それでは筏下り実況中継〜っ

 

道の駅から乗船場まで約10分、シャトルバスで移動

説明まずは筏の番号毎に注意事項を聞きます

しっかり聞きましょうね!(笑)

 

 

出発説明が終わった号車から乗船

隙間が空いているので落ちないよーに!

 

 

ワクワク筏下りスタート!!

最初にホワイトウォーターと呼ばれる白波が立つポイントが現われてテンションが上りますが

 

 

漂流その後は平坦なコースが続きテンションダウン

挙句の果てに風が強すぎて漂流寸前

 

 

水浴び安全な場所では足を川に浸けることもできるんですよ

お二人さん、落っこちないで下さいよっ!

こんなに天気が良くても、水温はかなーり低いです

 

いよいよお、いよいよお待ちかねのホワイトウォーターが出現!

しっかり手すりを持ちましょうね!

 

 

メインはい、ここメインですよー

ここでキャーキャー言わないと、あと言うとこありませんから!(笑)

 

 

下船約1時間の筏下り終了

筏師の皆さんお疲れ様でした

 

 

この筏、この後すぐ解体してトラックに積んで上流へ運ぶんですよ

こりゃ、筏を漕ぐより解体するほーが体力使いそーだ

 

筏下りの注意事項に『カメラの撮影は危険ですのでご遠慮下さい』ってありますが

実際は個人の判断にお任せしています

水しぶきは腰くらいまでかかるので、オススメはしませんが、持参する場合は十分ご注意を!

フナッシュは今回、防水のポーチを首から下げて、そこにカメラを入れていました

 

最初、筏下り中ず〜っと立ちっ放しかと思ってたんですけど、ホワイトウォーターの時だけ、立つんですよね

大小合わせても5ヶ所くらいしかなくて、あとは筏の中央にあるイスに腰掛けてボケ〜って自然を満喫(笑)

柳川船下りや、最上川船下りみたいに歌や楽しいトークがあるわけじゃないですが、その分、風の音や水の音、小鳥のさえずりなんかを堪能できます

ほんと大自然の中を進むので気持ちいーですよー

 

ラフティングもやっているので、9月くらいに個人的に行きたいな〜

皆さんも是非、日本で唯一の飛び地“北山村”で、筏下りを体験してみてくださいっ!