ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

2022年09月

【しがたび】長浜じっくり観光・有料観光スポット編□

長浜観光の続きです

長浜駅の東側にある優良スポット

曳山博物館・海洋堂フィギュアミュージアムを見学したので

お次は駅の西側のスポットを巡りましょう!

“長浜鉄道スクエア”
大人300円

受付があるこのレトロな建物は

日本で一番古い駅舎、旧長浜駅
IMG_20220916_093533_copy_1024x768IMG_20220916_151355_copy_1024x768






あれ、このデザイン・・・

現在の長浜駅を横からみた外観は

この旧長浜駅を模しているんですね!
IMG_20220916_093626_copy_1024x768IMG_20220916_093648_copy_1024x768






入館料300円とは思えないほど

充実の展示スペース

鉄道オンチの私でもそこそこ楽しめました
(そこそこなんかーい)
IMG_20220916_150155_copy_1024x768IMG_20220916_150749_copy_1024x768






北陸線電化記念館には

日本で唯一現存しているED70形や

D51形793号蒸気機関車を展示
IMG_20220916_150938_copy_1024x768IMG_20220916_150843_copy_1024x768






なるほど

さっぱりわからん(笑)

明治や大正のムードが漂う空間なので

鬼滅の刃好きのお子さまとか喜びそうなスポットでした
(ということでまとめておこう)


お次のスポットは鉄道スクエアの目の前

“慶雲館(けいうんかん)”
大人300円

明治時代に建てられた長浜の迎賓館

1月〜3月まで行われる“盆梅展”の会場でもあります
IMG_20220916_143507_copy_1024x768IMG_20220916_143740_copy_1024x768






もともとは明治天皇が京都御幸の帰りに長浜に寄ることになったので

豪商の浅見又蔵が私財を投じて作ったお屋敷だそうです

なので2階には明治天皇が座った玉座が展示
IMG_20220916_143801_copy_1024x768IMG_20220916_143841_copy_1024x768






IMG_20220916_143927_copy_1024x768IMG_20220916_144007_copy_1024x768






慶雲館建設25周年記念で作られたお庭を作庭したのは

京都の無鄰菴や平安神宮の神苑で有名な

あの七代目・小川治兵衛(植治)だそうです
IMG_20220916_144124_copy_1024x768






サンダルに履き替えて、庭を歩くこともできます

明治天皇が来館した当時は

お屋敷のすぐそばまで琵琶湖だったそうです
(近くに旧長浜港の石碑があります)
IMG_20220916_145041_copy_1024x768IMG_20220916_144943_copy_1024x768






竹灯籠も展示されていて、幻想的な空間でした
IMG_20220916_144647_copy_1024x768IMG_20220916_144713_copy_1024x768







さて、長浜浪漫パスポートのチケットも残り1枚となりました

最後はこちら

“長浜城歴史博物館”
大人410円

豊臣秀吉が最初に居城として築城した“長浜城”

その城跡に1983年に建てられた模擬天守が

長浜歴史資料館です
IMG_20220916_152123_copy_1024x768IMG_20220916_154102_copy_1024x768






2階・3階が展示室

4階が茶室

5階は展望台になっていて

広大な琵琶湖や伊吹山など

360度のパノラマビューが楽しめます
IMG_20220916_153259_copy_1024x768IMG_20220916_153306_copy_1024x768






IMG_20220916_153711_copy_1024x768IMG_20220916_153758_copy_1024x768








さて、これにて長浜じっくり観光は終了

ほんとはもっと見たいところはあったのですが

夜に用事があるので今回はこのへんで切り上げましょう
IMG_20220916_155152_copy_1024x768IMG_20220916_155230_copy_1024x768






結局、朝から6時間長浜をブラブラしましたが

それでも見たりない!!

今回は長浜浪漫パスポートが大活躍やったね

1200円2610円分の有料スポットを見学できました♪

でもこのパスポート

販売期間が9月30日までなんですよね・・・
(全国旅行割の影響で延長になるかも?)


3日間、ビワイチで琵琶湖を満喫し

4日目は長浜をじっくり観光

そして4連休の仕上げは京都のスパイスカレー!
IMG_20220916_173524_copy_1024x768IMG_20220916_185853_copy_1024x768






IMG_20220916_213057_copy_1024x768






なんとも充実した4日間を過ごさせて頂きました

別にムリして遠くへ行かずとも

近場にもええとこはたくさんあるもんだ♪

この記事に出てきたスポット

スクリーンショット (29)





‥監札好エア
慶雲館
D紘余詢鮖貿酳館


お旅所駐車場から大通寺までのイメトレ動画を作りました






【しがたび】長浜じっくり観光・有料観光スポット編、

せっかく長浜をじっくり歩くんだったら

有料スポットにも入りたいですよね

まずは博物館通りにある観光案内所

“湖北観光情報センター”へ行って情報取集

国の登録有形文化財にも指定されている

旧・四居家(よついけ)住宅

観光案内所として開放されています
IMG_20220916_104037_copy_1024x768IMG_20220916_104105_copy_1024x768






ここで“長浜浪漫パスポート”を購入

これ、1200円で指定観光スポット


5ケ所が入れ

さらに飲食店など40店舗で割引サービスなどが受けられる

めちゃくちゃお得なパスポートなのです
IMG_20220916_103728_copy_1024x768IMG_20220916_103819_copy_1024x768






しかも“しが周遊クーポン”も使えた♪


まず最初に向かったのは

“曳山博物館”
大人600円

長浜といえば毎年4月に行われる

“長浜曳山まつり”

その曳山(山車)を展示している博物館です
IMG_20220916_104254_copy_1024x768






曳山は全部で12基あるんですが

そのうちの2基を公開
IMG_20220916_110518_copy_768x1024IMG_20220916_110338_copy_768x1024








IMG_20220916_110308_copy_768x1024IMG_20220916_110158_copy_768x1024








IMG_20220916_110612_copy_1024x768IMG_20220916_110638_copy_1024x768






長浜の曳山は京都の祇園祭りみたいに

祭りが終わっても解体せず

そのまま保存しているのです

ここは長浜の観光スポットでもメインともなる場所

迷ったらまずこちらを見学することをお勧めします


お次は大手前通りアーケード内にある

“海洋堂フィギュアミュージアム黒壁(黒壁29號館)
大人1000円

1階は売店で自由に入れます
IMG_20220916_100501_copy_1024x768IMG_20220916_123609_copy_1024x768






お馴染みの映画のキャラクターから恐竜まで

様々なジャンルのフィギュアが展示

別途有料でフィギュアやジオラマが作れるコーナーもありました
IMG_20220916_124150_copy_1024x768IMG_20220916_123648_copy_1024x768






IMG_20220916_125954_copy_1024x768IMG_20220916_123533_copy_1024x768






個人的には岡本太郎コーナーが胸アツ
IMG_20220916_125529_copy_768x1024








あ、この一番大きな太陽の塔持ってる!

2段目のフィギュアも全部持ってるわ(笑)
IMG_20220916_125616_copy_1280x960IMG_20220916_125651_copy_1024x768






ここはちょっと入館料が高めなので

有料エリアには人が少なかったです



あれ、さっきの曳山博物館とフィギュアミュージアム

これだけで1600円ってことは

既にパスポート代(1200円)の元が取れてるやん♪

あと有料スポットが3ケ所も入れるのに!

めちゃお得なチケットやな
(販売期間は9月30日まで・・・)


さて、このあとは長浜駅の西側へ移動するので

お土産などは駅の東側

黒壁スクエア側で買っておきましょう

ちょうど北国街道と大手前通りの交差点に

“MONOKOKORO(黒壁6號館 )”

って雑貨のセレクトショップがあります

ここは全国からオシャレで実用性のあるアイテムが集められていて

見ているだけでも楽しいお店なんです
IMG_20220916_142439_copy_1024x768IMG_20220916_094652_copy_1024x768






このお店では私の愛用品

今治タオルの“MOKU”も取り扱っているのですよ

ちょうどこの日の夜に知人と会う約束があったので

お土産にタオルを2枚購入
IMG_20220916_142525_copy_1024x768






滋賀県のお土産に今治タオル

ってちょっと邪道か・・・



この記事に出てきたスポット

スクリーンショット (28)






仝佶夢儻情報センター(旧・四居家)
曳山博物館
3ね瞭殴侫ギュアミュージアム黒壁
MONOKOKORO



お旅所駐車場から大通寺までのイメトレ動画作りました






【しがたび】長浜じっくり観光・寺社&ランチ編♪

さて、ビワイチを終え4日目に突入

せっかく長浜に泊まっていたので

今日はじっくり長浜観光や!!

長浜って仕事でもほとんど来たことがないんですよね
IMG_20220916_095417_copy_1024x768IMG_20220916_094052_copy_1024x768






アーケードがある大手前通りと北国街道の交差点

ここに黒壁ガラス館(黒壁1號館) 

黒壁オルゴール館(黒壁3号館)があります

古い建物には黒壁1號館から30號館まで番号が付いていて

その建物が密集するエリアの総称を

“黒壁スクエア”
って呼ぶそうです
(この交差点が黒壁スクエアだと思ってた)
IMG_20220916_135657_copy_1024x768IMG_20220916_094743_copy_1024x768







新しいものと古いものが上手に混ざり合っていて

どこを見ても絵になる町並みです
IMG_20220916_094636_copy_1024x768IMG_20220916_094324_copy_1024x768






この太鼓楼と呼ばれる望楼付きのお寺は

“浄琳寺(じょうりんじ)”
IMG_20220916_094544_copy_1024x768IMG_20220916_142645_copy_1024x768






アーケードの西門には

“長浜曳山祭り”がデザインされています

まだ朝が早いからお店がほとんど開いてなかった・・・
IMG_20220916_142407_copy_1024x768IMG_20220916_100532_copy_1024x768






お堀とレトロな建物が絵になりますね
IMG_20220916_102624_copy_1024x768IMG_20220916_103024_copy_1024x768






立派な山門が見えてきました

長浜別院“大通寺(だいつうじ)”

この門は東本願寺(京都)の山門を模しているそうです
IMG_20220916_102743_copy_1024x768IMG_20220916_102400_copy_1024x768






境内は自由参拝
(堂内に一部有料エリアあり)
IMG_20220916_102254_copy_1024x768IMG_20220916_102139_copy_1024x768






こちらは曳山祭りのスタート地点でもある

“長浜八幡宮”
IMG_20220916_133006_copy_1024x768IMG_20220916_133218_copy_1024x768






IMG_20220916_133648_copy_1024x768IMG_20220916_133711_copy_1024x768






境内には“都久夫須麻(つくぶすま)神社”も祀られていました
IMG_20220916_134103_copy_1024x768IMG_20220916_134043_copy_1024x768






さて、今日のランチはどこで食べよ?

