さて最後に中国に旅行に行く際に覚えておきたいポイントをサクッとまとめましたので中国に旅行に行く方は参考にしてください!

 

【交通】

車は左ハンドルです

交通ルールはあってないようなもの!道路を渡る際は十分注意しましょうね!

日本みたいな感覚で道路を横断するのはとっても危険

油断しがちですが自転車にも注意が必要ですよ

日本は“歩行者優先”ですが中国は“勇気優先”です!

 

【買い物】

値段はあってないようなものです!

添乗で行くと必ずバスの中で『あたしは○○元で買ったのに、なんであの奥さんは○○元なの!?』とか『あたしは1000円で20枚だったのに、こっちの奥さん30枚なのよ!』ってよくモメてます・・・

『値切り交渉は半額から』って気合入れている中国リピーターのお客様もいるほど(笑)

とくにハンカチや扇子を売りに来る観光地の売り子(通称“しぇんえん族”)には注意しましょう!

せっかく40枚1000円までまけてもらってもバスの中で数え直したら30枚しかなかったなんてことは日常です(スカーフは通常、10枚スタートしますが、前に50枚まで頑張ったお客様がいましたね)

 

お土産もの屋さんでよく『添乗員さんこれホンモノ?』って聞かれますが、正直誰にもわかりません、だって『この掛け軸には中国政府の鑑定書もちゃんと付けます』なんてお店の人にいわれても鑑定書の見分け方なんて知っている添乗員いませんからね・・・

 

【ホテル】

有料と無料の備品の区別が付きにくい場合が多いです

『無料と思って部屋から持ってきたらチェックアウトの際に請求された』ってことがよくあります

中国ではチェックアウトの際、その階にいるスタッフが部屋の中をくまなくチェックする場合が多いです。『小さいタオルが1枚ない』とか『コップが割れている』なんてことまでチェックされます

有料か無料か分からない場合は添乗員やガイドさんに聞いてから使いましょうね

あとチェックアウトは時間に余裕を持ってすませましょう!

 

【トイレ】

チップがいるトイレは都会ではかなり減ってきましたが、田舎の方に行くとまだ有料のトイレはあります(だいたい5角(1/2元))

あと、田舎の方に行くと扉がないトイレ、通称“ニーハオトイレ”がいまだ健在で女性添乗員さんやお客様を悩まします

『次からカーテン持参しなあかんわ』ってよく女性のお客様が言っています

あと、観光地のトイレはティッシュは付いていません

女性の方はポケットティッシュは多めに持参しましょう

※日本からトイレットペーパーを1度に使う分毎にクルクル巻いて袋に入れて持ち歩いているって裏技を前に聞いたことがありますよ

使用済みのティッシュは便器には流さず、備え付けのゴミ箱に入れるのが一般的です(日本人にはこれが抵抗あるんですよね・・・)

 

【食事】

中国では円卓を囲んでの食事になります

お皿は日本みたいに頻繁に交換してくれません

頼まないと持って来ませんし、在庫もあまりありません・・・

スープもご飯も同じ器で食べるのが当たり前の感覚です

あとどの料理も山盛り出てきて『残さず食べるのが礼儀』となっている日本人には一所懸命食べちゃいますが、中国では全部食べると『もっと食べたい!』とか『このレストランはケチなレストランだ!』の意味にとらわれる場合があります

ほどほどに残すのが一般的です

 

中国人は冷たいビールを飲む習慣があまりないため、レストランでもぬるいビールが出てくる場合があります

これも中国文化だと思って怒らずにたまには“ぬるいビール”を楽しみましょう!

 

とまぁ、いま思いついた事を書きましたが、また思い出したら次の中国添乗の際にでもご案内します

 

 

『日本じゃこんなことありえないなんて怒りだすお客様もたまにいますが

“日本じゃありえないことを体験しに行く”のが海外旅行の醍醐味ですよね

せっかく海外に行ったんだったらそんな日本との違いを怒らず楽しみましょう!

 

興味ある方は続きも読んでね!

中国の文化の違いを楽しみたい方にとっておきの本を紹介します

ちょっと前に“中国人本”が流行ましたが、これはその中で一番面白くてためになる本だと思います

中国から帰ってきた方にも、これから行く方にも是非オススメの1冊です

あと、中国に行く添乗員さんは必読ですよ!!!

 


踊る中国人