ブログな添乗員

現役添乗員・フナッシュが綴るツアコン日記
添乗員という仕事の“楽しさ・大変さ・奥深さ”をお伝えしながら
最新の旅行&観光地情報をお届けします!!

2023年05月

【会いに行ける秦氏】池田市古代史ウォーク

謎多き渡来系氏族・秦氏

その足跡を追って

1月に寝屋川市を歩いたのを覚えていますか?

【会いに行ける秦氏】ねやがわ古代史ウォーク・前半


実は大阪の秦氏ゆかりの地は寝屋川だけじゃなく

池田市も秦氏と関係があるらしいのです

現在の地名では気づきにくいのですが

かつては“秦野村”って地名があったようで

秦氏が埋葬されていたのでは?

と推測される古墳もあるんだとか
20230511_131925_copy_1554x2215Gallery_1684035140842_copy_1124x1586








池田市観光協会のサイトには

古墳めぐりコース

ってモデルコースもちゃんと紹介されています


これは墳活部の活動にピッタリやん!

ってことでさっそく行ってきました


阪急池田駅をスタートして

国道172号線を大阪市内方面へ進みます
20230509_143532_copy_1024x76820230509_145359_copy_1024x768






途中に“一条寺院”ってお寺がありました
20230509_150151_copy_1024x76820230509_145934_copy_1024x768






境内には“石田三成軍旗塚”と書かれた石碑があります

実はこのあたりは三成の遺児

千代丸が隠れ住んでいた伝説が残っているそうです
20230509_145926_copy_1024x76820230509_145920_copy_1024x768






なので周辺には石田性が多いのだとか

確かに・・・
20230511_125827_copy_1024x768






住宅街の中をグーグルマップを頼りに進みます

ほんまにこんな場所に古墳なんて・・・
20230509_152018_copy_1024x768






あったわ(笑)

“二子塚古墳”

ほんまに住宅街のど真ん中でした
(ちなみにすぐそばにも石田さん宅があった)
20230509_153340_copy_1024x76820230509_151906_copy_1600x1200






6世紀前半の古墳で

横穴式石室が2つあったことからこの名前が付いたそうです
(実際に見れる石室は1つ)

金網が貼ってあって中には入れませんでした・・・
20230509_152536_copy_1024x76820230509_152757_copy_1024x768






そばに稲荷社がるので

通称“稲荷山古墳”と呼ばれているそうです
20230509_152519_copy_1024x768






埋葬者は不明ですが、稲荷社があるってことは

秦氏っぽい感じがしますね・・・



お次は“五社神社(鉢塚古墳)”

五社とは
・クニノトコタチ
・スサノオ
・イソタケル
・住吉大神
・穴織大明神

20230509_155234_copy_1024x76820230509_155246_copy_1024x768






20230509_155258_copy_1024x76820230509_155321_copy_1024x768






本殿の裏に鉢塚古墳の入口があります

石室はなんと

長さ6.5m、高さ5.2m、幅3.2m

超巨大横穴式石室なんですが

ここも中には入れなくなってた・・・
(昔は入れたそうです)

めっちゃ楽しみにしてたのに・・・

ただ石室の途中までは進むことができます
(撮影はNG)
20230509_155349_copy_1024x76820230509_155410_copy_1024x768






20230509_155415_copy_1600x120020230509_155432_copy_1600x1200






20230509_155611_copy_768x1024








本殿の前には「福鈴」って鈴がありました

“東照宮”って彫られてたけど

徳川家となんか関係があるんですかね?
20230509_161357_copy_1024x76820230509_161426_copy_1024x768






本殿脇の磐座も気になる
20230509_160949_copy_1024x76820230509_160554_copy_1024x768






あ、ここにも石田さん(笑)
20230509_161516_copy_1024x768






お次は五月丘緑地って丘陵地帯へ向かいます

麓にある神社は“呉織(クレハ)神社”

池田駅のそばにある同名の神社からご祭神を勧請してきたようです

ご祭神は“クレハトリ(クレハトリヒメ)”
20230509_163517_copy_1024x76820230509_163539_copy_1024x768






神社を少し上がったところにある古墳は

“五月丘古墳”

7世紀の築造ですので比較的新しい古墳です

ここにはちょっと珍しい陶器の棺

“陶棺(とうかん)”が埋められていたようで

屋根付きの見学スポットに陶棺が展示されています
20230509_164452_copy_1024x76820230509_164340_copy_1024x768






ただこれはレプリカで

本物はすぐそばにある

“池田市立歴史民俗資料館”の館内にあります
20230509_164703_copy_1024x76820230511_131602_copy_1024x768






無料の施設ですが、なかなか見ごたえがあります
20230511_131618_copy_1024x76820230511_134249_copy_1024x768






こちらが本物の陶棺
20230511_134502_copy_1024x76820230511_134514_copy_1024x768






比較的当たらいいとはいえ

古墳時代の陶器の棺がこんなにしっかり残っていることに驚きです

これ、色も当時のままらしいですよ!
20230511_135055_copy_1024x76820230511_134508_copy_1024x768






実は最初に訪れた際は月曜日で休館日だったので

後日、改めて見にいってきました(笑)



さっきの“呉織神社”の近くには

“穴織(アヤハ)神社”という神社もあります

こちらは五月山の麓にある

伊居太(いけだ)神社からご祭神を勧請

ご祭神は“アヤハトリ(アヤハトリヒメ)”
20230509_165430_copy_1024x76820230509_165454_copy_1024x768






なんか神社ネタが多くなってきたので

そろそろ古墳もいっときましょか

茶臼山という丘陵地帯を上っていくと

整備された公園が広がっていて

その中心に古墳がそびえておりました

“茶臼山古墳”

見た目は新しいですが

池田市では最も古い古墳だそうです
20230509_171106_copy_1024x76820230509_171121_copy_1024x768






円墳っぽいけど全長62mの前方後円墳

階段を上ると池田市が一望!!

さらに伊丹空港から離陸する飛行機も眺めることができます

古墳好き、飛行機好きにはたまらんスポットですな(笑)
20230509_173810_copy_1024x76820230509_171224_copy_1024x768






気になる方はこちらのショート動画をどうぞ

飛行機の離陸が見れる古墳(YouTube)

さて、今回歩いたコースも動画でまとめました




池田市なんてカップヌードルミュージアムくらいしか見るとこないやん

って思っている方にこそ

ぜひ見て頂きたい動画です(笑)

【手のひらANA】ANAオンラインチェックインのやり方教えます

ANA利用で立て続けに北海道へ行ってきたので

今回は日本全国の空港で混乱を招いている

ANAのオンラインチェックイン

の流れをサクッとご紹介したいと思います

ゆーても私もまだ2回しか該当コースに行っていないので

現時点で分かっていることだけですけどね・・・

ちなみに一度にチェックインできるのは

大人6名+幼児2名まで

車椅子利用の場合はオンラインチェックインは利用できないのでご注意下さい
(その場合は空港の有人カウンターへ)



まず、オンラインチェックインは

公式HP(ブラウザ)アプリ

2種類のやり方がありますが

今回はアプリでの流れを説明します

お客様に教える場合も

絶対アプリを勧めてください!


こちらがトップ画面

iPhoneとアンドロイドで若干仕様が異なります
(ちなみにこの画面はアンドロイド版)
IMG_20230530_115730_copy_720x1407









ここからメニュー画面を出します

アンドロイドは左上

iPhoneだと右下じゃないかな?
(機種によっても異なるのかも)

メニュー画面を開いたら

「オンラインチェックイン」横の↓の矢印をタップ
IMG_20230529_184345_copy_768x1665








「国内線/国際線」って表示が出てくるので

「国内線」をタップします
IMG_20230529_184431_copy_768x1665








次のページがちょっと重たいです(笑)

表示されたら画面中央あたりにある

「オンラインチェックインへ」
をタップ

IMG_20230529_184654_copy_384x1285









「会員の方」「一般の方」

ページが2種類あるのですが

最初の画面では「会員の方」になっているので

ここは「一般の方」をタップ

IMG_20230529_185017_copy_384x868








次の画面がメインの入力画面です

というかお客様が何かを入力するのは

ここだけです!!

‥訃萋
∧慳
3稜番号
づ訃莠


を入力して「検索」ボタンをタップ
IMG_20230529_184844_copy_480x1225








ちなみに「確認番号」はeチケットお客様控えの左上に記載されている番号です

右下の「航空券番号」と間違わないよう

添乗員がお客様に配布する際は

マーカーなど引いておくといいと思います
19ed318a








次の画面で予約内容が表示されます

同じ予約で入っているグループだと1名入力しただけで

お連れの方の名前も表示されます

チェックインしたい人を選択するか

まとめてチェックインする場合は

「すべての搭乗者を選択」をタップ
IMG_20230529_185144_copy_480x846








座席が入っていれば問題ないんですが

座席が入ってない場合はシートマップから選択
(時間帯によって選択できる座席は異なります)

あとからいい席(窓側や並び席)が出て来る可能性もありますが

とりあえずなるべく近い席で押さえておいて

あとから変更すればいいと思います
(出発の20分前まで変更可能)
Gallery_1685352934881_copy_432x1204








このあとは「次へ」「次へ」で進みましょう
IMG_20230529_185456_copy_480x1131








チェックイン内容確認ページまでたどり着きました

最後の「内容を確認しました」にチェックを入れて

一番下の「チェックイン」をタップ
IMG_20230529_185654_copy_384x1357








「チェックインが完了しました」と表示されました

これでチェックイン終了!!

バンザーイ!!

ではないのです!!

ここで終わってしまうお客様がめちゃくちゃ多いですが

オンラインチェックインのゴールは

QRコードの取得

がゴールなのです

もうちょっと頑張りましょう
(添乗員がお客様の席だけを押さえる場合はここで終わってOK)


搭乗者ごとに「搭乗券の表示・保存」ってボタンがあると思います

ここをタップしてみてください
IMG_20230529_185851_copy_384x1428








「アプリに登録」ってボタンが出てきたので

ここをタップ

メールで送る際は下にメールアドレスを入力して「送信」

ですが、これをやったお客様はおりません(笑)
IMG_20230529_214450_copy_384x1054








するとこんな感じでQRコードが表示されます
IMG_20230529_190005_copy_480x912








この画面が

・手荷物預け
・保安検査場
・搭乗ゲート


で必要な画面

この画面が搭乗券ということです


アンドロイドだと勝手にANAのアプリに保存されるんですが

iPhoneはアップルウォレットというアプリ内に保存されます

アップルウォレットのアイコンをタップして

「追加」ボタンをタップ

iPhoneの方が1クッション多いのです


続いてお連れの方のQRコードもゲットする場合です

これがちょっと分かりにくい

最初からやり直してもいいんですが

手っ取り早いのは1つ前の画面へ戻り

「チェックイン状況確認へ」をタップします

IMG_20230529_190148_copy_384x1054








すると再びさっきの画面が表示されるので

今度はお連れの方の「搭乗者の表示・保存」をタップ

あとは同じ流れです
IMG_20230529_194431_copy_384x1276









空港到着までに行う操作は以上です

お疲れ様でしたm(__)m



===空港で使う場合===

アンドロイドだとアプリのトップ画面の一番上の

「2次元バーコード一覧」を見てください

(2)ってありますよね

これが保存したQRコードが2件あるって意味です
IMG_20230529_190244_copy_480x1004








ここをタップすると

保存したQRコード一覧が表示されますので

該当の搭乗者を選択するとQRコードが表示されます
(iPhoneの方はアップルウォレットから表示させます)
IMG_20230529_190341_copy_480x1002









1人のスマホでまとめてグループ分をチェックインすると

空港で一緒に動かないといけないのであまりおススメはしません

QRコードを個別に自分のスマホに保存する方が便利なのです

グループの誰かがこの操作をした後でも

別の人が同じようにオンラインチェックインを進めていけば

同じ画面が表示されるので

そこから自分の予約のQRコードを取得すれば問題ないです

その他の方法としは

アプリに登録の場面でメールを送信することもできますし

スクショで撮ってラインなどで送る方法もあります
(これは公式のやり方ではないですが・・・)

間違ってもチェックインはもやり直せるので

とにかくトライしてみることが大事!


