そろそろ大掃除の時期ですね

フナッシュは京都に帰ってきてからは毎日が大掃除

とにかく毎日色んなものを整理しまくり捨てまくり!(笑)

古くなった衣類は古着屋へ、ここ数年読んでいない本はブックオフへ

引越しって身辺整理ができるいい機会ですね

 

そうじ力さてさて、フナッシュが整理整頓や掃除に燃えているのは引越しの影響というより高松でこの本を読んだから

 

 

 

最近話題の舛田光洋さんの“そうじ力本”です

そうじ力の話しは『名言セラピー』で知っていたんですが、本を読むのは初めて

その名も

仕事で輝く 人生が変わる そうじ力で自分磨き!!』

“自分磨き!!とは、まさにフナッシュ好みのタイトル

掃除がもたらす不思議な力の威力が書かれているんですが、すぐにやってみたくなる実践的なお話がたくさん載っていましたよ

例えば・・・

■パソコンの中の不要なものを捨てる

不要なファイル、不要な“お気に入り”、不要な画像、不要なソフトって意外とありますよね

パソコンは机の上同様、自分の思考を表しているんですって、机の上やパソコン内がごちゃごちゃしている人は頭の中もごちゃごちゃしているって事らしいですよ

 

■名刺を捨てる

名刺って“その人の分身”とか言われるから、なかなか捨てられないモノのひとつですよね

名刺を捨てる基準は“名刺を見てもその人の顔が思い浮かばない”

『名刺がそばにあるのに顔が思い浮かばないというのは、その人がそばにいながら無視しているのと同じで、それはそれで失礼なこと。捨てる際に「またご縁がありましたら出会えますように」ってシュレッダーにかける』 だそうです

顔写真付だとやりにくいですね・・・(笑)

 

■本を捨てる

本好きのフナッシュにとって結構躊躇したモノ捨てのひとつですが『本棚を筋肉質にしていく』って発想に納得して、昨日60冊ほどリサイクルしました

本棚はその人の思考の成長を表していて、何年経っても同じ内容の本棚というのは、その人の思考に成長がないのと同じ

常に意識して、本棚の質を上げていくのが自己のレベルをあげることにつながるそうです

 

その他にも“テレビを見る時間を減らす”“仕事そのものを捨てる”“成功を捨てる”などなど『捨てる』『磨きこむ』『整理整頓』について実践的に書かれた本です

せっかく大掃除をするんだったら、掃除が持つ“そうじ力”を理解してやったほうが効果的だし楽しいですよね

だって、捨てれば捨てるほど磨けば磨くほど整理すれば整理するほどアナタが輝くんですよ!

この時期、オススメの1冊です