解体するとただの雪の塊になってしまう雪像たち

タイ

あの細かい部分まで精巧に再現された7丁目の“チャックリー・マハー・プラーサート宮殿”も・・・

 

 

 

タイ

ただの雪の山

後ろにジャンプ台があるから、それと分かる程度です

 

 

 

今回、特に関西人の注目を浴びたのが国宝・彦根城

後輩サッチョが勤める彦根営業所では『彦根城を見に行こう!』ってかなり盛り上がっていたみたいです

 

フナッシュも昔から釣りでよく琵琶湖に行くので滋賀県には愛着あるんですよねー

なので、この3回の添乗中は毎晩彦根城を見に行きました

彦根城

足場を組んで自衛隊の方々が夜遅くまで作業していたのは今月の1日

 

 

 

彦根城

4日に再度訪れたときには足場も外され、マスコットの“ひこにゃん”も披露されていました

 

 

 

彦根城

本番では綺麗にライトアップ

最終日はYOSAKOIソーランとともに最後の夜を盛り上げてくれました

 

 

そして翌日の夜には・・・

 

彦根城

こちらもただの雪の山になってしまいました

なんだか寂しい気が・・・

 

 

でも、きっと彦根から来たお客様には一生思い出に残る雪像になったんじゃないかな?

 

ありがとう自衛隊!

ありがとうさっぽろ雪まつり!

また来年も迫力ある雪像を作ってくださいね