余裕ができたらこんなこともやってみましょう

QRコードの中央にある

「オリジナル2次元バーコード作成」ボタンをタップ
IMG_20230529_190442_copy_384x730








すると自分の好きな画像を壁紙として表示させることができるんです

だからなんやねん!

って気もしますが・・・(笑)

旅の思い出にいかがですか?
IMG_20230529_190534_copy_480x910








ちなみにこのQRコードはアプリ内にどんどん貯まっていくので

見にくいなと思ったら

QRコードの右上の「削除」ボタンをタップしたら消すことができます

でも旅の思い出に貯めておくのも楽しいと思いますよ
(デジタル御朱印帳みたいな感じ?)
IMG_20230529_195959_copy_720x1368









以上が私が現段階で知っている

オンラインチェックインの流れです

少しはイメージできましたか?

もっと便利なやり方があるかもしれませんので

知っていたら是非教えてください!


なんだか文字で起こしてみると

めっちゃ面倒くさそうになってしまいましたが

実際にスマホを操作しながら進めていくと

ビックリするくらい簡単です!!

お客様も

え、これだけでええの?

って驚かれます(笑)

ぜひ、オンラインチェックイン=難しい

って概念は捨てて、一度試してみてください

周囲に

オンラインチェックインとかお客様に分かるわけないやん!

なんて言っている添乗員さんがいたら

それはお客様が分からないんじゃなく

添乗員自身が分からないのです!

だって添乗員がやり方を分かっていたら

絶対お客様に勧めますから!(笑)



1人でも多くの利用者がオンラインチェックインできれば

数分でも空港での待ち時間が緩和されます

1人1人のオンラインチェックインが

空港を利用する全ての人の

大切な時間に関わってくるのですから・・・


添乗員さんは全国旅行試練の電子クーポンのゴタゴタで

お客様+スマホ=大混乱

ってトラウマだと思います

お気持ちはよく分かります(笑)

でも、落ち着いて下さい

リージョンペイやステイナビの登録と

ANAのオンラインチェックインとでは

まったく次元が違います!!


全国旅行試練でお疲れかと思いますが

頑張ってこの

手のひらANA

への転換期を乗り越えましょう!


大丈夫、数年後には駅の改札をICカードで通過するくらい

オンラインチェックインが当たり前な世の中になっていますから(笑)

ノスタルジック函館ツアー2日目♪

ツアー2日目

5時ちょうどに目が覚めました

今回はお客様からの電話じゃないです

眩しかったんです!!

5時でこの明るさ↓
20230529_054404_copy_1024x768







やってもーたー!!

北海道って明るくなるのめちゃ早いんですよね

なのでガイドさんがよく

「部屋のカーテンはちゃんと閉めてから寝て下さい」

なんて案内をするんです

今回のお部屋はもろベッドサイドに窓があったんですよ(泣)

まぁブラインドを下げてもこんな感じなんですが・・・
20230529_054425_copy_1024x768







さて、2日目の観光はローカル列車の旅からスタート

木古内(きこない)駅から

茂辺地(もへじ)駅まで

道南いさりび鉄道に乗車します
Gallery_1685317772058_copy_1280x1198








初めて利用するローカル列車です

木古内駅では道の駅の前で下車

トイレを済ませて改札へ各自で来てもらいました
20230529_085900_copy_1024x76820230529_085925_copy_1024x768






北海道新幹線の駅でもあるので

JRの駅はそれなりに大きいです

いさりび鉄道さんは手前ね
20230529_085957_copy_1024x768






改札口は2階

無人駅で改札も自由に行き来できます
20230529_090143_copy_1024x76820230529_090453_copy_1024x768






バス下車からホームまでの導線はこんな感じ↓


けっこうギリに着いたので

既に車両はホームに入っておりました

1両ですが車内にトイレは付いていました
(トイレなし車両の場合もあるかも)
20230529_090922_copy_1024x76820230529_091414_copy_1024x768






一般客は10名程度かな?

我々も21名と少なかったので、ゆったり座れました
20230529_091428_copy_1024x76820230529_094259_copy_1024x768






茂辺地までの所要時間は27分

茂辺地駅のトイレは小さいので

木古内駅で済ませてもらいましょう
20230529_094751_copy_1024x76820230529_094829_copy_1024x768






このあと函館へ戻りベイエリアの散策

明治館の蔦が青々していて綺麗でした

あ、蔦じゃないアイビーか(笑)
20230529_102347_copy_1024x76820230529_102400_copy_1024x768






その後は函館朝市へ

観光バスもかなり多くなりましたね
20230529_114557_copy_1024x76820230529_111019_copy_1024x768






添乗員さんはお客様が買い物をしている間

函館駅構内でちょっと早めのランチタイム

駅の2階にある“食の宝庫北海道”で

“冷やしイカ天おろしそば(880円)”

これ、前にも食べたことあるんですけど

イカがぷりっぴりでめちゃ美味しいのです!
20230529_114256_copy_1024x76820230529_112639_copy_1024x768






これにて全ての行程が終了!

はい、今回の北海道ツアー

2日間なんです!!!

びっくりでしょ(笑)

初日は12:50に空港に着いて

帰りは13:30のフライトなので

北海道の滞在時間は約26時間!!

まぁ仕事が忙しい方にはいいかもしれませんね


さて、函館空港のチェックインカウンターをみてみましょう

有人カウンターは5番

自動チェックイン機は1番カウンターで4台でした
20230529_124910_copy_1024x76820230529_124924_copy_1024x768






函館に着いた時点でほぼ24時間前なので

昨日は地域クーポンの案内に加え

オンラインチェックインの案内と

ホテルに入るまでバタバタでした・・・

しかも移動時間も短いし・・・

添乗員と別のホテルに泊まっているお客様から夜に

「チェックインがうまいこといかへーん」

って電話とかかかってきましたからね

ほんとANA利用の飛行機コースは

オンラインチェックインに振り回されまくりです・・・


今回は7〜8割程度の方が事前にオンラインチェックイン済み

残りのお客様は添乗員が自動チェックイン機でフォローしながら発券してもらいました

添乗員がちゃんとオンラインチェックインの仕組みを理解していれば

空港でバタバタせずに済むんじゃないかな?

もう一度言いますけど

オンラインチェックインって

めちゃカンタンですからね(笑)


さて、最近の添乗員業界の話題はANAのチェックインで持ち切りなので

なんか地域クーポンの問題がすっかり過去のものになりましたね

函館空港で地域クーポンがつかるお店ですが

ほぼ全店で使えます!!

ただ、紙でもOKなのは

2階のメインの売店でもある“北海道デパート”

あとは毎度お馴染み“ANAFESTA”の2店のみです
20230529_124225_copy_1024x76820230529_124156_copy_1024x768






ちなみに保安検査場の外で弁当類が買えるお店は1階のローソン程度

空弁は保安検査場の中の売店で販売されています

保安検査場の中には売店とカフェが入っているのですが

嬉しいことにどちらもお店もクーポンが利用でき

どちらもお店も紙クーポンOKなのです
20230529_132420_copy_1024x768






まぁここまでクーポンが残っている人はほとんどいませんけどね(笑)
20230529_130814_copy_1024x768_120230529_130747_copy_1024x768






待合室で搭乗を待っていると

遠くからパタパタとなんだか懐かしい音が聞こえてきました

うわ!まだこれ残ってる空港あったんや!!(笑)
Gallery_1685339687290_copy_1024x76820230529_131235_copy_1024x768






函館は昨日とは打って変わっていい天気
20230529_133033_copy_1024x768






でも大阪に帰ってきたらめっちゃ雨でした・・・

関西地方もいよいよ梅雨入りしたようです

ノスタルジック函館ツアー1日目♪

JR利用の倉敷と連添で

今日から再び北海道へ

お客様は11組21名様


Skipサービス終了後

行きに自分でお客様のチェックインをするのは初めてです
20230528_091413_copy_1024x768






昨日のお昼からお客様の座席を確保しようと

オンラインチェックインを試みるも

並びの座席がほとんどない状態・・・
Gallery_1685159195427_copy_768x1372








深夜1時過ぎ

寝る前に再度シートマップを開いてみたら

昼よりちょっとマシになっていたので

なんとか全員分の座席だけを指定して

当日は早めに行って自動チェックイン機で搭乗券を発券しました

数組、縦並びのお客様もいたので

添乗員のチェックインの際

有人カウンターでシートチャンジを依頼

全組横並びはムリだったけど

なんとか収まってやれやれです

てか前日が仕事だったからそこまで追いかけたけど

前日が休日だったらここまでできんわ!!

かといって何もせずに有人カウンターへ全員分の個札を持っていっても

どれだけ時間がかかるか読めないので

結局自分の首を絞めることになるし・・・

ほんとANA便利用の際は厄介です
(事前チェックイン手当出ませんかね?)
20230528_085115_copy_1024x76820230528_085131_copy_1024x768






さて。伊丹空港のANAのカウンターは

有人カウンターが6番

荷物預けは3番です
20230528_092318_copy_1024x76820230528_092336_copy_1024x768






動画で見るとこんな感じ↓


大阪はなんとか青空が見えていますが

函館は雨予報なんですよね・・・
20230528_105141_copy_1024x768






今回乗った飛行機はエアバスの

A321って機材

2017年デビューみたいですが、初めて乗ったかも
20230528_111618_copy_1024x76820230528_111604_copy_1024x768






国際線同様に全席にシートモニターを完備

機内で有線のリモコンって久々に触ったわ!
20230528_111530_copy_1024x768






今日の観光は“五稜郭”のみ

ツツジが綺麗に咲いていました
20230528_144622_copy_1024x76820230528_144649_copy_1024x768






添乗員さんはここで遅めの昼食

恥ずかしながら初ラッキーピエロ

まさかチャイニーズチキンバーガーが定番メニューだったとは

全然知らんかったわ!!
(もともと華僑の方が始めたお店なんですね)
20230528_142122_copy_1024x76820230528_141010_copy_1024x768






待たずに帰るテレフォンオーダー

ネットじゃなく電話なんかい!!(笑)
20230528_141928_copy_1024x768






はい、早いもので本日の行程は全て終了です


今夜のお宿は基本プランが函館市内泊りで

函館ロイヤルシーサイド


湯の川温泉プランの方は

“花びしホテル”利用でした
20230528_162953_copy_1024x76820230528_162326_copy_1024x768






添乗員さんはありがたいことに温泉プランや〜

館内がちょっとややこしいのでご注意ください
20230528_162625_copy_2000x1500






動画で見るとこんな感じ↓


夕食に出てたホタテご飯が美味しくて

ついつい食べすぎてしまった・・・
(ホテルの売店でも販売中)
Gallery_1685275040447_copy_1024x768_1






空港に着いてから函館はずっと雨

オプションの夜景を希望されるお客様は

誰もおりませんでした・・・

山陽新幹線で行く!倉敷・後楽園日帰りツアー♪

JR利用の岡山日帰りツアーの添乗です

お客様は20組42名様



今朝の新大阪駅

日帰り宮島ツアー3本
日帰り尾道ツアー2本
日帰り倉敷ツアー1本


合計6本が同じ新幹線なので

集合場所はもちろん

大混乱
20230527_072259_copy_1024x768






なのに会社からは今回も誰一人きやしない

お客様を集めるだけ集めて

後は勝手に行ってこいスタイル


梅田のバスコースなら

1本でもスタッフを出すのに

新大阪で6本同時刻集合でも誰も来ないとか

意味不明ですわ・・・

じゃ梅田もやめたらいいのにね
(検温もワクチンチェックもないんだから)

旅行会社の中の人間と現場の人間の温度差ってのは

恐らくこの先も何も変わらないんだろうな
(少なくとも私が生きている間は変わらんと思う)


岡山駅で新幹線を降り

まず最初に向かったのは“倉敷美観地区”

