アブシンベルでバースデーついに迎えた9月15日

そうです今日はフナッシュのバースデーでございます

すがすがしいバースデーの朝を迎えましたと言いたいところですが、朝から支給係とチップの事でモメてイライラしながらのスタートとなってしまいました

列車は終点のアスワン駅に予定より30分遅れで到着

古代の石切り場の見学のあと、エジプト最南端の町、アブ・シンベル280キロの大移動

この移動、ただの移動じゃなくて武装した警官が乗った車が観光客を乗せたバスを挟んで移動するんです。これを“コンボイ”って呼びます警察の車が挟むのかと思いきや、警官が最初と最後の観光バスに乗り込むらしい…

で、フナッシュのバスが先頭に選ばれマシンガンを持った警官が同乗。心強い反面『何かあった時一番早く襲撃に遇うやん!』って空気がバスの中に漂いながらも一路、砂漠の中をアブ・シンベルに向けて出発!見えてくるものは砂漠、砂漠、砂漠…途中砂漠の蜃気楼も見えました。確かに遠くに湖があるように見えます!

約2時間半かけてアブ・シンベルに到着、ホテル内でバイキングのランチの後、部屋で休憩。夕方からお待ちかねのアブ・シンベル神殿へ!

この時間はアブ・シンベルに宿泊している人くらいしかいないのでゆっくり見学できました外観もさることながら琥珀色のライトで浮き上がった内装のレリーフはなんとも言えない美しさでとても幻想的

いったんホテルへ帰って夕食を食べて今度はアブ・シンベル神殿の音と光のショーを見学。神殿がある岩肌をスクリーンに見立てた見事なショーでしたフナッシュのバースデーにふさわしい夜となりました…(?)

この日あたりからお腹の不調を訴えるお客様が出始めました ・・・