北国海道沿いにある鯖そうめんで有名な

“翼菓楼・よかろう”(黒壁8號館) 

ここは前に食べたしな〜
IMG_20220916_122123_copy_1024x7687d830932






それでは並ぶの覚悟であのお店にいきますか

長浜でランチと言えばコチラ

“鳥喜多(とりきた)”

やっぱり既に数組並んでた
(これでもかなりマシな方)
IMG_20220916_114333_copy_1024x768IMG_20220916_115419_copy_1024x768






親子丼のお店ってイメージでしたが

それ以外のメニューも結構あるんですね
IMG_20220916_115914_copy_1459x1094






実はビワイチ1日目にも寄ったのですが

定休日だったんですよね・・・・・

念願叶って初・鳥喜多の親子丼

“ザ・親子丼”

って感じのシンプルなお味でした

特にお米が美味しかった♪

お店の方も親切で好印象♪
IMG_20220916_120528_copy_1024x768
IMG_20220916_120544_copy_1024x768






ランチのあとはやっぱりスイーツ

長浜のスイーツといえば真っ黒なソフトクリーム

黒壁ソフト

味は濃厚チョコレート

色は竹炭の黒だそうです

これが食べれるのは“96CAFE(黒壁18號館)
IMG_20220916_140023_copy_1024x768IMG_20220916_140124_copy_1024x768






ここはちょっと塩対応やったな・・・

ソフトクリームは甘くて美味しかったけど・・・


この記事に出てきたスポット

スクリーンショット (30)





‐琳寺
大通寺
D紘揚幡宮
ね祺柤
ツ惨鄲
Γ坑僑達腺藤


お旅所駐車場から大通寺までのイメトレ動画作りました






【ビワイチで使える大浴場付きホテル】グリーンホテルYESみなと館

ビワイチで最後に泊まったホテルがコチラ

グリーンホテルYes長浜みなと館

IMG_20220915_171911_copy_1024x768






長浜駅からも長浜港からも徒歩圏内で

観光にはかなり使える立地のホテルです

団体ツアーでも使いそうな感じやね
(EVが1機なのが難点ですが)
IMG_20220915_173451_copy_1024x768IMG_20220915_173354_copy_1024x768






IMG_20220915_173412_copy_1024x768IMG_20220915_173402_copy_1024x768






ハード面はいたって普通のビジネスホテル
IMG_20220915_174420_copy_1024x768IMG_20220915_174435_copy_1024x768






ちょっと見慣れないインテリアもありますが・・・
IMG_20220915_174620_copy_1024x768IMG_20220915_174610_copy_1024x768






アパホテルグループではないはずですが

なぜか紙コップだけAPAの紙コップ(笑)

清掃の方にAPAと関係あるんですか?って聞いたら

ないことはないそうですけど・・・

私も聞いたんですけどよくわからない関係で・・・

なんて説明していいか・・・


って濁していたので

それ以上は聞かないことにしました(笑)
IMG_20220915_174314_copy_1024x768IMG_20220915_174342_copy_1024x768






IMG_20220915_174550_copy_1824x1368






2階には大浴場とマッサージ店があります

ビワイチの最後なので

ここでマッサージってのもいいかもしれませんね
IMG_20220915_181920_copy_1024x768






ホテルには珍しいドラム式のコインランドリーも完備!
IMG_20220916_000038_copy_1024x768IMG_20220915_181904_copy_1024x768






ちなみに長浜駅の東側には

ホテルYes長浜駅前館
ホテルYes長浜駅前館2番館

って2つのホテルがありますが

これらのホテルと

グリーンホテルYes長浜 みなと館

はまったく関係ないそうです
(これはフロントで聞きました)


いや、これ紛らわしいでしょ!!(笑)

同じ長浜にYesが付くホテルがあったら

ぜったいグループホテルやと思うやん!!

紙コップだけのAPAといい

いろいろと大人の事情が見え隠れするホテルなのでした


今回泊まったホテルをまとめてみました↓


今回、2泊3日でビワイチをまわって

ゴール後にもう1泊

という3つのホテルを紹介しましたが

距離的にもコスパ的にも

ホテルを使ったビワイチとしては

なかなかいいチョイスだったと思いません?
スクリーンショット (26)








皆さんもぜひ、琵琶湖周辺のホテルを上手に活用して

快適なビワイチサイクリングをお楽しみくださいね!


今こそ県民割でお得にビワイチ!【3日目】

ビワイチ3日目!

今日も琵琶湖はいい天気♪
IMG_20220915_110545_copy_1024x768IMG_20220915_111920_copy_1024x768






途中、マリオットホテルのそばに

“BIWAKOモニュメント”なる新名所ができてた

おいおい、琵琶湖はそんなキャラじゃないやろ!(笑)

ここ数年

この手のモニュメントが増えましたよね
(てかブームは去ったと思っていたが・・・)
IMG_20220915_113647_copy_1024x768IMG_20220915_214338_copy_1024x769






今日のランチはどこにしようかな?

ピエリ守山あたりだと早いし

近江八幡だと遅いし・・・


BIWAKOモニュメントからしばらく進むと

“かねふくめんたいパークびわ湖”が見えてきました

そう、あのめんたいパークが滋賀県にもできたのですよ!

ここは以前に“鮎家の郷”があった場所

関西では有数のドライブインだったんですけどね・・・

乗務員休憩室にあったガラガラくじが懐かしい・・・
IMG_20220915_115554_copy_1024x768IMG_20220915_115638_copy_1024x768






今後、仕事で来る機会もあるだろうし

下見をかねて今日はこちらでランチにします




IMG_20220915_121032_copy_1024x768IMG_20220915_120633_copy_1024x768






あんまりお腹も空いてなかったし

おにぎり程度でちょうどいいわ

めんたいパークの“じゃんぼおにぎり(390円)”

これめっちゃ美味しいんですよね

“しが周遊クーポン”も使えます♪
(使ってないけど)
IMG_20220915_115915_copy_1024x768IMG_20220915_120404_copy_1024x768






2階に持ち込んで食べることもできますよ


2階は景色がいいし人も少ないのでおススメです
IMG_20220915_121154_copy_1024x768IMG_20220915_121649_copy_1024x768






琵琶湖へお越しの際はぜひお立ち寄りください
IMG_20220915_121800_copy_1024x768







彦根まで北上してきました

このビーチは鳥人間コンテストが行われる“松原水泳場”

遠くに見えるのは“彦根ビューホテル(旧彦根プリンスホテル)”

工事中なのかな?と思ったら

2021年の12月に閉館していたんですね・・・

ツアーでも何度かお世話になりました

今後はホテルニューアワジが新たに

温泉やグランピングを取り入れた施設を作るそうです
IMG_20220915_152621_copy_1024x768






遠くに米原の“エクシブ琵琶湖”が見えてきました

これが見えたらゴールはすぐそこ!
IMG_20220915_153402_copy_1024x768IMG_20220915_153410_copy_1024x768






返却時間の最終は17時

で、ゴールしたのが16時半

けっこうギリギリでした(笑)
IMG_20220915_163241_copy_1024x768IMG_20220915_163236_copy_1024x768






3日間の走行距離は207キロ

1日目:73キロ
2日目:64キロ
3日目:70キロ


なかなかいい配分だったんじゃない?
IMG_20220915_163542_copy_768x1024








これまではゴールしたあとは

そのまま自宅へ帰っていましたが

今回はもう1泊残っているので気持ち的にもラク♪

今夜は長浜市にある

グリーンホテルYes長浜みなと館

ちょうど夕日が綺麗でした
IMG_20220915_171911_copy_1024x768IMG_20220915_174511_copy_1024x768






今夜は素泊まり

宿泊代は7100円

県の補助が3000円

クーポンが2000円分付くので

実質3100円
IMG_20220915_192202_copy_1024x768






3泊で8枚もらった“しが周遊クーポン”

まだ4枚残ってるんですよね

ここはなんとしても今夜の夕食で使いたい

でも使えるお店があまりないのです・・・
IMG_20220915_192707_copy_1024x768IMG_20220915_192818_copy_1024x768






数少ない取り扱い店の中から見つけたのは

“手打ち蕎麦 みたに”
IMG_20220915_184748_copy_1024x768IMG_20220915_185158_copy_1459x1094






これまでお肉続きだったしね

“天せいろ(1800円)”を大盛(350円)で2150円

ここでクーポン2枚使用
IMG_20220915_185857_copy_1024x768IMG_20220915_185901_copy_1024x768






夕食のあとはお待ちかね

長浜港で夜釣りや!!!

と意気込んでたのに

なにやら様子がおかしい

夜の港に続々と車がやってくる・・・

警備員まで立ってるし・・・

なんとこの日はシークレット花火の開催日だったのです

シークレットというか大々的に告知していないだけで

地元の人は知っていたみたい
IMG_20220915_203759_copy_1024x768IMG_20220915_204102_copy_1024x768






これは釣りどころではないよね

今年はプライベートでも仕事でも花火大会に行っていなかったのですが

まさかビワイチの最終日に長浜で花火が見れるとは

(宿泊代がちょっと割高だったのはこのせいか・・・)




ビワイチ最終日にふさわしい夜となったのでした♪

レッツゴー万博2025・夢洲超花火♪

レッツゴー万博2025・夢洲超花火

というイベントが3年後に控えた大阪万博の開催地

夢洲(ゆめしま)で開催されました
IMG_20220925_162748_copy_1024x768






この日の大阪は朝から快晴!

季節はすっかり秋を感じる今日この頃ですが

再び夏が戻ってきたような陽気に恵まれました
IMG_20220925_172814_copy_1024x768IMG_20220925_174835_copy_1024x768






先日の長浜花火大会といい

今年の夏はどこの花火大会にも行けなかったのに

なんか夏が終わってからの花火大会に縁があるな・・・


この舞洲超花火は大阪万博のプレイベントだけあって

気合の入り方が違います

打ち上げ数は国内最大の

4万5000発

花火だけではありません

オリンピックの開催式でも注目された

ドローンショーも加わった最新鋭の演出

夜空を舞うドローンの数は

800機

VIP会場ではオートキャンプスタイルで

BBQを楽しみながら花火鑑賞ができたそうです

まさに規模、演出、観覧スタイル

ともに新時代の花火大会ですね


オープニングからこれまでの花火大会のフィナーレ並みの迫力(笑)


ドローンショーは

オープニング、中盤、フィナーレと3回行われました

さすがに迫力は花火に劣りますが

初めて見るドローンショーは鳥肌ものでした

あの光がドローン1機1機の光だなんて・・・

どうやって操作してるんやろ???