今日も川舟は午後まで満席状態で乗れませんでした・・・
20230527_103409_copy_1024x768Gallery_1685176157153







こちらは“倉敷アイビースクエア”

蔦が青々している時期に来るのは初めてかも!
20230527_105547_copy_1024x76820230527_105715_copy_1024x768






てか“アイビー”って「蔦」って意味だったんですね(笑)
20230527_105852_copy_1024x76820230527_105737_copy_1024x768







だんだん気温も上がってきたのでえびす通り商店街に避難

リーズナブルな回転焼

“えびす饅頭”を車内で紹介したのに

9月下旬までお休みするそうです・・・
20230527_110618_copy_1024x76820230527_110611_copy_1024x768






デミカツの有名店“かっぱ”

今日は空いてるやん♪と思ったら

開店前でみんな予約の帳簿に名前を書いてどっかに行っていた模様

開店前からかなり名前がビッシリだったので今回も諦めました
20230527_110819_copy_1024x768






てことで開店直後の“梅の木”

あえて名物の味噌カツを頼まず

“唐揚げ定食”を頼んでみました

お値段は味噌カツと同じ1200円です
20230527_112859_copy_1024x768






絶対美味しいのは分かってたけど

やっぱり美味しかった♪

ソースは付いてるけどそのまま食べた方が美味しいです

相変わらずキャベツの盛り方と

ご飯の盛り方が美しい・・・
20230527_112904_copy_1024x76820230527_112915_copy_1024x768






食後は倉敷考古館か国芳館に行きたかったけど

翌日のツアーでやることがあったので

倉敷駅の反対側

アリオ倉敷のマクドへ
20230527_130001_copy_1024x76820230527_120411_copy_1024x768






ここのフードコートは添乗員の絶好の休憩場所になってるみたい
20230527_124944_copy_1787x1280






このあと“後楽園&岡山城”
20230527_150218_copy_1024x76820230527_150223_copy_1024x768






岡山城の写真を撮るなら

廊下門の脇から撮ると石垣が入るので

お城らしいかっこいい写真が撮れます
20230527_151449_copy_1024x76820230527_151408_copy_1024x768






上に上がってから撮ると

なんかぬぺっとなるでしょ・・・(笑)
20230527_151056_copy_1024x768






ここまではなんだか先月行った

こちらのコースと同じような流れですが

新幹線で行く!倉敷・岡山城・後楽園 日帰りツアー♪




実は今回のコースは岡山駅から

観光バス利用なのです

在来線も岡電も乗らなくていいので

添乗員もお客様もめっちゃラク♪
20230527_162608_copy_1024x768






ただ前回とは観光の流れがちょっと異なります

後楽園の観光バス駐車場を利用するので

後楽園の正門から入ったあとは

南門に出て岡山城へ向かいます

導線はこんな感じ↓


帰りは再び園内を抜けてバスに戻ってくるのが最短ルートですが

時間があれば岡山神社を参拝してみては?
(って私も初めて行ったんですが)
20230527_161407_copy_1024x768






狛犬がなかなかいかつい顔つきですね
20230527_161437_copy_1024x76820230527_161441_copy_1024x768






こちらは大阪の百舌鳥八幡宮地の狛犬

なんとなく似てない?
e41b3c5a2a46046f







ご祭神は

倭迹迹日百襲姫命
(ヤマトトトヒモモソヒメ)
20230527_161419_copy_1024x768






奈良の箸墓古墳のそばを通ると

ガイドさんがいつもどや顔で紹介する

なんとも覚えにくい名前のお姫様です
(箸墓古墳がモモソヒメの墓と言われているので)
20230527_161057_copy_1024x76820230527_161154_copy_1024x768






ヤマトトモモソヒメは第7代孝霊天王の皇女で

桃太郎のモデル

吉備津彦のお姉さんだそうです

モモソヒメの

桃太郎のが繋がっていたとは!!

てことで桃みくじもありました(笑)
Gallery_1685176358368_copy_1024x749






境内には稲荷社が祀られていたんですが
20230527_161233_copy_1024x768






ここの狛狐もなかなか味のある顔してます

小泉八雲が好きそう(笑)
20230527_161241_copy_1024x76820230527_161246_copy_1024x768







これにて全ての観光が終了

なんか定期観光並みにスケジュール通りの内容でした

帰りのお弁当はさんすて内で購入できます

地域クーポンも使用可能
20230527_165506_copy_1024x76820230527_165328_copy_1024x768






駅に到着時は種類も色々あったのですが
20230527_165352_copy_1024x76820230527_165336_copy_1024x768






再集合する頃になると

きれーになくなってた・・・
20230527_180754_copy_1024x76820230527_180759_copy_1024x768






岡山駅でお弁当を購入する際は

なるべく早く購入しましょうね

【久米島グルメ】今日は亀吉で何食べる?

今回は先日の久米島6日間滞在の際

自由昼食&自由夕食の際に食べた料理をご紹介したいと思います

今回は最初から

“亀吉一択”

で攻める予定
20230514_132202_copy_1024x76820230517_132502_copy_1024x768






先日もお伝えしましたが

亀吉のメニューはこんな感じです

【久米島グルメ】今日はホテル周辺で何食べる?


Gallery_1682245915508_copy_1410x1057Gallery_1682245907098_copy_1410x1057






Gallery_1682245897333_copy_1410x1057Gallery_1682245885827_copy_1410x1057








===1日目・夕食===


先に久米島入りしていた

後輩“ヤナギー”と一緒に亀吉へ

名物の“ざるもずく(440円)”はシェア

ヤナギーはもずくが苦手だったようで

最初は「ひとくちだけ」ってことでしたが

これは美味しい!!

とパクパク食べてました(笑)
20230513_203827_copy_1024x768






わたしは初日ということで

定番の“寿司定食(1595円)”

ヤナギーは“あんかけチャーハン(770円)”
20230513_204513_copy_1024x76820230513_204506_copy_1024x768







===2日目・昼食===


“牛肉と青菜炒め定食(935円)”

これ、前から気になっていたんですよね

亀吉で肉料理ってなんか邪道な気もしますが

これ、めっちゃ美味しかった!!!

今回たべたメニューで1番美味しかったかも

薄味なんだけど、しっかりした味付け

なんなんだろ、この味は???
(バター醤油かな?)

けっこうにんにくがきつめですのでご注意ください
20230514_134631_copy_1024x76820230514_134634_copy_1024x768






===2日目・夕食===

“さくな御膳(1650円)”

メニューの最初のページに大きく載っているので気になっていた料理です

さくなの天ぷら

さくなとツナの和え物

さくなチャーハン

薬草の“さくな”をこれでもか!ってほど使用したメニュー

ちょっとボリュームが多すぎた・・・
20230514_203409_copy_1024x768Gallery_1684207625475_copy_1024x768






===3日目・昼食===

“フーチャンプルー定食(880円)”

亀吉さんのチャンプル定食は

ゴーヤ・豆腐・お麩(フー)

の3種類

個人的な感想ですが

ゴーヤの方が美味しかったかな・・・
20230515_114233_copy_1024x76820230515_114255_copy_1024x768







===3日目・夕食===

“アバサー汁定食(1760円)”

今回たべた料理で一番お高いメニューです
Gallery_1684207688240_copy_1024x76820230515_203545_copy_1024x768






アバサー

ってご存じですか?

これですコレ↓
chara_neytiri_5a6fdf37_copy_800x800








ってこれじゃない!(笑)

こっちこっち↓
20230515_202128_copy_1024x768






ハリセンボン!!

久米島の飲食店ではこの

“アバサー”ってメニューをよく見かけます

ただ希少な食材のため

入荷しているかはその日によって異なります

味は“フグ”みたいな上品なお味でした
(骨が多いので注意しましょう)
20230515_205013_copy_1024x768






===4日目・昼食===

亀吉さんが定休日なので

波路で“海鮮丼(1100円)”

ん〜見た目は鮮やかでいいんですが

なんかネタが刺身の切れ端みたいな感じ

筋だらけでめちゃ硬かった・・・

そしてエビがびっくりするくらい水っぽかった・・・
(解凍の仕方が悪いのか?)
Gallery_168420775385520230516_113925_copy_1024x768






だいたいこのような海鮮丼って

大葉やガリの下はネタがないことが多いですが

波路さんではこの下までネタがギッシリ

このあたりはサービス精神旺盛な久米島らいしです
20230516_114134_copy_1024x768






===4日目・夕食===

再び波路へ

“天丼(880円)”

“車エビの刺身(550円)”を追加

車エビの刺身は期間限定メニュー

もちろん美味しかったです
20230516_203030_copy_1024x76820230516_202320_copy_1024x768






天丼のインパクトがすごいね(笑)

天丼のタレがかかっている訳じゃなく

天つゆが別に付いているのがユニークです

この海老は車エビじゃないですが

ボリューム満点で美味しかった〜

※車エビ入りの天丼は1100円
20230516_203010_copy_1024x768






野菜の天ぷらは

玉ねぎ・にんじん・なす・ゴーヤ

魚の天ぷらは“カジキマグロ”でした(笑)

これは自信を持ってオススメできます!!


===5日目・昼食===

再び亀吉へ

よく考えたら亀吉で麺類頼んだことないなーと思って

“味噌そば(825円)”
20230517_132629_copy_1024x768






野菜たっぷりでヘルシーだけど
(にんにくも多め)

ソーキそばのダシがめちゃ美味しかったので

そばなら“ソーキそば(880円)”をおススメします

===5日目・夕食===

最後の夜となりました

“天丼(880円)”

“車エビの塩焼き(638円)”を追加
20230517_202144_copy_1024x76820230517_202227_copy_1024x768






別に天丼が好きなわけじゃないですが
(どちらかと言うとあまり好きじゃない)

波路と値段が同じだったので

どうしても食べ比べしたくなったのです(笑)

左が波路で右が亀吉

亀吉の天丼は見た目が浅草の天丼っぽいですね

いわゆる一般的な“天丼”って感じ

野菜の天ぷらは

エンドウ・エリンギ・ゴボウ・茄子・かぼちゃ

魚の天ぷらは“シイラ”でした

久米島は天丼のネタが面白い!!(笑)
20230516_203010_copy_1024x76820230517_202158_copy_1024x768






久米島の名産品でもある車エビ

刺身と塩焼き、どちらも美味しいけど

やっぱり塩焼きに軍配が上がるかな?

これだと丸ごと食べれるしね
20230516_202339_copy_1024x76820230517_202247_copy_1024x768






これにて久米島の外食生活ともお別れです

どれもボリューム満点で美味しかった〜

この6日間で絶対太ったやろな・・・
20230517_204155_copy_1024x768






あ、後で知りましたが

亀吉さんにはこんな裏メニューもあるみたい
(ほんとにメニューの裏に載ってた)
Gallery_1684303041975_copy_1024x768






次に行く時は食べてみたいと思います

【Skipサービス終了】この先、ANAのチェックインはどうなるのか?

ANAのSkipサービスが終了して2ケ月ほどが経ちました

実は復路のフライトでANAを利用するのは

Skipサービス終了後、今回がはじめて

てことで今回は

新千歳空港のチェックインの流れをご紹介します
Gallery_1684831711600_copy_1586x2115Gallery_1684831696940_copy_1586x2115








※チケットは個札(お客様の名前が記載されたチケット)を前提としています
※私もはじめてなのでこれがベストのやり方かは分かりません!


まずANAさん的に大前提なのが

チェックインはオンラインで!

ってことです

利用便の24時間前からチェックイン可能

お客様にお渡しする“eチケットお客様控”

の右上にもチェックインについての説明が記載されています

IMG_20230524_154757_copy_1720x768




オンラインチェックインの方法は2通り

ANAのHP(ブラウザ)
ANAのアプリ


断然、アプリの方が便利です

理由はブラウザだとQRコードを呼び出すのに手間がかかるから

まぁスクショでも対応可能なんですけどね

とにかくQRコードがスマホに表示できればいいわけです

お客様に“ウエブチェックイン”と説明してもあまりピンとこないと思います

ゴールは

“QRコードをゲットする事”

ってイメージしてもらえればいいんじゃないかな?

