37b74f6a.jpg

さて本日より久々の中国添乗に出発したフナッシュです、12時40分に北京に着くはず

(この記事は事前に書いて投稿予約したものです。タイマーメールのような感じ)

久々の中国ということで密かに通勤時間を利用して中国語のお勉強をしていました

といっても中国語の本を眺めてただけ・・・(笑)

ろくに勉強もしないクセにすぐ飽きて新しい本がほしくなるんですよね〜

一向に上達しない英会話の本なんて何冊あるか・・・

 

中国語の本ってすごい種類があるんですよね、そんな中、フナッシュがたーーーくさんある中国語本の中からチョイスした本をご紹介します

 惷辰ほど身につく中国語(CD付き)』 高橋書店

初めて買った中国語会話の本。基本のあいさつを色んなパターンでやさしく紹介しています。第30課までありますがフナッシュは15課でギブ(笑)

付録のテーマ別単語帳のコピーはいつも添乗の際に持って行きます

 

◆悖撹辰馬辰甲羚餮譟CD付き)』 中経出版

『3秒』とか『3語』とか、こういうのに弱いおうちゃく者のフナッシュです(笑)

所々、カテゴリー別によく使いそうな単語集が載っているのも便利

本自体が軽いので電車の中で勉強するのに向いています

 

『まんが中国語入門』 光文社

これシリーズなんですが絶対オススメです

漫画家でコメンテーターでもある高信太郎さんの著書で『まんがハングル入門』 という韓国語の本も持っていますが入門書としてはすごくいいと思います

すんなり韓国語や中国語の世界に入っていけます

まんがには必ずダジャレ好きの著者本人、そして少し切れキャラが入っているツッコミ役の娘(たかはしゆいこ)娘をなだめながらも自分もボケキャラで、一番おいしいところを持っていく奥さん(たかはしきくこ)の3人が登場

アシスタント(韓国語はモジャ君、中国語はゲンジ君)著者が初心者の母と娘をナビゲートしながらその国の言葉を覚えていくという内容

中国語は発音が命。この本だけでは発音が分からないのでCDブックで勉強する前、もしくはCDブックに飽きてきたころに読むとおもしろいと思いますヨ

 

世界の5人に1人は中国人だそうです

さぁ、ちょっとした時間を利用して中国語に触れてみませんか?