たまーに、とてつもなく無意味な本とか読みたくなりません?

先日、伊丹空港の本屋さんで目に止まった本がこれ

ルー語大変換

ルー語大換』

 

しょーもな・・・

 

と思いつつ気が付いたらレジへ(笑)

ルー大柴ってかなりクセがあるから人によって好き嫌いがはっきり分かれますよね

フナッシュは学生の頃に『リアクションがルー大柴みたい』ってよく言われてたから昔から親しみ感じるんですよね〜(笑)

あのルー大柴の英語まじりのハイテンションランゲージを
“ルー語”って呼ぶらしいんですけど、これがネットを中心に流行っているらしい( ̄□ ̄)!!

この本はその世界いちイージーハッピールー語を学ぼうという異色の本

主な内容は
■ルー語で日常会話
■童話で学ぶルー語の基本
■ルー語ことわざを覚えよう
■ルー語で感動する名文・名言集
■試験に出る最重要ルー単語
などなど・・・

例えば宮沢賢治の『雨ニモマケズ』をルー語に変換すると・・・

レインにも負けずウィンドにも負けず
スノーにもホットサマーにもネバールーズ!
丈夫なボディハブ
デザイヤーはなく
ネバー怒らず
オールウェイズ静かにスマイルしている
サッチャ ヒューマンミーはなりたい

になるそうです

ルー語の現原点とも言われるルー大柴のオフィシャルブログ『TOGETHER LOU』から引用した記事や、ルー大柴自作の『ルー大柴のスピリチュアルポエム』なんかも収録してあって、1冊まるまるルーワールド満載です

『クドイ・うるさい・濃いってイメージのルー大柴さんですが、この本を読めばスピリチュアルで繊細な面をたくさん持った人なんだと感じると思います

そのギャップがブログでウケてるみたい

確かにバカバカしい本なんですけど、思わず不機嫌ではいられなくなるほどピースフルハッピーな気分にさせてくれる一冊

 

最近イライラすることが多い

特にそんあアナタにおすすめです!

 

■ルー大柴のブログ 『TOGETHR LOU』