もちろん予約が同じだったら

グループの誰かがでまとめてチェックインすることも可能
(追加予約などで航空券の予約が分かれている場合は不可)

でもそうするとオンラインチェックインした人のスマホに全員分のQRコードが登録されるので

・荷物を預けるとき
・保安検査場を通過するとき
・ゲートを通過するとき


ってQRコードをかざすタイミングで

そのスマホを持っている人がいちいち画面を出さないといけないので

あまりおススメはできません

スマホを持っていないお子さま連れの家族旅行とか大変な訳です・・・


なので大人の皆さんは

個人個人でオンラインチェックインするのがベスト
(スクショを撮ってラインなどで送る手もあります)

まぁご夫婦とかは一緒でいいと思います


オンラインとかよーせんわ!

ってお客様は空港に着いてからチェックイン

チェックインの方法はこれまた2通り

ー動チェックイン機(2番カウンター)
⇒人カウンター(5番カウンター)


優先順位としては自動チェックイン機に案内

何らかの事情で地上係員と直接やりとりしたい場合は

5番の有人カウンターへ
20230521_112359_copy_1024x76820230305_065329_copy_1600x1200






自動チェックイン機は高齢のお客様にはハードルが高い

ってイメージを持っている添乗員さんが多いようですが

全然大丈夫です!

そもそも誰でも使えるように作っているわけですから(笑)

最初の画面で「確認番号またはeチケット番号」を選択

次の画面で「確認番号」を入力してもらえば

あとは次へ次へを押して進めば完了です
20230521_112329_copy_1712x140120230521_112337_copy_1585x1256







最初の画面でどこを選択するの?

確認番号ってどこに書いてんの?

ってところでつまづくことが予想されますが

確認番号さえ入力できたら

あとは画面操作に従うのみ!

大丈夫、日本語が読めたらちゃんとできますから(笑)


確認番号と航空券番号が紛らわしいので

マーカーで線とか引いておいたら良かったな・・・

IMG_20230524_214848_copy_1024x1465








自動チェックイン機を利用する際は必要な人だけ並んでもらって

他のお客様は広い場所で待機してらもったほうが良さそうです・・・
20230523_130039_copy_1024x76820230523_130128_copy_1024x768






オンラインチェックイン済み
(スマホにQRコードが保存されている方)

もしくは

自動チェックイン機でチェックイン済み
(紙の搭乗券が発券されます)

のお客様は3番で荷物を預けます

正直、この自動手荷物預けのほうが

慣れない旅行者にとっては操作が難しいです・・・

私でも毎回ドキドキしますから(笑)
20230523_130133_copy_1024x768






この手荷物預けの3番がいつも混んでいるんですよね

混雑時は3番に並ぶ人、2番でチェックインする人って分かれたほうがいいかも

例えば

お父さんが並んでいる間に

お母さんが自動チェックイン機で発券

チケットをゲットしたら並んでいるお父さんに渡して

お母さんは空弁やお土産を買いに♪

あとは保安検査場の前に〇時に集合!

みたいな(笑)


ちなみに4番は大型の特殊な荷物を預けるカウンター

3番が混んでいる場合はこちらへ誘導されます
20230523_130211_copy_1024x768






どうしても有人カウンターでチェックインしたい方は5番へ

名前が記載されていないT/C名義のチケットもこのカウンターでチェックイン

20230523_130202_copy_1024x768






最初からこのカウンターにお客様を並ばせる添乗員さんもいるようですが

ANAさん的には困っているようです・・・
(対応はしてくれますが)

だってANAさんはこのカウンターが混まないように

オンラインチェックインを導入した訳ですからね

ANAさんは

予約→チェックイン→荷物預け→保安検査場通過→搭乗

この流れをすべて

手のひら(スマホ)操作

で完結してもらいたいのです




さらに困っているのは

ちょっと離れた場所に8番カウンターという

団体チェックイン用のカウンターがありまして

ここにお客様を案内する

もしくは添乗員がまとめてチェックインを頼みにくるケースがあるようです
20230523_132804_copy_1024x76820230523_132834_copy_1024x768






この8番は修学旅行や団体名で予約をしているグループなどを扱うカウンターで

個札で発券されている一般の募集ツアーのお客様は基本的に対応していません

“団体”と書かれているからと言って

ここにお客様を連れていかないように注意しましょう

修学旅行などの“団体”

個札を利用している“団体”とは

“似て非なるもの”だということです

まぁ勝手がわからない私みたいな本州の添乗員は戸惑いますよね・・・

そんな添乗員さん用に動画を撮ってきましたので

新千歳空港を利用する際は参考にしてください



ただこれはあくまでも現時点でのお話しで

この先また状況が変わるかもしれませんし

その時の混雑状況でも変わるかもしれません

もちろん空港によっても対応が異なると思います


ご不明な点は現場の地上係員さんにお尋ねください


怖いのは自動チェックイン機がなくなったあとやね

この自動チェックイン機は本来は撤去される予定でしたが

現在は完全オンライン化に向けての猶予期間として置かれているだけなのです

これが撤去されるまでの間に

添乗員さんも旅行者も

オンラインチェックインに慣れておきましょう!


せっかく旅行支援も終わりが見えてきたのに

またこれからお客様とスマホの格闘が始まるのか・・・

定山渓・登別と積丹半島ツアー3日目♪

早いものでツアー最終日

今朝はちょっとトラブルがありまして

お客様からの電話で起きました

時計を見ると5時30分

「あ、添乗員さん?起きてて良かったー」

っていやいや

もちろん寝てましたけど!!
(寝坊したかと思って心臓止まりかけたわ!)


寝起きでも起きてたかのように電話に出れるのは

添乗員として最低限のスキルですからっ!(笑)

まぁそんな話しは置いといて

最終日は室蘭市へ向かいます

まず最初に向かったのは

“地球岬”


初めて行く観光地です

駐車場からなだらかな坂道を上がると

インスタ映え?する展望所
20230523_094754_copy_1024x76820230523_095156_copy_1024x768






景色はこんな感じ

灯台までは降りれません
20230523_095207_copy_1024x768






元気な方はさらに上にも展望台があるので登ってみましょう
20230523_095537_copy_1024x76820230523_095743_copy_1024x768






さらに上にはなんかの鐘があります

岬と鐘ってどこ行ってもセットですよね(笑)

今日は昨日と違って天気は快晴!

地球が丸く見える岬だから“地球岬”かと思いきや

アイヌ語の“チケプ(断崖)”が語源らしい
20230523_095824_copy_1024x76820230523_100222_copy_1024x768






駐車場と展望所の間にトイレがありますが

青いボタンを押さないと水が出ないので注意です
20230523_095358_copy_1024x768










お次は

“白鳥大橋展望台”

ここも初めて

てかガイドさんもドライバーさんも初めて

ってほどマニアックなスポットです

駐車場から115段ほど上がると展望台があります
20230523_102647_copy_1024x76820230523_103317_copy_1024x768






20230523_103311_copy_1024x76820230523_103430_copy_1024x768






めっちゃカッコいい橋ですね

東日本最大の吊り橋で全長1380mだそうです
20230523_103611_copy_1024x76820230523_103918_copy_1024x768






トイレはあるっちゃーあるんですが

誰も使ってなかった・・・

地球岬で必ず行っておいてもらいましょう



これにて3日間の行程はすべて終了

一番早く帰るお客様の便に合わせて新千歳空港へ向かいます

3階のレストラン街

地域クーポンが使えるお店も多いですが

やっぱり電子のみ利用可のお店がほとんどでした
20230523_135504_copy_1024x76820230523_135537_copy_1024x768






20230523_135630_copy_1024x76820230523_135355_copy_1024x768






今回は一番早い伊丹便が14時

一番遅い関空便が16時05分のフライト

添乗員さんは一番遅い関空便で帰ります


昼食は何食べよっかな?

今日も豚野郎丼でも良かったんですが

1階の天丼てんやで“海宝天丼(1050円)”を食べてみました
20230523_142922_copy_1024x76820230523_142945_copy_1024x768






空港店限定メニュー

ってところに惹かれたんですが

ん〜コスパ的にはどうなんやろ・・・
20230523_141210_copy_1024x768






さて、保安検査場を通過した先でも

地域クーポンが使えるお店はあります

ANAFESTAはここでも紙クーポンの利用が可能

ほんとANAFESTAはスマホ操作の苦手な旅行者の強い味方です

1050円で天丼食べるなら

1100円で石狩鮨でも良かったな・・・
20230523_154649_copy_1024x76820230523_154603_copy_1024x768






なんてよだれを垂らしてボーっとしてたら

到着した飛行機から後輩のよねちゃんが降りてきた(笑)

これから定山渓・ニセコツアーだそうです
20230523_153923_copy_1024x768






ほんま現地添乗員さん足りんのやね・・・

お客様は41名だそうです

今日から3日間頑張ってね♪

定山渓・登別と積丹半島ツアー2日目♪

ツアー2日目は積丹半島へ向かいます

途中、ニッカウヰスキー余市工場の前を通り

余市町の道の駅

“スペースアップル余市”でトイレ休憩です

スペースアップルというわりに

トイレのスペースはかなり狭い・・・

売店ではクーポンは紙・電子両方OKでした
20230522_092405_copy_1024x76820230522_092446_copy_1024x768






隣には“余市宇宙記念館”があります

余市町は宇宙飛行士の毛利衛さんの出身地なのです
20230522_092850_copy_1024x768






積丹半島の観光は2ケ所

まずは“神威岬(かむいみさき)”

2回目ですが、前回は悪天候で通行止めだったので

実質初めての観光地です
20230522_111011_copy_768x102420230522_110330_copy_768x1024








指示書は“自由散策”の4文字で完結・・・
(これ添乗指示ですか?)

所要時間は60分

先端まで行くには時間が足りないし

女人禁制の門あたりまでだと時間が余るし

なんとも中途半端・・・
(企画担当者の意図やいかに)
20230522_104439_copy_1024x76820230522_104721_copy_1024x768






ってことでお客様にも中途半端に引き返してもらいました・・・
(頑張って先端まで行った方も2、3名おりました)
20230522_105447_copy_1024x76820230522_105855_copy_1024x768






ちなみに駐車場のそばにある“カムイ番屋”

ここはクーポンの利用はできませんでした
20230522_111342_copy_1024x76820230522_111231_copy_1024x768






神威岬はこんな感じ↓


お次は“島武意(しまむい)海岸”

ここは以前、神威岬の代替で来た事があります

トンネルを抜けた先に展望台があります
20230522_115420_copy_1024x76820230522_115914_copy_1024x768






下まで降りれるんですが

ここも所要時間40分だと時間がタイト

中途半端に引き返してもらいました・・・
20230522_120232_copy_1024x76820230522_120036_copy_1024x768






展望台だけなら40分もいらんし

下まで降りるなら40分じゃ短いし・・・

なんか今日の空模様と同じで

なんともスッキリしない積丹半島なのでした・・・

島武意海岸はこんな感じ↓


このあと小樽で自由散策&自由昼食

ヴェネツィア美術館の横のカフェテラス

建物自体なくたってしまったんですね

綺麗に更地になってた・・・
20230522_133147_copy_1024x76820230522_133206_copy_1024x768






シャッターを閉めてるお店も多いし

なんか小樽も寂しくなりましたね・・・
20230522_133306_copy_1024x76820230522_133429_copy_1024x768






さて、昼食はどこで食べますかね?

近くには焼肉ライクはないようですが

グーグルマップを見てみると

バスの駐車場のすぐ近くに

手ごろな中華料理のお店ができてるじゃないですか!

