たっぷり9時間睡眠とって迎えた2日目

今日は“尖閣湾(せんかくわん)遊覧”からスタートです

遊覧

専属ガイドさんの案内を聞きながら
尖閣湾の景勝地を約30分かけてクルージング



 

遊覧遊覧

 

 

 

 

お次は“佐渡金山”

佐渡=金山ってイメージする方も多いのではないでしょうか?

江戸時代に使われていた坑内では、本物そっくりな蝋人形がブツブツと当時の様子を語っています

アップダウンが激しいので足元には十分に注意しましょう!

金山金山

 

 


 

金山金山

 

 

 

 

 

佐渡金山のあとは“大佐渡スカイライン”を通って“ときの森公園”

有料施設の“とき展示資料館”ではケージに入った朱鷺を観察することができます

20m離れた場所からですが・・・

ときとき

 

 


 

とき

とき

 

 

 

 

かもこ

お昼は“かもこ観光センター”さん

新鮮な佐渡の海産物を中心に、佐渡のお土産全般が豊富に揃うお店です




個人的に好きなお土産は“佐渡しぐれ”かな?

おけさ柿を使ったゼリーで素朴な味と食感が人気のお土産です

柿柿

 

 

 

 

この佐渡周遊コース

ほとんど2日目に観光が集中しているんですよね〜

 

ちょっと長くなってきたので午後からは続きへ・・・

ときの森公園のあとは“大野亀”という景勝地でトイレタイム

大野

礼文島の“桃岩”を思い出させるような景色ですよね

 

 

 

このすぐ近くに“願(ねがい)”という集落があって、ここでバスを止めて“賽の河原”まで海岸沿いをウォーキング

散策散策

 

 


 

散策散策

 

 


 

散策

なんだか東北秘境ツアーに来てるみたい

景色はいいんですけど、ちょっと重たいですね

いろんな意味で・・・

 

「歩き疲れた〜なんて言ってる暇もなく

お次の下車地“はじきのフィールドパーク”

昔は入ってなかったよね、ここ

映画「喜びも悲しみも幾年月」の撮影にも使われた“弾崎(はじきざき)灯台”が建つ景色のいい岬です

灯台弾

 

 

 

 

ここから1時間以上の長い移動

日光を真似たという立派な五重の塔が建つ“妙宣寺(みょうせんじ)”

彫刻が見事ですよ〜

妙宣寺五重の塔

 

 

 

 

2日目最後は“佐渡歴史伝説館”

佐渡の歴史や郷土文化を蝋人形で再現

右下の写真の老夫婦、本物みたいでしょ!

ちなみに前にいる子供も人形です(笑)

佐渡佐渡

 

 

 

 

太鼓

佐渡歴史伝説館には“太鼓番せんべい”って人気のお土産があるんですが・・・

 


 

売り場では何やらお客様がお財布じゃなくてカメラをしきりに取り出しています

おや?

珍しく外国の方が働いているようで、そこにお客様が集まってますね

太鼓太鼓

 

 

 

 

太鼓

あ、ジェンキンスさんじゃないですか!

そう、佐渡歴史伝説館ではジャンキンスさんが“太鼓番”を販売しているんですよ

 

 

売り上げの一部は拉致問題解決のための協力金として寄付されるそうです

佐渡歴史伝説館にお越しの際は、是非“太鼓番”をお買い求めくださいね!

 

さかなの館 かもこ観光センター(ホームページ)
佐渡歴史伝説館(ホームページ)