てかよくドローン同士がぶつからないなと感心するわ

全機が離陸・着陸する瞬間とか

間近で見てみたいな〜




さて、花火大会もいよいよ終盤

一瞬、ドローンショーでフィナーレ?

って空気が流れましたが

最後はちゃんと花火大会らしく

ド迫力の花火の連発で終わりました


どこの花火大会でもそうですが

やっぱり花火大会は有料エリアから見るのがいいね

イベント関係者の皆さん

感動的な花火をありがとうございました!!

香住がにフルコース料理ツアー♪

今回は

“香住がに1杯付きフルコース料理”

ってなんともシンプルなツアータイトルの日帰り添乗です

天王寺始発なんてかなり久々
(2年ぶりとかそのレベル)
IMG_20220924_063415_copy_768x1024








兵庫の県民割りを使ったコースで

お客様は

22組・45名様!!!

気持ちいいくらいバスがお客様で埋まってた(笑)



まず最初に向かったのは“猿尾滝(さるおだき)”

猿尾滝、行ったことあるようなないよな・・・

ブログで検索したら

2008年に行ってた

今日から湯村温泉ツアー2日間♪
(2008年4月21日)

この時の新入社員だったマサシは

今年に入って14年ぶりに再会!

現在は大阪でバリバリ働いております
(貫禄が付きすぎて昔の面影がないけど・・・)
IMG_20220924_120928_copy_1024x768IMG_20220924_114133_copy_1024x768






落差60mの猿尾滝

上段・下段に分かれていて

道も途中で分かれます

上段へのルートは足場も悪く

勾配も急なのでムリをしないように
IMG_20220924_114349_copy_1024x768








こちらが下段の滝(21m)
IMG_20220924_115936_copy_768x1024












こちらが上段の滝(39m)
IMG_20220924_120311_copy_768x1024










所要時間は40分ほどでちょうど良かったです


お昼は浜坂港にある“渡辺水産”

こちらで香住がに1杯付きフルコースの昼食です
IMG_20220924_142644_copy_1024x768IMG_20220924_221903_copy_1024x768






IMG_20220924_130037_copy_1024x768IMG_20220924_130042_copy_1024x768






ゆーてもここは香住ではなく浜坂

浜坂港には基本的に香住がには揚ってこないそうで

売店でも香住がには扱っていませんでした
(ロシア産のかに足がある程度)
IMG_20220924_131822_copy_1024x768IMG_20220924_131812_copy_1024x768






香住がにはないけど

この“がらえび”が気になる・・・

これ、米子の泥えび(もさえび)の仲間かな?

都会には出回らない絶対おいしいやつやん♪
IMG_20220924_131737_copy_1024x768IMG_20220924_131748_copy_1024x768






添乗員&乗務員さんの昼食はこちら
IMG_20220924_132751_copy_1024x768






かには全く入っていませんが

・牛肉の陶板焼き
・カレイの煮つけ
・お刺身

ってめちゃ豪華やん♪

美味しい昼食をありがとうございましたm(__)m

午後は兵庫県美方郡香美町(みかたぐんかみちょう)にある

“道の駅・あまるべ”

前に来た時は工事中だったエレベーター

完成して“クリスタルタワー”って名称が付いたそうです
(2017年オープン)
IMG_20220924_151814_copy_768x1024








定員:15名
所要時間:40秒

全面ガラス貼りのエレベーターだそうです
IMG_20220924_151503_copy_1024x768IMG_20220924_151639_copy_1024x768






スロープから歩いて上がる事も可能

EVで上がって、スロープで降りて来る人が多かったかな?
IMG_20220924_152716_copy_1024x768IMG_20220924_152207_copy_1024x768






IMG_20220924_152259_copy_1024x768IMG_20220924_152345_copy_1024x768






添乗員さんはEVが混んでたので

往復歩き・・・
IMG_20220924_152955_copy_1024x768






一気に行くと混み合うので

道の駅で先に買い物を済ますのもありですね

所要時間は40分ほどでちょうど良かったです

あ、余部駅には

かめの駅長(そらくん)がいました(笑)
IMG_20220924_151329_copy_1024x768IMG_20220924_151325_copy_1024x768









このあとは兵庫県朝来市(あさごし)にある

“道の駅・但馬まほろば”でお買い物タイム
IMG_20220924_165627_copy_1024x768IMG_20220924_194429_copy_1024x768






あとは西宮名塩SAで休憩をして帰るのみでしたが

さすが3連休の中日

西宮名塩の手前でからめっちゃ混んで

結局、最終の天王寺には21時帰着となりました
Screenshot_20220924_192523_copy_810x670







お腹がペコペコなので

動物園前(というか西成)にある

“雲隆”って中華食堂で夕食を食べて帰りました
IMG_20220924_213804_copy_1024x768IMG_20220924_213813_copy_1024x768






台湾ラーメンと焼き飯のセット(748円)
IMG_20220924_212840_copy_1024x768






お店の外観通り

本場の味がした(笑)

特に炒飯が絶品♪

げんこつ級の唐揚げも人気なようです

ちょっと天王寺駅からは歩きますが

動物園前駅の出口の目の前なので

食べたあとがラク♪

これからは天王寺解散のあとは“雲隆”やな



【ビワイチで使える大浴場付きホテル】ニューびわこホテル

今回のビワイチで2泊目に泊まった

ニューびわこホテル

ホテル自体は寝るだけの施設で

大浴場やレストランは全て隣の施設

大津温泉おふろcafeびわこ座

の中にあります

IMG_20220914_153104_copy_1024x768IMG_20220915_083115_copy_1024x768






なのでホテル自体はいたってシンプル
IMG_20220915_082821_copy_1024x768IMG_20220915_082837_copy_1024x768






ひと昔前のビジネスホテルって雰囲気です
IMG_20220914_154933_copy_1024x768IMG_20220914_154944_copy_1024x768






IMG_20220915_090420_copy_1024x768IMG_20220914_155455_copy_1024x768






IMG_20220914_160838_copy_1459x1094IMG_20220915_072344_copy_1024x768






おふろcafeへ行く際は

ホテルでフロントでルームキーと引き換えに

こちらの木札を受け取ります

下駄箱で履物を脱いで連絡通路を使っておふろcafeへ
IMG_20220914_162023_copy_1024x768IMG_20220914_161953_copy_1024x768






おふろcafeのフロントで木札と引き換えに

部屋番号が書かれたバンドを受け取ります

これで館内の有料エリアの支払いは部屋付にできるシステム
IMG_20220914_162357_copy_1024x768IMG_20220914_180431_copy_1024x768






おふろcafeの1階はオシャレなネカフェみたいな感じ

雑誌や漫画が豊富に揃っています
IMG_20220914_162239_copy_1024x768IMG_20220914_162257_copy_1024x768






フリードリンクは水とコーヒー
IMG_20220914_180425_copy_1024x768IMG_20220914_162408_copy_1024x768






とにかくどこを見ても写真映えするデザイン

スーパー銭湯と呼ぶのはちょっと失礼なくらいオシャレです

随所に遊びごころが感じられ

星野リゾートっぽさを感じる
(星野リゾートとは関係ないですが)
IMG_20220914_163621_copy_1024x768IMG_20220914_175929_copy_1024x768






男湯がある2階にはレストランも
IMG_20220914_163132_copy_1024x768IMG_20220914_163138_copy_1024x768






けっこう種類が豊富ですね

特に焼肉に力を入れている感じ
IMG_20220914_163146_copy_1024x768IMG_20220914_163152_copy_1024x768






てことで焼肉定食(2200円)を食べてみました

さすがに近江牛じゃないとは思いますが

けっこういいお肉を使っていると思います
IMG_20220914_190616_copy_1024x768IMG_20220914_190846_copy_1024x768






それにしても1階が癒されまくり

この掘りごたつみたいなスペースがやばい

人をダメにする空間だわ・・・
IMG_20220914_184657_copy_1024x768IMG_20220914_183303_copy_1024x768






いちゃついてるカップルも多くて

違う意味でもやばい(笑)
IMG_20220914_183333_copy_1024x768






おふろcafeは25時まで営業しているので

結局24時すぎまで部屋に戻らずゴロゴロしてたもんな・・・

ビワイチの途中って忘れてしまうほどまったりしてしまった(笑)

ーーーー翌朝ーーーーーー

朝食は無料で和食・洋食から選べます
IMG_20220915_072624_copy_1024x768IMG_20220915_072652_copy_768x576






朝は大浴場は営業していませんが

他のまったりエリアを利用可能

チェックアウトの10時までゴロゴロできます♪
IMG_20220915_074852_copy_1024x768IMG_20220915_075223_copy_1024x768







今回は県民割を利用で

宿泊代は実質1000円

おふろcafeの平日料金は

1513円(土日祝は1623円)

てことは日帰りで利用するより

泊まった方がお得やん!!

しかもJR瀬田駅より20分間隔で無料送迎バス付き!