さっそく行ってみました

中華食堂なると軒

小樽では老舗の“なるとキッチン”系のお店のようです
20230522_134513_copy_1024x76820230522_134525_copy_2000x1500






名物の若鳥半身揚げを食べるほど

お腹にも予算にも余裕はないので

小樽名物“あんかけ焼きそば(890円)”をオーダー

これ、めちゃ美味しかった!!!
20230522_135213_copy_1024x768






ほんと駐車場のすぐ裏なのでおススメです
(うちのバスガイドさんもここで食べてた)


このあと一気に登別温泉まで移動

今夜のお宿はこれまた定番のお宿

石水亭
20230522_180959_copy_1024x76820230522_174320_copy_1024x768






北海道で違うホテルに2泊以上する場合

地域クーポンは1泊目のクーポンから使いましょうね

昨日、鹿の湯でもらったクーポンは

明日には使えなくなりますから!!


久々の石水亭は

そんなに変わってなかった



定山渓・登別と積丹半島ツアー1日目♪

先日は沖縄の現地添乗員不足で久米島連添でしたが

同様の状況は北海道でも起きておりまして

今回は定山渓温泉と登別温泉に宿泊する

2泊3日の北海道ツアーの添乗です

伊丹を出るときはこんなに晴れてたのに
20230521_081537_copy_1024x768






新千歳空港に着いたらこんな感じ
20230521_102133_copy_1024x768_1






お客様の到着より3時間も早いフライトで現地入りしたので

まずはフードコートで腹ごしらえ

ユン家の食卓で“はみでる豚野郎丼(990円)”

新千歳空港ではほぼ毎回これ食べてる(笑)
20230521_112537_copy_1024x768Gallery_1684660072636_copy_1024x768






お客様が到着する前にクーポンが使えるお店をチェックしましょう

前回北海道に来たときはまだ紙クーポンでしたからね

現在はリージョンペイみたいな紙クーポンになっています
Gallery_1684740328882_copy_1024x76820230521_152647_copy_1024x768






“新 紙クーポン”らしい・・・(笑)
(シン・紙クーポンやろ!)

やっぱり紙のままだと使えるお店が少ない印象

ANA FESTAは両方OKでしたが

みんな考えていることは同じなので

このお店だけめっちゃ行列できてた・・・
20230521_152542_copy_1024x76820230521_152743_copy_1024x768






さて、そろそろお客様をお迎えしますかね

今回のお客様は

伊丹・関空・神戸・富山

4つの空港から飛んできます

合計17組40名様

小人数の久米島とはえらい違いだ(笑)

飛行機が到着する度

お客様を集めて再集合の場所を伝えて解散

最後のフライトが到着するまでこの繰り返しです

ANAとJALでは一度建物の外をまわらないと移動できません

めっちゃ面倒くさいんですけど!!

北海道の現地添乗員さんは毎回これやってるんでしょ

ほんと頭が下がりますわm(__)m
20230521_140026_copy_2000x150020230521_125713_copy_1024x768






最後のフライトは関空から飛んできます

なんか上空がめっちゃ混んでる・・・
Gallery_1684713877021_copy_810x1206








結局この便は30分以上遅れて到着

まぁ遅延には慣れっこですけどね!


全員揃ったら本日のお宿

定山渓温泉・ホテル鹿の湯

バスに乗ってる時間より

空港で待ってる時間の方が余裕で長かった・・・
20230521_204229_copy_1024x76820230521_193338_copy_1024x768






館内は一部リニューアル

前に居酒屋があった場所に

“鹿のSALON”ってオシャレなラウンジができてたし

サウナも綺麗になっていました

(てことはもうあのホッケ定食は食べれないのか・・・)
20230521_190807_copy_1024x76820230521_190815_copy_1024x768






現在の鹿の湯はこんな感じ↓


ちなみに北海道の地域クーポンは

リージョンペイのようなQRコード付きの紙クーポン

部屋ごとではなくグループ毎に発券です

こちらは6名グループ(3×2R)のお客様のクーポン

1枚で6人分くらいまで印刷できるようです
(2泊目は5個と1個に分かれてた)
IMG_20230522_222552_copy_1200x1744








QRコード1個で2000円(1000円)分の電子マネーとしてチャージができます

紙のまま使えるお店もありますが

やはり電子化しないと使えないお店が多いとのことです

クーポン申請をお客様自身で行う必要があるのは

全国でもこの北海道だけ

慣れない観光地も不安ですが

慣れない地域クーポンの場所も精神的に疲れるわ・・・

クーポンはホテル毎に発券なのでホテル毎に申請が必要なわけですが

1泊目の申請だけして2泊目はしてないお客様がけっこういました

確かにお客様の気持ちもよく分かります・・・

20分遅れて出発した飛行機が80分遅れて到着した結果・・・

久米島ツアー最終日の顛末記です

久米島空港から那覇空港で乗り継いで伊丹空港へ向かいます

那覇空港での乗り継ぎ時間は30分です

20230518_104314_copy_1024x76820230518_104433_copy_1024x768






搭乗待合室で搭乗を待っていると

那覇空港の天候が悪く

20分出発が遅れる見込み

さらに那覇空港へ離陸できない場合は

宮古空港へ向かうとのアナウンスが流れました

え、宮古島???

(いやいや、それなら久米島に戻ろうや・・・)

結局、那覇空港上空で雷雲が去るのを旋回しながら待ち

予定より80分遅れで那覇空港へ到着
Gallery_1684407018230






ほんま宮古島に着かなくてやれやれです

てか小さいプロペラ機なのに

そんなに飛べる予備燃料を積んでることにビックリやわ!

飛行機ってどれくらい予備の燃料積んでるんですかね?

こんな天候だし

那覇→伊丹も遅れているので

多少は待ってくれるやろ♪

と思ってたんですが

無慈悲に置いていかれた・・・


本来乗る予定だった便

到着した時点ではまだ離陸してなかったのに・・・


那覇空港に到着すると到着口までバス移動でした

無慈悲に置いていかれた乗客だけ別のバスに乗車

我々14名に一般客が2名いたようです

後続便の伊丹行きは

17:55→19:50

JAL2088便までないんですが

これは満席で乗れないらしい
(結局この便は伊丹に20:15に到着)

バスの中で

こんなんどーですか?

ってJALさん提案されたのは

羽田経由で伊丹へ向かうルート
20230518_125308_copy_1024x76820230518_125612_copy_1024x768







羽田経由ですと!?

じゃ、それで!!


ってことでとりあえず乗り継ぎカウンターへ向かい

お客様は30分後に再集合にして

その間にトイレ&昼食確保に向かってもらいました

あ、解散する前に

・乗れなかった搭乗券の回収
・手荷物引換証の番号を控える


この2点をお忘れなく!!
20230518_140103_copy_1024x76820230518_140120_copy_1024x768






この間に添乗員さんは急いで席割りです
20230518_132102_copy_2000x1500






こちら羽田までの空席状況

番号が書いてある席が残っている座席

まだポツポツ空いていますよね
Gallery_1684547890813_copy_1410x1057






なので羽田行きはなんとかまとまってもらえたけど

伊丹行きは見事にバラバラ

まぁ平日の羽田→伊丹ですからね

そりゃビジネスのお客様で埋まるわな・・・

きれーに空席ゼロやった(泣)
20230519_112135_copy_2000x1500






奇しくも羽田行きの出発時刻は

当初の伊丹空港到着時間と同じ

13:55でした(泣)
20230518_140402_copy_1024x768






大阪に帰るのに

飛行機は無常にも大阪を通り過ぎ羽田へ向かいます
(そりゃそーだ)
20230518_153812_copy_1024x768






でも機材は最新のエアバスだったので

今回はバッチリ尾翼ビューで空の旅を満喫できました
fotor_1684395798756_copy_1024x768






で、結局この便も遅れて羽田に到着
Gallery_1684407040067





さらに伊丹行きのフライトも30分遅れるようで

結局、羽田で50分くらい自由時間ができました
20230518_173035_copy_1024x768






見事に3便連続遅延!


まさか久米島の帰りに羽田に来るとは思わなかったな・・・
20230518_171001_copy_1024x76820230518_175601_copy_1024x768






添乗員さんはここでようやく遅めのお昼ご飯

というか早めの晩ご飯か・・・

“七だし屋”ってラーメン屋で

“七だし塩そば(950円)”

ん〜やっぱり神座は偉大だと感じた(笑)
20230518_172450_copy_1024x76820230518_171613_copy_1024x768






伊丹行きの機材はボーイング787−8って機材

個人用モニターはエアバスA350−900とほぼ同じ

映画も見れるんですが

機外カメラは搭載されていないようです・・・
20230518_181658_copy_1024x76820230518_181813_copy_1024x768







なんやかんやで

伊丹には無事に帰ってこれたんですが

到着したのは19時12分
Gallery_1684407060836







予定より5時間以上遅れての到着となりましたが

あの状況だと宮古島泊りや

那覇市内泊りになってた可能性もあったので

帰ってこれただけラッキーでした♪

素早く代替便の席を確保してくれたJALさん

素早くそれを受け入れてくれたお客様に感謝です

しかし5時間遅延は

さすがに疲れたわ・・・・・・

久米島滞在6日間ツアー♪

沖縄の現地添乗員の人手不足が続いているようで

先月に引き続きなんちゃって現地添乗員として久米島へ

前回は伊丹のお客様も関空のお客様も

那覇からは同じフライトだったのですが

今回は関空班が伊丹班より50分ほど早く久米島に到着

今回は関空9名様・伊丹9名様

合計10組18名様です
20230513_150231_copy_1024x76820230513_183337_copy_1024x768






ホテルは前回同様、久米島アイランド

先月に引き続きで気をつかってくれたのか

お部屋はリニューアルした

“スーペリアダブルルーム”を使わせてもらいました
20230513_220044_copy_1024x76820230513_220111_copy_1024x768






部屋の広さは前回のスタンダードツインの方が広いですが

1人で泊まるなら絶対こっちの方が快適やん♪

PC作業がはかどりそうな大きな机もあるし♪
20230513_220130_copy_1024x76820230513_220438_copy_1024x768






フロントがあるセンターボード(中央棟)と

ノースタワーの5階・6階がこのタイプのお部屋だそうです


ちなみにこちらは前回泊まったスタンダードツイン


===2日目===

はての浜ツアーへ

行きのグラスボートからはタイミングよく

アオウミガメを見ることができました


GW後以降のはての浜ツアーは

滞在時間が1時間から2時間に延長になるようです

ビーチにはパラソル(1セット3000円)などが設置されていました
(1セット3000円)
20230514_093920_copy_1024x76820230514_094656_copy_1024x768






滞在時間が長いので

ビニールシートとかおやつがあったほうがいいかもね

この日は天候が怪しく1時間半ほどで撤収

はての浜ツアーは波で欠航になることはありますが

多少の雨では催行するそうです
(グラスボートは見れるので)
20230514_093841_copy_1024x76820230514_104353_copy_1024x768








ホテルへ戻って午後はフリータイム

前回は気づかんかったけど

おろしスーパーでも地域クーポン使えたんですね
(紙のままでもOK)
20230514_140458_copy_1024x76820230514_140518_copy_1024x768






種類は少ないですが沖縄のおみやげもありました

個人的にルートビアも置いてるのが嬉しい♪

お客様のクーポン利用率は

ダントツこちらのお店が高かったようです
20230515_120617_copy_1024x76820230515_120639_copy_1024x768






===3日目===

昨日と打って変わってええ天気です
20230515_131428_copy_1024x76820230515_131959_copy_1024x768






20230515_152147_copy_1024x76820230515_152152_copy_1024x768






この日も時間が余ったので

“宇江城城跡(うえぐすくじょうあと)”へ行ってみました

“久米島のマチュピチュ”と呼ばれているとかないとか(笑)
20230515_153852_copy_1024x76820230515_154152_copy_1024x768






標高309m

久米島で一番高所の観光スポットだそうです
20230515_154449_copy_1024x76820230515_154354_copy_1024x768






階段が工事現場の足場みたいな感じなので

足元に十分気を付けましょう


16時すぎにタクシー観光から帰ってきたあと

添乗員さんだけ久米島空港へ

この日出発のお客様をお迎えするためです

はい、経費&人員節減のため

今日から添乗員さんは2本のツアーを掛け持ちです(笑)
20230515_181408_copy_1024x76820230515_182113_copy_1024x768






