今日から“姫路菓子博2008”が開催

お菓子博

本番前の昨日

一足先に内覧会に出席してきました!

 

 

お菓子博

バス駐車場から大手門前を通過してメインゲートへ進みます

混雑の中、歩くとなると15分くらいかかるんじゃないかな?

 

 

メインゲート左側に発券所があって、1、2番が団体専用

12時30分まではバス駐車場内に臨時発券所を設置しているので、そこでも発券できるそうです

お菓子博

お菓子博

 

 

 

 

さて、それでは実際に入場してみましょー!

まず、メインゲートから入ると最初に目に入るパビリオンがこちら

お菓子博

【兵庫のお菓子館】

兵庫県を代表するお菓子や、ヨーロッパのお菓子づくりに使われる道具なんかが展示してあります

 

出口手前にはトリュフチョコレートでできた巨大地球儀
この地球儀に使われたチョコはなんと35000個、重さは800kgもあるそうですよ

お菓子博

お菓子博

 

 


 

お菓子博お菓子博

 

 

 

 


お菓子博

【夢のお菓子ランド】

お子様連れには一番人気になるであろうパビリオンがこちら

 

 

館内では大手お菓子メーカー8社が、趣向を凝らしたゲームや、コンパニオンを使ってPR合戦を繰り広げています

お菓子博お菓子博

 

 


 

お菓子博お菓子博

 

 


 

お菓子博お菓子博

 

 


 

お菓子博お菓子博

 

 


 

お菓子博

これは森永のブースのイベント

シールを貼ってオリジナルのお菓子箱を作るのだとか

 

 

このパビリオンはけっこう狭いスペースにブースがひしめき合っているので、かなりゴミゴミしてました

混雑時は入場するのにかなり時間がかかりそうだな・・・


【全国工芸菓子館(和の匠館)】

「山水花鳥風月」をテーマに全国から寄せられた和菓子工芸が展示してあります

お菓子博お菓子博

 

 


 

お菓子博お菓子博

 

 


 


お菓子博

【日本横断!お菓子めぐり館】

その名のとおり、全国の銘菓を一度に集めたパビリオン


 

お菓子博お菓子博

 

 


 

お菓子博お菓子博

 

 


 

お菓子博

都道府県別にブースを設置
大阪府では“おこし”でできた“太陽の塔”が展示されていました

 

 

 

全国の展示の中で、一番異様だったのが長崎県

長崎と言えば“カステラ”ってゆーのは分かるけど

カステラだけズラっと展示されても、どれも同じに見えるんですが・・・

お菓子博お菓子博

 

 

 

 

お菓子博

もちろん物販コーナーも設置

お菓子以外にも観光パンフレットも置いてあるので、添乗員にとってはいい勉強になるパビリオンでした


 


お菓子博

【全国工芸菓子館(和と洋のシンフォニー館)】

和の匠館より規模の大きな作品を展示

お菓子博のシンボルでもある姫路城はここ



お菓子博お菓子博

 


 

 

お菓子博

←ちょどテレビの取材中

2階は兵庫県のお祭りや昭和のおもちゃなどが展示してありました


 

お菓子博お菓子博

 

 

 

 


お菓子博

【姫路城下町】

老舗のかりんとうやドーナツを実演販売している屋外コーナー

 

 

お菓子博

【ふれあいステージ】

各種イベントが行われる野外ステージ

 

 

お菓子博

【ゴミ箱】

特に“お弁当の空箱は絶対持ち帰り!”なんて指導は主催者側からきていませんが、まぁ持ち帰ってほうがよろしーでしょうーな

 

 

お菓子博

姫路お菓子博のイメージキャラクター“ひめか”のグッズショップ

売店のスタッフは会場内にこの1店舗しかグッズショップがないって言ってたけどほんまかいな・・・

 

 

お菓子博

【団体休憩所】

お弁当持ち込みOKだから、ここは席取り合戦激戦区になるだろーね

 

ちなみに喫煙は指定の喫煙場所が数ヶ所あるのでそちらでお吸いください

お菓子博

【バス駐車場】

ちょっと心配なのが駐車場

バス40台しか止めれないって少なすぎない?



満車の場合はバスは港へ回送で、時間になったら指定の位置に迎えにくるシステム

なんか嫌な予感しますよね・・・

 

 

さぁ、姫路菓子博は5月11日まで開催!

行かれる方は、トラブルのないよう楽しんできてくださいね〜

 

姫路菓子博2008(公式ホームページ)