今日らかROAD“88”

平たく言えば『四国八十八ヶ所霊場巡り』の添乗です

巡礼ツアーには通常添乗員が2名同行
今回のお相手は先日の“貸切ホテル浦島”でも一緒に行った先輩添乗員“ダイチャン”

さらにドライバーさんは“ムキムキみっちゃん越前がにツアー”の時のドライバーさんです

 

泊まりの巡礼なんてかなり久しぶり!
少なくともこのブログ初めてからは行ってないな

巡礼ツアーでは“朱印物”というアイテムをお客様から預かって代理で朱印(スタンプのようなもの)を押してもらうんですね

その際、添乗員が用意しなくてはならないものは“朱印物を入れるカバン”“新聞紙”

白衣

新聞紙は朱印物と朱印物の仕切りに使ったり、墨汁が染みないように挟んだりと巡礼ツアーではなくてはならない存在なんです





そんな大事な新聞紙を、添乗員2名とも持参していないことに朝気づいた

これはヤバイ( ̄□ ̄;)!!

“新聞紙くらいその辺に捨てられてるやろ”って思うでしょ

それが甘かった

ホームレスのフットワークが軽いのか、ゴミ箱が少ないせいか、新大阪駅どこ探しても全然新聞紙が見当たらない

最後の切り札、新大阪駅で働く仲のいい弁当屋のおっちゃんに探してもらったけどそれでも見つからない・・・

仕方ないのでコンビニで新聞を買いました

で、受付場所に戻ってきたら弁当屋のおっちゃんがめっちゃ嬉しそうに

『新聞あったでぇぇぇ!!!』って走ってきた

で、手渡した新聞がコレ

新聞スポーツ新聞やん

しかも1面のネタ、エロいし

( ̄□ ̄;)!!

 

さすがにこれを朱印物の間に挟むのはバチ当たりでしょ(笑)

『あぁ〜めっちゃ助かりますー』って

お気持ちだけ頂いておきました

 

さて今回の巡礼は“土佐の国”の8ヶ寺を2日でまわります

お寺

“先達さん”と呼ばれる巡礼のリーダーが車内で色んなお話をしてくれたり、お寺ではお客様と一緒にお経をあげてくれます


 

 

朱印

これ、先達さんの朱印帖

何度もまわっているので真っ赤

夜見たらちょっと怖いね

 

昨日あたりからだいぶ冷え込んでいるせいもあってか、今日まわったお寺はどこもガラガラで待ち時間はゼロでした

お寺お寺

 

 


 

日差し

冷え込んではいたものの、日差しも照ってまさに冬の巡礼日和の中、スムーズに4ヶ寺の納経を終えました

やっぱウンがいいです(笑)




今夜の宿泊は高知駅のそばの“ホテル高砂”さん
夕食の際もみんなで合掌

ホテルホテル

 

 


 

夕食

夕食は高知の郷土料理“皿鉢(さわち)料理”

大きなお皿の上に色んなおかずが盛ってあります

 

 

中でも“かつおのタタキ”は有名ですよね

にんにくたっぷりのゆずポン酢で食べるのが高知流

明日のバスの中が恐ろしい・・・

はりまや

高知の名所と言えば“はりまや橋”
栄えある“日本三大がっかり”の一つとして有名です(笑)
ホテルから歩いてすぐでした



 

駅

高知駅も見に行ってきましたよ

なんだかノスタルジックな駅ですよね〜
だいちゃん先輩が『旧国鉄の臭いがする』って言ってた


 

駅駅

 

 


 

駅

この路面電車なんか映画のセットみたいじゃないですか

3丁目の夕日とかに出てきそう


 

駅

実は現在の高知駅は2月の25日で見納め

25日の夜に入れ替え工事をして26日からは新しい駅で営業を開始するそうです


 

はりまや橋の近くの売店で、なんか面白いお土産ないかなぁ〜ってお土産屋さんをブラブラしてみた

高知と言えば“よさこい祭り”

らめ

よさこい祭りと言えば“ナルコ”ですよね
こんな“ラメ入りナルコ”はいかがですか?
(買って何に使うんだ



 

さらに高知と言えば“土佐犬”

土佐犬

“土佐犬”“マリリンモンロー”を掛け合わせた“土佐犬モンロー”なんていかがですか?
(思いっきり可愛くないんですけど

 

 

焼酎

お酒では甘栗焼酎“ダバダ火振”が絶大の人気なんだとか
売店でもいつ入荷するか分からず、現在はミニボトルでしか提供できないって言ってた



 

ごっくん

お酒がダメな人にはこれでしょ
数年前にちょいブームになった“ごっくん”

馬路村(うまじむら)の農協で作っている柚子はちみつ飲料


 

ライト感覚のペットボトルタイプもあるんですね(宮崎の日向夏ドリンクみたい)

後味にクセがなく、めっちゃおいしいのでオススメです

 

さ、明日もにんにくパワーで頑張るぜよ〜!!!