IMG_20220915_092842_copy_1024x768







これは今後ともお世話になりそうです♪

大津温泉おふろcafeびわこ座(公式サイト)


あ、おふろcafeって業態は全国に数店舗あるようですよ

・おふろcafeutatane(埼玉県さいたま市)
・おふろcafeハレニワの湯(埼玉県熊谷市)
・おふろcafe白寿の湯(埼玉県児玉郡)
・おふろcafe美肌湯(静岡県静岡市)
・おふろcafe湯守座(三重県四日市市)
・おふろcafe星遊館(北海道芦別市)


今回泊まったホテルをまとめてみました↓




今こそ県民割でお得にビワイチ!【2日目】

ビワイチ2日目を迎えました

1日目で頑張って70キロを走行しましたが

今回はホテルで朝食を食べたあとなので

出発はいつもよりかなり遅めです・・・
(これまでは夜明け前に出発してたし)
IMG_20220914_092012_copy_768x1024








白髭神社付近は交通量が多く

自転車が走行する幅も狭いキケンなエリアでしたが

ずいぶんと自転車の走行スペースが広くなっていました
↓↓↓
IMG_20220914_094958_copy_1024x768IMG_20220914_100152_copy_1024x768






Fotor_16631546286366_copy_1024x768








それでも神社から道路を横断する際に事故が多いみたいですね

神社の境内には展望台みたいな施設もできていました

道路を横断して鳥居を撮影する際は

車や自転車に気を付けて渡りましょう
IMG_20220914_095355_copy_1024x768IMG_20220914_095400_copy_1024x768








湖西線の近江舞子駅、比良駅、志賀駅あたりは

JRの高架とほぼ並走して進んでいきます
IMG_20220914_103819_copy_1024x768IMG_20220914_104124_copy_1024x768






気が付いたら100キロすぎてた(笑)
IMG_20220914_111105_copy_1024x768






和邇(わに)駅を過ぎたあたりに

“わがし屋さんのあんぱん 結喜(ゆうき)”ってお店があります

ここ、一時期めっちゃ行列ができてて

釣りに来るたびに気になっていたお店です
IMG_20220914_111611_copy_1024x768IMG_20220914_111649_copy_1024x768








念願叶って初入店

色んなあんぱんがある中で

この塩大福が入ったあんぱんが一番人気だそうです

確かにめっちゃ美味しかった♪

こちらでも“しが周遊クーポン”が使えます
IMG_20220914_111743_copy_1024x768IMG_20220914_112215_copy_1024x768






その後、琵琶湖大橋が架かる堅田

雄琴温泉を通過

それにしてもホテルを出てからずーーっと

走行している走路沿いにコンビニがないんですけど

たまに見かけるコンビニは道路の向こう側

朝、コンビニでコーヒーを飲もうと思ってたのに

最初のコンビニまで約40キロて・・・
(セブンイレブン大津おごとマリーナ店)
IMG_20220914_120353_copy_1024x768IMG_20220914_120411_copy_1024x768






今日のランチは大津市にある

“近江牛専門 忠真(ただしん)”
IMG_20220914_124515_copy_1024x768IMG_20220914_124329_copy_1024x768






“しが周遊クーポン”が使えるお店をネットで探していて

ここだ!!と目をつけていたお店です
IMG_20220914_124626_copy_1459x1094IMG_20220914_124702_copy_1459x1094






お店の看板メニュー

“近江牛ローストビーフ丼(1210円)”をオーダー

玉子は温泉玉子か生玉子

ソースは赤ワインソースか味噌ソース

が選べます

今回は温泉玉子&赤ワインソースをチョイス!
IMG_20220914_125056_copy_1024x768IMG_20220914_125204_copy_1024x768






ん〜味噌ソースの方が良かったかも



その後、明智光秀の居城

坂本城跡を通過し大津港へ
IMG_20220914_132132_copy_1824x1368IMG_20220914_132124_copy_1024x768






IMG_20220914_140730_copy_1024x768IMG_20220914_140726_copy_1024x768






IMG_20220914_141557_copy_1024x768IMG_20220914_142307_copy_1024x768






大津プリンスホテルを通過
IMG_20220914_142715_copy_768x1024








そしていつもの公園で休憩

ここのベンチ、落ち着くわ〜
IMG_20220914_144031_copy_1024x768






瀬田の唐橋を渡ったあたりで

なんだか急に雨雲が!!!

雨の予報なんてなかったのに!!
IMG_20220914_150505_copy_1024x768






ちょっと雨宿りしたあとホテルへ向けてラストスパート

今夜のお宿は湖畔からちょっと離れた

国道1号線沿いにある

ニューびわこホテル
IMG_20220914_153104_copy_1024x768IMG_20220914_153129_copy_1024x768








隣に併設するスーパー銭湯

“おふろcafeびわこ座”が無料で使えるホテルです

本日の走行距離は約65キロ

昨日が73キロだったからいい感じの配分です
IMG_20220914_153010_copy_1024x768







今夜の宿泊代金は5000円

そこから県の補助が3000円

そしてクーポンが2000円分

てことで実質はコンビニ券代のみの

1000円でした♪
IMG_20220914_161209_copy_1024x768






さすがに夕食は付いていなかったんですが

隣のびわこ座ではクーポンが使えるので

2階のレストランで“焼肉定食(2200円)”

昨日から肉三昧や〜♪
IMG_20220914_190616_copy_1024x768IMG_20220914_191515_copy_1024x768






スーパー銭湯とは思えぬクオリティのお肉で

めっちゃ美味しかったです♪
IMG_20220914_190846_copy_1024x768






今夜も美味しいお肉を食べ

ラドン温泉やロウリュサウナで疲れをいやし

おふろcafeでまったり夜を過ごしたのでした
IMG_20220914_184657_copy_1024x768IMG_20220914_183333_copy_1024x768








やっぱりホテルって大事やね

そして泊まるなら

大浴場付きがええわ♪

【ビワイチで使える大浴場付きホテル】ラシーヌホーム針江

今回のビワイチで最初に泊まったのが

滋賀県高島市新旭町にある

ラシーヌホーム針江
IMG_20220913_171913_copy_1024x768






中庭を囲むように

レストラン棟・和室棟・竹ハリエ棟

しょうずの湯がある本館が並んでいます
IMG_20220914_073357_copy_1024x768IMG_20220913_173352_copy_1024x768






針江地区は比良山系の伏流水が湧くまち

その湧き水を各家庭が炊事場として利用しているそうです

その場所を“川端”とかいて“かばた”と読みます
IMG_20220913_173402_copy_1024x768IMG_20220913_173410_copy_1024x768






しょうずの湯はコロナの関係で

現在は宿泊者の予約がある日は宿泊者の利用のみ

温泉ではないですが

針江の湧き水を使ったお風呂です
IMG_20220914_080905_copy_1024x768IMG_20220914_080914_copy_1024x768






お部屋はシンプルですが、広々していて気持ちいい
(この部屋はトリプル)
IMG_20220913_173914_copy_1024x768IMG_20220913_174300_copy_1024x768






窓からのぞくのどかな風景もいいですね
IMG_20220913_174227_copy_1024x768IMG_20220913_174233_copy_1024x768






1階に無料のマッサージチェアがある共有スペース

本館横に洗濯場もあるので

ビワイチ利用のサイクリストにもピッタリ
IMG_20220913_174723_copy_1024x768IMG_20220914_081053_copy_1024x768
 





こちらは“しょうずレストラン”
IMG_20220914_071454_copy_1024x768IMG_20220914_071358_copy_1024x768






レストランの中央からは針江の湧き水

生水(しょうず)が湧き出ていました
(そのまま飲むことも可能)
IMG_20220914_071349_copy_1024x768








普段、個人で宿泊する際は

いつも素泊まり派なのですが

さすがにこの辺りはお店がほとんどないことはわかっていたので

今回は2食付きで予約

選べる夕食は“近江牛しゃぶしゃぶご膳”をチョイス

見ただけで美味しいのがわかるでしょ(笑)
IMG_20220913_181513_copy_1024x768IMG_20220913_181312_copy_1024x768






こちらは朝食

こだわりの玉子と

漁師秘伝の醤油干しの鯖が美味でした
IMG_20220914_071606_copy_1024x768






立地的には高島バイパスのそばなんですが

ちょうど高架の下にあるエリアなので

今まで何度もこの辺りは車で通っているのに

針江(はりえ)って名前すら知りませんでした
IMG_20220914_081756_copy_1024x768IMG_20220914_081353_copy_1459x1094







翌朝、朝食前にちょっと付近をお散歩
IMG_20220914_065531_copy_1024x768IMG_20220914_065336_copy_1024x768






IMG_20220914_064844_copy_1024x768IMG_20220914_064911_copy_1024x768








IMG_20220914_065125_copy_1024x768IMG_20220914_065244_copy_1024x768






こちらは針江地区で一番大きな神社の“日吉神社”
IMG_20220914_065926_copy_1024x768IMG_20220914_070527_copy_1024x768






もちろん手水も針江の湧き水です
IMG_20220914_070553_copy_1024x768






こちらは公民館

有料でまち歩きも開催しているそうですよ
IMG_20220914_070811_copy_1024x768IMG_20220914_065556_copy_1024x768






IMG_20220914_065836_copy_1024x768






滋賀県にこんな水の生まれる町があったとは知らなかったな〜

なんだか長野の安曇野や

阿蘇市の水基巡りにでも来たような感覚です

ぜひ、滋賀県へお越しの際は

ラシーヌホーム針江に泊まって

針江地区をゆっくり歩いてみて下さいね

ラシーヌホーム針江(公式サイト)


今回泊まったホテルをまとめてみました↓




今こそ県民割でお得にビワイチ!【1日目】

連休を利用して3度目の琵琶湖1周サイクリング

通称“ビワイチ”へ行ってきました

初挑戦の2018年はバス釣りがメイン

ラストサマービワイチ 敲童供狙樟井】
(2018年9月1日)


2度目の2019年は観光がメイン

夏のビワイチサイクリング2019
(2019年8月27日)


と趣向を変えてサイクリングしてきましたが

今回は滋賀県の県民割りキャンペーン

“今こそ滋賀を旅しよう!第6弾”を使って

お得なホテルに3泊するのがメインです

ホテルはこんな感じで

高島市➡大津市➡長浜市のホテルを予約
スクリーンショット (26)









いつものようにJR米原駅にある

びわこ一周レンタサイクルさんでレンタサイクルを借りました
IMG_20220913_110226_copy_1024x768






もう3度目なので顔なじみ(笑)

マネージャーのかなこさんに見送られ

ちょっと遅めの11時すぎにスタート!!
IMG_20220913_112159_copy_1024x768IMG_20220913_112343_copy_1024x768






あ、いつの間にか駅の東側に米原市役所が移転していました
IMG_20220913_111806_copy_1024x768IMG_20220913_112507_copy_1024x768






スタート時間は1度目が9時半

2度目が10時半

で、今回は11時半近くになってしまったので

釣りも観光もナシでとにかくサイクリングに集中

ひたすらペダルを漕ぎ、琵琶湖を北上します

今回はホテルがメインなので

なんとしても明るい内にチェックインしたいしね
IMG_20220913_144231_copy_1024x768






ランチを食べようと長浜駅周辺をうろついてみたけど

結局、何も食べずに長浜を離れました

長浜から北はコース沿いに

ほんと飲食店がないってのは分かっていながら・・・

姉川大橋でこんな光景に遭遇

シラサギ(?)の大群!!

