タイと言えばやっぱり“ニューハーフ”

せっかくタイに来たんだからニューハーフショーは見に行きたいですよね〜

バンコク市内には大きな会場が3つあります

■ラチャダー・キャバレー
・・・バンコクで一番大きく新しいキャバレー
■マンボ・キャバレー
・・・松田聖子のそっくりさんが人気のキャバレー
■カリプソ・キャバレー
・・・ラインダンスが有名な老舗キャバレー

今回のツアーではオプショナルで“マンボキャバレー”にお客様をご案内しました

ちなみにタイでは“オカマ”という言葉は失礼にあたるので気をつけましょう

チケット

まず1階でチケットを購入
チケットには席番号が書かれています
(このチケットはB列の15番)



 

2階

ステージ

 

 




2階に上るとロビーがあって、トイレは左側が男性用、右側が女性用
ショーの前後は女性のお手洗いが大変込み合います

ワンドリンク付きの場合はオレンジジュースかコーラが配られます

ショーショー

 


 

 

ショーショー

 

 




日本の歌の他、韓国のチマチョゴリ、中国の宮廷衣装、タイの舞踊など、多彩なセット・衣装・踊りは圧巻です

お笑い役担当のニューハーフもコミカルでいい味出してます

ショーショー

 





 

お客様

ここでウチのツアーのお客様が舞台に連れ込まれて・・・

大変なことになってました(笑)



 

お客様お客様

 

 

 

 

1階ショー終了後、1階には出演者が大集合
ここでお気に入りのダンサーと写真が撮れます(1人20B)
このチップは個人の収入になるだけあって、呼び込みに熱が入ります


撮影会

丸太の様な巨体で笑いを振りまく彼女、いや彼?
すごく愛想のいい方でした

 

 

セイコちゃn

このお方がマンボの看板娘“セイコちゃん”
ほんと男には見えないですよね〜
一緒に写真を撮るのをためらってしまうくらい美しいです



 

札束

1番人気だけあって呼び込みの必要ナシ
手にはチップの札束が・・・
さすがです

 

 

ショーはいやらしさがないので女性や年配の方でも気軽に楽しめますよ

タイにお越しの際は是非、ニューハーフショーをご覧下さいね〜