今回は関空2名・伊丹13名

合計9組15名様です

関空のお客様が到着したあと

伊丹のお客様を待つ時間が長いのがちょっと難点

夕方の久米島空港はほんと寂しいのです・・・



===4日目===

7:30 関空のお客様と一緒に空港へ

再びホテルへ戻り

9:30 伊丹のお客様と一緒に空港へ

再びホテルへ戻り

13:00 昨晩、久米島入りしたお客様とタクシー観光へ

今回は2日目が島内タクシー観光なのです

この日は朝からいい天気

今日がはての浜だったらよかったのにな・・・
20230516_130552_copy_1024x76820230516_143158_copy_1024x768






夜はたまった洗濯物を洗濯
20230516_210249_copy_1024x768






コインランドリー代

添乗員経費で落としていいですか?(笑)


===5日目===

この日から久米島は天気が崩れるらしい
20230517_105712_copy_1024x768






夜中もすごい風で

船が欠航になるんちゃうか?って心配しましたが

なんとか青空が顔を出してくれました

風はめっちゃ強かったけど・・・
20230517_085415_copy_1024x76820230517_091235(0)_copy_1024x768






今回は潮の関係でもともと滞在は1時間

少し端の方まで歩いてみたら

漂着物でけっこう汚れてた・・・
20230517_091823_copy_1024x76820230517_091748_copy_1024x768






この日は海水浴客もシュノーケリングをしている人もいませんでした


ホテルに帰ってきてもいい天気

結局、夕方にパラっと降った程度やったね
20230517_102746_copy_1024x76820230517_181753_copy_1024x768






===6日目===

予報通り夜中から雨が続いている久米島です

ゆーても今日は帰るだけ♪


7:30 関空のお客様と一緒に空港へ

再びホテルへ戻り

9:30 伊丹のお客様と一緒に空港へ

久米島の雨はそれほどきつくないけど

那覇が雷雨でけっこうヤバそう・・・

Gallery_1684373743499_copy_810x1056








はたして伊丹空港まで

無事に帰ってこれるのか???

関西空港4階の団体カウンターが消えていた件

関西空港へ行ってきました

今回はプライベートじゃなく仕事です(笑)

南海の車内も関西空港駅も

外国人観光でえらい混んでいました
20230513_103357_copy_1024x76820230513_104506_copy_1024x768






20230513_104453_copy_1024x76820230513_104548_copy_1024x768






国内線のJALカウンターは今でも常時開いてないんですね

早めに行って荷物を預けようと思ってたのに・・・
20230513_104939_copy_1024x76820230513_104949_copy_1024x768






4階へ行ってみましょう

団体カウンター(北)はスタッフは1人2人いたものの

こんな状態・・・
20230513_115002_copy_1024x768






で、南側に行ってみると・・・


え、カウンターないやん!!

前にPCRのカウンターがあった場所と

団体の受付カウンターがあった場所には

セルフチェックインの端末が置かれていました・・・
20230513_114313_copy_1024x76820230513_114334_copy_1024x768






団体はすべて北側で受付をするようです

ちなみに3つある出発口は

1と3だけ利用しているようです
(今は北・南って呼び方はしないみたい)
20230513_114342_copy_1024x76820230513_114348_copy_1024x768






こちらは昨年11月29日の関西空港↓


5月13日の関西空港(4階)はこんな感じ↓


お昼ご飯はもちろん3階のフードコートへ

以前は返却場所がわからない外国人に汚されていたフードコートはどうなっているでしょうか?

【関西空港】Tasty StreetがDirty Streetになっていると話題に



お、英語表記から3ケ国表記に変わってるやん
20230513_110245_copy_1024x768






なかなかの成長っぷりです(笑)
20230513_110232_copy_1314x1059







でもね

あんまり状況は変わってなかった・・・・・・・
20230513_111805_copy_1024x768






空港で働いている人がぼやいていました

今の関空はアジア系LCCの利用客ばかりなのでマナーが悪くなったって

確かにそうかも・・・

【今が満開!?】葛城高原つつじ園に行ってきました♪

一目百万本のツツジで有名な

大和葛城山へ行ってきました!

数年前に日帰りツアーのアサインが付いて

ビビッて下見に行ったあの葛城山です(笑)

葛城山に行ってきました♪【前半】

(2018年5月5日)

今回は完全プライベート

というかYouTubeを始めた時から

一度、タビトレ!で取り上げたいと思っていたのです

【撮影日】
2023年5月10日(水曜日)



ロープウェイのりばに向かう始発のバスに乗るため

早起きして近鉄阿部野橋駅

7:00の「吉野行き」特急か

7:10の「吉野行き」急行か

前回と同様に迷ったんですが

平日だと急行で問題ないと思います
(前回、特急に乗ってガラガラだったし)

急行は後ろ2両は古市で切り離しなので

前より4両に乗りましょう

尺土(しゃくど)駅でのりかえて

3駅で終点の近鉄御所(ごせ)駅

ここは必ず先頭車両に乗りましょう

近鉄御所駅に着いてから

いかに早くバス停に並ぶかが勝負だからです!
20230510_074414_copy_1024x76820230510_075658_copy_1024x768






この日は8:10の始発の前に

臨時便を出してくれました

ロープウェイのりばまでは15分もかからず到着

気合入れていった割に

ロープウェイのりばは全然混んでなかった・・・(笑)

有人の窓口以外に券売機もあるので

空いている方でチケットを購入しましょう

大人の運賃は片道950円/往復1500円
20230510_082156_copy_1024x76820230510_082203_copy_1024x768






前回は往復、登山道を歩きましたが

今回は行きはロープウェイ

帰りは登山道を利用

やっぱり色んな角度からタビトレせんとね
20230510_083718_copy_1024x76820230510_084817_copy_1024x768






葛城山頂駅の屋上展望台からは

大和三山をはじめ奈良盆地が一望できます
20230510_085300_copy_1024x76820230510_085322_copy_1024x768






ロープウェイを利用しても

つつじ園までは15分ほど歩きます

舗装された道ですが、もちろん上り坂なので

これがけっこうしんどい・・・

小鳥のさえずりを聞きながらのんびり進みましょう

20230510_090320_copy_1024x768







山頂周辺はこんな感じ↓
20230510_115938_copy_2000x1500






まずは葛城山山頂へ

ロープウェイを使っても

登山してきたかのように記念写真を撮りましょう
20230510_091929_copy_1024x76820230510_091759_copy_1024x768






山頂の広場とつつじ園は少し離れています
20230510_093036_copy_1024x76820230510_092637_copy_1024x768






つつじ園、上から見るか下から見るか?

まずは下から見てみましょう

向かいの丘が山頂や高原ロッジがある方向です
20230510_093508_copy_1024x76820230510_093528_copy_1024x768






20230510_093522_copy_1024x76820230510_094247_copy_1024x768






今度は反対の高原ロッジ側へ渡って

先ほどの場所を見下ろしてみましょう

どちらから見ても綺麗ですね
20230510_095739_copy_1024x76820230510_095820_copy_1024x768






展望デッキが多いのは高原ロッジ側
20230510_100327_copy_1024x76820230510_100840_copy_1024x768






ちょうど前日にNHKで

「今が満開を迎えています!」

って放送があったそうですが

ん〜・・・・・・

これ満開なんかな???

かなり色が褪せているような・・・

関西地方は2日前にかなり強い雨が降りましたからね

SNSにアップする際は

ちょっとコントラストや彩度を上げたほうが良さそうです(笑)

写真左:加工なし/写真右:加工あり
20230510_100025_copy_1024x768fotor_1683717141169_copy_1024x768






下りは登山道を使って降りてきました

11時頃に降りてきたんですが

この時間でもそれほど混んでいませんでした

でも週末はやっぱり整理券を配る予定だそうです
20230510_113809_copy_1024x76820230510_113820_copy_2000x1500






ちなみに観光バスの駐車場は

一番下の第4駐車場です

この日は1台だけしか止まっていませんでした
20230510_114354_copy_1024x768






位置関係はこんな感じ
78ddb6b1








こちらに第4駐車場からロープウェイのりばまでの導線を置いておきます


私は撮影用に早めに歩いて5分ほどで着いていますが

坂道なのでご年配のお客様だと10分ほどかかると思ってください

これから行かれる添乗員さんは頑張ってくださいね

そしてこちらがタビトレ版の動画です


超特急で編集したので

ほとんどテロップ・BGMがない動画ですが

かなり盛りだくさんな内容となっております

今週末に葛城山へ行かれる方はぜひ参考にしてみてください



それにしても登山道があんなにキツイとは・・・

登りにロープウェイを使ってほんと良かったです

皆さんもムリはしないほうがいいですよ(笑)
fotor_1683718153375_copy_1024x768







あ、近鉄御所駅に戻ってきたあと

前回と同じくカレーうどんで有名な

“入船”でランチを食べて帰りました
20230510_123542_copy_1024x76820230510_124923_copy_1024x768






日替わりのヒレカツ定食(800円)
20230510_124328_copy_1024x768






カレーうどんちゃうんかーい!!

ってツッコまれそうですが

こちらのカレーうどん

私の口には合わないのです・・・

ヒレカツは美味しかったですよ♪
(ご飯の量が多すぎなので注意)

中尊寺・東照宮と蔵王・松島ツアー3日目♪

ツアー3日目

今回お世話になっている観光バスは佐沼交通さん

毎度お世話になっているんですが

今回はちょっと変わった10列シートのバスでした

大型バスって11列か12列で

11列の方が座席のピッチが広いんですね

今回は10列なのでさらに広いってことですよ
20230506_074639_copy_1024x76820230506_074701_copy_1024x768






後ろ3列のピッチの広さがやばかった(笑)
20230506_074840_copy_1024x76820230506_074739_copy_1024x768






さらに全席コンセント付きで

さらにWi−Fi、AED完備って素敵すぎますやん!
20230506_074720_copy_1024x76820230506_143110_copy_1024x768






そんな快適なバスで日光へ向かいたいと思います

途中、“安達太良SA”でトイレ休憩

さすがウルトラマンのふるさと福島県

SAにもウルトラマンがいるんですね

これ、自販機で飲み物を買うと

ウルトラマンがなんか喋ります(笑)
20230506_094810_copy_1024x76820230506_094854_copy_1024x768






まずは毎度お馴染みの“磐梯ドライブイン”で昼食

ここは結構バスが止まってた
20230506_123530_copy_1024x768






東照宮は個人の拝観受付が一時的に混んでたくらいで

思ってたほど境内は混んでいませんでした
20230506_130442_copy_1024x76820230506_130536_copy_1024x768






そして外国人観光客がこれまでに比べめっちゃ少ない!

わざわざホテルの料金が高くて

日本人観光客が多いGWに来る必要ないですもんね
20230506_135529_copy_1024x76820230506_135307_copy_1024x768






これまではいつ行ってもこんな感じで外国人だらけでしたが


GWの今回はこんな感じでした↓


さて、これにて全ての観光が終了

日光も前日は混んでいたようですが

この日は比較的空いていたようです

結局、3日間でGWの洗礼を浴びたのは

初日の蔵王のお釜だけでした




帰りは“宇都宮駅”から帰ります

宇都宮駅を利用するのは初めてかも!