小魚が大量に浮いていたから、それ目当てかと思ったけど

IMG_20220913_124957_copy_1024x768IMG_20220913_125014_copy_1024x768






IMG_20220913_125141_copy_1024x768IMG_20220913_125148_copy_1024x768






これ、この季節に発生する鮎ボール(稚鮎の群れ)を狙っている

風物詩みたいなものなんだとか

天変地異の前触れかと思って焦ったわ(笑)



“道の駅・湖北みずどりステーション”まで進んできました
IMG_20220913_141401_copy_1024x768IMG_20220913_140250_copy_1024x768






さすがにここで食べておかないと後がないわ

ってことで初日のランチは店内で

“万福太巻き寿し(550円)”

伊吹の地下水育ち、金太郎きゅうりがシャキシャキで美味しかったです
IMG_20220913_140531_copy_1024x768






しかしリュックが重い・・・
(恐らく10キロオーバー)

今回はテントもでっかい蚊取り線香も置いてきたのに・・・

欲張ってルアーを持ってきすぎたかも・・・
IMG_20220913_140944_copy_1024x768IMG_20220913_133710_copy_768x576






なんとか賤ケ岳トンネルを越え

湖東から湖西に入りました
IMG_20220913_145431_copy_1024x768IMG_20220913_145303_copy_1024x768






海津大崎、マキノ

これまで2度、テントを張った近江今津を通過し

今夜のお宿へ向かいます
IMG_20220913_170703_copy_1024x768IMG_20220913_170713_copy_1024x768






今夜お世話になるのは

滋賀県高島市針江地区にある

ラシーヌホーム針江
IMG_20220913_171913_copy_1024x768






宿泊代は1泊2食付で11200円

そこから県の補助が6000円

さらに“しが周遊クーポン”4000円分付くので

実質1200円♪

って思わせるのがミソ
IMG_20220914_063439_copy_1024x768






実は滋賀県の県民割りは京都や大阪とは違い

じゃらんや楽天トラベルでホテルを予約しても

自分で“コンビニ券”なるチケットを購入しないといけないのです

キャンペーン利用券みたいなもんかな?

これが1泊につき1枚(1000円)必要なのです

なので実質2200円やね
IMG_20220922_213246_copy_1024x768






それでも夕食付きなのでめちゃお得

この近江牛専門店・千成亭のお肉を使用した

“近江牛しゃぶしゃぶご膳”

これだけでも3000円しますからね

もちろん文句なしのおいしさ!!
IMG_20220913_181513_copy_1024x768IMG_20220913_181312_copy_1024x768






シンプルな野菜の天ぷらも美味しかったです
IMG_20220913_181829_copy_1024x768






“しが周遊クーポン”でドリンク代も払えるということで

“アドベリー(600円)”って地ビールを飲んでみました

安曇川あたりで栽培している“アドベリー”を使用したビールです
IMG_20220913_181719_copy_1024x768






食後のデザートは“アドベリーもなかアイス(350円)”
IMG_20220913_185421_copy_1024x768







これまでのテント泊とは違い

やっぱりホテル宿泊はええね

今まではこんなんだったし(笑)

5063ff16






大きなお風呂に近江牛のしゃぶしゃぶ

そして美味しい地ビール

これまでにない快適な夜を満喫し

1日目は終了したのでした


あ、1日目の走行距離は73キロでした
IMG_20220913_192234_copy_1024x768






この日だけでしまなみ海道縦走とほぼ同じ距離(笑)


高野山・町石道ウォーク【第2回】

全国の町石道(ちょういしみち)ファンの皆様

お待たせしました

7月に始まった高野山・町石道ウォーク

第2回目が開催されました

ちなみに第1回目はコチラ

高野山・町石道ウォーク【第1回】
(2020年7月23日)


季節も進み、梅田の空もすっかり秋やね
IMG_20220910_081342_copy_768x1024









第1回目は24名だった参加者も

今回は18名・・・
(でも今回からのお客様も2名いたんです!)


今回もウォークの前にお弁当タイム

今回は和歌山県伊那軍かつらぎ町にある

天野地域交流センター“ゆずり葉”をお借りしました

数年前まで小学校として使われていた建物で

現在は簡易宿泊施設として再利用されています
(大人:2780円・小学生:2000円)
IMG_20220910_110927_copy_1024x768IMG_20220910_112628_copy_1024x768






教室やグラウンドもあるので

学生の合宿などにもよく使われるんだとか
IMG_20220910_112803_copy_1024x768IMG_20220910_112826_copy_1024x768






IMG_20220910_112857_copy_1024x768IMG_20220910_112937_copy_1024x768






前回同様、お弁当を作ってくれたのは“いこい茶屋”

“町石道弁当”ということですが・・・

どこが町石道なんかな?と思ったら
IMG_20220910_111222_copy_1024x768






向きを変えたら分かった!!

これ、おにぎりやこんにゃくで

町石(五輪塔)を現わしていたんですね

いつも芸の細かいお弁当をありがとうございます

(でもお客様は誰も気づいてなかった・・・)
IMG_20220910_111314_copy_768x1024








海老の柿の葉寿司って聞いていたので

握り寿司で使われる赤海老を想像していたんですが

中はこんなんでした(笑)
IMG_20220910_111850_copy_1024x768






海老って川海老かーい!!


せっかく館内に場所を借りたのに

ほとんどのお客様は外で食べていました

理由は

“靴を脱ぐのが面倒”

だそうです・・・
IMG_20220910_200900_copy_1024x768IMG_20220910_200935_copy_1024x768






前回のゴール地点

丹生都比売神社が今回のスタート地点

準備体操を終えたらウォークスタート!
IMG_20220910_114538_copy_1024x768






最初は車道の脇を歩きますが
IMG_20220910_115452_copy_1024x768IMG_20220910_115439_copy_1024x768






すぐに山の中へ
IMG_20220910_115608_copy_1024x768IMG_20220910_115831_copy_1024x768






六本杉の分岐点まで戻ってようやく町石道が始まります

二つ鳥居の横には天野の里を見下ろす展望台がありました
IMG_20220910_125841_copy_1024x768IMG_20220910_125942_copy_1024x769






おまえさんも景色眺めているのかい?
IMG_20220910_130118_copy_1024x769






今回のウォークでは136町石から60町石まで進みます
IMG_20220910_124235_copy_1024x768IMG_20220910_125015_copy_1024x768






IMG_20220910_130757_copy_1024x768IMG_20220910_132054_copy_1024x768






途中、ゴルフ場の横も歩きます(笑)
IMG_20220910_132639_copy_1024x768IMG_20220910_132802_copy_1024x768






こちらが“神田(こうだ)地蔵堂”

今回で唯一押せるスタンプポイント
IMG_20220910_133013_copy_1024x768IMG_20220910_133905_copy_1024x768






なんか雲行きが怪しい・・・
IMG_20220910_133203_copy_1024x768






記念すべき100町石

ま、パッと見た目どれも一緒ですけどね
(それは言わない約束)
IMG_20220910_140705_copy_768x1024








今回のルートは登りこそ少ないものの
IMG_20220910_143457_copy_1024x768IMG_20220910_144108_copy_1024x768






道が険しい場所が多くて泥だらけになりました
IMG_20220910_144243_copy_1024x768IMG_20220910_144309_copy_1024x768






こちらはゴール手前の“矢立茶屋”
IMG_20220910_154245_copy_1024x768IMG_20220910_154333_copy_1024x768






ここにもスタンプ台がありますが

このスタンプは第3回までお預けだそうです・・・
IMG_20220910_154412_copy_1024x768






ゴールの“はなさかドライブイン”の数歩手前で雨が降ってきました

しかも土砂降り!!

まさに間一髪とはこのことやね

早め早めに行程を進めておいて良かった〜

添乗員GJ!!
(誰も言ってくれないから自分で言う)
IMG_20220910_154917_copy_1024x768IMG_20220910_160634_copy_1024x768






IMG_20220910_155403_copy_1024x768IMG_20220910_155506_copy_1024x768






あ、はなさかドライブインの前のお店でこんな看板発見

ペット一時預かり

今の高野山は女人禁制でもペット禁制でもないですが

高野山へ行く人がよく預けて行くそうな
(一部入れないところもあるみたい)
IMG_20220910_160616_copy_1024x768IMG_20220910_160627_copy_1024x768







はなさかドライブインから大阪だとちょっと長いので

前回同様、道の駅・くしがきの里で休憩

ちょうどタイミングよくここでは雨も止んでくれました

皆さん、前回同様こちらでおやつタイム

桃のアイスが人気でした
IMG_20220910_165409_copy_1024x768






これにて無事、第2回の町石道ウォークが終了

第3回はいったい何名になっているのでしょうか?

もちろん第3回からの参加もウエルカムですよ〜♪

次回も私が行くとは限りませんが・・・


台風14号とアパホテルと大阪いらっしゃいキャンペーン

台風14号が去ったとたん

いっきに空気が秋になりましたね

皆さん、台風の被害は大丈夫でしたか?

こちらは19日〜21日までくさきぬツアー

17日に添乗準備は終えていたのですが

18日の午後になってツアーキャンセル・・・

18日はお休みだったんですが

JRの団券を返席しないといけないので

みどりの窓口へ

写真左は大阪駅のみどりの窓口

写真右は新大阪駅のみどりの窓口

さすがに混んでるよね・・・
IMG_20220918_154414_copy_1024x768IMG_20220918_145734_copy_1024x768






返席するだけで1時間くらいかかった・・・(涙)

これだけペーパーレスやらネットが発達しているのに

JR団券のシステムってほとんど進化ないよね・・・

わざわざ原券持って窓口に並んで返席とか・・・
IMG_20220921_205652_copy_1024x768







で、急遽19日・20日と連休に

せっかくなので

“大阪いらっしゃいキャンペーン”使ったろ!

と思って、新大阪のアパホテルを予約しました
IMG_20220919_152219_copy_1024x768IMG_20220919_161833_copy_1024x768






新大阪駅の駅チカで大浴場付き♪

しかも築浅でめちゃ綺麗♪
IMG_20220920_004039_copy_1024x768IMG_20220920_004025_copy_1024x768






ビジネスホテルにこのじゃらじゃらのシャンデリアはいらんと思うけど(笑)


割引後の宿泊代は2200円
IMG_20220920_191459_copy_1024x768






そこに“大阪いらっしゃいキャンペーン”のクーポンが

1500円分付いていたので

実質700円

IMG_20220923_121726_copy_1024x768






まぁいつも会社で県民割りのクーポンやら申請書を作ってますからね

たまには自分も活用しないと!!


