色彩検定ってナニ?

って感じですよね

よく『この色は何色か?とかそーゆーのでしょ?』って言われるんですが・・・

 

 

まぁ確かにそんな問題もあります(笑)

出題範囲は【色の表示方法・配色・混色・色の現象・ファッション色彩・色のイメージ・環境に関する色彩・光と眼】と、以外に広いんです

ただ単に色を答えるにしても問題はこんな感じの問題もあります

 

ある色を示して・・・

,海凌ГHueはほぼ7Yで、Valueはほぼ2である

△海凌ГValueはほぼ8で、Chromaはほぼ3である

この色のHueはほぼ3GYで、Chromaはほぼ12である

い海凌Г里呂曚棕械任如Valueはほぼ5である

『この中で最も適切なものは?』とか

これはマンセル表色系に関する問題で、Hueは色相Valueは明度Chromaは彩度のことです(実際今日出た問題)

 

そのほかにも眼のしくみとかも覚えなくちゃいけません

眼球の直径は24mmで・・・光は角膜を通って虹彩で調整された瞳孔を通って・・・脈絡膜は強膜と網膜の間にあって・・・錐体細胞は感度が低くて中心窩に約600万個集中した視細胞で・・・って

 

昔学校でならった光のしくみなんかも出題範囲です

ニュートンがプリズムに白色光を通してスペクトルを発見して・・・光は電磁波の一種で眼に見える光を可視光線っていって・・・この可視光の範囲は380nm〜780nmで・・・このnm(ナノメートル)はメートルに直すと10億分の1で・・・って

 

 

そんなの知っててどーすんねん!

って問題までさまざまです(笑)

 

 

色彩ってあまりに身近すぎて意識しませんが、毎日の生活の中でこんなに影響の大きな分野を勉強しないなんてもったいないですよ!

興味のある方はこの11月の冬季試験に受験してみては?

 

って宣伝したら合格させてくれるかな?(笑)

■応募資格 ナシ

■試験会場 北海道から沖縄まで全国各地

■受験料  1級:15000円/2級:10000円/3級:7000円

詳しくはA・F・T(全国服飾教育者連合会)のホームページへ