新幹線は西口側ですが、バスの乗降は東口側

乗降するには事前の予約が必要
20230506_162433_copy_1500x2000








新幹線の改札は1ケ所だけなので安心です
20230506_154336_copy_1024x76820230506_154341_copy_1024x768






すぐ近くに“松廼屋(まつのや)”って老舗の駅弁屋さんがあります
20230506_154410_copy_1024x76820230506_154538_copy_1024x768






“いっこく野洲どり弁当(850円)”が名物駅弁らしい

帰りの新幹線の中で食べましたが

確かに美味しかったです♪
20230506_154529_copy_1024x76820230506_183338_copy_1024x768






こちらは宇都宮駅の新幹線のホーム

ホーム上に売店はありませんでした
20230506_160615_copy_1024x768






東京までは山形新幹線つばさ88号

11号車から17号車の7両編成の短い新幹線ですが

7両でも停車位置は変わらないので

17号車はめちゃ遠かった・・・
20230506_160644_copy_1310x1261








動画で見るとこんな感じ↓


宇都宮駅から東京駅までは54分

あっという間に到着

東京駅の構内はさすがに混んでますね

中央のりかえ改札前の駅弁屋さん

レジ待ちの行列が・・・
20230506_174859_copy_1024x76820230506_175105_copy_1024x768






今回はじめて知りましたが

東海道新幹線のホームを降りたところにある待合室

この中に売店があって

そこでもお弁当が買えるんですね
20230506_175254_copy_1024x76820230506_175157_copy_1024x768






外から売店が見えにくいので利用する人が少ないみたい

お弁当を買うにはけっこう穴場かも
(うちのお客様はほとんど宇都宮で買われていましたが)
20230506_175203_copy_1024x768






東京駅からも行きと同様に団臨を利用

こんなGWの真っ只中に未使用のグリーン車

めっちゃもったいないな・・・
20230506_190837_copy_1024x768






この団臨は旅行会社3社で貸し切っているので

新大阪駅の南改札はえらいことになっておりました・・・
20230506_205115_copy_1024x768






話は変わりますが

団体ツアーではこれまで感染症対策として

お客様の検温を毎日行ってきましたが

5月8日からは検温も健康チェックシートの回収も不要に変わります

毎朝、受付時やバス乗車時に行ってきたまずらわしい検温も

今朝の検温で最後となりました

ちょっと名残惜しく・・・

なんてないわ!!!

こんなもの二度と触りたくもないし

お客様の検温とか

二度としたくないです!!
20230506_075447_copy_1024x768






この検温器は翌日行われる研修の際に会社に返却します

今後、この忌々しい検温器の出番がないよう

平和な世の中になって欲しいものです

中尊寺・東照宮と蔵王・松島ツアー2日目♪

ツアー2日目の観光は“松島”からスタート

丸文松島汽船の桟橋

めっちゃ混んでるやん!!!
20230505_092808_copy_1024x76820230505_092923_copy_1024x768






そんな行列を横目に

我々は小型の遊覧船はやぶさで待ち時間ナシで出航♪

いつもは

え、あの大きな船じゃないの!?

って突っ込まれるところですが

今回はお客様も優越感たっぷりでご乗船♪
20230505_092503_copy_1024x768






しかしすごい行列ですね

桟橋越えてますやん!!

でも前日はさらに混んでいたようです
20230505_09465120230505_095253_copy_1024x768






そんな桟橋の賑わいっぷりはこんな感じ↓


あ、松島に“五大堂”ってあるじゃないですか

そこに“すかし橋”って隙間が空いてる橋が架かっているんですが
20230505_100704_copy_1024x76820230505_100800_copy_1024x768






下をのぞき込んだらスマホが落ちてた!!

たぶん潮が満ちてた時に落としたんやろなー

渡る際は十分に気を付けましょう・・・
20230505_100812_copy_1024x768






松島の駐車場

自家用車はどこも満車でしたが

観光バスの駐車場は2台だけ

ちなみにロータリーでの乗降は不可でした
20230505_104319_copy_1024x76820230505_104238_copy_1024x768






このあとバスは岩手県の平泉へ

“平泉レストハウス”でまずはお昼ご飯

メニューは“ずんだ餅付き奥州いわいどり膳”ってことですが

あんまり鶏感はないね・・・
20230505_122920_copy_1024x76820230505_122831_copy_1024x768






添乗員さんはそば・うどん・カレーからチョイス

これすぐお腹すくやつや・・・・・・
20230505_124136_copy_1024x768






中尊寺の拝観受付は個人・団体の区別は表向きは書かれていませんが

4番窓口で優先的に受付をしてくれます
20230505_134749_copy_1024x76820230505_134811_copy_1024x768






金色堂は狭いので入るまでに少し待ちました
20230505_132810_copy_1024x76820230505_132840_copy_1024x768






本堂では参拝だけじゃなく手水にも行列ができていましたね

日本人ってほんと律儀です
20230505_141333_copy_1024x76820230505_141420_copy_1024x768






これにて本日の観光は全て終了

中尊寺の周辺もそれほど混んでいなかったので

予定通りのお宿入り

今夜のお宿は作並温泉

La楽リゾートホテル グリーングリーン

お部屋はいつもの和洋室じゃなく和室でした

こんな和室もあったんやね
20230505_182444_copy_1024x76820230505_170759_copy_1024x768






グリーングリーンといえば

牛タン食べ放題!!
20230505_173803_copy_1024x768






ほんと幸せ♪

中尊寺・東照宮と蔵王・松島ツアー1日目♪

2023年のゴールデンウイーク添乗です

昨年はアルペンルートでしたが

今年は新幹線利用の東北3日間

お客様は13組29名様

新大阪駅も朝早くからいい感じに賑わっていますね

20230504_071922_copy_1024x768IMG_20230505_085656_copy_1024x768







行きは東京駅まで団体臨時列車

通称“団臨”と呼ばれる新幹線を利用

一般客は利用できません
20230504_075839_copy_1024x76820230504_075831_copy_1024x768






乗車案内にはこんな感じで表示されます
(左:新大阪駅/右:京都駅)
20230504_080001_copy_1024x76820230504_082521_copy_1024x768






一緒に乗っていた後輩のやなぎー・もみさん・ひょうたは新横浜で降りていきましたが

我々は東京駅から東北新幹線にのりかえです

昼食は東京駅で各自購入してもらいました

こちらは北側(中央のりかえ口側)の売店
20230504_110502_copy_1024x768






種類は豊富ですが、お手軽なサンドウィッチなどは売り切れていました
20230504_110600_copy_1024x76820230504_110604_copy_1024x768






東京駅からは“やまびこ59号”に乗車
20230504_112811_copy_1024x76820230504_112802_copy_1024x768






ホームでは駅員さんがこんな看板をあげてくれていました

これ助かる!!
20230504_112842_copy_1024x76820230504_112744_copy_1024x768






東北新幹線って先発・後発で並ぶ列も分かれているから

乗車位置が分かりにくいんですよね
20230504_110351_copy_2000x150020230504_110356_copy_2000x1500






添乗員さんの今日のランチは

東京駅で購入した“深川めし弁当”

ボリュームは少な目ですが、味は良かったです♪
20230504_110030_copy_1024x76820230504_120343_copy_1024x768






下車駅は“白石蔵王(しろいしざおう)駅”

初めて利用する駅です
20230504_133213_copy_1024x76820230504_133115_copy_1024x768






このあと本日唯一の観光地

“蔵王のお釜”を目指しますが

蔵王エコーラインは大渋滞

グーグルマップで見たらこんな感じ・・・

Gallery_1683288451555






駅から直行で行ける予定でしたが

あまりに混むので途中のこまくさ平でトイレ休憩
20230504_153104_copy_1024x768






17時にゲートが閉まるのに

レストハウスに着いたのは16時36分でした・・・
(結局30分延長してくれた)
20230504_165911_copy_1024x76820230504_164338_copy_1024x768






蔵王のお釜なんて何年ぶりやろ?

たぶんこれが最後だから10年以上ぶり!(笑)

東北大周遊ツアー2日目♪

(2011年8月22日)

ここまで来ても見えないことも多いお釜ですが

この日は綺麗に火口を見ることができました
20230504_164551_copy_1024x76820230504_164913_copy_1024x768






このあとホテルまで直行

今夜のホテルは仙台市内の“江陽グランドホテル”

はじめて宿泊するホテルですが

館内の調度品がめちゃインパクトありますね
20230504_205135_copy_1024x76820230504_184530_copy_1024x768






ここはタイタニック号の船内か!
(乗ったことないけど)

ってほどアンティークな調度品が所狭しと置かれています
20230504_184758_copy_1024x76820230504_184700_copy_1024x768






なんかオペラ座の怪人でも出てきそうですね(笑)

これらの品々は先代の会長の趣味で

海外から直接取り寄せたものだそうです
20230504_184544_copy_1024x76820230504_184549_copy_1024x768






このスフィンクスはかなり古そうですね

これ、持っていたらあかんやつやったんちゃう?
20230504_184559_copy_1024x768






ルームキーのキーホルダーも独特な形状

これ、ゴルフのグリップがモチーフだそうです

先代の会長、きっとゴルフも好きなんでしょうね・・・
Gallery_1683244344749_copy_1024x768






部屋はいたってシンプルなデザインでした
20230504_204839_copy_1024x76820230504_204809_copy_1024x768






さて、今夜は完全自由夕食

お客様はホテルでもらった牛タンマップを片手に

夜の街へと消えていきましたが
Gallery_1683287776394_copy_1024x768






添乗員さんは何たべますかね?

1人で気兼ねなく入れて手ごろなお店といえば・・・



焼肉ライク!!

たまたまホテルのすぐそばにあったんですよ

ほんま焼肉ライクとは

運命の糸で結ばれてる気がする(笑)

今回は“Wカルビセット+牛ホルモン単品”

1560円でした
20230504_212500_copy_1024x76820230504_210054_copy_1024x768






せっかくの仙台市内泊り

夜のアーケード街をブラブラ歩きたかったけど

眠気の限界!!
20230504_212932_copy_1024x768






昨日、同窓会から帰ったのは0時前

それからYouTubeの動画の編集をしたので

2時間しか寝てないんですわ・・・

【GWの京都】京都の観光地は本当に外国人観光客だらけなのか?

ゴールデンウイーク後半戦の5月3日

夜に四条烏丸で高校時代の同窓会があるので

それまでの時間を活用して

京都の観光スポットを撮影してきました

添乗員がGWに働かんといつ働くねん!

って突っ込まれそうですが

たまたま休みだったんですよ

ほんとたまたま(笑)

で、時間がないので撮影するのは

東・西・南の人気観光スポット3つに絞りました

まず最初に向かったのは南の横綱

“伏見稲荷”
20230503_111210_copy_1024x76820230503_112552_copy_1024x768






この日は“稲荷祭”の開催日だったようで

色んな意味で混んでいました

でも日本人の団体ツアー客は少なかったですね

バス乗降所のおっちゃんも

今日はバス少ないわー

ってぼやいてました


お次は東の横綱

“清水寺”

ここは想像通りの混みっぷり
20230503_122925_copy_1024x76820230503_123119_copy_1024x768






外国人観光客も多いけど

日本人もやっぱり多い

気温が上がってきたせいか

思ったほど着物姿の観光客は少なかったように感じました
20230503_123654_copy_1024x76820230503_124023_copy_1024x768






20230503_125153_copy_1024x76820230503_125203_copy_1024x768






清水の舞台ではちょうど空に

“環水平アーク”って現象が出現

たぶん太陽のまわりにはハロが出ていたはずなのに見逃した・・・

なんだかいいこと起きそうですよね♪
20230503_125446_copy_1024x76820230503_125458_copy_1024x768






20230503_130740_copy_1024x76820230503_130356_copy_1024x768






ちなみに観光バスの駐車場はこんな感じ

やっぱりここも少なかったです
20230503_123217_copy_1024x768







最後は西の横綱

“嵐山”

トロッコは2時間先まで満席

保津川下りは現在も運行中止です
20230503_145234_copy_1024x76820230503_145251_copy_1024x768






渡月橋は東側の渡月橋交差点の信号が赤になったときに停滞するくらいで

入場制限とかは特に出ていませんでした
20230503_152632_copy_1024x76820230503_153954_copy_1024x768






でもボートの数が凄かった

今から壇ノ浦の合戦かっ!

ってほどボートが出陣していました
20230503_153553_copy_1024x76820230503_155236_copy_1024x768






レストラン嵐山の駐車場にはバス4台・・・
20230503_152145_copy_1024x768






この3ケ所をふりかえると

京都の観光地は

日本人の個人客は多い

外国人のツアー客も多い

でも日本人のツアー客は少ない


って印象でした

そんな京都の様子を35分の動画にまとめました

初めて撮影・編集・アップロード

すべてスマホで完結させた動画なので

めっちゃグダグダな編集となっております・・・

でもまー今の京都は伝わるのではないでしょうか?


