城会館横のしだれ桜は満開!!
(写真左下)
IMG_20210404_141515_copy_1024x768IMG_20210404_141416_copy_1024x768






天守閣に入る際は検温が行われていました

団体がまとまって入城する場合

添乗員が事前にお客様の検温をしているのであれば

書類にサインをすれば、検温はスルーして入城できます
IMG_20210404_135855_copy_1024x768IMG_20210404_140001_copy_1024x768






IMG_20210404_140415_copy_1024x768IMG_20210404_140617_copy_1024x768






天気が悪かったので全然映えませんが

これ、天気だったらめちゃ綺麗だろーなー

やっぱりお城と桜って似合いますよね
fotor_1617544647826_copy_1024x768IMG_20210404_140537_copy_1024x768






このあと今夜のお宿

“裏磐梯レイクリゾート”
(旧:裏磐梯猫魔ホテル)

本館にあたる“五色の森”

迎賓館の“猫魔離宮”が繋がっている

横に広い系のリゾートホテルです

まだ春休み中なので家族連れの一般客が目立ちましたが

観光バスは我々だけでした・・・


IMG_20210404_195601_copy_1024x768IMG_20210404_163744_copy_1024x768






最近泊まったホテルといえば

京都の格安シティホテルだったので

部屋がめちゃ広く感じる!!(笑)

IMG_20210404_164132_copy_1024x768IMG_20210404_190139_copy_1024x768






宿泊客が少ない場合、夕食はセットメニューになるそうですが

今回はバイキングで提供してくれました♪

休業期間が長いので

広いお部屋・バイキング・温泉

ってこれまで当たり前だったことに

めちゃくちゃありがたみを感じます・・・

添乗に出れることに感謝m(__)m

【都市伝説】毎回〇〇しないお店

昨日(4月2日)は2021年の初出社でした

今期初出社ではなく

2021年の初出社です

先月の下旬に一度ミーティングというか

生存確認みたいな集まりはありましたが

仕事で出社するのは昨年の12月29日ぶりです



で、久々に会社に行ったら

会社が入っているビルのすぐ横に新しいお店ができていました

焼肉屋です

後輩のモミさんが出社していたので

さっそく一緒に食べに行きました

1617438876393_copy_1024x768






fotor_1617438829615_copy_1024x7681617438852035_copy_1024x768






ハラミ定食(1000円)をオーダー

これが一番安いメニューです

オフィス街のお店でランチで1000円〜って

かなり強気な設定に感じますが

会社の周辺にはこの価格帯のランチでも

繁盛しているお店はたくさんあります

でも私はこのお店が心配です

なぜなら

ここの物件は毎回毎回

長続きしないんです!!

私が知っているだけでも何度入れ替わったか!

この焼き肉屋の前は炭火焼きのお店でした

名前からして

また“ポン”っとなくなるんちゃう?

なんて言っていたら

案の定、ポンと消えていました・・・


居抜き物件なので、毎回この物件は飲食店

オープンするたびに食べに行くんです

毎回味も悪くないし

それなりに人通りも多い場所なのに

なぜかいつも長続きしないんです

皆さんの近くにもありません?

お店がコロコロ変わる物件

あれってなんなんですかね?

何か見えない力が働いているんでしょうか?



ちなみに会社からちょっと離れた場所に

美味しいカレー屋があるんですけど

ここは入社した頃からずっとあるな〜

会社のスタッフもみんな大好き

ずいぶん昔にこんな記事も書いてた(笑)

本場インドレストラン「ビンドゥ」
(2011年3月19日)

IMG_20210323_122644_copy_1024x768IMG_20210323_122639_copy_1024x768






ルーが美味しいのはもちろんのこと

ナンが最高なんですよね!!!

ナンかライスは一応選べますが

このお店に来てライスを頼む人なんて

今まで見たことがありません!!
1617442464999_copy_1024x1024









やっぱり飲食店は味ですかね、味・・・
IMG_20210218_135408_copy_1024x768







【京都】拝観無料の絶景桜めぐり♪

京都に桜を見に行ってきました!

どこに行くかは明確に決めておらず

とにかく地下鉄・蹴上駅からスタート

あとは風のむくまま気のむくまま

結局20ヶ所近いスポットをめぐりました

例えば・・・

蹴上インクライン
IMG_20210331_111446_copy_1024x768IMG_20210331_111714_copy_1024x768







岡崎の琵琶湖疎水沿い
IMG_20210331_112827_copy_1024x768IMG_20210331_112241_copy_1024x768






IMG_20210331_113732_copy_1024x768IMG_20210331_113701_copy_1024x768







金戒光明寺
IMG_20210331_121744_copy_1024x768IMG_20210331_121638_copy_1024x768







真如堂
IMG_20210331_123338_copy_1024x768IMG_20210331_123748_copy_1024x768







出町柳駅付近
IMG_20210331_132326_copy_1024x768IMG_20210331_135607_copy_1024x768







近衛邸跡(京都御苑)
IMG_20210331_144455_copy_1024x768IMG_20210331_144316_copy_1024x768







高瀬川
IMG_20210331_155122_copy_1024x768IMG_20210331_155616_copy_1024x768







円山公園
IMG_20210331_161818_copy_1024x768IMG_20210331_161446_copy_1024x768







清水寺(無料エリア)
IMG_20210331_164158_copy_1024x768IMG_20210331_171923_copy_1024x768







祇園白川

SnapShot(15)IMG_20210331_180820_copy_1024x768







などなど定番スポットから

ちょっとマイナーなスポットまで

半日ですが、かなりウロウロできました

これ全て拝観無料(無料エリア)のスポットなんですよ

しかも移動はすべて徒歩!!

↓こんな感じ
SnapShot(26)









お金をかけなくても、京都の桜は楽しめる!!

ってことを伝えたかったので

16分の動画にまとめました(笑)



たまたま見つけた絶景スポットもあるので

ぜひ動画で確かめて下さいね♪

11時に蹴上駅からスタートして

18時頃まで撮影していたんですが

結局この日は4万歩以上歩いたようで

両足にマメができてしまいました(涙)
(ちょっと張り切りすぎた)

IMG_20210331_221824_copy_1024x768







実は行かなくていいスポットも無茶して行っちゃったんですよね

これから京都の桜を見に行かれる方は

この動画を見て、行くべきスポット

行かなくてもいいスポットを見分けて

有意義な京都の桜をお楽しみくださいm(__)m
旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
funa888◆gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・