毎年8月12日〜15日の4日間開催される阿波踊り

ツアーのパターンは大きく分けて3タイプ

〕料演舞場でしっかり観覧する!

¬砧善乕饐譴脳ー蠅亡冤する!

B慮灰張◆爾念貊錣僕戮辰舛磴Α

 

 

添乗員はお客様に事前にお客様にMAPを配布

無料演舞場有料演舞場に色分けして印を付けてあげると分かりやすいです

アスティ徳島に行けばきれいなMAPを入手でしきますヨ

 

■再集合の時間を徹底!

(再集合の場所はバスを降りてからてきとーな場所を見つけて決めればいいと思います)

■再集合までに各自トイレに行ってもらうこと!

■日帰りの場合、コンビニなどで夜食を購入すると便利!

などを案内しておきましょう!

 

 

有料演舞場で観覧の場合、お客様に1枚づつチケットをお配りします

桟敷席に番号が書かれていますが、ブロック毎の番号です

下の写真でいうと全部のチケットに【15− 曚判颪れています

よーするに【15− 曚判颪れた枠内で自由って感じです

だから早くから席をとるお客様と、まだ暑いから涼しい場所で待機してあとから席に着くお客様に分かれます

桟敷席に入れるタイミングは演舞場や係員によって異なるのでその都度スタッフに確認しましょう(よくスタッフと添乗員がモメてます・・・)

入り口桟敷

 

 

 

 

チケット桟敷

 

 

 

 

 

演舞場以外でもあちらこちらで、企業の連や、大学の連が踊っています

町中が演舞場といった感じで熱気ムンムンです

連連

 

 

 

 

ヤンマー通り

 

 

 

 

バスは演舞場の近くに路駐してお客様を降ろしたあと、数ヶ所ある臨時バス駐車場へ回送

臨時バス駐車場からの有料シャトルバスを利用する場合と路駐して乗降する場合があるので添乗準備時に要確認!

フナッシュはシャトルを使ったことはないんですけど、シャトルの方が待ち時間が出たり、お客様がバラバラになる確率が高そうで大変そうでした・・・

今回の体験ツアーは“そごう”が集合場所だったので、元町のバス停付近で乗降しました(例年ここで乗降してるみたい)

 

夜夜20時をまわっても盛り上がりは衰えません

名残惜しい中、バスへ・・・

 

 

また来年も来たいですね!