あ、この動画では途中から後輩のよねちゃんが友情出演しております

GW渋滞で道が混む中

日帰り添乗ご苦労様でした
20230503_155652_copy_1024x768






さて、翌日からは私もちゃんと添乗に出ます

はたして無事に終えられるのか・・・

【東京駅のりかえ】東京駅から羽田空港までの行き方

羽田空港ネタが続きますが

今回はJR東京駅から羽田空港まで

東京モノレールを使ったアクセス方法です

ちなみに東京駅から羽田空港まで

鉄道を使ったルートは

”弊遽悗乃急にのりかえ
浜松町駅で東京モノレールにのりかえ


の2パターンが考えられます

関西の添乗員がモノレールで羽田空港に行く機会なんてあるかいな!

と思われるかもしれませんが

あるんですよ

こんなことも・・・

東北秘境ツアー5日目♪

(2008年5月25日)

まぁ20年に1回あるかないかのトラブルでも起こらん限り

お客様を連れて移動する機会はないかもしれませんが

プライベートでも普通に

東京→羽田空港ってありえる移動なので

改めてタビトレ!していきましょう

まずJR東京駅

めちゃ大きいですよね
(当たり前か)

仕事で在来線のコンコースを歩くことってほとんどありません
(昔よく出てた東京ドーム観戦ツアーくらいか?)

在来線のホームは八重洲側から丸の内側へ

10〜1番ホームと並んでいます

通路は北通路・中央通路・南通路の3本です
20230428_112114






浜松町へは5番ホームの山手線か

6番ホームの京浜東北線に乗車

同じホーム上なので来た電車に乗ればいいと思います
20230426_082135_copy_1024x76820230426_082223_copy_1024x768






山手線だと各駅なので3駅

京浜東北線は各駅で3駅

快速だと1駅なのでこれがオススメ
20230426_082126_copy_1024x768







浜松町駅に着きました

けっこうホームが狭いです

南口と北口がありますが

[南口・モノレール]の案内表示に従って進みます
20230426_083204_copy_1024x76820230426_083211_copy_2000x1500






モノレール専用のりかえ口へ進みます

足元にも大きくモノレールと書かれているので安心です
20230426_083741_copy_1024x76820230426_083647_copy_1024x768






普通と空港快速がありますが

必ず空港快速に乗りましょう

快速はほぼ10分間隔で運行しているので

混んでいる場合は次発を待ってもいいかも
20230426_084057_copy_1024x76820230426_084243_copy_1024x768






モノレールなので車内はかなり狭いです

しかも大きな荷物の乗客が多いしね

荷物置き場はあるけどやっぱり狭い・・・

よくまーこんなところを42名連れて移動したわ(涙)
20230426_084335_copy_1024x768






モノレールで羽田空港

とひとくちに言っても

降りる駅が3つあります

ターミナルにそれぞれ駅があるので

降りる駅を間違えないよう注意しましょう

今回は終点の“羽田空港第2ターミナル駅”で下車
20230426_091148_copy_1024x76820230426_091220_copy_1024x768






利用するフライトの出発口によって

北側のA・Bは北出口

南側のC・Dは南出口

と分かれています
20230426_091132_copy_1024x768






ちなみに第1ターミナル駅では

北ウイングは北出口

南ウイングは南出口

第3ターミナル駅は

出発フロアが3階改札

到着フロアが2階改札

駅に着いても油断しないように注意しましょう!


ちょっと不安ですか?

大丈夫、方向音痴さんの強い味方

タビトレ!があるじゃないですか!!


東京駅から羽田空港まで移動する際

ラッシュ時に無理やり撮影した動画なので

かなり雑な映像です

予めご了承くださいませ・・・m(__)m

【羽田空港バス駐車場】T2の駐車場が消えていた件

さて、前回は添乗員目線で羽田空港を動画でじっくりご紹介しましたが

肝心なポイントが抜けていましたよね

そう

観光バスの駐車場

これ、添乗員にとってはめっちゃ大事

特にガイドさんの同行がないツアーだとなおさらです

でも安心してください

ちゃんと見てきましたから!


まずJAL側のT1

ここは1階に到着したら

中央よりの出口から外に出て

横断歩道を渡るだけなのでラクちんです
20230426_124959_copy_1024x76820230426_125042_copy_1024x768






動画でみるとこんな感じ↓


問題はT2ですよ

ここは添乗員さんしっかり見て下さいよ

まず、今まで使っていた駐車場

現在工事中で使えなくなっているんです!!
20230426_103039_copy_1024x768






これ、知らんとお客様連れて行ったらビックリしますよね

富山駅の惨劇が思い出されます・・・

富山駅に着いたら駐車場が消えていた件

(2020年1月26日)

現在は1階の駐車場は使えないので
(恐らくこの先も使えないと思います)

1階に到着したら

中央よりのマーケットプレイスまで歩き

エスカレーターで2階へ
20230426_104636_copy_2000x150020230426_104035_copy_1024x768






そこからターミナル内を歩いてもいいし

外から移動してもいいです

観光バスの駐車場は両サイドにあるそうですが

南側だと7番出口を出たところにありました
20230426_103803_copy_1024x76820230426_103459_copy_1024x768






これ、けっこう距離が長いので

お客様が多い場合は要注意です!!

動画で見るとこんな感じ↓


そして最後はT3

まぁここは関西の添乗員なら使うことはないかな?

到着口からも近いので全然問題ナシです

写真は撮っていませんが

一応、動画は撮っておきました↓


羽田空港を利用する添乗員さんだけでなく

羽田空港利用のツアーにご参加のお客様も

添乗員さんを見失う前に

タビトレ!でイメトレしておくことをおススメいたします(笑)

【大都会東京】4年ぶりに羽田空港へ行ってきました♪

先日、連休を利用して羽田空港へ行ってきました

別に羽田空港からどこかへ旅行へ行くわけではなく

旅行の目的地として羽田空港へ行ってきたのです(笑)

羽田空港に行くのは恐らくこのツアーぶりかな?

伊豆の仏像めぐりと東寺展ツアー・1日目♪

(2019年5月28日)


まずはJAL側の第1ターミナル(T1)
20230426_112140_copy_1024x768






T1は出発方面で南ウイング北ウイングに分かれています
(T2は〇〇ウイングって呼ばないのは何か訳があるのか?)

南ウイングの旅行会社のカウンターは1番
20230426_133231_copy_1024x768






北ウイングの旅行会社のカウンターは18番

団体受付は隣の19番カウンターでした
20230426_121501_copy_1024x76820230426_121514_copy_1024x768






羽田空港の集合場所として使われる

“出会いのひろば”

第1ターミナルにも1階に出会いのひろばがあります

南ウイング➡“出会いのひろば南”

北ウイング➡“出会いのひろば北”
20230426_134534_copy_1024x76820230426_135118_copy_1024x768







そんなT1を添乗員目線で歩いてみました↓



お次はANA側の第2ターミナル(T2)
20230426_093748_copy_1024x768






団体受付は14番

旅行会社のカウンターもその横にありました
20230426_100238_copy_1024x76820230426_094247_copy_1024x768






さらにその横には大きなシャッターが・・・

これナニ???

20230426_100240_copy_1024x768






このシャッターの向こうは

ANAの新しい国際線ターミナルだそうです

オープンしてすぐコロナで閉鎖してしまったんだとか・・・

現在はテレビドラマやCM撮影のロケ地として重宝しているそうです
(最近だとUNIQLOのCMにも起用されているらしい)

ANAの国際線は以前と同様

第3ターミナルで手続きをしておりました


さて、第2ターミナル1階にも

出会いの広場は2ヶ所ありまして

北ターミナル➡“出会いのひろば1”
(出口は1・2・3)

南ターミナル➡“出会いのひろば2”
(出口は4・5・6)
20230426_104408_copy_1024x76820230426_104514_copy_1024x768






待ち合わせの際の混乱を避けるため

T1は“南・北”

T2は“1・2”

と呼び分けているようです


そもそもの名称を変えた方がいいような・・・
20230426_104607_copy_1024x76820230426_104636_copy_2000x1500






そんなT2を添乗員目線で歩いてみまいした↓


国内線のターミナルを歩いたあとは

時間がないので羽田大勝軒でサクッとランチ

あんまり口には合いませんでした・・・
20230426_132306_copy_1024x76820230426_131042_copy_1024x768








最後は国際線の第3ターミナル(T3)

旅行会社のカウンターはYZだそうです

Zカウンターでは他社さんがカナダツアーの受付をしていました
20230426_154515_copy_1024x76820230426_154407_copy_1024x768






T3の2階

出発フロアはいたって普通のフロアなんですが

4階、5階エリアはもはや空港ではない(笑)

これ、ちょっと足を踏み入れたらえらいことになりますよ!

出発の前ではなく

到着してから時間のある時に散策しましょう
20230426_153235_copy_1024x76820230426_153343_copy_800x600






20230426_153217_copy_1024x76820230426_153507_copy_1024x768






20230426_153112_copy_1024x76820230426_153141_copy_1024x768






20230426_153119_copy_1024x76820230426_152832_copy_1024x768







これだけでもかなりのボリュームなんですが

T3にこれまた凄いエリアができてました

今年の1月にオープンしたばかりの新しいエリア

その名も

“羽田エアポートガーデン”

どこかで聞いたことのある名称とロゴだと思ったら

京都の“河原町ガーデン”と同じ

住友不動産が運営会社でした(笑)

リフレクションを効かせたエントランスに

何かと話題のストリートピアノ

SNS映えてんこ盛りで気合いが入っています
20230426_162539_copy_1024x76820230426_162704_copy_1024x768






20230426_162244_copy_1024x76820230426_162045_copy_1024x768






規模も大きくて空港にいることを忘れてしまいそうです

これ、普通に街中のショッピングモールですよ!!


でも設備はめっちゃ気合い入ってるのに

そこに入っている飲食店がねー・・・

・どうとんぼり神座(かむくら)
・みそカツの矢場とん
・中華料理の梅蘭


って梅田の三番街で食べれる店ばっかりやん!!(笑)


そんなT3を添乗員目線で歩いてみました↓


こんなこと言ったら田舎者みたいですが

東京ってやっぱり凄いわ!

関空や伊丹に比べ規模がまるで違う!

この3本の動画だけでもたいがいの所要時間ですが

これ、国内線のマーケットプレイスとか

エアポートガーデンの1階を歩いていなくてこれですからね

すべて見て歩いてたら1日かかりますわ・・・


「田舎の学問より京の昼寝」

とはよく言ったもので

やっぱりネットやガイドブックの情報だけじゃなく

実際に現地に行って得られるものは大きいと実感しました

それでも時間がないよ!

って方には

今すぐタビトレ!でイメトレしましょう!


「田舎の学問より今日のタビトレ!」



旧プロフィール



フナッシュ

現役添乗員のフナッシュです
添乗員という仕事を通して添乗員業界、観光業界、そして世の中をもっともっと明るくしたい!!そんな熱い思いで絶賛更新中っ!
お問合せはコチラまで
tabitore888@gmail.com









アクセスカウンター
記事検索
カテゴリー
月別一気読み!
お天気
携帯でも見れるヨ!
QRコード
アクセス解析
用語解説
【フナッシュ】
このブログを書いてる人。京都生まれで京都在住

【YOC】
フナッシュが隊長を務めるアウトドアサークル。かなり不定期で活動中
入隊随時募集中(笑)

【センダー(センディング)】
ツアーの集合場所でお客様の誘導や添乗員のフォロー、チェックインなどを行う業務

【連添】
添乗から帰ってきた翌日にまた添乗に出ること
“北海道から帰ってきた翌日に沖縄”
“国内添乗から帰ってきた翌日に海外添乗”
なんて場合も・・・