2日目の朝を迎えました

ホテルの朝食会場は30階!

ちょっと面倒ですけど、展望レストランになっているので大連市内を眺めながらの朝食タイム♪

朝食景色

 

 

 

 

周水子駅

2日目は“新アジア号”乗車からスタート
周水子(しゅうすいし)駅から乗車します

 

 


満州鉄道時代、世界に名を馳せていた“アジア号”
そのアジア号をJALや現地の旅行社が合同出資で現代風に再現したのが“新アジア号”です
青い機関車のうしろに付いている緑色の客車“新アジア号”
客室40席・展望室10席で貸切運行です

汽車新あじあ号

 


 

 

客車展望車

 

 

 

 

のどこな景色を旅順に向けて進みます
特に車内販売もなく、食堂車もエアコンもありません
ただひたすらのんびり、旅情を味わいます
お客様19名で貸切ですから贅沢ですよね〜

景色景色

 

 

 

 

踏切

旅順駅旅順港は今でも軍の施設なので、外国人観光客に開放されていないので、旅順手前の踏み切りで強引に下車
日本じゃ考えられないですね・・・

 

 

旅順で外国人観光客が下車観光できるのは3ヶ所

そのひとつが【東鶏冠山・とうけいかんざん】
日露戦争の際に激戦が繰り広げられた場所で、兵士の宿舎や砲台跡が残っています

東鶏冠山

東鶏冠山

 

 

 

 

東鶏冠山

壁に空いた銃弾の跡が生々しいですよね

戦闘の激しさを物語っています

 

 

続いて日露戦争最大の激戦地となった【203高地・にひゃくさんこうち】

203高地

バスPから山頂まで約10分ほど急な坂道を上ります
籠屋は往復100元(約1400円)
料金トラブルが多いので気をつけましょう



 

203高地203高地

 

 

 

 

旅順最後の下車見学は【水師営会見所跡・すいしえいかいけんじょあと】
乃木将軍ステッセル将軍の会見が行われた場所です
写真右の机は当時、手術台として使われていたものだとか・・・

会見所会見所

 

 

 

 

 

車窓から“旅順港”“旅順駅”を見学したあと、大連へ戻ります

【星海公園・せいかいこうえん】では、まだたくさんの人が海水浴を楽しんでいました
売店では水着もしっかり販売
それにしても派手な水着ですね〜(笑)

星海公園

バンジー

 


 

 

水着

水着

 

 

 

 

 

大連市内へ戻ると何やら殺風景な倉庫に連れてこられました

車庫

こんなきたない倉庫に何があるというのでしょう・・・

 

 

 

車庫

え、

もしや・・・

 

 

そう、この一見何の看板もない汚い倉庫の中に、本物の“アジア号”が眠っているんです!!!

満州鉄道に思い入れのあるお客様は興奮しまくり

アジア号を知らないフナッシュでも、この何とも言えないこの重厚なフォルムに圧倒されたしまいました

アジア号あじあ号

 

 

 

 

アジア号

梯子をのぼり中に入ることもできるとあって、お客様のテンションが上る上る

これ日本だったら触ることすら禁止だろーな

 

記念写真

見学には予約が必要

恐らくこの数年以内にどこか別の場所に移って、厳重に保管されると思いますよ

間近で見るなら今のうちかも?

 

 

 

 

大連港

夕方は【大連港】
8階の展望台では気持ちいい風が吹いていました

 

 

 

夕食

夕食は大連市内に12店舗ある人気の海鮮料理専門店“天天漁港・てんてんぎょこう”

かなり賑わっていました

 

 

バースデー

なんとちょどこの日にお誕生日を迎えたお客様がいたんですよ

もちろんツアー参加者全員でお祝い

 

 

お誕生日おめでとうございました〜♪