今回のバリ島ツアー2日目に、ウルワツ寺院で“ケチャックダンス”を鑑賞しました

ケチャックダンスとは、上半身裸の男性が楽器を一切使わずに『チャチャチャチャ』と奇声を発しながら体を揺らしたりして踊る舞踊

信仰心の強いダンサーはトランス状態に陥ることもあるんですって
そりゃ1時間もチャッチャ言ってたら酸欠にもなりますよね(笑)

もともと悪魔祓いの儀式だったものを、現在では観光芸能用にアレンジ

内容は『ラーマヤナ物語』という、王子と王妃の仲を魔王が引き裂こうとする善と悪の戦いを描いたストーリーです(事前に日本語で書かれたストーリーが配られます)

腰巻まず入り口で、丈の短いスカートやパンツの人はサロンを巻かされます(それ以外の人もヒモのような腰巻を巻きます)






会場へバス駐車場から演舞場までの海岸沿いの道では凶暴な猿がイタズラしようと待ち構えているので、絶対にメガネやアクセサリーはカバンに入れておきましょう





さる今回もお客様がネガネを取られてしまいました・・・
どこからともなく現れた現地の人が取り返してくれたんですが、やっぱり壊れてた





もちろん取り返してくれた人にはお礼としてチップを渡したんですが…
取り返す人と猿がグルって気もしないでもないな

さて、演舞場に入場です
これでもかってくらい人が入ってきます



入場会場






ケチャダンサーがチャチャチャチャ言いながら入場

客席と近っ!




ケチャケチャ






魔王

魔王登場!
陽もだんだんと暮れて、南国らしい夕日の中でダンスは続きます






夕日夕日






火いよいよクライマックス
捕らわれた白い猿が火あぶりになりそうなるシーンです
本物の火縄を使っているので迫力満点!





火火






と言うより、どー考えても危ないでしょ( ̄□ ̄)!!

終了かたづけ






ダンサー終了後はダンサーと一緒に写真を撮ることもできます
急いで帰っても混むだけなので、人が空くまで待って写真を撮ってからバスに戻りました





いや〜これは見ごたえありましたよ
さすが芸能の島といわれるバリです

バリにお越しの際は是非、ケチャックダンスを鑑賞してみてくださいね〜