京都東山の桜の名所、円山公園内にある“長楽館(ちょうらくかん)”ってご存知ですか?

外観外観

 

 

 

 

京都市の有形文化財でもあるこの建物

タバコ王と呼ばれた村井吉兵衛の別邸として明治42年(1909年)に建てられた洋館で、国内外の賓客をもてなす京都の迎賓館として今なお歴史を刻んでいます

ちなみに“長楽館”と命名したのは完成直後に訪れた伊藤博文公なんですって

館内は格調高いインテリアで装飾されていて、思わずお尻の穴がキュッと引き締まります(笑)

館内館内

 

 

 

 

 

館内の1階、2階にはタイプの異なる小部屋が点在

なんとこんなステキな部屋で気軽にティータイムが楽しめるんですヨ

カフェカフェ

 

 

 

 

カフェカフェ

 

 

 

 

どの部屋に案内されるかはそのときの混み具合によるんですけど、できれば2階がいいですね〜

階段

長楽館ではブライダルも対応していて、この階段は人前式の際に使われるそうです

これぞまさしく“京都のハウスウエディング”って感じ

 

 

蛇口

これ、トイレの蛇口

シドニーのオペラハウス並に変わってます

 

 

気になるカフェのお値段ですが・・・

コーヒー

一番安いお値段のコーヒー

←1杯700円なり

 

 

っ(!!

 

って思ったけど、館内を探検するだけでも見応えあるから、入場料込みって考えるとお得なのかも?

レストランでのメニューは

コースランチは3000円からで、一番お手軽なディナーは6000円からご用意しております

京都にお越しの際はこんなところでお茶するのもいいかもしれませんね

“ちょっとお高くとまっていて居心地悪そう”って正直思っていましたが・・・

お上品なマダムから若いカップルまで年齢層も色々

フナッシュでも違和感なく寛げましたからご安心下さい(笑)

↑違和感ないと思ってたのは本人だけ?

現在は工事中ですが、別館にレディースホテルが併設

宿泊料は食事ナシで5250円〜とリーズナブルですよ〜

 

長楽館ホームページ