最終日の3日目

今日は朝からずぅ〜っと雨

でも屋久島といえば雨ですから、これも体験しとかないとね

ということで3日目は“志戸子(しとこ)ガジュマル園”の見学からスタート

ヤクスギランドのようにガイドさんと一緒い園内の散策コースを見学

規模はそれほど大きくないので、コースも10分・15分の2コースです

ガジュマル園ガジュマル園

 

 

 

 

ガジュマル園の後“レストイン屋久島”で屋久島で唯一のショッピング目的の立ち寄り

レストインレストイン

 

 

 

 

ヤクスギ製品の他、ぽんかんを使ったお菓子の品揃えが豊富でした

お店の方の一番のオススメは“ぽんかんモナカ”だそうです

ぽんかん味のかるかん、名づけて“ポンカル”も美味しかったですよ

甘いのが苦手な方は“さばぶし”なんかいかがですか?

ポンカンもなかさばぶし

 

 

 

 

ショッピング後、屋久島文化村センターで屋久島についてのお勉強

 

入館は無料ですが、大型映像ホールは有料です

このホールでは酔いそうなくらいの迫力ある大スクリーンで屋久島の自然を体験することができます

上映時間は20分ですが1時間おきなので何時の上演を見るのか事前に確認してから入館しましょう!

文化村センター映像ホール

 

 

 

 

 

このあと某ドライブインの店内で昼食だったんですけど、行ったら昼食の用意はあるけど席がない( ̄□ ̄)!!

お店の方、同じ会社で同じタイトルのツアーが2本(伊丹発と関空発)あるので食事の用意はしてたけど席の用意を忘れてたみたいです・・・

朝確認したのに・・・

この後、他のツアーのお客様や添乗員にお店の店員と間違えらながら、フキンを片手にテーブルを拭き、おしぼりを配り、割り箸を配り、食事をセットし、お客様に謝り・・・

最後の最後までコレかよ・・・って情けなくて笑えてきた

おかげで昼食を食べる暇がなかったので、ドライブインの方が作ってくれたオニギリをトッピーでむさぼり鹿児島港へ

この間のトッピーが一番長くて115分、約2時間の移動


鹿児島港からは“かるかん工場”“焼酎工場”に立ち寄って鹿児島空港へ

昼食→トッピー→かるかん→焼酎→空港って同じ行程だった鹿児島現地受けの添乗員さんが、これまたこのブログを知ってる添乗員さんで声をかけて頂きました

沖縄タンブラー愛用の添乗員さん!ツアコンだよ全員集合!待ってますからね!

 

しかし3日間よく謝ったなぁ〜

(ブログには書いてないけど2泊ともホテルでひと波乱ありまして)

よく働いたなぁ〜

いろんなモノもらったなぁ〜

=この3日間でもらったモノ=

■紅いもソフト×2本(鉄砲資料館横の売店で2組のお客様から)

■さつまあげ(鹿児島港でお客様から)

■蒸かしイモ(鹿児島空港で会った指宿・霧島帰りの姫路の添乗員Tさんから『明治蔵でもらったから』って)

■芋焼酎・三岳360ml(自分で買おうとしたらお客様から『あたしが買ってあげる』って)

■芋焼酎・三岳900ml(某ドライブインから『手伝ってくれたお礼』って)

■現金(お客様から『いろいろうるさく言ってごめんね、これでお茶でも飲み』って)

■500円硬貨←ホテルで拾った(笑)

 

身を削れば削るほど、その分ちゃんと返ってくるのが添乗員の面白いところだなぁ〜とつくづく感じました

このブログを見てくれている添乗員さんにも3日で4人会えたし

なんだかいい意味でも悪い意味でも濃い3日間でした

 

あ、“返ってくる”のはお客様からで会社からではないので!←ここ重要!(笑)