今日ご紹介する添乗員さんはフナッシュの後輩です

このコーナーでご紹介する後輩の中では初の1年生添乗員となります

前に、たまたま伊丹のオアシスでランチを食べる機会があったので雑談をしていたんですね、それまでの彼女の印象は“上品・おしとやか・おとなしい”って感じだったんですが・・・

全然違いました←失礼(笑)

すごく話がおもしろくて、考え方がしっかりしてる!

おまけに必ずA型と間違えられるフナッシュの血液型を一発で“O型”と見抜くほどの洞察力の持ち主

で、これまで1年生にはこのコーナーを頼んだことがなかったんですが、熱烈にオファーを出して書いてもらいました

カンナ

特に今月から同乗添乗研修が始まる新入社員の皆さんには身近な存在として、いい刺激になるんじゃないかな?

 

 

 

『あ、添乗員って実は何をする仕事かよくわかってないアタシでも頑張れるかも』って(笑)

 

 

 

 

 

Q1:あなたのお名前は?

カンナ

 

Q2:添乗員暦は?

約1年

 

Q3:初添乗(独り立ち)はどこだった?

吉野の桜です

 

Q4:添乗員になったきっかけは?

留学先からの帰国が5月末だったので、それから最初に行った説明会が今の会社でした

数社受けましたが、ここだけ内定を頂いたので

『ここが私の働く場所なんだ』と思って入社することを決めました

はずかしながら、説明会で“添乗員”という存在を知りました・・・

 

Q5:学生時代、バイトは何をしてた?

4回生・・・ラーメン屋さん(淡路島の“馬力軒”) &中高生を対象にした予備校の英語講師

1,2回生・・・イズミヤで食品のレジ。2カゴできても1カゴにまとめられるほどのプロです

 

Q6:添乗中の嬉しかったエピソードは?

初AIR(飛行機利用)の添乗で、北海道へ行った際に失敗ばかりして、お客様にご迷惑をおかけしてしまったツアーで、お客様から帰りにお手紙をもらいました。

そこには暖かい励ましとお褒めの言葉が書いてありました

そして、他のお客様も一緒に涙を流してくださいました

一番できの悪い添乗でしたが、一番思い出に残る添乗でした

 

Q7:添乗中の辛かったエピソードは?

特に辛いとか苦しいとか悲しい思いではないですね

お昼ごはん食べたあとの長時間の移動の際、眠たいのを我慢している時が一番つらいです

 

Q8:小さい頃の夢は?

小説家になりたかったのですが、“サザエさん”の石坂先生が原稿の締め切りによく追われている場面を見て大変そうだったのでやめました

 

Q9:添乗員になっていなかったら今頃なにをしていたと思う?

“女性でも制限なく働ける仕事”

“英語を使える仕事”

“海外に支店のある企業”

をテーマに就活をしていたので、それにあてはまる企業で働いていたと思います

 

Q10:私、こう見えても○○なんです!

スポーツ大好きなんです

よく『運動オンチそう』と言われますが、時間のある時は週2、3回ジムに通っています

高校時代は水泳部だったので、ダイビングもやります

 

Q11:目覚まし時計は何個使ってる?(自宅と添乗先2つお答え下さい)

携帯のみです

起きる時間の20分前から5分ごとにアラームを設定していますが、朝は強いので問題ないです

 

Q12:宴会でよく歌う曲は?

歌は最近歌ってないです

デュエットをお願いされたときだけ歌います

 

Q13:今抱えている悩みはある?

悩みはないです!!

何があっても『It's my life:これが私の人生だ』と思って受け止めます

だいたいのことは、ごはんを食べて寝たら忘れます

 

Q14:『これがあるから添乗員を続けられる!』というものは?

温泉に入れること・時間が経つのが早いこと・毎日が違う日

というのもありますが、添乗員になってから、

人の為に一所懸命になれる自分になれたと思います

とは言ってもまだまだ成長過程ですが、今までの自分の人生は自分のためだけに一所懸命でしたので、今は何とか快適にお客様が旅をして頂けるよう一所懸命になってます

これはやはり“究極のサービス業”であるこの仕事にめぐり合ったからではないかと思います

これからもこの信念をもって頑張りたいです

 

Q15:フリースペース

ゲルマニウム温浴にハマってます

あとは、健康オタクなので色々試していますが

今は“夜の黒酢”と“朝の豆乳”は欠かしません