過酷な行程の4日間にも関わらず、乗務員さんにもお客様にも恵まれて、和やかに終わろうとしていた今回の道東ツアー

無事に新千歳空港でのチェックインも終わり、あとは羽田で乗り継いで関空に帰るのみ

 

2階でブラブラしてたらANAさんから1本の電話が

『使用機が新千歳に向かう途中、落雷を受けたので1時間以上遅延する』との内容

急いで1階の団体カウンターへ

1時間以上遅延すると羽田で乗り継ぎができない

選択肢は2つ

 ̄田で空席がある後続便に乗って関空へ帰る

→予定通り関空に帰れるけど、関空到着が23時05分の最終便

 

∈、空席がある伊丹直行便に振り替える

→19時35分に着けるけど、予定の関空ではなく伊丹着

 

どちらもリスクがあるけど、会社と連絡を取った末、後者を選択

 

で、ここからが大変

解散してしまった44名のお客様を召集してチケットを回収しないといけません

走りまわりましたよ

新千歳空港を

何度も何度も

すでに手荷物検査場に入っているお客様も含め、40分かけて全員のチケットを無事回収

添乗員がチケットを回収している間にANAさんはお客様の荷物を機内から回収

手荷物検査場を通過してるお客様、していないお客様、2班にわかれて事情を説明

荷物を既に預けているお客様は再度1階に降りてもらい荷物の預け直し

もぉ〜汗ダラダラ

 

今回のお客様は関空に近い和歌山などのお客様がほとんどだったので、機内でリムジンバスの時刻や料金を調べたりと帰り方の個別相談

一息ついた頃に、お客様が『添乗員さん大変やね、これ食べ』ってお菓子をくれました

お菓子食べかけの“えびせんべい”とホテルの部屋にあった“桜餅”

『・・・

ありがたく頂きました(笑)

 

ほとんどのお客様が【伊丹空港→関西空港→和歌山駅】ってリムジンバスを乗り継いで帰ったんですが・・・

関西の皆さん、リムジンバスの“乗り継ぎ割り引き”って知ってました?

リムジン

一部の路線を乗り継ぐ場合、割引料金が適応される路線があるんですね

知りませんでした

 

 

全員のお客様を到着ロビーで見送って、ひと段落したので全てのリムジンバス乗り場にお見送りに行ったんです

そしたらこの【伊丹空港→関西空港→和歌山駅】で帰るお客様に『添乗員さんがわざわざ1700円と1000円って紙に書いてくれたから別々で買ったけど、こんな割引(2000円)あったんやん、最後にヘマしたな』って嫌味言われました

 

 

あんなに空港中走り回って汗水流したのに・・・

この“乗り継ぎ割り引き”のおかげで面目丸つぶれです

確かに時刻表にも小さく記載してありました

 

 

そー言えばサービス業のバイブル『ディズニー7つの法則』にも書いてあったね

『悪魔は細部に宿る』

 

確かに悪魔は細部に潜んでました( ̄□ ̄)!!

皆さんも、気をつけてください

ほらそこの消しゴムの下!

マウスの裏!

ひょっとしたら悪魔が潜んでいるかもしれませよー(笑)