2日目は“国見ヶ丘の早朝日の出雲海ツアー”からスタート

希望者をお連れして、国見ヶ丘という小高い丘からご来光と雲海を見よう!という無料のツアーです

そのため添乗員は4時起き

雲海

雲海は秋から冬がベストシーズンで、今の時期はほとんど見れないんですよね・・・

それでも41名中20名が参加

 

 

ご来光は見れるか?雲海は見れるか?

不安な時間がしばし過ぎ・・・

 

見えました!

バッチリご来光&雲海が現れてくれました!(ご来光は5時30分頃でした)

ご来光

ご来光&雲海

 

 

 

 


一度旅館に帰って朝食を食べて再度出発!

馬ヶ瀬

朝イチは日本最大の柱状節理がある“馬ヶ背(うまがせ)”

柱状節理が展望できる場所まで10分以上坂を登ります

 

 

柱状節理

みごとですよね〜

約70mの断崖絶壁です

灯台まで行くにはさらに上へ進みます

所要40分以上は必要

 

 

 


馬ヶ背のあとは“宮崎のお伊勢さん”こと“大御(おおみ)神社”

大御神社大御神社

 

 

 

 

カリスマ宮司

“さざれ石”“君が代”について熱く語る“カリスマ宮司”が有名

朝からかなりテンション高いです

 

 

このコースはとにかくスケジュールがびっしり

カリスマ宮司の熱弁をかわして先を急がねば・・・


お次は“西都原(さいとばる)古墳群”

バスに専門ガイドが乗車し敷地内を案内

今回は時間がないので“鬼の窟(おにのいわや)”のみ下車して見学しました

西都原

西都原

 

 

 

 


乗り換え

2日目の昼食は綾町にある“酒泉の杜(しゅせんのもり)”

ここから“綾の照葉(あやのてるは)大吊り橋”へのマイクロバスが出ています

 

 

今回は先に吊り橋を観光して遅めの昼食

ここから吊り橋までは15分くらい細い山道をクネクネ進みます

受付でチケットを購入してお客様に配布

受付

全景

 

 

 

 

吊橋景色

 

 

 

 

くじゅう夢大吊り橋にちょっと似てる感じかな?


昼食のあとは宮崎市内へ

お待ちかねの“宮崎県庁”の見学です

県庁

観光課の職員が案内をしてくれるので、今日1日はその予約の時間に合わせて行程を進めていたんですよね〜

 

 

 

知事が県庁にいるかいないかは添乗員にも教えてもらえません

サンデージャポン

でも、正面玄関には“サンデージャポン”の取材陣が

これって知事がいるってコト???

 

 

県庁内の案内は約20分ほど

混雑状況によって、隣の物産館に先に案内される場合もあります

県庁見学と物産館の買い物はセットになっている仕組み

よく考えられてますね〜

地鶏や知事のイラストが入ったお土産が飛ぶように売れてた(笑)

物産館見学

 

 

 

 

 

実はこの日はいつもより県庁見学のツアーのお客様が多かったんですね

で、『ここまで集まってもらったのなら』という事で

急遽、東国原知事が顔を出してくれることになったんです!!!!

知事

みんな興奮しまくりで正面玄関に再度集合

すごい人気ぶりです

 

 

東国原知事

あ、出てきました

東国原知事です

 

 

お見送り

最後は帰宅するところまでお見送り

お客様めちゃくちゃ喜んでました

 

 

 

ちなみに、県庁に行っても知事がいるとは限りませんし、いても会うことはほとんどできません!

代理知事でも、ちゃんとパネルの知事と写真がとれるなんて

サービスいいですよね〜