今日から萩・津和野と湯本温泉の名旅館大谷山荘1泊の添乗です

新幹線利用のツアーは久しぶりだなぁ〜

お客様は44名

まぁ40名以上のツアーは慣れっこだけど、3名以上のグループが一組だけで、あとは1名様参加かお二人連れの方ばかりなので

合計26組様っ!!

おとついまでのバンコクと2名しか増えてないけど
組数は11組アップで添乗員がアップアップです ( ̄◇ ̄;)

1日目最初の観光地

“恋のまち”と言えば“札幌”

じゃ
“鯉のまち”と言えば・・・?

そう津和野の殿町!!←かなり強引?
殿町殿町

 

 

 

前回の津和野では“焼きアイス”を紹介しましたが、津和野で紹介したいのは焼きアイスだけじゃないんです!!

金子さん

津和野と言えばこの人!
金子さん!!

 

 

 

それダレやねん!って?(笑)

津和野でいつもお世話になる“沙羅の木”さんの売店の方で、殿町散策の際に案内をしてくれるお兄さんです

この金子さんの案内がめちゃくちゃ面白い!!

行く度にキャラが濃くなっていくんですが・・・

金子さん

ついにサギ舞いまで踊るようになっていました
( ̄□ ̄)!!

 

 

 

明らかに前回とキャラが変わってる

何かいいことあったんでしょうか金子さん(笑)

津和野にお越しの際は要チェックです

 

津和野のあとは萩の武家屋敷を散策

最近オシャレなカフェやお店が増えてきましたね〜

カフェカフェ

 

 

 

 

そして“はぎつわツアー”で寄らないツアーはないほど有名な蒲鉾店“村田蒲鉾”さんに立ち寄ったあと今夜のお宿・長門湯本温泉“大谷山荘”に到着

大谷山荘

今や長門市の財政を影で支えているほどの人気を誇る名旅館
プライベートで泊まりに行く添乗員も多いです

 

 

間接照明の落ち着いた館内に広々した大浴場
そしてピンクの着物がさわやかな仲居さん
いつ行っても癒されるお宿です

大谷山荘大谷山荘

 

 

 

 

“和光” “曙” “芙蓉”って3つの棟に分かれていましたが、去年“和光”がなくなり、あらたに
“音信(おとずれ)”という別邸ができたんですよね

この別邸“音信”

1泊2食40000円〜とかなり気合の入ったお値段

全室露天風呂付きだそうですよー

 

気になる方はコチラへ→大谷山荘