さすがに毎朝同じ時間に朝マックを食べてると店員さんから変な目で見られるようになってきた・・・

 

やっぱですか???

 

今日は新人添乗員さんの机上研修でしたね

フナッシュは全く関わりないんですけど“ブロてんシール”だけ講師の“トヨッシュ”から渡してもらった

このブログが新人添乗員さんのお手伝いになればいいな

 

さて、そんな中、お手本となるような立派な先輩添乗員さんがいましたね〜

一所懸命手書きでお客様にお渡しする案内文を書いてますよ

 

あやぢ

って

なんや

あやぢ

 

ブログ開設当時から応援してくれてるあやぢ

ちょっと感覚が似てて“女フナッシュ”ってとこがあるね(笑)

あやぢあやぢが書いていたのは

“分便”のお客様にお渡しする案内文

 

“分便”
前にこのブログでも出てきましたけど覚えてますか?

ここ試験にでますからアンダーライン引いててくださいよー

分便とは2つ以上の空港からお客様が集合して現地で同じバスに乗ることを言います

あやぢは出発が早い神戸空港から飛ぶけど、ほとんどのお客様は関西空港からなんですね

で、お客様が不安にならないようにと挨拶を兼ねて案内文を作っていたわけです

さすが“女フナッシュ”

なかなかやるね〜(笑)

でも、ちょっとイラストの似顔絵は可愛く描きすぎやろ
( ̄◇ ̄)!!

そんなあやぢに半年くらい前にツアコンだよ全員集合!を書いてもらっていたので今さらですけど紹介します

長いけど、なかなかいいこと書いてますよ

 

Q1:あなたのお名前は?

あやぢ☆です

 

Q2:添乗員暦は?

3年目です

 

Q3:初添乗(独り立ち)はどこだった?

【黒部立山アルペンルート】猛吹雪(笑)

 

Q4:添乗員になったきっかけは?

色々あるけど、ホントのきっかけになったのは中学校の時の修学旅行のガイドさん。。。かなぁ?

30歳くらいの可愛らしいガイドさんだったけど、バス車内の空気を上手に動かす人でした

最初は、〔添乗員〕というよりは、バスでマイクを持って話したいっ!!ていうことからだったように思います

 

Q5:学生時代、バイトは何をしてた?

スーパーのレジや、焼酎専門店の居酒屋兼お好み焼き屋♪

あと、アルバイト添乗員として日帰りや修学旅行にでかけたりもしていました

 

Q6:添乗中の嬉しかったエピソードは?

たくさんあり過ぎて、え、選べない・・・

あ、立ち寄り先の店員さんが、「あ!○○さんまたきてくれたんだ!」って名前覚えてくれてたりてのも結構うれしかったりしましたね☆

あと、私は今神戸出発のツアーを中心に仕事をしているんですが、以前は大阪発のツアーに行っててその時のお客様と旅先 でばったり!ということも

「今までの旅行の中で今回が最高だった」なんて言われると、私という添乗員をスキでいてくれる人がいるうちは「辞められないっ!」と、密かに思ってたりします(笑)

 

Q7:添乗中の辛かったエピソードは?

トイレに行く時間がないとき(笑)

できるだけ、お客様より先にバスに帰ってきたいし、飛行機なら搭乗ゲートで待っていたいし・・・

ということで、膀胱炎になったことです(笑)添乗員も人間ですから

無理をせずに適度にWCを済ませましょう!

今までで、一番困ったトラブルは?と聞かれ特に思いつかないのも添乗員を長く続けられる秘訣かもしれません〔まだ3年だけど〕とりあえず、大事なのトイレです!!  

 

Q8:小さい頃の夢は?

オリンピック選手になって金メダルを取ることと、爆弾処理班に入隊すること

これでも夢は大きく持っていたほうです()

今の夢は、添乗員兼ストリートミュージシャン♪♪))

 

Q9:添乗員になっていなかったら今頃なにをしていたと思う?

バックパッカーでひとり旅にでてるかな〜

んで、やっぱり人と関わる仕事をしてたんじゃないかと思います

 

Q10:私、こう見えても○○なんです!

“ネクラ”です

ひとり居酒屋、一人カニ道楽、一人カラオケなんでもOK

ときどき、般若心経を声に出して読んでみたり。(もう8割くらいは覚えてます)

 

 

Q11:ストレスが溜まったときの解消法は?

チャリンコに乗ってどこまで行けるかを試してみたりします。おもにタコヤキ屋さん探しですけど・・・

今のところ、十三から住之江公園までは問題なくいけます

あとは、大阪環状線でほんまに環状してみたりもしますこれは、時間に余裕があるときだけです

へたに喫茶店とかに入るよりリラックスできるし¥120だし人間観察ができるのがいい!!

 

Q12:添乗員にとって大切なモノをズバリひと言でいうと??

あたしは【バランス感覚】だと思います

バス車内の雰囲気、ドライバーさんやガイドさん、立ち寄り先の関係者方々含めツアー全体をバランス良く進めることが添乗員の役割だと思います

そういう意味では今流行りの(ΚΥ)空気読めじゃないけれど、お客様の歩先を読んで希望を組みとることが大切だと思います

 

Q13:今抱えている悩みはある?

なかなか熊本の実家に帰れないことですかね〜

都会の喧騒から逃れたくなるときがたまーにあるんです

 

Q14:『これがあるから添乗員を続けられる!』というものは?

知らないことを勉強できる、またそのきっかけになるところ

この仕事をしたら他の仕事はできないかも?!充実しすぎていて楽しい!!

 

Q15:フリースペース

いまは、元添乗員の友達とインドに行く旅を計画しています

バックパッカーで女ふたり旅☆

まだ『ナマステー』しか知りません(笑)

どなたかインドに詳しい方いらっしゃいましたら、このブログを通じて教えていただければと思います

ありがとうございました!

 


 

実はあやぢ、将来何になろうか迷っている学生さんのために、その道のプロの方々がブログで仕事の魅力を伝えている“プロブロ”というブログをはじめたそうです

 

まだ記事には挨拶しかありませんが、これから頻繁に更新するって言ってましたよ

このブログ共々あやぢのブログもよろしくお願いしまーす

 

『花丸ビタミン添乗員☆への道』