2日目は6時30分稚内港発のフェリーに乗るためにホテルを6時出発

添乗先で4時起きなんて、ハイキングツアーか利尻・礼文くらいです・・・

乗船券

稚内発のフェリーのみ、乗船券が個札発券

1階で手続きを済ませ、乗船券を配り2階の改札口へ向かいます


 

乗り場

乗り場

 

 


 

乗り場

自動改札なんてかっちょい〜

と思ったらすぐ1階へ

しかも階段

 

2階に上る必要なかったんでない???
( ̄◇ ̄)!!

 

さて、フェリーは快晴のお天気のもと、利尻島の鴛泊港(おしどまりこう)へ向けて出航!

遠くに旧フェリーターミナルが見えます(ずいぶんイメチェンしたもんだ

稚内港から鴛泊港までは約100分の所要時間です

出航乗り場

 

 

 

 

利尻島最初の見学地は“姫沼”

HN

ここで同じ会社の添乗員HRNさんに遭遇

同じフェリーに乗ってた団体ってHRNさんの団体だったんや・・・

 

 

2ヶ所目は“オタトマリ沼”

利尻富士の眺めがサイコーな景勝地

ここでは「添乗員さん久しぶり!」ってHRNさんのお客様に声をかけられたんです

オタトマリ沼

よく見ると3年くらい前に月山登山ツアーでご一緒したお客様じゃないですか!

いつもご参加ありがとうございます

 

 

オタトマリ沼と言えば、休憩所の中にお店をかまえる海峡鮨のご主人“しんちゃん”

去年はお盆で会えなかったんですが、今回は見事お会いすることができました!

ここの軍艦巻きを食べずして、利尻は語れませんからね〜

さいはてツアーで一番の至福の時です

しんちゃんうに

 

 

 

 

せんぽうし

千法師御崎(せんぽうしみさき)公園でも利尻富士を綺麗に眺めることができました

お客様は昆布のショッピングに忙しかったみたい

 

 

利尻島最後は“沓形岬(くつがたみさき)公園”

ここからお昼ご飯場所の“かもめ食堂”はすぐ目と鼻の先

お客様はウニ丼の昼食ですが、添乗員はカルビ定食

ここのカルビがめちゃくっちゃ美味しいんだな

離島ツアーでは貴重な肉食メニューです

沓形カルビ

 

 

 

 

お昼の後、沓形港から礼文島の“香深港(かふかこう)まで約40分の移動

元地海岸

礼文島最初の観光は“元地(もとち)海岸”

奇岩の“地蔵岩”やメノウが拾える“メノウ海岸”で有名です

 

 

桃岩

このコースは“桃岩展望台”が入っているので高山植物が生い茂る遊歩道を往復約1時間かけて歩きます

 

 

 

観光コースにしてはかなりキツい道のりだけど、展望台からの景色を眺めたら疲れも吹き飛びます

桃岩桃岩

 

 

 

 

桃岩でかなり体力を消耗しましたが、まだまだ礼文島の観光は続きます

うに

ウニ剥きセンターでウニと格闘したあとは。最北限の“スコトン岬”と絶景“澄海岬(すかいみさき)”を見学してホテルへ



 

スコトン岬

すかい岬

 


 

 

宿泊は港のすぐそばの香深地区にあるホテル

利用ホテルが3つに分かれていたので、各ホテルでお客様が降りたあと、精算をしに再度ホテルまわりです

利尻ホテル

 

 

 

 

今日は食後にお散歩しなくても、業務中だけで15000歩達成(笑)

よく歩き、よく笑った1日でした