トイレットペーパー突然ですがトイレットペーパーの寿命について考えたことはありますか?

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

ある訳ないですよね(笑)

 

フナッシュが以前紹介した『名言セラピー』

今日、会社に添乗準備に来ていた後輩が「名言セラピー、ブログ読んですぐに買いに行って読みましたよ」って声を掛けてもらいました

 

うれしいですよね〜

 

しかもMr.M『え、○○さん、名言セラピー買ったの?』って問いかけに

『え、まだ買ってないんですか?』と切り返すあたり、なかなかやるでしょ

彼女、いい添乗員になりますよ(笑)

 

友人も読んだよってメールくれたし、ブロ友のnorinoriも、いま読んでるって言ってました

で、今日は名言セラピーの前に読んだ本をご紹介します

 

佐藤雅彦さんの書いた『プチ哲学』(中公文庫)

佐藤雅彦さんはCMプランナーですが“だんご3兄弟”“バザールデござーる”などのキャラクターの作者でも有名

この本もイラストまで担当しています

“哲学”って聞くとなんだか難しい印象を受けますが、大丈夫!タイトルにもありますが、これは“プチ哲学”ですから(笑)

普段見過ごしがちなことにちょっと気をとめて、違った見方をしたり、別の方向から考えてみたりすることで「考えることって、たのしいかも」と思ってもらうことが目的の本です

単行本サイズだし、見開き1ページにイラスト付きの短い物語風の文が書いてあって、裏にそのテーマと解説が書かれている、とっても読みやすい本です

なんと言っても佐藤さんの書いたイラストに癒されます

その中で『価値のはかり方』というテーマがあります

ひとつの事柄には、いろんな価値が存在します。 例えば1kgの金塊はお金に換えると莫大な数字になりますが、つけもの石として使うとしたら、1kgの価値しかありません。 あるものの価値を測るのに、いろんなものさしがあることを知るのはとても大事なことです、そしてもっと大事なことは、どのものさしをあなたが選ぶかということなのです

という物語

どんな物語だったのかは“続きを読む”をクリックして読んで下さいね


プチ哲学

 

 

トイレットペーパーの若者がおりました

おろしたてで 丸々としております

 

「自分はみんなのために一生懸命生きるんだ」

若者は希望に満ち溢れておりました

しかし たてつづけに人がやってきて 

あっという間に やつれた老人になってしまいました

 

 

「なんということだ。一瞬のうちに老人になってしまった」

 

老人は自分の人生の短さを嘆き悲しみます

が、自分にいいきかせるように こう言いました

 

 

 

 

 

 

 

 

「でも、役に立った長さはみんなとおなじだ」

 

 

佐藤雅彦著:『プチ哲学』より