でも、噂で聞いていた通り

このクーポン

京都と違って基本はアプリ決済で面倒だし

使えるお店もめちゃ少ない!

ように見えたんですが・・・

ネットで使える店を検索するとあんまり出てこないんですが

実際に新大阪駅構内を見てみると

結構使えるお店は多かったです
IMG_20220921_210836_copy_1024x768IMG_20220921_210827_copy_1024x768






7イレブンが入ったお土産店では使えませんが

2階のメトロの改札前にある

“おみやげ街道”では使用可能でした
IMG_20220921_210802_copy_1024x768






飲食店では使えないお店の方が少ないんじゃないかな?
(551の蓬莱はダメですが・・・)


さて、せっかく新大阪駅のそばに泊まっていたので

夜の構内を歩いてみました

祝日の20時

本来なら人でごった返す時間帯ですが

ガラガラ・・・
IMG_20220919_192858_copy_1024x768IMG_20220919_192557_copy_1024x768






それもそのはず

JR全線で運転が終了しておりました・・・
IMG_20220919_192657_copy_1024x768IMG_20220919_192708_copy_1024x768








この時間、外は雨も降っていないし

風もほとんどなかったんですよね

駅の外も中もシーンとしていて

なんとも不気味な夜でした


さて、ブログの更新が絶賛停滞しております

自業自得なのですが

インプットとアウトプットのバランスが保てません


写真だけアップして下書き状態の記事だけで

現在12本あります


10日に行った日帰りツアー
IMG_20220910_111222_copy_1024x768






13日から行ったビワイチ
Fotor_166347570788092_copy_1280x961






これから書きます!!!


大根のように硬いフルーツ!?“おどろき”って知ってる?

フルーツが豊富に揃う山形県の寒河江SAで

こんな桃が売られていました

その名も

おどろき
IMG_20220906_120835_copy_1280x960






説明分にはこうあります

甘みは少なく「カリカリ」とした食感
その甘みの少なさと硬さで
「大根を食べているようだ」とも言われますが
一度食べたらもう他の桃は食べられないというほど虜になる方が多くいます。
皮ごと食べるのがオススメ。


大根のような桃だと?
IMG_20220904_144233_copy_1024x768






めっちゃ気になるので買ってみました

1晩冷蔵庫で冷やして食べてみると

確かに硬っ!!

でも味は桃だ
(当たり前か)
IMG_20220906_104906_copy_1024x768






甘みは少ないって書いてたけど

思ったより甘くい

でも酸味もある

“すもも”みたいな感じかな?

なにより皮ごとかぶりついても

果汁がしたたり落ちないのがいいわ

りんごみたいにガブガブ食べれます

でも大根ではないよねー

と思って今度は包丁でスライスして食べてみました

あ、大根かも(笑)

IMG_20220906_104945_copy_1024x769






でも大根というよりカブに近いかな?

甘酸っぱいカブ

そしてこの食感

何かに似てるんですよね・・・




あーアレだアレ


京都の千枚漬け!!


皆さんも山形へお越しの際は

ぜひ、千枚漬けみたいな桃


おどろきで驚きのを体験してみては? 


出羽三山とあつみ温泉ツアー2日目♪

ツアー2日目は出羽三山の主峰

月山(がっさん)

月山神社がある頂上(1984m)へは行きませんが

八合目(1400m)までバスで上がります
IMG_20220904_102942_copy_1024x768IMG_20220904_093658_copy_1024x768






八合目には“御田ケ原(弥陀ヶ原)”と呼ばれる湿原が広がっていて

観光ツアーではこの湿原だけを見るのが一般的

1周50分コースを歩きます
IMG_20220904_102635_copy_1024x7680675f591






駐車場でトイレ(チップ制)を済ませたら

ちょっと上がると左右に道が分かれています

1周歩くなら

時計回り(北回り)コースがおススメです

月山神社の中の宮にあたる

“御田原(みだはら)神社”で御朱印をもらうだけなら

神社で引き返してもいいですね

湿原だけ見たい!って方は

反時計回り(南回り)コース

十字路まで行って折り返しがいいと思います


IMG_20220904_102515_copy_1024x768IMG_20220904_172732_copy_1024x768






御田原神社まではほぼ木道
(神社の手前あたりで組石歩道に変わります)
IMG_20220904_094106_copy_1024x768IMG_20220904_094149_copy_1024x768






こちらが御田原神社(中の宮)

右手の建物は参篭所(さんろうじょ)

宿泊もできる休憩小屋ですが

今年はコロナの影響で宿泊は受けていないそうです
IMG_20220904_095456_copy_1024x768








ここで道が分かれているので注意しましょう

50分コースをまわる場合は鳥居をくぐります
IMG_20220904_095506_copy_1024x768IMG_20220904_095510_copy_1024x768






この先は次の十字路まで組石歩道と呼ばれる足場の悪い道を歩きます

景色も楽しめないのでひたすら足元を注意して歩きましょう


IMG_20220904_095928_copy_1024x768IMG_20220904_095822_copy_1024x768






十字路に出ました

ここで間違って直進すると月山の頂上へ進んでしまうので

かならず右へ曲がりましょう!!

ここ、ほんと間違いやすいです!!
(特に霧がかかっている場合はキケン)
IMG_20220904_100527_copy_1024x768IMG_20220904_100534_copy_1024x768






左へ進んでも帰れなくないですが

周遊コースでめっちゃ時間がかかるので行っちゃダメです!!

右へ進むと20分で帰れるところ、左へ進むと50分・・・

この十字路から先はお客様のイメージしていた湿原風景が広がっています
IMG_20220904_100938_copy_1024x768IMG_20220904_101055_copy_1024x768






あ、途中まで何気に左側を歩いていましたが

木道は右側通行か!!

最近、自転車ばかり乗ってたから

ついつい左側を進むクセがついてた(笑)


バスが見えてきたらそろそろゴールです


早く帰ってきた方はレストハウスでお買い物
(ゆーても品数は少ないです)

自販機の飲み物も高山価格なのでご注意下さい
(500mlのペットボトルは300円)
IMG_20220904_103001_copy_1024x768IMG_20220904_102908_copy_1024x768






駐車場からの景色もいいのでお見逃しなく
IMG_20220904_103406_copy_1024x768IMG_20220904_103433_copy_1024x768






月山のあとは

月山とも連なる標高1500mのお山

湯殿山(ゆどのさん)

我々はその中腹にある“湯殿山神社”へ向かいます

左の建物がレストハウス

右が大鳥居

真ん中が参篭所(さんろうじょ)
IMG_20220904_135002_copy_1024x768







今回は参篭所でオプショナル昼食
IMG_20220904_121701_copy_1024x768






前回もここでお昼でした

前回のブログで1620円は売りにくい!

って書いてたけど

今回は値上がりして1700円だった・・・

でも参篭所では自由食不可

残るレストハウスも

この日は団体貸し切りで自由食不可

じゃどうするの?

強制オプションでしょ!!
IMG_20220904_121413_copy_1024x768IMG_20220904_121436_copy_1600x1200






添乗員としてはほんまやめて欲しいです

この強制オプション

しかも1700円て・・・

でも売りましたよ

32名分!!

ほんと協力的なお客様に感謝ですm(__)m

添乗員さんと乗務員さんのメニューはこちら

見た目はアレですが、胡麻豆腐が絶品です!
IMG_20220904_172913_copy_1024x768






前回同様、お客様が食事をしている間に

レストハウス内にある庄内交通の窓口で

参拝バスのチケットを購入
IMG_20220904_123913_copy_1024x768IMG_20220904_124227_copy_1024x768






バスの時刻は時期により変わるのでその都度確認しましょう

バスはレストハウス前から出ます

バスの席は37席ですが

路線バスみたいなタイプなのでそれ以上乗れます

今回は同じ時刻に2台出してもらったので

我々は貸し切り運行でした♪

庄内交通のおっちゃんたちはやたら陽気

そして通がきくのです助かります!
IMG_20220904_123857_copy_1024x768






参拝バスのチケットは往復チケット

降りる際に自分で切り離して回収ボックスへ
IMG_20220904_172857_copy_1024x768IMG_20220904_133919_copy_1024x768






湯殿山神社の参拝方法はちょっと変わっています

2019年の記事に詳しく書いているので

コチラを参照してください

まるごと山形大周遊3日間ツアー♪【後半】
(2019年6月29日)


前回は観光バスの出発時間を予めきめて

何時に出発するので各自で参拝バスに乗って駐車場へ戻ってね

にしましたが

現在は参拝バスの本数も減っているので

〇分の参拝バスに乗るからそれまでにバス停に戻ってね

にしました

神社側での所要時間はだいたい30分程度

数名が早めに戻ってきたので

1本早い参拝バスでレストハウス側へ戻ってもらいました

神社側のバス停にも売店があるのですが

お土産屋って感じではないのです・・・


帰りはレストハウス前ではなく大鳥居の横

“仙人沢(せんじんざわ)”にバスが着きます

大鳥居をくぐってバスへ戻りましょう
IMG_20220904_134604_copy_1024x768IMG_20220904_134836_copy_1024x768








なんとか難所の湯殿山神社の参拝も無事終え

これにしてこのコースの観光は全て終了です

あ、昨日から羽黒山➡月山➡湯殿山ってめぐっていますが

この順序には意味がありまして

羽黒山は現在の山

月山は過去の山

湯殿山は未来の山


と言われていて

この三山をめぐることを

「生まれ変わりの旅」と呼んでいるのです


今回のツアーの観光はこの

出羽三山のみ!!

めっちゃシンプル!

コースの趣旨にブレがない!



稀に見るいいコース内容だったと思います
(オプション設定は問題アリアリでしたが)

お客様ってこーゆーのを求めてるんですよね

ひと昔の前だったら

観光地を詰めばお客様が喜ぶ

みたいな風潮がありましたが

今のお客様はそんなの求めてないじゃないですか


でも今も昔もお客様が求めているものがあります

それが

お土産!!


