寂聴さんの説法のあと、信濃比叡へ

源義経が駒(馬)をつないだと言われる古木“駒つなぎの桜”の桜が近くにあるので見に行きました

ひたすら坂道を登ること15分

1本木だし、ほとんど咲いていないのは分かっていたんですが・・・

 

 

ここまで咲いていないとは( ̄□ ̄)!!

 

 

駒つなぎの桜でも枝ぶりは見事です!

お客様、枝ぶり見に来たんですよ!

この枝ぶり、なんとも言えないでしょ?

 

写真

花が咲いたらこんな感じ

 

 

 

信濃比叡バスは信濃比叡までしか行けません

信濃比叡もバス駐車場というものはなく、空いてるスペースに3台くらい置けるか置けないかといった感じ

 

 

ここから昼神温泉は20分ほど

昼神

昼神温泉まで行ったら桜が満開でした!

枝のみの桜を見たあとだったので、お客様は大喜び

 

 

“あの坂を登った苦労はなんだったんだ”って呟きもチラホラ・・・

 

 

お客様、だから枝ぶりを見に行ったんです、枝ぶりを!!