そろそろ気温も上ってきて、旅行業界でもハイキングや登山のツアーが出始めるシーズンになりました

 

そこで

 

これから登山・ハイキングツアーに行く添乗員さんのために必要なアイテムをご紹介!

アイテム

←まずこちらのモデルさんに注目(笑)

 銑まで番号がふってありますのでひとつづつ解説していきましょう

 

 

 

 

関係ない人も多いかと思いますので、関係がありそうな人だけ続きへどうぞ・・・

“鰻
もちろん野外を歩くわけですから、天気がいいと汗をかきますし、天気が崩れると雨の中を歩かないといけないわけです
髪にワックスなどを塗っているとベタベタになりかねないのでなるべくナチュラルヘアーで

▲丱ぅ鵐澄

アイテム歩くツアーでは、資料は他のコースに比べ少なめです
普段使っているバインダーだとかさばるので、なるべく軽いものを使用しましょう

 

 

時計
できれば防水仕様のモノがいいですね
革のベルトは汗に弱いので不向き

ぅ檗璽

ポーチ

携帯やサイフなどの小物を入れます

リュックだと出し入れに不便なのでポーチがあると便利です

このモンベルのトラベルポーチは街歩きでも山歩きでもかなり重宝しています(全5色)

 

 

 

ゥ轡紂璽

シューズ

アウトドアに興味がなくても添乗員だったらケガ防止や疲労の軽減などを考えて1足は歩くコース用のシューズがほしいところです

 


 

Ψげ
ハイキング専用の靴下だとクッション性もあるので歩きやすいです
これも1足くらいあると重宝しますよ

Д僖鵐
会社の規定によって通常はデニム不可だと思いますが、歩きやすさを考えてもデニムは不向き
軽量でストレッチ性のある専用パンツが◎

┘淵ぅ蹈鵐戰好
これを着るだけで“山歩きの添乗員”って感じに見えます(笑)

ベスト

通常、身嗜み規定では襟付きが原則でしょ
普通のTシャツでもこれを着るだけで立派な襟付きに変身!


Tシャツは断然、化繊のモノを用意しましょう!
(ユニクロに行けば安く手に入ります)

 

パック

アイテム

コースによって何個も用意するのはさすがに大変なので大は小を兼ねるということで迷ったら大きめのモノをチョイスしましょう

写真は30リットルのパック
山小屋2泊の尾瀬なら、これで十分対応できます

 

バック

そして便利なのが折り畳み式のデイパック
ウォークなどではこれで十分だし、観光ツアーにちょこっとハイキングが入っているようなコースの時にも重宝します

 

 

あと最後に・・・

笑顔
ナチュラルヘヤーにさわやかな笑顔
アウトドアはこれに尽きます(笑)

 

さぁ用意はできましたか?

「仕事に余計なお金をかけたくない!」なんて言わない言わない!

趣味がひとつ増えたと思えばいいじゃないですか

エクササイズをしながらお金がもらえる仕事なんてそうはありませんよ!(笑)

ポイントは早めに用意すること

何度か行ったあとに結局買うのであれば、早めに買ったほうがトクです

 

詳しくはフナッシュのホームページでも紹介しているのでこちらも参考にして下さい!

「登山・ハイキングツアーに行こう!」(「TENJYO−IN」より)