このコース、観光地は全て山だったので

山形のお土産が買える場所がほとんどなかったんです・・・

てことで

最後は湯殿山から仙台空港まで直行の予定でしたが
(この行程もかなり無茶がありますが)

なんとかお客様と乗務員さんのご協力

そして何より添乗員さんのご尽力により

寒河江SAで20分ほど時間を取ることができました
IMG_20220904_143911_copy_1024x768IMG_20220904_143933_copy_1024x768






お客様はちろん

水を得た魚状態!!

手数料もらってもええんちゃう?

ってくらいお買い物されていました(笑)
IMG_20220904_144043_copy_1024x768IMG_20220904_144058_copy_1024x768






フルーツ王国寒河江だけあって

美味しそうなフルーツもたくさん売られていました

実はこのコース

出発は2本目だったんですが

1本目より飛行機の時間が1時間ほど早いフライトだったので

かなり時間を気にしていたんですよね

しかも昼食は強制オプション・・・

しかも日曜日の湯殿山・・・

心配要素満載でしたが

なんとか無事に1時間前に仙台空港に到着できました
IMG_20220904_165646_copy_1024x768






精神的にも体力的にも疲労困憊・・・

糖分補給に久々にずんだシェイクを購入

昔は仙台空港に来るたびに飲んでたけど

ここ10年くらい飲んでなかったんじゃないかな?
IMG_20220904_165117_copy_1024x768IMG_20220904_165000_copy_1024x768






ずんだシェイクがこのブログに最初に登場したのが2005年

ずんだ茶寮の“ずんだシェイク”
(2005年10月22日)


この時は210円やったんや

現在は330円
IMG_20220904_165054_copy_1024x768






物価ってほんと何でも高くなってますよね

給料は下がってるのに・・・・・・・


出羽三山とあつみ温泉ツアー1日目♪

神秘の霊山・出羽三山(羽黒山・月山・湯殿山)と
あつみ温泉・高見屋別邸「久遠」2日間

という飛行機コースで山形へ

お客様は16組32名さま



伊丹空港のスタンバイは

6時10分

久々に家を出るときにまだ暗かった・・・

余裕をもって6時前に着くように向かったんですが

ローソンは6時オープンでまだ開いてなかった・・・
IMG_20220903_060008_copy_1024x768






このコロナ禍で伊丹空港に来る機会もめっきり減りましたが

ANA便なんてめっちゃ久しぶり!!

旅行会社のカウンター前に団体手続きのカウンターができたので便利

だと思っていたのに

誰もおらん・・・・・

結局一般客と同じ

4番カウンターへ並ぶんかい!!
IMG_20220903_071655_copy_1024x768IMG_20220903_071644_copy_1024x768






団体カウンターは修学旅行とか利用客が多い場合しか開かないみたいです・・・
IMG_20220903_071628_copy_1024x768






仙台空港に到着したあとは

寒河江(さがえ)の道の駅

チェリーランドさがえで自由昼食

かなり設備の充実した道の駅です

スタッフがお出迎え&お見送りまでしてくれて

めちゃ親切!

道の駅というかほぼドライブインやな
IMG_20220903_110957_copy_1024x768IMG_20220903_114913_copy_1024x768






オシャレな立ち食いうそばコーナーもあれば
(最近リニューアルしたみたいです)
IMG_20220903_115004_copy_1024x768IMG_20220903_114957_copy_1024x768






グランドメニューが揃うレストランもあります
IMG_20220903_111348_copy_1024x768IMG_20220903_111356_copy_1024x768






ケバブが食べれるスナックコーナーもありました
(寒河江市とトルコのギレスン市が姉妹都市だそうです)
IMG_20220903_115156_copy_1024x768IMG_20220903_115059_copy_1024x768






添乗員さんは乗務員休憩室で“五目あんかけご飯”

ここのレストランの名物が

“五目あんかけシリーズ”らしいです
(でもあまり美味しくはなかった)
IMG_20220903_112223_copy_1024x768






売店コーナーに売ってたレトロな缶詰が気になるんですけど・・・
IMG_20220903_115128_copy_1024x768






午後は出羽三山のひとつ

羽黒山(はぐろさん)

出羽三山の中では一番ポピュラーな山ですね

ツアーで観光するのはだいたい2ケ所

まずは“三神合祭殿(さんじんごうさいでん)”

バスは羽黒山レストハウス前に駐車場があります

ここはアップダウンなし

参道が3本ありますが

真ん中は緊急車両用なので歩行者も通行禁止
(知らずに歩いている人も多くいます)

なので両サイドの参道を利用する訳ですが

行きは向かって左側

帰りは右側がいいと思います
(もちろん同じ参道を引き返してもOK)


タイミングよく雨は上がってくれたんですが

羽黒山は雨の似合う観光地としても有名だそうです

確かに苔が多い寺社仏閣は雨が似合います
IMG_20220903_132940_copy_1024x768IMG_20220903_135202_copy_1024x768






鏡池から見る本殿も神秘的
IMG_20220903_135229_copy_1024x768






茅葺屋根が現在工事中ですが、一部に足場が組まれている程度

参拝は通常通り行えます
IMG_20220903_135215_copy_1024x768IMG_20220903_135254_copy_1024x768






さて、お次は羽黒山の五重塔

前回は横着して随神門の前でバスを乗降しましたが

今回はちゃんとバス駐車場から歩きました

新しいトイレ付きの駐車場です
IMG_20220903_152114_copy_1024x768







全体像はこんなこんな感じ
IMG_20220903_151406_copy_1368x1824








まず随神門横には社務所があります(御朱印あり)


随神門(ずいしんもん)から先は急な階段

足元に注意しましょう


下に降りると小さいお社が点在しています


祓川(はらいがわ)に架かる神橋(しんきょう)を渡ると

右手に“須賀(すが)の滝”という滝が見えてきます


その先に天然記念物の“爺杉(じじすぎ)”

さらにその先に国宝の五重塔があります


ここまで行って引き返し

そのまま進むと日本屈指の階段数を誇る2446段の参道

登りきると、さっきの三神合祭殿まで行けます
(一度登ってみたい・・・)
IMG_20220903_143233_copy_768x1024IMG_20220903_144927_copy_768x1024








ここもやっぱり雨が似合いますね

ただ雨の日や雨上がりは特に足元に注意して歩きましょう


羽黒山の五重塔は来年から令和7年まで

茅葺屋根の工事が行われ外観が覆われるそうです

羽黒山の五重塔を見るなら今がチャンス!!
IMG_20220903_151821_copy_1024x768






これにて本日の観光はすべて終了

はい、今日の観光は羽黒山だけなのです


今夜のお宿は山形県鶴岡市にある“あつみ温泉”

タカミヤグループの

“高見屋別邸・久遠(くおん)”

はじめて泊まる温泉地&ホテルです
IMG_20220903_163143_copy_1024x768IMG_20220903_163109_copy_1024x768






IMG_20220903_174146_copy_1024x768IMG_20220903_183609_copy_1024x768






夕食に出た“鯛のかぶと揚げ”はこちらのホテルの名物だそうです

どんな大きな鍋で揚げてるんやろ
IMG_20220903_174104_copy_1024x768IMG_20220903_181726_copy_1024x768






部屋でブログ書いてから寝たかったけど

室内のWi−Fiが虫の息だったので早めに就寝

今朝も早かったしね・・・
IMG_20220903_163609_copy_1024x768








京都美山・親子グリーンツアー2日目【後半】♪

プチキャニオニングから帰ってきました

みんな頑張ったからお腹がペコペコ

今日のランチはピザ&ひもぱん焼きに挑戦です
IMG_20220831_120012_copy_1024x768IMG_20220831_115644_copy_1024x768






生地の小麦も材料の野菜もトマトソースも

ほぼブラッキーさんの畑で採れたものを使用しています
IMG_20220831_115619_copy_1024x768IMG_20220831_115634_copy_1024x768







もちろんピザを焼く釡もブラッキーさんの手作り!


ひもぱんは木の枝にアルミホイルを巻いて

その上にパン生地をぐるぐる巻いて、炭火で焼きます

傍から見てると

秋田のきりたんぽにしか見えん・・・(笑)
IMG_20220828_131740_copy_1024x768IMG_20220828_130550_copy_1024x768






自分で作って食べる料理は格別!!
IMG_20220828_132303_copy_1024x768IMG_20220831_115555_copy_1024x768






親子で料理をしてその場で食べるなんて

ツアーではなかなか体験できないですよね
IMG_20220828_133600_copy_1024x768IMG_20220831_115608_copy_1024x768






お子さまはまだまだサイクルシーズで遊んでいたいようですが

そろそろお別れの時間がやってきました
IMG_20220828_151451_copy_1024x768






今回はたまたまお子さまが全員小学生だったし

たまたま1家族、親1名・子ども1名って構成だったので

めっちゃ和やかムードの2日間でした

なんだか町内会の旅行か親戚の集まりみたいだったな
IMG_20220831_121059_copy_2736x2052







さて、来年の夏も

この美山グリーンツアーは開催されるのか?

季節を変えて訪れるの楽しいかも!


以前もお話ししたように

美山はかやぶきの里だけじゃない!

