3日目は【錦江山公園(きんこうざんこうえん)】からスタート
丹東市民が朝から太極拳などをしている市民公園のような場所です

公園公園

 

 

 


中国と北朝鮮の間には“鴨緑江(おうりょくこう)”という川が流れていて、その鴨緑江を遊覧船やボートで観光する桟橋が中国側の川沿いにたくさん並んでいます

川

川沿い





 

クルーズ

このツアーでも船で北朝鮮の間際まで行くのが大きなポイント

ワクワクというかちょっとドキドキします

 


船内にはレンタル双眼鏡(5元)や北朝鮮土産を販売しているんですが・・・
その中に労働党の赤いバッチまで売られてた(1個100元)

売店バッチ

 

 

 


思ったより船がギリギリまで行くのでお客様も添乗員もビックリ

クルーズ

クルーズ

 

 

 


北朝鮮の人の様子も間近で見ることができます

もっとピリピリしているイメージがあったけど、警備が厳しいわけでもなく写真撮影が禁止されているわけでもないのでリラックスして観光できました

北朝鮮

北朝鮮

 

 


 

北朝鮮の人たちは対岸に建ち並ぶ中国の高層ビル群をどんな気持ちで眺めているのかな・・・
と考えるとちょっと複雑な気持ちにならずにはいられません

北朝鮮側

中国側

 

 

 

 


遊覧船のあとは【鴨緑江断橋(おうりょくこうだんきょう)】の見学

断橋断橋

 

 

 

 

アメリカ軍の空爆によって破壊された橋が生半しく残っています
左側の橋は中国と北朝鮮を結ぶ鉄道の線路です

断橋先端

 

 

 

 

鴨緑江の観光を終え、郊外にある【虎山長城(とらやまちょうじょう)】
この虎山長城万里の長城の東の起点です

山

長城

 

 

 

 

長城

紅葉がちょど綺麗ですよね〜

でも、そんな紅葉を楽しむ余裕もないようなこの階段!

北京の八達嶺長城並の急な坂道が続くので上に登った頃には汗ビッショリ

ここからも北朝鮮の国境を眺めることができます



 

長城長城

 

 

 

 

長城

降りるときも十分に注意しましょーねー

雨じゃなくて良かったです

 

 

虎山長城には【一歩踄(いっぽほ)】という公園があります
氷が張ると北朝鮮まで数歩でいけるくらい距離が近い場所なんです

公園川

 

 

 


一歩踄からバスへ戻る途中、農家のおばちゃんのお手伝いをしたり甘栗を買ったりして丹東市民とプチ交流
名残惜しくイチョウ並木が綺麗な丹東市をあとにしました

とうもろこし

大連へ

 

 

 

 

劉さん

丹東から大連まで、これまた約4時間の大移動

大連では現地ガイドの劉(リュウ)さんが合流

 

 

バースデー

夕食は前回のツアーでも利用した“天天漁港”

今月に誕生日を迎えたお客様と12月に結婚式を控えたガイドの杜寧さんをみんなで祝福しました

 

みなさん、おめでと〜ございま〜す!