チャリンコ運搬プロジェクト2日目

チャリ

他のチャリに絡まれながらも、都会の片隅で今日も主人をけなげに待っておりました

 

 

 

今日は前の会社の上司とランチを食べたあと、チャリを車に積んで帰る予定

いったん車で大阪に向かったものの、忘れ物を取りに帰ってたら時間がなくなったので、結局バスと電車を乗り継いで移動するはめに・・・

また違う日に大阪まで車で来るの面倒だしなぁ・・・

さすがにチャリも盗られそうだし・・・

 

『よし、今日は天気もいいからチャリで京都まで帰ってみよう!』

ということに

現役で仕事してたら絶対しないだろうから、これもいいチャンス!

 

いや〜しんどかったけど面白かった

自転車だと車では出会わなかったであろう人、気づかなかったであろうモノが見えてきます

例えば・・・

 

“あぁ〜千林商店街ってこんな狭くてゴチャゴチャしてるんだ・・・”とか

“あ、この自販機、昨日買った缶コーヒーが80円で売ってる”とか

対向できない狭い道路で買い物帰りの奥さんと『あ、先どうぞ』 『いや、お先にどうぞ』ってお互い何度も譲りあって、“赤の他人だけど、譲り合いってなんだかいいなぁ〜”って妙に心が癒されたり

自転車を改造して前と後ろに大きなトレーを付けて空き缶を運ぶホームレスのおっちゃんと併走して、“このおっちゃんは仕事で空き缶を運んでるんだから、仕事をしてないフナッシュはこのおっちゃん以下やな・・・”ってちょっと虚しくなってみたり

ガードレールに、最近事故で亡くなったのか、まだ新しい花がたくさん供えてあって、そこに小さなクリスマスツリーが飾ってあるのを見て、“クリスマスに一緒に過ごす相手がいない!とかクリスマスも仕事だ!って嘆いている人もいるけど、こうやって生きてるだけで幸せだよなぁ〜”って命の尊さを感じたり

 

一番インパクトがあったのは、道路の端で四つん這いにうずくまってたおっちゃん

『大丈夫ですか?』って自転車を止めて声をかけたら

『あ、あぁ・・・おぉ〜きに』って、ちょっと酔っ払ってるぽい・・・

しかも、そのおっちゃんよく見たら・・・

 

丸出しだった()!!

 

 

結局、家まで2時間半かかったけど、有意義なサイクリングでした

交通費も浮いたしいい運動にもなったし

自転車で帰って良かった〜

 

夕食

久々に今日の晩ご飯

【もやし炒め&明太釜玉うどん】

 

 

具

そして“肉うどんの具”も作ってみた

キッチンが広いから快適

 

 

あ、いま高松じゃないですから!(笑)