今後も美山の魅力を深堀していきたいですね


※美山親子グリーンツアーにご参加のお客様へ※

ツアーで撮影した短い動画たちをYouTubeの再生リストにまとめました!
ご連絡が大変遅くなり申し訳ございませんでした

【美山サイクリング2022】



京都美山・親子グリーンツアー2日目【前半】♪

2日目の朝を迎えました

朝からボリューム満点ですね
IMG_20220828_061840_copy_1024x768IMG_20220828_063251_copy_1024x768






この焼き鮭の厚さがええわ〜♪
IMG_20220828_061954_copy_1024x768






朝食を済ませたらみんなで記念写真
IMG_20220831_120802_copy_2736x2052






民宿に迎えにきてくれたブラッキーさんを先頭に

サイクルシーズまでサイクリング

走行時間は約1時間

結構走り応えのある距離と道のりでした
IMG_20220828_082424_copy_1024x768IMG_20220828_082815_copy_1024x768







途中、パラっと雨が降りましたが

本降りにならなくて良かったです


サイクルシーズに到着したら

さっそくお着換えタイム

今日は朝からプチ・キャニオニングなのです

自転車用の軍手を脱ぎ

今度は川用の軍手を装着してもらいます
IMG_20220831_120550_copy_1024x768IMG_20220828_085013_copy_1024x768






再び自転車に乗って、知る人ぞ知る

美山の秘境地帯へ・・・・・・・

最初はくるぶしくらいの水位を進んでいくので余裕♪
IMG_20220828_093654_copy_1024x768IMG_20220828_093437_copy_1024x768






だんだんワイルドにな雰囲気になってきた
IMG_20220828_094245_copy_1024x768IMG_20220828_094532_copy_1024x768






IMG_20220828_094607_copy_1024x768IMG_20220828_095221_copy_1024x768






コースは自分の体力や気分に合わせて

水の中を歩いたり岸側を歩いたりできます
IMG_20220828_094727_copy_1024x768IMG_20220828_095946_copy_1024x768






お子さまはやっぱり水の中が楽しいみたい
IMG_20220828_100311_copy_1024x768IMG_20220828_101509_copy_1024x768






しかしみんなよくこんな足場の悪いところを上手に進んでいくな〜

たくましいお客様ばかりで良かったです!
IMG_20220828_102628_copy_1024x768IMG_20220828_100006_copy_1024x768






最初は怯えていたお子さまも
IMG_20220828_103208_copy_1024x768






たくましく滝を登っていきます
IMG_20220828_103313_copy_1024x768






我が子でなくてもグッとくるわ(涙)


前方にV字の渓谷が見えてきましたよ
IMG_20220828_104253_copy_1024x768






この滝を越えたところが本日のゴール地点だそうです
IMG_20220828_104607_copy_1024x768IMG_20220828_104305_copy_1024x768






なんですかこの秘境感満載の光景は!!
GOPR2837_copy_1024x1365GOPR2843_copy_1024x1365








名前があるのかないのかも知らないけど

めっちゃ神秘的なスポットです!!


皆さんよくここまで頑張りました

みんなで記念写真を取ったら折り返します
IMG_20220831_120937_copy_2052x2736








途中、河原でお客様が“ミヤマクワガタ”を発見

ミヤマクワガタのミヤマって“美山”?

なんて話で盛り上がったんですが

ミヤマクワガタのミヤマは深い山に生息することが由来の

“深山”が語源だそうです
IMG_20220828_110542_copy_1024x768IMG_20220828_110918_copy_1024x768






約2時間

トイレも休憩もなく皆さんよく歩き切りました

たくましいお客様ばかりで良かったです!
IMG_20220828_114039_copy_1024x768











京都美山・親子グリーンツアー1日目【後半】♪

川遊びで子どもも大人もずぶ濡れになったところで

再びサイクルシーズに戻ってきました

このあとは家族ごとにサイクリングに出掛けたり

残ってBBQの準備をしたり

一応、スケジュールは決まっているけど

誰が何をやるかはその時の気分しだい

このゆるい感じが美山スタイルなようです
IMG_20220827_161356_copy_1024x768IMG_20220827_164615_copy_1024x768










サイクルシーズの畑で野菜を収穫する子もいれば
IMG_20220827_164349_copy_1024x768IMG_20220827_164803_copy_1024x768






職人でも目指しているのか

熱心に薪を割り、火起こしまで担当する子まで

色んな子がいて面白い(笑)
IMG_20220827_161209_copy_1024x768IMG_20220827_163813_copy_1024x768






ひとまず17時に全員集合し

今度は“鶏解体見学”

生きている鶏を絞めるとことから

各部位に切り分けるまでを

余すことなく見学!

もちろんちょっとショッキングな内容を含みますので

見る見ないは自由

見れない子どもや親御さんもいるかなと思ったんですが

全員、しっかり見ていましたね

たくましいお客様ばかりで良かったです!
IMG_20220827_170448_copy_1024x768IMG_20220827_170730_copy_1024x768






IMG_20220827_171724_copy_1024x768IMG_20220827_171140_copy_1024x768






さっきまで生きていた鶏が

あっという間に鶏肉に

明日生まれてきたであろう薄い殻に包まれた玉子が神秘的でした
IMG_20220827_172900_copy_1024x768IMG_20220827_172603_copy_1024x768








鶏肉は個人的にも大好きだし

スーパーでは一番購入頻度の高い食材

色々と勉強になりました


コチラ、左が肉屋さんで買ってきた鶏肉で

右がたったいま捌いたばかりの鶏肉
IMG_20220827_180013_copy_1024x768






鶏の解体見学だけでもレアな経験ですが

この食べ比べもかなり貴重でした!



ご飯は昔ながらのかまどで薪を使って炊きます

一発勝負の水加減でしたが

なんとか美味しく炊けたようです
IMG_20220827_174855_copy_1024x768IMG_20220827_175159_copy_1024x768








BBQの材料は

さっき収穫したばかりの夏野菜

そしてさっき捌いたばかりの鶏肉

なんとも贅沢なBBQです

お肉は捌きたての鶏肉

買ってきた鶏肉


って鶏肉ばっかりやないかーい!!
(一応、ソーセージはありました)

鶏肉がダメなお客様がいたらどうしよ・・・

さらにさっき解体を見たばかりだから

食べれなくなった人がいたらどうしよ・・・

と色々と心配しましたが

皆さん美味しそうにパクパク食べていました

たくましいお客様ばかりで良かったです!
IMG_20220827_182016_copy_1024x768IMG_20220827_182915_copy_1024x768








あっと言う間に周囲も真っ暗

お子さまはブラッキーさんが提案した肝試しに行きたそうだったけど

ダメダメ、民宿に帰りましょう

民宿では家族単位でお風呂を使ってもらうので

全員入浴するまで時間がかかるのです
IMG_20220827_181446_copy_1024x768IMG_20220827_190600_copy_1024x768






名残惜しくサイクルシーズをあとにし

1日目の行程は終了したのでした・・・

京都美山・親子グリーンツアー1日目【前半】♪

先日、ブログでもご紹介した

サイクリングと農体験、遊びと学びの2日間

京都・美山親子グリーンツアー


に行ってきました

集まったお客様は20名様

大人10名、お子さま10名

10名のお子さまは小学校1年生から6年生まで

男子5名、女子5名のちょうどいい組み合わせです

京都駅を出発し

いったん本日のお宿に荷物を置きにいきます

今回お世話になるのは

山里料理・いそべ
IMG_20220828_072854_copy_1024x768IMG_20220827_111746_copy_1024x768






茅葺の古民家に泊まれるお宿です

こちらは1棟貸切タイプの本館

部屋の仕切りはふすまのみ
IMG_20220827_111732_copy_1024x768IMG_20220830_133206_copy_1024x768






IMG_20220830_133138_copy_1024x768IMG_20220830_133147_copy_1024x768






なんか部屋におる・・・
IMG_20220830_133156_copy_1024x768






廊下にはこんなギミックが!
IMG_20220828_062926_copy_1024x768IMG_20220828_062920_copy_1024x768






こちらは別館(新館)

部屋は個室タイプでルームキーもあります
IMG_20220827_111847_copy_1024x768IMG_20220828_072031_copy_1024x768






さて、部屋に荷物を置いたらブラッキー中島氏が待つ

サイクルシーズへ向かいます

ここで身長に合った自転車を借りましょう
IMG_20220827_120035_copy_1024x768IMG_20220827_115833_copy_1024x768






ブラッキーさんから注意事項を聞いたあと

練習を兼ねて、本日の昼食会場

“民宿みやま”まで自転車で向かいます
IMG_20220827_120838_copy_1024x768






移動時間は10分もかかりませんが

のどかな田園風景の中を気持ちよくサイクリング♪
IMG_20220827_123411_copy_1024x768IMG_20220827_123451_copy_1024x768







メニューはハンバーガーとフライドポテト

なんともお子さまが好きそうなメニューですが・・・
IMG_20220827_124114_copy_1024x768IMG_20220827_124057_copy_1024x768






これは鹿肉を使った

“鹿肉バーガー”

さすがに抵抗あるかな?

と思って現場まで何のお肉か伏せていたんですが

お客様はお子さまも含め

皆さま美味しそうに召し上がっていました(笑)

たくましいお客様ばかりで良かったです!

自家製しそジュースも大好評♪
IMG_20220827_124541_copy_1024x768IMG_20220827_124559_copy_1024x768






早く食べ終わったお子さまたちは

ブラッキーさんの即席自転車レッスンに夢中
IMG_20220827_131403_copy_1024x768IMG_20220827_131357_copy_1024x768






昼食後は再びサイクルシーズに戻って

川遊び用にお着換えタイム
IMG_20220830_125727IMG_20220830_125738








向かった先はサイクルシーズの近所に流れる川
IMG_20220827_145134_copy_1024x768IMG_20220827_143041_copy_1024x768






浅瀬でパシャパシャ遊ぶ子もいれば

度胸試しにザブンと飛び込むお子さまもいましたね

あ、子どもだけじゃない

大人も夢中で遊んでおりました(笑)
IMG_20220827_145405_copy_1024x768IMG_20220827_141840_copy_1024x768












【大阪グルメ】“焼賣太樓”って知ってる?

帝国ホテルと白浜アドベンチャーワールドツアーの続きです


帝国ホテル大阪で業務が終了したあと

せっかくなのでホテルのお隣

OAPタワーで夕食を食べて帰りました

飲食店が数店舗入っているのですが

今回利用したのが

焼賣太樓(しゅうまいたろう)

大阪・桜橋で60年以上愛されている大衆中華

焼賣太樓のOAPタワー店です
IMG_20220830_195809_copy_1024x768






すいません

大阪で20年以上仕事をしていますが

初めて知りました・・・


看板メニューは

“桜橋しゅうまい”
(520円)

そのほかに

胡麻たっぷりのあんかけラーメン

“胡麻そば”
(750円)

ほうれん草と玉子、塩だけで味付けした焼き飯

“グリーン炒飯”
(650円)

が3大名物だそうす

今回は胡麻そばと桜橋焼売をオーダー
IMG_20220830_201432_copy_1024x768IMG_20220830_201659_copy_1024x768






あんかけ系のラーメンはあまり好きではないのですが

めちゃ美味しいやん!!!

個人的にも胡麻は大好きなので

これはかなりヒットです!

具がもやしと豚肉ってシンプルさもいい!


焼売は驚くほどではないですが

普通に美味しかったです(笑)

2個からオーダーできるのもいいですね

胡麻そばはハーフサイズもあったので

・胡麻そばハーフ(450円)
・焼売2個(260円)
・グリーン炒飯(650円)


って3大名物づくしもいいかも!

リーズナブルな料金設定も嬉しいです


そういえば大阪名物のグルメって

自由軒のカレーくらいしか知らんな・・・

旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
tabitore888@gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・