2008年お二人目の“ツアコンだよ全員集合!”です

今日ご紹介する添乗員さんはWiiスポーツから撮ったイメージ画像がなんともユニークな“むーちゃん”さん

むーちゃんドライブインに置いてあったPRボックスをみてご連絡いただきました

Q13の回答にある『この仕事と両思いになる日を目指します!』って回答

『うんうん』ってうなずいてしまった添乗員さんも多いのではないでしょうか?

悲しいかな、なんともこの業界の現状を上手く表現したコメントです・・・


 

ちょっとずつでもいいから、みんなが添乗員という仕事と両思いになれる日が来るといいですね

こんな感じで気軽に『ワタシ(オレ)も添乗員やってるよー』って参加してくれると嬉しいな

ツアコンだよ全員集合!は

365日24時間受付中!(笑)

どしどしご連絡お待ちしておりますm(__)m

Q1:あなたのお名前は?

むーちゃん

 

Q2:添乗員暦は?

3ヶ月目

昨年11月に座学と総合旅程管理受講
2月から四国88と西国33のサブ添乗開始。

 

Q3:初添乗(独り立ち)はどこだった?

下呂温泉と天竜峡、白川郷(先月)

 

Q4:添乗員になったきっかけは?

もともと旅行好きで興味があったが、条件面で踏み切れず断念

昨年5月、関空でロンドン旅行に行く飛行機の待ち時間に買った岡崎大吾の「添乗員奮闘記」にハマリ、「これしかない」と5社の説明会に参加し、1社から拾っていただきました。

 

Q5:学生時代、バイトは何をしてた?

ファミレスから始まり、喫茶店、営業所の事務、コンビニなど

どれも続きませんでした。。。

 

Q6:添乗中のうれしかったエピソードは?

観光地で見るお客様のほっこりした表情や笑顔、解散の時の「ありがとう。楽しかったよ」の一言

 

Q7:添乗中の辛かったエピソードは?

四国巡拝のツアーで、お客様の納経用品を紛失?し、弁償の為、初ひとり添乗前日に夜行バスと新幹線で朱印集めに行った事。費用も自腹で、しかもお客様が実は隠しておられるかも。。。

 

初ひとり添乗で、アンケート評価で、添乗員1と2を1枚ずつもらったこと。

せっかくの旅行で、お客様がケガされたり、気分悪くなられたこと

 

Q8:小さい頃の夢は?

普通のお嫁さん

Q7:添乗員になっていなかったら今頃なにをしていたと思う?

品格なきOLをダラダラ続けていたはず

 

Q10:私、こう見えても○○なんです!
30過ぎてます!
お客様からも、初対面の同じ会社の添乗員さんからも、関係業者の方からも「若い」と言っていただきました!もともと今の会社は「シルバー新人の多い会社」として名が通ってますので、若い新人は珍しがられました 

 

Q11:ストレスが溜まったときの解消法は?

人と話す

会社の先輩や同期のおじさん、仕事で知り合った彼に話を聞いてもらう

それでも落ち着かなかった時は、一人でカラオケ2時間やりました(笑) 

Q12:添乗員にとって大切なモノをひと言で言うと?

気力

 

Q13:今抱えている悩みはある?

どんなに辛くても、なぜかこの仕事が嫌いになれない事

今はまだまだ片思い。この仕事と「両思い」になれる日を目指します!

 

Q14:『これがあるから添乗員を続けられる!』というものは?

温泉と食事

 

Q15:フリースペース
はじめまして
美濃関物産館の乗務員休憩室にてチラシP/Uしました
いろいろ読ませていただいて、勉強になりました
これからもよろしくお願いします

 

〜ご協力ありがとうございましたm(__)m〜